出産前後の痔にはご注意!

RAID1(ミラーリング)はバックアップにならないのでしょうか。
ブログ等、どこかでそんな話を読んだような記憶があって…

私は、データを二重化するRaid1はバックアップになると思うのですが、
実際のところ、どうなのでしょうか。

私は今、大事なデータに関してはRaid1及び別HDDへの同期をとって
3重化しております。無意味でしょうか。

バックアップの仕方でアドバイス頂けたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

バックアップという言葉の解釈によって違ってきます。



ご承知のように、RAID1は2つのドライブに同じデータを書き込みますから、どちらかが故障しても、もう一方のドライブでデータを復旧することができます。その意味ではバックアップはとれていると言えます。
しかし、RAIDカードが故障するなどの事態が発生すると、2台のドライブのデータが一気に失われますので、バックアップとしては不十分と言えます。

ご質問を拝見すると、さらに別のドライブへ同期バックアップをされているということなので、RAIDカード故障のリスクはヘッジされているということになります。3重化は無意味ではありません。
    • good
    • 0

RAID1に限らず、ほかのRAID構成もハードディスクデバイスとしての耐障害性のためのツールと考えてください。

バックアップとは基本的に性格が違います。

たとえば、電源を考えてみてください。

サーバーに用いられるリダンダント(二重)電源は同じ電源が2つ付いています。
1つが壊れても、電源が供給され続ける限り、もうひとつのパワーで動かし続けることができる、そういうものです。それに対してバックアップ電源(UPS)は電源そのもの(ソース)の停電に対応するためのもの。

バックアップも同じです。RAIDは連装するディスクがすべて壊れない限り安定したデータを提供することができます。バックアップはそれに対して、データそのものを守るための二次資源です。ですから、RAIDで組まれたHDDにもバックアップは必要なのです。

RAIDはハードウェア自体のバックアップ、バックアップはソフトウェア(データ)のバックアップだと思ってください。
    • good
    • 1

バックアップとはデータ消失時に復元するためのデータ退避であるのに対し、ミラーリングとはデータ多重化によるデータ消失そのものの回避です。


データ消失を防ぐという目的は同じですが、手段が異なるということであり、バックアップでは運用システムと退避データが別なので運用システム自体に不具合があってデータが消失しても退避データからの復元が可能ですが、ミラーリングでは運用システムのデータが多重化されているだけなのでミラーリングシステムそのものの不具合でデータが消失すると復元できないことも多々あります。
    • good
    • 0

RAID1によるミラーリングは、HDDが故障した場合のシステム停止時間を最小限(システム要件によってはゼロ)に抑えるためのもの。

ハードウェアの故障に主眼を置いたものです。誤って削除したり更新したデータの復旧のようなソフトウェア的なトラブルには対応できないので、その意味では確かにバックアップにはなりません。

なので、ミラーリング + 別媒体への定期バックアップが理想的な体制となります。あなたの対処は正しいです。
    • good
    • 0

バックアップの目的によると思います。



単純にHDDの故障目的であればミラーリングでも十分ですが、たとえばシステムのクラッシュによるデータとシステムの整合性が取れなくなった場合や、誤ってデータを削除した場合の対策にはなりません。(フールプルーフ)

>別HDDへの同期
無意味とは思いません。重要なデータであれば何世代かに分けてバックアップするなど、世代管理も必要でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDDを1台増設してRAID1を構築する方法

1台のHDD(以下Aという)で使用中のWindows 7パソコンに新しい内蔵HDD(以下B)1台を追加し、Aのシステムやデータを保持したまま、AとB 2台でRAID1を構築したいと思い、参考誌により下記のとおりの手順を考えました。
しかし、初心者のため、これでOSやアプリケーションソフト等を存続できるのか不安があり、実行を控えています。よろしくご指導お願いします。
なお、マザーボードはASUS のP5Qで、各種RAID構築可能とのことです。


※ 考えている手順
(1) Windows7の「ディスク管理」ツールにより、HDD内データを保持したまま、AとBをダイナミックディスクに変更する。

(2) 続いて、AとBを「新しいミラーボリューム」として作成する。


※ 質問
(1)上記手順により、使用中のシステムやデータを保持したまま、RAID1を構築できるのでしょうか。不可ならば正しい方法を教えてください。

(2) 上記手順まで正しければ、この後、RAID1を運用するためには、どうすればいいのでしょうか。

(3) マザーボードの説明書には、「RAIDドライバディスク」を作成せよ、との記述があるのですが、これはどの段階でどのように使うのでしょうか。

以上、ご指導をよろしくお願いします。

1台のHDD(以下Aという)で使用中のWindows 7パソコンに新しい内蔵HDD(以下B)1台を追加し、Aのシステムやデータを保持したまま、AとB 2台でRAID1を構築したいと思い、参考誌により下記のとおりの手順を考えました。
しかし、初心者のため、これでOSやアプリケーションソフト等を存続できるのか不安があり、実行を控えています。よろしくご指導お願いします。
なお、マザーボードはASUS のP5Qで、各種RAID構築可能とのことです。


※ 考えている手順
(1) Windows7の「ディスク管理」ツールにより、HDD内デ...続きを読む

Aベストアンサー

1)、2)の手順、それはソフトウェアRAIDの事です。

率直に言えば「100%不可能!」です。

ソフトウェアRAIDは、そのインストールしているOSが管理しています。つまり、OSが起動しないかぎりRAIDは発動しないわけです。っという事はつまり、そこにインストールしているOSも立ち上がる事はないわけで、手詰まりという事です。。。起動ドライブに当てる事ができないわけです。
ただ、データドライブとしては、後から構築しても使えます。(当たり前の事ですがw)デュアルブートしたOSでも、両方からそのRAIDドライブを読む事はできます。(一工夫必要ですが)ネットワーク上のマシンからも読めますね。。。

>(3) マザーボードの説明書には、「RAIDドライバディスク」を作成せよ、との記述があるのですが、これはどの段階でどのように使うのでしょうか。

こちらはハードウェアRAIDの事です。OSをインストールする前に先に2台のHDDをRAID構築して、それからOSをインストールする方法です。「RAIDドライバディスク」を作成せよというのは、新規でOSをインストールする際、もしくはマザーのBIOS画面からハードウェアRAIDを構築する時にそのドライバディスクを使ってRAIDドライバをインストールするのに使います。

ハードウェアRAIDは、OSの管理下でなく、マザー(?サウスブリッジの管理下?その辺の詳しい事は判りませんが・・・)なので、OS起動ドライブとして扱えるわけです。CPU依存していないので、CPUに負荷がかかることはありません。
逆にソフトウェアRAIDは、CPU依存なので、場合によってはCPUに負荷がかかります。
ただ、CPUパワーが高い場合は(つまり速いクロックの)ハードウェアRAIDより速度を凌ぐ場合もあるそうです。(ハードウェアRAIDは一定速)それと、AHCIモードが併用できる所が利点ですかね~。(普通はハードウェアRAIDかAHCIどちらかしか選べないので)

どちらにせよ、一つ言える事は、現状からRAIDをシステムドライブとして使うには「OSはインストールし直し」しなければならないという事です。。。

1)、2)の手順、それはソフトウェアRAIDの事です。

率直に言えば「100%不可能!」です。

ソフトウェアRAIDは、そのインストールしているOSが管理しています。つまり、OSが起動しないかぎりRAIDは発動しないわけです。っという事はつまり、そこにインストールしているOSも立ち上がる事はないわけで、手詰まりという事です。。。起動ドライブに当てる事ができないわけです。
ただ、データドライブとしては、後から構築しても使えます。(当たり前の事ですがw)デュアルブートしたOSでも、両方からそのRAIDドラ...続きを読む

QRAID1:なぜ、HDDが障害を起こしたときに対処を間違えるとすべてのデータが破壊される?

以下のスレでk-ayakoさん(回答番号:No.4)に補足質問したのですが回答を得られなかったため、こちらで、再度、みなさんに質問させていただきます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5514901.html

上記のスレでk-ayakoさんに以下のような補足質問をしました(「この回答への補足」欄がうまってしまったので「この回答へのお礼」で質問しています。)。

**補足質問 開始**
>例えば間違ってデータを削除してしまった・・ゴミ箱にもない・・・こう
>なったらデータの復旧は不可能です(厳密には可能ですが)
>またパソコンが電気的障害(雷とか)で2台のHDDが同時にクラッシュしてし
>まった・・・これもアウトです。
上記の場合、データが復旧できないのは察しがつきます。

>万が一、HDDが障害を起こしたときに対処を間違えてすべてのデータを破
>損させる可能性がありますので。
上記の意味が不明です。どちらか一台のHDDが残っていれば復旧できるというのがRAID1の特徴だと思いますが。なぜ(どのような場合に)全てのデータが破損するのでしょうか?
**補足質問 終了**

どなたか、上記の補足質問に対するご回答をご存知ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

以下のスレでk-ayakoさん(回答番号:No.4)に補足質問したのですが回答を得られなかったため、こちらで、再度、みなさんに質問させていただきます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5514901.html

上記のスレでk-ayakoさんに以下のような補足質問をしました(「この回答への補足」欄がうまってしまったので「この回答へのお礼」で質問しています。)。

**補足質問 開始**
>例えば間違ってデータを削除してしまった・・ゴミ箱にもない・・・こう
>なったらデータの復旧は不可能です(厳密には可能です...続きを読む

Aベストアンサー

先日、回答させていただきました。

RAIDチップによってはRAID構築したディスクを単体で認識させることができないものがあるんです。

インテルのチップは大丈夫ですが、RAID1で運用している2台のHDDをそれぞれ単体で普通に認識させたとききちんと2台のHDDとして認識されOS上でももちろんデータが見えるのですが、別メーカーのチップでそれができないメーカーがあります。

HDDが障害を起こした場合、とりあえず1台で認識させてデータのバックアップを取ればいいのですが、それをやらずにHDDを外して別のマシンで見ようと思ったら見ることが出来ない・・・という経験が実は2回あります。

RAIDの情報が書き込まれてしまいRAIDチップ経由でないと見ることができないんですね。

だから間違えてRAIDアレイの構築を解除してしまったらアウトなんです。再構築ではデータの内容をクリアしてしまう場合がありますからね。

私の経験ではINTEL、PromiseはOKですがそれ以外のVIAやNvidiaのRAIDチップは怖いですね。(この2つのメーカーのチップでデータ飛ばしましたので)

データを飛ばしたときの操作ですが普通にミラーリングで使用していたのですがデータディスクが足りなくなりミラーリングをやめて1台ずつ運用することにしました。

それまではPromise以外のチップを使ったことがなかったので何度もやっていたようにHDDだけを外してRAID設定を解除してBIOS上では2ドライブで認識しました。でもWindowsを立ち上げたら2つともHDDが「初期化されていません」という状態。

慌ててRAID1を再構築したのですがダメでした。

ただすべてのINTELやPromise以外のRAIDチップがそうなのか・・・といえばそうでもなく、VIAやNvidiaでも普通にRAID設定したHDDを単体で認識させられるものもあります。

HDDの障害に限らず、RAID設定しているHDDを単体で扱う場合には慎重になったほうがいいと思います。

RAID0の場合でもRAID0アレイを構築したままのディスクだと正しく認識されないことも多いですね(RAIDユーティリティでRAID0を解除しなくてはだめ)

先日、回答させていただきました。

RAIDチップによってはRAID構築したディスクを単体で認識させることができないものがあるんです。

インテルのチップは大丈夫ですが、RAID1で運用している2台のHDDをそれぞれ単体で普通に認識させたとききちんと2台のHDDとして認識されOS上でももちろんデータが見えるのですが、別メーカーのチップでそれができないメーカーがあります。

HDDが障害を起こした場合、とりあえず1台で認識させてデータのバックアップを取ればいいのですが、それをやらずにHDDを外して別の...続きを読む

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む

QRAID1とRAID5の信頼性について

RAID1とRAID5の信頼性について

NASの購入を検討しています。
RAID5のテラステーションだと大きくて邪魔なので,RAID1のリンクステーションにしようかと思っています。

ただ,信頼性と言う意味ではどうなんでしょうか?
RAID1はミラーリングしてくれるので,確実な気がしますが,RAID5もHDDが1台壊れても普及はできるとのこと。

どちらが信頼性が高いのか,検索したのですが見つかりません。
詳しい方,教えて下さい。

(RAID6は今回は考えておりません)

Aベストアンサー

単純に考えましょう。冗長性と信頼性は反比例します。RAID1の方が信頼性は高いといえます。
それと、RAID5でコントロ-ラが壊れたら、悲惨なことになります。RAID1なら1台のHDDから簡単にデータを取り出せますが、RAID5だと再構築しなければなりません。容量に余裕があるのなら、RAID1をお勧めします。

それより、RAIDさえ組んだらもう大丈夫だと安心するような風潮がありますが、それでも危険性があることを認識しておきましょう。HDD台数やコントローラが増えることで、ある面信頼性を落としていることにもなるのです。ここでも、RAIDが故障しましたどうすればよいでしょう、なんて言う質問が時々出てきます。
以前、どなたかがRAIDはMTBF(平均故障間隔)を延ばすためにあるのではなく、MTTF(平均故障時間)を短くするためにある、とおっしゃっていましたが、私も同感です。RAIDを組むのなら予備のHDDを最低1台は用意しておき、ちょっとでも動作がおかしくなったら、HDDを入れ替えることができるようにしましょう。
また、本当にデータが壊れたら困るのなら、NASにもバックアップを入れることも考える必要があります。私の知り合いはテラステーションを2台導入して、2台目をバックアップ用にしています。
私は小規模なのでRAIDは組まず、単純に複数のHDDにバックアップを取っています。シンプルイズベストです。

単純に考えましょう。冗長性と信頼性は反比例します。RAID1の方が信頼性は高いといえます。
それと、RAID5でコントロ-ラが壊れたら、悲惨なことになります。RAID1なら1台のHDDから簡単にデータを取り出せますが、RAID5だと再構築しなければなりません。容量に余裕があるのなら、RAID1をお勧めします。

それより、RAIDさえ組んだらもう大丈夫だと安心するような風潮がありますが、それでも危険性があることを認識しておきましょう。HDD台数やコントローラが増えることで、ある面信頼性を落としていることにもな...続きを読む

Qファイル名が長すぎる場合のコピーや移動は?

200ギガを越えるHDDのバックアップをしていました。

最新のWindows 8 なので油断してしまい、表題の件に関わる警告のウィンドウが出たときにスキップの操作をしてしまいました。つまり、古いHDDの中に取り出せないファイルが残ってしまったのです。

何文字以上がコピペなどの規制にかかるのでしょうか?

コピーできなかったファイルを探し出す方法を教えてください。
ファイル数は88万以上あり、手動ではできそうにもありません。

Aベストアンサー

パス(C:\a.jpgなら8文字)を含めて半角で256文字、全角は1文字で半角2文字分で数えます。
ただ、制限文字数は他の要素(コピー時の内部処理的なコマンド追加)で早まったりするので、240文字程度までに抑えておくのが良いでしょう。

ファイル名が少々長い(40文字とか)程度でも、深い階層に置いていたり、途中にあるフォルダの名前も長かったり、ファイルやフォルダ名が全角だったりすると、意外と簡単に制限に引っかかります。

良くあるのが、最初は浅い階層に置いているファイルを、整理の為に階層の一番下に置くことを繰り返していると簡単に10階層以上下になって文字数オーバーとかです。

bunbackupで差分コピーを使うと、エラーが発生してコピーできなかったファイルがわかります。すでにほとんどのBackupが終わっているならば新旧HDDの比較だけなので、そう時間はかからないと思いますよ。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q不安なのでRaid1を組みました。もしも故障したら同型番のHDDじゃないといけないのでしょうか?

 今まで自作PCを使ってきましたが、Raidは使ったことがありませんでした。撮影した写真など大事なデータは都度外付けHDDに手動でバックアップをとっていました。そして、内蔵と外付けHDDにあるデータが4G辺りになったらDVDにバックアップするという方法をとっていました。しかし、最近M/Bを買い換えて、手元に同じHDDがもう1つあったので思い切ってRaidを組んでみることにしました。

 再インストールと環境構成にちょっと時間がかかってしまいましたが無事Raid構成にすることができました。マトリクスストレージマネージャーを見てもきちんとミラーリングしているようです。試しに片方のHDDをはずして起動してみるとそれでも問題なく起動しました。きちんとミラーリングしているようです。その後Raid構成に戻すと再構築に入りそのままRaid1が正常になりました。

 今よりもさらに安心して使っていくことができそうです。しかし、ここで疑問なのがもしも故障したときどうするか、ということです。今日はたまたまはずして確かめただけですが実際故障したときは代わりのHDDを購入しなければいけません。しかも、数年前のHDDなのでネットを探しても取り扱いの店が少ないような気がしました。しかも、まだ数年使えることを想定すると・・・手に入るかわかりません。しかも値段が同じくらいでもっと大容量のHDDを買うこともできます。

 そこで、一通り調べたところ基本は同型番で同容量を使うらしいですが、容量は違っても問題ないという情報がありました。ただ、プラッタ枚数やキャッシュ、速度もあるのでこれらはあわせた方がいいとは思っています。Raid1構成をうまく維持していくためにも、新しいHDDに自然に乗り換えられればいいな~と考えていますが、やはり同型番じゃなければ何かトラブルが起きたりするのでしょうか?。今のところまだ大丈夫ですが故障したときに慌てないように、質問したいと思います。回答よろしくお願いします。

 今まで自作PCを使ってきましたが、Raidは使ったことがありませんでした。撮影した写真など大事なデータは都度外付けHDDに手動でバックアップをとっていました。そして、内蔵と外付けHDDにあるデータが4G辺りになったらDVDにバックアップするという方法をとっていました。しかし、最近M/Bを買い換えて、手元に同じHDDがもう1つあったので思い切ってRaidを組んでみることにしました。

 再インストールと環境構成にちょっと時間がかかってしまいましたが無事Raid構成にすることができました。マトリクスストレ...続きを読む

Aベストアンサー

HDDの特性が同じであるほうが、RAIDの動作において
余計なオーバーヘッドが排除される。
これらは、専門的なRAID運用における常識で、この常識には
RAIDをRAIDとして活かすための、いくつかの要求を含みます。

まず、構成するすべての機器について、ある程度の予備を用意するものです。
HDDだけでなく、RAIDコントローラーの故障に備えたRAIDカードの予備購入。
導入前のHDDの性能や信頼性の検証、異ロットでのHDD購入によるリスク分散。
そういうところまで行き着くものですRAIDは…

RAIDを構成するHDDは、「故障したときは代わりのHDDを購入」するのではなく
事前に、予備を購入するのが普通です。


なぜならば
RAIDはRAID1,5,6,10などのどれを使ったとしても
データの保護のための技術ではなく、可用性を高めるための技術だからです。

バックアップからリストアする時間を待てないから
HDD一基の故障では止まらないシステムを実現するためにRAIDがあるのです。

もちろん、RAIDシステム自体の異常で
すべてのHDDの中のデータが破壊されることもありえます。
あくまでもRAIDはデータ保護の技術ではないことを忘れないでください。

もっとも、私個人はHDDやMOの記録技術に比べると
激しく信頼性の低いDVD-Rの記録技術も信用しませんけど…


余談
本当に必要だったらテープドライブを検討したいところ。
低価格テープドライブをDVD-Rが駆逐したことは
コンピューターの歴史で、とても残念なことだと思っている。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0607/10/news005.html

一度全焼を経験すると、ほとんどのデータには
執着以外に残す理由が無いことに気づくんだけどね。
ほら、もうアマチュアのぼくはテープドライブを買うことなんか無いんだ orz
えぇテープドライブも燃えればデータは失われるのです(実証済)

HDDの特性が同じであるほうが、RAIDの動作において
余計なオーバーヘッドが排除される。
これらは、専門的なRAID運用における常識で、この常識には
RAIDをRAIDとして活かすための、いくつかの要求を含みます。

まず、構成するすべての機器について、ある程度の予備を用意するものです。
HDDだけでなく、RAIDコントローラーの故障に備えたRAIDカードの予備購入。
導入前のHDDの性能や信頼性の検証、異ロットでのHDD購入によるリスク分散。
そういうところまで行き着くものですRAIDは…

RAIDを構成するHD...続きを読む

QWindows 7 への複数同時ログイン

PCを立ち上げたら・・・・

ユーザー1が前面に・・・

ユーザー2、ユーザー3・・・が、バックグラウンドで
自動的にログインできるようにするソフトとか、あるでしょうか?

Windows 7 自体へは、パッチでリモートデスクトップで、複数PCから同じPCにログインできるように
なっています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分UNIXなどでコンソールが複数ある状態を前提としているのでしょうが、Windowsはコンソールは1つです。なので、クライアント系OSだろうがサーバー系OSだろうがコンソールからログインできるのは1ユーザーです。
リモートデスクトップで100人ログインできようがそれは変わりませんよ。

他の回答者さんも仰っていますが「何でそんなことが必要なんだろう?」と思います。それが必要な局面がどうしても思い浮かびません。

UNIXでも「コンソールから2ユーザー以上ログインしていないといけない」状況なんて思い浮かばないですし…

単に別なユーザーでプログラムを実行していたいのであればrunasなどを使えば良いと思います。

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?


人気Q&Aランキング