プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

根本的な質問ですが、vespaのエンジンのかけ方を教えてください。シートの下にCとRと書いてあるコックと引っ張るボタン(?)みたいなのがついていますが、あれを引っ張るタイミングはどこなんでしょうか。
キックでエンジンをかけてもしばらくしたら止まってしまいます。
何を今更・・な質問でお恥ずかしいですが、どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (4件)

基本的に走行中コックは立てておきます。


当たり前ですが走っているとガソリンが無くなってきて止まりそうになるので
そうなったらコックを上から見て(R)が見えるように倒してください。
これで予備タンク(実際タンクは一つですが)が使えます。
(C)はガソリンがエンジンに来ないようにするためのもので
冬など乗らない時期に使うといいです。

チョーク(引くやつ)はキックしてもかかりにくいときに引いてキックして
かかったら戻してください。

エンジンが止まりそうなのはいろいろ考えられますが
暖気が十分でないと安定しません。
アクセルをエンジンが温まるまで止まらないように回して微調整してください。
    • good
    • 7

引っ張るボタンはチョークといい、エンジンをかけやすくするものです。


エンジンをかける前に引っ張り、エンジンがかかるとチョークを元に戻します。チョークを引いてエンジンをかけるときはアクセルはひねらないでくださいね。でないとプラグというエンジン内にある火花を散らせる部分にオイルで濡れたりしてエンジンがかからなくなってしまいます。アクセルをひねるときは必ずチョークは元の位置に戻しておいてください。
    • good
    • 2

チョークはエンジンを掛かり易くするため


ガソリンを多めに出します。
ジョグとか普通のスクータにも実はオートチョークが
付いていて、自動的にこの操作をやる仕組みになって
ます。
ガソリンとオイルの混合比率は付属のカップを使えば
丁度よくなるハズです。
ガソリンを5Lいれたら、カップの5Lの線までオイルを入れれば、問題ないです。
    • good
    • 2

私は以前 50S、125を乗り継ぎました。


>CとRと書いてあるコック
燃料のコックです。
>引っ張るボタン
チョークです。引っ張ってからキックして下さい。
ベスパでは これが挨拶のような物です。(乗る前の)
これをしないとまずエンジンは掛かりません。
>かけてもしばらくしたら止まってしまいます。
チョークを引いたままにしてしばらく暖気運転をして下さい。 それでもエンジンが停止するのでしたら点火系、燃料系、気化器系を疑って下さい。それから混合燃料を使ってますか? 使わないとエンジンを焼き付かせてしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
早速、やってみました。私のvespaは50ssと書いてあります。
燃料コックはRでチョークを引いて、キックをしたところ、エンジンがかかったのですが、しばらく走るとエンストしてしまって、その後この要領でキックをしてもエンジンがかからないんです。
チョークは引きっぱなしではだめなんでしょうか。チョークは何の役目をしているのですか?

ガソリンは20:1でオイルを混ぜて使ってます。この比率も自信がないです。

お礼日時:2003/06/20 23:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング