現在、春の高校野球大会が開催されていますが、高校生のキャッチャーで急所防具をつけていないと思われる選手が多いように思います。高校野球では暴投やパスボールが多く、キャッチャーの大切なところに当たってしまうのでは?といつもひやひやしながら観ています。プロはキャッチャーのみならず内野手等も急所防具をつけている選手が多いのに、なぜ高校生はつけないのでしょうか?高校生も、急所防具をつけることにより、股間にボールがあたってしまう恐怖から逃れられ、伸び伸びとプレーできることと思うのですが。とは言え、高校生ですから、股間がもっこりする防具をつけることに躊躇いはあると思います。
野球経験者の方や他のスポーツで急所防具を使用した方のみならず、多くの方に、高校生が防具を着けない理由、防具の装着感などについて御教示いただけたら幸いです。また、女性からも、防具をつけていると思われる(股間がかなりもっこりしてますよね!)選手をどのように感じるのか、率直な感想をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

高校野球の審判を行っています。


質問の内容について、数年前から、捕手の急所カップ着用を指導するようになり、試合前の用具の点検の際には捕手がカップを着用しているかどうか確認することになっております。
最近は、選手の危険防止のために、かなり、用具の着用について、これまでよりも規制が緩和されており、最近の高校野球を見ても、以前はプロの選手だけしか使用していなかったものも、現在は着用を認められているものも増えております。

参考URL:http://www.jhbf.or.jp/index2.htm

この回答への補足

コメントが遅れ申し訳ございません。URLを拝見しましたが、大変参考になりました。規則で決められたことであれば、選手も幾分か装着することに抵抗がなくなると思います。しかしながら、やはりこのようなものは、指導しなければ身につけない(身につけたがらない)ものなのでしょうか。また、どのようにして確認するのでしょうか。ご教示いただけたら幸いです。

補足日時:2001/04/29 21:07
    • good
    • 2

 昔の主審は、大きなお盆のようなものを持って捕手の後ろに立っていたのをご記憶と思いますが、あれは、投球やファールチップが当たっても怪我を防ぐための審判の防具でアウトサイドプロテクターと言います。

しかし、最近は、捕手が着けるプロテクターと同じようなものを衣服の中に着用するようになり、その防具のことをインサイドプロテクターと呼んでおります。
 参考までに、それ以外に審判が着用している防具についてご説明いたしますと、マスク(マスクのしたに細長いものがぶらさがっておりますが、それはスロートガードと言います)、インサイドプロテクター、レガース(捕手と同じようにすねを保護する道具をズボンの下に着用してます)、急所カップなどがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに高校野球大会等で、結構最近まで(今も?)審判の方がアウトサイドプロテクターを使っていたような記憶があります。衣服の内外という意味のインサイド/アウトサイドという意味なのですね。何回も私の愚かな質問にお付き合いいただき、本当に感謝しております。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/03 21:41

 お尋ねの着用の確認方法についてですが、さすがに股間に手を当ててというわけにはいきませんので、捕手にことばで着用しているかどうかを聞くくらいです。


 また、われわれ審判員もインサイドプロテクターを使用するようになってからは、急所カップをかならず着用するようにしておりますが、自分では、カップなしでは、たとえ軟式野球の球審であっても怖いくらいですので、選手も以外と抵抗感はなくなっていると思っています。外から見ても、着用しているかどうかはほとんどわからないくらいですので、あまり見た目を気にする必要もないのではないかと思っています。
 なお、今回の回答につきましてはほとんど個人的な見解であり、実際の高校生がどう感じているかについては、いくらか違っているかもしれませんのでご了承ください。

この回答への補足

野球のプロテクターは他のスポーツに比べて充実しているように思えますが、実際にはいろいろと問題があるということが分かりました。ベテランの方や真剣に取り組んでいる人であれば見た目など気にならないのでしょうが、プロテクター装着の必要性を若年若しくはその危険を十分認識できずにいる人に伝えることは難しいことだとも思いました。ところで、インサイドプロテクターとは何でしょう?しつこいようで申し訳ないのですが、お暇なときに一言お答えいただけたら幸いです。

補足日時:2001/04/30 00:39
    • good
    • 0

高校生でも甲子園に行くような強いチームになればなるほど装着率が高くなるはずです。

装着感は確かに悪いです。自分も邪魔だと思いつけずに大会にのぞんだらまんまとあたって、試合を中断させたことがあります。それからはつけましたけどね。弱いチームになるとユニホームのしたにはくスライディングパンツすらはかないひとがいます。いまはたいていこのパンツに収められるようになっています。そうでなければカップ専用のサポーターをまたべつに穿くことになります。確かに面倒で邪魔なので人気はないです。また野手にかんしてはプロの選手ほど早井打球がこないのでまずつけてないでしょう。

この回答への補足

カップをつけることことにより(邪魔なので)、試合や練習時に気になって集中できなくなるようなことはないでしょうか?また、見栄えなども気になりませんでしたか?装着感や見栄えはカップ普及にかなりの影響を与えると思うので、お伺いする次第です。

補足日時:2001/04/14 07:40
    • good
    • 1

いえいえ。

ほとんどの捕手はズボンのしたに防具をつけているはずですよ。外から見ればわかりにくいかもしれませんが。私自身は高校時代ショートを守っていましたのでつけたことはありませんが、キャッチャーは専用の防具を一人一つずつ持ってましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。高校生とは言え着けているものなのですね。高校野球のユニフォームはプロに比べてゆったりとしたものなので、防具の膨らみが分からず、勝手な想像をしていました。それでも、内野手の方は着けないものなのでしょうか?

お礼日時:2001/03/31 23:06

私の知る限りでは、今の高校生は、お金に困っていないので、皆、ファールカップを着けているように思うのですが?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。ファールカップとは防具のことですよね。着けていない訳ではなく、外見上分からないだけだったとは意外でした。やはり着けた方が安心できますよね。

お礼日時:2001/03/31 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

高校野球」に関するQ&A:  高校野球での黙祷

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暴投はキャッチャーの責任でしょうか?

暴投・暴投・暴投。その都度キャッチャーが身体を張って止めようとし
ているのだが止まらず…というシーンを見ました。
当たっている姿も痛そうで、見ているこちらも辛かったのですが、後に、
「あれはキャッチャーが下手だからダメなんだ。下手くそは出てく
るな。」という意見を目にして、とても凹んでしまっています。
記録に残るような暴投だったそうなので、どなたの事だかおわかりにな
るかと思います。
あれは「キャッチャーが下手くそ」なんでしょうか?

Aベストアンサー

えっと、キャッチャーやってましたが、
どんな暴投でも基本的に抑えられない事は無いんですよ。
(審判の頭の上に行くような物理的に無理な暴投は除く)
基本的にバウンドする方向とかは要求した球種を考えればある程度予想できますし、後ろにそれした本人の心には間違いなく「どこ投げてんだ!」と「あー捕れたな~」が同居しています。
つまり、本人にそんな感情が生まれる時点で本人に非があるわけですから、キャッチャーがへたくそなんです。

まぁ、他の内野手と違って「ココに投げてくる!」っていうある程度の固定観念はあるわけで、一瞬「まじかよっ!」って思う時間が邪魔っていうのもありますけどね。

Q昔の野球選手と現代の野球選手の違い

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だけでは人間の体がコントロールできるわけではないはずです。かつての横浜のエース「権藤」は「権藤・権藤・雨・権藤」という流行言葉が出たほどの無茶なローテーションから故障し短い選手生活になりましたよね。
 近年はバッターでは歴代成績に並ぶ・越す成績が出る事が目立ちますが(イチロー・青木・ローズ・カブレラ。大リーグでもボンズ・イチロー)、投手に置いてはその傾向が見られません(速球記録は日米近年出ていますが)。単純にボールの素材などから、打高投低だからなんでしょうか?。
 私の個人的見解としては、まだ野球文化が成熟しておらず今でいう高校野球みたいなものだったのではないかと思います。今では全国区のスポーツですが、その頃はプレイヤーも少なく切磋琢磨できる環境がなく、才能だけでプレーする選手が多かった故に一部の抜き出た選手が多いように思います。だから手を抜いてもそうそう打たれることも無かった。しかし、この考えは自分で検証すると説得力がありません。今の高校野球では十分に切磋琢磨できる選手人口がありますしね・・・。
 誰か教えてください。

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だ...続きを読む

Aベストアンサー

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大山などのように、スポーツ界全体に言える事なので仕方ないかもしれません。「あの人が現代の試合に出ても全勝できる」とか「楽々30勝はできる」などは時代が違うので全然、意味のない論議です。ああいった人たちは「あの頃抜きん出てた大選手」だったわけで、それはオリンピックの記録の変遷を見ても明らかです。

だって当たり前ですよね、オリンピックの陸上や水泳などは明らかに昔より現代の方が記録が向上してるのに、日本のプロ野球だけが昭和20~30年代の投手は150~160キロの速球を投げ、現代の投手は140キロ台しか投げられない、なんてことはあり得ないんですよ。

ですがちょっと興味深い話がありましたので、参考まで。

1.ナイター照明の違い。当時、球場のナイター設備が現代より暗くボールが見づらかった。よってナイターだとボールが今より速く見えた。

2.走塁や中継プレーの差、フォームによる球種を見抜くなどといった事がなかったので、その点でも昔の投手が有利。

3.ストライクゾーンが今より高めに広く、投げ方そのものが違う。

http://f55.aaa.livedoor.jp/~amaxanou/kyusoku1omote.htm

でもいつの時代でも酒の肴に「今の○×と昔の▽△が対決したら・・・」という話は尽きませんね。

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大...続きを読む

Q高校野球をしていなかったプロ野球選手

プロ野球選手の中で、高校の時野球部に入っていなかった人は今までにいるのでしょうか。
弟ともめています。

Aベストアンサー

他競技からのプロ野球入りは4名です
1957年加藤康雄(読売) 槍投げ
1957年桂本和夫(国鉄) アマレス五輪5位
1969年飯島秀雄(ロッテ) 陸上100m日本記録保持者
1992年日月鉄二(西武) 槍投げ国体6位

こんな感じです

Qプロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して プロ野球選手になった人いますか? 小中学校で肘剥離骨折する

プロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して
プロ野球選手になった人いますか?

小中学校で肘剥離骨折するとプロ野球選手(ピッチャー)は諦めたほうがいいですか?

Aベストアンサー

おそらく問題ありません

ひじが伸びない
腕があまりまがらない
腕があまりあがらなくても
プロ野球は目指せます
なってる人もいます

問題ありません

Q大学野球、社会人野球で選手の成長をより楽しめるのはどちらだと思いますか? 私は大学野球だと思います。

大学野球、社会人野球で選手の成長をより楽しめるのはどちらだと思いますか? 私は大学野球だと思います。
大学の年齢が恐らく一番伸び盛りだと思うからです。
もちろん大学卒業して社会人でかなり伸びる選手も中にはいますが。
社会人は大卒が多いですが、高卒も中にはいて高卒4年目までは大学のそれぞれの学年と同年齢ですけどね(回り道がない限り)。

Aベストアンサー

どちらでも 本人次第で楽しめると思いますよ。

プロを目指すなら また考え方も違うのでしょうけど。

人それぞれじゃないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報