女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

身内の恥をさらすようで恐縮ですが、相談にのってください。

私の名前の漢字は読み方が二通りあります
”ふみこ”と”あやこ”です
いままで生きてきたウン十年は「ふみこ」で生きてきました。
今まで何の疑問も抱いていませんでした。

最近父が「そう言えば”ふみこ”とふりがなを付けて出生届を出したか記憶が定かではない」
と言い出しまして、初めて自分の名前に疑問を持ちました。

そういえば保険証は”あやこ”ですし、学生の時の名簿も初めは毎回”あやこ”だったので訂正していましたし、
ダイレクトメール、電話セールスでも”あやこ”でした。

これは確認しなければ!という事になって先日戸籍謄本を取り寄せたのですが
肝心のふりがなは記載されていませんでした。

そこでご相談なのですが
自分の名前のフリガナを確認する方法ってあるんでしょうか?
それとも漢字さえ正しければ読み方は本人の自由なのでしょうか?
どなたか詳しい方、教えてください!!

それにしても、なんていいかげんな両親なのでしょう!
「そういえば、なんでふみこって呼んでいるのかな?」だって!!
こんな親にはなりたくないな、と思った私でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんばんは,puni2です。

いろいろ出ていますので,少しまとめてみましょう。随時,内部通達なども引用します。

出生届には「よみかた」の欄があります。
届の用紙の「記入上の注意」には,「よみかたは,戸籍には記載されません。住民票の処理上必要ですから書いてください。」と書かれていると思います。
この注意から分かるように,基本的には戸籍にも住民票にもふりがなはついていません。
あくまでも「処理上」ということで,住民票の原本(のことを住民基本台帳という)でデータを並べる時に使ったり(文字どおり紙の台帳の場合),またコンピュータ化されている場合は検索する時に使います。
また,選挙人名簿は住民基本台帳をベースにして,その中から選挙権のある人だけを抜きだして作りますが,これには振り仮名がついています(投票所の入り口で係員がチェックしていますね)。

従来は,出生届の「その他」の欄に「傍訓記載希望」などと書いておくと,戸籍上も傍訓(振り仮名)が記載されました。また,この傍訓は婚姻などで新たに戸籍を作るときもそのままついた形で転記されました。(昭和6年4月24日民事第469号民事局回答)
ただし,傍訓はあくまでも「名の読み方を明らかにするために戸籍に記載するものであって、名の一部をなすものではない」(昭和56年9月14日付け法務省民事局第2課第5537号民事局長通達)ので,他の人の戸籍に出てくる場合は傍訓は付けません。(たとえば,Aさんの夫がBさんで,Bに傍訓がついているとき,Aさんの戸籍に「何年何月何日Bと婚姻届出」と書かれますが,Bには傍訓はつきません。)
従って,searchingboyさんのお読みになった「漢字に振りがなをつけて届をすると、戸籍の姓名を記入するときは漢字と振りがなの両方を書かないと正式の届と違うことになる」という説明の真偽は「偽」ということになります。
なお,傍訓を消したいという申し出があれば,消すことはできました。

しかし,1994年11月より,戸籍にはいっさい傍訓を記載しないことになりました(平成6年11月16日法務省民事局第2課第7005号民事局長通達)。
94年12月から戸籍のコンピュータ化が認められるようになったので,それとの関連であろうと思われます。
従って,コンピュータ化されている戸籍には読みがなは一切記載されません。ただし検索の便宜上,データは入力されていると思われます。その場合は,戸籍のデータと住民基本台帳のデータとをつなぐリンク(戸籍の附票という)があるので,住民基本台帳の読みを使っているのではないでしょうか。
また,現在まだ戸籍を紙で維持しているところでは傍訓があるかもしれませんが,コンピュータ化する時点で消えます。

以上のことから,shoyosiさんの回答のような結論になります。

なお,一般には出生届の読みは自由と言われていますが,実は全くの自由ではありません(でした)。
「傍訓が名に用いた文字の音訓又は字義に全く関連を有しないときは、これを付した届出は受理することができない。」となっていました。(前出,昭和56年9月14日付け5537号通達)
今手元にないので確認できませんが,確か前例集に「高」と書いて「ひくし」と読ませようとしてハネられた例が載っていました。昭和30年代の実例だったかな。
また,疑問がある時は受付を保留にしておいて上部機関に問い合わせをしていました。
現在は,傍訓そのものを付けなくなってしまったので,この規定自体もなくなっています。
「高」で「ひくし」と読ませることが可能になったかどうかはわかりませんが,「悪魔」君という名前に一旦ストップがかかった(結局,字を変えて決着した)という例もありますし,おそらく従来と同様の運用がなされていると思われます。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

puni2さん、ホントに詳しい回答ありがとうございます。

親切丁寧なご説明と内部通達(!!)の引用に、読みながら「なるほど、なるほど」と何度もうなずいてしまいました。
私のささやかな悩みに親身になって回答して下さり、
また皆さんからの回答を理解し易いようにまとめてくださって頭の下がる思いです。
それにしてもpuni2さんは物知りですねぇ。
「前例集」や引用の「○○号通達」という記述にもうビックリです。
gooに相談して本当に良かったです。
改めてお礼申し上げます。

お礼日時:2001/04/03 11:22

No.172649のpuni2さんの回答はさすがです。

 
「漢字に振りがなをつけて届をすると、戸籍の姓名を記入するときは漢字と振りがなの両方を書かないと正式の届と違うことになる」という説明の真偽は「偽」ということになります。これは56年(5537号民事局長通達)までは真ですか 。
 これは私は古い時の話しでしたので,いまは通用しないですね.ありがとうございます.
  oedxeさんの悩みなので,あまり気にしないでというためのアドバイスです..  届けてには振りかなをつけないから.「高」で「ひくし」と読ませることは本人 の自由であって、かなをつけて一般の常識とは離れた読み方で届けるから,拒否されるのでしょう.「文」を「あや」と読むのが途中で嫌になれば読み方を変えれ ばいいのでしょう。「高」で「ひくし」と読ませることも可能でしょうが、それでは他人はそう読まないから.本人の思いとは違う事になりますから,やはりあま り好き勝手に読むのもどうかと思います.  
    • good
    • 3
この回答へのお礼

searchingboyさん、アドバイスありがとうございます

名前に関する法律(というか通達?)って複雑ですね。
私が全く知らなかったことでもgooに相談することで詳しいかたに教えて頂いて感謝しています。
みなさんご親切ですね。
searchingboyさんやその他の方々のお陰で、
アドバイス通りあまり気にすることはないぞ、という結論になりほっとしています。
一時は「改名が必要なの!?それって裁判所にいくの!?」
という見当違いなパニックを起こしていたのです・・・
今考えるとおかしくなってしまいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 14:51

下の例で「悪魔」をあげましたが,「悪魔」を「てんし」と読ませてるわけじゃないのだから,例としては違うんじゃないか,というツッコミが来そう。


「悪魔」の例は,もちろん傍訓の例ではありません。
言いたかったのは,出生届のチェックは単に使われている文字の範囲(常用漢字・人名用漢字・かなに限られる)を見ているだけじゃないんだよ,ということです。
「悪魔」の場合は名前の意味そのものを見ていますし,「高」の場合は文字の意味とふりがなの意味との整合性を見ています。
ただ,これらは極端な場合ですし,命名権に対する一種の「よけいなおせっかい」ですので,通常はまず受理されるといっていいでしょう。
(特に「悪魔」のような意味そのもののチェックは,時代が変わればまた違ってくるでしょう。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

puni2さん補足説明ありがとうございます

人の名前って重要ですから様々な面を考慮する必要がありますね。
puni2さんのおっしゃる通りだと思います。

お礼日時:2001/04/03 12:33

 「戸籍簿」「住民票」も名前のふりがなは書かれませんが、住民基本台帳にはふりがな付きで入力されますので、違う名前で住民票を請求したり、選挙権を行使するときには、そのままでは、出てきませんので、役所に替え玉と間違えられる恐れがあります。

役所の窓口で、確認すれば、笑って教えてくれるでしょう。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/nazuke/todoke.html
    • good
    • 5
この回答へのお礼

shoyosiさん、親切な回答ありがとうございます。

>役所に替え玉と間違えられる恐れがあります
とのことですが、ほんとにそんなことになったらコワイですね。
さっそく確認してみようとおもいます。
参考URLも見させて頂きました。大変参考になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 10:12

住民基本台帳ですが、ここの読みは「参考情報」だそうで、


正規のデータではないので、訂正を申し出てもダメだそうです。
また、これの読みには拘束力はないそうです。

私はそれが苗字、名前共に間違っていますが、
おかげで、役所から流れた(住民票にも振り仮名はないですから)と
思われる情報を判別するのに役立っています。

戸籍そのものには読みは記載されていません.
ただし、明治の初めに申告した時には読みがあったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者の方から回答頂けて大変うれしいです。

tntさんは苗字、名前共にちがうのですか!
こんなこともあるのですね。なるほど!!
「おかげで、役所から流れたと思われる情報を判別するのに役立っています。」
とのことですが、こういう役の立ち方もあるのか、とおかしくなりました。
やはり住民基本台帳を調べてみることが必要ですね。
早速調べてみます。本当に有難うございました。

お礼日時:2001/04/02 10:00

市町村役場の住民記録システム(もしくは住民基本台帳システム)のデータベースには普通「カナ氏名」という項目がありますので、役所で確認しておかないと、あとあと何かと間違いがおきる原因になると思いますよ。


それから、あなたと同じような人が知人の中にいます。それほどめずらしい事ではないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nobor3さん詳しい回答ありがとうございます

住民記録システム(住民基本台帳システム)というものがあるのですね。
初めて知りました。全く無知でおはずかしいです。
けっこう同じような方がいらっしゃると聞いてなんだかうれしくなりました。
(うれしがるようなことではないかもしれませんが・・・)
さっそく「カナ氏名」を確認すべく市役所に出向こうと思います
有難うございました

お礼日時:2001/04/02 09:39

 私の知り合いでも月と書いて「るな」と読む人がいま


すので漢字自体の読み方は基本的に自由です。
 以前は戸籍に読み仮名を記載することができたのです
が、現在はそういう制度はありません。oedxeさんの戸
籍に読み仮名がついていなかったのならば、読み仮名は
届け出ていないのでしょう。したがって「ふみこ」でも
いいし「あやこ」でもいいし、全く違う読み方でもいい
のです。
 ただ、自治体によっては住民票に氏名の読み仮名を記
載しているところがあるので住民票も確認してみるとい
いと思います。住民票での読み方をどのように決めてい
るのかは解りませんが、ダイレクトメールが「あやこ」
で来るということは住民票上がそうなっている可能性が
あります。
 あなたの両親が出した出生届を確認するのが一番なの
ですが出生届は27年くらいで廃棄されてしまうので、
それ以上経ってしまうと確認するのは難しいです。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

MARIBさんのご指摘の通り、住民票も確認する事が必要ですね。
早速取り寄せてみようと思います。
もう一つ出生届も確認できるなんて初めて知りました。
ささやかな悩みでしたが相談して本当によかったです。
改めてお礼申し上げます。

お礼日時:2001/04/01 21:07

 漢字の読み方は自由のはずですよ。

 
 カタカナやひらがなで届けしたら,それしか読みようがないですが,
 漢字は読み方はいろいろあるのですから,法的規制できるはずがないでしょう。
 極端にいえば,好きかってに読んでもかまいませんが,-中には当て物のような 読 み方もあるようです--それでは本人の思いとは違う事になりますから,やはりあま り好き勝手に読むのもどうかと思います.漢字の使用は制限があります.
 ただし,真偽はしかめていませんが,漢字に振りがなをつけて届をすると、戸籍の 姓名を記入するときは漢字と振りがなの両方を書かないと正式の届と違うことに なると本で読んだ事がありますが、戸籍に振りがながついていたら,こっちの読み 方がいいと思ったときは困るでしょうから,届にはつけないほうがいいでしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの詳しい回答ありがとうがとうございます。

なるほど、読み方は基本的には自由なんですね!
大げさかもしれませんが
いままで培ったアイデンティティが崩れかかっているような気がして
なんだか心細いような気分がありましたが、いくぶん楽になりました。
改めてお礼申し上げます。

お礼日時:2001/04/01 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氏名の読み方を住民票で変更?

大阪知事選で当選した橋本氏のことをウィキペディアで何気に調べていたら、「戸籍での本来の名字は「はしした」であったが、「はしした とおる」では「橋の下を通る」という意味になり、語呂が悪いと思い、住民票を提出する際に「はしもと」へと変更したという」という一文を読み、ふと疑問に思ったのですが・・。

改名は裁判所に認められないといけないと聞いたことがありますが、読み方は、住民票の提出のときに変更できるほど簡単なものなのですか?
どうやれば変更できるのですか?

Aベストアンサー

住民票の根拠になる、住民基本台帳法では、
第七条  住民票には、次に掲げる事項について記載...をする。
一  氏名
二  出生の年月日
となっており、“氏名の読み方”は定められていません。
従って、実務上住民票に記載されている“読み”は、単なる余事記載事項なので、管理者(市町村長)の裁量でいかようにも変更できます。逆にいえば、変更の手順が定められていないので、仮に裁判所(違憲立法審査権により住民基本台帳法が違憲とされない限り)の判決によっても変更を強制することはできません。

参考として大阪市の見解を示したURL添付します。

参考URL:http://www.city.osaka.jp/shimin/opinion/03/pdf/070704/070704_01.pdf

Q住民票のフリガナ変更について

皆様、はじめまして。
住民票のフリガナについて質問いたします。
名前の漢字はそのままで読み方は変えられる、と聞いたことがあります。
住民課にいけば速やかに変えてくれる、と聞いたので、電話で問い合わせたら
「はぁ?読み方を変える?何ですかソレ?」と速やかに変更してくれるとは言い難い対応をされました。

古い、ダサい、怖い名前だと嘲笑されつづけた名前。せめて読み方だけでも変えて明るく生きたいのです。
どうか皆様、知恵を貸してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民票と戸籍は別物です。
出生届に氏名とふりがなを書いて提出しそれに基づいて住民票と戸籍を作成しますが、ふりがなは戸籍には記載されません。
ですからふりがなの変更であれば、戸籍の変更は生じませんから、家庭裁判所の許可は必要ありません。これは質問者さんの認識のとおりで、#1さんの回答に誤りがあります。

さてご質問の件ですが、ふりがなはあくまで法律上必要な物ではありませんので、各自治体により取扱いが様々です。また電話対応した者が意味を把握していない可能性があります。
参考URLが参考になると思いますので、ご一読のうえ再度お問い合わせください。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina5.html

Q口座の名前のフリガナが違う

銀行口座の氏名のフリガナですが、苗字は正しいのですが、名前が違っています。
もちろん自分の名前なので、申し込みの際に間違うわけもなく窓口での手違いかと思います。(若いときにも同じ事があったので)
解約してつくりなおすか、訂正してもらうか迷ってます。

名前の漢字が一般的な読みかたと違うため、誤った呼び名で呼ばれることが多く、いちいち面倒なので訂正しないでいます。間違った名前で私を認識している知人も少なくありません。
病院や銀行などで間違った名前で呼ばれても、自分の事とわかるのでわざわざ訂正しません。
それが災いしたのか、結婚後つくった銀行口座のキャッシュカードが届いたら間違っていました。

以前商業施設ですすめられたクレジットカードを申し込んだ時、届いたカードの名前が違ってましたが正しい名前の銀行口座から問題無く引き落としがされていて、(現在はこのカードは無いです)たまたまネットショップのクレジットカードの入会特典と、欲しい商品があったので、申込みをしようとしたら、本人名義の口座が必要だったため、安易な気持ちで間違った名前にあわせて会員登録をしてしまいました。

支払もきちんとしていますし、悪用するつもりもないのですが、今回は故意に間違った名前で申し込んだことが気になってしかたありません。

そこで、訂正しようと思うのですが、なんだか解約してつくりなおした方が早い気がします。
でも、同じ住所で生年月日も同じですから、双子以外はありえないから、変ですよね。

こういった場合、どっちがいいのでしょうか?

銀行口座の氏名のフリガナですが、苗字は正しいのですが、名前が違っています。
もちろん自分の名前なので、申し込みの際に間違うわけもなく窓口での手違いかと思います。(若いときにも同じ事があったので)
解約してつくりなおすか、訂正してもらうか迷ってます。

名前の漢字が一般的な読みかたと違うため、誤った呼び名で呼ばれることが多く、いちいち面倒なので訂正しないでいます。間違った名前で私を認識している知人も少なくありません。
病院や銀行などで間違った名前で呼ばれても、自分の事とわかるので...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1 です。

> 清算後解約してつくりなおしたい気持ちなのですが・・・。

ただ解約を進めると、あなたの信用情報に何らかの影響が出る場合があります。
現在のそこのクレジットカードを解約して、
他の会社のクレジットカードを新たに作る手段もありますが、
新たな別の会社でクレジットカードを作れるかは、私には判断できません。

よって、電話を掛ける時間帯を変えるなどして、訂正の手続きを求めることが賢明です。
それに、引き落とされる銀行口座の「名義(読み方)」を改めるならば、
請求するクレジットカード会社の名義も改めることが必須です。

銀行とクレジットカード会社の間で、口座振替の際に遣り取りするデータは、
漢字を使わずにカタカナで行います。
つまり、銀行側の口座名義(フリガナ)を改めたなら、
クレジットカード会社からの請求データがあっても、
引落口座が名義相違となってしまって引落不能となります。

よって、ただクレジットカードの名義を正すだけでなく、
引落口座の名義変更の届けも、新たにクレジットカード会社へ提出が必須です。
もちろん、クレジットカード自体の更新(作り替え)にも至るでしょう。

言い方は悪いですが、当時、諸事情はあったのでしょうけれど、
「まあ、いいや…。」として対処していた結果のツケが今に回ってきた、
今回は、いわゆる「身から出たサビ」です。

「訂正をする良い機会が訪れた。」と前向き割り切って、
銀行とクレジットカード会社それぞれに対して、訂正の手続きを進めることが賢明と思います。
面倒なことは分かりますが、こんな時こそ、逆に正攻法で進めるのが無難です。
ご健闘をお祈りします。

ANo.1 です。

> 清算後解約してつくりなおしたい気持ちなのですが・・・。

ただ解約を進めると、あなたの信用情報に何らかの影響が出る場合があります。
現在のそこのクレジットカードを解約して、
他の会社のクレジットカードを新たに作る手段もありますが、
新たな別の会社でクレジットカードを作れるかは、私には判断できません。

よって、電話を掛ける時間帯を変えるなどして、訂正の手続きを求めることが賢明です。
それに、引き落とされる銀行口座の「名義(読み方)」を改めるならば、
請求するクレジッ...続きを読む

Q正式な苗字の読み方の調べ方について教えてください。

みなさんはじめまして。
この度ある機関に申請する為に正式な苗字の読み方を調べる事になりました。
漢字は「崎」なのですが、今まで「さき」や「ざき」など使いやすい方を使ってきました。
また、親類に聞いても「確か…」と正確な読み方を把握しているものはおりませんでした。
このような場合、戸籍謄本に記載されていたり、区役所などの機関に聞けばわかるものなのでしょうか?

どなたか調べ方をご存知の方がいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
私の市役所発行の住民票の名前に、フリガナがふってあるのを発見しました。
そこで早速、市役所に尋ねました。
「このフリガナはどこでふったものか?」。
そうすると、居住者が住所変更届を出した際、フリガナをふる欄があり、それをそのままそっくり住民票に写し込んだものであり、法的根拠は全くない、当市ではフリガナはつけているけれども、他の市でもやっているとは限らない、との返答。

住民票の氏名に付いたフリガナは、根拠のないものであることが分かりました。

結局は本人がしっかりしていないと、自分の名前の読み方も分からなくなると言ういい例になりそうです。

Q本名とは別に、通称名を持つことはできますか?

本名とは別に、通称名を持つことができると聞いたことがあるのですが、本当にできるのでしょうか?
特に正当な理由があるというわけではなく、正直おもしろ半分ではあるのですが、友人などから本名ではなく、いつも通称のような名前で言われています。
具体的にどのような手続きをすれば、通称名を取得できるのでしょうか?
また通称名は、生活のどのくらいの範囲で使用できるのでしょうか?
興味本位な質問で申し訳ないのですが、とても気になったもので。
ご存じの方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

>本名とは別に、通称名を持つことができると聞いたことがあるのですが、本当にできるのでしょうか?
できます。ただ,

>友人などから本名ではなく、いつも通称のような名前で言われています。

というところがちょっと気になりました。

結婚した人が,旧姓を通称として使う,というケースは増えていますし,
たいていの場面で通じます。

しかし,一見していかにもニックネームだな,とわかるような名称は,芸能人の芸名とか,小説家のペンネームのような場合ならいいでしょうが,
日常生活で「じゃあこちらにお名前とご住所を」と言われた時,「これ,本名ですか」などとトラブルのもとになるのではないでしょうか。
たとえば,水野亜美子さんという人がいたとして,マンガ「セーラームーン」に出てくる水野亜美にちなんで,まわりから日ごろ「セーラーマーキュリー」と呼ばれていても,たとえば本屋で本を注文する時に名前の欄に「セーラーマーキュリー」と書くのには勇気がいりそうです。

>具体的にどのような手続きをすれば、通称名を取得できるのでしょうか?
これは,既に出ているように,正式のものではありませんから,手続きも特にありません。

>また通称名は、生活のどのくらいの範囲で使用できるのでしょうか?

正式の身分証明を必要とする場合は使えません。例えば,
病院や役所,銀行などの窓口。
銀行は普段はいちいち証明を求めませんが,口座を作る時は証明が必要です。(隠し口座などを防ぐため,けっこうチェックが厳しくなってきています。)
それ以外の場でしたら,かなり通用するようになってきています。
たとえば,大学の教員の中には,通称として旧姓を使いつづけている人がいますが,
学生は本名(戸籍上の苗字)をほとんど知りません。
時間割も,研究室の表札も,みんな通称が書かれています。
本名を知っているのは人事や給与関係の職員ぐらい,という場合もあります。

アルバイトをする場合,職場に通称で届け出ると,給与明細や源泉徴収票は通称で書かれます。
アルバイトの給与はたいてい税金を多めにとっているので,確定申告すると少し戻ってくることが多いのですが,
確定申告の書類には「屋号など」を書く欄がありまして,
ここにペンネーム・芸名などを書くことができます。

郵便の場合,ポストに通称と本名の両方を出しておくと,理解が早いです。
ただ,不在通知が入っていて本局にとりにいくと,なりすましの被害を防ぐため,身分証明を求められます。
旧姓ぐらいだったら,名前の後半と住所は一致しているので,納得されるでしょうが,全然違う名前だと,説明が大変かもしれません。

ちょっと思いつくままに,通称の使用例をあげてみました。

>本名とは別に、通称名を持つことができると聞いたことがあるのですが、本当にできるのでしょうか?
できます。ただ,

>友人などから本名ではなく、いつも通称のような名前で言われています。

というところがちょっと気になりました。

結婚した人が,旧姓を通称として使う,というケースは増えていますし,
たいていの場面で通じます。

しかし,一見していかにもニックネームだな,とわかるような名称は,芸能人の芸名とか,小説家のペンネームのような場合ならいいでしょうが,
日常生活で「じ...続きを読む

Q出生届を出したらもう名前の修正は不可能ですか?

先日、生後10日目に出生届を出したのですが、その後本当にこの名前でよかったのかと少し後悔しています。というのが、とびきりおしゃれではない名前だと思うのですが、人からは「素敵な名前ね」「女優さんみたい」というリアクションばかりで、そう言われると実際のわが子の雰囲気とはちょっとかけ離れているような気がしてなりません。いわゆる「名前負け」と人から将来言われるようになったらととても心配で、もっと無難な名前にしておけばよかった・・と思うのです。もう出生届を出したら変更は絶対できないのでしょうか?区役所に直接相談する前に「こういう理由であればOK]等情報があればとても助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記にもあります通り、受理された
届書の効力は絶対です。
受理されたあとでの訂正があるとすれば、
届書に誤記があった場合くらいです。
例えば筆頭者の漢字氏名を書き間違えて
いるので、届書を直しましたとか、
子の名については、子の名に使用できない
漢字を用いていたので、他の字体に
直してください。という通知があるいは
来るかもしれないくらいです。
届出者本人から名の変更を…ということは
できないですね。
方法は無くはありませんが、つまり下記に
ある通り、「名の変更」届です。

ここでもう一つ考えて欲しいのは、親は親権者
として子に命名する権利を代託されています。
その名前はすでにお子様のものですので、
その名を変えるのも、お子様の私権を代託する
ことになるという事を忘れないでください。
難しい話しですけど、名前を変更する権利を
有しているのは本来であればお子様にあります。
自分の意思表示が不可能な子の名の変更に
かかる権利を代託できるかどうか、
これも一つに大きなハードルになります。
名の変更を親が届けるのは結構面倒なんです。

女優さんみたいな素敵な名前も多いですよ。
外国の女優さんの名前に漢字あてたような名前も。
名前負けかどうかを今のうちに判断してしまうのは
ちょっと時期尚早な気がします。
初めにつけてあげたその直感のまま育ててあげる
ことの方が大事なのではないですか?
「名は体をあらわす」はきっとあとからついてくる
ものなのではないかなという気がします。

下記にもあります通り、受理された
届書の効力は絶対です。
受理されたあとでの訂正があるとすれば、
届書に誤記があった場合くらいです。
例えば筆頭者の漢字氏名を書き間違えて
いるので、届書を直しましたとか、
子の名については、子の名に使用できない
漢字を用いていたので、他の字体に
直してください。という通知があるいは
来るかもしれないくらいです。
届出者本人から名の変更を…ということは
できないですね。
方法は無くはありませんが、つまり下記に
ある通り、「名の変更」届です。
...続きを読む

Q名前の読み方

出生届を出すときって、名前のフリガナまでは記入しないんですよね?

自分の名前は2種類ほど読み方が可能なのですが
(『浩司』と書いて『ヒロシ』『コウジ』みたいな感じ)
保険証に登録されていて、家族に呼ばれているカタカナ名より、違う読み方を他人や知人によくされます。

しかも、そっちの読み方のほうが個人的にカッコイイと思ってます。

いっそのことそっちの読み方にしたいのですが、そういうのは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんも答えているとおり、出生届けにふりがな欄もあります。しかし、戸籍には記載されません。問題の「漢字」と「よみかた」の問題ですが、法務省の戸籍事務に関する通達では「低」と書いて「たかし」と読むようなものはだめ、となっているだけです。
住民票に記載されているという回答もあるようですが、これも「便宜上」あるだけで、法律上の記載事項ではありません。名前や生年月日について戸籍と住民票のどちらが正しいかというと戸籍という答えになります。なので戸籍に記載されていない「よみかた」を住民票で証明することはできないのです。
ご本人が主張する読み方が正しい、ということになります。

また、原則として同じ戸籍に同じ名前がいてはいけないことになっていますが、これはやはり漢字での問題です。同じ『浩司』と書くが『ヒロシ』さんと『コウジ』さんで違う名前だ、というのはだめ、ということです。

Q改名(漢字そのままで、読みだけ変更)について。

読みだけの変更だと、役所で容易にできると聞いたのですが、質問があります。

(1)引越しを機に子どもの名前の読みを変更したいと思っているのですが、変更の理由を聞かれますか?

(2)もし聞かれるとしたら、「引越しの手続きの際に間違ったフリガナで登録されたみたいです」などの理由でも良いでしょうか?
本当は違う理由(改名が本当の理由)なのですが、不信感を与えそうで怖いです。

(3)フリガナ変更の際、子どもの保険証などの提示が必要でしょうか?私(親)の免許証などだけで良いのでしょうか?

(4)無事、フリガナ変更出来た後、保険証も変更届けが必要でしょうか?現在、保険証には子どもの名のフリガナが書いてあります。
変更する必要がないとしたら、病院で保険証を見せるとき、どうすれば良いのでしょうか?

どなたか、詳しい方のアドバイス頂けると大変助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法律的には戸籍にも住民登録にもフリガナを記載する規定がありません。
住民登録において便宜上記載されているだけです。
故に住民登録上の読み方を変更するのは住民登録異動届出ですることは可能です。
もちろん転入届出時に変更することも出来なくはありません。(法令にフリガナの規定がないため、自治体によっては転出証明書にフリガナを記載しないところすらあります。)

ただし、ご心配されているように保険証その他では「フリガナで区別している」ものもありますので安易に読み方を変えるといろいろ面倒なことになるでしょう。
特に親戚やお子さん自身が混乱するように思います。
保険証は発行元に訪ねた方がよいと思います。

Q名前を変えるのに必要な手続きとは?

質問いたします。
私3年ほど前に姓名判断で見てもらい、名前のみを変えました。
その後、戸籍上はすぐには変えられないということなので、
郵便物や簡単な会員証、ホテルの予約の名前等、できるとことはすべて変えた後の名前を使ってきました。
この変更後の名前で書かれている物、印刷されている物はすべて保存してあります。

そろそろ戸籍上も変更後の名前にしたいのですが、
もう変更することはできますでしょうか?
またどのような今後手続きをしていかなくてはなりませんでしょうか?

分かる方おられましたらよろしくご指導ください。

Aベストアンサー

近年、改名が認められた事例としては、性同一性障害で女性名から男性名への変更許可申
立が認められた事案や、近所に同姓同名の人がおり、郵便の誤配、間違い電話に悩まされ
ていることをもって「正当な事由」として認容したケースがあります。


>そろそろ戸籍上も変更後の名前にしたいのですが、
>もう変更することはできますでしょうか?

ご相談の内容では、姓名判断の助言から、改名したいという事のようですが、裁判例では
「姓名判断は不合理な迷信であってそれだけを理由として改名を認めるわけにはいかない」
という考え方が主流です。 ただし、当初は姓名判断が動機で戸籍上の名前とは異なった
名前を使用したが、それが長期間(永年使用)にわたり、通名の方が定着してしまった場合
に改名を認めた事例があります。 

これは、長期間にわたり通名を使用したことにより、通名の方が定着してしまった場合に
通名への変更許可申立を認めなかった時に、実生活への不利益、日常生活に与える影響の
重大性を考慮(重要視)して判断する場合があると言うことです。(裁判官によってかなり
考え方が違うため、本件でも確実に認められるとは限りません。)

したがって、裁判官に改名がやむを得ないと認めさせるに足る十分な客観的事情を証拠と
共に明示することが必要です(本件では、改名が認められなかった場合に想定される実生
活への重大な不利益。 下記判例より、重大な不利益が認められた場合でも通称の使用期
間が約3年では短いと判断される可能性もあります。)。


■【参考判例】
大阪家裁(平成8.12.6)の抗告審において、性同一性障害で通称の使用期間約4年間で男性
名から女性名への変更を許可。(家裁では不許可)

徳島家裁(平10.08.20)において、性同一性障害との診断があり通称の使用期間は約3年の
ケースで男性名から女性名への申立が却下されています。

家裁において、性同一性障害で通称の使用期間約5年間以上で、概ね、男性名から女性名
への変更を許可しています。
 
例外として、性同一性障害で通称の使用実績がない場合であっても、女性名から男性名へ
の変更が認められたケースがあります。[静岡家裁(平10.04.28)]


>またどのような今後手続きをしていかなくてはなりませ
>んでしょうか?

■【氏名の変更のための手続き】

氏名の変更のための手続きについては、まず家庭裁判所に「氏名の変更の許可申立書」を
提出します。

●申し立てることができる人
戸籍の筆頭者及びその配偶者であること。
名前だけの場合は本人。

●申し立てる裁判所
申立人の住所(住民票上の住所)を管轄している家庭裁判所。

●申立費用
収入印紙(申立書に貼附する)を600円、郵券(郵便切手)を大体400円程度、現物で持参
する。

●申立書と併せて提出する書類
申立人の戸籍謄本、氏名の変更の理由があることを証明する書面(陳述書)、同一戸籍内
に15歳以上の者がいる場合には、その者が署名押印した氏名の変更についての「同意書」。

●同一戸籍内に15歳以上の者がいる場合
同意書を提出しますが、家庭裁判所では同一戸籍内の15歳以上の者と直接面接を行い、そ
の意思確認を行うこととなっています(特家審規5条)。


家庭裁判所から氏名の変更の許可の審判が出て、かつ、誰からも即時抗告を行われず2週
間経過したとき許可の審判が確定します。家庭裁判所から確定証明書が郵送されます。

次に住所地の区市町村役場(所)「戸籍係(課)」に行き、氏名の変更届に必要な事項を記載
して、家庭裁判所で出た「許可の審判書(謄本)」と、その「確定証明書」を添付して提
出します。

以上の手続きを経て氏名の変更が実現します。


■【参考法律】

戸籍法第107条(氏の変更)
やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びそ
の配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。

第107条の2(名の変更)
正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け
出なければならない。


以上参考まで。

近年、改名が認められた事例としては、性同一性障害で女性名から男性名への変更許可申
立が認められた事案や、近所に同姓同名の人がおり、郵便の誤配、間違い電話に悩まされ
ていることをもって「正当な事由」として認容したケースがあります。


>そろそろ戸籍上も変更後の名前にしたいのですが、
>もう変更することはできますでしょうか?

ご相談の内容では、姓名判断の助言から、改名したいという事のようですが、裁判例では
「姓名判断は不合理な迷信であってそれだけを理由として改名を認めるわけ...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報