パチンコ攻略法被害に賠償命令。この判決は本当に今後の役に立つのか? 

お世話になります。パチンコの攻略法被害について賠償命令を下す判決がでました。
弁護団は「非常に画期的な判決だ。悪徳商法広告の安易な掲載に対し警鐘となる」と評価した。、
とのことですが、果たして本当にそうなるでしょうか?

スポーツ新聞を見ていますと、競馬面の広告欄は予想会社の広告でいっぱいです。
一面全面広告なんて当たり前のように出ています。朝日新聞の一面全面広告は3000万円が相場、とのことですが
おそらくスポーツ新聞もそれに準じる広告料金が必要でしょう。数万円や数十万円では載せてもらえないでしょう。
競馬面以外にもスポーツ新聞の大型広告といえば、精力剤やら出会い系サイトなど、怪しげな広告ばかりです。いくら怪しげな広告でも数百万、数千万円もはらってくれる広告主なら神様にみえることでしょう。
以前、媒体側の人間に「こういった広告は必ず内容を確認しているのか?」と聞いたところ、
「社内の審査部が必ずチェックしている。うその内容を載せる広告主はお断りしている」とのことでしたが
別の情報では
「媒体にとって広告主はお金をくれる神様。審査などしないし、万一広告内容がウソだったとしても媒体側は”信頼していたのに騙されました”という言い訳をすれば良いので媒体側は何も問題視していない」
とのことでした。

はたして今回のパチンコ攻略会社の敗訴判決は媒体側の自主規制強化につながりこういった怪しげな広告の一掃に直結するでしょうか?
それとも今回の判例を元に、一件一件、訴訟を起こせば広告会社、掲載媒体の落ち度を認める判決は出るだろうが、今回の判決だけでは媒体側も広告主側も
「訴えられた敗色濃厚だが、訴えられなきゃまだまだ大丈夫」
というスタンスでしょうか?

参考 時事ドットコムより引用
雑誌社に広告の確認義務=パチンコ攻略法被害-大阪地裁
 パチンコ攻略法の雑誌広告を見て購入した情報が虚偽で被害を受けたとして、堺市の会社員男性(29)が雑誌発行元の「未来インターナショナル」(大阪市)と広告代理店「クエスタ」(東京)に255万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。後藤誠裁判官は「広告内容を何ら確認していない」として両社に約76万円の支払いを命じた。
 男性の弁護団は「非常に画期的な判決だ。悪徳商法広告の安易な掲載に対し警鐘となる」と評価した。
 判決は「広告に対する読者の信頼は、雑誌や発行者に対する信頼と全く無関係ではない。雑誌社や広告代理店は読者に不測の損害を及ぼすことを予見した場合には、真実性を調査確認する義務がある」と指摘した。
 その上で「日額10万円以上」などとした打ち子募集広告に関し「真実性に疑念を抱くべき特別の事情があった」として両社の過失を認めた。ただ、男性の過失についても「相当に大きい」とした。
 クエスタの話 判決文を見ていないので、コメントできない。(2010/05/12-19:03)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かにこの1件の裁判だけで、メディアが規制に動くとは考えにくいです。



ただし、今回の判決で広告主ではなく、広告代理店と広告を掲載した雑誌社が敗訴したという意味では一歩前進でしょう。
今回の判決が判例となれば、同様のケースで裁判を起こした際に判例として扱われるようになり、出版社が敗訴する可能
性が高くなりますし、他の被害者などが知れば裁判を起こす件数も増えてくるでしょう。

消費者金融の払いすぎたお金が戻るようになった時のように、被害者がどんどん裁判を起こすようになると、出版社とし
ては広告費よりも賠償金に支払わなければならない金額が大きくなりますので、徐々にではありますが掲載をやめる所が
増えてくると思われます(何年かかるかは分かりませんが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
うーん、やはり今すぐマスコミ側が自主規制を作って、こういうインチキ広告を締め出す、という動きにはならないようですね。

>消費者金融の払いすぎたお金が戻るようになった時のように、被害者がどんどん裁判を起こすようになると、出版社とし
ては広告費よりも賠償金に支払わなければならない金額が大きくなりますので、徐々にではありますが掲載をやめる所が
増えてくると思われます(何年かかるかは分かりませんが・・・)

雑誌だけでなく、TV広告もサラ金、パチンコ(メーカー、パチンコ店とも)は花盛りですもんね。最近ではお笑い番組でサラ金(を誹謗中傷する)のネタをやるのはご法度になった、とも聞きます。
今やサラ金はTV局にとっては大スポンサー様なのだそうで・・・

難しい問題ですね。

お礼日時:2010/05/17 06:56

「○○で出玉が○○になる」という「パチンコ攻略法」と「○○が一位になるかもしれない」という「競馬予想」はだいぶ違いがあると思います

が?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>「○○で出玉が○○になる」という「パチンコ攻略法」と「○○が一位になるかもしれない」という「競馬予想」はだいぶ違いがあると思いますが?

おっしゃるとおりだと思います。かなりの開きがあります。本質の部分は同じだと思います。騙そうとする本質はね。

お礼日時:2010/05/17 06:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京地裁平成21年3月13日判決

東京地裁平成21年3月13日判決、借主が商人であっても、その実質を分析して、商行為ではないと判断された判例だとある弁護士から教えていただきました。しかし、私の代理人弁護士が判例ソフトを検索してもこの判例が見つからないそうです。日付けの誤りでもあるのでしょうか。私達はこの判例を裁判で活用をしようとしています。この判例の出所などを詳しくお分かりの方がおられましたら、お願いですから教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

裁判年月日 平成21年 3月13日 裁判所名 東京地裁 裁判区分 判決
事件番号 平20(ワ)17115号
事件名 保証債務等請求事件

◆原告は、被告が代表取締役を勤める会社に対し、被告を連帯保証人として、金員を貸し付けたと主張して、原告が被告に対して、貸付金の返還を請求した事案において、被告は、本件貸付けは、主債務者が株式会社であり、商行為であるから、貸金債権は商事消滅事時効により消滅していると主張したものの、本件は、もっぱら被告の個人的信用及び依頼に基づいて貸付けをしたものと思料され、本件貸付けは、名義人は被告の関与する会社とはいうものの、実質は被告個人に対する貸付けであり、商行為ではない から、消滅時効の主張は理由がないとして、請求を認容した事例

このことだと思われます。
判例ソフトによっては引っかからないのかな??

Q地裁判決の控訴審で論旨を認められても・・・

交通キップの略式を正式裁判に申請し直して、その判決の仮納付を私が不服として控訴し不服の論旨を認められ、前判決破棄で量刑は変わりませんが仮納付は取消されました。
そこで質問ですが両裁判とも国選弁護人でしたが、仮納付を言い渡された弁護人の費用は支払えとの判決でした。
これは覆される判決を出された、その弁護士には価値を見出せる事が出来ないと思いますが法的に定められてるのでしょうか。

Aベストアンサー

 仮納付が取り消されたとしても、刑の言い渡しがされた以上、被告人が貧困のための訴訟費用を納付することのできないことが明らかであるときは別ですが、被告人は訴訟費用の全部又は一部を負担することになります。(刑事訴訟法第181条第1項)
 そして、訴訟費用の中に国選弁護人の報酬なども含まれます。(刑事訴訟費用等に関する法律第2条3号)
 国選弁護人は、被告人ではなく裁判所が選任するのであって、その報酬は弁護活動に対する報酬であって、私選弁護人の受け取る成功報酬とは違います。
 貧困のため訴訟費用を完納できない事情があるのでしたら、判決確定後20日以内に訴訟費用執行免除の申立をしてみて下さい。(刑事訴訟法第500条)

Q検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか?

裁判で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか?

つまり、(特に事実認定において)検察側の主張にも弁護側の主張にもそれなりの妥当性があると思われる場合、その間(あいだ)を取った量刑を出して、無難に被告を裁いてしまうことは許されるか、ということです。原則的には犯行事実は「有った」か「無かった」のどちらかでしょうから、このような判決は本来あってはならないのでしょう。しかし、人間は全知全能の神ではないのですから、いろいろ考えてみたけれども「よくわからない」ということもあるんじゃないでしょうか。その際、「間(あいだ)を取る」というのは極端を避ける術としてあってもよい(また実際の判決でもある)と私は思うのですが、どうでしょうか?

また、来年度から裁判員制度が実施されます。裁判員に選ばれ、量刑を決める立場になった際、「どちらが正しいか、よく分からない」という理由で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った量刑にするのは、合議の際に認められるのでしょうか?それとも、裁判官に「そんなテキトーに判断を下してはならない。」と再考を促されるのでしょうか?

さらに、「犯行事実」に疑いのない場合でも、被告の責任能力が争われ、弁護側と検察側の精神鑑定の結果が食い違ってくることもあると思います。現在は、裁判官がどちらかの意見を採用して(あるいはどちらも採用せずに)、「犯行当時は善悪を判断する能力はあった」とかの理由を付記して、心神喪失とか心神耗弱とか、法律上の基準に当てはめて、最終的な判決を示していると思います。ですが、もし自分が裁判員になって判断する立場になったら、「間(あいだ)を取って、無難に裁いておきたい。」と思うだろうと、考えます。つまり、「この人は心神喪失!」とか、「この人は正常な精神状態だった!」とか、の法的な枠に入れ込んで量刑を決めたくありません。だって、確かに「正常」とは思えないような感じのする、被告がいて、さらに「お医者さん」の意見も割れているのですから。
こういう際も、「間(あいだ)を取って」というのは、判断理由としては許されないのでしょうか?また合議の際、「間(あいだ)を取った」判決であると直接に言っていなくても、「どうもこいつは、間(あいだ)を取った判断をしている。」と思われれば、問い詰められるのでしょうか?

恥ずかしい話ですが、私はよく日常生活で「間(あいだ)を取った」判断をします。ビジネスの世界でもリスクを避けるために、A社から50%、B社から50%、受注するというようなことは、よくあることなのではないでしょうか?やはり司法の場では、間(あいだ)を取った判決で「(真実と正反対の判決をしてしまうという)リスクを避ける」という自己保身的行動は認められないのでしょうか?

私自身は法律には素人で、法律に詳しい方からすると浅薄な意見であるかもしれませんが、自分が裁判員に選ばれ「人を裁く立場に立つ」ということを想像したときに純粋に気になりました。ご意見を頂ければと思います。

裁判で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか?

つまり、(特に事実認定において)検察側の主張にも弁護側の主張にもそれなりの妥当性があると思われる場合、その間(あいだ)を取った量刑を出して、無難に被告を裁いてしまうことは許されるか、ということです。原則的には犯行事実は「有った」か「無かった」のどちらかでしょうから、このような判決は本来あってはならないのでしょう。しかし、人間は全知全能の神ではないのですから、いろいろ考えてみたけれども「よくわからない」とい...続きを読む

Aベストアンサー

まず、「有罪か無罪か」という点については、間を取ることが論理的にあり得ませんから、間を取りようがないといえます。したがって、この点については、裁判官も「有罪」「無罪」いずれかの判断をする必要があります。

なお、映画のタイトルなどで知られていますが、有罪か無罪かはっきりしないときは、被告人に有利な判断をすべき、すなわち「推定無罪」であるべきというのが、法の原則です(「疑わしきは被告人の利益に」ともいいます)。これにより、「有罪か無罪か」の点で迷ったときの判断方針が定まることになり、実際にもこの点で間を取った判断をする必要がなくなります。


他方、「有罪」と判断した場合の量刑、つまり懲役刑にするか罰金刑にするかなどの判断については、一定の範囲での裁量が認められます。この意味で「間を取る」ことは出来るといえます。

Qパチンコ・パチスロ攻略詐欺

23歳の学生なのですが質問をお願いします。僕はスロットが好きで良く打っているのですが攻略雑誌を読んでいると絶対に大当たりがくる攻略法を教えますとのっていました。

半信半疑で問い合わせをしてみると電話の先の攻略プロ?らしい人が間違いなく攻略法を使えば月に500万は勝てるというので30万の攻略法を買ってみました。

しかし攻略法を使ってみても当たりはきません… 攻略会社に連絡してみると手順が違うと言われてしまいました… この攻略法は手順さえちゃんとやれば本当に大当たりをひけるのでしょうか? 

誰か知っている人がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

それは完全に騙されています。

僕も同じような感じで60万ほど騙されてしまいました。

悔しくていろいろネットで調べたところそういった詐欺行為を専門に取り扱っている探偵事務所があったので相談したところ法的措置で取り返す事ができました。

良かったら相談してみるといいと思います。

http://eagle.bz/

Q求人広告媒体は職業紹介事業にあてはまるでしょうか?

求職者の個人情報を一切扱わないアルバイト求人サイト(anやDOMOなど)の運営には厚生労働省の職業紹介事業としての許可が必要なのでしょうか?

あらゆるサイトを閲覧しても正社員紹介の事しか記述が無かったのでご存じの方ぜひ教えてください。

あと求人広告を掲載している新聞(読売や朝日など)やフリーペーパーなどはこの職業紹介事業の許可をとっているものなのでしょうか?

ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お問い合わせの内容は、単に広告事業であって、職業紹介事業には当たりません。
業として許可の要る「職業紹介」は、求職者と求人者の間を斡旋して雇用契約につなげる行為を伴うものです。

参考サイトを下記に紹介しておきます。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/manual2/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報