AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

ハンコの跡を消したい

古いカタログにハンコ(朱肉)が押されています。 これを綺麗に消す方法を教えてください。 ちなみに除光液で試しましたがほとんど取れませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは。



 朱肉はひまし油や樹木のやになどの油性分を練り上げて作られたもので、落ちないことを前提として作られていますので、どんな液体使っても完全に除去することは困難です。

 カタログの紙質にもよりますが、紙に染み込んでいる程度が少なければ、少しずつ紙の表面を削る事で徐々に目立たなくなります。ただ、完全に除去できるかは難しく、紙の表面も削られるため、薄い紙では穴が空いてしまいます。
 カタログなどは、表面にコーティングされた紙質なので、カッターナイフの背の部分や砂消しゴム、1000番以上の目の細かい紙やすりなどで少しずつ削り、その跡、消しゴムで軽くこすることで紙の表面を整えることができ、めだちにくくできます。

 ただ、これも完全な方法ではないのですが、こうして除去したことは何度かありますが、紙の表面が荒れ、擦られた跡が少し残ります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ほぼ完全を求めていたのですが難しいようですね。でもご指摘の方法で試してみようと思います。有難うございました。

お礼日時:2010/06/15 16:35

表紙部分ら100均でうってるメラミンスポンジ。


ページ部分ならやすりで削るとか。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

メラミンスポンジは知りませんでした。一度試してみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2010/06/15 16:34

ハンコ部分を切り取り、カラーコピー

    • good
    • 1
この回答へのお礼

残念ながら当方の使い勝手によりカラーコピーでは価値が無くなる商品なのです。又別の機会に試してみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2010/06/15 16:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタンプインキの消し方?

仕事の書類にスタンプにつけた判を押していて間違った時,どうしてもそれをほぼ完全に消したい時の方法で,何か裏技的ないい方法は無いでしょうか?
カッターや砂消しでゴシゴシすると,紙が薄くなってしまうし,消した痕が残ってしまいます。ボールペンや万年筆などには,それに適したインク消しが市販されていて,1液+2液でほぼ完全に消え,紙もきれいなままです。スタンプインキに押した判の間違いを上手く消す方法を御存知の方よろしくアドバイス願います。

Aベストアンサー

消す髪質によります。トレシングペーパー等インクがしみ込まない紙ですと台所の中性洗剤で綺麗に消せますが、コピー用紙、普通紙等は薄くなりますが。にじんでしまいます。秘術はないでは。お役にたてなくてすみません。

Q印鑑の跡(朱肉)の消し方

お願いします。

本に朱肉の跡があるのですが、それがあるため古本屋に売れません。

何とか消したいのですが、思い当たる方法がなく、困っております。

何か方法を教えてください。

Aベストアンサー

朱肉の色は消すことはできます。元々の印刷部分も一緒に消えてしまいます。
顔料系では洗剤をつけ超音波で押し出し、紙用コート剤(修正液)で白く染色
染料系では万年筆用2液タイプのインキ消しを使い、紙用コート剤で白く染色
ほとんどの紙は事実白い顔料でコーティングされているのです。

かなりな出費となります。

高く売るためにお金をかけるという本末転倒な事態になりませんか。

Q本に押した印鑑を消したい。

私は本を買うと必ず印鑑で名前を入れます。

ビニールコーティングした表紙の部分ではなく、タイトルなどが書かれている最初の一ページに印鑑を押します。

これを消す方法はないのでしょうか?

教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

 どういった理由で消したくなったのかが分かりませんが、もともと印鑑と朱肉というものは紙の上に押印した際には「簡単には消えない・消せない」ということが前提で考え出されたものですから、こればかりはちょっと難しいと思います。

 むしろ、いろいろの方法で消そうと試みて紙質を傷めるというほうが、わたしには耐えられない思いがします。

 お売りになるという場合はなるほど困りますが、たとえば誰かにさし上げるなら、その巻頭の部分に別の紙に読後感などを書いたものを挟んでおくとか、プラス思考で押印を活用されたらと思ってしまいます。

Q誤った印章を消したい

重要書類に印鑑を間違えて押してしまいました。
一般的な「印を重ねて押す」訂正の仕方でなく、きれいに印章を消す
事務用品がないかどなたかご存知ありませんか?
たとえば、ボールペンの書き間違いをきれいに消す場合は「ガンヂー」(marujyu kasei)という優れものがあるのですが・・。
良いものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

重要書類が何かわかりませんが、<ボールペンの書き間違いをきれいに消す>ような方法で消すのは問題です。(例えば登記関係の権利書などでそんな消し方は認められません)
印を重ねて押す訂正の仕方ですべきです。(きたないけれど正式な方法)

どうしても嫌ならその重要書類を再発行しては?

Qハンコのインクを消す方法

中古で大学入試の過去問を買いました。

しかし、本の上面のところに「○○高校」というハンコ(黒インク)が大きく押されていました。

別に邪魔になるわけでもないのですが、いずれは売ろうと思ってるので消しておきたいです。

どうやったら消せるのでしょうか?

アルコールで軽くぬらしても効果はありませんでした。

Aベストアンサー

 ハンコのインクは、元来“消せない”ように考案されているもので、消すのは困難です。ちなみに本来の朱肉などは水銀まで入れて消せないようにしています。
 また、『本の上面のところ』はうっかり消そうとすると上面がフニャフニャになってしまうので、更に念を入れて消されることを防止しているのです。
 買われる方も「○○高校」からどうやって外部に流出したのか疑問に思うでしょ?それがこの本に上面にハンコを押してある目的なんです。

Q机についた朱肉を取る方法を教えてください

机に朱肉がついて数か月経過しています。

濡れぞうきんでこすっても落ちません。
こういう場合、どうすれば落ちますか?
除光液でしょうか?

机の素材は業務上の什器です。

Aベストアンサー

 オレンジオイル(天然素材のもの)配合洗剤をスポンジにつけて、こすってみたらいかがでしょうか。
 
 但し、汚れた箇所が、既に染まっている場合、削ったり、剥がすことのできない机の場合には、他の方がおっしゃる通り、あきらめて、机に、デザイン良く、シールか、色テープを貼り、見た目を変えるか、机のマットを敷いて、使ったら如何でしょうか。

 またこれを機会に、朱肉マットを使用したり、朱肉置きを用意することを、お勧めします。
 さらに、印鑑も、お手入れにより、文字部分が薄くなる場合がありますが、使用に問題がなければ、印鑑部分の素材により、
 (1)歯磨き粉が使えない場合には、オリーブオイルをたらした後で、ティッシュで拭く
 (2)歯磨き粉を付けた手入れ専用ハブラシで、軽く擦った後に拭く
 等をして、綺麗にしたら良いと思います。
 

Q大事な書類にシャチハタを・・・(;_;)

大切な書類に間違ってシャチハタを押してしまいました。印鑑は消えないからこそ意味があるのは重々承知しています。シャチハタのホームページへ行ってみましたが、「陰影は20年保障」と書いてありました。この言葉にますます打ちのめされています。どなたか陰影をうまく消す良い方法をご存知でしたら是非教えてください!

Aベストアンサー

no.2です。
訂正印を押した際には印鑑訂正とでも小さく書いておけばいいのではないかと思います。
そうすれば捨印のような使い方はされないと思います。
捨印というのは書類内に訂正があった場合に使うものですので、効果(?)は1度限りだと思うのですが…。

Q経験を活かす?それとも生かす

質問の通りなのですが、どちらが正当なのでしょうか?
辞書も見ましたが、「活かす」が正しい様な・・・
どちらでもいいような・・・?
私自身はずっと「生かす」と覚えていたのですが、
活用するという意味だから、
「経験を活かす」がより正しいのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新字源ではどちらにも「いかす」の意味があります。ただし常用の訓読みがあるのは「生」の方だけです。

さてその「いかす」ですが、

「生」…「死なさない」の意味
「活」…「役立てる」の意味。活用

「経験を生かす」とは「経験を役立てる」ことなので、漢字としては「活」がふさわしいと言えます。

しかし、常用訓では「活かす」は現状認められていないため使用する状況を考えた方がいいでしょう。

「たずねる」の意味の「きく」を「訊く」「尋く」と書くようなことと同じで、近年特に目立つようですが(実際仮名漢字変換ではすぐ出ます)、状況を考えずにあまり使いすぎるのは考え物です。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング