『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

少年野球の審判のジャッジについて
先日、実際に起こったケースですが(私は審判ではありませんが)、
1アウト3塁、2ボール2ストライクの状況です。
ボール球を打者がハーフスイングしたところ、捕手が後逸し、ボールはデッドゾーンに入ってしまいました。
球審は、ストライク・ボールのジャッジをせず(コースはボールだが、スイングしたかどうか迷っていたのと後逸したボールの行方に注意がいってしまっていた)、遅れて3塁審にスイングチェックを委ねたところスイングとのジャッジでした。
打者は、ストライクのコールがなかった為、ボールと判断しバッターボックスにいたところ突然ストライク3のジャッジをされ、ベンチへ下がってしまいました。
最初、3塁走者はホームイン(1点)・打者はアウト(振り逃げ放棄)にて、2アウト走者なしで再開しようとしたところ、攻撃側からストライク3の時点でボールデッドだから、打者は1塁ではないかとのクレームがつきました。
結局、守備側が大量リードしていたこともあり(守備側が譲歩してくれた)、攻撃側の主張を通した結果となり、1アウト走者1塁にて再開しました。
問題は、球審のストライク3のコールが遅かったところにあるのでしょうが、私は打者がベンチに帰った時点で振り逃げの意思なしということでアウトが正しいジャッジではないかと思うのですが・・・
ルール等に精通されている方のご意見をお聞きしたく、質問させていただきます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2で回答した者です。



ボールデッドになった時の審判の対応が違っているので
再開の時どの様にするのかは難しいですが、キャッチャーが
3塁塁審にスイングのリクエストして、塁審がスイングを取ったのなら
3塁走者のホームインを認め、ランナー1塁でも間違いでは無い気もします。
(ここでスイングのリクエストをするのは、少年野球位かな?)

記録はどうでも良いかもしれませんが、打者の記録は三振
1塁に生きたのは、振り逃げではなくボールデットラインを
超えたためですね。

本来であれば、ボールデッドラインを超えた時点でタイムを掛け
3塁走者を無条件でホームに入れます。
(この時打者のカウントは2-3のままでも構いません。)

その後キャッチャーがスイングのリクエストをして、塁審が
スイングを取ったのなら、打者は三振ですがボールデットゾーンを
超えているので、審判は1塁に行く様に促します。
(非常に不思議な光景を見ている感じになりますけど・・・)
そうで有れば、1点が入り1アウト1塁でも良いでしょう。

少し本題から離れますが、振り逃げが出来る状況でキャッチャーが
完全に後ろに逸らしてしまった場合、球審はスイングを取る様に
言われている連盟が多い様です。

以前、動画サイトでこの様な判定を集めた者が有りましたが、今探しても
出てきませんでしたが、一応

を見つけましたので、ご覧になってください。

敢えて説明の必要は無いと思いますが、この時球審がスイングを取らなければ
打者は1塁に走る事は無いでしょう。
しかし、キャッチャーがボールをとり、1塁塁審にリクエストをして
スイングを取れば、揉め事になってしまいます。
(勿論これはこれで仕方がないとも言えますけど)

仮に打者が「振ったかも」と思い、1塁に走りセーフのタイミングだった場合
キャッチャーはリクエストをしませんので、1塁に走った打者は
バッターボックスに戻されてしまいます。

この様なトラブルを回避するための申し合わせだと思いますが
勿論強制的な物では有りません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
多くの方のご意見を総合しますと、やはり1アウト1塁からの再開でよかったような気がします。
審判はルールに則ったとはいえ、ケースバイケースでの対応を求められますので大変ですが、子供たちのために頑張っていくしかないですね。
また連盟からの進行上の通達もあるようですが、難しいもんです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/04 12:49

大事なのは、打者のハーフスイングに対して、塁審の判定をリクエストする権利は、監督又は捕手だけです。

球審の「ボール」という判定に対して、ボールデッドゾーンに入ってしまったことが分かっているなら、捕手がわざわざ1塁を打者に与えるリクエストをするわけが通常はありえません。
この場合、球審にリクエストを求めた監督か捕手は自チームに不利な判定を求めたことになってしまいます。
それゆえ、スリーストライク目に打者がハーフスイングをしても球審の最初の判定が「ボール」であれば走り出さないのが普通です。それでも走り出せば塁審の心象として「あいつ自分でスイング認めているな」ということになるでしょう。
しかしこの場合、捕手か監督かのどちらかのリクエストにより、ストライクと最終判定が下されたので、スリーストライク目の球がボールデッドゾーンに入ってしまったのであれば、打者には1塁が許されると思います。
また三塁走者は投球がボールデッドゾーンに入ったことで、生還が許されると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たくさんの方々に回答いただきましたが、どうやら打者がベンチに戻った行為がボールデッド中(タイム中)の出来事であり、それが是か非かということではないかというような気がしてきました。
もう少し考えてみますが、ご意見を参考にさせていただきたく思います。

お礼日時:2010/06/03 19:53

もちろん、審判の不手際きわまりないことですが・・・・・



結果としては、打者を一塁に進めて試合再開でしょう。

内容を整理すると、
1)打者が3ストライクを取られた(実際には、ストライクのコールは後ですが)
2)捕手が直接捕球できていないので、打者は打者走者になった。(打者はまだフルカウントと思い、打席にいたので走塁放棄はしていない。)
3)デッドボールラインを球が超えて、ボールデッドとなった。ここで走者には進塁権が生まれた。仮にボールデッド中に打者走者がベンチに戻ってもそれを理由にアウトにするのはおかしいのでは?)
4)その後、塁審に確認して3ストライクをコールした。(この時点ではまだボールデッドのはず)
5)プレイの再開は走者が適切な塁への進塁した状態でされるべき。従って、プレイを再開する前に、主審は「三塁走者の得点と打者走者の一塁への進塁を指示して、三塁走者の得点と打者走者の一塁への到達を確認して」からプレイを再開させる必要がある。
6)しかし、これを怠って打者走者に進塁を指示せずにプレイを再開した。

結局、5,6は単なる主審のミスであり、打者走者のミスでもなんでもないので、攻撃側の抗議は当然であり、それを認めた主審のその判断は間違っていないはずです。

但し、このケースでハーフスイングを塁審に確認する必要があったかどうかは疑問です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに言われてみると、プレイの再開は走者が正しい位置についたことを確認してからですよね。納得です。
それと、どうやら、ボールデッド中にベンチに帰ったことが振り逃げの放棄になるのかどうかがポイントのような気がしてきました。
ハーフスイングの塁審への確認は、3ストライク目のストライクになるのか、ボールで2-3のカウントになるのかの違いがありますから必要なのではないかと思いますが、回答者様はどういう観点から疑問に思われるのでしょうか?勉強のためご指導いただければと思います。

お礼日時:2010/06/03 19:40

3塁走者はホームイン(1点)・打者はアウト(振り逃げ放棄)にて、


2アウト走者なしで再開
でいいと思います。

そもそもストライク3の時点でボールデッドというのはありえません。
第3ストライクを取りそこなっただけでは振り逃げは成立しません。


打者が投球が後逸しているのがわかっていて第三ストライクを宣告されたのち
一塁に向かわなかったことは明らかに公認野球規則6.09(b)(1)原注により
アウトですから。


なので、再開しようとした状況(3塁走者はホームイン(1点)
・打者はアウト(振り逃げ放棄)にて、2アウト走者なし)が正解でしょう。

問題は主審のコールの遅れではなく
毅然とした態度で抗議をはねつけることができなかった点にあると思います。


ちなみに振り逃げの意思のあるなしは、
ベンチに帰った時点ではなくホームプレートを囲む土の部分(ダートサークル)
を超えるたかどうかで判断されます。

内野が全面土の場合、ホームプレート後方に円形のラインが引かれていると思います。
このラインを越えた時点で打者はアウトになります。

なので攻撃側の抗議はまったくもって根拠のないことであり
自軍打者のボーンヘッドを棚に上げての抗議です。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~elcondor/dragons/rul …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の判断も回答者様と同じでした。ただ、他の回答者様の意見を聞くと少々自信がなくなってきています。(元々自信がないから、質問した訳ですし…)
ただ、球審のコールの遅さは現実仕方ないような印象はあります。しかし毅然とした態度で抗議をはねつけることができなかった点は、問題かと思います。
今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/03 19:25

このケースは審判のミスで混乱しています。



順を追っていきますが、ハーフスイングに対してスイングの判定をしなかった
球審は間違いでは有りません。

次に投球がボールデッドゾーンに入ったのですから、ここでタイムを掛け
3塁走者をホームに入れるべきです。
(実際には3塁走者が、ホームに走っているとは思いますけど)

次にボールデットゾーンのボールをキャッチャーが取り、3塁塁審に
スイングのリクエストをして、3塁塁審がスイングを取ったのだと思いますが
タイム中ですから判定をした3塁塁審もミスですね。

本来なら、ボールデットゾーンを超えたので3塁走者をホームに入れ
1点が入り、打者のカウント2-3で再開が正しいと思います。

仮に、プレイを掛けた後キャッチャーが3塁塁審にスイングのリクエストをして
スイングの判定をしたとすれば、打者は三振ですがその後ボールデットゾーンを
超えたので、1塁に生きる事になりますので、常識的に考えてリクエストを
する事は無いでしょう。

実際には、ボールデットゾーンを超えたボールをキャッチャーが捕り、その後
3塁塁審にスイングのリクエストをしてスイングの判定をした為、打者が諦めて
ベンチに戻ったのだと思いますが、最初の対応を間違ったので混乱のだと
感じました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
再プレイ後にスイングのリクエストをすると、自動的に1塁に生きることになるのですか…
改めて、順を追って説明を受けると、なるほどと理解できます。
少年野球の場合、それでもリクエストするかも知れませんけど(笑)
そして、確かに球審が最初の判断を間違ったという感じは受けました。
結論としては、1アウト1塁(得点1)の再開でよかったのでしょうか?

お礼日時:2010/06/03 19:09

私の個人的意見です。



誰が悪かったのかと言えば、すぐにコールをしなかった主審だということになりますが、一連
のプレーにおいては、この打者にもよくない所があると思います。

少年野球に限ったことではないですが、特に少年野球において、捕手の後逸によって振り逃げ
が成立する可能性というのは非常に確率が高いということを前提として考えます。

野球選手や監督らは、試合での勝利に向けて最大限の努力をしなければなりません。これはもち
ろん、個人記録よりチームの勝利を優先するべきだとも言えます。

今回の場合、審判のハッキリとしたジャッジがない以上、打者も捕手も、ストライク・ボールの両
方のパターンを考慮し、もっとも自チームに都合がよい結果を想定した上で行動するべきでしょ
う。その後、審判のジャッジが期待と違っていれば、場合によっては協議に持ち込むことを考え
てもいいかも知れません。

つまり、捕手の後逸によって振り逃げが成立しそうであれば、打者は空振り三振のジャッジを期
待して一塁に走るべきです。そのことで、ジャッジ内容に影響が出た可能性も多分にありますし、
プレー球が場外に出ることを想定すると、二塁への安全進塁権を得られた可能性もありますので、
ここで振り逃げをしない意味はありません。打者が自分の三振を自ら認めたくないというのも分
かりますが、その方がチームにとって有益だと思えば、すぐに振り逃げを選択するべきだったの
でしょう。ベンチから声を出して振り逃げさせることも有効だったと思います。

ちなみにですが、確認しておきます。

・この一連のプレーでボールデッドが宣告されるのは3ストライクの時点ではなく、プレー球が場
 外に出てしまった瞬間です。

・打者に振り逃げの意思なしと判断されるのは、ベンチに戻った時点ではなく、打者の身体の一
 部ないし全部が3フィートラインを越えた瞬間です。

・今回の協議の結果ですが、打者はすでに振り逃げを放棄しておりますし、行われてもいない振
 り逃げを認めるのは不可解です。打者の判断はボールですし、捕手も一塁に送球していないと
 読みとることができる事から、打者・捕手の認識が一致したとみて、ストライクのジャッジを取り
 下げる程度が妥当だったのではないでしょうか? 現場にいないと何とも言えませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ボールデッド及び振り逃げの意思なしに関する認識は理解しております。
ボールデッドになりプレーは中断しており、捕手は送球することもできません。また打者も1塁に走ってくれればジャッジは全く迷うところはないのですが、ベンチへ帰った(厳密には振り逃げラインを越えた)ためややこしいことになりました。
ストライクのジャッジを取り消す処置は浮かびませんでした。守備側の主張が強ければ、また違った結論を出したかもしれませんが、大量リードもあり妥協してくれたので大きくもめずにはすみました。良かったかどうかは難しいですが・・
今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/06/03 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q3人制審判のポジションについて

3人制で審判をするときの塁審の位置を教えてください。
例えば、走者なしの場合は2人の塁審は1,3塁に付いていますが、
走者1塁、
走者2塁、
走者3塁、
走者1,2塁、
走者、2,3塁、
走者満塁の場合、それぞれの
塁審のポジションを教えてください。

Aベストアンサー

審判メカニクスハンドブック第2版より、走者1塁、1・2塁、1・3塁、満塁のときは、一塁塁審は一塁後方のファウルラインの外側に位置し、三塁塁審は内野内の二・三塁間に位置します。
走者2塁、2・3塁は一塁塁審は内野内の一・二塁間に位置し、三塁塁審は三塁後方のファウルラインの外側に位置します。
走者3塁は、無走者と同様、一塁塁審は一塁後方のファウルライン外側に位置します、三塁塁審は三塁後方のファウルライン外側に位置します。
なぜ、ファウルラインをまたがないかとと言いますと、審判員が打球に触れた時、フェアかファウルボールか分からないので、数年前から、ファウルラインの外側に位置するようになりました。
ただし、プロは審判員によって、ファウルラインをまたいだり、ファウルラインの外側に位置したりしています。
質問には有りませんでしたが、走者1・3塁の場合も書き込みました。
余計な事まで投稿して、すみませんでした。

Qフェアかファウルか教えてください。

少年野球で子供と話していたのですが、次のような場合はフェアになるかファウルになるか教えてください。

1) 一度、ホームと一塁(三塁)を結ぶ線のダイヤの外側に落ちたが、バウンドしてダイヤの中に入って止まった。

これは私はファウルだとおもったのですが、子供は中に入ったらフェアだといいます。内野の場合でも外野の場合でも同じですか?

2) 内野フライを取ろうとしたらうまく取れず、グローブ(の場所はダイヤ内)ではじいたボールがダイヤの外に落ちた。

これはフェアですよね?

3) ホーム一塁を結ぶ線のダイヤの外に飛んだフライを取ろうとしたがグローブ(の場所は線の外)はじいてダイヤの中に落ちた。

これはファウル?

4) 線上はフェアだと思っているのですがあってますか?


また、このような野球クイズのサイトがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)についてですが、確かに難しいですね。
調べてみたところ、
内野ならこちらのサイトの第1問の(3)、外野なら第1問の(7)に該当すると思います。
したがって、
内野ならフェア、外野ならファールということになりそうです。

参考URL:http://www.fanxfan.jp/bb/rule/beginner.html

Q二塁審判の位置

 ランナーが一塁にいる時、二塁審判はどこの位置にいますか?

 盗塁した場合や、バッターが打った時に、どのように、二塁審判は移動しますか?

 二塁ベースの前か後ろか斜めか・・・など。

 しゃがんでいる場合もある?

Aベストアンサー

こんにちは。2塁塁審の位置は基本的に次の2種類です。

A)1塁と2塁を結んだ線を延長して6mくらいの位置
B)1塁と2塁を結んだ線の内側約1mで、2塁ベースから約3mの位置

走者無しの場合と走者3塁の場合はAの位置、それ以外の場合はBの位置が基本ですが、満塁等で内野手が前進守備の時は、邪魔になるようならAでも良いことになっています。

それからアマチュアでもプロでも、有資格者であれば塁審がしゃがむことは絶対にありません。

Q走塁妨害?守備妨害?判定は?

無死、2塁に走者が居ました。打者の強いショートゴロでショートの守備が前進して打球を捕球しようとしたとき2塁の走者と軽く接触したため、守備の選手は前にボールを落としチョット前によろめきボールが捕球できず1塁に送球出来ませんでした。2塁ランナーはあわてて2塁に戻りました。
従って、打者も走者(2塁にもどった)もセーフの判定でした。
走者と守備が接触したところは、2塁と3塁の走者のほぼライン上で、走者は3塁に走塁しかけたところで、前進してきたショートの守備に自然と接触したと見えました。どう見ても故意の接触でなく自然の成り行きでしたが・・。
この場合の判定は?

Aベストアンサー

この場合、接触したランナーは、アウトになり、審判の判断で、一塁に投げたらアウトになると判断したら、一塁もアウトのダブルプレイになることがあります。
要は、インフィールドにおいて、守備者はルールで守られており、その守備者を邪魔した場合は、厳罰を処します。
そうでないと、守備者は、非常に危険な状態になり、怪我人が続出します。
もし監督者でしたら、チーム員に教えて下さい。
この場合、守備者を避ける為に、3フィート以上等回りしても、3フィートラインアウトにはなりません。そこの、避けたラインから、新たな3フィートラインが発生します。

Qテイクワンベースとは何ですか

昨日 小学校のグラウンドで少年団の試合がありました。その試合の中で二つの疑問がありました。 一つは ノーアウト 一塁で打者がショートゴロを打ち遊撃手が捕り一塁に送球しましたが悪送球で一塁手が捕れずボールが転々と転がりファールゾーンを越えてしまいました。線審が二塁を指差しテイクワンベースと言っていました。ランナーは2塁3塁で試合は進行しました。
二つ目は、1アウト 一塁で投手が一塁に牽制しましたが悪送球になり一塁手が捕れずボールがファールゾーンを越えてしまいました。ランナーは二塁に行きました。また、テイクワンベースと言っていました。
上記のようにテイクワンベースとは何なのでしょうか
内野の悪送球でのテイクワンベースと投手の悪送球でのテイクワンベースの違いが判りません。
野球のルールがあまり詳しくないのでわかりやすく説明願います。

Aベストアンサー

すみません、質問をよく読んでいませんでした。

一つめのケース、これは野手からの送球がデッドラインを越えたので、野手が送球当時に達していた塁からテイクツー、となります。すなわち、打者走者は走者となったばかりなのでまだ1塁に達しておらず、本塁からテイクツーで2塁を与えられ、1塁走者は1塁からテイクツーで3塁を与えられます。
ボールがデッドラインを越えた時点で判断するのではありません。あくまでも、野手がボールを投げた瞬間に走者が達していた塁が起点となります。

二つめのケース、投手からの牽制球は、プレートをはずしていなければテイクワンで、1塁からテイクワンで、1塁走者には2塁が与えられます。もし、プレートをはずして牽制球を投じたのであれば、野手と見なされて、1塁走者にはテイクツー、つまり3塁が与えられます。

すなわち、一つめのケースについては、結果的に与えられた塁は正しいですが、テイクツーベースが正解です。
二つめのケースについては、おそらく投手がプレートに付いたまま牽制球を投じたのだと思われます。ですので、テイクワンベースで正解です。

すみません、質問をよく読んでいませんでした。

一つめのケース、これは野手からの送球がデッドラインを越えたので、野手が送球当時に達していた塁からテイクツー、となります。すなわち、打者走者は走者となったばかりなのでまだ1塁に達しておらず、本塁からテイクツーで2塁を与えられ、1塁走者は1塁からテイクツーで3塁を与えられます。
ボールがデッドラインを越えた時点で判断するのではありません。あくまでも、野手がボールを投げた瞬間に走者が達していた塁が起点となります。

二つめのケース、投手...続きを読む

Q学童軟式野球のルール & マナー

教えて下さい。
長男(小5)が、今年から軟式野球をしています。一応エースピッチャーです。
先日の試合、息子が突然制球が乱れ、四球を連発。 満塁が続き、観客席から観戦をしていたのですが、思わず『振りかぶれ』と叫んでしまいました。
試合後、監督からベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと注意を受けました。

野球経験がない私。
保護者は、試合の際など、一切口出しは出来ないのでしょうか?

そのあたりのルールを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

この質問だけを読むと、色々な可能性が有ります。

監督が言った『ベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと』
が、連盟などの決まりであれば、保護者(観戦者)は口出しが出来ないこと
なります。

自分自身、色々な地域の決まりを知っていますが、当然どこでも野次は
禁止されています。

ただ、例えばライトの守備が上手くない場合、攻撃側の保護者などが
「ライトに(右に)打て」は問題ない地域も有りますが、これも禁止されている
地域も有るようです。

また、自分の子がエラーした場合「シッカリと守れ」や、ボール玉を空振った時
「ホールをよく見て打て」等も禁止されている地域が多いようですが
明らかにミスしたチーム側と分かれば、問題ない地域も有ります。

当然ファインプレイをした選手に「ナイスプレイ」等は全く問題有りませんが
今回の『振りかぶれ』は、ほめ言葉ではないですけど、基本的に問題のないレベルだと
思いますが、連盟で禁止されていれば、監督手して気になるかもしれません。

余計なことですが、満塁でファボールを連発していれば、ピッチャーは
厳しい立場にいる事になります。

この様なときは「落ち着け」等の方が良く、フォームの事を言われると
逆にパニックになる可能性が高いです。

家の方の地域では、監督がマウンドに行く事が許されていますので
この様な場合は、監督が間を取るのも有効ですね。

この質問だけを読むと、色々な可能性が有ります。

監督が言った『ベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと』
が、連盟などの決まりであれば、保護者(観戦者)は口出しが出来ないこと
なります。

自分自身、色々な地域の決まりを知っていますが、当然どこでも野次は
禁止されています。

ただ、例えばライトの守備が上手くない場合、攻撃側の保護者などが
「ライトに(右に)打て」は問題ない地域も有りますが、これも禁止されている
地域も有るようです。

また、自分の子がエラーした場合「...続きを読む

Q少年野球の塁間の測り方

塁間をきちんと測る方法を教えてください。
大人の場合は、ホームから2塁ベースまでを測り(38.795?)
それから、塁間の(27.431?)を測ると聞いた事がありますが
少年野球の場合の塁間距離やホームから2塁ベースまでの距離など
教えてください。  また、他の測り方などあれば、わかりやすく
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

野球規則から抜粋してお答します。

(【筆者注】競技者必携より・・・学童野球区画は、本塁基点より32.53m(競技者必携では32.50mとなっています)の距離に二塁の基点を置く。本塁、二塁両基点より、左右に23mの距離の交点を一塁、三塁とする。本塁と二塁を結ぶ線を中心に本塁基点から16mの距離に投手板の前縁がくるように設ける。ホームランラインは本塁より両翼を70m、中堅を85mとする・・・【さらに筆者の場合】本塁基点より二塁基点延長線上32.75m地点を中心点に52.25mの半径の円弧を描くと、両翼70m地点、中堅85m地点を結ぶ円弧ラインが描けます。)

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~Wingsoft/etc/kisoku.htm#tg0100

Qランダウンプレーの判定について

息子がスポ少の野球チームに入っているのですが
試合の時は父兄が持ち回りで審判を務めています。
私も含め、ほとんどの父兄が審判の経験がないの
で勉強しながらやっていますが、判定に対し悩む
事も度々あります。
先日の試合で私が三塁塁審をした時のプレーに
付いて教えて頂きたいのですが、
1アウトランナー二塁三塁でバッターがセカンド
ゴロを打ちました。
三塁走者が飛び出したので二塁手がバックホーム
をし、三本間のランダウンプレーになりました。
その間に二塁走者は三塁に進みましたがキャッチ
ャーが落球し三塁走者も三塁に戻ってきました。
私は塁の占有権はそれぞれ元にいた走者にあるも
のと理解していたので、三塁手が三塁上の二人にタ
ッチした所で二塁走者に対しアウトの判定をしました
しかしランダウンプレーに気を取られ気付かなかった
のですが、この時すでに打者走者は二塁に進んでいました。
そうなると二塁走者は押し出された形で三塁に進ん
だ事になるので、『三塁走者をアウトにするべきだった
のかな』と思いましたが二塁走者をアウトにしてしま
った後で、また両チームの監督からのクレームも無かったので試合は続行しました。

はたして二塁走者をアウトにした判定は正しかったのでしょうか?
これからもまたあり得る事なので是非教えて頂きたい
のですが・・・お願いします。

息子がスポ少の野球チームに入っているのですが
試合の時は父兄が持ち回りで審判を務めています。
私も含め、ほとんどの父兄が審判の経験がないの
で勉強しながらやっていますが、判定に対し悩む
事も度々あります。
先日の試合で私が三塁塁審をした時のプレーに
付いて教えて頂きたいのですが、
1アウトランナー二塁三塁でバッターがセカンド
ゴロを打ちました。
三塁走者が飛び出したので二塁手がバックホーム
をし、三本間のランダウンプレーになりました。
その間に二塁走者は三塁に進みましたがキ...続きを読む

Aベストアンサー

正しいですよ。

まず、塁上に2人の走者が重なり、両者にタッグした場合は
こういうふうに考えてください。

1)重なった後位の走者がフォースの走者だったら
  前位の走者がアウト

2)重なった後位の走者がフォースの走者でなかったら
  後位の走者がアウト

で、ご質問の件ですが、重なった二塁走者がフォースの走者か
どうかってことが問題になります。

確かに打者走者が二塁にいることで二塁走者は
一見、押し出されています。
しかし打者走者は、二塁にいようとも、インプレー中ですから
必要とあれば一塁に戻れます。
(公認野球規則7・02や同【注二】、7.10b【付記】より)

打者走者が一塁に戻れるなら、二塁走者も二塁に戻れます。
戻れるって状態はフォース状態ではないです。

つまり二塁走者はフォースの走者ではなく
2)により二塁走者がアウトです。

Q投げ方を直す方法

子供が少年野球を始めましたが、投げるときに肘が下がってしまい何回注意しても直りません。何か良い矯正法か指導方法があれば教えてください。(野球のコーチが口で言ってもそれだけでは直りません)

Aベストアンサー

はじめまして、野球好きのオッサンです。
野球を始めたばっかりのときは、トップの位置で肘が下がっている子供が多いです。すなわちボールが頭からはなれた位置でトップになっているのだと思います。
テークバック・トップ・リリース・フォロースルーといった一連の動作をうまくつなげていくのは、低学年の選手に教えるのはなかなかうまくいきません。
そこで、テークバックからトップまでとトップからリリース・フォロースルーまでの2分割で教えてみます。
 トップの位置を決める際に、サッカーのスローインをイメージさせて、両手で大きなボールを持っているつもりで頭の後ろへ回させます。そのままグローブのほうの手を下ろせば(投げ手はそのまま)トップの格好になります。そのとき投げ手の親指の爪が後頭部(頭骨と首の骨が付いている所)にひっつくように教えます。
 そのトップのフォームを基本に前半と後半に分けて教えていました。
 あと、キャッチボール中に「肘をあげろ」とか「肘下がってる」と言っても子供は修正できないので、肘が下がっている子には「親指を頭の後ろにひっつけろ」とか「ボールが頭から離れてるぞ」と声をかけていました。
ん~、言葉で説明するのは難しいですね、ご参考になれば幸いです。

はじめまして、野球好きのオッサンです。
野球を始めたばっかりのときは、トップの位置で肘が下がっている子供が多いです。すなわちボールが頭からはなれた位置でトップになっているのだと思います。
テークバック・トップ・リリース・フォロースルーといった一連の動作をうまくつなげていくのは、低学年の選手に教えるのはなかなかうまくいきません。
そこで、テークバックからトップまでとトップからリリース・フォロースルーまでの2分割で教えてみます。
 トップの位置を決める際に、サッカーのスローイ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング