JA終身共済の解約返戻金の内訳は?
平成4年にそれまで入っていた共済(種類;不明、10年間で満期)の満期まで2年を残して転換契約しました。
その時の営業員の「貯金と同じです。満期(55歳)になれば返ってきます。」「今までの共済分も上乗せされますから」との説明のままに契約しました。
55歳になったので、満期の手続きにJAの窓口にいったところ、終身共済に満期はないとの説明に愕然としました。
色々調べてみて、何の疑いも持たずに満期を待って掛け金を払い続けていた自分の愚かさにあきれています。
 当時の担当者は既におらず、何の書類も残っていないことから、あきらめて解約することにしましたが、窓口で示された解約返戻金に関して疑問が生じました。窓口で聞いても明確な答えが返ってきません。下記に共済の内容と疑問点を記します。どなたか解説していただきたくお願いします。

1)共済の内容(証書しか残っておらず、そこに記載されている内容しかわかりません)
平成4年契約 JA終身共済、共済金払込終了年齢55歳、終身共済金額600万円、転換契約充当部分533万円、
55歳まで→→定期共済金額2400万円、災害給付共済金額500万円、災害死亡割増共済金額1500万円、全入院5000円、災害入院5000円
56~80歳まで→→定期共済金額 無し、災害給付共済金500万円、災害死亡割増共済金額600万円、全入院5000円、災害入院5000円
共済掛金174142円(年払い)、56歳以降80歳まで37550円
特約→→重度障害年金特約、災害給付特約、災害死亡割増特約、全入院保障特約、災害入院保障特約、年金支払移行特約

2)疑問点
窓口では支払金額と解約返戻金の総額を手書きのメモにて示されましたが、金額の妥当性が不明だったので、「明細を出して下さい」とお願いしたところ、「内部資料だから出せない」との回答が返ってきました。「契約者に明細(計算の根拠)が出せないのはおかしい」と抗議し、結局、後日出してもらうことになりましたが、あとから連絡が来て、「古い保険なので(人が)手計算で計算するしかない。1ヶ月ほどかかる。」とのことです。おおいに不信感を抱きました。
(1)計算結果(総額)が出ているのに明細が出せないということがあるのでしょうか?
(2)「古い保険なので手計算で計算するしかないので時間がかかる」というのは普通のことなのでしょうか? (内部管理に問題があるのではと疑念をもってしまいます)
(3)そもそも下記の解約返戻金の金額は妥当な値でしょうか?
返戻金額215万円、表定掛金累計額527万円、正味掛金累計額508万円(端数は省略しています)

(4)どういう計算をするのでしょうか?
(5)返戻金とは関係ありませんが、終身共済金額600万円と転換契約充当部分533万円とは、なにか関連しますか?

以上、長くなり恐縮ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

hi644 さん



平成4年加入の終身保険ということであれば、予定利率が5%くらいの頃です。現在の予定利率は1.5%程度です。
予定利率が高い保険とは、割引率が高い保険ということです。少ない保険料で、高い保障金額の終身保険に加入できたということです。

終身保険、37歳契約、保障額600万円、55歳払込満了、
という条件で、平成4年に加入した場合と、現在加入した場合とを、ザックリ比較してみます。
(多少の誤差はご容赦を)

平成4年加入  月額保険料 11,000円、年額 13万円(概算)
平成22年加入 月額保険料 19,000円、年額 23万円(概算)

契約年齢、保障額(保険金)が同じでも、契約した年が平成4年であったか平成22年であったかによって、払込保険料はこのくらい違います。

また、終身保険の払込満了時の解約返戻金は、それまでに払った終身保険・保険料総額と、おおよそ同額になるようです。

ですので、平成4年、37歳時契約、600万円保障、55歳満了と言う条件で、払込満了直後(55歳時)の終身保険の解約返戻金は、200万円とチョット。

ということは、hi644 さんが払込満了直後に提示された「返戻金額215万円」は、終身保険のみの解約返戻金であり、その解約返戻金額であれば、概ね妥当であると考えられます。


(1)計算結果(総額)が出ているのに明細が出せないということがあるのでしょうか?

→ JAの末端担当者のパソコンからは、すぐには出せないということかもしれません。
 (末端担当者にはややこしいをさせない仕組みになっていることか?)

(2)「古い保険なので手計算で計算するしかないので時間がかかる」というのは普通のことなのでしょうか? (内部管理に問題があるのではと疑念をもってしまいます)

→ OA化の時代に、ほとんど考えにくいと思います。
 末端担当者のパソコンでは計算できず、地方本部組織に計算してもらう必要があるので時間が掛かる、面倒だ、ということかもしれません。

(3)そもそも下記の解約返戻金の金額は妥当な値でしょうか?
返戻金額215万円、表定掛金累計額527万円、正味掛金累計額508万円(端数は省略しています)

「返戻金額215万円」について言いますと、平成4年に契約した、600万円保障の終身保険に関する解約返戻金ということであれば、概ね妥当ではないでしょうか。

(4)どういう計算をするのでしょうか?
→ アクチュアリー(保険数理人)と言う専門家が、死亡率、予定利率などを加味し、複雑な計算をして、保険金額(保障額)に応じた保険料(掛け金)を計算するようです。
同時に、保険契約をした時点で、契約後の解約返戻金額の推移は確定しているはずです。

(5)返戻金とは関係ありませんが、終身共済金額600万円と転換契約充当部分533万円とは、なにか関連しますか?

→ 平成4年以前に加入していた保険(養老保険?)の解約返戻金相当額を頭金にして、平成4年に「転換契約充当部分533万円」の終身保険を一時払いで買った。
平成4年から平成22年までに払っていた「終身保険部分」は、600万円-533万円=67万円分の保険料(掛け金)を払っていた。
と言うことだと思います。

平成4年~平成22年までに払っていた保険料「共済掛金174142円(年払い)」のうち、
終身保険部分に、おおよそ15000円/年、
残り約160000円/年は、「定期共済金額2400万円、災害給付共済金額500万円、災害死亡割増共済金額1500万円、全入院5000円、災害入院5000円」の保障に充てられていたと思われます。

なお、ご参考までに、
入院特約などを継続せず、終身保険600万円のみを継続すると、今後の保険料負担なしで、死亡保障がずっと続きます。
何歳で亡くなられても600万円の保険金が支払われます。

また、55歳時点で解約返戻金は200万円チョットですが、今後少しずつ増えていき、100歳くらいで600万円になります。

正確な情報、詳細な情報は、JAから聞き出してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

各項目に詳細なご回答いただき、ありがとうございました。
終身保険の仕組みが概ね理解できたように思います。
今思うと、当時の売り込みに来たJA担当者も十分理解していなかったのでは無いかと思います。
また、今回の窓口の対応を通して、JAには不信感のかたまりでしたが、これも単に窓口の対応者の理解不足のような気がしてきました。もう少し突っ込んで聞いてみようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/06/14 23:49

表定掛金と正味掛金の差額は契約者配当金です。


原契約は普通養老保険(定期無し)
新契約は定期付き終身保険です。
かなりの部分をこれまでの死亡保障に食われていますが、
契約としては妥当性があります。
尚正組合員であれば、利用度数配当と言う還元も有り得ますが。
基本的に農協は信用しない事です。
他にも農協に農地を騙し取られたなんて聞きますから。
営業が嫌がる位しつこく聞いて納得する事が、加入の前提です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
確かに農協の対応は、お客の方を向いていないと感じることが多々ありました。
既に時遅しですが、今後農協とは、今回の件を踏まえて注意深く付き合っていこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/08 23:42

すみません。

保険業に携わってはいません。(一般人ですので参考程度にしてくださいい)

ご相談者が加入している、JA共済は一般の保険会社が販売していた(今も販売している)定期付終身保険と全く同一の商品です。

満期2年を残した保険を転換(解約)して他の保険に加入した販売方法も当時は一般的な商法です。…後2年で満期を転換させる…転換させた報奨金だ出る?…新たに加入させたら報奨金がでる?…1粒で2度おいしい。

ご加入の保険を見ていきましょう。
終身保険は600万になっています。転換補充533万円から類推すると、終身の600万の9割は転換時の一時払いで終身保険を購入したことになります。
533万円がどのくらいの金額で購入できたのか?正確な金額はJAでしか分かりませんが、私の個人的な感では180万~200万前後が必要だったと思います。…ですので転換前の保険は満期で200万前後の何かではないでしょうか?

ですので、年払いの174142円のほとんどは掛け捨てです。

56歳以80歳まで入院保険5000円が、病気死亡は出ないですが、交通事故で死亡の場合などの場合600万でます。交通事故の入院では10000円出ます。

以上がこの保険です。

80歳までの保険料は最初の転換分も含めて約500万。このまま保険を続けても終身が600万ですので平均寿命から考えて
…得でも損でもなく…保障してもらえたと考えることはできます。(何もなく天寿を全うしても)
解約ではなくそのまま続ける選択がよいと思います。
以上参考程度にしてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございました。
掛金のほとんどが掛け捨て・・・・、もっと早く見直せばよかったといまさらながら後悔しています。
1ヶ月もかかると言われましたが、明細を要望していますのでそれを見て、また不明点が出てきたら質問させていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/08 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJA共済(終身)の解約を考えています

JA共済(終身)の解約を考えています。

今まで10年ほど加入していたJA共済(終身)を解約しようと思っています。(今後は自治労共済に入る予定)
終身を解約したときに戻ってくる金額の目安を教えてください。

ちなみに
終身共済契約 200万
転換原資    78万(関係ないですか?)

Aベストアンサー

一応、元JA職員です。長期共済を担当していました。

正確な金額は、窓口にいけば簡単に試算してくれます。ので金額には触れずに注意(?)点をちょっと教えします。

☆契約日と払込方法
・年払いの場合→ある意味、解約時です。今年の支払いをせず、契約日の一日前に解約するのが一番です。
理由:年払いなので契約した日の一日前の日付までその契約は有効です。内容にもよりますが、入院が…とか言った場合、共済金がおりることもあります。

・月払いの場合→月払いなのでいつでもやめられます。上にも言えることなのですが、今回分を払い込んで解約する場合と今回分を払い込まないで解約する場合で、戻ってくるお金が違います。どっちがいいかはご確認ください。

追記:転換原資について
この契約って養老を転換した契約じゃないですか?満期金がだいたい100くらいの。この78万はその満期金のうち何万までがたまっていたかを表します。この原資を新しく契約する終身の全ての払込金額へ充当したということです。つまり、同じ内容・条件で新規に契約するより、原資を当てた分だけ安くなっているということです。

あまり役に立たなかったらすみませんm(__)m

一応、元JA職員です。長期共済を担当していました。

正確な金額は、窓口にいけば簡単に試算してくれます。ので金額には触れずに注意(?)点をちょっと教えします。

☆契約日と払込方法
・年払いの場合→ある意味、解約時です。今年の支払いをせず、契約日の一日前に解約するのが一番です。
理由:年払いなので契約した日の一日前の日付までその契約は有効です。内容にもよりますが、入院が…とか言った場合、共済金がおりることもあります。

・月払いの場合→月払いなのでいつでもやめられます。上にも言え...続きを読む

QJA終身共済に詳しい方、教えてください

義母が夫にかけているJAの終身共済について
JAのホームページで調べたのですが、
よくわからないので、内容をよくご存知の方教えてください。
(義母も付き合いで入ってるようで、よくわからないみたいです。
証書もどこかにしまい込んだらしく、ありません。)

以下、払込のご案内というハガキからです。
☆終身共済金額 300万円
→死亡保障のことでしょうか?主契約払込終了年齢60才とあります。
☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
→こちらは60才で終了でしょうか?
 60才以降の死亡保障が300万でしょうか?
☆入院(日額) 病気5000円 がん10000円 災害入院5000円
→こちらは、60才以降保険料を支払いつづければ、継続しますか?

契約年月日が平成13年10月で、19年10月で7回目の支払いが来ます。
年払いで24万8869円です。
夫は1968年12月生まれです。60才で払込終了ということは、
全部で何回払い(年払の場合)になるのでしょうか?
算数もできなくて恥ずかしいのですが、詳しい方教えてください・・・

義母が夫にかけているJAの終身共済について
JAのホームページで調べたのですが、
よくわからないので、内容をよくご存知の方教えてください。
(義母も付き合いで入ってるようで、よくわからないみたいです。
証書もどこかにしまい込んだらしく、ありません。)

以下、払込のご案内というハガキからです。
☆終身共済金額 300万円
→死亡保障のことでしょうか?主契約払込終了年齢60才とあります。
☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
→こちらは60才で終了でしょうか?
 60才以降の...続きを読む

Aベストアンサー

JA共済のホームページの仕組み図からして、民間生保会社でいう「定期保険特約付終身保険」と同様のものと考えられます。

☆終身共済金額 300万円
 …一生涯の死亡保障ですね。期限はありません。60歳の時点でこの部分(主契約)に関する保険料は払い終わるような額になっています。

☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
 …終身共済に上乗せで死亡保障を厚くしているものと思われます。そしてこの「上乗せ分」は60歳(主契約の払込完了時)までの保障ですね。60歳以降に死亡した場合は終身共済の300万円が支払われます。

☆入院(日額) 病気5000円 がん10000円 災害入院5000円
 …こちらは60歳以降保険料を支払い続ければ「80歳まで」保障が継続されます。

平成13年10月で契約年齢は(恐らく)33歳かと思われますので、ずっとそのままの保障内容で続けたとして、27回払(27年)になるかと思われます。

証券が見当たらないということですが、何かがあった際に手続きが手間取るかもしれませんので、一度お時間があるときにお義母さま(契約者)よりお近くのJA共済に確認されることをお勧めします。
(個人情報保護法等の関係により、契約者からの申出でないと対応できないことが予想されますので。)

参考URL:http://www.ja-kyosai.or.jp/product/human/shushin.html

JA共済のホームページの仕組み図からして、民間生保会社でいう「定期保険特約付終身保険」と同様のものと考えられます。

☆終身共済金額 300万円
 …一生涯の死亡保障ですね。期限はありません。60歳の時点でこの部分(主契約)に関する保険料は払い終わるような額になっています。

☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
 …終身共済に上乗せで死亡保障を厚くしているものと思われます。そしてこの「上乗せ分」は60歳(主契約の払込完了時)までの保障ですね。60歳以降に死亡した場合は終...続きを読む

QJA共済の解約返戻金について

JA共済の解約返戻金についてお伺いいたします。

H18年に終身共済契約に全入院特約等をつけて契約しています。夫が同じ終身共済契約に全入院特約等をつけてH20年に契約した際の証書には解約返戻金が明記されていますが、私のH18年に契約した証書には解約返戻金について明記されておりません。担当者に確認したところ、H18年契約の私の共済についても解約返戻金があるとのこと。この度、医療保険を終身型(現在は80歳まで)に変更したいため、見直しをしているところですが、入院歴があるため新規の保険がむずかしいようです。そのため、アフラックのWAYSにて60歳以降に終身の医療保険に移行する保険を検討中です。そこで以下についてご存じの方ご指導ください。

(1)H18年契約の共済を満期(80歳 終身共済200万)までもたず、WAYSの以降時に解約したいと考えておりますが、担当者さんが「解約返戻金については今後変わるので提出できない。」ということで教えていただくませんでした。私としては解約返戻金がMAX時に解約したいのですが、今の時点ではわからないものなのでしょうか。また、もしわかるとしたら担当者以外に問い合わせする機関(又は相談窓口等)はどこになるのでしょうか。

(2)解約返戻金の考え方について、担当者さんが言うには、満期を迎えると終身共済200万円のみになるとのことでしたが、全入院特約等の掛け捨てでない部分(返戻金がある部分)については満期になくなってしまうのでしょうか?(だとしたら、終身共済分だけ貯金があれば満期を待たず解約をしたほうが得かと思うのですが・・・)

(3)解約返戻金のMAX時について、夫の証書をみると、契約後30年が最高額のようですが、他の契約についても契約後30年がMAXなのでしょうか。(ちなみに私と夫は同じJAの終身共済を契約しています。

以上、よろしくお願いいたします。

JA共済の解約返戻金についてお伺いいたします。

H18年に終身共済契約に全入院特約等をつけて契約しています。夫が同じ終身共済契約に全入院特約等をつけてH20年に契約した際の証書には解約返戻金が明記されていますが、私のH18年に契約した証書には解約返戻金について明記されておりません。担当者に確認したところ、H18年契約の私の共済についても解約返戻金があるとのこと。この度、医療保険を終身型(現在は80歳まで)に変更したいため、見直しをしているところですが、入院歴があるため新規の...続きを読む

Aベストアンサー

単刀直入に言います

契約者にとっては JA共済はかなり有利です

アフラック等はごく一部の契約者と保険会社に有利です

詳細まで良く検討することです 約款の、素人では意味が理解できないところが非常に重要です

QJA終身共済の保障内容をわかる方教えてください

お世話になります。
義理の母が、親戚(JA職員)とのつきあいでJA終身共済に加入しています。このたび更新の書類が送られてきました。
加入時から保障内容が今一よくわからないまま、加入し続けてきましたが、更新を機に保障内容を把握したいと思っております。
加入内容は以下のとおりですが、これにより、
今後「何を」「いくら」「どういうタイミングで」
もらえるかご存知の方教えてください。
一般論としての回答でも結構です。
本来なら加入担当者が説明すべきものでしょうが、忙しいようで話に来てもらえないようです。
証書の内容は以下のとおりです。

JA終身共済
被保険者 今年で60になりました。
平成4年から毎月8640円掛けています。
終身共済金額200万円
災害給付200万円
災害死亡割増200万円
がん倍全入院3500円
共済掛け金27,920円
61歳に到達する共済年度以降80歳に到達する日の属する共済年度まで
年払い27920円

(「年払い」の意味がもらえる金額の意味なのか、被保険者が払うべき金額の意味なのかわかりません)

お世話になります。
義理の母が、親戚(JA職員)とのつきあいでJA終身共済に加入しています。このたび更新の書類が送られてきました。
加入時から保障内容が今一よくわからないまま、加入し続けてきましたが、更新を機に保障内容を把握したいと思っております。
加入内容は以下のとおりですが、これにより、
今後「何を」「いくら」「どういうタイミングで」
もらえるかご存知の方教えてください。
一般論としての回答でも結構です。
本来なら加入担当者が説明すべきものでしょうが、忙しいようで話に...続きを読む

Aベストアンサー

土日でランにアクセスが直接出来ない為、仮の内容ですがご返答します。
世間で俗にゆう終身保険に医療特約が付加したものです。
満期(平成19年度の5月)との記載は
払い込み満了(平成19年度の5月)ではないでしょうか?
終身部分(主契約の払い込み)が平成19年度の5月で満了になり特約としてのっかている災害給付200万円 災害死亡割増200万円 がん倍全入院3500円の部分を平成19年度の5月から年払いでお支払いくださいね。というものです。満期ではないので、解約か死亡しない限り、お金は一銭も出ません。

終身というのは、その人が死亡するまでの期間をさし、この保険の場合60歳まで払い込みをして、その後はこの部分の払い込みはなくなり、いつ死亡しても200万円払います。
という契約です。

そこに
災害給付200万円
災害死亡割増200万円
がん倍全入院3500円
がオプションでのっかているとい形です。
上記は主契約でないので、この部分だけは払い込み満了後も払ってくださいね。というものです。

平成4年5月に加入であれば、入院は一週間以上しないと出ないタイプだと思われます。(お時間くださいもう少し調べます)
保障期間も80歳まで  80歳で保障が切れて、更新不可能です。
です。若干の解約返戻金はあると思いますが、医療特約部分は掛け捨て部分が大きいです。

結論・・・
終身の死亡保障だけを残し、特約のオプション部分の解約をお勧めします。(平成4年5月からの年払いの払い込みは消滅します)
医療保険が古いので、健康状態に問題がなければ、医療保険を日帰りから出るタイプに変更なさったほうがよいと思います。
通院も必ずつけてあげてください。
女性の平均寿命は85歳を越えています。医療保険は終身タイプを!
それと日額3500円ではお話になりません。健康保険の負担割合が引き上げられようとしている昨今、最低でも1万円は日額でないと足りません。金銭的に余裕があれば、成人病などで一時金が100万以上下りるタイプを。そして、全額実費で払わなくてはならない高度先進医療に対する特約もお付けする事をおすすめします。

土日でランにアクセスが直接出来ない為、仮の内容ですがご返答します。
世間で俗にゆう終身保険に医療特約が付加したものです。
満期(平成19年度の5月)との記載は
払い込み満了(平成19年度の5月)ではないでしょうか?
終身部分(主契約の払い込み)が平成19年度の5月で満了になり特約としてのっかている災害給付200万円 災害死亡割増200万円 がん倍全入院3500円の部分を平成19年度の5月から年払いでお支払いくださいね。というものです。満期ではないので、解約か死亡しない限り...続きを読む

Q農協のJA共済は・・・

親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の満期返戻金もかなり高いレベルで民間にはまず負けない。」とのことです。

友人が言っているのは本当なのでしょうか?
JA共済は、そもそも農協の存在、位置付けどうなんでしょうか?
生保、年金、貯蓄で入っている方はなぜ是と決断したのですか?
民間生保を選んだ方にも反論があればお教えください。
またほかにオススメがありますか?

試しにJA自動車共済(保険)には加入しましたが、今のところ事故もトラブルもなく共済(保険)を利用していませんので分からないところが多いです。金額は他社の損保と比べて安かったです。
参考までにその友人は旧友で、全く私には保険勧誘をムリにしてきません。お客さん(JA会員さんなど)への話を聞いていて自分から勝手に検討しているところです。

親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の...続きを読む

Aベストアンサー

tyounさんへ 追加回答です。
うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです。
保険関係は生命・建物・自動車すべてメインはJA共済です。
自動車事故も何度か経験しましたが、対応に問題なかったです。
自動車事故の休日夜間対応がフリーダイヤル受付のみなのも弱いと思います。
保険関係で何かあったら、管轄のJAへ電話すれば担当者が訪問して
対応してもらってます。

私は終身共済に加入していますが、他社と決定的な違いは
  1.JA共済は全期型で払込終了まで比較すると掛け金が他社の更新型に
   くらべ200万円位安かった。
   (他社のセールレディ(おばさん)はうちでは全期型はないといった。)
  2.払込終了時に特約掛金が他社は全納払のみであったがJA共済は
   年払いを選択できた。
このこともありJA共済をえらびました。
しかしJAの職員と仲良くなると、いろんな物を売りにきます。
今日は5月発売の新茶を注文にきた。母が予約していた。

tyounさんへ 追加回答です。
うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです...続きを読む

Q終身保険の途中解約時の払い戻しって何%くらい?

保険についての無知な質問ですいません。

現在、30年払込満了の終身保険を10年をほど掛けているのですが、諸事情で保険を解約しようと思っています。
掛金の何%が返還されるのでしょうか。

<現在の保険>
死亡時:3000万円
終身保険金:120万円
月々の掛金:約1万2千円

先日、解約時の払戻金を聞いたとき、解約金と配当金とで約30万円ほどしか返ってこないようなことを言ってました。
10年掛けているので、120万円は支払っているのですが、掛金の70%以上は掛捨てなんですか?

ご教授、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして
ご質問の内容では詳細がわかりませんので
一般論としてご回答いたします

<現在の保険>
死亡時:3000万円
終身保険金:120万円
月々の掛金:約1万2千円

ということですが

しくみとしては以下のとおりのはずです

終身保険部分120万円

定期保険部分2880万円

死亡保険金3000万円

そして、保険料が12000円ぐらいとのことですが
この12000円は終身保険部分と定期保険部分の合計であり、実際には、終身保険部分保険料○○円、定期保険部分保険料○○円といった具合です。保険証券形態にもよりますが主契約の保険料といったかたちで記載されている保険料が終身保険部分の保険料だと思われます。(おそらく2~3千円ぐらいではないかと憶測します。)
そして、12000円から終身保険部分を差し引いた金額が定期保険部分の保険料であり、この定期保険部分はほぼ掛け捨て型なのです
例えとして、終身保険部分が3000円で定期保険部分が9000円だとすると、9000円は掛け捨て状態にあり、解約時には、終身保険部分の3000円のうちから解約返戻金のほとんどが支払われます。3000円×12ヶ月×10年=360000円。終身保険部分が100%戻ってきたとしても前記の金額が限度となります。
そのあたりをしっかり把握されていないと120万払ったのに36万しかもどってこないというような誤解が生まれます。

終身保険と定期保険を組み合わせて契約されている形態で、払っている保険料がすべて貯蓄性があるように誤解されたり、死亡保険金がいつでも3000万円受け取れるように勘違いされる、典型的パターンだと思われます(おそらく、死亡時の補償は払い込み満了時以降は3000万円から120万円にダウンするのではと思います。)

他の方の記載にもありますとおり、およその解約返戻金の記載があるかとおもいますので、そちらの記載金額にまず間違いはないと思われます。また10年前のご契約ということであれば他の方の記載にも逢った通り、「予定利率」が高いときの商品ですので、解約よりも、終身部分のみ残し、「払済」といった方法も検討されてはと思います。

至急、専門家にご相談をすることをおすすめいたします。

はじめまして
ご質問の内容では詳細がわかりませんので
一般論としてご回答いたします

<現在の保険>
死亡時:3000万円
終身保険金:120万円
月々の掛金:約1万2千円

ということですが

しくみとしては以下のとおりのはずです

終身保険部分120万円

定期保険部分2880万円

死亡保険金3000万円

そして、保険料が12000円ぐらいとのことですが
この12000円は終身保険部分と定期保険部分の合計であり、実際には、終身保険部分保険料○○円、定期保険部分保険料○○円と...続きを読む

QJA共済について。

本当に何も分からないので、教えて下さい。

夫(28歳)は現在、JA共済の終身共済・医療共済セットプランというものに入っています。

5月24日に、1年分の保険が引き落とされる予定です。

この保険に入ったのは、昨年です。

私は、アフラックの医療保険に入っているのですが、夫もアフラックの医療保険に変更しようと思っています。

理由としては、
・経済的にアフラックの方がよい。
・保障期間がアフラックが終身に対して、JAは80歳まで。
・アフラックであると、通院保障がつく。
などです。

JAの医療共済は、200日型・80歳満了です。

今回、終身共済とのセットプランということですが、終身共済はこのままJAで継続したいと思っています。セットプランということで、医療共済だけ解約とは可能でしょうか?

また、解約することで、何か問題や注意点などはありますか?

本当に、保険について何も分からない者です。質問自体に不明な文章があったら申し訳ありません。

Aベストアンサー

回答(1)の者です。

医療機関で働かれているのでしたら、私よりも入院についての現状にお詳しいと思います。
ご自身で「200日が長すぎる」と感じていらっしゃるのなら、その通りなのでしょう。

がんの場合には、他の病気やケガに比べて入院日数や費用がとてもかかる事は有名ですね。
がん保険は掛け金の折り合いが付けば、加入しておいたほうが絶対にいい保険です。

ところで、JAの共済のホームページを見た時に、入院日数120日や、がん入院・手術の
時には通常の2倍の支払い金額になって、しかも入院日数が無制限になる内容があります。

今の保障を入った時に、入院日数やがん保障の事はご検討されたのでしょうか。
おそらく勧められた内容で入ってしまったのだとは思いますが・・・。

「一旦解約して希望の保障内容で入りなおす」という方法も必要かもしれません。


がん保険ならアフラックが有名ですよね。
加入者数はNo1ですし、保障も幅広く充実しています。
比較するなら

アフラック
 掛け金が安い
 通院にも給付金が出る
 放射線治療・抗がん剤治療給付金・等の特約がある(特約は更新型)
 がんになった後の生活保障がある特約も付加できる

JA
 解約返戻金があり、がん以外の病気の時に解約返戻金を治療費に充てられる
 退院給付金が出る(20日以上の入院後の場合)
 上皮内がんでも、給付金は通常のがんと同じ金額が支払われる
 更新型ではないので掛け金が上がらない

「がんと診断されたら100万円」が、どちらも1回だけ支払われます。
アフラックの方は上皮内がんの診断だけは10万円の給付ですが、そのあとに
悪性新生物のがんになった場合には、きちんと100万円の給付がなされます。
上皮内がんは治癒率が高いから10万で、費用のかかる他のがんになった時に
100万円が支払われたほうがいいと言う方もいます。

あとは、現在JAに医療保障を加入している点を考えると・・・
万が一の請求の事を考え、JAにがん保険も入った方が良いのかもしれません。
アフラックでがん保険に入ると、もしその後がんで入院した場合には診断書が2通
必要になってくる可能性があります。
保険会社が個々に定めた様式の診断書を取る必要があります。コピーや領収書でなく。
がん保険もJAに加入すれば、請求の手間と文書料が余計にかかる事はありません。

保障を選ぶ際の、あくまで参考として、お読みいただければ幸いです。

回答(1)の者です。

医療機関で働かれているのでしたら、私よりも入院についての現状にお詳しいと思います。
ご自身で「200日が長すぎる」と感じていらっしゃるのなら、その通りなのでしょう。

がんの場合には、他の病気やケガに比べて入院日数や費用がとてもかかる事は有名ですね。
がん保険は掛け金の折り合いが付けば、加入しておいたほうが絶対にいい保険です。

ところで、JAの共済のホームページを見た時に、入院日数120日や、がん入院・手術の
時には通常の2倍の支払い金額になって、しかも入...続きを読む

Q解約返戻金っていつ振込みされる?

生命保険解約しました。
朝日生命、終身保険。かなりいいときの保険で迷ったのですが、朝日生命に光が見えず・・・まあそれはいいのですが。
解約返戻金が結構ありました。
外交員さんは、1週間程度で振込みされます、といっていたのにもかかわらず、まだ振込みされていません。1週間たちました。
大体、どれくらいで振込みってされるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。ご無沙汰です、やはり解約されたんですね。

知り合いに朝○生命出身の代理店経営者がいてるのですが、以前その人が言ってた事は 各種請求に対して事務方が規定通りの日数で処理しない(出来ない)ような事を言ってました。部内的にも結構大変(むちゃくちゃ)らしいです。

おそらく担当者が一週間ぐらいと言ったのは取り扱い規定上は間違いないと思います。担当者に言っても結局はらちがあかないので、一週間(5営業日)が経過したらお客様相談窓口に『どうなってるの?』と問いただしましょう。今風評を最も恐れていますので強い口調で申し立てればすぐに振り込まれるみたいです。

QJA養老生命共済の解約か満期返戻金か

JA養老生命共済の解約か満期返戻金か
 昭和58年に契約した上記生命保険(30年満期、満期共済金額100万円、死亡共済1500万円、災害給付特約500万円、災害死亡割増特約1500万円、入院費用保障特約5000円)は掛金15万1300円で、掛金は割戻金相殺で初めの頃は半額位、最近は割戻金が余り無く入金は12~13万円くらいです。かつて盛んに解約して新共済に転換を勧められましたが、利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
 昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。積立金が解約返礼金と思い、今後減額されるなら解約しようと思ったのですが、今年も28回目を入金しました。
 後2回振り込めば満期なのですが、このまま満期まで入金するほうが得なのか、解約したほうがよいのか教えてください。また、満期となったらどれ位の満期返戻金があるのかもお教えください。

Aベストアンサー

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するためには、この15型をいかにたくさん売るかにかかっていました。(ノルマは補償額で課せられます。)

>利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
利率がいいのは3型までで、5型以上は満期共済金よりも掛け金のほうが多くなります。

>昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。
これは本当なのでしょうか?
もし、正確な解約返戻金を知りたいのでしたら、JAに電話して「今解約したらいくら返ってきますか?」と聞いてください。機械ですぐに出ます。
聞きにくければ、「共済でいくらまで借りられますか?(共済担保貸付)」と聞いても、大体の数字は把握できます。
共済で借りられる上限は、解約返戻金の90%までだったと思いますので、逆算すれば解約返戻金が出ます。

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するた...続きを読む

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報