JA終身共済の解約返戻金の内訳は?
平成4年にそれまで入っていた共済(種類;不明、10年間で満期)の満期まで2年を残して転換契約しました。
その時の営業員の「貯金と同じです。満期(55歳)になれば返ってきます。」「今までの共済分も上乗せされますから」との説明のままに契約しました。
55歳になったので、満期の手続きにJAの窓口にいったところ、終身共済に満期はないとの説明に愕然としました。
色々調べてみて、何の疑いも持たずに満期を待って掛け金を払い続けていた自分の愚かさにあきれています。
 当時の担当者は既におらず、何の書類も残っていないことから、あきらめて解約することにしましたが、窓口で示された解約返戻金に関して疑問が生じました。窓口で聞いても明確な答えが返ってきません。下記に共済の内容と疑問点を記します。どなたか解説していただきたくお願いします。

1)共済の内容(証書しか残っておらず、そこに記載されている内容しかわかりません)
平成4年契約 JA終身共済、共済金払込終了年齢55歳、終身共済金額600万円、転換契約充当部分533万円、
55歳まで→→定期共済金額2400万円、災害給付共済金額500万円、災害死亡割増共済金額1500万円、全入院5000円、災害入院5000円
56~80歳まで→→定期共済金額 無し、災害給付共済金500万円、災害死亡割増共済金額600万円、全入院5000円、災害入院5000円
共済掛金174142円(年払い)、56歳以降80歳まで37550円
特約→→重度障害年金特約、災害給付特約、災害死亡割増特約、全入院保障特約、災害入院保障特約、年金支払移行特約

2)疑問点
窓口では支払金額と解約返戻金の総額を手書きのメモにて示されましたが、金額の妥当性が不明だったので、「明細を出して下さい」とお願いしたところ、「内部資料だから出せない」との回答が返ってきました。「契約者に明細(計算の根拠)が出せないのはおかしい」と抗議し、結局、後日出してもらうことになりましたが、あとから連絡が来て、「古い保険なので(人が)手計算で計算するしかない。1ヶ月ほどかかる。」とのことです。おおいに不信感を抱きました。
(1)計算結果(総額)が出ているのに明細が出せないということがあるのでしょうか?
(2)「古い保険なので手計算で計算するしかないので時間がかかる」というのは普通のことなのでしょうか? (内部管理に問題があるのではと疑念をもってしまいます)
(3)そもそも下記の解約返戻金の金額は妥当な値でしょうか?
返戻金額215万円、表定掛金累計額527万円、正味掛金累計額508万円(端数は省略しています)

(4)どういう計算をするのでしょうか?
(5)返戻金とは関係ありませんが、終身共済金額600万円と転換契約充当部分533万円とは、なにか関連しますか?

以上、長くなり恐縮ですがよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

hi644 さん



平成4年加入の終身保険ということであれば、予定利率が5%くらいの頃です。現在の予定利率は1.5%程度です。
予定利率が高い保険とは、割引率が高い保険ということです。少ない保険料で、高い保障金額の終身保険に加入できたということです。

終身保険、37歳契約、保障額600万円、55歳払込満了、
という条件で、平成4年に加入した場合と、現在加入した場合とを、ザックリ比較してみます。
(多少の誤差はご容赦を)

平成4年加入  月額保険料 11,000円、年額 13万円(概算)
平成22年加入 月額保険料 19,000円、年額 23万円(概算)

契約年齢、保障額(保険金)が同じでも、契約した年が平成4年であったか平成22年であったかによって、払込保険料はこのくらい違います。

また、終身保険の払込満了時の解約返戻金は、それまでに払った終身保険・保険料総額と、おおよそ同額になるようです。

ですので、平成4年、37歳時契約、600万円保障、55歳満了と言う条件で、払込満了直後(55歳時)の終身保険の解約返戻金は、200万円とチョット。

ということは、hi644 さんが払込満了直後に提示された「返戻金額215万円」は、終身保険のみの解約返戻金であり、その解約返戻金額であれば、概ね妥当であると考えられます。


(1)計算結果(総額)が出ているのに明細が出せないということがあるのでしょうか?

→ JAの末端担当者のパソコンからは、すぐには出せないということかもしれません。
 (末端担当者にはややこしいをさせない仕組みになっていることか?)

(2)「古い保険なので手計算で計算するしかないので時間がかかる」というのは普通のことなのでしょうか? (内部管理に問題があるのではと疑念をもってしまいます)

→ OA化の時代に、ほとんど考えにくいと思います。
 末端担当者のパソコンでは計算できず、地方本部組織に計算してもらう必要があるので時間が掛かる、面倒だ、ということかもしれません。

(3)そもそも下記の解約返戻金の金額は妥当な値でしょうか?
返戻金額215万円、表定掛金累計額527万円、正味掛金累計額508万円(端数は省略しています)

「返戻金額215万円」について言いますと、平成4年に契約した、600万円保障の終身保険に関する解約返戻金ということであれば、概ね妥当ではないでしょうか。

(4)どういう計算をするのでしょうか?
→ アクチュアリー(保険数理人)と言う専門家が、死亡率、予定利率などを加味し、複雑な計算をして、保険金額(保障額)に応じた保険料(掛け金)を計算するようです。
同時に、保険契約をした時点で、契約後の解約返戻金額の推移は確定しているはずです。

(5)返戻金とは関係ありませんが、終身共済金額600万円と転換契約充当部分533万円とは、なにか関連しますか?

→ 平成4年以前に加入していた保険(養老保険?)の解約返戻金相当額を頭金にして、平成4年に「転換契約充当部分533万円」の終身保険を一時払いで買った。
平成4年から平成22年までに払っていた「終身保険部分」は、600万円-533万円=67万円分の保険料(掛け金)を払っていた。
と言うことだと思います。

平成4年~平成22年までに払っていた保険料「共済掛金174142円(年払い)」のうち、
終身保険部分に、おおよそ15000円/年、
残り約160000円/年は、「定期共済金額2400万円、災害給付共済金額500万円、災害死亡割増共済金額1500万円、全入院5000円、災害入院5000円」の保障に充てられていたと思われます。

なお、ご参考までに、
入院特約などを継続せず、終身保険600万円のみを継続すると、今後の保険料負担なしで、死亡保障がずっと続きます。
何歳で亡くなられても600万円の保険金が支払われます。

また、55歳時点で解約返戻金は200万円チョットですが、今後少しずつ増えていき、100歳くらいで600万円になります。

正確な情報、詳細な情報は、JAから聞き出してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

各項目に詳細なご回答いただき、ありがとうございました。
終身保険の仕組みが概ね理解できたように思います。
今思うと、当時の売り込みに来たJA担当者も十分理解していなかったのでは無いかと思います。
また、今回の窓口の対応を通して、JAには不信感のかたまりでしたが、これも単に窓口の対応者の理解不足のような気がしてきました。もう少し突っ込んで聞いてみようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/06/14 23:49

表定掛金と正味掛金の差額は契約者配当金です。


原契約は普通養老保険(定期無し)
新契約は定期付き終身保険です。
かなりの部分をこれまでの死亡保障に食われていますが、
契約としては妥当性があります。
尚正組合員であれば、利用度数配当と言う還元も有り得ますが。
基本的に農協は信用しない事です。
他にも農協に農地を騙し取られたなんて聞きますから。
営業が嫌がる位しつこく聞いて納得する事が、加入の前提です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
確かに農協の対応は、お客の方を向いていないと感じることが多々ありました。
既に時遅しですが、今後農協とは、今回の件を踏まえて注意深く付き合っていこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/08 23:42

すみません。

保険業に携わってはいません。(一般人ですので参考程度にしてくださいい)

ご相談者が加入している、JA共済は一般の保険会社が販売していた(今も販売している)定期付終身保険と全く同一の商品です。

満期2年を残した保険を転換(解約)して他の保険に加入した販売方法も当時は一般的な商法です。…後2年で満期を転換させる…転換させた報奨金だ出る?…新たに加入させたら報奨金がでる?…1粒で2度おいしい。

ご加入の保険を見ていきましょう。
終身保険は600万になっています。転換補充533万円から類推すると、終身の600万の9割は転換時の一時払いで終身保険を購入したことになります。
533万円がどのくらいの金額で購入できたのか?正確な金額はJAでしか分かりませんが、私の個人的な感では180万~200万前後が必要だったと思います。…ですので転換前の保険は満期で200万前後の何かではないでしょうか?

ですので、年払いの174142円のほとんどは掛け捨てです。

56歳以80歳まで入院保険5000円が、病気死亡は出ないですが、交通事故で死亡の場合などの場合600万でます。交通事故の入院では10000円出ます。

以上がこの保険です。

80歳までの保険料は最初の転換分も含めて約500万。このまま保険を続けても終身が600万ですので平均寿命から考えて
…得でも損でもなく…保障してもらえたと考えることはできます。(何もなく天寿を全うしても)
解約ではなくそのまま続ける選択がよいと思います。
以上参考程度にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございました。
掛金のほとんどが掛け捨て・・・・、もっと早く見直せばよかったといまさらながら後悔しています。
1ヶ月もかかると言われましたが、明細を要望していますのでそれを見て、また不明点が出てきたら質問させていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/08 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員共済(健康)保険について

公務員共済(健康)保険について

現在は、健康保険、共済、国民健康保険など、自己負担金は、本人、家族ともに3割負担だと思います。

定かではありませんが、国家、地方公務員の場合、自己負担の3割も、後で払い戻しがあるということを聞いたことがあります。

現在も、一時立替で、全額、もしくは、支払った額の一部が戻ってくるのでしょうか?
そうなると、医療費は、無料ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>現在も、一時立替で、全額、もしくは、支払った額の一部が戻ってくるのでしょうか?
私は共済組合加入ですが、戻ってきます。
でも、全額ではありません。
1か月の医療費が一定額を超えた場合、その越えた分が戻ってきます。
そして、これは共済組合に限ったことではありません。
「付加給付」といいますが、健康保険組合(大企業など会社独自の健康保険)ならその給付はほとんどあるでしょう。
ただ、戻ってくる額はそれぞれ違います。

また、「高額療養費」という制度があり、1か月の医療費が80100円を超えれば(一般的な所得の場合)その越えた分が戻ります。
これは、健康保険法で決まっているので、どんな健康保険に加入していても還付されます。

Q定期特約付終身保険の特約満期で悩んでます。(長文)

43歳男性、妻あり、子供2人(高1、小3)です。
平成2年の12月に契約した下記保険の特約満期が来ます。

A生命 ロイヤルワイドKing
主契約 500万円
特約死亡 4500万円
災害割増 1500万円
傷害特約 500万円
災害入院 5000円/日
疾病入院 5000円/日(手術給付付)
成人病入院5000円/日
解約返戻金は約95万円
予定利率 1.5%

現在、生保レディから、積立金の逓減取崩しにより、
同程度以上の保障内容で10年の特約更新を勧められています。
(現行保険料約2万円→更新後2万5千円)

私自身も、まだ下の子が小さいため、
貯蓄性と保障では保障を優先させたいと思っていますので、
提案の趣旨には同意するところです。

ただし、どうしても気になるのは、同社の格付けなんです。
一時期、財務状況についての噂もあったので、できれば保険会社を変えたいと思っています。

そこで質問ですが、私の年齢や現在の金利情勢からして、
同じような条件で別会社で契約すると、
大幅に保険料は上がるものなのでしょうか。(終身部分も含めてです)
あるいは、継続も新規も変わらないのでしょうか。
(もちろん、積立金を逓減で取崩す前の保険料の比較です。)

もし他社で契約すると大幅に保険料が上がるなら、
多少のリスクを負ってもA生命で更新しないとしょうがないですね。
(保険料の差は、月々一万円くらいが判断の目安でしょうか)

いろんな保険会社に見積もりを依頼すればいいんでしょうが、
セールスに追い回されることになるのも困るので
身勝手な質問をさせていただきました。

詳しい方の回答をよろしくお願いします。

43歳男性、妻あり、子供2人(高1、小3)です。
平成2年の12月に契約した下記保険の特約満期が来ます。

A生命 ロイヤルワイドKing
主契約 500万円
特約死亡 4500万円
災害割増 1500万円
傷害特約 500万円
災害入院 5000円/日
疾病入院 5000円/日(手術給付付)
成人病入院5000円/日
解約返戻金は約95万円
予定利率 1.5%

現在、生保レディから、積立金の逓減取崩しにより、
同程度以上の保障内容で10年の特約更新を勧められています。
(...続きを読む

Aベストアンサー

「5年更新、10年更新の通販というのは、やはり定期特約付終身ですか?」は定期保険を特約ではなく主契約で考えてください。更新型と全期型があり、更新型というのは5年、10年があり、全期型というのは契約時に20年、30年の設定で契約することです。定期保険を主契約には漢字生保はまず提案しません。募集手数料・初年度手当が定期保険特約付終身保険より低く設定されているからです。
「医療保険も重要なポイントと考えてますが、死亡時の保障も同様に担保しておきたいんですが・・・。」死亡保障は定期保険で、末子が18歳になるまで定額定期保険で3000万円あれば十分でしょう。もしくは逓減定期保険で3000万円もいいでしょう。定額定期・逓減定期があなたの家族に対する提案ができるカタカナ生保の保険代理店の方をお探しになることです。

Q公務員で共済組合員に加入されている組合員は、社会保険?国民健康保険?

上記のとおり、公務員で共済組合員に加入されている組合員は、社会保険と国民健康保険のどちらになるのでしょうか。
何方かご存知の方おりましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

共済組合が保険者で、社会保険を運営しています。
保険料率は、協会けんぽあたりの料率とさほど
変わらない感じです。5~6%程度。

QJA共済、名義変更(終身共済、医療共済)

親の離婚裁判が終結して財産分与が行われたのですが、
現在父親が契約者になっているJA共済の保険が、私(被共済者)に名義変更することに決まったようで。

ですが、この名義変更の手続きは、契約者と被共済者が平日の営業時間内に、契約をした支店に出向かないといけないんですよね?

親は少し離れた県外に住んでいて、しかもお互い平日に時間を作るのが難しいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

もしこのことを相談しに行くとしたら、近くのJAの支店でも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

契約のある「同じ農協内」なら違う支店でも相談は可能だと思いますが、県外となると違う農協でしょうから難しいと思います。
JAは生損保と違って、全国で同じJA共済の商品を扱っているだけで、契約は個々の農協にあるものなので全国どこの窓口でもというわけにはいかないです。(ただ県外移転で違う農協に契約を移すことは可能)

とりあえず、証書に書かれている農協の支店に電話して、どうしたらいいかを先に聞いた方が簡単だと思います。

Q公務員の健康保険・共済って?

ちょっと疑問に思ったのですが公務員の健康保険は共済なんですよね?
その際の(共済の)病院などに行った時の、自己負担額を教えて下さい。

サラリーマンなどは現在2割ですが来年度から3割になるんですよね?
国保は3割です。
では共済は?

ちょっと疑問に思っただけなので、暇な時に回答頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No2です。現在開会中の国会で審議がされていて、可決になった場合には、来年4月から全ての健康保険が3割負担となります。

 マスコミでは、「サラリーマンなどの健康保険の・・・」という表現をしていますが、公務員もサラリーマンですので、共済組合であってもサラリーマンとして来年4月の実施が予定されています。まだ、決定をしたわけではありません。

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む

Q公務員の共済組合保険

私は公務員です。
主人が株取引でいくらか収入がありました。
源泉徴収あり、にして取り引きしています。
今まで主人を共済組合でも被扶養者として、組合員証(要は保険証)にも記載していたのですが、源泉徴収あり=収入金額を問わず扶養とできるというものではないのでしょうか?

恒常的な収入と突発的な収入でまた共済組合の考え方もちがうのでしょうか?また扶養手当も月々少しですが支給されています。この主人を扶養していることにしていても問題がないかどうか迷っています。
特に共済保険に含まれなければ国民健康保険しか選択肢がないということになりますよね?
前年度の所得から計算するとなると保険料も結構かかりはしないかと心配です。
源泉徴収ありだと所得としないという計算で国保の保険料も安くなるのでしょうか?
ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

「源泉徴収」の有無ではありません。株取引の収入が「源泉"分離"課税」となっているかどうかです。

源泉分離課税であれば、定期預金の金利と同じです。扶養者・被扶養者には関係ありません。

被扶養者の収入があってもすぐに外れるわけではありません。収入のある被扶養者がいても全体の税金が高くなるだけで、被扶養者をはずす規則はありません。

全体に支払う税金がどうかで被扶養者をどうするか考えています。税理士や税務署で相談するのもよいでしょう。

QJA 終身共済 医療共済セットプラン

現在、医療保険の見直しをしています。

現在、JAとアフラックについて比べています。

JAの終身共済 医療共済のセットプランに加入している場合、医療共済を解約した場合は、終身共済の掛け金が上がってしまうことはないでしょうか?

Aベストアンサー

あがりません。

お手持ちの医療共済の方の証書に記載されている掛け金の額だけ下がります。

Q国家公務員共済組合連合会の職員は国家公務員?!

国家公務員共済組合連合会の職員は国家公務員?!

国家公務員の公的年金・公的医療保険を担う
共済組合が沢山設けられています。
(文部科学省共済組合、財務省共済組合、裁判所共済組合など。)

それら各々の国家公務員共済組合がメンバーとなっている
「国家公務員共済組合連合会」という組織があります。

さらに、その「国家公務員共済組合連合会」で
働いている正職員が組合員となっている
『国家公務員共済組合連合会職員共済組合』
なるものがあります。w

そして、この『国家公務員共済組合連合会職員共済組合』も、
「国家公務員共済組合連合会」の立派な一員です。

(もう訳わからん仕組みだ。ww)

【1】
さて、この「国家公務員共済組合連合会」で働く職員の身分は、
国家公務員なのでしょうか?

【2】
もし、彼らの正確な身分が国家公務員ではないとしたら、
「国家公務員共済組合連合会」の正職員は、
公的年金については国家公務員に準じる形で
共済年金となってはいるものの、
雇用保険法については適用除外にはならず、民間会社員と同様、
雇用保険の被保険者となっているのでしょうか?

国家公務員共済組合連合会に詳しい方、
雇用保険法に詳しい方、
ぜひとも教えてくださいませ。

国家公務員共済組合連合会の職員は国家公務員?!

国家公務員の公的年金・公的医療保険を担う
共済組合が沢山設けられています。
(文部科学省共済組合、財務省共済組合、裁判所共済組合など。)

それら各々の国家公務員共済組合がメンバーとなっている
「国家公務員共済組合連合会」という組織があります。

さらに、その「国家公務員共済組合連合会」で
働いている正職員が組合員となっている
『国家公務員共済組合連合会職員共済組合』
なるものがあります。w

そして、この『国家公務員共済...続きを読む

Aベストアンサー

国家公務員ではありません。共済組合の職員ですので、当然雇用保険に加入しています。

QJA共済の終身共済に入ろうと思ってますが、JA側にこれだけは確認しておいたほうがいいということないでしょうか。

現在32歳のサラリーマンです。JAの終身共済の保障設計書を作ってもらい、入ろうと思っているのですが、私が保険に関して素人なので、何か見落としていたり気づいてないことが無いか不安です。何かアドバイスがいただけたら幸いです。設計内容の概略は以下のとおりです。私が死亡のとき、妻が受け取る形になります。

1.60歳までに死亡の場合の生活保障年金(10回にわたり定額型)・・・毎年200万円の累計2000万円。61歳以降はこれは無くなる。
2.災害死亡割り増し特約・・・48歳までに死亡のとき、1にプラスして支払われる。病気のとき1000万円、災害のとき4000万円。これ以降は2年ごとに120万ずつ逓減されていく。最終的(81歳以降)に病気の場合200万円、災害のとき200万円(71歳から80歳までは1400万円)となる。
3.災害特約給付特約・・・障害者になった場合、等級に応じて支払われる。800万(2級)-50万円(10級)
4.全入院特約・・・日額10000円
5.通院特約・・・日額3000円

共済掛け金は今後28年間、毎月21875円です。61歳からは7455円となります。
2番が49歳以降、毎年120万円ずつ減額されていくため、少し安くなっているようなのですが、60歳まで逓減せず保障する選択肢もあるといわれました。

4と5の医療保険のようなものが入っていますが、これは無くてもいいような気がするのですがどうでしょうか。最近、医療保険には入るなという類の本が話題になっているようですが、毎月6000円くらいかかるのなら、その分貯金しておいたほうがよさそうです。

現在32歳のサラリーマンです。JAの終身共済の保障設計書を作ってもらい、入ろうと思っているのですが、私が保険に関して素人なので、何か見落としていたり気づいてないことが無いか不安です。何かアドバイスがいただけたら幸いです。設計内容の概略は以下のとおりです。私が死亡のとき、妻が受け取る形になります。

1.60歳までに死亡の場合の生活保障年金(10回にわたり定額型)・・・毎年200万円の累計2000万円。61歳以降はこれは無くなる。
2.災害死亡割り増し特約・・・48歳までに死亡のとき、1にプラ...続きを読む

Aベストアンサー

共済に関してですが、まず、質問者さまに万一の事があった時、どれくらいの金額が必要になるか、によって保障の金額は違ってくると思います。
お子様の人数や年齢によってもそれは変わってくると思います。
残された方の生活の面では遺族年金とかの関係もありますし、入院時の医療の面では社会保険で高額医療費の差額の返金を受けられる制度などがありますが、そういう事にはあまり詳しくはないので、金額に関する事は言いません。
共済の内容についてのみ述べさせていただきたいと思います。

まず、満期金額はいくらになるのでしょうか?
多分200万だとは思いますが、この金額によって、60歳で大きな保障が終わった後の入院共済の金額が変わってきます。
100万だと5000円に減額します。
しかし、満期金額が100万だと、共済掛金が少なくなります。(100万貯めるより、200万貯める方が当然お金がかかりますから)
何しろ満期金額は60歳以降に亡くなった時、残されたご家族に支給される金額ですから、どちらを選ばれるかは、質問者様のお考えによると思います。

災害割増ですが、これには障害者になった時の給付がついていますか?
ないのでしたら、災害給付を上げたりしてみたら、如何でしょうか?(こちらなら障害者になった時の保障があるはずです)
あと、あくまでも災害割増ですので、病気で万一の時の保障はないのではないでしょうか?
災害時(つまり事故や怪我)の時の保障ばかり多くても、病気で何かあった時の保障が弱いのでは勿体無いような気がします。
それくらいなら、生活保障を上げた方が・・・と思います。
60歳以降の保障を求めるにしても、災害時だけでは意味がないかと思います。高齢になれば、事故や怪我よりは、病気の可能性の方が高いのではないかと思います。
生活保障や災害給付ではなく、災害割増をつける利点を担当者様に聞いてみて下さい。
私には、あまり利点があるようには思えないのですが・・・。

入院保障は加入される方の考え方次第ですが、手術の場合も支給されますし、JAは怪我でも病気でも5日以上の入院で1日目からの支給なので、私だったら入ります。
というか、私は万一の保証よりも医療面での保障を重視していますのでこういった返答になります。

通院特約ですが、入院時のみ適用されるものではないですか?
怪我した時とかで、通院のみに適用されるのだったらともかく、入院に伴う通院の時しか支給されないのでしたら、あまり意味はないと思います。

月に2万を越す掛金は、かなりの高額だと思います。
私的には随分と勿体無い作り方をしているなぁ・・・と思いますが(もう少し金額を減らせそうなものです)質問者さまのお考えもあるかと思いますので、よくお考えになって、十分に納得された上でご加入下さい。

共済に関してですが、まず、質問者さまに万一の事があった時、どれくらいの金額が必要になるか、によって保障の金額は違ってくると思います。
お子様の人数や年齢によってもそれは変わってくると思います。
残された方の生活の面では遺族年金とかの関係もありますし、入院時の医療の面では社会保険で高額医療費の差額の返金を受けられる制度などがありますが、そういう事にはあまり詳しくはないので、金額に関する事は言いません。
共済の内容についてのみ述べさせていただきたいと思います。

まず、満期金...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報