出産前後の痔にはご注意!

サンキュー事故に該当するのか?過失割合は?

現在右直事故の過失割合で相手方ともめています。
ちなみに双方同じ保険会社を使用しており、保険会社を通しています。


事故の状況としては、私がバイク(200ccのスクーター)で直進中、右折してきた相手の車の左後方部に衝突です。
現場は片道1車線の狭い2車線道路で、相手方車線は渋滞でほぼ動いておらず、私の車線は車は多いですが流れてはいました(時速20キロくらい)。

私が走行中、前の車が少し左によって停車したため、路駐と思いその右を通行(中央線は超えていません)。
これに対し、相手方は、停車した車が譲ったとして、右折。
2車線のほぼ中央辺りで衝突しました。

私は車の左側をすり抜けておらず、そもそもその道路は道幅が狭くさらに歩道との間に縁石があり、通常では自転車ですらすり抜けが厳しい状況です。
それなのに、相手方は停車してる車の左側を私がすり抜けてぶつかってきたとしていわゆるサンキュー事故を主張しています。

私は停車した車の右側を走行しました。通常路駐している車の右を通り抜けるような感じです。

で、相手方の主張は上記のとおりなのですが、そもそも相手は左側をすり抜けた後、私が停車した車の前にでて、中央あたりでぶつかったと証言しています。
間違っている証言ではありますが、例えその通りであったとしても、私がすり抜けた後の話ならいわゆるサンキュー事故ではないと思うのですがいかがでしょうか?


そして、過失割合ですが、私の方がはじめ10:90(私が10)を主張し、相手が30:70を主張したところからスタートし、2か月強の長期戦に私が折れ、相手方が提示してきた25:75をしぶしぶ承服することにしました。

ところが、こちらが承服するやいなや、相手方はやはり納得行かないから弁護士に相談して裁判にもって行くと主張しはじめました。
こちらとしてはそっちの要求受け入れた後に何いってんだと思っています。そんな主張が通ればごね得じゃないかと。



長くなりましが、アドバイスいただきたいのは以下3点です。

(1)裁判になったとき、上記状況で万が一にもサンキュー事故と認定されるようなことはないでしょうか?

(2)過失割合25:75は妥当なのか。また、一度25:75でコチラが承服してしまっているので、裁判になっても25:75よりコチラの過失割合が減ることはないのか。

(3)過失割合25:75は相手方が要求してきた割合なので、自ら要求してきておいてコチラが認めたら裁判でやはり不服だと申し立てるのはありなのか?

(4)上記とは直接関係ありませんが、当方のバイクは保険会社の立ち会いで全損認定されました(修理代が車両額を上回る)。しかし私はとりあえず保険額の範囲内で修理して乗ろうと思っているのですが、話し合いが長引いているため自腹で先に動ける状態までは修理しようかと思っています。この場合、全損認定されていても実際の修理代しか降りないということはあるでしょうか?


その他、何かお気づきの点、アドバイス等いただけたら幸いです。
こちらはケガまでしているのに穏便にすまそうと25:75を受け入れたのにこのような仕打ちをされて怒りを覚えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

サンキュー事故であろうとなかろうと、衝突地点から直進右折の事故です。


事故事実確認が出来ないため過失割合の数値は言えません。
民事の争いにおいて、双方が何を主張しようが自由で、双方が認めればよい話しです。つまり、何が正しい悪い、基準が曖昧でもあります。
但し、裁判での過失相殺(過失割合)は絶対です。裁判前に、弁護士が90対10と予想しても、判決は予想通りに行きません。
今回、保険会社が同じであれば、通常保険会社が示談をまとめるはずですが、相当こじれたたケースで保険会社も勝手にすればと、あきれている可能性もあります。
相手の主張が正しいか否か、一般人では解答すべき内容でありません。出来る範囲として、事故調査による過失割合参考程度です。又、これも調査結果を認めるか否か当事者しだいです。
    • good
    • 0

追伸


>私が走行中、前の車が少し左によって停車したため、路駐と思いその右を通行(中央線は超えていません)。これに対し、相手方は、停車した車が譲ったとして、右折。2車線のほぼ中央辺りで衝突しました。

この通りなら、相手の見込み発進 前車停車に伴うやむを得ない道路センターより直進通過 基本の過失相殺 主張でも良いとは思いますが、譲歩したあなた25:75相手 は極めて妥当なものと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

25:75は妥当のことですので、今後の交渉の参考にさせていただきます。ありがとうございまいた。

お礼日時:2010/07/28 17:25

参考までに 判例タイムスNO16【140】219ページ の基本過失割合はバイク直進15:85四輪車となっています。



これを目安に過失修正 加減算します。相手車の後部衝突ということで 車の既右折と解釈され、バイクに10%過失加算修正されたのでしょうかね・・・?
既右折車とは直進車が交差点に進入する時点で、右折車が右折を完了しているかまたはそれに近い状態にあることを云う。右折車が早くに右折開始すれば、直進車もそれだけ回避措置をとりえる余地が大きくなるからで、直前右折なら損傷カ所が後部側面であろうと既右折車とは申せないとは思います。

修理代が時価額上回れば全損 時価額賠償 

時価額賠償の範囲内で修理が収まるようにすれば認められないことはありません。ただし、これも過失減額されますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現場は交差点でなく私側の道路から続く小道へ入ろうとしての右折で、私から見たら対抗車線の車がいきなり右から飛び出してきたというイメージです。
なので、直前右折になるのではないかと思います。
既右折車という単語は初めて聞きましたので参考になりました。

お礼日時:2010/07/28 17:24

文を読んでいる限りでは過失割合は50:50で妥当ですね。



交差点の中央付近であなたは直進ですが、相手の左後方へ衝突。
その他の諸々はいわゆる自己主張の範囲でお互いが気を付けるべき事柄。

相手も25:75ではどう考えても割が合わないと思ったのでしょう(^_^;

この回答への補足

すいません記載がもれましたが衝突は交差点ではありません。
私のほうの道路にマンションか何かの駐車場へ通じる細い小道ががあり、
相手はそこへ入ろうとしたようです。

補足日時:2010/07/28 13:46
    • good
    • 1

お相手の方は、どうしても譲りたくなかったんですねきっと。



示談とは、お互いの譲り合いでなされるものです。今回は、質問者様が譲って示談しようとしたにもかかわらず、お相手がそれを反故にしたわけですから、25:75の過失割合も無効となります。もし裁判になるのなら当初の主張、10:90で争うことが可能となります。

修理代の件ですが、全損認定されてますので修理の内容にかかわらず全損の場合の保険金が出ますよ。

この回答への補足

私としては25:75で良いので早く終わらせて欲しいという気持ちなのですが、裁判になりましたら保険会社にお任せしてできるかぎり主張したいと思います。
修理代の件できちんと保険金がでるようなので安心しました。

補足日時:2010/07/28 13:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼に各文章を補足で書いてしまいました(汗)
色々参考になりまいた。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/28 17:26

プロ代理店です



双方とも
サンキュー事故の定義を勘違いなさってますね。

保険業界でサンキュー事故という場合
右折車両の過失が7割~8割です。

直進バイクの過失は3割~2割です。

1)サンキュー事故という単語は業界用語ですので裁判では使用しないでしょう。

2)極めて妥当、或いは先方が一歩下がって譲歩してくれている過失です。
  大変にラッキーです。
  私ならば4:6位で主張を押し込みます。

3)もちろん有りです。

この回答への補足

なるほどサンキュー事故の定義が違っていたのですね。
記載がもれましたが衝突は交差点ではありません。
私のほうの道路にマンションか何かの駐車場へ通じる細い小道ががあり、
相手はそこへ入ろうとしたようです。
これでも25:75は大変にラッキーだということでしょうか。

補足日時:2010/07/28 13:47
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左すり抜けバイク×安全確認を怠った車

市内の片側1車線の国道の信号待ちを先頭でしていたら、いつの間にか黄色ナンバーのカブが横に並びました。
この日は結構国道が渋滞していて、信号が青に変わっても、次の交差点までまた混雑していました。
が、その黄色ナンバーのカブはかまわず車列の左側を走行。私は後ろからその光景を見ていました(私は車列を抜きませんでした)。

危ないなあと思いながら見ていたら、案の定、対向車の右折車両と接触事故を起こしました。
私からは見えなかったんですが、車列の途中で、お店の敷地内へ右折したい対向車を入れるために車列の中の1台が譲ったようです。で、その右折車が敷地内に入ろうとしたら、すり抜けてきたカブと衝突してしまった…ということです。
ちなみに、黄色カブがすり抜けする前は、車列は停止状態でしたが、衝突直前に前方の信号が青に変わったので、車列も動き始めた直後の衝突でした。
カブの速度は、10~20kmは出ていたと思います(徐行レベルではなかったはず)。




   ■
   ■
   ■
   ■ 
   ■ □対向右折車
↑    ←
○  ■
カブ ■
   ■
   ■
   ■
   ■
   ●私


状況的には、過失割合が発生すると思うのですが、心情的にはカブが無謀な運転をしていたので、8:2くらいでカブが悪い!って気もしますが、やはりこういうケースでも車が悪くなってしまうのでしょうか?

※一応後方から全部見ていたので、救護の後、車のドライバーにはこっそり私の連絡先を渡しておきました。お互いの言い分が食い違うようなら連絡をしてくださいと。お呼びがかかれば出るとこ出ますからと。
幸い、事故から数日経ちますが連絡はありません。

市内の片側1車線の国道の信号待ちを先頭でしていたら、いつの間にか黄色ナンバーのカブが横に並びました。
この日は結構国道が渋滞していて、信号が青に変わっても、次の交差点までまた混雑していました。
が、その黄色ナンバーのカブはかまわず車列の左側を走行。私は後ろからその光景を見ていました(私は車列を抜きませんでした)。

危ないなあと思いながら見ていたら、案の定、対向車の右折車両と接触事故を起こしました。
私からは見えなかったんですが、車列の途中で、お店の敷地内へ右折したい対向車を入...続きを読む

Aベストアンサー

俗にいうサンキュー事故ですね。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E4%BA%8B%E6%95%85

http://amami.rindo21.com/ks_bike/22/220003.html

過失割合も判例で出ています。

バイクの過失がないのは、「うそ」です。

Q交通事故の判例(サンキュー事故)

事故数は多いと聞きますがなかなか見つからないので質問をさせてください。

[サンキュー事故の基本過失割合は何:何ですか?]

判例(タイムズ)を見ても単車の陰に大型車両等が無く、
右折四輪と直進二輪の判例しか見つかりません。
サンキュー事故の判例はないのでしょうか?
右折四輪と直進二輪だと二輪の陰に車両があってもなくても
同じ扱いだと裁判所は言っているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

サンキュー事故 細かい説明は不要でしょから

前方で停車し譲った時
専用レーン外でのバイクのすり抜けて来た原付やバイクと衝突
バイクにも原因がある事故で
基本過失割合は70:30 
バイク専用レーン走行て事故が有ればサンキュー事故じゃありません。
サンキュー事故じゃな無い。レーン厳守していれば
車85:バイク15 や 90:10
自動車と自動車 80:20 です。 

修正要因はその時の事故状況・道路で変わります。

Qサンキュー事故・・・過失割合について質問です

閲覧ありがとうございます。

先日、軽自動車(私)と原付(相手)で事故を起こしてしまいました。

いわゆるサンキュー事故なのですが、直進が軽自動車(私)、右折をしようとした原付(相手)との事故です。

普通自動車が右折、原付が直進の質問は多くあるのですが、このケースは無いようなので質問しました。

詳細な状況は、

片側二車線の道路で

1. 右側車線に二台ほど右折して店に入ろうとする車が止まっている。
2.反対車線から原付が店に入るため右折をする。また、右側車線で停まっていた車が道を譲り原付は焦って直進車を確認していなかった。
(この原付はこちらからは右折車に隠れて見えていなかった)

3.私からみたら突然原付が出てきたためブレーキも間に合わず衝突

上記のような流れです。

こちらは50キロ道路を40キロで走っていました。
衝突箇所は軽自動車右前と、原付前輪です。

初心者運転期間です。

前後30信号は無く本来なら見通しが悪いような道路ではありません。

相手の方は女性で見た目は60才ほどでした。

怪我としては相手が擦り傷、打撲、左肩脱臼で全治6週間のようです。私に、怪我はありません。

この場合、過失割合はどのくらいになるのでしょうか?

こちらは、任意保険には入っていなかったため詳しい方に助言いただければ幸いです。(入るために保険を決めていたところでした。入っていればととても後悔しています。)


優しい回答していただければ助かります。

不備があれば指摘よろしくお願いします。

閲覧ありがとうございます。

先日、軽自動車(私)と原付(相手)で事故を起こしてしまいました。

いわゆるサンキュー事故なのですが、直進が軽自動車(私)、右折をしようとした原付(相手)との事故です。

普通自動車が右折、原付が直進の質問は多くあるのですが、このケースは無いようなので質問しました。

詳細な状況は、

片側二車線の道路で

1. 右側車線に二台ほど右折して店に入ろうとする車が止まっている。
2.反対車線から原付が店に入るため右折をする。また、右側車線で停まっていた車が道を...続きを読む

Aベストアンサー

事故状況が今ひとつ分かりずらいですが、
あなたは直進・対向車線の原付は路外のお店に入ろうとして右折
して衝突でしょうか。
車対車なら、直進10:右折90が基本過失割合になります。
バイクと車の同じ判例は見つけられませんでしたが、
交差点でのバイクが右折・車が直進では、
車(直進)30:バイク(右折)70ですので、
質問者さんの場合も、いくら相手が怪我をしようが、弱者の保護で
あろうが、事故の原因の大元を作ったのは原付ですので、
30(質問者さん):70(バイク)で考えて良いと思います。

今回の場合、たとえ任意保険に入っていても、任意保険会社は
相手に自賠責の説明や過失割合の説明などはしますが
相手の怪我に対しては自賠責との任意一括などの手続きはしない
でしょう。(契約者の過失が5割を超えないと考える事故では
任意保険会社は相手の治療費などの立替えなどはしません)
被害者さんには健康保険を使って治療するのと、質問者さんの自賠責へ
被害者請求するようにお話されれば良いと考えます。
バイクと車の損害についても、その過失割合での各々の負担と
なります。

事故状況が今ひとつ分かりずらいですが、
あなたは直進・対向車線の原付は路外のお店に入ろうとして右折
して衝突でしょうか。
車対車なら、直進10:右折90が基本過失割合になります。
バイクと車の同じ判例は見つけられませんでしたが、
交差点でのバイクが右折・車が直進では、
車(直進)30:バイク(右折)70ですので、
質問者さんの場合も、いくら相手が怪我をしようが、弱者の保護で
あろうが、事故の原因の大元を作ったのは原付ですので、
30(質問者さん):70(バイク)で考えて良いと思います...続きを読む

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q休業損害が支払われるまでの生活費

3月17日に事故にあいました。
過失の割合は10(相手):0(私)です。
現在、ケガの治療中で仕事も休んでおりますが、生活費のやりくりも負担になってきましたので、勤務先に3/17~5/16までの休業損害証明書を書いてもらい、6月のあたまに源泉徴収票と一緒に提出しました。
未だ相手の保険会社からは何の連絡もないのですが、必要書類を提出してから休業損害が支払われるまでには、一体どれくらいの期間を要するものですか?
以前、保険会社の人身担当者は、必要書類がそろっても保険金を支払う支払わないの決定は保険調査会社がするものなので、調査会社の混雑具合によってはいつまでに支払えるとは言えない。
調査会社の決定が出ないと損保会社は支払のしようが無いと言われました。
先の生活の見通しが立てられず、大変困っています。
私は正社員で勤続25年で会社も一部上場企業なのですが、その勤務先が証明した書類でも、保険調査会社がいちいち調査して、金額を決定しないと休業損害さえ払ってもらうことはできないのですか?
私の場合は主人の収入がありますので、切り詰めて何とか生活を維持していますが、一家の大黒柱が事故にあわれたご家庭はどのように生活費を工面しているのでしょうか。
7月から仕事に復帰する予定ですが、7/1~7/31に働いた分のお給料は8/25が支給日になります。
4月の給与以降休職期間の社会保険や厚生年金等が、復帰後の給与から引かれますので、8/25の給与の手取りはゼロだと思われます。
これから給与収入が入る9/25まで、どうやって生活して行ったらいいのか、不安な毎日を送っています。
私のような場合、何をどうすれば良いでしょうか。

3月17日に事故にあいました。
過失の割合は10(相手):0(私)です。
現在、ケガの治療中で仕事も休んでおりますが、生活費のやりくりも負担になってきましたので、勤務先に3/17~5/16までの休業損害証明書を書いてもらい、6月のあたまに源泉徴収票と一緒に提出しました。
未だ相手の保険会社からは何の連絡もないのですが、必要書類を提出してから休業損害が支払われるまでには、一体どれくらいの期間を要するものですか?
以前、保険会社の人身担当者は、必要書類がそろっても保険金を支払う支払わないの決...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社によってだいぶ違いますね。

俺も被害者で休業補償もらっていましたが
保険会社に届くと、金額の確認に電話が入
ってきます。

では、XXXX円お振り込みします。

と言われ、それから中3日くらいでは振り
込まれていました。

しかも給料0円では生活大変でしょうから!
と保険屋に言われ、休業損害報告書は毎月
出していましたよ。その為に会社には毎月書いて
もらいましたが。

それともはじめの一回目をもらうときというのは
日数かかったかな?
少なくても2回目以降は中3日くらいです。

世間では賞与の時期ですから、休んだために減額
された賞与分も「賞与減額報告書」で補償して
もらえますよ。

それとのちのち慰謝料の計算でもめますから
このHPみて参考にしてみてください。

俺も、いくらが妥当なのか無料相談で金額聞きました。
その金額と保険屋が提示した金額が大幅に差があるよ
うなら相談した弁護士さんに依頼して裁判を起こすつ
もりです。

Q交通事故の、免許点数の減点について

友達が交通事故してしまい、免許の点数がいくつ減点されるのか詳しくわからないので、もし分かる方いましたら教えて下さい。右直事故で過失割合はこちらが8の8:2だったと思うんですが、人身事故になってしまい、点数が減点されると思うのです。おそらく、怪我は15日未満の怪我ということですむと思うのですが、15日未満の場合、安全運転義務違反の2点と、事故の点数が2点になると思うのですが、8:2の場合、こちらが分が悪いので、『専らの原因で治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故』という風になって3点になるんですか?過失割合がいくつだと、両方とも減点されると、どちらかだけ減点されるとかはあるんでしょうか??

Aベストアンサー

直進車=3右折車=7 です。 
(交渉で条件が変わる事もあり)
点数は、重くして欲しいと相手が言ってる場合 
軽い人身事故 で 過失大 3点 軽い場合 2点
不起訴の場合 減点は無い。
今回の事故は 追加)違反は無いと思われます。

直進者には当然過失が軽いので不起訴で減点は無いでしょう。 

Q右直事故の過失割合について

先日、事故に遭いました。
私は任意保険に加入していなかったため、相手方の保険会社と直接交渉しなければいけません。
下記の状況と経緯から、客観的な意見をお聞かせください。

【状況】

●片側2車線、右折レーンのない、比較的見通しの良い交差点
●右折車(私)、直進車(相手)ともに青信号で交差点に進入
●右折車(私)の左側面前方と、直進車(相手)の左側フロントが衝突
●右折車(私)は横転、自走不可、全損。

相手方の主張は聞いて(聞かされて)いないので、以下はは私から見た事故の状況です。

1.交差点30M程手前で、右折のため追い越し車線に車線変更。
2.そのまま交差点に進入し、対向車がいないことを確認して右折開始。
  ※このとき私は、2車線ともに車の存在を認知できていませんでした。
3.徐行しながら、右折先の横断歩道を確認。
4.(対向車線側の)追い越し車線に差し掛かった状態で、再度 対向車線に目を向けると
  目の前に車(バンパーより下が見えないくらい近い距離)、何もしない(できない?)まま衝突。

幸いにも、双方とも無傷だったため、物損扱いです。
ただし、その分 詳しい実況検分もなかったため、客観的証拠を入手できないでおります。

【経緯】

1.相手方の保険会社から1度目の連絡。
  「判例に基づき、8(私):2(相手)スタートとなりますが、何かご意見は?」
  →過失割合そのものよりも、なぜ「見えなかったか」が、ずっと気になっていました。
   目撃者の方は、「2台ともスピードは出てなかった」と証言。
   相手の方は、「保育園の迎えに焦ってて」と、事故当時おっしゃってました。
   現場は40キロ道路。右折開始から事故まで3秒として、法定速度なら直進車の移動距離は
   せいぜい30mちょっと。気付かない距離??
   “交渉”というより、“確認”の意味で聞いてみました。
  「相手の方は、どのくらいスピード出てたんですか?」
  「それは、事故鑑定人が車の損傷状態などから判断しますので・・・」
  後日、改めて連絡くることになりました。

2.2回目の電話。最初の女性から担当が変わったそうで、男性から連絡が入りました。
  「(双方の損害額の説明があり)8:2ですので、差し引き○○円になりますが宜しいですか」
  →その電話までの間に、速度超過が過失割合の修正対象になることを知ったので、
   確定??と思って驚いたのが素直な感想でした。
  「前回のご連絡の際にスピードの話をしていたのですが・・・」
  「事故の状況は様々なので、何キロでていたかはわかりません」
  「でもさすがに、40キロ走行なら、いくら私が軽自動車でも横転はしないかと・・・」
  素人考えですが、あまりの強引さに思わず食らいついてしまいました。
  「納得いかないようでしたら、スピード超過をご自身で立証されてください」
  担当が男性に変わったのはこういうことだろうかと思いながら、もうひとつ思いついていた
  疑問をぶつけました。
  「相手の方は追い越し車線を走っていたと、警察の方がおっしゃってたんですが、通行帯違反
   って関係ないんですか」
  どうやら初耳だったようで、「現場を確認します」と、また後日の連絡待ちになりました。

相手の方はとても優しい方でしたし、申し訳ない気持ちもあります。
ただ、事実は事実としてハッキリさせたく、保険会社の有無を言わせないような言い方に、
私も意固地になってしまいました。

通行帯違反での修正は、調べた限り前例もなく、私が無茶を言っているだけかもしれません。
でも気になるのは、
(1)比較的見通しの良い道路→分離帯に植木があり、一部は背が高いため、追い越し車線側
だと死角ができます。
(2)事故の瞬間、私は未だ走行車線側には達しておらず、直進車(相手)が走行車線を走ってい   たら、事故の可能性(双方の損害レベルも含めて)はかなり下がったと思われる。

自分の非は、もちろん認めます。
ただ、脇見をしたわけでもなく、確認しなかったわけでもなく、考え事をしていたわけでもないので
「本当の理由が知りたい」→から いつのまにか、「本当の過失割合は?」に変わっていました。

電話を切ったあと、色々調べましたが、速度超過の立証は難しいことがわかり、
ダメもとで相手の方に「速度を教えてください」とメールを打ちました。
2時間後、保険会社から電話があり「今後このようなこと(相手の方への直接連絡)はしないでほ  しい」と怒られてしまいました。

なぜ、隠すのでしょう?
正確な数字でなくとも、損傷具合からある程度の理論値は出るものではないのでしょうか。
やましいことがなければ、(少なくとも15キロ以下の速度超過なら)それを伝えてくれたら、
それこそ私には、専門家の見解を覆すことなどできるわけないのに。
不信感は、どんどん疑惑に変わっています。

今後の争点として、通行帯に関しては、(1)と(2)の疑問をぶつけたいと思っています。
速度超過に関しては、逆に「法定速度内だったことを立証してください」と言ってみるつもりです。

正直、私は今 冷静とは言い難いです。
何がおかしくて、何がただしいのか、客観的な意見をお願い致します。

※画像は右折車(私)の進行方向から見た事故現場の交差点です。

先日、事故に遭いました。
私は任意保険に加入していなかったため、相手方の保険会社と直接交渉しなければいけません。
下記の状況と経緯から、客観的な意見をお聞かせください。

【状況】

●片側2車線、右折レーンのない、比較的見通しの良い交差点
●右折車(私)、直進車(相手)ともに青信号で交差点に進入
●右折車(私)の左側面前方と、直進車(相手)の左側フロントが衝突
●右折車(私)は横転、自走不可、全損。

相手方の主張は聞いて(聞かされて)いないので、以下はは私から見た事故の状況です。

1...続きを読む

Aベストアンサー

 事故の状況を読ませていただきましたが、まさに右直事故の典型ですね。

見通しの良い道で、気が付いたらぶつかっていたといいますが、確認が甘かったの一言で、お互いが大けがをしなかったことは不幸中の幸いです。

で、結果は残念ながら相手の保険会社のいう通り。8対2の過失割合で、質問者さんが相手の車の修理代補償ですね。

今時任意保険未加入ということ自体が本当に珍しいと思います。このような事態での補償が確保できるように対無保険車特約までつける人が多いのですが、ここでごねても、質問者さんの負担分は減ることはないでしょう。保険に入っていないということなので、業界が使っている赤本などもご存じないかと思いますが、過去の事故例を集大成してある判例集があり、保険会社や弁護士さんはそれを参考にこのような事故なら過失割合はこのぐらいという判断をしています。

警察はこの場合は事故の記録を残すことが仕事で、民事不介入なので一切事故後の賠償については関与しません。あくまでも当事者間での話し合いで解決することです。が、だいたい当事者同士ではもめるので、保険会社間で話し合い、事故処理に当たるのが一般的です。

任意保険は軽自動車でしたら、車両保険を高額にかけない限りは年間5万円そこらで対人、対物無制限補償と事故処理の交渉、各種アドバイス、ロードサービスなどがついています。残念ですが、今回はかえって高くついたと思いますよ。あとは数十万円の出費覚悟で弁護士さんを依頼するか、このまま素直に相手の補償に応じるかの判断だと思います。

ただ、この事例ではたとえ弁護士さんに依頼しても、相手への補償が減額になる確率はかなり低く思われます。相手が内側の車線を走っていたのは何も過失はないですし、スピードを出していなくても、当たり所では横転します。自家用車がトラックを横転させた事故を見たこともありますし、この時も右直事故でトラックはハンドル切っていましたから、軽くひっくり返りましたね。要はその時の運動方向、物理の法則です。

何度も追い越し車線という言葉を使われていますが、一般道では、内側車線から抜くことが基本でも、だからといって高速道路のように走行区分違反を取られるほどに厳密なものではありません。そこに相手の過失があるという主張ははっきり言って無理だと思います。自分が右折方向にだけ気を取られ、直進車の接近に気付くのが遅れたにもかかわらず右折したということです。

3.徐行しながら、右折先の横断歩道を確認。とご自分で書いてある通り、右折先を見ながらのろのろと交差点内へ進行したわけですね。本来は停止して確認です。ぶつかって当たり前です。


交差点では直進車優先です。この大原則で、もう一度、ご自分の事故を考えてください。

 事故の状況を読ませていただきましたが、まさに右直事故の典型ですね。

見通しの良い道で、気が付いたらぶつかっていたといいますが、確認が甘かったの一言で、お互いが大けがをしなかったことは不幸中の幸いです。

で、結果は残念ながら相手の保険会社のいう通り。8対2の過失割合で、質問者さんが相手の車の修理代補償ですね。

今時任意保険未加入ということ自体が本当に珍しいと思います。このような事態での補償が確保できるように対無保険車特約までつける人が多いのですが、ここでごねても、質問者さ...続きを読む


人気Q&Aランキング