久米田康治の絵の変化
久米田先生の「かってに改蔵」をみてると、突如、絵が変化しました。
漫画を描いてるうちに絵が上達していき、結果、絵が変わる とかいうレベルじゃないです。極端にです。
改蔵の整った綺麗な描き方から一転、どこか立体感を失ったような絵です。
早い話が、絶望先生の絵です。
どうしてこんなに極端にかわったのでしょうか?
知っている方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

久米田先生の場合は作業の効率化なんかが大きな理由だと思いますが、


20年も絵を描いていればあのくらいは普通に変わりますよ?

あまりにも急激に絵柄が変わった瞬間などは、
アナログからデジタルに以降したとか、そういう理由があるんじゃないでしょうか。
自分もアナログとデジタルとでは雰囲気がさっぱりと変わります。
同じデジタルでも、ソフトや周辺機器を変えるだけで絵柄が変わることもありますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

自分は1~19、22~26を持っており、20、21の間に変わったと分かりますが、前の絵(というか、変わったのは目のみ?)の方が好きです。22からは目も変わり正面からの絵では鼻もあんまり描かなくなりましたよね。


僕は早く作業がしたいから絵を簡単にしたように思っていました。
改蔵の、制服の時には常備していた鎖も変わりましたしね。

お礼日時:2010/09/05 13:50

南国アイスホッケー部をご覧下さい。


こちらもかなりのものですよ。

そういうタイプの漫画家なんじゃないか…としか言えません。

バスタードの作者も
途中から絵柄が顕著に変化してます。

なにかしら影響を受ける様な作家に出会ったか、出来事があったか…

本人にしか判らないと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
改蔵も最初はアイスホッケーのような絵でしたよね。

>バスタードの作者も
途中から絵柄が顕著に変化してます。

すいません、知らないです。
本屋で見かけたら読んでみようかな。

お礼日時:2010/09/05 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q久米田康治さんについて

久米田康治さんは
「さよなら絶望先生」の中で様々な社会風刺を
描いていますが、
その理由は何だと思いますか?

また、「薬局ネタ」というものも登場しますが、
これはこういう言い方は失礼なのですが、
ただ茶化したいだけだと思いますか?

Aベストアンサー

社会風刺は絶望先生の中でというより
アイスホッケー部の後半ぐらいから出てきて
かってに改蔵などでも作風の一つでしたし
いろいろいいたいことがありそれを作品のネタにする
というのがもう彼の作品作りのあり方、だからじゃないでしょうか。
社会ネタをいじるのが好きとか主張したいことがあるとか
ネタとして作るのが楽しいとか。
時事ネタ、社会風刺、絶作品や作家いじり、メタ発言
そういうちょっとブラックで皮肉の利いたギャグ、が彼の作品の持ち味では。
せっかち泥棒でも風刺的なネタはやっていましたし。

ただいつも思うのは細かい時事ネタが多いから
たとえば発行から時間が経って誰かが初めて読んだ時に
意味がわからない人も多いのではないかなーとは思います。

ドラゴンボールみたいに、今読んでる人の子どもが読んで
面白いかどうかは微妙かと。

有名な作品いじりならまだしも、同雑誌掲載漫画、程度だと
その作品を読んでいない人にはちんぷんかんぷんでしょうし。

薬局ネタはなぜでしょうね
2000年中頃から脱法ハーブが聞かれ始めたり、芸能人
それも破天荒なロッカーや、作者読者がピークを知らない世代ではなく
知っている元アイドルや歌手の逮捕なども聞かれるようになった時代だった
というのもあるのでは。

時事ネタが好き、いろいろ突っ込みたいところがある、というのはあるのでしょう
茶かしたいだけというか
風刺がチャカしながら批判したりツッコミ入れるようなものでしょう?
あとわかる人との共有というのも一つの楽しみですね。風刺や引用というのは。

本人はスポーツも恋愛も描くの不得手だったといっていますし
作中で少しずつ風刺や時事が増えていっていますから
作品として作ってるうちに得意なほうへ落ち着いた部分もあるのかもしれませんが。

社会風刺は絶望先生の中でというより
アイスホッケー部の後半ぐらいから出てきて
かってに改蔵などでも作風の一つでしたし
いろいろいいたいことがありそれを作品のネタにする
というのがもう彼の作品作りのあり方、だからじゃないでしょうか。
社会ネタをいじるのが好きとか主張したいことがあるとか
ネタとして作るのが楽しいとか。
時事ネタ、社会風刺、絶作品や作家いじり、メタ発言
そういうちょっとブラックで皮肉の利いたギャグ、が彼の作品の持ち味では。
せっかち泥棒でも風刺的なネタはやっていましたし...続きを読む

Qかってに改蔵の絵柄について

1話読みきりの漫画なので、4巻、17巻、18巻と読みました。そこで気づいた点なのですが、絵が巻が進むにつれて下手になってはいないでしょうか?6巻あたりは髪の毛の本数や服のシワの数が多いのですが、18巻になると髪の毛は一筆書きでサラッと描いたような、服のシワも直線的になり、手抜き感が感じられるのです。

普通、漫画家って単行本が進むにつれて絵が上手くなりますが、こんなケースは初めてなので質問してみます。

一体何故、絵柄が退化したのでしょうか? (かなり失礼ですが、自分はそう感じました。)

たしか作者はかってに改蔵からパソコンで描きはじめたそうです。それに伴い絵柄も変わったのでしょうか?

Aベストアンサー

 1991年から少年サンデーに連載されていた『行け!!南国アイスホッケー部』からの読者です。

 この作者は、この漫画の連載中でも激しく絵柄が変わっています。(参考URLに連載初期の頃が見れるサイトを載せますから、自分の目で見てください)

 この頃の絵柄から考えると、現在の絵柄は「同じペンネームの別人が描いてる!??」と思えるぐらい激しく絵柄が変わっています。

 漫画の絵には、「線を少なくしてシンプル見せるのが一番いい」という考え方があります。
 この作者の久米田康治さんも、それを実践していったのかもしれません。
 まぁ、単に同じような絵柄を保つのが苦手なのかもしれませんが…

 この作者に限っては、デビュー当時から絵柄がコロコロ変わってます。
 今に始まった事ではないので、大目にみてあげたらどうでしょう。

参考URL:http://websunday.net/museum/no07/no07.html

Qコミックマーケット初参加。。CG絵描きさんを探しています。

今回初めてコミックマーケットに参加することになりました。「クラナド」というゲームの、同人ソフトとしてゲームを作るのですが、表にキャラの絵を載せたいのですが、あてがありません。。こういうのはどうやって探せばいいでしょうか??

Aベストアンサー

http://omc.terranetz.jp/
こちらで申し込んだり、

http://oekaki.jp/
こういうお絵描き検索系サイトのお仕事募集カテゴリから
色んな人のサイトを見て、直接申し込んでみてはいかがでしょうか。

Q萩尾望都先生の漫画の描き方教室?について

昔、実家に萩尾望都先生が描かれたマンガの描き方教室の切り抜きがありました。
雑誌の連載の一回分をそのまま切り取ったもので、漫画を描くに当たっての心構えか何かを、あいうえお順にキーワードで並べて漫画で解説してある内容だったと思います。
もう一度読んでみたく、出版されているのか調べたのですが、ネットで検索してもうまく引っかかってくれず、情報が無くて困っています。
本になって出版されているのでしょうか?

実家にあったほうは、家にあった数少ない漫画と共に捨てられてしまったようです。

もし御存じの方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「まんがABC」でしょう。
A-アップ、B-バック C-キャラクター…ZはZZZお休みなさいだったかと。単行本には未収録だと思います。

http://www.kudan.jp/nikki/nikki0501.html
http://www.cafebleu.net/hagio/etc/illustess.html

参考URL:http://www.kudan.jp/nikki/nikki0501.html

Q原哲夫先生の絵

原哲夫先生の、陰影をトーンを使わず線を巧みに使い
筋肉や服の質感を描く綺麗で迫力のある絵にとても憧れています。
北斗の拳以前の作品は拝見したことがないのですが、
北斗の拳連載当初22歳とお若いですよね。
いつ頃からそのような絵を描かれ始めたのでしょうか?
また原哲夫先生の絵に大きな影響を及ぼしたであろう人やものなど
は何が考えられますでしょうか?

ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

原哲夫先生はデビュー作品の「鉄のドンキホーテ」からこの画風でした。
(ただ、さすがに「北斗の拳」ほど洗練されてはいませんでしたが。)

原哲夫先生はもともと劇画に興味があったのだと思いますが、
絵は師匠筋からの影響だと思います。
具体的には、

本宮ひろ志(ジャンプ創刊時から「男一匹ガキ大将」を連載)(後に「サラリーマン金太郎」)
  ↓
高橋よしひろ(「銀牙-流れ星銀-」)
  ↓
原哲夫

の流れで順に線の濃密さが増えていっています。
高橋先生は犬の絵がメインで比較がわかりづらいのですが、二人の絵のタッチは似ています。
又、「魁!!男塾」の宮下あきら先生も高橋先生のアシスタント出身であり、原先生と宮下先生は兄弟弟子の関係にあります。
なお、この系統は原先生のアシスタントの森田まさのり先生(「ROOKIES」)に引き継がれます。

又、画風の事だけでなく、あの綿密な絵を週刊連載で書ける事が出来たのは、
ジャンプ創刊時から引き継がれてきた作画作業システムがあったからだと言われています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報