以前、化学の分野で

「アセトンを布手袋で使用して大丈夫でしょうか
 染みるので手に悪影響はないでしょうか    」

という質問をしてみたところ、お叱りを受けた覚えがあります。
(有機溶媒を布手袋で扱うとは何事だ! みたいに)

真空関係で研究している方は、どのようにアセトンを扱っておられるのでしょうか?
アセトンでリークチェックする事からも考えると、
ドラフトで扱ってる所は少ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

アセトンをどーしても使う理由があるのなら仕方がありませんが、エタノールをできれば使った方がいいと思います。

一般的な洗浄能力は、ほとんど同じなのでエタノールがいいです。しかも、素手はやめましょう。使い捨ての手袋があるので、それがいいと思います。
その前に、真空系の機器に触っているとしたら素手は禁じ手です。手は汚いので機器を汚してしまいます。布の手袋も、布の細かい繊維ひとつひとつが真空空間からすればゴミみたいなものなのでやめましょう。
では、なにがいいかと言えば、使い捨てのビニール手袋です。汚れたらすぐに捨てましょう。しかし、ひとつ欠点があります。それはアセトンはビニールを腐食してしまいます。(と言ってもアセトン一滴で瞬間的に手袋に穴が開くわけではありません)だから、エタノールがいいのです。
手袋はこの場合薄いものがいいです。あまり厚いと作業がやりにくいですし、掴んでいる物が滑ったりするからです。もちろんフッ化水素などの強酸性の溶液の時はしっかりとしたものを付けて作業してください。
    • good
    • 0

これは有機溶剤一般に言えることですが、素手で扱うのは止めましょう。

もちろん個人差があり、手あれなどの症状が出ない人もいますが、長期間皮膚吸収された場合の影響など未知の部分も多いです。
尚、布手袋をするくらいなら、素手の方がまだ安心です。(もちろん素手で良いと言っている訳ではない)有機溶剤は一般に揮発性が高く、素手についた場合はすぐに揮発します。皮膚に吸収される割合は低くなります。しかし、布手袋に染み込んだ状態では、長い時間皮膚が有機溶剤にさらされることになり、皮膚吸収されつづけます。同様に、ゴム手袋などをしていて、間違って有機溶剤が中に入ってしまった時はすぐにゴム手袋を脱ぐべきです。
また、リークチェックにアセトンは止めましょう。128yenさんのおっしゃる通り、エタノールで充分です。工業用の変性エタノールならコストも遥かに安くつきます。
    • good
    • 0

私は学生時代、研究のためによくアセトンを用いていました。


念のために薄いゴム手袋をしてアセトンを使用していましたが、面倒な時とかは素手で触っていました。たまに手が荒れることはありましたが、そんなに問題はないと思います。だから布手袋でも大丈夫だとは思いますが。。。
でも、アセトンを床に落としてタイルがはげているのを見た時は、絶対手袋をしないとだめだと思いましたけどね。。。
ちなみにドラフト内では使用したことはありません。ドラフト内では薬品の混合や硝酸とかを使用したときしか使っていませんので。。。

専門家ではないので、ちゃんとした答えになっていなくてすみません。。。

リークチェックはアセトンよりもアルコールの方がいいみたいですよ。もしリークしていてチャンバー内にアセトンが入ると腐食させるかもしれないから!といわれたことがありますので。
    • good
    • 0

私もガラス器具の水分除去を目的にアセトンを使用しておりましたが、別に、そんな神経質になって、扱う必要はないです。


ただし、火気とアセトン蒸気による酸欠に気をつければいいと思います。
手に悪影響という点に関していえば、手の油分がアセトンで溶出しますので、手が荒れるくらいでしょうか。
そんな私も素手で扱っていました。でも大丈夫です!

アセトンについては、こんな感じですが、薬品を使用するときは、反応性が強いものや、引火性が強いものも、もちろんありますので、気をつけて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにアセトン蒸気って酸欠になりますよね。
なれない時は肺に入って一日中苦しい思いをした覚えがあります。
それにしても素手で扱ってたんですか。。。。。
なんか、全然大丈夫そうなかんじですね。。

お礼日時:2001/04/09 23:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアセトンについて

アセトンとCPアセトンは、違う溶剤なのでしょうか?
また、アセトンには種類があるのでしょうか?
ラッカー系シンナーに使用されているアセトンの単独での
プラスチック樹脂に対する溶解力を調べたいのですが・・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には同じアセトンですよ。
CAS番号(→参考URL参照)も、試薬のアセトンとCPアセトンとでは、ほぼ同じです。
ただし、純度や不純物含有などの製品規格で違いはあると思います。
(たとえば、研究者が使うであろうJIS特級アセトンは純度99.5%以上ですが、上のCPアセトンは99%以上となっているみたいです。)

調べた限りでは「CPアセトン」のCPは、リサイクル品でない合成されたアセトンを示す、記号のようです。
ちなみにリサイクル品は「Rアセトン」というらしいです。

以上、ご参考まで。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/CAS%E7%99%BB%E9%8C%B2%E7%95%AA%E5%8F%B7

Qこの宇宙の真空が真の真空か偽の真空かわかるのはだいたい何年後くらいでしょうか?

この宇宙の真空が真の真空か偽の真空かわかるのはだいたい何年後くらいでしょうか?

Aベストアンサー

真空の相転移の話ですね。(補足のリンクから)
相転移前の真空を『偽の真空』、相転移後の真空を『真の真空』と呼ぶようです。

つまり、次の真空の相転移があれば、今の真空は『偽の真空』となりますが、無いなら『真の真空』となります。次の相転移があるかどうかの判定は、おそらく永久にできないでしょう。

真空の相転移は、宇宙の最初にインフレーションを起こした源と考えられています。それから138億年くらい、宇宙は安定しているように見えます。なので、次の真空の相転移などは無いだろう、というのが多くの人の考えだろうと思います。

ではなぜ、次の~という話があるのかというと、素粒子などの世代が3であり、これが過去2回の真空の相転移に拠るものだろうと考えるからだと思います。2度あることは~の諺ではありませんが、3度目があるかもしれない(否定できない)、という考えになるのだと思います。

Qアセトンと水

アセトンで「乾燥」ができるのはどうしてですか?
(まずアセトンって何・・・?(+_+))どんな反応が起こっていますか?
そして例えば,細胞とか組織とかをアセトンシリーズで乾燥させる
ことがあるのですね。アセトンシリーズは濃度のシリーズのことですか?
具体的にどういう操作をしているのですか?

Aベストアンサー

水は沸点が高いけれども,アセトンと混和すると水もアセトンと一緒に
よく揮発するのですか?

そのとおりです。
アセトンは、極性がある(=分子内に電気的な偏りがある)ので、水分子と混和して、一緒に揮発していきます。 もっとも、あまりに水が多すぎるとその効果は厳しいですけど…

Q真空そうからのリーク量

真空そうの圧力が96.24Kpa、この真空そうの一部には、空気が侵入している穴があります(リーク)。その槽から真空ポンプ2台で空気を抽出し真空を維持しています。空気抽出量は28.5Kg/hと29.5Kg/hで合計57.5Kg/hです。
同じ真空そうで真空ポンプ1台運転時の真空そうの圧力は、95,34Kpaでした。このときの、真空ポンプの空気抽出量はわかりますか?
真空そうの温度、体積はかわりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

真空ポンプの特性を表すものに排気速度曲線と呼ばれるものがあります。
排気速度は、体積ベース:単位時間あたりの排気容積で表され、排気気体の圧力に関係なく一定というわけではなく、圧力によって異なります。(水封ポンプの排気速度曲線http://www.kashiyama.com/jp/archives/product-leh/line-graph.htmlを参照)
気体の温度が一定なら気体密度(Kg/L)は、気体の圧力に比例します。
従って、質量ベースの排出速度(Kg/h)は、排気速度(体積ベース)×圧力に比例します。
LEH/LEMシリーズの水封ポンプの排気速度曲線は、0.1~1.0気圧(=10~100Kpa)では、ほほ一定の排気速度であり、質量ベースの排出速度は、1気圧で最大となります。
「真空ポンプの一台あたりの最大空気抽出量は30.8Kg/hです。」を体積ベースに換算すると、30.8/1.3=23.7(m^3/h)であるから、前記URLの排気速度曲線よりLEH-30MA型のポンプを指していると思われます。
「真空ポンプ1台運転時の真空そうの圧力は、95,34Kpaでした。」の意味が101.3Kpa(1気圧)より95,34Kpa低い圧力=5.96Kpaの圧力まで到達できたとの解釈でしたなら、到達圧力でのLEH-30MA型のポンプの排気速度は、排気速度曲線より、約9(m^3/h)である。
従って、到達圧力での排気量=(到達圧力×排気速度)/(101.3×1.3)=5.96(Kpa)×9(m^3/h)/(101.3×1.3)=0.4Kg/hとなります。(この量は、リーク量と等しくなります。)
「真空ポンプの空気抽出量はわかりますか?」の空気抽出量の意味が分りかねますが、到達圧力での排気量を導いた以上の説明であっているでしょうか。

真空ポンプの特性を表すものに排気速度曲線と呼ばれるものがあります。
排気速度は、体積ベース:単位時間あたりの排気容積で表され、排気気体の圧力に関係なく一定というわけではなく、圧力によって異なります。(水封ポンプの排気速度曲線http://www.kashiyama.com/jp/archives/product-leh/line-graph.htmlを参照)
気体の温度が一定なら気体密度(Kg/L)は、気体の圧力に比例します。
従って、質量ベースの排出速度(Kg/h)は、排気速度(体積ベース)×圧力に比例します。
LEH/LEMシリーズの水封...続きを読む

Qアセトンを洗浄するのに一番良い化学品を教えてください。

皆さん、こんにちは、ケーブルの紫外線硬化樹脂被服を除去(剥離)するために、アセトンに6分程浸し紫外線硬化樹脂被服を浮かして除去しています。

アセトンは揮発性が高いため放置しておいてもアセトンの成分は蒸発してしまうのでしょうか?

念のためアセトンを洗浄しようかと考えていますが、どのような薬品で洗浄したら良いのでしょうか?

アルコールや蒸留水での超音波洗浄は意味が無いですか?

ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくご教示お願い致します。

Aベストアンサー

いろいろご回答が出ていますが、質問の内容に不足部分があるため核心に至る答えが出てこないようです。
それで良いなら良いのですが、せっかく聞いた意味がないのではないでしょうか?
要点は、なぜアセトンを除去したいのか、の「理由」です。
ケーブル(被覆)がべたついて巻き取れない、アセトン蒸気がいつまでも出続ける(臭い、火気、健康に不安がある)、…umidaisuki様が「なぜ困っているのか」をお書き下さい。

Q金属コンタクト部分の接合リーク電流(半導体デバイス)

半導体デバイスについての質問です。
Pwell基盤に不純物を注入しN型にした後、そこに金属コンタクトを
落とし、コンタクト側にプラスの電圧をかける場合です。注入する不純物が少なくて、Si基盤とコンタクトの接触部分のN型の濃度が薄くなると(極端に言えば何も注入しないと)、基盤に電流が流れやすいと習ったのですが、基礎的なデバイスの教科書を見ても頭の中で説明がうまくつきません。たとえば、横軸に左から金属相、N型相、Pwellをとるなどしてバンド理論などで定性的な説明がつきますでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら是非ご教授願います。

Aベストアンサー

2つの意味があります。
1つは、金属がオーミックコンタクトの場合。
PwellにN型不純物を注入するとPN接合ができるので、N層にプラスの電圧を掛けると、逆バイアスとなって電流が流れません。
しかしN層がないと、バリアがないのでP層に電流が流れます。

もう1つは、ショットキーコンタクトの場合。
金属の電子親和力にもよりますが、下の図のようにバンドの曲がりが加わることにより、ホールに対するバリアはN型の方が高くなります。
つまりN型濃度が薄いと、電流が漏れやすくなります。

P型層の場合
         ______
       /
      /
     |
     |
---|  ------
     |  /――――――
     |/


N型層の場合
     |\
     |  \______
---|  ------
     |
     |
      \
        \______

Qアセトンに水和物を混ぜると水だけ溶けますか?

アセトンに水和物を混ぜると水だけ溶けますか?

無水アセトンに炭酸ナトリウム1水和物を混ぜてよく攪拌してからろ過したとします。
アセトン内に水の部分だけ溶けているでしょうか?

仮に、アセトン500mlに水15g溶けている溶液があるとして、そこに100gの炭酸ナトリウム・H2Oを混ぜよく攪拌してから濾過して炭酸ナトリウムを除去したあと、アセトン内の水は15gのままでしょうか?

どたなかよろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

アセトン500mlに水15g溶けている溶液に100gの炭酸ナトリウムを加えると、
溶けきれないので、水とアセトンが塩析します。
その時に、アセトン中に含有する水の量は一定となりますが、いくらになるかは分かりません。

>濾過して炭酸ナトリウムを除去したあと、アセトン内の水は15gのままでしょうか?
15gより少なくなります。

Q電解コンデンサの寿命とリーク電流の関係

電磁気学初心者です。

コンデンサに寿命が近づくとリーク電流は変化しますか?
また、リーク電流が変化するとしたらその理由はなんですか?

Aベストアンサー

リーク電流が徐々に増大しはじめ,最後に短絡状態に至ります。
比較的短時間に進行することも,かなりの時間を掛けて進行することもあります。

絶縁の破壊=耐電圧以上の電圧供給。
電解液の浸潤=発熱等による電解質被覆の膨張,または損傷による液漏れ。
多くの場合,ショート状態から,回路動作不良となって発見されます。

希に過電流等によって爆発的破壊をもたらすことがありますが,その時は通電しない故障となります。

寿命は,個別の性能(製造品質,保管状態)にもよりますが,
使用条件(使用電圧値・電流量,温度管理環境など)が,圧倒的に左右します。

Q水中のアセトンの除去

アセトンなど水と混ざってしまう有機溶媒を、水と混ぜたのち、放置ヤ脱気などで揮発させたり、アセトンは沸騰するが水は沸騰しない温度で温めたりすると、アセトンのみを除去できたりはするのでしょうか?

ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

当然の事ながら溶媒の種類によります。
たとえば、アセトンのように水と比較してかなり沸点の低い溶媒であれば加熱することによって除去できるでしょう。
しかし、現実問題として両者を完全に分離するのは困難だと思います。

よく水道水中の微量のトリハロメタン(現実にはクロロホルム)を除去するために煮沸することがありますが、同様のことを行えばアセトンは除去できると思います。

ただし、アセトンとともにある程度の量の水も揮発させる必要があるでしょう。

Q温度電圧Ut とは?(トランジスタのリーク電流式より)

こんにちは。
当方、大学にてLSIについて学んでいる者です。


トランジスタのゲート電圧がしきい値を超えない際にドレイン・ソース間をサブスレッショルドリーク電流が流れます。
この電流は下記の近似式により求められるそうですが、ここでのUtとは何によって求められ、どのような意味を持つのでしょうか。

Isub=W・exp(-Vth/n・Ut)

手元の資料ではWはトランジスタ幅、Vthはしきい値、nはサブスレッショルド係数、Utは温度電圧だと説明があるだけです。



ご存知の方、御教授お願い致します。
(蛇足ですが、当方初めて「教えてgoo」を使わせて頂きますゆえ、失礼がありましたらご指摘ください。)

Aベストアンサー

>単純にV=J/Cを変形した式と考えてよいのでしょうか?

はい。T=300K(~27℃)のとき、kT/q=25.852e-3 [V]になります。

>熱エネルギー(k・T)を電子1個の電気量で割った場合、求められた電圧が何を意味するのか、さっぱりわかりません。

kT/qで考えるのでなく、kTとqVで考えて、kTが熱エネルギー[J]、qVが電子の運動エネルギー[J]で、その比を表していると考えたほうが良いと思います。たとえば、真空中の平行平板電極で電子1個を加速するとき、電極間の電圧をV [V]とすれば、電子の運動エネルギーはqV [J]となります。したがって電子を26mVで加速したときの電子の運動エネルギーは300Kの熱エネルギーと同等になるということです。

>温度電圧というものは「○○が○○であるときに必要な電圧」というような言い回しができできるのでしょうか?

できます。今のリーク電流で言えば、それが急に増える境目の電圧という意味になります。もちろん指数関数なので、26mVを境に急に変わるわけではありませんが、指数関数的に増えたり減ったりする現象を表すときに、その境目を示す目安としてexp(-x/a)のaが使われることは実際に非常に多いです。放射能の半減期とか拡散距離、吸収率などはある量が半分とか1/eになるところを表しています。

Vthは1Vのオーダですのでexp(-1/0.026)=2×10^(-17)と非常に小さいですが、最近のLSIは電源電圧が下がってきているので、Vthも下がってリーク電流は増える傾向にあるのでしょう。さらに素子数も増えていますのでLSI全体でもリーク電流が増えます。消費電力が大きくなればLSIの温度が上がってTが大きくなりますが、これはVtを大きくするので、Vthとの比が小さくなってやはりリークが増えます。計算すれば分かりますが、温度が25℃から半導体の限界の125℃になったとき、リーク電流は12000倍も大きくなります。このときの温度電圧は34.5mVですが、Vthが34.5mV低くなってもリーク電流はたった4倍にしかなりません。

>単純にV=J/Cを変形した式と考えてよいのでしょうか?

はい。T=300K(~27℃)のとき、kT/q=25.852e-3 [V]になります。

>熱エネルギー(k・T)を電子1個の電気量で割った場合、求められた電圧が何を意味するのか、さっぱりわかりません。

kT/qで考えるのでなく、kTとqVで考えて、kTが熱エネルギー[J]、qVが電子の運動エネルギー[J]で、その比を表していると考えたほうが良いと思います。たとえば、真空中の平行平板電極で電子1個を加速するとき、電極間の電圧をV [V]とすれば、電子の運動エネルギーはq...続きを読む


人気Q&Aランキング