プロが教えるわが家の防犯対策術!

現実逃避できる「超おもしろい本」を教えてください。
私は40代の女性です。
現在家族の問題(思春期の子供)で大変ストレスを抱えています。
楽観主義の私ですが、ここ1カ月ほど常に問題が頭から離れず、睡眠不足も重なり、
さすがにこたえて胃痛で食欲もありません。
毎日気を張って頑張ってはいますが、このままだと精神的にまいってしまいそうです。
つかの間の逃避でも、物語の世界で心と頭を解放したほうがいいと思うんです。

ジャンルはファンタジー、推理小説、サスペンス、なんでもかまいません。
ついつい没頭してしまうような面白い本、
日々の悩みなんて小さく思えるほど魅力的な本など
皆さまのおススメの本をご紹介していただけないでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

教えて!goo グレード

A 回答 (10件)

 No.3様が有川浩さんの「キケン」を推してらっしゃいましたが、私もこの本、


凄く楽しく読みました。私もオススメします!

 同じく有川浩さんで
「三匹のおっさん」
 昔「三匹の悪ガキ」だった3人組のおじさんたちが定年を迎える年齢になって
華麗な?「三匹のおっさん」へと変貌していきます。
 
 文体も軽くて読みやすく、でもなんとなく「ああ~いいなあ」と思わせてくれる作品でした。
 実は私もストレスたまりまくり状態で読んだのですが、没頭できていい気分転換になりましたよ(*^_^*)

 もう一冊こちらは映画化されるので最近話題ですが、
「阪急電車」
 兵庫県のローカル線上で起きるさまざまな出来事が絡み合って、読後感も良かったです。

 思春期のお子さんがいると悩みが多いですが(私も同じ立場なので…)、お互いに適度に気分転換して
頑張りましょうね!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ストレスがたまっていたときに読まれて没頭できた、というのを拝見して、ぜひ有川浩さんの本を読んでみたくなりました。
「阪急電車」は書店で見た記憶があります。
読後感が良いのは今の私にとって本当に大事です。ぜひ購入してみますね。
ありがとうございました。
励ましのお言葉もありがとうございました。
自分がつぶれてしまってはいけませんものね。なんとかなる!となるべく楽しく行きます。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/09/17 10:44

〇神の小屋


ウィリアム・ポール・ヤング
〇ミスター・ピップ
ロイド・ジョーンズ
〇聖者は口を閉ざす
リチャード・プライス

どれも感動的な小説です。
一度、読んでみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今はなかなか翻訳ものを読むのはむずかしい気がしますが、検索してみるとどれも面白そうですね。
また機会を得て、ぜひ読んでみたいとおもいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/19 05:52

毎日大変なのですね。

子育てお疲れ様です。
小さいときより思春期のほうが、自分の思いが伝わらず大変なんですね。

さて、こんなときは、重くなく、理屈っぽくなく、優しい方がいいでしょうか。

ものすごくお気楽に 荻原浩「ママの狙撃銃」
癒し系で 群ようこ「かもめ食堂」
面白さで 伊坂幸太郎 「フィッシュストーリー」
懐かしいですが 妹尾 河童「少年H」
山にこもって 熊谷達也 「漂泊の牙」
サスペンスなら ダフネ・デュ・モーリア 「レベッカ」

そんな簡単な本…って思われちゃいましたか?あほあほ回答でごめんなさい。

私は疲れたとき、海外作品や重い本は頭にはいらなくって…
のん気なものや瀬戸内寂聴さんにも癒されます。

私は普段こんな感じで読んでいます。参考になれれば嬉しいです。
良かったらお立ち寄りください。

参考URL:http://bookbuubuu.blog92.fc2.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

伊坂さんの本はすこし読んだことがあり、好きな作家さんです。
「フィッシュストーリー」ぜひ読んでみたいと思いました。
「漂白の牙」も現実離れしていいかもしれませんね。
簡単な本、なんてことはないです。
その時の気分で良い本でもその良さがわからないときもありますよね。
その逆も然り。
たくさん紹介していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/19 05:51

以下がオススメです ジャンルはいずれも「自己啓発」になります。


D・カーネギー著で山口博訳「人を動かす」(創元社)
・・・お友達がたくさんできます
ロバート・シュラー著で稲盛和夫監訳「いかにして自分の夢を実現するか」(三笠書房)
・・・夢が実現し、元気になれます
D・J・シュワルツ著桑名一央訳「大きく考えることの魔術」(実務教育出版)
・・・自分の無限の可能性に目覚めます。何より自信がつきますよ。
西田文郎著「No.1理論」(三笠書房)
・・・何でもできるようになりますよ。
マクスウェル・マルツ著で田中孝顕訳「潜在意識が答えを知っている!」
・・・まさしく元気の基。一生の座右の書になりますよ
佐藤伝著「図解 朝日記で夢をかなえるノート」(PHP研究所)
・・・夢がかなわざるを得ない日記のつけ方などが紹介されてます
ジェームス・スキナー著「成功の9ステップ」(幻冬舎)
・・・元気・健康になれます
スティーブン・R・コヴィー著ジェームススキナー・川西茂訳「七つの習慣」(キングベアー出版)
・・・自分の価値観を明るいものにかえられます
アンソニー・ロビンズ著本田健訳「一瞬で自分を変える方法」(三笠書房)
・・・元気出ます
ナポレオン・ヒル著で田中孝顕訳「思考は現実化する」(きこ書房)
・・・まさしく願望が現実化します
安藤一男著「無意識の魔力」(三笠書房)
・・・無意識の無限の可能性に目覚めます
野口嘉則著「3つの真実」(ビジネス社)
・・・人生明るくなります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんご紹介していただき、ありがとうございます。
自己啓発本は、今の私にはちょっとしんどいかもしれませんが、次の段階にステップする時ぜひ一つずつ参考にさせていただきたいと思います。
ほんの一言に出会うだけで、心持がすっかり変わることもありますものね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/17 10:48

no4です。



そうですね、結末は・・救いがないと言えばないですね。
やめたほうがいいかも・・勧めておいて、すみません。
替わりと言っては何ですが、
益田ミリさんの本はご存じでしょうが?
エッセイに4コマがついていて、
軽く読めて楽しめます。
抱腹絶倒とまではいきませんが、
ほんわか、クスクス笑えるっていう表現がピッタリの作品です。
「お母さんという女」
「大阪人の胸のうち」
「女湯のできごと」(以上知恵の森文庫)
「最初の、ひとくち」(幻冬舎文庫)
など。
作者は40歳なので、丁度年齢も合うし、
楽しめるのではないでしょうか?
あと漫画なんですが
「チャンネルはそのまま!」既刊2巻以下続刊(佐々木倫子)
テレビ局に「バカ枠(?)」で採用された女子アナのありえない活躍を描く漫画です。
漫画なんかは読みませんか?
めちゃめちゃ笑えてお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「救いがない」のは今は止めておいた方がいいですね。
でも、またの機会に読ませていただきますね、ありがとうございます。

漫画も好きですよ。ほんわか・・・は今の私には物足りないかもしれませんので、夢中になれる方がいいですね。佐々木倫子さんといえば「動物のお医者さん」ですよね?
大好きでした。「チャンネル・・」もとても面白そうですね。
ぜひ購入してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/17 10:38

「バカドリル」


読みものと言うよりは、見るもので‥昔、お腹がよじれる程笑い、鼻血を出した事が思い出されます;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

検索してみました。
私は知りませんでしたが、けっこう古くからあるものなんですね。
ウェブで少し見ましたが、疲れた頭に緩やかに効き目あります。
まだ苦笑いにしかならないんですが・・・
家族みんなの癒しになってくれることを願って、ぜひ何冊か買って、家に置いてみようとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/16 10:23

「身の上話」佐藤正午



同僚に頼まれて宝くじを買った女性が
そのくじを持ったまま恋人を追って飛行機に乗って上京。
宝くじが高額当選した事を知り、運命が大きく変っていく・・っていう内容です。
内容的に暗い感じなので、悩みがある人が読むのはどうかなとも思うのですが
「まぁ普通にはありえない」っていう筋立てですし、
私は2日ほどで一気に読み終わりました。
良かった参考にしてください。

この回答への補足

普通にはありえない、というお話、おもしろそうですね。
ただ、「暗い」というのはハッピーエンドではない、ということでしょうか?
内容が暗いのは、私もいま暗いので、逆に疲れなくて良いと思うんですが、結末が救いようがないと更に気持ちが落ち込みそうで怖いんですが・・・・
お返事いただけると幸いです。

補足日時:2010/09/16 10:13
    • good
    • 0

「超面白い」=「笑える話」という解釈で良いのでしょうか?それなら幾つかご紹介できると思います。



・「キケン」有川浩
帯にあるアオリ曰く「無意味上等!おバカですが何か?」。工大のとある部活、その名物部長に振り回される部員たちの、とにかく「くだらねー!」と腹を抱えて笑える日常の物語です。

・「バカとテストと召喚獣」井上堅二
ラノベです。試験の成績によって強さの決まる召喚獣(アバターのようなもの)を呼び出し、クラス単位で戦うというシステムを導入している学校に通う高校生の話です。登場人物が皆バカばっかです。例をあげると、
問1.「Bread is made from ――――」 空欄に当て嵌まる英単語を記入しなさい
吉井明久の答え.「happy white powder」
教師のコメント.「幸せの白い粉。ダメ、絶対。」
バカばっかで楽しいです。

・「百器徒然袋」京極夏彦
ミステリですが、推理小説ではありません。いうなれば「探偵小説」。名探偵・榎木津礼二郎は推理はしません。ただ解決ありきです。いや、粉砕、というのが一番あっているかもしれません。とにかく傍若無人な榎さんとその一味が事件を解決するさまは痛快です。

・「薬師寺涼子の怪奇事件簿」田中芳樹
榎さんの女性版。才色兼備、文武両道のキャリア警視、通称「ドラよけお涼」の華麗な活躍、…と、それにほうほうのていで付き合う泉田警部補の話です。泉田さんに「ごくろうさん」と言いながら肩を叩いてやりたくなること請け合いです。

他にももう少しありますがとりあえずオススメなのを。長文失礼いたしましたm(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い本=「笑える話」かどうかは自分ではよくわかりません。
最近かなりネガティヴですので、普通の人が抱腹絶倒の本でも笑えないかも・・・
でも上二つ、ちょっと元気が出てきたら読んでみたいと思いました。

京極夏彦は、昔長編をいくつか読んで最近はご無沙汰でした。でもこの作品や次の「薬師寺・・・」は気楽に読めそうですね。その上痛快、というのでぜひ買ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/16 10:09

銀河英雄伝説


共和国軍の良心、ヤン・ウェンリー vs 帝国の若き貴公子、ラインハルトの対決。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どこかで挿絵はみた記憶があります。
こういう壮大な物語に入って行くのも良いかもしれませんね。
まずは第1話を買ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/15 23:48

女性向けの本かどうか自信はありませんが、


ニコルソン・ベイカー著「フェルマータ」は、現実逃避できると思います。

http://pliocene.seesaa.net/article/5142518.html

参考URL:http://pliocene.seesaa.net/article/5142518.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URL 見てみました。
なかなか興味深い本ですね。でも今の私には入り込みにくいかも…
夫のためにでも覚えておきますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/15 23:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング