見守り電球またはGPS端末が特価中!

親族への「開店祝い」は経費にならないのでしょうか?

両親が経営する店舗が移転したため、
私が開店祝いとして事業用備品を贈りました。


【補足】

◎私=個人事業主  両親=個人事業主

◎取り扱い商材に一部かぶるものがあり、取引もあります。

◎私と両親は同居しているものの、
 別事業なので、当然、別々に確定申告をしています。

◎税務署の人からは、
 「贈与になるので、経費では落とせない… と思います…」
 と、あやふやな感じで言われています。


「両親(親族)」というのが引っ掛かっているのだと思いますが、
毎日のように取引もありますし、それもお互い帳簿につけ、
確定申告も行っております。
他の取引業者となんら変わりません。

当然、他の取引業者に開店祝いを贈れば、
それは経費と認められますよね?

親族への「開店祝い」は経費にならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。



・一部繰り返しになりますが、絶対的な判断基準はないといえます。
・「事実認定」によってくるので、何を根拠(証拠)として考えるかで、ずいぶん答えが変わってきます。
・裁判などでも、一つの事件に対して、検察、裁判官、裁判員、控訴、上告、色々な答えが出ますよね。


・ご両親とお取引関係にあったとして、
 (1)いくら位の物を贈ったのか
 (2)毎日の取引がいくら位なのか
 (3)その取引先(ご両親)から得られる経常的なメリットと贈答の費用のバランス
 (4)同程度の取引のある取引先との交際の状況
等の状況を勘案して「親だから特別」というわけではない。ということでしたら、
経費にならないとは言い切れません。

・ただ、所得税法では、原則として「同居の家族は生計を一にする」と判断されることが多いので、調査の事実認定が、そこまで立ち入ると、通常の取引もなかったものとされる場合があります。
  *この点については、「弁護士」である夫が、全く別に事務所を構える「税理士」である妻に
   支払った税理士報酬が、所得税法56条関係で否認された事案があります。

・税務調査の結果としては、担当者から最終的な指摘があるでしょうから、その指摘が全部出てから、納得する部分については修正するので、他の部分は「更正」してくださいと言ってみましょう。
・「経費にならない理由について、良く勉強したいので、詳しい理由附記をお願いします」と添えてみましょう。

・最終的に、更正が行われないケースも結構あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお教えいただきありがとうございました。

なにかモヤ~っとしたものは残っていますが、
モヤ~っとしたままでもいいかと思うようになりました。(^^;

理由は、No2の方のご意見を見るに、
私の考えは一般的ではないのだということが分かったからです。

私は小さい頃から両親やその取引先、関係会社の仕事を見てきて、
”それ”が当たり前と思っていたのですが、”それ”は「昔のナ~ナ~な部分」
だったのかもしれません。

それに、正直、そんな高額なものではありませんし・・・


tamiemon96さんにお教えいただいた

> ・税務調査の結果としては、担当者から最終的な指摘があるでしょうから、その指摘が全部出てから、納得する部分については修正するので、他の部分は「更正」してくださいと言ってみましょう。
> ・「経費にならない理由について、良く勉強したいので、詳しい理由附記をお願いします」と添えてみましょう。

は、主張してみます。


みなさん懇切丁寧にご回答いただき、
本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/09/17 22:14

経費になるかならないかは、本当に事業に必要なものかどうかです。



>私が開店祝いとして事業用備品を贈りました…

その店が親でなく赤の他人だったらどうしますか。
今後の取引を優位に進めるため何か祝いを送るとしても、花輪とか生花などではないですか。
あるいは最大限 1万円までの金一封かも知れません。

事業用備品なんてものは事業主が自分で調達するものであり、冠婚葬祭の一環として他人から受け取るものでは通常ありません。

>他の取引業者となんら変わりません…

ちょっと説得力に欠けます。
経費と強弁するのは難しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


> 事業用備品なんてものは事業主が自分で調達するものであり、冠婚葬祭の一環として他人から受け取るものでは通常ありません。

一般的にはそうなんですね。
こういうご回答をいただけると、
私の回りが一般的ではなかったんだなと思えます。
私や両親の事業というのは、料亭やレストラン、居酒屋等を相手にしており、
毎日たくさんの量を使っていただけるような取引先が新装開店される際には、
相当額の備品(看板や店内の装飾品等)を贈ることもあります。
※当然、取引金額・頻度によっては、花輪だけになることもあります。


なにもやましいことはしていないと、今でも胸をはって言えますし、
これからも上得意先で新規開店・改装等があった場合は、
同じようにすると思います。


しかし、第三者からすれば、
「親族」というのがやはり引っ掛かって見えるのでしょうね。


「疑わしきは罰する」、「税務署は絶対」、
そう思って諦めます。

お礼日時:2010/09/17 21:47

・「取引先であり、社会通念の範囲で妥当な程度」ということであれば、経費に計上してはいかがですか。



・どのような支出もそうですが「税務調査で否認される可能性はある」訳ですから、指摘を受けたら是正すると割り切って対応するのも、ひとつの方法だと思います。

・調査において「是否認に事実認定」が係わる以上、事前に100点満点の申告をするというのは、事実上不可能です。

・なお、帳簿に「親族に」という点を強調したら、「否認してください」と言っている様なものになりますので、参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

実は、移転&開店祝いを贈ったのは2年前で、
先日、税務調査があった際に指摘された点なのです。
(今現在も税務調査中)


「だったら答えはでてるじゃないか」

ってことになるのですが、先に記したとおり、
調査に来た税務署員が、
「贈与になるので、経費では落とせない… と思います…」
というような、あやふやな感じなのです。
それにも関わらず、なにかと高圧的で、
そのまま押し通されそうな雰囲気。

クチごたえでもしようもんなら、
痛くもない腹を探られそうで、怖くもあります。


なので、確たる理由といいましょうか、
「○○○だから認められます」とか、
「△△だから認められない」とか、
納得できるような回答を期待して、質問を投稿いたしました。

あやふやな感じのまま、
言われるがまま追徴課税を支払うのがイヤなのです。


それとも、「税務署は絶対」と割り切るしか無いのでしょうか…

お礼日時:2010/09/17 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業時に身内からもらったお祝金はどんな勘定科目になりますか?

開業時に身内からもらったお祝金はどんな勘定科目になりますか?

学習塾を運営してますが、開業時に身内からお祝金を現金でもらっています。
当然、伝票とか領収書等証明するものはありません。
この場合、どんな勘定科目になるでしょうか?

例えば母からお祝金10万円、兄から3万円受け取った時、具体的に
勘定科目を立てて教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。専門家として補足させていただきます。
失礼ながら、この程度の金額で贈与の対象とはなりません。
数百万円単位であれば、贈与の対象となる可能性か高いです。
御祝儀ですよね?雑収入として事業収益に計上するのが原則です。
御祝儀頂いて領収書を貰う方はいらっしゃいません。無くて当たり前!
だから、封筒を保存しておくんです。
思い出して欲しいです。数年前に某落語家が御祝儀の申告漏れを指摘され、数千万円の追徴をされました。落語家は個人事業主です。金額の多少はあれ、当局は祝儀を事業収益と認定したんです。

Q飲食代の交際費は誰と行ったかってバレるのか?

個人事業主で食事を行った場合に領収書を貰っているのですが
中には、仕事のパートナーであり、彼女でもあるパートナーとの食事の場もあります。
こういう場合の飲食代というのは、交際費として出来るのでしょうか?個人的な費用になるのでしょうか?実際に仕事の話がメインになる食事です。

誰と行ったか?が重要だと思うのですが、そもそも、人数や誰といったか?
というのはバレるのでしょうか??

Aベストアンサー

取引先との食事でしたら、交際費です。
仕事のパートナーとの食事でしたら、交際費です。
彼女なのだが、仕事のパートナーでもある人との食事なら交際費です。
彼女とラブホテルに入った領収書(が仮にあっても)は、交際費ではないです。
その他でしたら、領収書があっても事業経費とはなりません。

人数はレシートに打ってあればわかります。
個人事業主の飲食代の領収書で税務調査で反面調査がされるケースなどほとんどないでしょう。
その領収書一枚を否認してどうなるものではないからです。
ですから「バレない」です。

一枚の領収書が「事業用の支出かどうか」など、本人に確認しなくてはわからないです。
コンビニでタバコを買ったとします。一般には交際費ではないですが、顧客への手土産として買ったなら交際費です。
実地調査にて領収書を目にしてない状態で「この経費はダメだ」などと言われることはありえません。
ですから、誰と誰と行った、という事が説明できて、調査官が信じれば経費になるのです。
「バレル」「バレない」という問題ではないですね。

次のようなケースが考えられます。
8月15日に家族揃って食事に出かけた。レシートにはお子様ランチとビール2本、その他の料理となってる。
これって「お盆に家族で食事に出かけて、オヤジがビールを飲んだ」領収書です。
まさか、取引先とその子供を連れて接待したわけではないでしょう。
このような領収書の存在は「事業経費とならない食事代をすべて経費計上してる」と判断されて、個別判断せずに「交際費として計上されてる全額」を否認される可能性があります。

全額否認されたらたまりませんので、この日とこの日は取引先誰々と行ったので経費ではないかと主張するわけです。
主張の裏付けとして、記録があることが要求されます。
手帳に「何時から、誰と」と記録してあれば、調査官も認めざるをえないでしょう。

記帳や記録は面倒ですがしておくと、税務調査時には「調査官に対しての唯一の武器」になるわけです。






なお、接待交際を受けた相手は経済的利益を得ますが、所得税法上の事業所得にも雑所得にも該当しません。

「特定の取引先と何回も接待をしていれば、原則からいえば、交際費の相手方はその交際費分雑収入となるわけですからその金額が年間20万円以上である場合、相手方に反面調査を行い、真実であればその相手方の所得税申告を行わせるといったことも考えられます。」という記述がありますが、本当なのでしょうか。

雑収入??
所得税法の所得区分には[雑所得]がありますが、[雑収入]はありません。
雑所得となると言いたいのでしょう?
残念ですが、雑所得にもなりません。

20万円という数字が出てきてますが、おそらく所得税法第121条に登場してる20万円を指してるのだと推測します。
そうだとしたら、サラリーマンが接待交際を年間20万円を超えて受けていたら雑所得として確定申告書の提出をしなくてはいけないんでしょうか。
そんなことありませんから。

「原則からすれば」と言われてますが、その原則とは何なのでしょう。わかりませんね。
食事を何回を相手からおごってもらってるのが「贈与」だというなら、贈与税の問題です。
所得税法は無関係ですから、所得税法第121条の20万円も出てくる幕ではありません。
仮に贈与だというなら年間110万円までは基礎控除範囲内なので、贈与税かかりませんから。

接待交際を受けた相手がそれを雑所得と認められて、税務当局から修正申告等を求められるなどないです。
ひどく説得力のある記述ではありますが、間違いだらけです。
後々この質問を参考にされる方のために、間違ってる回答があることを述べておきます。

取引先との食事でしたら、交際費です。
仕事のパートナーとの食事でしたら、交際費です。
彼女なのだが、仕事のパートナーでもある人との食事なら交際費です。
彼女とラブホテルに入った領収書(が仮にあっても)は、交際費ではないです。
その他でしたら、領収書があっても事業経費とはなりません。

人数はレシートに打ってあればわかります。
個人事業主の飲食代の領収書で税務調査で反面調査がされるケースなどほとんどないでしょう。
その領収書一枚を否認してどうなるものではないからです。
ですから「バレ...続きを読む

Q町内会費の勘定科目

町内会費の勘定科目は何が適当でしょうか?
ご教授ください。

Aベストアンサー

事業をやっている関連で町内会に加入している場合は「会費」又は「雑費」で処理し、非課税です。

自営業で、事業に関係なく自宅で加入している場合は、事業の経費にはなりませんから、「事業主貸し」で処理します。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q保守契約の勘定科目

個人事業主です。

仕事で使用しているPCの保守サービス契約が期限切れになりました。
延長する場合、勘定科目は何で切ればいいでしょうか。

検索したところ「消耗品費」「修繕費」「支払保険料」など諸説入り乱れ、どれも「これが正しい!」とばかりの記述だったので、かえってわからなくなりました。

購入時は本体込みで「消耗品費」としていました。

Aベストアンサー

>青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが

損益計算書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/33.pdf

のことであれば、経費の項目に「保守料」と記入すればいいです。

Q確定申告書の「続柄」欄について

 私ghq7xyは来年の春、確定申告(還付)をする予定でいます。
 さて、確定申告書の本人氏名を書く欄の下には、「世帯主の氏名」と「世帯主との続柄」を書く欄がありますね。私の家の世帯主は私の父ですが、父から見て私は長男です。
 そこで、こういう場合、「世帯主との続柄」欄には、私を基準として「父」と書くべきなのか、それとも世帯主である父の立場を基準として見た「長男」と書くべきなのか、どちらでしょうか?
 確定申告はまだ先のことですが、気になりました。国税庁のHPで確定申告書の見本をプリントしてみたので、気になった次第です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「世帯主との続柄」というのは、「世帯主からみたあなたの続柄」なので、
世帯主がお父様であれば、「お父様からみたあなたの続柄」です。
なので、この場合は「子」または「長男」です。

世帯主があなたであれば「本人」です。

#1の方と回答がことなりましたが、下記のHPを参考にしてみてください。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/zokugara2.html

Q書籍は経費で落とせますか?

結構、本が好きで、これから個人事業主になるので、経費で落とせるものは
落としたいな~、と考えています。

落とせる本と落とせない本があると思うのですが、事業主になるための経理の本とか手続きマニュアルとかは経費(開業費とか)で落とせるのでしょうか?
落とせるとすれば何勘定になるのですか?

どういった本が経費で落とせるか教えてください。

Aベストアンサー

 事業に特徴的な出費であれば研究開発費の科目を作ってそれにあててもよいと思います。消耗品ですとあまりに漠然としていますので。

 ただし、あまりに売上げに比してその額が大きいと、調査時に同業他社の経費率で推計されることもありますので、ご注意を。といっても客観的にその出費が事業に必要なものであることを証明できるなら、自信を持って申告しましょう。

>どういった本が経費で落とせるか教えてください。
 病院や美容院など客商売で待合室があり、そこに置いてある雑誌などが経費になることがあります。その時は自分や家族が読んでから待合室に置くときは、生活費按分が発生しますが、全く自分や家族が読まないときは、全額経費となります。額が大きいとまず誰が読む(消費する)のかということが、税務調査のときに争点となることがあります。(昔本当にあった話です。)

 ソフトウェア開発などで、高い公式マニュアルを買うときは研究開発費で構わないと思います。ただしソフトに付属している分厚いマニュアルの類はあくまでソフトの一部として考えます。ですから減価償却の対象になることもあります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28867
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=200133

 また、購入した本をそのまま取引先にプレゼントすれば交際費に、従業員に与えれば研究開発費あるいは、それが娯楽関係の本なら福利厚生費になる場合も考えられます。

 金額が大きいなら、その実際の用途に応じていろいろな経費の科目にばらしておけば目立たなくなるという効果はあるかもしれません。

 細かく言うと、事業の目的と購入した書籍の内容の関連に妥当性があるか、実際に売上げに貢献しているか、その書籍の消費の実態はどうなっているのか(個人的興味の対象として消費される部分を客観的にどのように評価し按分するか)が大きなポイントになります。また、生活費按分は必ずしも事業用面積とそれ以外の生活にかかる面積との按分になるとは限りません。実質課税主義により実態を反映することができる按分比率が優先します。

 もし将来税務調査を受ける機会があればそのようなことを念頭に置いておかれたら良いと思います。ちなみに最近の実調率は3%弱と聞いています。 

 事業に特徴的な出費であれば研究開発費の科目を作ってそれにあててもよいと思います。消耗品ですとあまりに漠然としていますので。

 ただし、あまりに売上げに比してその額が大きいと、調査時に同業他社の経費率で推計されることもありますので、ご注意を。といっても客観的にその出費が事業に必要なものであることを証明できるなら、自信を持って申告しましょう。

>どういった本が経費で落とせるか教えてください。
 病院や美容院など客商売で待合室があり、そこに置いてある雑誌などが経費になるこ...続きを読む


人気Q&Aランキング