家で観たい!『平成』にアカデミー賞を受賞した映画30本!人気TOP5は?

LED電球は調光できない理由は?
最近のLED電球は調光機能対応が多くなりましたが、最初の頃のLED電球は「調光機能のついた照明器具では使用しないでください」と書かれていました。
これはなぜなんでしょうか?
LEDは直流で点灯するものだから、内部に整流回路を持っているはずですね。
通常の調光機能が付いた照明器具とは、100V交流のゼロクロスから時間差を付けてトライアックをONさせる位相制御がほとんどでしょうが、位相制御された交流を整流しても直流が取り出せるわけで、LEDを接続してはいけない理由とは思えません。(調光できるか否かは別として、悪影響があるとは思えないという意味)
あるいはPWMでどこかの時間幅を調整して調光している器具であっても、その時間幅を調整しているのが直流でも、交流でも、再度それを整流してしまえば直流になってしまうのだから、これもLEDを接続してはいけない理由とは思えません。
接続してはいけないのは「正常に調光できないから」か、それとももっと「寿命とか何か致命的なトラブルになるから」か、も含めて原理的にご存知の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ANo.2 です。


>更に具体的なご説明をいただける方からの回答をよろしくお願いします。

1.>一般論としては考えられる内容ですが、実際にそうなんでしょうか。
 一度電球型蛍光灯やLED電球を分解して見られたら如何ですか?
 ソケット部分に5・6点の部品で構成されたICとコイルにコンデンサがあり、電圧・電流制御回路が組み込まれています。
(LED電球はまだ高価なので、故障品を分解されると様子が分かりますよ!)

2.>具体的な点灯方法が分からない・・・・・、直ちに納得もしにくい内容です。
 LEDの点灯方法は直流電圧を抵抗で電流制限して点灯させるのが基本です。
以下のサイトが「初歩の電子工作・・・」で基本的な説明が分かりやすいでしよう。
◆ LED実験室
http://www.audio-q.com/kousaku.htm

3.>・・・、直ちに納得もしにくい内容です。
 上記のサイトで説明している、「帰還型定電流」の回路相当部分が組み込まれているのです。
【電圧変動に対して】
●帰還型定電流・・・電源電圧の変動を受けにくい(定電流回路の特徴)
【パルス駆動に対して】
●帰還型定電流・・・不可(低速は可)
*実際にはAC100Vを直流への整流と、降圧形DC/DCコンバータの出力に定電流回路がICの中に組み込まれています。
定電流回路は入力電圧変動しても一定の電流を流す様に動作するので調光されないし、コンバータに過負荷が掛かります。
 この定電流回路の電流値を外部から可変すると調光できるのですが、電球のソケット互換性の関係からインバータ式蛍光灯の様なリモコン調光は不可能ですが、ソケットを止めれば調光は可能です。
最近の制御ICには、入力電圧波形やAC減電圧時にこの定電流動作を制限する動作をする様に設計されており、外部調光機能で簡単には壊れないし、ほとんどの外部調光器にも連動します。
下記のICは調光対応のIC例です。
業界初のトライアック(位相)調光対応LEDドライバ
http://www.national.com/JPN/news/item/0,4140,741 …

4.>何故初期のLED電球は「調光機能のついた照明器具では使用しないでください」と書かれていた。
 上記の最新のICの様な保護機能が付いた部品が存在しなかったのです。

今使っておられるPCにもスイッチング式電源の降圧形DC/DCコンバータが使用されていますが、少し前の電源や安物電源は外部調光器で電圧を減電圧すると動作が不安定になるか、最悪内部部品が焼損します。
最近のPC電源や高級電源は保護回路が充実しており、出力電圧を停止する様に設計されていて簡単には壊れないように作られています。
(不要になったPCで実験して発煙・発火しても当方は責任を持ちませんので、自己責任でお願いします。)
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

KEN_2さん具体的なご説明ありがとうございました。
最初に86tarouさんがナショナルセミコンダクターのURLを書いて下さった時も、私は解決策を求めているのではない。原因を知りたいのだ。との思いから内容をじっくりとは見ておりませんでした。
86tarouさん大変失礼いたしました。
今回、LM3445のデータシートをゆっくりと見させてもらって、やっと何を解決しようとしたのかが理解できました。
>一度電球型蛍光灯やLED電球を分解して見られたら如何ですか?
実物を見れば、悩むことも無かったのですがまだ高価で、とても壊して見る勇気はありませんし、長寿命で壊れてくれないものですから、皆さんのお世話になりました。
ありがとうございました

お礼日時:2010/10/02 14:12

基本的には営業上の問題でしょう。


通常は、調光していても、少なくとも壊れることは無いと思いますが、保証はできません。市場に出回っている調光器すべてに動作確認もできません。それに、使っても良いと書けば、一般ユーザは調光できることを期待してしまいます。
そんなリスクを背負い込むぐらいなら、「使えません」というのが一番簡単です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レスポンスありがとうございます。

当時はこんな考えだった。だが、今では調光機能がないと売れないので考えを変えて市場に出回っている調光器すべてを動作確認する気になったという時代の変化ですかね。

技術的ご説明がないので反論も納得もできない状況です。
どなたか、具体的な点灯方法から調光器具との相性が悪い理由を技術的にご説明をお願いします。

お礼日時:2010/09/30 20:40

簡潔に解答します。



現在の通常電球に使われている調光器の原理は可変抵抗を持ちいてることだと考えられます。つまり100VAC電圧、電流をその可変抵抗によって変化させることにより光を調整しているのです。

この調光器をLED電球に使うと、最大の明るさのときは十分な電流が供給されるのでLED電球側の回路がきちんと動作してLEDが光源として光を果たすでしょうが、だんだん調光器を”暗く”の方へ持っていってもLED電球に変化はないと考えられます。ところが、あるポイントを超えると、AC電源から供給される電流が不十分となりLED電球内の回路が作動しなくなると考えられます。そのときは。光らないという現象になることが予想され、本来の調光器の機能を発揮できないため、”使用しないでください”という説明がついているのだと考えます。

お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

レスポンスありがとうございます。
「調光器具に用いても意図した調光効果がないので使わないでください」とのご意見ですね。

そうかも分かりませんが、なぜ調光効果が無いかのご説明が漠然としていて反論も納得もできない状況です。
どなたか、具体的なご説明をよろしくお願いします。

お礼日時:2010/09/30 20:34

当然、それなりの回路設計をすれば問題なく動作する回路も可能でしょう。


たとえばトライアック制御後のピーク電圧(や平均電圧)が10ボルト程度でも動作可能な電源を作って、内部回路は10ボルトを前提に構成し、一方平均電圧をLEDの明るさ制御に使えば、トライアック調光器通過後の電源でも成り立つ商品は作れるでしょう。

#他にも制御方法はあるでしょうが。

ただ、当初はメーカーが回路構成を複雑にしてコストアップしてまで調光器対応するメリットを感じなかったのでしょう。が、最近では白熱電球の製造中止などで調光器対応のLED電球の要求がある(シャンデリアとか)ので対応する製品もラインナップしてるということでしょう。

#回路設計者は要求があればそのくらいの回路は作ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんだか設計者を立腹させる内容と解釈されたようで、お詫びします。
そのような気持ちは全くなくて、単純に理解できない未知の現象を知りたい知的好奇心だけです。
設計者の方がそのような仕様で作れば作れると私も思います。

では、なぜそうしないで非対応なのか。その理由はコストだったり営業上の理由だったりするかも分かりませんが、その理由にも興味はありません。
私が教えを請っているのは、「こんな点灯方法をしているので、調光器具ではこのような問題が起きる」という技術的な内容です。
ご存知の方、よろしくお願いします。

お礼日時:2010/09/30 20:23

LED電球はAC100V±10Vの50/60Hzの範囲で一定の輝度(照度)となる様に設計されているからです。


>接続してはいけないのは「正常に調光できないから」か、それとももっと「寿命とか何か致命的なトラブルになるから」か・・・
・・・の両方の問題が発生します。
過度に調光した流通角の電圧波形が印加されると、内部の保護回路が働いたり最悪は加熱で内部部品が焼損します。

質問者さまもご存知の通り、LED電球には整流・降圧回路が組み込まれていて、AC/DCコンバータの動作でLED電流を一定電流に保つ動作をしていますが、入力電圧波形の流通角が少なくなると、流通時の電圧波形が印加されている時間幅の時に不足分の電流を補う様に電流が流れるので、通常より過大電流の流れる様になり内部部品が焼損する場合があります。

*同様の理由でインバータ式蛍光灯もAC電源側で調光はできません。内部のAC/DCコンバータの動作で電流調整すれば問題はありませんが・・・・
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のレスポンスありがとうございます。
>入力電圧波形の流通角が少なくなると、流通時の電圧波形が印加されている時間幅の時に不足分の電流を補う様に電流が流れるので、通常より過大電流の流れる様になり内部部品が焼損する場合があります。
一般論としては考えられる内容ですが、実際にそうなんでしょうか。
具体的な点灯方法が分からないので反論もありませんが、直ちに納得もしにくい内容です。
更に具体的なご説明をいただける方からの回答をよろしくお願いします。

お礼日時:2010/09/30 20:10

電球ならフィラメントが入ってるだけですが、LEDの場合は点灯させるための回路が入っています(LEDと抵抗だけではありません)。

電源にトライアック等を使った位相制御タイプの調光器が付いていると、これが上手く働かないので駄目なのです。

ちなみに、↓のようなICもあるので、これを使って点灯回路を組めば既存の調光器でも使用可能になります。
http://www.national.com/JPN/news/item/0,4140,741 …
http://www.national.com/pf/LM/LM3445.html#Overview
http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM3445.pdf
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のレスポンスありがとうございます。
>電球ならフィラメントが入ってるだけですが、LEDの場合は点灯させるための回路が入っています
質問に書いたようにLEDは直流点灯だから整流回路や、降圧回路が入っていると考えられます。
それがどのように、なぜうまく働かないのか、についてお伺いしています。
ご存知の方、よろしくお願いします。

お礼日時:2010/09/29 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q調光器対応LED電球のちらつきについて

既存の白熱灯ダウンライトの球を調光LED電球に取り替えました。
調光器もそのまま使用可能と書いてあったので以前のままです。
今回、2箇所の部屋それぞれ400Wの調光器を使用していますが、
一つの部屋は1台、 もう一つの部屋は5台ダウンライトがあり 全部球を替えました。
 調光器を90パーセント以上絞るとちらつく場合があると説明されてるので、70パーセント位絞って使用しています。スイッチを入れてから数分経ったらチカチカしだします。
5台の部屋も若干しますがそれほど気になりません。
1台の部屋はかなりちらつきます。
それで、LED専用調光器にしたら治まるのでしょうか?
専用調光器と言うのは何が違うのですか?
他、何か原因が考えれましたら教えてください。
因みに球は、LDA5L-H-E17/D です。 

Aベストアンサー

 LEDや電球形蛍光灯の調光機能対応モデルは位相制御方式の調光器にのみ対応しており、同方式の調光器を使用してでもなおちらつきが発生する場合には、それはもう相性としかいいようがないようです。私も以前に調光機能がうまく動作しなかったのでメーカーに問い合わせたことがあったのですが、そういう場合にはスイッチ自体をメーカーが動作確認している機種に交換しないと無理だそうです。

 http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haisen/switch_concent/switch/switch08.html

 上記公式サイト右上の動画を見ると、ちゃんと対応しているスイッチの場合にはきれいに真っ暗から全点灯までスムーズにしているようですので、買い換えるなら大丈夫なのでしょう。ただ、私の場合は電気店にいくらかかるか聞いてみたら、出張費・工賃込みで2~3万といわれました。さすがに高すぎ、さほど調光にこだわっているわけではなかったこともあってあきらめました。

Qワットをルーメンに換算すると?

お願いします。

ワットをルーメンに換算?すると何ルーメン必要なのか教えてください。

40Wだと、何ルーメン必要なのか?60Wだと?80W、100Wだと?

詳しい換算表などのサイトを探したのですが、見つかりませんでした。

お詳しい方、教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

20W-170lm 30W-325lm 40W-485lm 60W-810lm 100W-1520lm 日本電球工業会の資料より。数値はE26口金一般電球の場合。
ずいぶん前の新聞の記事にありました。
お役に立つかどうか。

日本電球工業会のHPに同様な記載があります。
http://www.jelma.or.jp/05tisiki/pdf/shoumeiYougo_tan-i.pdf

QLEDシーリングライトを調光した時の電力消費量

お世話になっております。
我が家でもようやく白熱灯や蛍光灯の照明をLEDシーリングライトに変えました。照明器具は調光機能が付いているので、必要ない時には、照明を絞って使用していますが、この場合、電力消費量は通常使用時より低くなると考えて良いものでしょうか?
詳しい方からご回答いただきたくお願い致します。

Aベストアンサー

LED照明は全て、明るさすなわち光束と消費電力はほぼ比例します。電源回路で消費電力の10%程度を消費するので、その分は調光しても減らないので、ほぼ比例すると言いました。

また、調光して暗くすると、温度が下がると明るくなる傾向(発光効率が良くなる)もLEDにはあるので、電気も減ってさらに明るくする効果もあります。

温度が下がれば、蛍光体などLEDの寿命も長くなります。

いいことだらけですので、こまめに調光して、できるだけ暗くして使うことをお勧めします。

その他、下記のURLに詳しくLED照明の特長と注意点が出ています。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/lovejazz4/lig/light.html

Q電球型蛍光灯を調光機能付器具で使用してはいけない理由は?

60Wの電球の替わりに、電球型をした12Wくらいの
蛍光灯のようなものを使える場合があります。
ただし、この蛍光灯のようなものの注意書きには、
「調光機能付器具では使用しないで下さい」と
書いてあることがあります。これは、なぜですか?

Aベストアンサー

電球型蛍光灯は入力電圧100Vで設計されています。
調光機能付き器具はトライアックで交流をチョッピングして見かけ上電圧を変える事で白熱電球等の明るさを調整します。
ここに電球型蛍光灯を着けると、入力電圧が100Vでないので正常動作は出来なくなります。
家の電球はトイレも含め皆電球型蛍光灯です。
メーカーによって明るくなる時間が違います。
NEC遅い、東芝、松下速い

Q調光スイッチ(ムードスイッチ)の配線の仕方がわかりません

商品松下電工のWN576149
ムードスイッチB片切

壁からスイッチの配線が出ているのですが(スイッチ入り切りのみの配線)いざ、部品をみて、???となりました。普通のスイッチたばかり思い込んでいたのですがわからなくなってしまいました。

現状としては

取り付けパネルの上部が調光スイッチBで下部に片切Bスイッチが付いています。

調光側に2つ、片切に4つの穴がありています

穴の位置は


調光    A B
-----------
片切  C   E
     D   F


となっています。


なお、調光回路図は

◎ーーー●/ 。ーー◎

わかりづらいかもしれません


このばあい、どう配線すればよろしいでしょうか?


おしえてください

Aベストアンサー

WN576149はムードスイッチに片切回路がついているので、調光側だけで成り立つように思いますが。。。

もし、下に別の片切スイッチがあるとすれば、それは別の用途に使用するもののように思います。

まあ、いずれにしても無免許では工事できません。電気屋さんに頼みましょう。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

QHfとは何ですか?(蛍光灯の種別)

従来設置されている蛍光灯を、「Hf」に交換する作業が進められていますが、「Hf」とは何ですか?(蛍光灯の種別)簡単にわかりやすく教えて頂けたらありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「高周波点灯方式」の事。俗に言う「インバータ式」

点灯時に「安定器」「点灯管」が不要で、古い建物の蛍光灯の安定器には「PCBなどの有害物質」が使われている。

安定器が老朽化すると破裂する場合もあり、その場合は「頭上からPCBが降り注ぐ」と言う恐ろしい事態になる。

その為、学校や役所など各公共施設で安定器が要らない蛍光灯への交換作業が進められている。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む

QLEDの明るさをボリュームつまみで調整したい

乗用車の室内ピラー部に間接照明をLEDで付けたいと思っています。
明るさも調節できるようにしたいのですがどの様な配線をすればいいのでしょうか。
明るさ0~MAX(20mA)が希望です。
下記のボリュームつまみで明るさは調整できますか?
当方手持ちで10kΩのつまみを持っています。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f45292860
車は14、4V LEDは定格20mAです。

どういう配線すれば良いか教えて下さい。

Aベストアンサー

抵抗はLEDの種類により変わってきます。720Ωという根拠がわかりません。
LEDを買えば仕様書がついてきます(単品で買うと付いてこないかも)のでそれにどれだけの抵抗を使えばよいか書いてあります。
計算式は
(電源電圧ー順方向電圧)/順方向電流=抵抗値
です。
例:順方向電圧3V(白、青LEDはこのくらい)、20mA時
(12V-3V)/0.02A=450Ω
普通、1.8kの抵抗を4本並列につないで使用します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング