西暦400年代半ばから500年代半ば(5~6世紀頃)、イギリスに
実在したというアーサー王。彼の宗教(当時のイギリスの宗教)って、
何だったのでしょうか?
某ファンタジー小説に「ドルイドの教えにのっとって王位に就いた
アーサーが、キリスト教に傾倒していくことは、湖の姫にとっては
裏切り以外のなにものでもなかった…」みたいなことが書いてあった
のですが…。
アーサーの命を執拗につけねらう魔女として描かれている割に、
モルガーナは彼の死に際して駆けつけてきて嘆いていますし(一説によると
彼女は元々はキリスト教伝来以前の原始宗教の女神で、キリスト教布教の際
国民的英雄であったアーサーをキリスト教徒とした話が用いられたため、
対立項として魔女ということにされてしまっただけなのだとも…)。
当時のイギリスの宗教状態、またキリスト教がイギリスに伝来し根付いた
歴史など、大まかでいいのでわかりやすくお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

宗教の変遷をまとめると、



   時代       宗教       民族
           ドルイド教    イベリア人
BC6~4世紀以降  ?        ケルト人    
1世紀以降      キリスト教    ケルト人  
5世紀半ば以降    ?        アングロ・サクソン人
7世紀以降      キリスト教    アングロ・サクソン人

ということになりそうです。
    • good
    • 0

>アーサー王(とその宮廷)はキリスト教を信仰し、なおかつこれの布教をかねて諸国を征服していた



アンドレア・ホプキンズの「図説アーサー王物語」によると「ウェールズ年代記」の記述のなかに

「第72年(西暦517年?)バドンの戦い.アーサーはわれらが主イエス・キリストの十字架を肩につけて三日三晩戦い,ブリテン軍が勝利を収めた.」

とあるそうなので可能性はあると思います.
    • good
    • 0

書き忘れました。


アングロ・サクソン人の侵攻は、ゲルマン人の大移動の一環で、
5世紀半ば以降のことです。

当時のアングロ・サクソン人の宗教については残念ながら知りません。
ドルイド教は、ケルト人の前に英国に住みついた民族の宗教ですし。
これについては詳しい方の回答を期待します。
    • good
    • 0

英国がキリスト教化したのは、7世紀ですが、キリスト教そのものは


1世紀からローマ軍によっもたらされていました。
AD3世紀ごろにはブリテン島のケルト人の間にかなり広くキリスト教が伝わり、
その教会もところどころに建てられていたが、
アングロ・サクソン人の侵攻による破壊と殺戮により消滅したとされています。
後にローマからオーガスチンが派遣され、アングロ・サクソン人もキリスト教へ改宗しました。
さて、〈実在したかどうかはともかく)アーサー王はケルトの王ですから、
非キリスト教徒のアングロ・サクソン人と対立していたという構図ができますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
つまり、キリスト教がイギリスにおいて公的なもの(=国教?)となったのは7世紀からと考えてよろしいのでしょうか。
マロリーの『アーサー王の死』にあるように、アーサー王(とその宮廷)はキリスト教を信仰し、なおかつこれの布教をかねて諸国を征服していたという可能性もあるわけですね。

お礼日時:2001/04/12 10:44

ええと,まず,アーサー王の実在は確認されていません.


「ウェールズ年代記」(作者不詳)に2度言及がありますが,年代記述がきわめて不正確なので信頼性にかけます.
他にもいくつかの文献にそれらしき人物の記述がありますが,断片的で特定ができません.
アーサー王伝説というのは,ローマ帝国の支配がゆるみ多くの部族に分裂しつつあった国を統合していった国王がアーサー王である,というあくまで伝説です.
現在伝えられている「アーサー王物語」は,11~12世紀に「騎士物語」としてフランスなどで作られたものが中心です.騎士物語は題材によって大きく3つに分けられます.フランス物,ローマ物,イギリス物で,イギリス物の中でもアーサー王とその周りの騎士たちの物語が一番人気でした.
騎士物語はベースにケルト神話が多く取り入れられ,また成立年代の12世紀は熱狂的な十字軍の時代ですので,題材として原始宗教とキリスト教の対立のモチーフ,聖杯探求の物語などが取り入れられました.
史実的な面を言いますと,イギリスが明確な姿で歴史に登場するのは7世紀になってからで,キリスト教の布教と同時期です.
ということで,お尋ねの5~6世紀のイギリスについてはあくまで伝説の域を出ません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
自分で調べたところ、アーサー「将軍」がいた、というのは事実だったらしいので・・。いわゆる「アーサー王」は勿論伝説上の人物と思っておりますが、しかしモデルとなった人間の実在は確かだったとのことですので。
・・で、肝心の5~6世紀イギリスの宗教ですが、キリスト教侵入以前および侵入初期だったと考えてよろしいのでしょうか?

お礼日時:2001/04/12 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアーサー王について

アーサー王の映画を見に行こうかと思うのですが、少しは知識を仕入れておいたほうが面白いかと思うので
質問させていただきます
まず、アーサー王と円卓の騎士は同一人物なのでしょうか?
これが一番気になります。

次に、アーサー王とは何をした人なのですか?

更に、エクスカリバーは何なのでしょうか?
これについての伝説があるのを聞いたことがあります
そのことについても教えてください。

Aベストアンサー

 アーサー王も、伝説ですので、いろいろな話があるのですが・・・・・

 アーサー王と円卓の騎士の関係は、家来ないしは仲間という言い方が一番しっくりくると思います。円卓の騎士として有名な人間には、「サー・ランスロット」「サー・トリストラム」「サー・ガウェイン」達がいます。 特に、ランスロットは有名で、もう一人の主人公とも言える存在です。王妃グィネヴィアと恋仲になり、アーサー王との関係がおかしくなるところから、円卓の騎士の絆が崩壊していきます。
 トリストラムは、後にオペラ「トリスタンとイゾルデ」の原型となります。

 アーサー王については、前の回答者の方がかかれていますので、割愛させていただきます。

 エクスカリバーは、聖剣とも呼ばれるアーサー王の愛剣です。岩に刺さっていて、抜いた者が王になるといわれていた剣とは別の物だとする説もあります。この場合、エクスカリバーは湖の貴婦人が与えたとされています。
 エクスカリバー自体には、特別な力がないのですが、その鞘には魔法が込められていて、所有者を不死身にする力があったとされています。

 ご紹介したサイトは、神話全般のサイトですが、アーサー王伝説についてもいろいろと解説していますので、参照してみてください。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.pandaemonium.net/

 アーサー王も、伝説ですので、いろいろな話があるのですが・・・・・

 アーサー王と円卓の騎士の関係は、家来ないしは仲間という言い方が一番しっくりくると思います。円卓の騎士として有名な人間には、「サー・ランスロット」「サー・トリストラム」「サー・ガウェイン」達がいます。 特に、ランスロットは有名で、もう一人の主人公とも言える存在です。王妃グィネヴィアと恋仲になり、アーサー王との関係がおかしくなるところから、円卓の騎士の絆が崩壊していきます。
 トリストラムは、後にオペラ「...続きを読む

Qアーサー王伝説ってどんな伝説ですか??

ハリーポッターの下地となっているそうなのですが、詳しく知りたいのでお勧めのサイトなど教えてください。

Aベストアンサー

 ハリー・ポッターと関連があるとは知りませんでした。まだ3巻までしか読んでいないのでなんともいえませんが、あまり関連は感じられないのですが・・・。
 
 アーサー王伝説は、5世紀はじめのブリテン島(現イギリスの一部、スコットランドなど含む)に実在したと言われる英雄の話です。イギリス南部までの最大の版図を誇ったローマが衰退し引き上げていき、北はスカンディナビアあたりから南はフランスまで多くの外敵の脅威に晒されていたブリテン島に、英雄が現れてその異民族の脅威から一時国を守ったという時代があったようです。
 ですが、この時代のブリテンは混乱を極めており、後に参考にできるような資料はほとんどなきに等しいんです。そのため暗黒時代と呼ばれてもいます。ですからアーサー王が本当に実在したかどうかもわかっていません。多くの人が、実在の人物がモデルであろうと考えていますが。
 また多くが口伝だったため、他の国の立派な伝説や王の逸話を取り込みながら現在の形にまでなったようです。またアーサー王の伝説がさらに逆にヨーロッパ全土に広がっていき、さらに巻き戻して逸話が練り上げられるという形で大きくなっていきました。ですからどこまでが史実でどこからが物語なのか、どこまでがアーサー本人の話でどこからが他人の逸話を練りこんだものなのか、それもはっきりしていません。
 そうして12世紀ごろには一つの形としてまとまり、文学として文字に残されました。それが今のアーサー王伝説です。
 おおまかにいうと、無名の少年だったアーサーが実は隠されていた正統な王だということがわかる少年時代と戴冠、アーサーとその円卓の騎士たちの輝かしい武勇伝、聖杯の探求、カムランの戦いにおいてアーサーが死に、湖にエクスカリバーとともに返されるまでの人生をたどった話です。

 またイギリスにはアーサー王と円卓の騎士たちは来るべきに備えて眠っているという民話があります。羊飼いの子供がうっかりしているうちに道に迷い、(魔術的なエピソードによって)眠っている甲冑姿のアーサー王を少し起こしてしまうのだが、「まだわれらが目覚める時ではない、さあお帰り」といって、財宝の少しを分けてもらって帰る、というような筋です。
 英雄を待ち焦がれた民衆にとって、彼の死は受け入れられなかったのでしょうね。もしスコットランド出身のお知りあいがいらっしゃったら聞いてみてください。多分、子供の頃からアーサー王の伝説に馴染んでいるでしょうから。
 
 余話をしてもよいでしょうか。
 大変面白い説を見たことがあります。キリスト教はローマの侵略によって広まりました。その際、邪魔だった土着の信仰を貶めるという戦略をとって広めたと言われます。
 有名なのはギリシャ神話で言うパンですね。黒い山羊の下半身、人間の男性の上半身、角の生えた姿というのは悪魔の姿として今日の人々の意識に染み込んでいます。しかしこれはヨーロッパのどこかの地方で2000年ほどの昔、地域信仰の対象であったと考えられています。今、極東の日本ででもゲーム中などでモンスターとして知られるようになった数々の存在は、元地元の神様だったというんです。
 アーサー王の神話も、そういった信仰と異民族が地元に融和するちょうどその時期の話だったという説を読んだことがあります。
 アーサー王はケルトの人々に親しまれているため、よりケルトよりだと考えられていますが、お父さんのウーゼル王がその兄のアンブロシウスとともにローマよりの人間としてサクソン人と戦ったはずなのです。ですから、アーサー王はローマ最後の人という位置付けです。アーサーの名前からしてケルトのものではありません。
 そのアーサーの后、グィネヴィア王妃ですが、この名前は紐解くとケルト特有の名前なんだとか。意味は白い姿の貴婦人、だったような気がします。(違ったらごめんなさい。詳しい本をご覧下さい)ともかく、このグィネヴィアもケルト地母神の名前なのです。
 そのグィネヴィアが人間ということになって、征服者であったはずのローマ人と結婚している。グィネヴィアがアーサー王伝説が作り上げられるまでの何百年もの間のいつ姿をあらわし、いつ騎士ランスロット(フランスよりの名前ですね)と端的に言えば不倫の関係の陥ったのかわかりませんが、非常に寓意的ですね。
 
 このアーサー王の話で私が今までおもしろいと思ったものは多々ありますが、他の方と違う紹介をさせて下さい。
 ローズマリ・サトクリフという、アーサー王に惚れ込んだ方がいます。この方は日本では児童文学家として有名ですが、彼女の子供向けのシリーズの一冊「ともしびをかかげて」には、まさにそのアーサー王の起源となった伯父アンブロシウスの生涯がおさめられています。
 小学校3年のとき、これを夢中で読みました。yukiko00000さんにもぜひ、ぜひ読んでみてほしいです。児童向けとなっていますが、非常に読み応えのあるシリーズです。
 また、「ナルニア国ものがたり」「タランのシリーズ」などと並ぶスーザン・クーパーの闇との戦いもアーサー王伝説が下地となっています。こちらも「児童向け」が平易を意味しない読み応えがあります。

 またサイトで言えば私がアーサー王関係で面白いと思うのはここです。
http://www.europe-z.com/tabi/gb199508/13.html
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/text3.htm
 下のほうは参考URLにも乗せました。ぜひどうぞ。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/text3.htm

 ハリー・ポッターと関連があるとは知りませんでした。まだ3巻までしか読んでいないのでなんともいえませんが、あまり関連は感じられないのですが・・・。
 
 アーサー王伝説は、5世紀はじめのブリテン島(現イギリスの一部、スコットランドなど含む)に実在したと言われる英雄の話です。イギリス南部までの最大の版図を誇ったローマが衰退し引き上げていき、北はスカンディナビアあたりから南はフランスまで多くの外敵の脅威に晒されていたブリテン島に、英雄が現れてその異民族の脅威から一時国を守った...続きを読む

Q【歴史・イスラム国が英国イギリスで自爆テロをしない理由】イスラムが自爆テロで狙うべき国はフランスやド

【歴史・イスラム国が英国イギリスで自爆テロをしない理由】イスラムが自爆テロで狙うべき国はフランスやドイツではなく英国イギリスでは?

第1次世界大戦のときにオスマン帝国統一を英国イギリスが約束したのに約束を破ってユダヤ人たちに勝手にイスラエルという土地を中東アラブ諸国を無視して上げてしまったのが歴史上の失敗であり、イスラム人が最も恨むべき国は英国イギリスのはずなのになぜ英国イギリスで自爆テロが起こらないのか不思議です。

なぜでしょう?

アメリカで自爆テロが起こるのは自業自得なので無視しています。

Aベストアンサー

>なぜでしょう?

 彼らの(テロリスト)の
手段的では、セキュリティが厳重で出来ないだけ

 やりやすい方法でやりやすい国で
リスクが、低く成功率が高い方法、場所を考えているから

Q和暦を西暦に、西暦を和暦に変換する計算式

和暦(日本の年号)を西暦に変換する計算式と、逆に西暦を和暦に変換する計算式を教えてください。例えば昭和52年を西暦に変換すると何年、のようなことです。またこの計算式を忘れないために覚えるコツなどもあれば教えてください。また、この計算式を分かりやすく解説したサイトもあれば教えてください。

Aベストアンサー

維新以後なら

明治 -33
大正 +11
昭和 +25
平成 -12

特に覚え方はないけど、最初と最後がマイナス、途中二つがプラス。
それと最初二つがぞろ目だし、残りの二つも意味のある数字だから、何回か繰り返せば覚えられると思う。

Qアーサー王の死について

西洋文化について教えてください。

アーサー王について、アーサー王は誰に殺されたのか、
インターネットで調べても本で調べても
詳しく書かれていませんでした。

どなたかご存知の方がいましたら、
教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なにやら荒筋を紹介するページがあった
http://www4.ocn.ne.jp/~harukaze/starting.html


伝説のストーリーを知りたいって事なんでしょう?

Q19世紀末のイギリス、ロンドンの食生活&服装

失礼致します。

19世紀末のイギリス、ロンドンの貴族社会の服装や
庶民の食生活&服装などの詳しい資料が欲しいのですが、
お勧めのサイトは無いでしょうか?

検索で調べてみたのですが、
詳しく載っているHPに、なかなか辿り着けません。

金欠で資金が余りないので、
できれば本ではなく、HPで調べたいのですが、
19世紀末頃のイギリス、ロンドンなどの詳しい資料が
載っているサイトを知っていたら、教えてください。

貴族&庶民の食生活(料理や食材)や
服装の詳細が知りたいです。

Aベストアンサー

中央図書館など大きめなところへ行けば、予約の順番待ちをせずに、詳しい本を借りたり閲覧できるのではないかと思います。いちばんコアなのは国会図書館でしょう。

ちなみに、パッと思いつくものでは、『ロンドンの恐怖 切り裂きジャックとその時代』にそうしたものが載っています。なんといいますか、「19世紀ロンドンの服装や食生活」という大義名分のもと、切り裂きジャックという「俗っぽい話」を語っている感じではあり、題材が題材なだけに、あまり読み込んでいると暗くなってくるのですが、それなりに興味深いです。その他、図書館で問い合わせれば、いろいろと紹介してくれるでしょう。

Qイギリスで昔あったテロ(?)について

カタゴリーが間違っていたらすみません。イギリス、ロンドンの、イーリングという場所で、3~7年前にあった、小規模の爆弾テロについて詳しく知っている方、当時近くに住んでいた方がいましたら、その詳細を教えていただけますか?たしか、夜中に本屋の近くで起こったものだったと思うのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版のウィキに載っていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/3_August_2001_Ealing_bombing

要約すると、

2001年8月3日にイーリングのブロードウェイ通りにて、RealIRAにより、7人の負傷者を出し、
200m以上にも渡って被害をもたらした自動車爆弾テロが引き起こされました。
この爆発はちょうど午前零時過ぎ頃に起こり(いくつかの報告書によるとまだ日が変わる前の8月2日だったとの声もある)、
爆発による直接的な被害の他には、隣接するイーリングブロードウェイショッピングセンター内で、
自動車爆弾の真下にあった水道管が破裂したことによる浸水被害も引き起こしました。

2001年11月、Noel Maguire、Robert Hulme 、Aiden Hulme(RovertとAidenは兄弟)という3人の男が、
英国内の3件の爆弾テロの容疑で逮捕されました。
3件の内訳は、
1件目が2001年3月4日にBBCにて起こされた自動車爆弾テロ、
2件目が本件、
3件目が2001年11月3日にバーミンガムにて起こされた爆弾テロです。

2003年4月8日、彼らは全員中央刑事裁判所(日本の最高裁のようなものだと思います)により有罪判決を受け、
Hulme兄弟が各々禁固20年、テロ計画の首謀者と目されるNoel Maguireには禁固22年が言い渡されました。

またこの3名以外にも、アイルランドのLouth地方出身のJames McCormack、
及び北アイルランドのFermanagh地方Newtownbutler出身のJohn Hannanという2名の男が、
この3名の判決以前に既に容疑を認めていました。
この5名の中でも主犯格だったJames McCormackに対しては禁固22年、
事件当時まだ17歳だったJohn Hannanに対しては禁固16年が言い渡されました。

英語版のウィキに載っていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/3_August_2001_Ealing_bombing

要約すると、

2001年8月3日にイーリングのブロードウェイ通りにて、RealIRAにより、7人の負傷者を出し、
200m以上にも渡って被害をもたらした自動車爆弾テロが引き起こされました。
この爆発はちょうど午前零時過ぎ頃に起こり(いくつかの報告書によるとまだ日が変わる前の8月2日だったとの声もある)、
爆発による直接的な被害の他には、隣接するイーリングブロードウェイショッピングセンター内で、
自動...続きを読む

Q16世紀、ドイツの神学者ルターが起こした宗教改革は、カトリック教会が教会修復のための資金を得るために

16世紀、ドイツの神学者ルターが起こした宗教改革は、カトリック教会が教会修復のための資金を得るために売り出したものが原因している。そのものは何か
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

贖宥状、免罪符、免償符、等いろいろ言い方はあるようですね。

Qアーサー王のアニメ

DIONで無料で配信されていたディズニーのアーサー王物語を見たのです
が、依然テレビで最後のほうだけ見たアーサー王のアニメと違うようです。

具体的には
最後にアーサー王のその後を魔法使いが語る点は同じなのですが
昔見たのは、これから先、円卓の騎士などの話もあるがこのくらいでと
いうような感じで語って終わるのに対しディズニーでは騎士を平等に扱
うため円い机で・・というように具体的に語って終わります。

あと昔見たほうはアーサーは魔法使いと一緒に歩いて剣を抜きにいく
展開だったと思います。

何か知っていらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

DIONで配信された『アーサー王物語』は
ディズニー作品ではないと思うのですが。

ディズニーでアーサー王と言えば
『王さまの剣』(のちに『王様の剣』に改題)ですね。
昔ごらんになった作品はたぶんこれでしょう。

参考URL:http://sol.oops.jp/hazama/sword.shtml

Q16世紀、ドイツの神学者ルターが起こした宗教改名は、カトリック教会が教会が教会修復のための資金を得る

16世紀、ドイツの神学者ルターが起こした宗教改名は、カトリック教会が教会が教会修復のための資金を得るために売り出したのが原因している。
そのものはなんですか?

Aベストアンサー

宗教改名→宗教改革ですよね?

贖宥状(免罪符、免償符、贖宥符)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B4%96%E5%AE%A5%E7%8A%B6


人気Q&Aランキング