私はY系の超伝導をやっていましたが、その他の銅酸化物高温超伝導体についてはあまり知りません。
そこで、Bi系超伝導の利点、欠点などを教えていただきたいのですが。
他の銅酸化物高温超伝導体と比較してどうなのかを詳しく教えてください。
HPのURLでも構いませんので。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

Y系は1:2:3で混合すれば比較的簡単に作れます。

だれでも作れます。ところがBi系の高温相は普通に混合して焼成しても簡単には作れません。(でした。なにせ、8年前の話なので、現在は簡単に作れるのかも)バルクで難しかったので当然、薄膜で作るのも困難でした。mbeとかでやっていたと思います。スパッタでもかなり工夫していました。
Y系をやっていたとのお話ですが、Bi系は高温相や低温相があって物性的にはおもしろいだったと思います。応用やBI系を使った薄膜作成などではBI系を使うのはちょっとやめておいたほうが良いと思います。基礎物性研究ではおもしろいかも。時間がないのでおしまいにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Bi系は作成&デバイスへの応用が難しいのですね。これからちょっとBi系へも手を伸ばしてみようと思っていたのですが。。。
いつか室温超伝導が発見してみたいですね(笑)
これからも超伝導のことについていくつか聞くかもしれませんが、そのときはよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/04/20 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJXホールディングスの今後の株価について

JXホールディングスの4月20日の終値は477円でした。3月に538円の高値を付けたにも関わらず下落してしまいました。そこで質問ですが、JXの株価は今後騰がるでしょうか?騰がるとしたら、いつごろ幾らくらいまで騰がると思いますか?

Aベストアンサー

JXホールディングスの今後の株価というか全銘柄、先のことは誰にもわからないでしょう。

ただJXホールディングスの株だけを見ても意味がありません。市場全体で見てみるのもいいかもです。1例で日経平均高値(3/27 10.255)と現在(4/20 9561)と個別株の比較(商事…三菱商事、武田…武田薬品、ファースト…ファーストリテイリング(ユニクロ)。全て日経平均採用銘柄です。

3/27        4/20
日経 10255   9561 (-6.8%)
JX    536    477 (-11.0%)
トヨタ  3600   3295 (-8.5%)
商事  2015   1788 (-11.2%)
JR東  5410   5020 (-7.2%)
武田  3765   3435 (-8.8%)
ファースト 18460  18590 (+0.7%)

日経平均(先物)が下がると個別株も下がる(連動します)。値動きが同じようになりますが、景気敏感株(JXや三菱商事など)は値動きが荒く日経平均の1.5倍~2倍程度動くのが普通です。

日経平均(225銘柄)で1番日経平均を動かす(日経平均寄与度)のがファーストリテイリングです。4/13に日経が+113円(+1.2%)でしたが、ファーストリテイリング1社で日経平均を60円も押し上げました。

なので日経が3/27から4/20まで-6.8%ですが、ファーストリテイリングがほぼ変わらずですので、他の銘柄は日経平均より下げがきついのがわかります。

JX株個別で言うと日経新聞(17日)で、経常利益が前年4136億から今期は在庫価格の変動を除くと3000億程度で前年を下回った(在庫価格変動込みで約4000億)。震災の復興需要で利益よりも石油の供給を優先したみたいです。会社としてはすばらしいのですが…。

個別の材料がない限りは、JXは日経平均の1.5倍~2倍程度で動くと思います。四季報を見ると業績予想は↓(下降)です。

以上を踏まえたうえで、ご自分で判断されるとよろしいかと思います。


 

JXホールディングスの今後の株価というか全銘柄、先のことは誰にもわからないでしょう。

ただJXホールディングスの株だけを見ても意味がありません。市場全体で見てみるのもいいかもです。1例で日経平均高値(3/27 10.255)と現在(4/20 9561)と個別株の比較(商事…三菱商事、武田…武田薬品、ファースト…ファーストリテイリング(ユニクロ)。全て日経平均採用銘柄です。

3/27        4/20
日経 10255   9561 (-6.8%)
JX    536    477 (-11.0%)
トヨタ  3600   3295 ...続きを読む

Q高温超伝導 高温超電導 超伝導 超電導 論文

高温超伝導体についての間違った、またはウソの内容が書いてある論文があったら紹介して下さい!よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

論文自体のURLをここで示すのはちょっと違反ですね。
超異説理論の紹介ですよ。うそと決まってません。
では、内容だけ紹介します。

1.高温超電導体は酸素イオンの導電体である。
2.酸素イオンはホッピングで伝導し伝導中にエネルギーを失う。
3.高温超電導体はBCS理論で説明できる。
4.高温超電導体の温度が90K以上であっても、酸素イオンは0K近辺であり、クーパー対を生成している。
5.冷却された酸素イオンは熱的に絶縁されている。なぜならバルクと結合をもっていず、かつ、超電導状態では価電子帯から熱供給をうけないためである。

Q銅とその化合物の炎色反応について教えてください。

銅とその化合物の炎色反応について教えてください。

 中学校理科の実験で酸化銅と炭素の混合物を加熱するという酸化還元反応を扱いますが、この実験によって酸化銅が銅になったことを実験結果から結論づけたいと考えています。薬品庫にある酸化銅IIをガスバーナーの炎の中に入れると緑色の炎になりました。これは銅が酸化銅になりきっていないために起こった現象なのか、それとも酸化銅など、銅の化合物でも銅と同じように緑色の炎色反応を示すのでしょうか?

 また、この実験において、酸化銅が銅になったことを結論づける良い方法があったらご教授ください。教科書では通電性を調べたり、化学反応式から結論づけたりする方法をとっています。化学の初歩を学ぶ生徒に実験結果から思考させたいと考えております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「銅の炎色反応」と言いますが金属の銅では炎色反応は見えません。
銅の化合物で見えます。
金属の銅では見えないが塩化銅では見えるという事を使った塩素の検出方法があります。バイルシュタインテストと言います。
湿らせた濾紙に酸化銅を付着させて炎の中に持って行っても見えます。硫酸銅の結晶をピンセットで挟んで炎の中に持って行っても見えます。

酸化銅が銅になった事を調べるのであれば希硫酸の中に入れればいいです。
未反応の酸化銅は硫酸に溶けて青い溶液になります。そこに金属の銅が沈みます。銅は目で見て分かります。

QビスマスBi系超伝導とイットリウムY系超伝導の違い

 ビスマスBi系超伝導材料とイットリウムY系超伝導材料で、はっきりとした違いがわかりません。
 今、イットリウム超伝導材料が開発段階だと聞いているのですが、その他理解する事が出来ないので、誰か教えてくれませんか。

Aベストアンサー

Y系とBi系の違い
Y系の方が液体窒素温度付近で使用可能な磁束密度が高かったかと思います。
このため、マグネット用などの線材にはY系を使うほうが良好な特性が期待できるのだったかと。

ただ、線材に加工する場合、Bi系だと銀シースの中にパウダーを入れて加圧焼成することで特性の良い線材が作れる(工業的に製造が容易)ことが比較的早い時期にわかり、線材量産の量産が(材料費は別にして)比較的容易だったのに対して、Y系ではテープ基材の上に薄膜成長(だったかな)させる作り方のため、製造速度に難があるのだったかと。
それでも、薄膜成長速度の早いプロセスの開発などあって、最近ではY系のテープ線材も入手できるようになってきたようです。

Q化学1 銅の電解精錬

化学の勉強で銅の電解精錬を勉強していますが幾つか疑問があります

陽極に粗銅
陰極に純銅
水溶液に硫酸銅(II)水溶液

で電気分割すると陰極に純銅が出るとありますが
これは純銅が無いと不可能ですよね?

その電気分解に使う純銅はどのように作られたのですか?


バカバカしい質問ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

はははは!おもしろい質問ですね。
私もよく知りません。

しかし、次のような方法も可能ではないでしょうか?
99%の粗銅100gで細い針金を作ります。
これを陰極にして10kgくらいの銅を析出させると、不純物の量は0.01%以下に
なるのではないでしょうか?
これを融かして合金にするとほぼ99.99%の銅になっていると思います。

Q超伝導体がなぜ超伝導になるのか教えてください

超伝導体の中では、電子が不純物(原子核)と衝突した場合に得る(または失う?)エネルギーがエネルギーギャップよりも小さくなるため、電子は不純物とぶつからないのだ、という意味のことを本で読みました。
 超伝導体の中で電子が得る(または失う?)エネルギーがエネルギーギャップよりも小さくなるのは、なぜなのでしょうか。
 また、超伝導体の中のこうした不純物(原子核)を「転位」というそうですが、それはどういう意味から不純物を転位と呼ぶのでしょうか。

また、超伝導が低温でなければならないのはなぜでしょうか。
電子がペアになって動かなければならないからだと聞きましたが、なぜ低温なら電子はペアになって動けるのでしょうか。また、ペアになったらなぜ超伝導になるのでしょうか。

何卒よろしくご教示のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

エネルギーが小さくなるのは、ボーズアインシュタイン凝縮というものが起きているからだと考えられています。

ボース=アインシュタイン凝縮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%87%9D%E7%B8%AE

この世界にはフェルミ粒子というスピンn/2(半整数)のものとボーズ粒子というスピンn(整数)のものがあります。電子は1/2で光子は1です。ボーズ粒子は複数のものが同じ状態になってもよい(光を虫メガネで1点に集めることができる)のですが、フェルミ粒子は1つの状態に1つのものしか存在できないものです(パウリの排他原理)。スピンによってそのような違いが出てくる数学的な裏付は下記を参照。

ボース粒子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%B2%92%E5%AD%90

電子はフェルミ粒子ですが、その2つがペア(クーパーペア)になればボーズ粒子のように振舞うのではないかという考えで、超伝導を説明したのがBCS理論です。

BCS理論
http://ja.wikipedia.org/wiki/BCS%E7%90%86%E8%AB%96

ペアには引力が必要なのですが、それがBCS理論の電子-格子相互作用を介したフォノンの交換だけではなく、別の「何か」が引力として作用しているのではないか?というのが、高温超伝導を説明する1つのアイデアです。

転位は、結晶中の原子の並びが1つ少なくなってずれているような所をいいます。その様な歪のある場所では、同じ原子が並ぶよりも、異なる大きさの不純物が入るほうが安定するので、転位は不純物と書いてあるのでしょう。

高温超伝導は、転位にある不純物が電子同士の引力として何らかの作用を起こしているのではないか、という話が書かれているのではないかと思われます。

エネルギーが小さくなるのは、ボーズアインシュタイン凝縮というものが起きているからだと考えられています。

ボース=アインシュタイン凝縮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%87%9D%E7%B8%AE

この世界にはフェルミ粒子というスピンn/2(半整数)のものとボーズ粒子というスピンn(整数)のものがあります。電子は1/2で光子は1です。ボーズ粒子は複数のものが同じ状態になってもよい(光を虫メ...続きを読む

Q硫酸銅五水和物

少量の硫酸銅五水和物を加熱して無水硫酸銅にしたものに、水一滴をたらすと、硫酸銅五水和物になり、さらに過剰に水を加えると、テトラアクア銅イオン[(Cu(H2O)4]2+ になる、ということは正しいのですか?

水酸化銅や銅イオンにはならないのですか。詳しい解説をお願いします。

Aベストアンサー

>水酸化銅や銅イオンにはならないのですか
水酸化銅にはなりません。これは水に難溶です。
沈殿が出来ると言うことは観測されませんよね。
銅イオン(正確に言うと銅(II)イオン)については次。

無水硫酸銅(白色)に少量の水を含ませると硫酸銅一水和物(斉白色)ができ、更に水を加えると硫酸銅五水和物(青色)ができます。この硫酸銅五水和物の色はその中に含んでいるテトラアクア銅(II)イオン[Cu(H2O)4]^2+によるものです。硫酸銅五水和物に水を加えると出来るのではなく、硫酸銅五水和物中に既に出来ています。
そしてさらに水を加えると硫酸銅が水に溶け青色溶液になります。
また、水溶液中での銅の挙動を考える場合、テトラアクア銅(II)イオンを銅(II)イオンと見なす場合もあります。

Q固定した磁石に超伝導体を近づけた時に、超伝導体が空中で落ちずにぶら下がる現象について

 昨日、テレビで放送されていたのですが、固定した磁石に超伝導体を近づけると、超伝導体は空中で落ちずにぶら下がり左右に動いていました。
 この現象を不思議に思ったのでインターネットでいくつか調べてみると、「超伝導体は磁石の磁力を通さず反発する」というようなことが書いてありました。このことで、超伝導体が空中で落ちずにぶら下がる現象をさらに疑問に思いました。なぜなら、超伝導体は磁石と反発するし、ましてや重力も働くからです。なぜ、超伝導体は落ちないのでぶら下がっているのでしょうか?
 上に書かせていただいた「固定した磁石に超伝導体を近づけると、超伝導体は空中で落ちずにぶら下がり左右に動いていた」現象は、どのように理解すれば宜しいのでしょうか?
 どなたか、ぜひアドバイスいただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

超伝導体に磁石を近づけると磁石と反発する方向に超伝導体の中を電流が流れて反発します。この現象が有名なので、「超伝導体は、磁石に反発する」と覚えているのではないでしょうか?
逆に超伝導体から磁石をはなそうとすると、引っ張る方向に電流が流れるので、磁石を引っ張ります。
つまり、超伝導体の中では、磁石の動きを妨げる方向に電気が流れるのです。
超伝導体でなくとも導体では同じ効果はあるのですが、超伝導体には抵抗が無いので、流れる電流量が圧倒的に大きくなるので、磁石が浮き上がったりするのです。

Q銅に丹銅のメッキは可能でしょうか?

銅材料に丹銅の電気メッキを行いたいのですが、丹銅をプラス極に付ければ丹銅のメッキが出来るのでしょうか?
イオン化傾向の差はあるとしてもどちらも単体ではメッキできますので、銅と亜鉛はそれぞれ銅にメッキされると思います。
その際についたメッキは合金になるのかが分かりません。
また合金がメッキされたとしてもイオン化傾向の差で銅と亜鉛の割合が変わってしまう可能性はあるのでしょうか?
当方、メッキされた銅の分析することが出来ない為 質問をさせていただいております。

回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特に電気メッキの必要はありませんが、イオン化傾向の差で亜鉛が付着する。
きれいにメッキしたほうがよいので、亜鉛を銅に電解メッキをします。単純に硫酸亜鉛や塩化亜鉛では汚くなりますので、EDTAとか糖とか加えて調整するとよいです。
 銀色にメッキされたら、バーナーで過熱すると亜鉛が銅に拡散していき、真鍮色~銅色に変化しています。この銅色の状態が丹銅です。

Q今発見されている高温超伝導体

今発見されている最も高温の超伝導体って何ですか?持っている本には125Kと書いてありますがどうなんでしょう?
また超伝導の実験でNMRやSQUIDを使っていますがこれは超伝導体の何をどのように調べる装置なんですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高圧下ではいわゆる水銀系のHgBaCaCuOの約160Kが最高と思います.

半年くらい前に室温超伝導発見とか言う話が流れましたが,
立ち消えになっちゃったようです.
この類の話は昔からありまして,UFO をもじって
USO (Unidentified Superconducting Object) と言われていました.
USO を日本語ローマ字読みにすると笑えるシャレになります.

SQUID (Superconductive Quantum Interference Device)は,
ジョセフソン効果を利用して微小な磁束変化を測定できる装置です.
超伝導であることの確認には電気抵抗だけでは不十分で,
マイスナー効果も確認しないといけません.
そこらへんに使われます.
ベドノルツとミュラーが酸化物高温超伝導体を発見したときも,
第1報が電気抵抗の(ほぼ)ゼロの話,
第2報が SQUID によるマイスナー効果の確認でした.
第2報には,確か日本人の高重さんが著者に入っていたと思います.
なお,squid はイカ(魚介類のイカです)と言う意味もあります.
10本くらいコードが出ているからかな?(冗談ですよ,念のため).

NMR (Nuclear Magnetic Resonance)は物質内部の局所的磁場を測定できる
手段です.
全体の磁化など見ますといろいろな寄与を全部加えてしまったものしか見えませんが,
NMR だと「これこれの場所の磁場はどれくらい」ということがわかります.

高圧下ではいわゆる水銀系のHgBaCaCuOの約160Kが最高と思います.

半年くらい前に室温超伝導発見とか言う話が流れましたが,
立ち消えになっちゃったようです.
この類の話は昔からありまして,UFO をもじって
USO (Unidentified Superconducting Object) と言われていました.
USO を日本語ローマ字読みにすると笑えるシャレになります.

SQUID (Superconductive Quantum Interference Device)は,
ジョセフソン効果を利用して微小な磁束変化を測定できる装置です.
超伝導であることの確認には電気...続きを読む


人気Q&Aランキング