浮力の反作用の作用点はどこに描くのですか。
 水が入ったビーカーの底につかないように 糸につるして 球体の おもりを沈めたときの
浮力の反作用の作用点はどこから描くのでしょうか。
 浮力の作用点から,水の重心から,ビーカーの底の中央からなど いろいろな説があり,頭が混乱しています。

A 回答 (5件)

浮力を受けるのは「球体のおもり」であり、その大きさは排斥された同じ体積の「水」と同じである。


浮力が働く点を「浮心」と呼ぶと習いましたが、そこでいいと思いますよ。

密度が一様な球体であり、その球体がすべて水の中に沈んでいれば、その球体の「重心」を「浮心」としても問題ないと思いますよ。

いいURLが見つからなかったので、以下を参考に「浮心」を考えてみてください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Tan-Lee/modo/gijutu/ …

密度が一様な球体であれば中心が「重心」となり、完全に水没していれば「浮心」の位置と同じになる。(・・・と思います。)^^v。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

浮心から 描くと よいということですね 有り難うございます。

お礼日時:2010/10/29 22:04

補足について



厳密には作用点は浮心なのですから,必要があればいつでもそこから矢印を描く意識をもちましょう。たとえば,ドーナツの重心にはドーナツはありません。わかりやすくするためにドーナツの身があるところに矢印を描くことは許されますが,力のモーメントを考察する上ではそれではまずいことになるわけです。浮力の反作用の場合も同様です。反作用の作用点には水はありませんものね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かり易い説明 ありがとう ございます。 ドーナツの例が とても いいです。
有り難うございました。

お礼日時:2010/10/30 22:15

浮力の原因にさかのぼって考えてみましょう。



物体を沈めたときに,その表面にかかる圧力の合力が浮力です。
圧力の作用はあくまで物体の表面ですが,その合力の作用点は「浮心」と呼ばれる点になります。「浮心」というのは,物体の沈んでいる部分を水に置き換えた場合の重心の位置と考えていいでしょう。

さて,そうすると浮力の反作用点はどこになるでしょう? 浮力の反作用もその原因は圧力にあります。したがって本来物体表面(にある水)の各点が作用点といえるのですが,浮力と同じようにその合力を考えると,やはり「浮心」が作用点になると考えるべきでしょう。

しかし,浮力の反作用の考え方には次のようなものもあります。
物体を沈めると,水面の水位が上がります。すると,その分ビーカーの底面が受ける水圧が増加します。その増加分が浮力と等しく逆向きです。

力の図を描く場合,上のように「浮心」を作用点にして力の矢印を描くと,浮力の反作用を物体が受けているかのようになってしまいます。ですから,力のモーメントを問題にするのでなければ,浮力の反作用の力は物体の下の水の適当な位置から描くのがわかりやすいといえるでしょう。このような問題では,臨機応変にわかりやすいところに矢印を描くのがよいと思います。

この回答への補足

物体の下の 適当な位置から 描いても OK というのが 分かり易いですね。ということは
水の重心に 浮力の 反作用の作用点を 描かなければならない という考えは おかしいと言うことですね。

補足日時:2010/10/29 22:07
    • good
    • 0

浮力Fは錘に働く重力Wによって錘が水を押し付ける力に対する反力、つまり重力の反力が浮力です。

糸に働く張力をTとすると
  W=F+T
です。WとFの作用点は球の重心です。向きはFとTが上向き、Wが下向きです。
    • good
    • 0

素人です。


しかし旧専門学校東京物理学園卒業生の発言を引用します。
メタセンターかもしれませんよ。
・・・この記事は参考になりましたか?・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそもそも浮力って~?

お伺いします。
浮力が働くっていうのは知ってはいますが、そもそもどうして流体には浮力が働くのでしょうかー?空気にも微々たる浮力はあるのでしょうかー?

Aベストアンサー

こんにちは。


>>>そもそもどうして流体には浮力が働くのでしょうかー?

流体中にある物体にかかる圧力の様子は、こんな感じです。

    ↓↓↓
→→┌───┐←←
→→│     │←←
→→└───┘←←
    ↑↑↑
    ↑↑↑
    ↑↑↑

ですから、全ての矢印の合力は、
下のようになります。

  ┌───┐
  │     │
  └───┘
    ↑↑↑
    ↑↑↑

この合力こそが浮力です。

こちらのサイトに同様の図示と説明があるので、ご覧ください。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/vector3.html

なお、
潜水艦が海底に密着してしまうと、下からの圧力がないので、

    ↓↓↓
→→┌───┐←←
→→│     │←←
→→└───┘←←

となり、合力は、

    ↓↓↓
  ┌───┐
  │     │
  └───┘

となります。
こうなってしまうと、潜水艦は身動きがとれなくなる場合があります。
(こういうのもありますが→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa248716.html)

>>>空気にも微々たる浮力はあるのでしょうかー?

あります。
ですから、ヘリウムを入れた風船は大気中で上昇します。
また、
もしも真空中で体重計に乗れば、大気中で乗ったときに示した目盛りの数値よりも、若干大きい数値になります。

こんにちは。


>>>そもそもどうして流体には浮力が働くのでしょうかー?

流体中にある物体にかかる圧力の様子は、こんな感じです。

    ↓↓↓
→→┌───┐←←
→→│     │←←
→→└───┘←←
    ↑↑↑
    ↑↑↑
    ↑↑↑

ですから、全ての矢印の合力は、
下のようになります。

  ┌───┐
  │     │
  └───┘
    ↑↑↑
    ↑↑↑

この合力こそが浮力です。

こちらのサイトに同様の図示と説明があるので、ご覧ください。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/ve...続きを読む

Q浮力 作用反作用

器に容器を入れてはかりに乗せ、おもりを糸でつるし水に入れると(底には沈めない)はかりのメモリが増えます。これって浮力のせいなんですか?よくわからないので、教えてください。オネガイします。

Aベストアンサー

>浮力にも作用反作用の法則はもちろんなりたつのですよね?

そういうことになります。

>容器の底面を下に押す力の増した分はおもりに働く浮力に等しいっていうのがよくわかりません。

数式で説明すれば、簡単ですが、言葉で説明します。「重りに働く浮力」は「水に浸った重りが押しのけた水の重量」に等しくなります。重りが押しのけた水は、容器の水の水位を上げます(重りの体積分だけ、水位が上昇する)。その水位の上昇分だけ、容器の底面に働く水の圧力が上昇します。水が容器の底面を下に押す力の増加量は、容器の底面に働く水の圧力の上昇分と、容器の底面積の積に等しくなります。

お分かりいただけたでしょうか。上に書いたことを参考に、ご自分で、数式を立てて考えてみて下さい。

Q浮力について

水面にボールが完全に浮いている。
このとき、重力と浮力(垂直抗力?)はつりあっているのでしょうか?
だとすると、このボールの重さが50g重だったとすると
浮力も50g重 ということでしょうか。
物体が水から受ける浮力は、物体が押しのけた水の重さ
なのに、これでは、ボールは水を押しのけてないですよねぇ。

わけがわからなくなってきました!

では、ボールの半分が水中で、半分は空気中に顔を出している
という場合はどうなるでしょうか。

やっぱり物体は浮いて静止してるわけですから、
ここでも重力と浮力がつりあっているのでしょうか。
そうだとすると、
この物体の重さが50g重なら浮力も50g重になってしまう。

しかし、半分しか浮いてないんだから、
押しのけた水の量を考えると
浮力は25g重になる・・・

けど、浮力が25g重しかないと、鉛直方向の力がつりあわない・・・
上から大気圧が25g重 かかる と考えればいいのでしょうか・・・


どなたか、
ボールが水中から完全に浮いているときの浮力の大きさ と
ボールが半分水中に沈んでいるときの浮力の大きさ の違いを
教えてください。

水面にボールが完全に浮いている。
このとき、重力と浮力(垂直抗力?)はつりあっているのでしょうか?
だとすると、このボールの重さが50g重だったとすると
浮力も50g重 ということでしょうか。
物体が水から受ける浮力は、物体が押しのけた水の重さ
なのに、これでは、ボールは水を押しのけてないですよねぇ。

わけがわからなくなってきました!

では、ボールの半分が水中で、半分は空気中に顔を出している
という場合はどうなるでしょうか。

やっぱり物体は浮いて静止してるわけですから、
...続きを読む

Aベストアンサー

物体による”密度”の違いを見落とされておられます。

密度とは、質量を体積で割ったものです。
密度が大きいものほど重く、逆に密度が小さいほど軽い物質と言えます。

さて、浮力を考えるときに基本となるのが「アルキメデスの原理」
ですね。その内容は、ご質問文の中にある通り、「物体が水から受ける
浮力は、その物体が押しのけた水の重さ」になるというものです。

ここで、質問者様が誤解なされておられる点があります。
それは、ボールの密度と水の密度が等しいと考えられておられる
ということです。ボールと水は密度がことなります。ボールは
水よりも密度が小さい場合に限り、水に浮くのです。
「押しのけた水の重さ」≠「ボールの水に沈んだ部分の重さ」
であり、
「押しのけた水の重さ」=「ボール全体の重さ」
であります。
ボールは水よりも密度が小さいので、ボール全体の重さをまかなうために
必要な水の量は、ボール全体の体積よりも小さくて済むのです。

ご質問にあるような、ボールが(ほぼ)完全に水面に浮いている場合と半分だけ水没している場合も、それぞれボールの密度(軽さ)が違うために生じる現象がことなる訳であります。
例えば、ビーチボールとバスケットボールをそれぞれ水に浮かべた場合を
想像してみましょう。おそらくビーチボールはほぼ完全に水面に浮き、
バスケットボールは幾分、水中に沈んだ状態で浮くでしょう。
同じ浮くのでも、”軽さ”がことなるとその浮き方も違ってくるという
ことです。

つまりは、”軽さ”が違うために、それに釣り合うために押しのける
水の量がことなる、すなわち水に沈む部分の体積がことなるということ
であります。

物体による”密度”の違いを見落とされておられます。

密度とは、質量を体積で割ったものです。
密度が大きいものほど重く、逆に密度が小さいほど軽い物質と言えます。

さて、浮力を考えるときに基本となるのが「アルキメデスの原理」
ですね。その内容は、ご質問文の中にある通り、「物体が水から受ける
浮力は、その物体が押しのけた水の重さ」になるというものです。

ここで、質問者様が誤解なされておられる点があります。
それは、ボールの密度と水の密度が等しいと考えられておられる
というこ...続きを読む

Q作用、反作用って勿論作用が先なんだと思うのですが

作用、反作用って勿論作用が先なんだと思うのですが
反作用に時間的な遅れが有るのか?
もう一つ、元々の作用を起こすための力はどこから発生するのかわかりません。
自然現象の中の作用反作用は気象などに影響されるのかと思いますが
人が物を動かすとき脳の中の命令によるものと思います。
しかしその命令のもともとの起点がどこなのか判りましたら
教えてください。

Aベストアンサー

えっと、
発想が違います。

さらに厳密に言うなら、

・力が作用しているとき、対になる反作用がある。
です。

「ひもをひっぱると、ひっぱられる感覚がする」
ではありません。

厳密には、
「ひもをひっぱっているとき、引っ張られる感覚も同時にある」
「壁を押しているとき、壁からも同時に押されている」
です。
そして、その二つの力の大きさが「=」なのです。


この作用反作用の法則(ニュートンの第3法則)は、
他の二つの法則と一つのセットになっていて、

また、この考え方が、自然界の原理原則なのですよ、ということです。



なにかをしたときに、その反応がある、
なにかをすると、それが伝達される
というのは、
例えば、
壁を押すと、反動が返る、
ひもをひっぱると反動がある
これは作用反作用のことではありません。


ここの議論をするには、
ニュートン力学に基づいた、さらに発展的な、
連続体の力学で語られ、
基本的にはニュートン力学の範疇ではありません。


或は、力が伝わっていく、そういう変化について取り扱うのも、同じで、ニュートン力学の範疇ではありません。



>自然現象の中の作用反作用
>人が物を動かすとき脳の中の命令によるもの
これは、因果律のことですね。

因果の因の部分を辿っても、因果の果を辿っても、
謎なのです。


「我々はどこからきて、どこへいくのか」
科学の永久のテーマです。


もっと端的には、
因果関係にも、程度というのがあって、
これは原因で、これが結果で、というのもいいにくいし、
これが原因でこれが結果だ、というのも関係の度合いがあります。


そういう哲学的な次元になると、
どうかなぁ...。

最先端の物理学の基礎が参考になるかもしれません。
例えば、重力場がどう伝わるとか、電場・磁場がどう伝わるとか。
で、その背景に何があるだろうかとか。


楽しいかもしれません。

えっと、
発想が違います。

さらに厳密に言うなら、

・力が作用しているとき、対になる反作用がある。
です。

「ひもをひっぱると、ひっぱられる感覚がする」
ではありません。

厳密には、
「ひもをひっぱっているとき、引っ張られる感覚も同時にある」
「壁を押しているとき、壁からも同時に押されている」
です。
そして、その二つの力の大きさが「=」なのです。


この作用反作用の法則(ニュートンの第3法則)は、
他の二つの法則と一つのセットになっていて、

また、この考え方が、自然界の原理原則なので...続きを読む

Q浮力について 人が浮くには

現在、消防の資機材について研究しているのですが、浮力について勉強している際、息詰まってしまいました。

現在の課題は、水難救助用の、水上で人を乗せる、フローティング担架の浮力についてです。

資料には、重量14.8kg、浮力10.8kg(成人男性をのせても水没しない)とあります。

運輸省の救命胴衣の基準というのには、大人用で浮力7,5kg以上のものを使用する、とあり、

ある救命胴衣の販売業者によれば、浮力の10倍程度までは浮く、とあります。

ということは、このフローティング担架の浮力10.8kgからすると、約108kgの人までは浮くことなのか。



浮力10.8kg。

人の重さは水中で1/10になると聞きました。そこで100kgのひとの水中での重さは約10kg。

浮力10.8kgよりも軽いので浮く??という素人の考えになるのですが、果たしてそれであっているのでしょうか?



勉強していくうちに、間違っているような気がしました。

人間の体重が100kgとするなら、水中では10kg。浮力は90kg。これでは担架よりも浮力がありますよね・・・。



比重は担架は1.37・・・水より重い・・・。どういうことなのか・・。

担架は面積が広いので比重と関係なく浮くのか・・。



浮力10.8kg=成人男性をのせても水没しない

の説明をするのに結果がでません。

よろしくお願いいたします。

現在、消防の資機材について研究しているのですが、浮力について勉強している際、息詰まってしまいました。

現在の課題は、水難救助用の、水上で人を乗せる、フローティング担架の浮力についてです。

資料には、重量14.8kg、浮力10.8kg(成人男性をのせても水没しない)とあります。

運輸省の救命胴衣の基準というのには、大人用で浮力7,5kg以上のものを使用する、とあり、

ある救命胴衣の販売業者によれば、浮力の10倍程度までは浮く、とあります。

ということは、このフロー...続きを読む

Aベストアンサー

水難救助関連の者ではありませんので、自信はありませんが・・・。

>人の重さは水中で1/10になると聞きました。
>フローティング担架の浮力10.8kgからすると、約108kgの人までは浮くことなのか。

ちがいます。
水中での人の重さは、陸上での体重のおよそ1/10程度として救命胴衣等を設計する基準とするということだと思います。 逆に言うと、浮力10.8kgのフローティング担架では、約108kgの人までは浮く(体が完全に水上に出るということではない)・・・沈まないということです。
現物を見ないと、何ともいえませんが、息が出来る状態まで浮上させることが出来ると解釈すべきだと思います。
浮力10.8kgの表示のあるものは、人であろうが石であろうが10.8kgを超える重量のものを載せると沈みます。

>浮力10.8kgよりも軽いので浮く??

その通りです。
人の場合は、比重が1.1くらい(筋肉質の人はもう少し大きい)なので、水中では陸上での体重のおよそ1/10程度になるということです。
その重量より浮力の方が勝っているので、わずかに(体の一部、0.8kg分が)浮きます・・・全部は沈みません。

>人間の体重が100kgとするなら、水中では10kg。浮力は90kg。これでは担架よりも浮力がありますよね・・・。

その通り。
体の浮力は90kg+担架の浮力10.8kg=100.8kg
体重は100kg。差し引き0.8kg分水上に出ます。氷山の一部が水上に顔を出す現象と同じように。
人間だからわずかでも浮きますが、100kgの石とか鉄とかであれば浮力が人間の数分の1しかないため、完全に沈みます。

>比重は担架は1.37・・・水より重い・・・。どういうことなのか・

担架の比重が1.37というのは、どこから出た数値ですか。
ネットでみた一部のフローティング担架は、担架の人を載せた部分には浮力がなく、担架のパイプ部に「浮き」が取り付けられていました。浮きを取り除いた比重が1.37?、それとも人を載せるシートの部分の比重が1.37?
トータルでの比重が1を超えるとフローティングとはいえません。

>浮力10.8kg=成人男性をのせても水没しない

仮に80kgの人を浮力10.8kgのフローティング担架に載せた場合、差し引き2.8kgとなります。人の頭の重さは成人の平均で4kgから5kgといわれていますので、頭の約半分が水面から出ます。担架ですので水平に近い状態になりますので、耳が全部隠れるくらい沈んだ格好になり、何と顔が出ている感じになります。

水難救助関連の者ではありませんので、自信はありませんが・・・。

>人の重さは水中で1/10になると聞きました。
>フローティング担架の浮力10.8kgからすると、約108kgの人までは浮くことなのか。

ちがいます。
水中での人の重さは、陸上での体重のおよそ1/10程度として救命胴衣等を設計する基準とするということだと思います。 逆に言うと、浮力10.8kgのフローティング担架では、約108kgの人までは浮く(体が完全に水上に出るということではない)・・・沈まないということ...続きを読む

Q逆さまにしたビーカーの浮力の問題

富山大の過去問です。

http://220.213.237.148/univsrch/ex/data/2011/10/p01/p10111302m0.gif

この物質に働く浮力についてなのですが、
解答によれば、
「浮力を考えて P1S=PoS+ρSdg+ρSlg」
と書いてありますが、意味がわかりません。

私は初め、この物体に働く浮力はρSlg であるから、
このビーカーの上側にある水の部分の重さと釣り合って、
PoS+ρSdG=P1S+ρSlg
だと考えたのですが、何が間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

何もしなければこの図のビーカーは浮いてしまいますから、ビーカーの上面で力は釣り合いません。
解答はむしろ
ρSlg=P1S-(Po+ρdg)S
と考えた方がわかりやすいかも知れません。
解答をビーカーの上面での釣り合いを考えるのであれば、ρSlgは浮力そのものではなくて、
ビーカーを浮かないように押さえるために必要な何か別の力です。

Q浮力について

浮力のことの具体例ですが、空気中にいる人の体重が50KGであったとして水中で体重をはかると37KGに減ったとして、その差分が浮力となり、
W(重さ)ーD(密度)V(体積)が成り立ちますが、空気中でも浮力がはたらくはずなのですが、通常学校の物理の授業で空気中での重さをW(重さ)とし、w-dVとならないのは何故でしょうか?浮力について考慮しなくてもよい要因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

文字の意味を指定してくれないとなんだかわかりませんが、小文字のwは大文字と同じ意味、小文字のdは空気の密度と考えていいのでしょうか。

勿論、正確には空気の浮力も働きますが、水に比べその影響が小さいから無視します。具体的に求めてみると、
水の密度を1kg/lとすれば、13kgは13リットルですから人の体積は13リットルですね。13リットルの空気の重さは空気の平均分子量が29位なので、標準状態だとすると29×13÷22.4=16.8gです。体重50kgにたいして0.0168kgですから無視しても大差ないですよね。

Q作用と反作用

高校で作用反作用の法則を習いました。
仮にバットとボールが同じスピードで当たった場合、
どちらが作用でどちらが反作用になるのでしょうか?
どちらでもよいとは思うのですが、うまく自分の中で説明できないので教えてください。

Aベストアンサー

No1、No2 の両名がすでに回答されている通り、視点の違いでどっちでも良いというのが答えですね。

バッターから見れば、相手が投げたボールを打ち返すわけですから「バットがボールに及ぼす力=ボールがバットから受ける力=作用の力」「ボールがバットに及ぼす力=バットがボールから受ける=反作用の力」となるでしょう。
で、その反作用の力 (バットがボールから力) がバットの耐力 (バットが耐えられる力の限界) を上回ったときにバットが折れるわけです。
# こちらは、作用反作用は関係なく、
# 単純にバットのみに注目した話です。

また、ピッチャーから見れば、その逆になりますよね。

作用反作用の力で、こんな例はどうでしょうか。
相撲で、体重の重い力士と軽い力士同士が押し合っている場面をイメージしてください。
当然、体重の重い力士が軽い力士を寄り切る場面が想像できますよね?
でも、お互いに押し合っている力は、作用反作用の法則を考えると同じ大きさの力になるんです。
じゃあ、何が違うのか…というと、土俵との摩擦力が違うわけです。
力士にはたらく水平方向の力は「相手力士から押される力」と「土俵との摩擦力」だけです。
であれば、前に進むためには摩擦力の方を大きくする必要があるわけです。
運動の第2法則によれば、止まっている物体を動かすためにはその物体に作用する力の合力はゼロであってはいけません。
逆に、摩擦力が小さいと後に動いてしまうわけです。
つまり、相撲で大事なのは「押す力」ではなく、土俵との「摩擦力」なんです。
# もちろん、投げ技は別ですけど。。。

摩擦力は、重力の大きさ (重さ) に比例しますよね?
ですから、体重の重い力士の方が軽い力士より摩擦力が大きくなり、結果として重い力士の方が寄り切るということになるんです。
じゃあ、軽い力士はどうするか?
腕力等をつけて、回しを取って吊り上げることにより、相手の摩擦力を小さくし、かつ、相手の体重を自分に乗せることで、自分の摩擦力を大きくしているんです。
ま、力士がそういうことを考えて相撲を取っているのかどうかはわかりませんが、力学上はそういう説明になるんだと思います。

このように考えると、結構腕力勝負だと誤解していて、実は摩擦力勝負だ、というものがあるように思います。
# あと、摩擦力勝負なのは、運動会なんかでよくやる
# 「綱引き」ですね。

あ、こんな話、あらためてする話ではなかったでしょうか?

No1、No2 の両名がすでに回答されている通り、視点の違いでどっちでも良いというのが答えですね。

バッターから見れば、相手が投げたボールを打ち返すわけですから「バットがボールに及ぼす力=ボールがバットから受ける力=作用の力」「ボールがバットに及ぼす力=バットがボールから受ける=反作用の力」となるでしょう。
で、その反作用の力 (バットがボールから力) がバットの耐力 (バットが耐えられる力の限界) を上回ったときにバットが折れるわけです。
# こちらは、作用反作用は関係なく、
# 単純に...続きを読む

Qライフジャケットの浮力について

ライフジャケットには、「浮力7.5kg/24時間以上」などの浮力が書かれていますが、24時間を過ぎた場合はどうなるのでしょうか?

24時間以上は浮力が急になくなり、全くライフジャケットの役目を果たさないなどあるのでしょうか?

気になったので教えてください。

Aベストアンサー

ライフベストと言う物は
発砲素材の物でも水を含みだして浮力が時間と共に落ちてきます。
特に船舶に装備されている検査品?のオレンジのジャケットは
薄い発砲素材を重ねてつめてありますので浮力を失いやすいようですし
発砲素材自体がフルーツ等の化粧箱に敷かれている物と同品です。
全く安心できません。

只、本来気にする部分は
24時間も水に浸かっていられるかという事だと思います。
私には無理ですので船で水上に出るときは自己膨張いかだを使っています。

Q作用と反作用

以前、授業で作用反作用の法則を習いました。その時に「ではなぜ作用反作用の法則が成り立っているはずなのに机を押すと動くのか?」という問題が出されました。答えを教えてくれないのでずっと気になっています。お願いします。

Aベストアンサー

端的に.

1.人と机の質量が異なる.
2.人と机に働く摩擦力の大きさが異なる.
  摩擦力は,モノの質量と,床との接触面積に比例します.
3.人が机に力を加えるとき,人が動かず,机が動くような
  姿勢で押すように頑張る.(力の与える方向が水平方向ではない.)

上記によって,ご質問のような状況が形成されます.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報