あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

ボルトナットのペンキを取りたいです。
職場に今ペンキのたっぷり付いたM24のボルトナットが大量に有り困っています。
これらをそのまま使うとボルトとナットの間に入ったペンキでナットが回らなくなります。
大量にあるのでなんかしらの溶剤などにつけおきでもして除去したいのですが、お勧めの溶剤や薬品があれば教えてください。
職場は化学系で溶剤などは比較的身近にあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

塗装剥がしの代表的なものですが、



「ネオリバー」というのがあります。
http://item.rakuten.co.jp/colorbucks/1063042/

さまざまな種類がありますので、用途に合わせて選ぶといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
こんな製品があったんですね、「剥離剤」という言葉が出てこなかったので検索でひっかからなかったようです。

お礼日時:2010/10/30 22:16

油性ペンキなら「トルエン」で溶けます。


ボルト・ナットが単独で外れてる状態なら「ガス・バーナー」でペンキを焼き切ってしまう方法が手っ取り早いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

トルエンも溶けますね、前はトルエンでしてたのですが臭いで酔ってしまいそうになって・・・
バーナーは社内が火気厳禁なので厳しいです^^;

お礼日時:2010/10/30 22:19

普通にガスケットリムーバーで良いと思います。



名前からすると金属面に貼り付いたバルカなどのガスケットを剥がす物のように思われますが、
剥離剤ですからペンキも綺麗に剥がすことができます。

スプレー缶のものやペースト状のチューブや缶入りの製品がありますから、適当に探してみてください。

真鍮ブラシも用意すると良いでしょう。
剥離させたペンキの除去をするとき、ねじ山に入り込んだペンキも綺麗に落とすことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スプレーやペースト状のものでは大量にあるのに使うにはコスト的につらいです^^;

今鉄?だと思うのですが、ワイヤーブラシでゴシゴシしてたのですがなんせ量が多くて・・・

浸け置きタイプ的なのを探しています。

お礼日時:2010/10/30 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペンキで塗り固められたねじの外し方を教えてください!

ねじを外したいのですが、そのねじとねじが付いてる面全てペンキで塗られてるために、プラスドライバーで外れません。
ペンキを溶かして、ねじの地を出さないと無理なのかな?という感じです。
ねじが潰れたのか、それともペンキの塗料がねじ頭の十字部分にいまだに詰まってるか、わかりませんが、これ以上ドライバーで押して回すのも限界かと。
こういうケースは、プロの方はどうするのでしょうか?
ちゃんと合ったサイズのドライバーを使えば問題なく、外せるのでしょうか?
それとも、塗料をはがしてから、外すのでしょうか?

どなたかご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネジの頭の+部分が完全に埋まってる状態なのでしょうか?

シンナーもしくはそれに代わる有機溶剤を掛けて、貫通ドライバーを当ててハンマーで叩けば、+にドライバーの先が食い込みますので、ネジは回ります(ネジの回し方、緩め方を理解しているのであれば)

>ちゃんと合ったサイズのドライバーを使えば問題なく、外せるのでしょうか?
大前提として、これは、当たり前の事です。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。

Qアルミのすり傷って、自分で直せる?

購入直後のアルミ材に傷をつけてしまいました。アルミ材は縦筋の入った、ぺたっとした感じではない表面です。傷はすり傷で深くはありませんが、よく見ると目立ちます。色はシルバー系で、同じ色のスプレーは見つけましたが、果たして自分でして元通りになるのかどうか、初めてなのでよくわかりません。皆さん、ご自分で補修するときはどうしておられますか?やはりスプレーだけでは厳しいですか?コンパウンドとかは使えるのでしょうか?どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

傷ついた部分に瞬間接着剤を塗って 乾くまで待って目の細かい紙やすりやコンパウンドで平らに削ると目立たなくなります それでも目立つなら その上からスプレーすると良いでしょう 瞬間接着剤がパテの代わりになります

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q古いペンキの剥がし方

 木造住宅の壁を除く木部やトタンの塗り直しを計画しています。

 現在の状況は古いペンキがめくれあがっていて、木地やトタン地が見えてしまっているので、下地処理をせずに新しいペンキを塗るのは不可能状態です。

 そこで古いペンキを剥がす方法と思いついたのが以下の方法ですが、剥がした後の始末をも考慮した場合、どの方法が一番効率的でしょうか?

1)金属製のヘラで剥がす。
2)粗めのワイヤーブラシで擦る。
3)電動ドリルにワイヤーブラシを取り付けて剥がす。

 地面や壁面に古新聞かビニールシートをテープで貼って古いペンキ片が落ちてもいいように対策を施すつもりですが、実際の効率の良いペンキの剥がし方や後処理の方法があったら教えて頂けないでしょうか。


 

Aベストアンサー

素人で木造住宅の壁を除く木部やトタンの塗り直しをやっちゃいました。
経験から言えば
(1)塗装は下地で7割決まる。
(2)素人は完全剥離を目指しちゃダメ。
という相反する事をどこで両立させるかがポイントです。

例えばトタンに関しては
(1)目視で浮いた処、浮き掛けた処をヘラでガリガリ
(2)ガリガリした処を電ドリ+ワイヤブラシでガーッと均す。
(3)塗装面一面全体をサンドペーパーでザザッと荒らす。
(4)下地が見えている処だけサーフェスをパー拭き。(乾くまでひと休憩)
(5)塗装面一面全体をシンナーで雑巾がけ(汚れ取りと脱脂作業)
(6)ここで塗装。
工程は複雑そうに見えますが、一つ一つは難しく考えずにチャチャッとやって大丈夫です。(自動車塗装じゃありませんから・・・。)

塗装が乗ってるところでも荒らして脱脂しておけば今の塗料なら十分喰いつきますから大丈夫ですよ。

さて、他の方も答えていらっしゃいますが『養生』と『落下防止』だけにはくれぐれも万全に対策下さい!プロの建築現場ですら事故のほとんどが脚立からの落下事故です。ご安全に。

素人で木造住宅の壁を除く木部やトタンの塗り直しをやっちゃいました。
経験から言えば
(1)塗装は下地で7割決まる。
(2)素人は完全剥離を目指しちゃダメ。
という相反する事をどこで両立させるかがポイントです。

例えばトタンに関しては
(1)目視で浮いた処、浮き掛けた処をヘラでガリガリ
(2)ガリガリした処を電ドリ+ワイヤブラシでガーッと均す。
(3)塗装面一面全体をサンドペーパーでザザッと荒らす。
(4)下地が見えている処だけサーフェスをパー拭き。(乾くまでひと休憩)
(5)塗装面一面全体を...続きを読む


人気Q&Aランキング