よくオイルなどに”大排気量車向き”とか”小排気量車に最適です。”とかって書いてありますが、メーカー側(もしくは一般的に)では何ccからが大排気量車で何cc以下が小排気量車と考えているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般的に理解されているところでは、排気量による登録ナンバーの境目。


つまり5ナンバーか3ナンバーか?
で区切れば、車に詳しくない方でも、誰にでもわかりやすいと思います。
ようするに2000ccまでと、2001cc以上です。
個人的には2500ccくらいかなとは思いますが、どっちにしろ曖昧なもんです。

ちなみに、オイルをそんな基準をもとに選ばせるのは、
メーカーとしての姿勢を疑っちゃいますがどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ちなみに、オイルをそんな基準をもとに選ばせるのは、
メーカーとしての姿勢を疑っちゃいますがどうでしょう?

そうですね。たくさんのメーカーがそういう表現をしてますから残念です。こんな表記じゃ人によって考えが違いますし、詳しくない人なんか”???”ですね。
せめて何cc~何ccまでとか表記すべきだと思います。

お礼日時:2001/04/14 10:04

排気量の定義は時代によって違います。

昔は2000CCでも大排気量でしたが、いまではコロナでも2000CCですよね。
だいたいその時代のビッグセダン(クラウンやセドリッククラス)が搭載しているエンジンだと思えば目安になるでしょう。ちょっと前まではクラウンクラスも2500CCというモデルがありましたが、今は基本的に3000CC以上になり、セルシオやシーマは4000CCとか4500CCとかあるので、3000CC以上が大排気量だと僕は思ってます。
    • good
    • 0

これは私の意見ですが、日本でいえば、2.5リッター以上を大排気量、1.6リッター以下を小排気量、その真中は中排気量だと思います。


ちなみにヨーロッパも日本と同じだと思いますが、アメリカあたりでは3リッターでも小排気量といってそうな気がします。
    • good
    • 0

本当のところはよく判りませんが、



長さ4.70m
幅 1.70m
高さ2.00m
排気量2.00L

この規格未満の自動車を小型自動車といいますので、2000cc未満を小排気量、それ以上を大排気量と勝手に思ってました(^^ゞ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qターボ車と大排気量NA車で加速の違いはありますか?

基本的にターボ車の方が速くて、NAでも大排気量であれば同等になると考えています。
0-100km/hが5秒弱のランエボX(2L,ターボ)とIS-F(5L,NA)という車があります。
ターボ車とNA車ですが、秒数が大差ないということは、100km/hまで同じような加速で到達するのでしょうか?
5秒かかっている時間がどのように配分されているのか知りたいです。

自分の中では、こんな感じに考えてます。
ターボ車は途中まで一瞬で加速してそこからいくらかゆったりと100km/hに到達、
この場合ランエボは、1秒で40km/h、2秒で60km/h、3秒で80km/h、5秒で100km/hみたいな感じなのかなと。
NA車は、100km/hまで平均した加速で到達、
この場合IS-Fは、1秒で20km/h、2秒で40km/h、3秒で60km/h、4秒で80km/h、5秒で100km/hみたいな感じなのかなと。
なので、この2台の場合、スタートが同時でもIS-Fはランエボの背中を追いながら100km/hに到達する時に並ぶ感じになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ちょっと前に知人のIS-Fと私のインプでサーキットで勝負してみましたので、その経験を元にお話しします。
 貸切ではなかったので、停止からの加速勝負ではなく、低速からの勝負となりまして他の回答者様が書かれている条件とは異なりますので、参考程度でお願いしたいですが、まず出足でおいていかれブーストかかってやっと差が縮まっていきました
 インプの最大ブーストは1.45で、MAXブースト時に2L×(1+1.45)=4.9Lエンジンに相当します。これはIS-Fの5Lエンジンと同等なので同じエンジン積んでいると仮定できます。とはいってもそれはブーストが完全にかかっての話ですので出足は追いつけないですね。また、レブ入りかけてギヤあげてからブースト効き始めるまでに時間かかりますんで加速が途切れてしまうのも敗因の一つだと思います(俗に言うターボラグ)
 なお、ミスファイアリングシステム(こちら参照くださいhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0)を装着すれば少しはましな勝負になるかと思われます。
 なお、時間と速度の例ですが簡単に説明しますと、xを時間・yを速度としますとNAの場合はy=x、ターボ車はy=x×x(xの二乗)と言う感じで加速すると考えてもらえると分かりやすいと思います。あくまで数値はイメージですが。

 ANo3様のお礼欄への補足説明ですが、
・3000rpmまで回転数をあげた状態でスタートしたらランエボのほうが終始リードになるのですか?
 回転数あげていたとしても、アクセルを踏み込んでブーストがかかって加速が始まるまでにある程度時間(数秒)が必要です。ので、事前に踏み込んでいる分ブーストかかり始めるまでの時間が0rpmよりも上がっている分有利ですが、終始リードとまではいかないと思います。
・走行中の加速はターボ車の方が有利ってことになるのでしょうか?
 確かに有利とはいえますが、今回見たいに排気量に差がありすぎるとターボを持ってしてもNAに追いつけないと言うこともありえます。セリカGT-FOURは聞いた話ですが、MAXブースト0.7位ですので、だいたい2倍位(正確には1.7倍ですが)の排気量のNAとの勝負でしたらターボ有利といえると思います。

 ちょっと前に知人のIS-Fと私のインプでサーキットで勝負してみましたので、その経験を元にお話しします。
 貸切ではなかったので、停止からの加速勝負ではなく、低速からの勝負となりまして他の回答者様が書かれている条件とは異なりますので、参考程度でお願いしたいですが、まず出足でおいていかれブーストかかってやっと差が縮まっていきました
 インプの最大ブーストは1.45で、MAXブースト時に2L×(1+1.45)=4.9Lエンジンに相当します。これはIS-Fの5Lエンジンと同等なので同じエンジン積んでいると仮定で...続きを読む

Q0-100km/hの加速に必要な秒数

たまに、車の加速性能を表現するときに、
「この車は、0-100km/hの加速は●秒」
などと目にします。

最近、テスラ・モデル3が発表され「0-100km/h加速6秒以下」としています。
これってどれくらいですか?

具体的な車種で教えて頂けるとうれしいです。
一部の性能を追求したスポーツカーでなく、普通の乗用車、例えば、
 軽自動車(例えばアルト)
 小型車(例えば、ビッツ)
 中型車(例えば、カローラ)
 大型車(例えば、クラウン)
 控えめスポーツカー(例えば、FT86)
 中堅スポーツカー(例えば、日産Z)
 性能重視スポーツカー(例えば、GTR)
(格付けは適当です。突っ込み禁止!)

上記の車種でなくても、目安でも全然いいです。
要は「普段目にする車がどれくらいか知りたい」ということです。

ちなみに、現在、インプレッサ2.0GTに乗っています。
2速か3速だと結構いい加速をしますが、これってどれくらいなんでしょう?

Aベストアンサー

>最近、テスラ・モデル3が発表され「0-100km/h加速6秒以下」としています。
>これってどれくらいですか?
>具体的な車種で教えて頂けるとうれしいです。

 0~100㎞/hが6sec.以下=5sec.台後半とすると、ちょうどポルシェ911の、ターボや4WDが付いてない『安いグレード』レベルでしょうか?スーパーカーとしては決して速い方ではありませんが、市販車としてはムチャクチャ速いクラスです。
 比較的排気量が小さい(=低回転でのトルクに劣る)日本車では、なかなか実現出来ない加速性能でもあります。

>ちなみに、現在、インプレッサ2.0GTに乗っています。
>これってどれくらいなんでしょう?

・・・インプレッサだと、確かSTIの加速性能はメーカーからリークされていて、5sec.をギリギリ切るぐらいだったと記憶しています。
 2.0GTだとSTIよりは遅いでしょうが、6sec.程度は出せるのでは。ターボなし2WDのポルシェと同等かやや遅い程度の加速性能はありそうです。車両価格を考えると、2.0GTはものすごくお買い得な性能ですね。

 ついでに、余談ですが御参考まで。

※フツーの量産車では、10sec.を切るとかなり速い部類です。一般的には『10sec.程度だと周囲の流れを振り切る事が可能で、ストレスなく走行出来る』と言われています。
 アルトワークスは8sec.台、などと言うウワサもありますが、現実には軽自動車ではどれほど速いモデルでも10sec.を切るのは困難です。現行ワークスでも12sec.程度なのでは。ちょうど旧ミニ・クーパーぐらいの感じですね。(ミニ・クーパーは、’60年代にはラリーで無敵を誇り、当時は峠最速などと言われたクルマです。決して遅いワケではありませんが、軽自動車がこのレベルというのはかなり頑張ったと言えるでしょう。)

※量産車とは言えませんがフツーに街中を走行出来る市販車では、世界最速は3sec.を切ります。
 このクラスだともうフェラーリもポルシェもお呼びでなく、ブガッティやSSCなど大排気量多気筒エンジンにターボを沢山付けた1000馬力超級のマシンか、或いは逆にエンジンは小さいが車体が有り得ないほど軽量なケイタハム7などになります。(\1億に達するブガテッティと、\800万程度のケイタハムが同じ加速性能とは・・・・ま、加速性能だけがクルマの価値を決めているワケではありませんが・・・)

※レーシングカーはどうかというと。
 F1は、コースによってセッティングが微妙に異なりますが、0-100㎞/h加速は概ね2sec.台半ばと言われています。意外に遅いですが、これは低速走行を考慮していないギヤ比の選定と巨大なウイングが発生する空気抵抗によるもので、F1は2tに達する強力な空力的ダウンフォースでコーナリング速度を高める設計となっているからです。
 一方、コーナリングは完全無視、ゼロヨン(正確には1/4マイル)加速だけで勝負するドラッグレースの最高峰『トップフューエル』クラスのドラッグスター(あの、超ロングホイールベースの蚊トンボみたいなクルマ)だと0-100㎞/hなどと言う『低速』の性能は公表されてなく、0-160km/hが0.9sec.、4.5sec.後には530㎞/hに達します。現在では400m地点の通過速度が速過ぎで危険とされ、コースが0-305m(=1000フィート)に短縮されたほどです。(この距離を3sec.台で走り抜けます。)

>最近、テスラ・モデル3が発表され「0-100km/h加速6秒以下」としています。
>これってどれくらいですか?
>具体的な車種で教えて頂けるとうれしいです。

 0~100㎞/hが6sec.以下=5sec.台後半とすると、ちょうどポルシェ911の、ターボや4WDが付いてない『安いグレード』レベルでしょうか?スーパーカーとしては決して速い方ではありませんが、市販車としてはムチャクチャ速いクラスです。
 比較的排気量が小さい(=低回転でのトルクに劣る)日本車では、なかなか実現出来ない加速性能でもあります。

>ちなみ...続きを読む

Q何百万から高級車?

こんにちは。
先日友人と車について話していたのですが、その時友人は「クラウンは高級車とはいえない」と言っていました。
私が「新車で500万はするから十分高級車だと思う」と言うと、「普及台数から見ても、普通の人でも十分買える。普通の人がどうやっても買えない車が高級車だ。」と申しておりました。(どうやら友人は1000万以上の車しか認めないみたいです。)
確かに高級車といってもピンキリで上を見ればキリがないです。
皆さんは新車価格何百万円以上の車が高級車だと思いますか?
ちなみに私の考えでは、
500万円以上・・・立派な高級車
400万円・・・・・ギリギリ高級車
300万円・・・・・高めの大衆車
200万円以下・・・大衆車
です。(車種は特に考えていません)

Aベストアンサー

面白いテーマなので、独断と偏見による個人的見解ですが、参加させてください。

昔と違って、「価格が高い車=高級車」というイメージは薄くなってると思います。お金を貯めれば誰だってある程度の「高い車」を買えますし、中古車なら安いし。

私は1000万以上でもスポーツカーは「高級車」と呼びたくないです。独逸の某スポーツカーが大好きですが、スポーツカーは走ってナンボ、「高級車」になってはイケナイです。

高級車はセダン・リムジンで、走る姿もゆったりと威厳があって、だけど、その気になれば粛粛と加速して走り去るような車です。間違ってもお尻振って走ったりしません。
他の方が書いていらっしゃるように6気筒でないと、そういう雰囲気は出せないかな、と思います。
別格としてクラシックな馬車みたいなデザインの車は「高級」な感じがします。普通の家族持ちサラリーマンが1台目の車としてはちょっと買えないから。

私は「優雅な雰囲気」がないと「高級車」って気がしませんね。

Qなぜ3500CCの排気量のエンジン搭載車が増えたのでしょうか?

 自分自身相当のクルマ馬鹿だと思っておりますが、最近解からない事があります。 それは国産各社のラインナップに3500CCがホントに多くなってきたと言う事です。しかもその下のクラスのエンジンはほとんどが2400CCか2500CCで、いきなり1000CC近くもの差があるのはどうも腑に落ちません。かつての3000CCクラスが残っていてもいいと思うのですが、どうなんでしょうか?(例:レクサスIS、トヨタエスティマ・ハリアー・ブレイド・ヴァンガード 日産スカイライン・エルグランド・プレサージュ・フーガ等々
私なりの私見‥‥
(1)もしかするとドル箱の北米市場等で3500が税制の境目にあたる基準が ある(欧州車では1900CCや1400CCがある)
(2)安全対策等で重くなったボディーを引っ張るにはコレくらい必要
 (それならば下位グレードの2500はどうなる?)
(3)ラインナップがどんどんボトムアップしていく中では3000よりさらな る大きなエンジンが必要
(4)3000と3500でエンジンを2種類持つのは非効率
(5)実は3000でも3500でもエンジンの制作にかかるコストはほとんど変わ らない

かつて、昭和末期の頃でしたでしょうか?
まだ3ナンバー車の諸税が高かった頃は一部のクルマを除き3000CCというのが国産のほぼ最高排気量でした。フロントグリルやトランクリッドに誇らしげに付けられた3000の文字に憧れと威圧感と重厚感と‥‥様々な感情を抱いたものです。

事情通の人やみなさんなりの私見をお持ちの方がいらっしゃれば
御回答、書き込みよろしくお願い申し上げます。

 自分自身相当のクルマ馬鹿だと思っておりますが、最近解からない事があります。 それは国産各社のラインナップに3500CCがホントに多くなってきたと言う事です。しかもその下のクラスのエンジンはほとんどが2400CCか2500CCで、いきなり1000CC近くもの差があるのはどうも腑に落ちません。かつての3000CCクラスが残っていてもいいと思うのですが、どうなんでしょうか?(例:レクサスIS、トヨタエスティマ・ハリアー・ブレイド・ヴァンガード 日産スカイライン・エルグランド・プレサージュ・フーガ等々
私なり...続きを読む

Aベストアンサー

これはもう北米の売れ筋の排気量に合わせたということでしょう。
排気量的に言うと4LならV8になってしまうのでV6の上限と言うことで3.5Lが中心になっているんじゃないですか。
4気筒も2.4Lが主流のようですしね。
車が全体的にサイズアップし排気量もそれに合わせて拡大が続いてきた結果だと思います。
また北米でもV6は高級版、直4は普及版というクラス分けがありますので商品展開上必要なんでしょう。

日本では税制上3Lで区切ることが多かったのですが3Lを買う人にとっては3.5Lに増えた分の自動車税の差額はそんなに気にならないのでは。
それよりもどうせ高価な車を買うならパワーのあるほうを選ぶというユーザーが多いということもあるんでしょうね。

昔の日本のエンジンは6気筒でも2000から3000ccを想定したものが多かったと思います。
何しろ主力が2L6気筒ですから出来るだけ小さく軽く作るには上限3L程度を想定しなければ無理だったんだと思います。
トヨタの1Gの様に最初から2Lに絞った6気筒エンジンでは排気量アップも難しかったのですがその分小さく軽いエンジンでした。
最近では2L6気筒の需要も無くなりましたね。

これはもう北米の売れ筋の排気量に合わせたということでしょう。
排気量的に言うと4LならV8になってしまうのでV6の上限と言うことで3.5Lが中心になっているんじゃないですか。
4気筒も2.4Lが主流のようですしね。
車が全体的にサイズアップし排気量もそれに合わせて拡大が続いてきた結果だと思います。
また北米でもV6は高級版、直4は普及版というクラス分けがありますので商品展開上必要なんでしょう。

日本では税制上3Lで区切ることが多かったのですが3Lを買う人にとっては3.5...続きを読む

Q乗り潰すって、何年・何kmくらいのイメージですか?

自家用乗用車についてですが、
この車は乗り潰すつもりだ。という話を散見します

では、いったい何年・何kmくらい乗れば乗り潰したと言えるのでしょうか?
距離や期間以外の見方でも結構です
回答者さまの主観をお願いします

私は、少し前まで乗っていた車を乗り潰すつもりでいましたが、15年・25万km時に諸事情で泣く泣く手離しました
手離す時まで、全く故障もなく絶好調で、少なくとも月(38万km)までは乗りたかったです
月まで行けば乗り潰した感が得られたかもしれません。

Aベストアンサー

一応自分の中では10年か10万キロ走行すれば一定の区切りだと思っています。

とはいっても私自身10年か10万キロもしないうちに買い替えてきましたから説得力はありませんね。

また1年の走行距離も人や地域によっても違うので、年数は新しくても極端に走行距離が多かったり、その逆で古いのに走行距離が少ない場合もあります。

「車」という道具として考えればメンテナンス次第では20年でも20万キロでもずっと乗り続けている人も大勢いますが、結婚や子供や老後など生活環境の変化、古い車は税金や整備費が高いなど、「感覚的な部分」で乗り潰すというのが大半かと思います。

トータルで考えると人気のない比較的新しい中古車を乗り続け、修理費が中古車が買えるほどに掛かるようであったり、完全に部品がないなどすればまさしく乗り潰したと言えるでしょう。

Q国産車でLEDウィンカーが普及しない理由

欧州車では2005年ごろ(?)から採用されているLEDウィンカーですが国産車では殆どが電球です。
テールランプはLEDが採用されている車種がたくさんあるのですが。
コストの関係(高輝度のオレンジLEDは赤より高い?)もあると思いますが
欧州車はメルセデスのAクラス(W176)でもLEDウィンカーが採用されています。

国産車で1番コストとは程遠いレクサスでも現行LSとNXを除いて電球です。
4000万円近いLF-Aでもウィンカーは電球です。

特に現行のLSが登場した際には日本車もLEDウィンカーがどんどん普及するかと思いましたが、
その後に出た現行ISは電球であり、現行クラウン(210系)も電球でした。

個人的にはコスト面以外にも法規的な問題(明るさではなくW数で決められていたような…)
もあると思いますが、レクサスLSなどでは採用されていますし、恐らく国内初だと思うのですが
一時期初代エスティマハイブリッドでテールのみLEDウィンカーが採用(オプション?)
されていたと思うのですが、それ以後ぱったり消えてしまいました。

というか純正採用されている車種が初代エスティマハイブリッド、現行LS、現行スカイライン(V37)、NXしか無いような気がします。
国産車ではここまで普及しない理由はなんなのでしょうか?

最近アウディが流れるLEDウィンカーを純正採用した事により
国交省でも正式に認可されたようです。
これにより今後は国産車でもLEDウィンカー搭載の車種が増えていくのではと思っているのですが…。

欧州車では2005年ごろ(?)から採用されているLEDウィンカーですが国産車では殆どが電球です。
テールランプはLEDが採用されている車種がたくさんあるのですが。
コストの関係(高輝度のオレンジLEDは赤より高い?)もあると思いますが
欧州車はメルセデスのAクラス(W176)でもLEDウィンカーが採用されています。

国産車で1番コストとは程遠いレクサスでも現行LSとNXを除いて電球です。
4000万円近いLF-Aでもウィンカーは電球です。

特に現行のLSが登場した際には日本車もLEDウィンカーがどんどん普及するかと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

>日本車はやはり実用性重視といったところかと思いますが、
>世界初のLEDヘッドライトを搭載したのはLSだったり、

これは、LSを発売するうえで、何も最新技術が無いのでは話題性に欠けると言う事で、その為だけに急いで乗せたと言うのが現実の話です。
その為の弊害もたくさん起こって居たのは裏話になるんですけどね。

>古い法規上の観点からそうせざるを得ない、
>特にデザインなんかでもどうしても欧州に遅れをとるのは古い保安基準なんかが影響してるのかなぁと思っています。

保安基準の問題じゃないですよ。
保安基準の問題なら輸入車だってダメなのです。
だから有名な所では、以前は日本では後方赤色のウインカーは認められていましたが現在では一切認められません。
輸入車であっても禁止されています。

安全性とデザイン性のどちらを取るかと言う事ですね。

ウインカーに関しては、明るさと点滅周期、見える範囲の規定があります。
見える範囲を広げる、明るさを明るくするためには、LEDの個数を増やさなければなりません。
この手のランプに使えるLEDは1つで数十円以上します。
これが1個ではすみません。
電球なら数十円の物1個のみで用が足ります。


>LEDとはいえ球が切れないわけじゃないので
(初期の180系クラウンやプリウスなどではハンダが振動で切れたのか妙に暗かったり部分的に消えてるのが稀にいます)

これも業界では有名な話。
LEDは、明るさと色で同じ型番の物でも、結構広いずれが起こります。均一の物が作れないのです。
その為、作った物を選別してランクに分けられます。
これはロットでまとめてではなく、1個1個に対して測定をしながら選別されます。
本来は近い3つのランクなどを使うのですが、LEDメーカーはランク指定納品だと、それ以外のランクの物が大量に余るので、嫌なのです。
ランクフリーとすると、選別検査自体が不要になるので、値段が安くなります。
しかし、トヨタは、明るさのランクなんて関係ない。値段優先!と言ってランクフリーを使った結果、おなじランプユニットの中でも、明るさのまちまちなLEDが搭載された物が出来た訳です。
結構トヨタの中で問題になった話ですが、異常ではない!と言う立場をトヨタでは通しましたね。
自動車業界や自動車の電装関係のメーカーでは良く知られている話です。


>コンピュータというと大げさですが
実際のところメカニカルからICリレーに変えるのがそこまで高いとは思いませんし

メカニカルリレーの中身は、バイメタルと調整ネジ、接点だけです。
自動車メーカーに納められる値段は、100円程度からあります。

電子リレーのユニットは、ウインカー用に開発されたのIC、電流測定用の精密抵抗、リレー、サウンダなどが入って居ます。
構造的にまるっきり機械式の物は安くて簡単に出来ているので、値段はまるっきり違うような価格ですよ。


>最終的には我々日本人がデザインはともかく安くて実用性のあるものを求めているって事になるのですね…。

こういう所の掲示板や自動車雑誌を見て気づきませんか?
どうやって安く買うのか、値引きさせるにはどうやればいいのかと言う質問だらけです。
あのメーカーの車と、このメーカーの車で相見積りを取る。
値段優先で、その車種への思いやりなんてないと言う事ですよね。
あっちがガソリンを入れてくれると言ったから、あっちで買います。
そんな購入者が多い中で、見た目の為に部材の値段を上げると言うのは、無茶な話なんです。

いくら見た目をよくしたって、値段が上がったらどうにもならないんですよ。日本の場合。
車自体に関心が無い人たちがどんどん増えている状態ですからね。

>日本車はやはり実用性重視といったところかと思いますが、
>世界初のLEDヘッドライトを搭載したのはLSだったり、

これは、LSを発売するうえで、何も最新技術が無いのでは話題性に欠けると言う事で、その為だけに急いで乗せたと言うのが現実の話です。
その為の弊害もたくさん起こって居たのは裏話になるんですけどね。

>古い法規上の観点からそうせざるを得ない、
>特にデザインなんかでもどうしても欧州に遅れをとるのは古い保安基準なんかが影響してるのかなぁと思っています。

保安基準の問題じゃない...続きを読む

Qタイヤ幅が違うサイズのタイヤははけますか?

タイヤを点検していたら内側の溝がなくなっており、つるつるしているのでタイヤを4本とも新品に変えようと思います。主に街乗りがメインです。

現在は前輪が225/45ZR17、後輪が255/40ZR17ですが、タイヤを交換する際はタイヤ幅も現在と同じものを選ばないといけないんでしょうか?
前輪が235/45ZR17、後輪が265/40ZR17のタイヤをはくことはできますか?

車はソアラ(JZZ31)で車高は若干落ちています。ホイールは17インチですが、中古で買ったためにそれ以上のことはわかりません。

またタイヤの幅が太くなるにつれてのメリットとデメリットを教えてください。

将来的にはスペーサーをつけてツライチにしたいと思います。ツライチにする場合はタイヤ幅が大きいほうがいいんでしょうか?

現在、足回り関係勉強中なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タイヤ交換時の注意点について
→先ず、標準のタイヤの外径を調べます。
ノーマルタイヤが215/60R-15(639mm)となっている、ということですからインチアップでもこの外径を基本とします。
そして現在はフロントが225/45ZR-17(634mm)、リアが255/40ZR-17(636mm)を履いている・・・。前オーナーは間違いの無い選択をしていた、ということになります。

>質問の現在のタイヤを1サイズアップ(ワイド化)してもいいのか?
→外径的には235/45ZR-17(644mm)、255/40ZR-17(636mm)、265/40ZR-17(644mm)が合います。

ホイールの幅としてはフロント=7.5J、リア=9Jが最適リム幅です(もち、F=7~8.5J、R=8.5~10Jくらいの許容差があります)。
ホイールに幅サイズが刻印されていると思いますのでチェックしてください。

現在、タイヤの装着状態はいかがですか? フェンダーからの余裕は? 10mmくらいの余裕があれば希望のタイヤは履けるでしょう(タイヤ幅も約10mmくらい広くなります)。
これ以上はオフセットとの兼ね合いも有り、何とも言えません。

>幅広タイヤのメリット/デメリットについて
→デメリットとして燃費が悪くなる、直進性が悪くなる、ワダチでハンドルが取られやすくなる、ハンドルに振動が伝わりやすくなる、柔なボディ造りだとキシミ音が出やすい、ロードノイズが出やすい、パワーのない車だとコーナーリングスピードが落ちる、挙動が出るのが分かりにくい、操舵が重くなる、サスに衝撃がきやすい、アライメントを調整しなくてはならない、価格が高くなる、パーツとして重くなる・・・などなどです。

→メリットは、ハンドリングがクイックになったと感じる、パワーがあればコーナーリングスピードが増す、制動力がアップする・・・などです。

単純に幅広タイヤに交換したからと言ってもあまりメリットはないように思います。但し、サス交換やパワーアップなどを行えば幅広タイヤの効果は素晴らしく上がりますけどね。

私としては現状のサイズでOKであり、ツライチにしたければスペーサーで調整すればいいことだと思います(或いはオフセットでツライチになるようなホイールを選べばいいことです)。そんなに幅広タイヤに拘ることではないと思います。デメリットのことをよーく考えてください。

※アライメントは必ず調整しましょう。幅広タイヤになれば当然ながらトレッドが広くなります。主に街乗りがメインということですからノーマル(標準)の調整にしてもらえばOKです。

>タイヤ交換時の注意点について
→先ず、標準のタイヤの外径を調べます。
ノーマルタイヤが215/60R-15(639mm)となっている、ということですからインチアップでもこの外径を基本とします。
そして現在はフロントが225/45ZR-17(634mm)、リアが255/40ZR-17(636mm)を履いている・・・。前オーナーは間違いの無い選択をしていた、ということになります。

>質問の現在のタイヤを1サイズアップ(ワイド化)してもいいのか?
→外径的には235/45ZR-17(...続きを読む

Q高級車とかでやたらピカピカな車はどうやってるの?

 こんにちは。

 町でよく見かける、怖そうな人が乗っている黒塗りの
グロリアなどの車は、他の車よりもピカピカに見える
のですが、あれはどうやっているのでしょうか??

 ガソリンスタンドの機械で洗った後、家でワックス
をかけたりしているのですが、どうも光沢がそれらの
車には勝てません・・うちの車がしろだからでしょうか??
車をピカピカに光らせる方法をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月に一回または週一でコーティング(洗車機でノンブラシでコーティング)たまにポリマー加工をします。あまりワックスはかけません。ワックスはどうしても夏場は溶けて水垢を取り込み頑固な汚れになりやすいためです。

 本当に輝かせるのでしたら、研磨剤なしのカルナバロウの純度が高いワックスを塗りこむことです。ワックスの輝きに勝てるものはありません。(好き嫌いは分かれますが)特に濃色はワックスの種類、もともとの塗装の強さで輝きが違います。軽自動車と高級車の違いはやはりすぐわかります。


 <ぴかぴかにする方法>

 車を日陰でまず水をかけてあらかた砂埃を落とす。(中途半端に洗い流すといくら洗剤をつけていても傷が付きます)

 シャンプーを泡立てて泡をたくさん作る。

 泡を惜しみなくボディーにかけ、洗剤を染み込ませたきれいなタオルでなでながら洗っていく。(絶対に力を入れてはいけません)

 とにかくきれいに洗い流す、洗剤を残してはいけません。

 軽く、人工セームでふき取ったらボディーがぬれている間にワックスをかけます、鉄粉が付いているようなら鉄粉除去ネンドで取り除いてから作業に移ります。下地作りといってコンパウンドなんか使わない。(素人が下手にコンパウンドを使うとただキズを付けるだけです)

 ワックスは大体5分くらいでボディー全体に塗ってしまいます。たてたてよこよこ(早く塗らないと周りからのほこりが付いて研磨剤になります)

 塗り終わったら、始めに塗ったところからネル布(できればふき取り用の布)などのやわらかいもので5分以内にふき取ります。ここでも絶対に力を入れてはいけません。

以上です。


 白色車の場合は、水垢がとても目立ちます。できることならガソリンスタンドにあるような白色車専用ポリマーを使うのがいいのですが、市販品ならドイツ製のポリラックをお勧めします。水垢のような汚れがとてもきれいに落ちます。ちょっと高価で、親水性(水をはじかない)なので好き嫌いが分かれます。

 白色車も手入れしている車とそうで無い車は輝きがまったく違います。しかし、間違っても強アルカリ性のもの、荒いコンパウンドで水垢を落とすような製品は塗装に悪いですのでお勧めしません。


 あと最後に、洗車機で洗っていらっしゃるとのことですがブラシの種類にこだわってみるとだいぶ違いますよ。スポンジか布をブラシとして使っている洗車機で洗うと結構傷はつかないものです。拭き上げに数枚の人工セームを使う。同じタオルで一台を仕上げないでどんどんタオルを換えるといいです。

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月...続きを読む

Q排気量と馬力の違い

クルマの排気量と馬力とはどういう意味で、
どのような違いがあるのか教えて下さい。
ちなみにクルマ初心者です。

Aベストアンサー

>排気量

エンジンが力を出す為に、空気と燃料を吸い込んで燃やす円筒状の場所があり、燃えた後は排気します。この吸い込んだり排気したりする量が排気量で、容積なのでcc(立方センチ)で表します。例えると、2000ccは2リットルのバケツ、1000ccは1リットルのバケツで、2リットルのバケツの方がたくさんの水が運べるのは明確ですね。

>馬力

2リットルのバケツがたくさんの水を運べると言いましたが、これは1回当たりの量ですので、時間は入っていません。同じ時間でどれだけ運べるかが馬力で、2リットルのバケツ1回と、1リットルのバケツ2回では同じ馬力という事になります。車では馬力が大きければ、多くの人や荷物が運べ、人や荷物が同じならより速く運べる事になります。

1000ccのエンジンには1000ccの空気と燃料しか入らないので、排気量=馬力と考えて差し支えなく、2000で100馬力と140馬力を比べても実用上大差なしです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング