A3,A4,B5などの紙の規格サイズってどうやって決めている
のでしょうか?なぜ数が小さい方が、紙は大きいかなど??

A 回答 (3件)

前のお二方がご質問に十分に回答されているので、おまけです。



A列は欧州、B列はアジアで主に使われてきました。
日本では昔から四六版というサイズが使われていたのですが、Bサイズとほとんど同じだったのでBサイズへ移行が容易だったと聞いています。
しかし20年前あたりからオフィスでコンビュータが導入され始めたのを契機に、Aサイズ(特にA4)が広く使われるようになりました。

一方、アメリカはLETTER,LEGALという、独特のサイズが主流です。(最近ではA4も使われだしたようですが)
LETTERのサイズは8.5インチ×11インチ(25.4mm/inch)
LEGALのサイズは・・・・忘れました。(おおよそB4ぐらいで、主に貿易関係で使われていたようです)

以上、おまけでした。
    • good
    • 0

A版B版はもとの大きさ(全紙)の大きさの違いです。


どちらも紙の横と縦の比率は1:√2になっているので、2つ折にしても縦・横の比率が変わらないという特性を持っています。
それぞれ全紙から取れる一番大きなサイズを1番、紙の長辺の方を2つ折りにしたのが2番、さらに2つ折りにしたのが3番というように、2つ折りにするにしたがって4番、5番・・・・としてサイズを決めます。(A版の4番=A4)
...と言うわけで、数字が大きくなればなるほど折りたたむ回数が多いので紙の大きさは小さくなります。

参考のHPもご参照下さい

参考URL:http://www7.wind.ne.jp/hiraide/basic/size1.html
    • good
    • 0

A版は1平方メートル、B版は1.5平方メートルの面積が基準で


縦横の比率が1:√2となっています。
どちらも、ゼロから始まり、半分に折るようにして
1,2,3,4と増えていきます。

詳しくは、参照ページを見てください。

参考URL:http://www.murata4.co.jp/08omake/05kousaku/08kih …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ