「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

光合成細菌(紅色)を増やしたいのですが、うまく出ません。
今までは、水に有機液肥を入れて、元となる市販の光合成細菌をいれ、1日たってから、光合成細菌のエサとなるクロレラをいれて、暖かいところで放置しておくだけです。少しは、赤色になるのですが、ほんとうに薄い色です。あまり光合成細菌は増えていないようです。
使う目的は、農業の花の栽培で、土にやろうと思っています。
そんなに、多量に必要ではないのですが、失敗続きで、なんとかもう少し、色のつく(光合成細菌の多い)水を作りたいのです。どなたかお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.最初に入れる水はどのようなものをご利用ですか。

蛇口から出た水道水を直ぐに使っているとすると、水道水中の塩素によって菌が死んでいる可能性がありますよ。水道水なら1日位おいてからご利用ください。
2.光合成細菌は炭酸ガスを消費します。容器の大きさ・形状によるので、何とも言えないのですが、放置しているだけで、容器内に光合成細菌以外の生物がほとんどいないとすると、炭酸ガス不足になっている可能性があります。このような時は間欠曝気(定期的に水中に泡を送ってやること)をすると改善される可能性が高いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

1については、地下水を利用しています。
2については、100リットルの丸タンク(青色)を使用しています。
炭酸ガスですか、気が付きませんでした。光合成細菌は嫌気状態でも生きていけると本で読んだことがあるので、増やすということにおいて、空気が必要なのか、あったらいけないのか実際よくわかっていませんでした。参考になりました!

お礼日時:2001/04/13 12:43

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


================================
光化学エネルギー変換/金子正夫/アイピーシー/1997.6 
光合成微生物における多様性の新展開/日本農芸化学会関東支…/1995.2 
生物反応素子によるエネルギー変換技術に関する調査/2/新エネルギー・産業技…/1994.3 
光合成細菌で環境保全/小林達治/農山漁村文化協会/1993.11 
生物反応素子によるエネルギー変換技術に関する調査/新エネルギー・産業技…/1993.3 
現代植物生理学/1/宮地重遠∥〔ほか〕編…/朝倉書店/1992.2 
農林水産業における自然エネルギーの効率的利用技術に…/総括集/農林水産技術会議事務…/1990.3 
物質生産の生態学/黒岩澄雄/東京大学出版会/1990.3 
光合成で機能する酵素・蛋白質と遺伝子の解析/農林水産技術会議事務…/1989.3
光合成活性を規制する生理的及び遺伝的要因の解析/農林水産技術会議事務…/1989.3 
光合成の遺伝・分化と葉の老化/農林水産技術会議事務…/1988.3 
光合成産物等の変換、転流と蓄積の制御機構/農林水産技術会議事務…/1988.3 
===========================================
これらの本の中に記載があれば良いのですが・・・?

さらに、RITE・NEDO等の研究報告書を検索されては如何でしょうか?

あるいは文献検索した方が早いかもしれませんね?

ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
また、お礼を書くのが非常に遅くなってしまい申し訳ありません。

実は、私のパソコンが調子が悪く、
ブルー画面の「ディスク書き込みエラー」が頻発に出て、リカバリィーCDから再インストールしました。ブルーのエラー画面はでなくなったのですが、「不正な処理」「強制終了」のオンパレードで、どうすることも、できませんでした。どうも、ソフトが競合しているようなのですが、どれが原因のソフトかもわからず、完全フォーマット、再インストールなどを繰り返して、眠れない夜が続いたわけです。いまでも、一部のソフトが使えませんが(不正な処理を行ったので・・・がでます、(泣))なんとか、インターネットが使えるよになり、こうしてお礼を書かせてもらっている状態です。

ご回答につきましては、専門的な物が多いので、じっくりと検討させてもらいます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/22 15:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光合成細菌の採取方法について

今、高校で光合成細菌について実験をしています。
それで、購入した菌と天然の菌で効果を比べようと思っています。
けど、どうやったら採取できるのかわかりません><
学生でもできるような採取の仕方を教えてください!
また、採取後の保存方法も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考記事の抜粋です。

ため池の泥を一握りとってきて、青草と一緒にバケツに入れ、水を張って嫌気状態にしました。1週間くらいたった頃でしょうか、水がうっすらと赤茶けてきました。顕微鏡で見ると光合成細菌がいるのです。

だしの素(カツオだし)や酢、天然塩を入れて実験してみました。これならスーパーで入手できる材料です。1.8リットルの液肥の容器に元菌(MPB)とそれらのエサを入れ、日当たりのよい場所に置き・・

詳細は次の記事をどうぞ。

http://www.ruralnet.or.jp/gn/200908/hana.htm

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Qインフゾリアの沸かし方

初めてインフゾリアを沸かしています。

水槽の水(1Lぐらい)にキャベツを小さく切って数枚と牛乳を数滴を入れて25度ぐらいで沸かしていると2-3日でもやもやが出てきました。
顕微鏡や虫眼鏡がないため、動いているのを確認してはいないのですが、
1週間たって、ゼリー状の膜が張り、中も分離した感じになってしまいました。
匂いはかなり近くに寄らないと臭わない程度です。
膜はスポイトで突くと塊になっていて、スポイトでは吸えないぐらいに固くなっていました。
インフゾリア沸かしに失敗したのでしょうか?

簡単確実に沸かす方法あれば教えてください。

また、現在水槽の中に容器を入れて25度にしていますが、これは不要ですか?
保存方法なども教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

確実に沸かしたいのならインフゾリアの素を購入して沸かすのがベストだと思います。インフゾリア(生体)を販売している通販もあります。

自分の場合はインフゾリア(ほとんどゾウリムシ)をペットボトルで飼育しています。5日ほどでインフゾリアがうじゃうじゃになります。(ルーペでないと見えませんが・・・)
大繁殖したら必要量を使用して100mlぐらい残して後は捨てちゃいます。残りの100mlでまた大繁殖をさせて更新していきます。保存方法は加温はしていません。関東なので冬でも部屋の中が10度以上あります。インフゾリアの入ったペットボトルを水槽台の下において、1日一回上下に振って酸素供給してやるぐらいです。

どのような飼育魚に利用するのかはわかりませんが、入れすぎると捕食生物(ヒドラ&プリナリア等)が沸いてくるので入れすぎには注意が必要です。
捕食生物も食べるような飼育魚がだったら問題ありませんが。

Q籾殻の発酵について教えてください。

籾殻の発酵・分解について教えていただきたくお願い致します。

保管している籾殻(屋根はない)が水分を吸収してしまいました。

籾殻は水分だけで、発酵・分解することはありえるのでしょうか?
また、そのことによって籾殻成分が流出することは考えられますか?
水分で発酵・分解したとして、そのとき、籾殻成分以外のほかの物質が発生することは考えられますか?発酵・分解する条件として温度などわかりましたらお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは.
私も籾殻が無料で大量に入手できますので,
土壌改良の点で腐葉土つくりに毎年使用しています.
そこで経験上の知識を述べておきたいと思います.

>籾殻の発酵・分解について教えていただきたくお願い致します。
>保管している籾殻(屋根はない)が水分を吸収してしまいました。
>籾殻は水分だけで、発酵・分解することはありえるのでしょうか?
>また、そのことによって籾殻成分が流出することは考えられますか?

私の場合籾殻単体での使用はありません.
毎年秋になると山に散策を兼ねよく車で出掛けますが,
その際に広葉樹の半分程度腐葉土化した落ち葉を土嚢袋で収集し持ち帰ります.
その後,自宅畑の隅に積み重ねる時に,鶏糞と菜種油粕と,
近くの農協の精米所から分けてもらった籾殻を適度に混ぜ合わせ放置します.
比率については適度に量を調整しているために計量はしておりません.

春を迎える半年後には完熟していない部分も残っていますが,
畑の土に多量に混入して使用しています.
よく言われる「発生するガスによる根の被害はありません」

この件については,籾殻を含む畑の土は水捌けが非常に好く,
散水の際に多量に散水し,
土壌中の空気の入れ替えが行われている物と認識しています.
反面多量の水遣りによる『肥料成分の流亡』が考えられるので,
『鶏糞』『菜種油粕』の有機質肥料を元肥として施肥しています.

現在のその腐葉土投入の畑の状態を示すために,
添付画像として投稿しています.
画像内の植物は『赤芽の里芋』の茎の部分で,
白線○の中は,形状を残す『籾殻』が複数固着した状態の部分です.
広葉樹の落ち葉は,少し原型が残っています.
里芋は,8枚の葉が茂っており茎元は直径15cm,高さ1.5mほどで,
小芋も4~5個ほどついており順調に生育しております.

籾殻の成分(主に珪酸)の流失については知識がありません.

>水分で発酵・分解したとして、
>そのとき、籾殻成分以外のほかの物質が発生することは考えられますか?
>発酵・分解する条件として温度などわかりましたらお願い致します。

他の発生物質としては,先述したように腐熟過程で有害ガスの発生が考えられますが,
現在まで栽培上の問題として体験・認識した事は一度もありません.
良好な腐熟過程の条件としては,自然に任せた放置であるため
冬の期間に野積みしているのだけであり考えた事はありません.

春の植え付け前の畑に腐葉土を投入する場合,
腐葉土の中に多量のミミズが観察されます.
現在の畑を暗くなって明かりで照らすと,
表土から身を乗り出していた多くのミミズが,
急いで土の中に逃げるのがあちこちで観察されます.

このようにミミズが多量に居るために,
時々野生の狸が畑を掘り起こすなどの被害もあります.
ただし現在まで狸が土を掘り起こす際に,
苗や作物を掘り起こすなどの直接の被害はありません.

さらに,ミミズを餌とする『コウガイヒル』も多量に発生し,
毎夜に時間を見て畑の表土にいるのを焼殺しています.

『コウガイヒル』に追われてミミズが表土から飛び出して逃げ惑うのを,
毎晩観察しています.http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5147487.html

ミミズは年間を通し『落ち葉の腐葉土化』と,『糞による土の団粒化』,
『表土の転地換え』の作業をしてくれる最も優れた畑の生物です.

自然に任せたこの腐葉土化の作業が,私にはもっとも適しているように感じ,
これからも同じ作業を繰り返す予定です.

この的外れとも思える回答が,
ご質問者さまの参考の一助になれば幸いです.

こんばんは.
私も籾殻が無料で大量に入手できますので,
土壌改良の点で腐葉土つくりに毎年使用しています.
そこで経験上の知識を述べておきたいと思います.

>籾殻の発酵・分解について教えていただきたくお願い致します。
>保管している籾殻(屋根はない)が水分を吸収してしまいました。
>籾殻は水分だけで、発酵・分解することはありえるのでしょうか?
>また、そのことによって籾殻成分が流出することは考えられますか?

私の場合籾殻単体での使用はありません.
毎年秋になると山に散策...続きを読む

Q薫炭(くん炭)のカリ成分は?

薫炭(くん炭)のカリ成分は?
毎年もみがらを薫炭(くん炭)にして野菜畑で肥料と一緒にすきこんでいます。土壌改良材として有益で特に施用量関係なく作物によいとのことですので、結構多量に施用してきました。(1平方メートルあたり5リットルくらいまいたこともあります)
ところが、今日知りました・・・薫炭には、1.アルカリ化作用と2.カリ成分があるとのことです。
1.につきましては、堆肥も豊富に投入しており、かつ長年石灰施用をやめているのに、なぜか酸度計で測るといつも7付近で、一向に酸性方向へ移行していかない・・・というナゾの原因かもしれないということであり、問題解決につながるかもしれず、結構なことです。
2.につきましては、今までは薫炭のカリ成分など考えもせず、野菜ごとのNPKをあんばいして施肥して来ました。しかし薫炭にカリが沢山含まれているのなら、カリ過剰のおそれありです。カリ過剰は決して作物にはよくないので、今後は薫炭のカリ分にも注意すべきだ、と思うわけです。
そういうことですので、もみがら薫炭のカリ成分量につきまして、どの程度と考えたらよいでしょうか?
(きわめて軽いものですし、湿度によって重量も変わるとおもうので、『重量あたりの含有量』では変動が大きいかもしれません。『容積あたりの含有量』ならかなり妥当かもしれません・・・)
ま、とにかく、何かの基準をお教えください。
よろしくお願いします。

薫炭(くん炭)のカリ成分は?
毎年もみがらを薫炭(くん炭)にして野菜畑で肥料と一緒にすきこんでいます。土壌改良材として有益で特に施用量関係なく作物によいとのことですので、結構多量に施用してきました。(1平方メートルあたり5リットルくらいまいたこともあります)
ところが、今日知りました・・・薫炭には、1.アルカリ化作用と2.カリ成分があるとのことです。
1.につきましては、堆肥も豊富に投入しており、かつ長年石灰施用をやめているのに、なぜか酸度計で測るといつも7付近で、一向に酸性方向へ移行してい...続きを読む

Aベストアンサー

再質問について---------------

堆肥の酸性化阻止能は堆肥の材料によっていろいろですが、多くの場合に酸性化を抑えると考えて良いと思います。

クン炭を沢山まいた場合は、カリ分を減らすことができます。

酸性化させたいのであれば、硫安は選択肢の一つです

上に書いたように、クン炭を沢山撒いた場合は、塩化カリを減らしたり、場合によってはゼロにすることも可能です。

鶏糞では、窒素・リン酸・カリのバランスでは、リン酸が多いです。カリは特に多くはないので、さほど気にすることはありません。

Q酵母菌の培養方法

酵母菌の培養方法について教えてください。グルコース過剰の培養液を調整し、酵母菌粉末を添加しました。その後酸素に触れない状態で培養した方が良いんでしょうか?
また、培養中は振とう培養した方が良いでしょうか?
整地培養した方が良いんですか?

Aベストアンサー

あなたのしたい培養は酵母の数を増やすための培養でしょうか、それともアルコールを作ることでしょうか?

個体数を増やさないと効率の良いアルコール発酵は出来ません。アルコール発酵させるためには酸素の少ない環境が必要です。ですから酵母の数を増やしてから、低酸素状態に置くことで酵母はアルコールを作り始めます。(糖が残っていることが前提ですよ)

Q日本での稲・麦の収穫時期について

稲の収穫はだいたいが10月、麦の収穫はだいたいが6月という情報を持っているのですが、それらの収穫時期がどれくらいの幅を持っているのかが知りたいと考えています。

稲および麦のもっとも早い収穫時期、もっとも遅い収穫時期はどれくらいなのか、ご存知の方がおられましたら是非教えてください。
また、日本全体として、最も早い時期と遅い時期を端として、正規分布(横軸に収穫時期、縦軸に収穫高をとったとき、つり鐘型になる)になっているでしょうか。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本として、水稲や麦の収穫は品種、地域の栽培体系により変わってきます。例えば南から北に順に収穫期が移行していくというような、順序というのは基本的にはありません。ですから収穫期については稲・麦それぞれの全国総体としての傾向値としてとらえる形になるかと思います。

稲は早いもので8月の下旬、遅いもので10月下旬くらいが収穫期となります。8月下旬収穫のものは九州のコシヒカリや温暖地域でのあきたこまちなど、早期収穫を狙って栽培されるものです。遅いほうの収穫は、品種的なものがあるので地域は絞れません。収穫の遅い晩生品種を用いた栽培体系の収穫であり、概して温暖地になろうかと思います。

麦については、大麦(2条、6条)や小麦によっても異なりますし、それぞれの品種によっても違います。しかし基本的には稲ほどの幅はなく6月中に収穫が終了するものです。ただ、小麦については春蒔きの小麦と冬蒔きの小麦が存在します。6月収穫するものは冬蒔きのもので、日本の殆どの小麦は冬蒔きですが、北海道等の積雪地帯では冬蒔き小麦の栽培ができませんので、春蒔きのものを作っています。

>日本全体として、最も早い時期と遅い時期を端として、正規分布(横軸に収穫時期、縦軸に収穫高をとったとき、つり鐘型になる)になっているでしょうか。

なっておりません。前述した通り、品種などにより栽培期間が異なるため、収穫時期の早いものと遅いものでは品種や栽培体系が異なるため、単純な比較ができないのです。
なお、適正な収穫期にあれば稲、麦とも収穫量は変わりません(品種の収穫量差はある)
余談ですが、食味などは(地域が同じであれば)早期栽培のものが良いといわれています。

>私は日本における稲や麦の月別の収穫高を知りたいので
全国として月別の収穫高は把握していないはずです。ただ大抵の都道府県は収穫の進捗状況について調査をしているはずですので、農林水産省の統計で把握する都道府県別の年の収穫量、反収、栽培面積と、都道府県ごとの収穫の進捗状況、を組み合わせれば、ある程度の推測は可能かと思われます。(ただ、全ての都道府県に問い合わせをすることになると思います)

>二期作をする場合はいつ頃といつ頃が収穫時期なのかももしご存知ならば教えていただきたいと思います。

現在米あまりのため、2期作はしないように指導が行われています。沖縄の極一部以外ではやっていませんので無視して良いかと思います。

基本として、水稲や麦の収穫は品種、地域の栽培体系により変わってきます。例えば南から北に順に収穫期が移行していくというような、順序というのは基本的にはありません。ですから収穫期については稲・麦それぞれの全国総体としての傾向値としてとらえる形になるかと思います。

稲は早いもので8月の下旬、遅いもので10月下旬くらいが収穫期となります。8月下旬収穫のものは九州のコシヒカリや温暖地域でのあきたこまちなど、早期収穫を狙って栽培されるものです。遅いほうの収穫は、品種的なものがあるの...続きを読む

Qイースト菌の作り方

学校の課題研究でイースト菌を作ろうと思い、インターネットで検索したのですが、見つかりません。一体どうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

「天然酵母」で検索してみてください
ほとんどは自分で天然酵母を作ってパンを焼いているお店のHPですが
中には天然酵母の作り方を書いた個人のページがあったりします(もちろん市販の本もありますです)

それか先日鉄腕DUSHという番組で天然酵母を使ったパンづくりをやってましたので
番組のHPをみるのもいいでしょう

鉄腕DUSH-DUSH村-天然酵母パンhttp://www.ntv.co.jp/dash/village/05_ryou/2006/05/index.html

一番大切なのは温度管理です
ぶっつけでやらないで、その温度を保てる環境がつくれるかどうか試してから
実行してみてください。最悪食中毒ということもありますから、においなどにも気をつけて観察してくださいねー

参考URL:http://www.ntv.co.jp/dash/village/05_ryou/2006/05/index.html

QPSBについておしえて下さい

ピンポンパールを飼っています。
以前、ペットショップの人にすすめられてPSBを飼いました。かなり大きい瓶にはいっているものです。水替えをする際にちょびちょびいれています。

だけど、PSBって生きたバクテリアなんですよね?本当に生きているかどうかも疑問なんですが、生きてるというからには、早めに使った方がいいような気がします。

水替え時以外にも入れていいものでしょうか?
入れすぎるとよくないでしょうか?
PSBについてわかることがあったら、なんでもいいのでおしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
PSBは紅色硫黄細菌、紅色非硫黄細菌という光合成細菌の種類でアクアリウムにはとっても有益なバクテリアと認識しております。

酸素が有っても無くても生きられますから、急いで使用しなくとも大丈夫です。良いことばかりのバクテリアで6~7年前は良く買って使いましたが、正直効果は全く判らなかったですね。

最近では生まれたばかりの稚魚のエサに良いとの話も聞いていますが、
やっぱり効果は?でした。

結論的には売られている商品に、本当に光合成細菌が入っているの?
ですね。   参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング