今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ニコン、キャノンが2大巨頭で+オリンパス、ペンタックスの4メーカーだと思いますが
機種の特徴ではなくメーカーの大まかな特徴があればお教えください。
当方、超初心者なので簡単な表現でお願いできたら幸いです。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

それぞれ、製品自体は拮抗しており、甲乙つけがたいでしょう。


1ガンレフであれば、純粋に、どのメーカーがすき、とか、そういう基準で、
良いと思います。
一丸レフは、交換レンズの値段が、ものをいいますので、あとあと、趣味を
ひろげたいとか、予定の交換レンズが、何本か、イメージできているなら、
その辺が、てにはいりやすいか、かかくがどうかで、きめたら。

キャノンは一流ですが、交換レンズは若干高めです。とうか、一番
たかいかも、同じ位のレンズでかんがえると、キャノンマウントは
高かったよううに記憶しています。

私はキャノンはで、キッスは歴代、4-5台使い続けましたよ。
    • good
    • 3

【Nikon】


日本光学工業という社名からニコンになった。
軍艦の測距機や双眼鏡を作っていた。
観光地の展望台にある望遠鏡や医療・研究の顕微鏡はよく目にする。
レンズ群の芯だし技術に長けていたと思われる。

【PENTAX】
旭光学工業という社名だった。
日本で一番早くに一眼レフを商品化した。
日本で一番早く露出計を内蔵した。
日本で一番早くレンズのコーティングをした。
買い易い価格設定のカメラを発売し、カメラ、写真の普及に貢献した。

【OLYMPUS】
フィルムが高価だったので映画と同じようなこまどりができる
ハーフサイズカメラを発売した。
レンズを小さくできるためカメラは小型で人気があった。
ぺんFという一眼レフカメラは、ミラーはドア状に動き、
シャッターは切り欠きのある円盤を回す構造で、ロータリーシャッター
と呼ばれ、全速度フラッシュ同調であった。
ほかの会社が目をつけないところを研究し製品化する、と見る。
消化器内視鏡や顕微鏡など医療機器分野で実績を伸ばした。

【CANON】
マウントを2度変更したと記憶している。
レンズが軟調表現に適しており、人物の肌の描写を得意としていたので、
人物写真、肖像写真、婦人科と呼ばれる女性「ポートレート写真に向くと
言われていた。
が、オリンピックの公式カメラに採用され、スポーツや自然写真家に食い込んできた。
職業写真家の意見をよく聴き、新しいカメラにすぐに反映させると聞いた。
    • good
    • 1

キャノン 


精密機器メーカー
いち早く電子化していった。
昔のカメラはプラスチックの塊の様なものであったが、
現在は他社も含め、それが標準となっている。
素人にも玄人にも受け入れられるラインナップを揃える。
インクジェットプリンターも広く普及しているので、
現在のデジタル画像を総合的にサポートできる。

ニコン 
光学機器メーカー。
昔のカメラは堅牢であったが、今は昔ほどではない。
レンズのマウントを変えないことによる、矛盾点が多く生まれている。
玄人に好まれる。
銀塩フィルム時代のレンズは素晴らしかったが、現在は横並び。


オリンパス 
医療器具メーカー
銀塩時代は顕微鏡撮影はオリンパスであったのだが、
素人受けする製品が少ない。
マニア向け?

ペンタックス
特殊カメラメーカー
ブローニーサイズを4社中唯一扱っている。
プロおよびハイアマチュア向けのカメラ?
    • good
    • 2

どうしてソニーは仲間はずれなのでしょうか?


ソニーの前身の前身のミノルタカメラは、世界初AF1眼レフα7000を開発するなど、
ニコン・キヤノンの前を進んでいた時期もありますし、その流れを汲むαシリーズ
は、固定ミラータイプのデジタル一眼レフα55を発表するなど開発意欲旺盛です。
ハイアマチュアからプロまで使える35mmフルサイズ撮像素子を搭載した機種をライン
アップしているのは、キヤノン・ニコン・ソニーの3社です。

それで、印象ですが
キヤノン:商売上手、会社規模をつかっていっぱい販売する。(TOYOTA)
ニコン:こだわりの技術もあるが、昔から新聞社など報道に強いためのブランド(HONDA)
ソニー:カメラに関しては、技術・遺産とデザインで売ろうとしているようです(MAZDA)
ペンタックス:しっかりしたものを作るイメージですか(NISSAN)
オリンパス:独自路線にこだわるタイプかな(SUBARU)
車メーカーにたとえてみました。あくまで私のイメージです。
    • good
    • 12

ニコン デジタルではRAW現像をするとして画像エンジンをチューニング 何となく全体的に玄人志向


キヤノン 万人向け 高い機種は、玄人志向
オリンパス 職人気質 良い物を作る けどマニアック
ペンタックス 初心者にフレンドリーっぽいけどマニアックな一面もある

って個人的に感じます

会社的には、キヤノンとオリンパスが大企業 ニコン、ペンタは中小企業って感じでしょうかね

たしかキヤノン、オリンパスは、自社製品でカメラを全部作れるけどではなかったでしたっけ?
    • good
    • 3

【ニコン】


 「不滅のFマウント」と謳っているが内容的には仕様が乱立しレンズラインナップが一番複雑。Fマウントの歴史を知らない初心者が交換レンズに凝りだすとAFが使えない中古レンズに手を出して困るかも。
 メーカーとしては一番堅実なイメージだが最近は新機種を乱発して短い商品サイクルで何とか利益を出しているだけというアップアップの状態なんじゃないの?という感じ。でも、バックには三菱グループがいるので倒産とか事業売却というのは一番無いメーカーかなぁ、とは思う。


【キヤノン】
 「ヤ」は大文字が正式。という会社名でツッコめるめずらしい会社(笑)
 20年ほど前(だったと思う)にFDマウントからEFマウントに変更。その時の雑誌広告を今でも朧気に覚えてます。
 交換レンズの互換性を捨ててまで将来を見据えて完全電子制御への仕様変更は現在のシェアを見ても成功したと言っていいのかもしれない。
 先進的な技術導入には積極的に見えるが、デジタルになってから「最新技術の出し惜しみ」と言われることが多い。
 制御部分でのソフトウェアの作り方にはかなり泥臭い部分があり、ハードウェア的な部分での進歩に頼っているところが見受けられる。
 交換レンズでは「EF50mmF1.8II」という他メーカー込みで最安値で購入できるレンズが存在するが、100万円を越える超高級レンズがゴロゴロしている。生産終了になったが税込で1千万円を超える交換レンズもあった。


【オリンパス】
 マニュアル一眼のOMシリーズの初代「OM-1」では「世界最小ボディ」で世界的に有名になった(ハズ)だがAF化が一番遅かったメーカー。
 デジタル一眼レフ機を発表する際にOMマウントを捨てフォーサーズマウントを開発・採用。初期のEシリーズではAF性能は発展途上でピント合わせ速度・精度共にイマイチだった。最新機種ではレンズと合わせてAF速度世界最速を達成(と発表)。
 イメージセンサーがデジタル一眼レフというカテゴリーでは一番小さく、ノイズ耐性では一番不利というのが一般的な認識だと思う。


【ペンタックス】
 価格破壊が得意なメーカーだが、経営的に自分で自分の首を絞めているというジレンマを抱えている稀有なメーカー。
 価格破壊は薄利多売で利益を上げるしかないのに「利益が出るほどシェアがあるのか?」と思う。交換レンズも他メーカーに比べるとはるかに安いのだがレンズで利益を得るというビジネスモデルでもないように見受けられる。だから身売りするはめになったんじゃないの?と邪推してみる(笑)
 商売が下手なメーカーだけど売上ベースで底上げに貢献しているメーカーだとは思う。
 機械的には他メーカーと比べると特筆すべき点はあまりないように思う。どちらかというとソフトウェア的に斬新的なアィディアに頼るメーカーなのか?と思う。




あくまでも個人的な意見です。
    • good
    • 2

あまりにも答えにくいのでw


イメージとして書きますw


ニコン:報道カメラマンに多いイメージw

キヤノン:スポーツカメラマンやモデル撮影に多いイメージ(ヲタクも多い感じw)

ペンタックス:風景写真家に多いイメージ

オリンパス:このデジイチだけフォーサーズという、通常より小さな受像素子なんです。使っている人をあまり見かけません。


ちなみに、私は

中判サイズでペンタックス製

APS-Cサイズでキヤノン製

銀塩フィルム時代から、ずっとこの2メーカーです。

キヤノンのEOSシリーズはEOS620からずっと買い換え続けています。

ペンタックスは67IIという中判フィルムカメラが最初の出会いです。

ニコンは小学生の時にマニュアルカメラを持ってました。

あとは海外製のカメラばかりです(ローライとかポラロイドとか)
    • good
    • 2

中級機以上のNikonとCanonは業務ベースをかなり意識した作りで、JPEGでも後々の加工がしやすくなっています。


色としては、忠実色と分類されます。見たままの色合いのことです。
下位機になると元々のコントラストが強めになり、見栄えする絵作りがなされています。

Nikonは画素数を抑えつつも、解像感を上げています。
Canonは画素数が多い割に、シャープネスが弱めなのも含めて、解像感があまり感じられないところがあります。

なお、Nikonのエントリー機はレンズの制約を付けて、コストを安く上げているのと、新規開発レンズを購入してもらう方向性があります。


OLYMPUSとPENTAXは記憶色と分類されます。
「空は青色!!」という強いインパクトを表現してくれる絵作りをしています。
そのため、この2社は主としてネイチャー系のフォトグラファーに使われています。
可能なかぎり機能も出し惜しみなく、頑丈に作り上げていますが、カメラのメカとしての性能は2社に劣る部分があります。

家電メーカー2社は、映像ベースでカメラ作りを進めていますが、撮像センサーはOLYMPUSはパナソニック製を使用しており、最新機種のPENTAXとNikonはソニー製を使用しています。


サクサク撮影で、動きものとなるとニコキャノの2社から、風景の様にゆっくり煮詰めていく撮影スタイルだとOLYMPUSとPENTAXが頑張ってくれそうです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q各メーカー 色合いの比較

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込んで加工するとか、フォトコンテストに応募するとか、そんな高度なことはしません(^_^;

富士フイルムのFinePixを使ってましたが、キレイに撮れるけど、室内や暗いときはあまりキレイに撮れないような気がしてます。
ちょっとぼやけるというか。
友達がリコーのコンパクトデジカメを使ってましたが、こちらはマットな感じというかベタッとした出来上がりでした。
風景も撮りますが、かなり被写体に近づいて撮ったりすることもあるので、キレイに鮮やかに撮れるカメラがいいなと思ってます。

人それぞれ好みがあるのは重々承知です。
独断と偏見、主観的なご意見で結構です。
各メーカーの特色など、詳しく教えて頂ける方にご回答をお願いします。

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込ん...続きを読む

Aベストアンサー

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカメラに言われているような気が
するんですよね。娘用には買ってますし、先輩の持ってるEOS7Dと
70-200/2.8の性能はいつも羨ましいとは思いますけどね。でも、
自分用に買うかと言われると、多分買わない。

一方、癖のある、でも惚れると「それ以外なくなる」発色をするのが
FujiFilm。特に「ハニカムCCD」機の作る発色は、リバーサルでの
撮影に慣れた人には好まれる筈です。裏面照射CMOSになった今
でも、CCD時代と余り変わらない発色をするので、悪くは無いです。

ただねぇ。Fujiのカメラは安物だと個体差があってねぇ。外れ機は
発色はともかく片ボケとかがひどかったるするんだな、これがまた。
おまけにFujiって、AFもAEもそれほど頭が良くない。自分である程度
補正してやらなきゃ良い色が出ないんだな。

ま、補正が決まった時の発色が気持ちいいんでね。それで使ってる
みたいなトコがありますよ、ウチのFinePixS5Proって・・・。

同様に「自然を撮らせると上手い」のが、OLYMPUS。特に山岳や
水中など、「青」が強い写真の自然さは他を圧倒しますね。ただ、
OLYMPUSはどうも「機種ごとに発色の携行が微妙に違う」面もあり、
最近のPenは「どうもね~」って気がします。E420とかは良かったの
にねぇ。X10とかも結構いいのにさ。

それと、OLYMPUSは昔から「基本性能が良い」って所で納得して
しまい、ユーザーインターフェイスがイマイチな所があって、コンデジ
だと動作がもっさりしてるとか、AFやAEをダイナミックに外すとか、
とにかく「カメラの癖をよく呑み込んで」使わないとダメダメ写真を
量産してしまい、一般評価は余り良くなかったりするんですね。
でも、一旦あの「青」に惚れ込むと、他社に行けなくなる点なんぞ、
Fujiと似たところがあります。

「俺たちゃ色ってよくわかんない。だから皆さん頑張ってね」とユーザー
を突き放すのがNikon。実際全てAUTOにした時のJpeg撮って出しの
発色は、どう頑張ってもCanonより変です。でも、RAWデータには深い
発色のデータは残ってますし、撮影レンズも超一流(安いレンズは手を
抜くCanonより上かも)ですから、RAW現像するとCanonに負けないん
ですよね。Nikonって。

もっとも、一眼がそうだから、原則JpegのNikonコンデジの発色は、何を
考えてるかわからない微妙な発色なことが多いんですよね。あたしゃ、
Nikonのコンデジは勧めません。

一方、コンデジの世界で「判ってる人には判る」発色をするのがRICOH。
基本地味な発色なんですが、光線を考えて撮影すると、何とも言えない
自然な発色をするんですよね。先輩が使っていて、いつも懐に入れてる
んですよ>GR Digital。いやあ、いつ見てもいいんだな、これが。昔の
Rollei35とか、LeitzMinoltaとかを思いだします。

もっともRICOHのカメラも結構個体差があることと、何も考えずに撮ると
メチャメチャな発色になるので、判ってる人にしか勧められませんね。
ま、「ブラタモリ」で「タモリ」さんが使ってる、と言えば、雰囲気が判る
と思いますよ。

反対に「普通に判ればいいや」と考えてるのがPanasonic。Panaは
とにかく「人肌」の表現が上手いですね。それにさすが家電出身だけ
あって、インターフェイスが良く考えられてる。複雑なコンデジの操作を
あれだけ判りやすくしてるのは凄いと思いますよ。それに電源スイッチ
がスライド式、というのもこだわりがあって良いと思います。また、AFや
AEの頭が良く、手ぶれ補正が強力ってのも良い。個体差が余りない
ってのも安心できるかな。

もっともその分自然の風景、特に「緑」の発色がデジっぽくてね。RAW
で撮ってもどうにもならないから、そういうもんだと割り切るしかないと。
まあ、最近は皆さん「デジ色」がお好きなので、気にしなけりゃそれで
済むんですが。

こりゃ、コンデジじゃないよ。もっと別の何かだよ、というのがCASIO。
色々言ってますが、多分ここのメーカーは初めから発色とか画質とかで
他社と勝負することを諦めてるフシがあります。ベストである必要はない
グットで十分だ・・・という見切りと言うか。

でもその分、バッテリーの持ちが良いとか、連写能力が異様に高いとか
GPSの頭が良いとか、とにかく「付加機能」が充実してるだけでなく、
それが「使える」レベルになってるのが凄いですね。ある目的を持って
デジカメを使い、その目的に合っているなら、CASIO、イチオシです。


とりあえず、よく知ってるカメラメーカーはこんなもんですかね。

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカ...続きを読む

QCANONとPENTAXで迷っています

今現在、コンデジを使っており「初の一眼レフ購入」の検討をしております。
で「色」で消去していった結果「CANONとPENNTAX」が残ったんですが、さて
ここからが決めかねています

ちなみに、ボディーは、重量の為「APS-C」で、将来「フルサイズ」に移行する
可能性もありますが、その際、ペンタックスが「無駄」になっても構いません

また、用途は殆どが「風景」で、後は、せいぜい「人」を撮る程度であり「動く
物」を撮るつもりは全くありません

で、一応、両社の「長所・欠点」の大体の所?は解ったつもりですが、さて
実際に使えばどちらが良いのか?

ちなみに「色」はペンタックスの方が好きです!ですが、ボディーが今一つ・
レンズが少ない、等で踏み切れません


「決めてが見付かりません、さて、どうでしょうか?」率直な所をお聞かせ願いたいです

Aベストアンサー

カメラの選び方は、自分の手で持ちファインダーを覗き しっくりくるものです
ボディースイッチ類操作性、レンズのズーミングやピント合わせ易さが良いのもが 一番シャッターチャンスを逃さず撮影できるものです。また しっくる来るカメラは、持ち歩く楽しさも出手撮影機会が増えるものです。

撮影被写体 風景・人物撮影に適したレンズバリエーションが有るかも重要です。

AF一眼や デジ一眼には、電子機能部分の特許が沢山有り
自社の特許を使わせる代わりに 他社の特許を使用させてもうなどのやり取りしています。
特許を多く持つ会社は、優位であり 最新技術は自社モデルに使用 古い機能を他社へ売るなどで
多くの利益も出ますが
特許を多く持たないメーカーは、他社から多くの特許を買う形になり 利益を多く出せない状況になります。
デジ一眼では、オリンパスがこれに相当します。ミラーレス以外は、力抜いてますよねー
ペンタックスも 同等では?

デジ一眼分野では、キヤノン・ニコンが 圧倒的主流であり 
他メーカーの今後は?です。
他メーカーでレンズバリエーションが増えるとも 考えにくく 撤退も考えられます。

APS-Cでとりあえずデジ一眼入門し 行く行くは フルサイズにステップアップをご検討なら
ペンタックス購入は、無駄になりかねません
お金の出費以外に メーカー変更すると ボディー操作慣れからくるメーカー変更の扱い難さも問題になりますので
出来るだけ 1メーカーを使い続けることをお奨めします。

キヤノンかニコンが最適化と思います。
レンズ資産は。APS-C専用レンズ以外なら長く使いまわせます。ボディーは日々進化し良い機能・性能の物が 発売されていきます。
写真の写りの好みも有るでしょう ボディーとレンズの組み合わせを確認し
ご自身に合ったものを選んで下さい

メーカー主催の 撮影会など 最新機種のデモ機を無料レンタルさせてくれますので 試し取りしてみるのも
良いかと思います。
フイルム時代 CAPA主催の撮影会で ペンタックスをレンタルしました 85mmF1.8で使用で
ミノルタより良いレンズ模写 キヤノンにはやや劣る感じでした。
メーカーによる 模写の差は大きいものです。

カメラの選び方は、自分の手で持ちファインダーを覗き しっくりくるものです
ボディースイッチ類操作性、レンズのズーミングやピント合わせ易さが良いのもが 一番シャッターチャンスを逃さず撮影できるものです。また しっくる来るカメラは、持ち歩く楽しさも出手撮影機会が増えるものです。

撮影被写体 風景・人物撮影に適したレンズバリエーションが有るかも重要です。

AF一眼や デジ一眼には、電子機能部分の特許が沢山有り
自社の特許を使わせる代わりに 他社の特許を使用させてもうなどのやり取り...続きを読む

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む

QCanonとNikonの描写の違いについて

デジタル一眼購入にあたり、ご多分に洩れずキャノンかニコンかで悩みに悩んでます。

撮りたい写真の一つとして、ほんわかした花の写真、一つの花にピントが合って、前と後ろにボケボケの花を配し超ハイキーに撮った、いわゆる“ゆるふわ”な写真が撮りたいのです。

写真ブログやFlickr、PHOTOHITOなどを見まくり、「こんな写真が撮りたい!」と思ったのは、ほぼ全てと言っていいほどキャノンで撮られたものでした。
ニコンで似たような写真を必死で探したのですが、綺麗ではあるのですがどうしても少しカチっとして、どちらかというと図鑑寄りの雰囲気というか、希望の雰囲気の写真を見つけることはできませんでした。

カメラ店で実機を触ったところ、手に馴染む感じ、シャッター音の好みはニコンだったのですが、自分が撮りたい画を撮れないのであれば意味がありません。

ニコンとキャノンの比較をしているサイトで、ニコンは線がハッキリしていてコントラストが強めで若干平面的、対してキャノンは階調で面を表現していて丸い物が丸く柔らかく写る、みたいなことが書いてあり、やはりニコンでゆるふわは難しいのか?手にしっくりこないしシャッター音は好きじゃないけどキャノンにすべきか?と悩んでます。

当然、加工ソフトでどうにでもいじれるのは承知してますが、極力カメラだけで手順少なく好みの写真を撮りたいです。

考えられるのは二つ。
1.単純に、ニコンユーザーはリアルでカリっとした画を好む人が多く、幻想的なふんわり甘いお花畑の写真を撮ってる人が少ないってだけ。本体の使い心地が気に入ってるならニコン買っとけ!
2.ニコンの画作りの特性としてゆるふわな写真は難しいor苦手なので、そのような写真が撮りたいのであればおとなしくキャノン買っとけ!

どちらでしょうか?

デジタル一眼購入にあたり、ご多分に洩れずキャノンかニコンかで悩みに悩んでます。

撮りたい写真の一つとして、ほんわかした花の写真、一つの花にピントが合って、前と後ろにボケボケの花を配し超ハイキーに撮った、いわゆる“ゆるふわ”な写真が撮りたいのです。

写真ブログやFlickr、PHOTOHITOなどを見まくり、「こんな写真が撮りたい!」と思ったのは、ほぼ全てと言っていいほどキャノンで撮られたものでした。
ニコンで似たような写真を必死で探したのですが、綺麗ではあるのですがどうしても少しカチっとし...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん… 「おお…なるほど、そういうものなんだ!」といった感じに、ズバッとツボを突いた回答は出てこないかもしれないですね。
多分に感覚的なことなので…
この質問に対して「キャノンはこういう理由で…ニコンはああいう理由で…」といった分析めいた回答が出てきたら、そのほうがむしろ嘘くさいと私は感じると思います。

私も一応、Jpeg撮って出しを前提として考えてはみました。
“キヤノンは階調で面を表現していて丸い物が丸く柔らかく写る”っていうのはピンときませんでしたが、“ニコンは線がハッキリしていてコントラストが強め”というのに対しては、言われてみればそうかなあとは感じました。
ただ、キヤノンのJpegもコントラストはそこそこつけていますし、“線”に関しては使うレンズの影響も大きいはずですし…
更にハイキーにした場合の影響…この辺りまで考えて分からなくなりました。

気がついたことを申し上げますと、リアルでカリっとした画が好まれるのは、もうここ何年も続いている流行で、もはや現在のスタンダードになっていると思われます。
ニコンユーザーに限ったことではありません。
所持する機材のメーカーに関わらず、一部の人が自分の表現で色々やっているというのが現実だと思います。

またFlickrやPHOTOHITOの写真は、何らかの手を加えた上で投稿されているものが大半だと思います。
もちろんJpeg撮って出しのものもあるとは思いますが、FlickrやPHOTOHITOだけでメーカーの傾向として捉えるのは無理があるかもしれません。
コンデジだとJpeg撮って出しがほとんどになると思われますから、ネットの投稿画像はいい比較材料になるのですが、レンズ交換式を使っていて尚且つそういう場所に投稿される方は、多かれ少なかれ何かやってから投稿していると思います。

機材選びですが、キヤノンにするしかないのではないでしょうか。
実際にどういう結果が訪れるかはともかく、一度キヤノンを使い込んでみないことにはモヤモヤがいつまでも解消されないと思います。

う~ん… 「おお…なるほど、そういうものなんだ!」といった感じに、ズバッとツボを突いた回答は出てこないかもしれないですね。
多分に感覚的なことなので…
この質問に対して「キャノンはこういう理由で…ニコンはああいう理由で…」といった分析めいた回答が出てきたら、そのほうがむしろ嘘くさいと私は感じると思います。

私も一応、Jpeg撮って出しを前提として考えてはみました。
“キヤノンは階調で面を表現していて丸い物が丸く柔らかく写る”っていうのはピンときませんでしたが、“ニコンは線がハッキリしてい...続きを読む

Qソニーのデジカメで撮った写真は、いかにもデジタルっぽいという噂を耳にし

ソニーのデジカメで撮った写真は、いかにもデジタルっぽいという噂を耳にしました。

デジカメ購入で迷っています。デジカメ初購入です。

私は、オーディオ等でもそうですが、デジタルっぽいのより、ナチュラルな感じの物が好きです。
オーディオでいえば、SONYやPanasonicなどより、ONKYOやDENONといった物の方が好きです。
スピーカーがプラスチックみたいなツルツルした素材のものではなくて、自然の木でできている物が好きです。
音でも何でも、なるべくデジタルで人工的な手を加えていない物が好きなのです。

こんな私にはどんなデジカメが合うでしょうか?
メーカーや機種など、オススメなどありませんでしょうか?
予算は2万3千円ぐらいまでと考えています。
どうかアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

古くから写真をやっている方で、RAW現像に造詣の深い方が一発で参るのがSIGMA SDの色です。とにかく深い・・・というか、独特な色合いです。ただし、RAW現像についての深い造詣が無いとメチャメチャな色しか出てきませんし、お勧めしたくしたくても価格がひとケタ上です。
http://www.sigma-photo.co.jp/camera/sd15/index.htm

同じく古くから写真をやってる方の多くがハマる色を出すのが、FujiのハニカムCCD機。こっちは結構Jpegでも「それなりの」色を出しますし、価格もこなれているので触ってみると良いかもしれません。ただし、FujiのJpegには好き嫌いがあって、嫌いな人はメチャメチャにけなしますね。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f300exr/index.html

なんてことは無いカメラなのに、時々「はっとするような色」を出すのがリコーのコンパクト機。こちらも割と使う人を選ぶカメラみたいなんですが、「リコー使い」と呼ばれている慣れた方々の作る写真は、コンパクトとは思えない事がしばしばです。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital3/

ごく普通に「バランスが取れた良い色」を出すのが一連のCanon機。Nikon使いの私から見ても、CanonのJpegの発色は「うまいなぁ」と思う事がしばしばです。一眼機やIXYも割と良い色を出すんですが、PowerShotの高級機が出す撮って出しの発色は、素晴らしい事が少なくないです。
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s95/index.html

古くから写真をやっている方で、RAW現像に造詣の深い方が一発で参るのがSIGMA SDの色です。とにかく深い・・・というか、独特な色合いです。ただし、RAW現像についての深い造詣が無いとメチャメチャな色しか出てきませんし、お勧めしたくしたくても価格がひとケタ上です。
http://www.sigma-photo.co.jp/camera/sd15/index.htm

同じく古くから写真をやってる方の多くがハマる色を出すのが、FujiのハニカムCCD機。こっちは結構Jpegでも「それなりの」色を出しますし、価格もこなれているので触ってみると良いかも...続きを読む

Qオリンパスブルー

オリンパス社製のカメラ(レンズ)は青色の発色が綺麗とのことで「オリンパスブルー」と呼ばれていますが、個人運営のブログやホームページ等を拝見いたしますと、フィルムカメラであってもデジカメであってもオリンパスユーザーの方々が「空の青が綺麗だ。さすがはオリンパスブルーだ」という趣旨の事柄を記述なさっておられのを見掛けます。

フィルムカメラの場合、カメラ本体の性能は写真の発色には大きく影響しないと思います。露出計の性能の良否は多少は影響するとして。また使用フィルムによる影響で発色が良くても、例えばコダック○○、フジ○○と表記すべきことで、オリンパスであるか否かは関係ないように思います。

またデジカメの場合、かつてオリンパスはコダック社製の撮像素子を使用していたとのことで、その素子を使用しているカメラメーカーがもし他にもあったのなら、どのメーカーのどのカメラで撮影をしてもそれぞれ「オリンパスブルー」になるのではないかと思います。

以上のことから勘案いたしますと、オリンパスブルーと呼ばれる所以はレンズの材質やコーティング方法の差から来ているとしか考えられないのですが、如何でしょうか?

また、この「オリンパスブルー」という表現はいつ頃から使われだした言葉なのでしょうか?

オリンパス社製のカメラ(レンズ)は青色の発色が綺麗とのことで「オリンパスブルー」と呼ばれていますが、個人運営のブログやホームページ等を拝見いたしますと、フィルムカメラであってもデジカメであってもオリンパスユーザーの方々が「空の青が綺麗だ。さすがはオリンパスブルーだ」という趣旨の事柄を記述なさっておられのを見掛けます。

フィルムカメラの場合、カメラ本体の性能は写真の発色には大きく影響しないと思います。露出計の性能の良否は多少は影響するとして。また使用フィルムによる影響で発色...続きを読む

Aベストアンサー

オリンパス・ブルーを言い出したのは、やはりデジカメになってから
だったはず。確かにコダックCCDを使ったC-1400だとか、一眼の
E-1とかの「青」の発色は素晴らしかったですからね。

ただ、オリンパスというメーカー、OM-1の頃から小型軽量を武器に
していたために、フィールド、特に山岳写真家が良く使っていたので
「青の印象的な写真は、往々にしてオリンパスで撮られていた」と
言うことがあります。

オリンパスのデジカメも、受光素子がCMOSになっても(今はSONY
だったかな?)水中や山岳など、青が印象的な写真がバランスよく
表現されるよう、チューニングされている面があります。なので、
「オリンパス・ブルー」という言葉が定着したんだと思いますよ。

同じCMOSユニットを使っていても、メーカーによって、RAWデータで
すら、微妙に発色が違います。これはPhotoShopなどで頑張って
補正しても補正しきれないことがあります。

当然jpegデータなら全然違った色になりますから、どっちかというと
カメラ側の問題ではないかと思うんですけどね。

ただ、銀塩時代からオリンパスのレンズコーティングは黄色っぽい
ものでしたから、補色となる藍色が出やすかったかもですが・・・。

オリンパス・ブルーを言い出したのは、やはりデジカメになってから
だったはず。確かにコダックCCDを使ったC-1400だとか、一眼の
E-1とかの「青」の発色は素晴らしかったですからね。

ただ、オリンパスというメーカー、OM-1の頃から小型軽量を武器に
していたために、フィールド、特に山岳写真家が良く使っていたので
「青の印象的な写真は、往々にしてオリンパスで撮られていた」と
言うことがあります。

オリンパスのデジカメも、受光素子がCMOSになっても(今はSONY
だったかな?)水中や山岳など、青が印象...続きを読む

Q海外で評価の高いカメラメーカーとは

海外赴任の予定の知人がいます。赴任先はサウジアラビアです。
ここでお聞きします。
海外で評価の高い(メジャー、売れている)カメラメーカーとはどこでしょうか?

個人的には地元の波佐見町に工場があるキャノンか、ポールサイモンの「コダクローム」という歌に出てきたニコン(曲中ではナイコンと発音されていた。)のどちらかに興味を持っております。

Aベストアンサー

カメラの種類によるかと。

一眼レフなら、文句なしにキヤノン、ニコンのどちらかでしょう。(ちなみに、日本メーカーにホコリを持っているなら、キヤノンのヤは大きく書きましょう。ご存知かと思いますが、観音から来ているので、小さくは書きません)

コンパクトデジカメなら、世界最初のデジカメの普及機を作ったカシオも候補になるかも。最近は元気がありませんが。
世界ブランドの(こっちは腕時計で有名な)Gショックシリーズのデジカメがありますよ。
http://casio.jp/dc/products/ex_g1/

キヤノン、ニコンは、高級機こそのメーカーです。(とくにニコンは普及機を作るのがあまり上手じゃない気が。。。)
コンパクトデジカメなら、他のメーカーも対象になるかと。(スマホに地位を奪われつつありますが)

Q望遠レンズの倍率の見方がわかりません

普通のデジカメだと、光学3倍、などという感じで大きさは大体想像が
ついたのですが、一眼レフの望遠レンズはよくわからない数字です。
できるだけ大きい倍率のが欲しいので、光学10倍くらいのものを
一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?
なにもわからないのでごべんたつおねがいします。

Aベストアンサー

>一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?

ズームレンズの倍率は、望遠側の数値÷広角側の数値=倍率 という計算式です。

28mm ~ 280mm
50mm ~ 500mm
どちらのレンズも10倍ズームになります。
でも、50mm ~ 500mm と言うレンズは存在しないでしょう・・・。
28mm ~ 280mm も無いかも知れませんね。(近いものはあるかも)

10倍の倍率があると、かなり大きなレンズになりますし、重量も重くて価格も高い物になりますので、実用的なレンズとは言えません。
ズーム全域での描写能力にも問題が出てくる(調整しきれない)ので、綺麗に写るレンズとは言えない物になる可能性もあります。

通常は3倍ズームが普通です。
欲しいカメラのレンズカタログをじっくりとごらんになって見て下さい。

Q何も写さず巻き戻してしまったフィルム

一眼レフカメラで、新しいフィルムを装填し、間違って、何も撮影しないまま巻き戻してしまいました…
買ったときに出ているフィルムの端っこがすっかり中に入ってしまっているのですが、何か救済方法はありませんか?

Aベストアンサー

数百円で、フィルムピッカーと言う小道具があります。何かのために買っておいて損はありません。
また、カメラ屋さんにお願いすれば、ベロ出しはサービスでやって貰えます。

自動巻き上げ巻き戻しカメラなら、大抵が、巻き戻した時にベロを残すか全部巻き込むか、カスタムで設定できるようになっています。

手動で巻き戻すカメラだと、巻き戻しクランクを回していると、急にテンションが軽くなるので、フィルムがスプロッケトから外れた事が解ります。そこで、巻き戻しを止めると、ベロが残った状態でパトローネを取り出す事ができます。

Qツァイスレンズの様に、こってりとした色乗りのデジカメ

いつもお世話になっています。
デジタルカメラは各社の色出しが違うようですが、(キャノンしか知りません)jpeg撮って出しで、ツァイスのようにこってりとした色乗りになるデジカメはありますでしょうか?(一眼でも構いません)
細かい設定を先に行っておくことは出来ますが、RAWはできれば遠慮したいです。
写真はやっぱり色乗りが最優先と自分で確信しました。

フィルムで撮ればと言われそうですが、最終的にお店ではデジタルプリントになるので、それなら最初からデジカメが良いかなと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答番号:No.2です。

ここまでの流れを鑑みるに質問者様の思いを最も満足させられる選択はデジタルではなくフィルムなんじゃないのかな?と思います。
質問者様が「ツァイスのようにこってりとした色乗り」をどこまで厳密に求めるか次第なのですが、フィルムであれば「のように」などではなく「ツァイスそのもの」ですからそりゃもう鉄板でしょう。
尚、

>お店に出してプリントしても、補正とかしないのでしょうか?

これについては「色調補正は特別に指示していない」と回答します。
但し濃度補正は同時プリントに出す時点で事前に補正値を指示しています。ネガフィルムからのプリントは濃度補正で見栄えが変りますので。(N0.2の添付画像もちゃんとプリントで同じように再現出来てます)
私が事前に指示する場合の濃度補正値は過去にいくつかのパターン実験を行った結果得られた「最大公約数的補正値」です。厳密に言えばコマ毎に補正値を指定したいところですが、そもそも何コマ目に何撮ったかなんて一々覚えてられませんのでw …まぁそれでも最大公約数的補正値で概ね満足出来るプリントを一発で得られてますよ。
いずれにせよ、お店プリントをする場合は自分で結果をコントロール出来ませんので、お店側とのコミュニケーションがキモですね。何も言わずにこちらの希望通りの結果が出てくるなんて都合の良いハナシはそうそう転がっちゃいません。

単なる派手さや発色の良さであれば「今時のデジイチ+ちょっと良いレンズ」で充分に目的を達せられると私は思いますが、ただ単に派手なコトが「ツァイスのよう」だとは私は思いません。ここら辺は個々人の主観に負うところが大なので「人それぞれのツァイス観」があろうとは思うのですが、敢えて私の言葉で表現するなら「派手さと渋さが絶妙なバランスで同居している」のが「ツァイスらしい画」だと感じています。
そういった「ツァイスらしさ」をデジタルで再現しようと思ったら必然的に後処理も含めた対応が求められる筈で、撮って出しjpegでは多少パラメーター弄くったところで「それなり」の結果しか得られないでしょう。
とは言え、フィルムと違って後処理まで含めて全て自己完結出来るのがデジタルの強みですし(そりゃまーフィルムだってその気になれば自己完結出来るけどネ)、質問者様の心情として「新しい機材で遊んでみたい」という欲求が強く内在してることも分かりますので、ここは敢えて「ツァイスらしさ」に拘泥せずに「新たな機材」として楽しまれるのが良いかと私は思います。
質問者様は既にコンタックスをお持ちとのことですので、「ツァイスらしい画」を楽しみたい時にはソレを使えば全く問題無いのですから。

>最近コシナより一眼デジタル用のツアイスレンズが出ていますが、試したいのですが躊躇しています。

ベッサ以降のコシナレンズに絶大な信頼を寄せているコシレン信者としては「躊躇うな、買ってしまへ!」と言っておきます(笑)
私の所有するコシナレンズはコシナ-フォクトレンダーなのでコシナ-ツァイスと単純に並べられるものでは無いかもしれませんが、それらが素晴らしいレンズであることは保障します。
但しコシナ-ツァイスはあくまでもコシナ-ツァイスです。その発色傾向等に往年のツァイスレンズの味わいを重ねることは正直言って難しい。
「ツァイス」銘を冠する以上は往年のツァイスを意識した味付けがなされているのだろうと推測しますが、Web上の作例を見る限りはコシナ-ツァイスと言えども私の所有するコシナ-フォクトレンダーの描写の延長上にあるレンズであるとしか。(私としては最上級の褒め言葉です)
最近のコシナレンズは総じて発色はニュートラルで、とにかくヌケの良さが際立つ気持ちよい画作りが印象的ですね。「ツァイスらしさ」はともかくとして、興味を持たれたのでしたら是非1本お手に取ってみて下さいな。

一応参考までにコシナ-フォクトレンダーレンズによる作例を添付しときます。ここの添付画像じゃ細かいニュアンスは全然伝わらないんだけど(汗)

回答番号:No.2です。

ここまでの流れを鑑みるに質問者様の思いを最も満足させられる選択はデジタルではなくフィルムなんじゃないのかな?と思います。
質問者様が「ツァイスのようにこってりとした色乗り」をどこまで厳密に求めるか次第なのですが、フィルムであれば「のように」などではなく「ツァイスそのもの」ですからそりゃもう鉄板でしょう。
尚、

>お店に出してプリントしても、補正とかしないのでしょうか?

これについては「色調補正は特別に指示していない」と回答します。
但し濃度補正...続きを読む


人気Q&Aランキング