AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

イチゴを作っているのですがどうも生育が悪いので水のPHを調べたら9.4でした。
その水を試験場に持って行ったところECは0.1なので問題はないと言われました。
本当に大丈夫なのでしょうか?
また同じ水をブルーベリーにもやっていたのですが3分の2ほど枯れてしまいました。
これでも問題ないといえるのでしょうか?
困ってます。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

PHとは水が酸性かアルカリ性かを示す指標です。

水素イオンというのが多いと酸性、水酸化物イオンイオンが多いとアルカリ性、同じなら中性です。要するに水素イオンと水酸化物イオンイオンのバランスです。PH7のときが中性、PH7以下であれば酸性、PH7以上であればアルカリ性です。

ECとは、電気伝導率のことです。農学の分野では肥料や塩類などの電解質が連れだけ溶け込んでいるかの目安として使います。この場合は、酸性かアルカリ性かを決める物質がどれだけ溶けているのかを示すものと思ってください。

ECが低ければPH高くてもそんなに問題はありません。問題の水ですが、ペットボトルに半分ほど問題の水を入れてそこに息を吹き入れ数秒間強く振ると、中性になる程度です。息の二酸化炭素(炭酸ガス)が水に溶け炭酸になって中和するからです。

作物の多くが、土壌の弱酸性(PH6.5~5.5)くらいで良好に生育します。ですから、このくらいになるように土づくりをします。ただ、畑の土壌は酸性に傾きやすいものです。そのため、酸性土壌を嫌うホウレンソウなどでは、アルカリ性の石灰をまいて中和しているくらいです。また、土壌には電解質を吸着する性質があります。このため、PHの変化を緩和する作用があります。

ご質問の場合、問題になるのは土壌のPHです。用水が多少アルカリ性でも、土壌が弱酸性であれば問題ありません。土壌のPHを調べてみてはいかがですか。
ただ、苗をポットで育てているときは、問題ありです。ポットの土にはそんなにPHの調整能力がありません。すぐにアルカリ性になります。酸性を嫌うホウレンソウでもアルカリ性土壌はだめです。
ブルーベリーはこの状態になっていたと思います。地面に植えていものに使うには、PH調整剤で中和してください。

ダムからの用水とのことですが、ここまでPHが上がるのは、家庭排水などが幾分流れ込んでいると思います。農業用水基準ではPH6.0~7.5なのですが、たぶん改善は望めません。
たぶんハウスで栽培されていると思います。PH測定器をご購入されてはいかがですか。そんなに高いものではありませんよ。

私は、農業用水関係の仕事をしているのですが、一昨年同じような問題で苦労しました。
その時は、育苗のときにはPH調整剤を使ってもらいましたが、圃場に定植した後はそのまま潅水しました。PH9.5程度でしたが、特に問題はありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。
素人同然の者に非常に分かりやすく丁寧な回答、本当にありがとうございました。
用水については現在も調査中ですが家庭排水などが流れ込むことは100%考えられず手前の排泥口から水を抜いたり、後ろの方で水を抜いたりしたおかげで現在は7.5前後で推移しています。

お礼日時:2010/12/16 20:44

No.3です



間違いがあったので修正します。

>ECとは、電気伝導率のことです。農学の分野では肥料や塩類などの電解質が連れだけ溶け込んでいるかの目安として使います。
ECとは、電気伝導率のことです。農学の分野では肥料や塩類などの電解質がどれだけ溶け込んでいるかの目安として使います。

>地面に植えていものに使うには、PH調整剤で中和してください。
地面に植えていないものに使うには、PH調整剤で中和してください。

打ち間違いでした。

No.1とNo.2の方は、たぶん本職です。私は農業用水をどれだけの量を効率的に経済的に送水するかは学びましたが、農業用水の水質については、一昨年のPH上昇問題の時です。農業改良普及員の方から教わりました。

行政(農業改良普及所など)も新規就農者に支援を行っていますから、疑問に思うことには何でも教えてくれます。

農業は、食糧を通じて人の命を守る産業です。
がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訂正のコメントまで入れていただきありがとうございました。
水の分析をした県の農業試験場、土壌分析をし作物の状況を見てきている普及センターの回答があまりにもお粗末かつ理解できるような説明でなかったのでQ&Aに書き込んだ次第でした。
みんながみんなそういう訳じゃないと思いますが・・・・

お礼日時:2010/12/16 21:00

No.1です。


補足して頂いたので、追記します。

尤も、「なぜ影響が無いか」は、他の方が丁寧にお答えしているので、
私としては( おせっかい でしょうが)、
作物の生育がおかしくなる理由は、ゴマンとあるという事を伝えたいです。

分析して気になることがあったら、それを生育不良を結びつけて考えてみることも結構です。

しかし、作物の生育環境はとても複雑です。

関係する項目をざっとあげるだけで、
土の栄養、通気性、水分、pH、塩類濃度、病気、害虫、気温や湿度、品種、栽培の時期などがあり、
しかも、これら各項目の中身はとてもいろいろで複雑です。
その上、そういう要因が相互に関係して、最終的に作物の生育に影響するのです。

こういったことは、「分析値」を見ても なかなか分かりません。

新規就農という事で、たいへんだと思いますが、作物の様子を良く観察する方法を学ぶ必要があります。
上手な栽培を実地勉強するための先生と仲間を身近な所で探しましょう。

がんばってね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に何度も回答いただきありがとうございます。
日々勉強の毎日頑張っていきます。

お礼日時:2010/12/16 20:47

ECが低くpHが高い水を土壌に潅水した場合、土壌の持つ緩衝能によりpHが中性付近まで下がりますので、一般的には問題がないとされています。


ただ、ブルーベリーの生育が悪いそうですから、一度土壌のpHも試験場の方で、測定してもらった方が良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。
御回答ありがとうございました。
早速普及センターの方に持って帰って頂きました。

お礼日時:2010/12/16 20:34

状況が十分に分かりませんが、



土で栽培していて、
潅水するのにその水を使っているのであれば、
また、ECの単位がmS/cmであれば、
その水で何の問題もありません。

もし、水耕栽培の話であれば、
使うのを止めましょう。

それにしても、pH9.4の水って、
あんまりないですよ。

どんな水なんでしょうね。
ちょっと気になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
イチゴは土耕栽培でやっているのですがブルーベリーはコンテナ栽培です。
潅水の水はダムから引いている畑潅の水を使っています。
イチゴのほうは新葉の展開が遅く他の生産者より3週間近く遅れていますし、ブルーベリーについては枯れているか生育が止まった状態です。
ECが0.1であればPHが強アルカリでも生育には何ら影響がないというのは何故なのか教えてもらえないですか?文系出身の脱サラ新規就農者なので非常に理解に苦しんでます。
宜しくお願いします。

お礼日時:2010/12/15 06:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩基濃度(EC)の単位について

mSをdS/mに変換するにはどのように計算すればよいのでしょうか?
また、単位の読み方もお教え願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。
 導電率の単位として「d」デシ(1/10)の接頭辞は余り使いませんね。
 「m」ミリ(1/1000)又は「μ」マイクロ(1/1000000)が普通です。
 「水道水の導電率は、100~300μS/cmが普通です。」など。
 塩分濃度やイオン濃度の簡単な測定法として導電率測定が良く用いられます。
 yuko1974さんの御質問も、このあたりから出て来たものなんでしょう。
 なお、ECは、[Elerctric Conductance]
でも解かりますが、[Electric Conductivity]の方が良く用いられていると思います。

Q塩化カリと硫酸カリの違い? (肥料)

ホームセンターに肥料の「塩化カリ」を買いに行ったら、「硫酸カリ」しかおいてありませんでした。

エダマメの肥料に使う予定です。
硫酸カリの袋の説明を見ると色々な野菜が書いてあり、枝豆もありました。
野菜作りの本には塩化カリと書いてあったので硫酸カリは買いませんでした。

塩化カリの方が用途が限られていて置いていないとか・・・
店員もわからないようでした。
塩化カリと硫酸カリは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化カリですが一般的な化成肥料のカリ分の原料となり与えすぎると副成分の塩素分が土中の石灰と化合して石灰を流失させてしまい土を酸性にしてしまう
恐れがありますが一般的な使い方をしていれば問題ありません。
また硫酸カリですがこちらは副生成物の硫酸の中の硫黄はタンパク質合成に不可欠な要素でありまた豆でしたら硫黄を好むのでこちらを使っても問題ないです。
カリ分は塩化カリが約60%、硫酸カリが約50%含んでいるので施肥量はいっしょでいいのですが、元肥料として使用するならPK化成か豆専用肥料(成分で6-20-20くらい)を
お勧めします。

>塩化カリの方が用途が限られていて置いていないとか・・・
>店員もわからないようでした。

ホームセンターの店員に聞くのが間違い。
特に肥料、農薬に対する商品知識はほとんどの店員が皆無に近いです。

Qイチジクのカミキリムシ対策

 庭のイチジクが毎年カミキリムシに食われて困っています。農薬は使っておらず、成虫を見つけては捕殺しているだけです。
 対策として幹や枝にアルミホイルやビニールテープ、金属網を巻き付けるなどと言うのは効果がありますでしょうか?

Aベストアンサー

カミキリムシは飛散する昆虫ですから、飛散する昆虫には薬剤が効き
にくいとされています。つまり薬剤を噴霧しても、噴霧しようとする
と逃げてしまうので、飛散する昆虫に対しては薬剤散布は難しいと昔
から言われています。見つけ次第に補殺するのが最も効果的ですが、
これが面倒で、飛散したら補殺を繰り返すだけでイタチゴッコになっ
てしまいますよね。
幹や枝にアルミホイールやビニールテープを巻き付けると、日照不足
や通気性が悪くなり生育不良になります。また巻き付けた隙間に何ら
かの害虫が住み付き、逆に被害が大きくなる事もあります。
実際にそのような物を巻き付けるような事をすると聞いた事がありま
せんので、そのような効果が立証されていない事はしない方が良いと
思いますね。
そんな無駄な事をするよりも、確実な方法を実践しましょう。
カミキリムシは一般的にテッポウムシと呼ばれていて、幹の中で1~
2年間は幼虫として食害を繰り返しています。1~2年の幼虫時期を
終えたら成虫として地表に出ますが、この時期が5~7月がピークと
言われています。成虫になると今度は産卵をしますので、産卵を防ぐ
ためには補殺が大切になります。いつ産卵するか分からないのですか
ら、産卵を防ぐためには補殺はするしかありません。
成虫にしなければ産卵はありませんので、幼虫の段階で駆除すれば今
回のように補殺に時間を費やす事はなくなります。

イチジクの根元付近を良く見ると、木屑のような粉が落ちているはず
です。これを発見したら間違いなくカミキリムシの幼虫が幹に侵入し
ている証拠ですから、この段階で成虫にしないための駆除を行うよう
にします。木屑から10~20cm上を見ると、5ミリ程度の小さな
穴が見つかります。この穴から幼虫が侵入したわけです。
穴には幼虫が潜んで食害をしていますから、穴を見つけたら脱脂綿を
小さく丸め(穴に入れられる程度の大きさに丸める)て、スミチオン
乳剤等の殺虫剤の原液を浸み込ませ、ピンセットで穴に押し込み、針
や針金で穴に完全に入るように詰めます。穴を粘土かチューインガム
で塞ぎます。これは薬剤が気化しないための方法です。これで内部に
薬剤が蔓延し、内部の幼虫は死んでしまいます。
これをする事で翌年からは被害が減少します。ただ先程に書いたよう
にカミキリムシは飛散しますから、他の場所からも飛散しますので、
やはりイタチゴッコは繰り返されます。

全てのカミキリムシを補殺したら、直ぐに防虫ネット(カミキリムシ
が潜れない網目にする)をイチジクを覆うようにして張ります。
これが一番の予防策です。とにかく補殺は必ず終えて下さい。補殺を
負えないでネットを張っても意味がありません。

カミキリムシは飛散する昆虫ですから、飛散する昆虫には薬剤が効き
にくいとされています。つまり薬剤を噴霧しても、噴霧しようとする
と逃げてしまうので、飛散する昆虫に対しては薬剤散布は難しいと昔
から言われています。見つけ次第に補殺するのが最も効果的ですが、
これが面倒で、飛散したら補殺を繰り返すだけでイタチゴッコになっ
てしまいますよね。
幹や枝にアルミホイールやビニールテープを巻き付けると、日照不足
や通気性が悪くなり生育不良になります。また巻き付けた隙間に何ら
かの害虫が住み付...続きを読む


人気Q&Aランキング