プロが教えるわが家の防犯対策術!

LLC(ロングライフクーラント)の濃度なのですが、
原液(濃度100パーセントとして)を購入した場合、「40%」に希釈しようとすると、
10Lに対して4LのLLCを混ぜればよいのでしょうか?
それとも、水6Lに対してLLC4Lの割合と考えるのでしょうか?

また、正しい割合で、40%濃度のLLCを30L作ろうと思えば
水何LにLLCを何L入れればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>水6Lに対してLLC4Lの割合と考えるのでしょうか?



こちらが、正解。
合計10に対して、水6:LLC4の場合が40%濃度。

>正しい割合で、40%濃度のLLCを30L作ろうと思えば 水何LにLLCを何L入れればよいのでしょうか?

合計30で、濃度40%だと・・・。
30L×0.4%=12LのLLCが必要です。
従って・・・。
合計30に対して、水18:LLC12の場合が30%濃度。

国内での新車時に入っているLLC濃度は、多くが30%濃度(-15度まで対応)です。
寒冷地仕様の場合は、40%(ー24度まで対応)ですね。
ただ、冷却水は「不凍液」という名前が有る通り「低温でも、凍らない」事が条件です。
濃度55%までは、1%増減で耐寒温度1度変化と考えても問題ありません。
例えば、31%濃度だとー16度まで不凍という事です。
国内の場合、多少の濃度差は気にする必要はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。お陰様で解決致しました。

お礼日時:2011/08/04 20:40

計算上は#1さんの回答で良いんだけど、現実としてはどうよ??


ラジエーターは抜けるかも知れないけれど、エンジンからは抜けないよ。

と、言うわけで。
エンジンの中に何リットル水があるのか調べてからにしようね。
で、ラジエーターにLLCを入れて、口まで水を入れて、エア抜きをして、減った分には水を入れる。
これの繰り返し。
ちゃんとサーモスタットが開くまで動かすことと、ヒーターも忘れないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。お陰様で解決致しました。

お礼日時:2011/08/04 20:10

濃度ですから全体に対する量です。


水6Lに対しLLC4L=全体で10L。そのうちLLCが4Lだから4÷10=40%です。

30LのLLCは30x40%=12LがLLC。残り18Lが水になります。

まあ実際のところそれほど厳密に考える必要はありません。
寒冷地では50%程度にしないと凍ってしまうことがあります。それ以外の地域は適当です。
しかし水だけではエンジン冷却系が錆びてしまいますので20-30%あるのが望ましいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。お陰様で解決致しました。

お礼日時:2011/08/04 20:10

濃度に関しては普通に割合でいいかもしれませんが、


「凍結温度」は製品によって異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。お陰様で解決致しました。

お礼日時:2011/08/04 20:10

 水6Lに対してLLC4L。


 30Lはその3倍だから、水18L+LLC12L。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。お陰様で解決致しました。

お礼日時:2011/08/04 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLLCの濃度が高いとどうなるのですか?

市販のLLCのパッケージに「交換の際の濃度は30~60%程度」などと書いてあります。LLC濃度が低いと冬はLLCの凍結、夏はオーバーヒートになるのは分かるのですが、LLC濃度が高い場合、例えば濃度100%にするとどうなるのですか?知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

冷却水の凍結温度はLLC(不凍液)と水の混合割合によって変わります、濃度が0~60%までは凍結温度が濃度が増すごとに下がっていきますが(60%で約-50℃)濃度が60%を超えると凍結温度が高くなっていってしまいます(100%で約-10℃)
そのため市販のLLCは濃度60%で売っているものが多いと思いますが(このへんは定かではありませんが)
以上のことから60%以上の濃度にしても逆効果であることと非常に不経済であると思います。

Q冷却水(クーラント液)の補充はどんなものでもいいか

先日より、軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。近日中に
修理には出す予定ですが、それまでの間冷却水(クーラント液がメモリよりやや下くらいのところにあります。)補充して減り具合などみながら使用したいのですが。
今入っているのがピンク色の液なのですが、やはりおなじピンクいろのを使用
しなくてはならないのでしょうか?
(他にも緑色のとかあるようですが)

今入っているものがなんというものかわからないのですが、エンジンオイルみたいに同じ種類のものを入れなくてはならないとかあるんでしょうか?

整備に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。
※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。
※一般のLLCは、トヨタ・ダイハツが緑色。その他メーカーは、赤色です。
※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。

>やはりおなじピンクいろのを使用しなくてはならないのでしょうか?

修理を前提にしているのでしたら、真水で充分です。
そうそう、超LLCもLLCも基本的に成分は同じです。
が、ピンクの色に青・緑・赤色を混ぜると・・・。性能云々よりも、腐った色になり精神的に問題です。
大手DIY店で、冷却水補充用(ピンク色)を購入した方が無難でしようね。
もし、ラジエータからの漏れだと分かっているのなら・・・。
冷却水漏れ予防・修理剤を入れるのも、一考です。
2000円程度の出費で治ると、万々歳です。^^;
もちろん、安心できる予防・修理剤を選ぶ事が実用です。

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だ...続きを読む

Q冷却水を薄めるには水道水で良いでしょうか?

今、車を点検したところ冷却水がリザーブタンクの規定値以下になっていました。
幸い家に冷却水(LLC)の買い置きがありました。車の説明書では「規定濃度50%」となっています。
補充する場合とりあえず水道水で薄めても大丈夫でしょうか?
もしくはサビの原因となるのでそのまま原液をで補充したほうが良いのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答にもあるように ベストを考えれば精製水を使った方がいいですが
水道水でも支障はありません。

バケツに5リッターほどの水道水を汲んで フタをせず(もしくは網状のフタ)をして
1日ほど放置しておくと塩素等が抜けます。
一度沸騰させてやる事でも抜けます。
でも 実際にここまでやってる方は少ないでしょう。
一般的な水道水で問題ないですよ。

お手持ちのLLCの成分表に濃度が記載されていると思います。
濃度90%程度の物でしたら水で希釈してから補充してください。
濃度50%程度の物でしたら希釈せずにそのまま補充できる物です。

液量がリザーバーの規定値以下との事ですが 前回の交換時期はわかりますか?
LLCの交換サイクルとしては2年が目安です。
前回交換の時期を照らし合わせて それに近い期間が経っているようでしたら
交換をされてもいいかと思います。
前回交換から半年程度で減ってるようでしたら漏れの確認をディーラー等で
してもらった方が安心かと思います。

ちなみに LLC交換時に50%希釈で交換した場合で
漏れなどのトラブルがない事が大前提で
半年程度の期間しか経ってない場合でしたらリザーブに補充する程度の量でしたら
水だけの補充でも濃度的にはまったく問題ありません。

他の方の回答にもあるように ベストを考えれば精製水を使った方がいいですが
水道水でも支障はありません。

バケツに5リッターほどの水道水を汲んで フタをせず(もしくは網状のフタ)をして
1日ほど放置しておくと塩素等が抜けます。
一度沸騰させてやる事でも抜けます。
でも 実際にここまでやってる方は少ないでしょう。
一般的な水道水で問題ないですよ。

お手持ちのLLCの成分表に濃度が記載されていると思います。
濃度90%程度の物でしたら水で希釈してから補充してください。
濃度50%程度の物...続きを読む

QLLCの廃棄

クーラントを交換した際の古いLLCは皆さんどのように廃棄してますでしょうか?
そのまま下水(車庫で抜くとそのまま道路の排水溝に流れます)に流してよかったのでしょうか?(昔は特に気にする人もいなかったのですが最近はチョッと気になって)
1、本来はどうする?
2、一般的にどうしている?
で教えてください。
また、キッチンで蒸留して残った残留物を燃えるごみに出すなんてOK?できる?のでしょうか?

Aベストアンサー

カストロールのHPに以下のような記載があります。
「使用済みのクーラントを正しく処分するのは、使用済みオイルの処分と同じくらい重要です。繰り返しますが、使用済みクーラントの色と匂いは特に子供の好奇心を引くので、絶対に放置しておいてはいけません。すぐに容器を最寄りの、有害物質を処理するリサイクルセンターに持って行ってください。使用済みのエンジンオイルの廃棄と同様に、各自治体の指示に従って廃棄してください。」

カーショップ等で買ったのでしたら、使用済みのLLCを容器に入れて持っていけば引き取って処分してくれるはずです。

あとはエンジンオイルと同様に新聞紙やぼろ布などにしみこませて燃えるゴミとして出せるかどうかを最寄の役所に聞いてみるといいと思いますよ。
産業廃棄物になりますので、そのへんに流すのは絶対にやめてください。
しっかりした受け皿でいったん受けてから処理しましょう。

Q振動周波数について詳しい方おしえてください。

下記諸元の自動車が100km/hで走行している。

 エンジン    : 4サイクル4気筒
 駆動方式    : FRドライブ
 エンジン回転数 : 3000rpm
 変速比     : 0.8
 最終減速比   : 5.0

1) エンジンのトルク変動により発生するクランク2次振動(クランク1回転で2回発生する振動)
   周波数を求めなさい。計算式と単位も記入しなさい。

2) プロペラシャフトのアンバランスによって発生する振動周波数を求めなさい。計算式と単位
   も記入しなさい。

3) タイヤのアンバランスによって発生する振動周波数を求めなさい。計算式と単位も記入しな
   さい。


と言う問題なのですが、どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えていただけないでしょうか?

                                   宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1)クランクシャフトの1回転で2回発生する振動なので、振動周波数=3000[rpm]×2/60[s/min]=100[Hz]
2)プロペラシャフト回転数=3000[rpm]/0.8=3750[rpm]、振動周波数=3750[rpm]/60[s/min]=62.5[Hz]
3)タイヤの回転数=3750[rpm]/5.0=750[rpm]、振動周波数=750[rpm]/60[s/min]=12.5[Hz]

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

QラジエータLLCのエア抜きに関して

今度、自分でLLCを交換する予定です。もっとも気になるのがエア抜き作業ですが、仮にエア抜きが不十分でも、リザーバータンクを空にさえしなければ、リザーバータンクから補充され、エア抜きはされていくと考えてもいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

車にもよりますが、ラジエーターのドレインを開けても、冷却水の半分位しか抜けない車がほとんどです。
そのままドレインを閉めてもいいのですが(業者さんですとそのようなことも多い)、せっかく自分でやる場合、
ドレインを閉めてから満水にし、エンジンをかけてサーモスタットを開き、またエンジンを止めてからドレインをし、というのを5回繰り返しても水は透明にならないでしょう。
(お米を洗う時と似ていて)いつまでやっててもきりがないのでそのくらいで終了します。
水を満水にしたあとまたサーモスタットを開き、最後にドレインを少し開けながら水をLLCの分よりちょっと多めに抜き、ドレインを閉めてからLLCを規定量入れます。
よって、濃縮タイプ(薄めるタイプ)でないと出来ません。(薄めず使えるタイプはリザーバータンク補充用もしくは完全に抜ける車用)
あとはエアー抜きです。


エアー抜きにつきましてはClablogger様がご説明下さっていますのでここでは省略しますが、
リザーバータンクですが、これは、最終的にラジエーターキャップを閉めてからエンジンとラジエーターを充分に暖め、ラジエーター(エンジン側も)内の気体を全て水蒸気にし、その後冷ますことによって初めてリザーバータンクから補充されます。
つまり、エアーの部分には最初は空気(窒素8割・酸素2割)が入っているのですが、キャップを閉めてエンジンを温めることで空気を追い出し、エアーの部分を全て水蒸気(100%水蒸気・水)にし、そのあと冷ますことによって水蒸気が水(液体)に戻り、エアーの空間は真空状態になるためにリザーバータンクから補充される仕組みです。
リザーバータンクから補充させるためには、キャップは最初から最後まで閉めておく必要があります。

車にもよりますが、ラジエーターのドレインを開けても、冷却水の半分位しか抜けない車がほとんどです。
そのままドレインを閉めてもいいのですが(業者さんですとそのようなことも多い)、せっかく自分でやる場合、
ドレインを閉めてから満水にし、エンジンをかけてサーモスタットを開き、またエンジンを止めてからドレインをし、というのを5回繰り返しても水は透明にならないでしょう。
(お米を洗う時と似ていて)いつまでやっててもきりがないのでそのくらいで終了します。
水を満水にしたあとまたサーモ...続きを読む

Qクーラントを希釈しないで入れてしまいました。

こんにちは。水冷4気筒400ccのバイクです。
冷却水を希釈しないでラジエーターに入れてしまいました。
成分エチレングレコール、濃度は95%です。
ラジエーター内に若干古い冷却水が残っていたので80~90%位にはなっていると思いますが、大丈夫でしょうか?
あるHPでは、原液は粘度が高くウォーターポンプに負担をかけ、循環性も悪いと書かれていました。見た目は粘度が高いとは思えないのですが...

Aベストアンサー

こんばんわ。
エチレン・グリコールには腐食性はありませんので、
原液であっても機能的には問題ありません。

どうしても気になるようでしたら、
ドレンからラジエータ容量の約半分くらい抜いて、
注入バルブから水(水道水で可)を補充すれば、
濃度は約50%くらいになりますよ。
ちなみに私、愛車(ワゴンR)のクーラントを自分で交換してますが、
スキーに行くことも考慮して、薄いよりも少し濃いくらいにしてます。

Qブレーキオイルの交換でブレーキがきかなくなりました

 こんにちは。先日、イエローハットでブレーキオイルの交換をしたのですが、その後、ブレーキがききがあまくなり困っています。踏み込めるだけ踏まないとブレーキがきかなく、怖い思いをしました。イエローハットに行って、入れ直してもらいますが、命に関わることなので、入れ直してもらうだけおしまいというのは納得いかないのですが、どこかに報告する機関とあるのでしょうか?
 まだイエローハットに行っていないので、どのような態度を取られるかわかりませんが、入れ直しを渋ったりされたら、どこかの機関に報告したいのです。
(個人的には、店名を伏せ字にしなかっただけでも、報告した気分にはなっているのですが)
 ちなみに、すぐに入れ換えに行かなかったのは、始めてブレーキオイルを交換したので、オイル交換すると、こんなにブレーキがやわらかくなるのか・・・と思ってしまったもので。

Aベストアンサー

ブレーキペダルを踏んだときにふわふわした感じがあるのであれば、明らかにブレーキ油圧回路内にエアーをかんだ状態でしょう。油圧動作では配管内部などにエアーが入り込むと油圧がかかってもエアーが圧縮される(液体は圧力がかかっても縮まないが気体は縮む)ため、力が十分に伝わらなくなってしまいます。

この状態は非常に危険な状態なので、クレーム処理を依頼されるときもご自身で運転されショップに行くようなことはせず、ショップの責任で引き取りをさせるべきです。人命にかかわることであり許されるミスではありません。ブレーキフルード(ブレーキオイルでなく正しくブレーキフルードど呼びます)にしろ何にしろ、交換や取り付けなどをした際には、必ず動作の確認を行うことは、メカニックとしては最低限のルールです。これが守られていないのですから、毅然とした態度でおおじるべきです。

ショップの対応に問題があると思われた場合は、ディーラーなどで点検を受け、その結果がブレーキフルードの交換にあるとわかった場合、ショップの落ち度に対する賠償を求める由を連絡するくらいの強い態度で望むべきです。

ブレーキペダルを踏んだときにふわふわした感じがあるのであれば、明らかにブレーキ油圧回路内にエアーをかんだ状態でしょう。油圧動作では配管内部などにエアーが入り込むと油圧がかかってもエアーが圧縮される(液体は圧力がかかっても縮まないが気体は縮む)ため、力が十分に伝わらなくなってしまいます。

この状態は非常に危険な状態なので、クレーム処理を依頼されるときもご自身で運転されショップに行くようなことはせず、ショップの責任で引き取りをさせるべきです。人命にかかわることであり許される...続きを読む

Qスーパーロングライフクーラントについて

スーパーロングライフクーラントで安価な濃縮タイプを探しています。
純正品は高く、安価なKUREやKYK等は50%希釈のものしかありません。
以前KYKでスーパーゴールドクーラントという濃縮タイプで安価なものがありましが、現在これと同じようなものはないでしょうか。

Aベストアンサー

失礼しました
スパー でしたね 

ロングライフタイプは 社外品では 見かけません

以前 トヨタ車で 5年経過で リザーバータンクの液量もOKと 思いきや 茶色の汚れが
リザーバータンクにこびりついていて 赤いクーラントが赤茶に変色 Lowレベル以下でした。 
慌てて クーラント交換した経験が有ります。
ロングライフ使用は 使えても 汚れ劣化が進むので 内部膜状になる汚れ物によるウオーターポンプ詰まりや 冷却能力低下するので
今では 車検毎に交換してます。 よって 普通のクーラントで十分だと考えます。

ホームセンターなどでも 純正油脂を取り扱ってる 店も有るので こういった取扱ホームセンターを
捜して買われた方が 安く買えると思います。
ディーラーは、定価が有って無い様なものなので 顔色みて価格決定では?
ディーラーより トヨタ共販(部品を扱うトヨタの販売会社)で買われた方が 良いかも。


人気Q&Aランキング