今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

助けてください。
二ヶ月ほど前に、14歳になる猫が胃がん(スキルス癌)と判明しました。
そして一ヶ月ほど前に喉から胃にチューブを通しました。

そのチューブを通して流動食を与えたところ、体重も500g増えて
QOL(クオリティ・オブ・ライフ 、人生・猫生の質)も向上し、猫、人間共に毎日楽しく過ごしていました。

ところが、先日胃ろうチューブに気泡を多数発見。どうやら目に見えない小さな裂け目が多数見つかり、そこから空気が入っているようです。空気の入る量は日に日に多くなり、空気のせいで胃が圧迫され吐き戻してしまうことも・・・。

獣医さん曰く、通常は1~2ヶ月しかもたないチューブだそう。ですから1~2ヶ月ごとにチューブ交換が必要だそうです。

今の私の猫に、その交換に耐えられる体力があるかどうかは微妙との事。大きく体力を失う事と引き換えにチューブ交換をするか、このまま騙しだましチューブを使うかの選択に迫られています。

現在は電気用の絶縁ビニールテープで、裂け目があると思われる場所(給餌時に、よく曲げていたところ)をグルグル巻きにしてふさいでいます。しかし、その絶縁テープを巻いたところから、空気が入るだけではなく、中の液も染み出してしまう状態です。焦りを感じています。

チューブを交換せずに済む方法(効果的に補強方法)や、良いアドバイスがありましたら、どうかご教示お願いします。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

チューブって裂けるんですね、知りませんでした。



うちは昨年7月から同じチューブで付けっぱなしです。(普段はネット購入の胃チューブ猫用洋服ポッケに収納しています)
うちのは固い?白いチューブです。

シリンジを差し込む先端は4ヶ月位で少し広がって緩くなったので、一センチ程切って使っています。

内視鏡のオペは何度もやりたくないですし、食道に入れるわけではないので、はじめから固いものを入れてほしいですよね。

直接回答にはなりませんが…どうかお大事に、にゃんこに負担のかからないように無事解決することを祈っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信遅れてすみません。
チューブはなんとか1月までもち、1月に無事に ニャン生 を終えました。
私の猫の事で暖かい言葉を頂き、猫の闘病中は非常に励みになりました。
心から感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/28 21:29

追伸



ん?胃ろうチューブですか?
喉元にチューブが出ているのは胃ろうではないような…?

内視鏡で左腹にチューブを通すのが胃ろうチューブです。

確かに喉元に入れていたときは吐き戻していました。(裂けてはいませんでしたが)

柔らかいとチューブごと吐くので、喉元に固いチューブを入れた子には苦しそうでかわいそうなことをしました…。

どちらにせよ麻酔を何回もかけたくありませんよね…。

麻酔もしなくてすむので、2週間くらいの応急的なら、鼻から細いチューブを入れたりもしましたが。

他の近隣の病院に、栄養摂取、治療法やチューブについて、まずは電話でリサーチしてみてはどうでしょうか。

この回答への補足

追記
胃瘻チューブは、私の誤用でした。
のどから、胃に通すチューブはご指摘通り、胃瘻チューブには当たらないそうです。
返信で触れ忘れたので、補足させて頂きました。
暖かいご返信、本当にありがとうございました!!

補足日時:2011/02/28 21:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました、返答遅くなりすみません。
チューブの裂けは、水道管補修用のゴムテープでなんとかなりました。
回答頂けた事自体が、非常に心の助けになりました。
猫は1月に亡くしましたが、直前までチューブのおかげで体力も落ちず幸せな ニャン生 を遅れました。
重ね重ねありがとうございました。

お礼日時:2011/02/28 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫 鼻チューブからの給餌量

こんにちは。

15歳老猫が餌をまったく自分から食べなくなった為、鼻から細いチューブを通してもらいシリンジにて給餌しております。

(ヒルズのa/d缶に粉ミルクやニュートリカルなどミキサーでトロトロにしてあげています。)

同じ様な環境の飼い主様は、大体一日にどれくらい給餌しているのでしょうか?

猫さんがお腹がいっぱいでこれ以上は入らないよってな時のしぐさとか合図みたいなのってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

正確な量は(メモしていたのですが…)ちょっと忘れてしまいましたが、鼻からだと(チューブが細く)一回にたくさん入れられなかったので、ちょこちょこ入れていた記憶があります。

粉状の流動食を溶かしたり、液体、吐かないように気を付けつつ色々試しました。

腎不全による貧血で食欲が落ちたので、薬も入れながら。

量は本人の体重や体調を見ながら、先生と相談してみてください。
腸が動いて、食欲戻ると良いですね。
お大事に。

Q助けて下さい。自分のせいで、愛猫が亡くなりました。

私の愛猫(オス・13歳)を、手術後10日で死なせてしまいました。私の判断ミスのせいです。長文です。 愛猫が元気ですが少し痩せてきて食欲も減った様な気がしたので、ある日の朝、A病院に連れて行き、腹部に6cm×5cmの大きな腫瘍があることが分かりました。血液検査もして「手術に耐えられそうですね。」とA先生(信頼しています)は言ってくれました。その日の午後、`念のため他の先生の意見も聞こうかな'と思い、B病院に連れて行きました。すると「手術は勧めません。高齢なので、麻酔死や術中死が十分に考えられます。ゆったりと残りの余生を過ごさせてあげる方がイイのではないでしょうか。余命は、あと何か月か何週間か分かりません。もちろん、手術を希望されるなら手術しますが。」とB先生は言いました。`何週間という単位かもしれないなんて'と思い、なんだかまるで死の宣告の様に聞こえ、悲しくなりました。私は`B先生は自身の手術の失敗を恐れているだけだ'と考えてしまいました。またA先生は、「食欲が無い理由は、大きな腫瘍がお腹の中を圧迫しているからかも。痩せてきたのは、腫瘍に栄養をとられるからかも。」と言いました。私は`このままだと、ますます痩せて力尽きて、後1年で死んでしまうかもしれない。きっと後悔してしまうから手術をさせよう。'と決心して、翌日A先生に手術をお願いして、3日後が手術日となりました。手術をして腫瘍がなくなり、また太ってくれる愛猫の姿を想像して、私はとても手術日が待遠しかったです。手術後、A先生は「転移している様子はありませんでした。ただ、腸管から発生した腫瘍だったため腸管を切除しているので、腹膜炎など心配です。術後3日間の絶食が必要で、水分の点滴だけは毎日します。しばらくの間は入院してもらいます。」と言いました。麻酔から覚めたあの子はジ~っとしていて、手術で疲れたんだろうなぁという感じでした。術後3日目 だんだん元気になった様で、クンクン回りを匂ったり、立ち上がって私に手を掛けてきて、本当に嬉しかったです。術後4日目 昨日と同じく、気分が良い様子でした。今日からエサを与えてみたそうで、朝と昼にカリカリを5粒ずつ食べたそうです。術後5日目 エサを食べなくなったそうです。術後6日目 ちょこんと座ったままで、立ち上がったりしてくれなくなりました。表情は、割りとシッカリした感じでしたが、何度か小刻みに体が短時間ですが震える時があり、寒いのかなぁと思いました。術後7日目 昨日と同じく、時々震えていました。術後8日目 摘出した腫瘍の検査結果が出て、悪性リンパ腫でした。A先生は「悪性リンパ腫は抗ガン剤が効果的です。今日から抗ガン剤を始めようかと思います。通常2・3日で効果があるか分かります。栄養状態が悪いので、強い抗ガン剤は使えないため、弱い抗ガン剤を投与しましょう。効果が出て食欲が湧いて来たら、3日後くらいに一度お家に帰りましょうか。」と言いました。栄養状態が悪いために腹水が約700gも溜まり、痩せているのに体重が増えていました。`栄養状態が悪い時に、抗ガン剤を投与しても大丈夫なのかなぁ。'と大変不安になりました。でも`効果が出て、元気になってほしいなぁ'とも思い、A先生が抗ガン剤を投与するのを見届けました。そしてA先生は`今日から栄養の点滴をしましょう'と言って、やっと栄養の点滴を始めてくれました。術後9日目(朝) 特に変化なく、ニャ~と鳴いていました。しかし術後10日目(夕方) 私が急いで病院に行った時は、もう最期の時を迎える寸前でした。すぐに抱きかかえ、腕の中で2回ほど大きな呼吸をして、もう二度と動かなくなりました。あと5分遅かったら、1人で死んで行ってしまうところでした。猫は話せないので飼い主の私が的確な判断を下さないといけないのに、私は取り返しのつかないことをしてしまいました。抗がん剤の効果が現れるはずの2日目に死んだので、抗がん剤の威力があの子を急変させたと思います。私が不安になったあの時「栄養が十分ついてから抗がん剤をして下さい」と一言いえば、今もまだ生きているかもしれません。また、腫瘍を摘出したことにより悪性リンパ腫と分かり抗がん剤を使うことになってしまったので、そもそも手術を受けさせるべきではありませんでした。今から思えば、高齢なので癌の進行が遅く、手術をしなくても2・3年生きたかもしれません。この13年間あの子を溺愛してきましたが、この私自身がたった10日の一瞬にしてあの子の命を奪ってしまいました。10日間病院に入院し1度もお家に帰れず、美味しい物も食べず、たくさん痛い嫌な思いもして、なんでこんな目に合わないといけないんだろうと思っていたはずです。あの子のいない寂しさで涙が止まりません。本当に私はどうやって自分の罪を償えば良いのでしょうか

私の愛猫(オス・13歳)を、手術後10日で死なせてしまいました。私の判断ミスのせいです。長文です。 愛猫が元気ですが少し痩せてきて食欲も減った様な気がしたので、ある日の朝、A病院に連れて行き、腹部に6cm×5cmの大きな腫瘍があることが分かりました。血液検査もして「手術に耐えられそうですね。」とA先生(信頼しています)は言ってくれました。その日の午後、`念のため他の先生の意見も聞こうかな'と思い、B病院に連れて行きました。すると「手術は勧めません。高齢なので、麻酔死や術中死が十分に考えられます...続きを読む

Aベストアンサー

あなた様の猫に対する深い愛が本当に伝わってくる文章でした。
私も愛猫家として読んでいて涙が出てきました。

ただ一つ言える事は、
あなたは何も罪を犯していません。
ねこちゃんは、あなた様の胸の中で
最期を迎えられて幸せだった思います。

きっとあなたに看取ってもらいたくて
最後の最後に頑張ってあなたを待っていたんだと思います。

どんな選択にせよ、どれも間違いはありません。
結果論に過ぎないのですから。
結果、最期をあなたの胸の中で逝けた猫ちゃんは幸せだったと思います。
本当に。

Q強制給餌せずに猫を亡くした方に質問です

現在うちの猫の、命の火が燃え尽きようとしています。2年前のちょうど今頃、里親として引取った時は7歳ときいていました。が、とても7歳とは思えず、病院でも「10歳はこえてる」と言われました。

今年の秋頃から食欲が目に見えて落ち始めました。検査の結果、腎臓をはじめ、致命的な数値ではないが全体的に良くない、実年齢は不明だが、体は完全におばあちゃん猫で、総合的に見て老衰だろうとのことでした。

家に来た時とても弱っていて、もしかしたら春まで持たないと思っていたのにびっくりするくらい元気になったこと、それでもどこかはかなげで、きっと長くは生きられないだろうと予感していたことから、「点滴は食欲が回復する限りは続けよう、全く食べられなくなったら、あとは見守るだけにしよう」という結論に行きついたのは、私の中ではとても自然なことでした。

食べ物を口に持って行くと、「私にはもう必要ないの」という風に、静かに顔を横に向けます。寝床をのぞけば、穏やかな深い瞳でじっと見つめ返します。私はただ泣くだけで、まるで猫の方がお母さんみたいです。

こうなる前までは、私も猫に食べさせる努力をしてきました。品を変え、場所を変え・・・。それでも、強制給餌まではしませんでした。なぜしなかったのか、もっと生きられたかもしれないのに、あきらめが早すぎないか?今になって、心の中でいろんな声がします。それでも、なぜでしょうか、この子にはできない、そう感じてしまったのです。

同じような気持ちで猫を亡くした方はいますか?後悔していますか?人と比べる問題ではないとじゅうぶん承知していますが、ふと、誰かにきいてみたくなりました。

現在うちの猫の、命の火が燃え尽きようとしています。2年前のちょうど今頃、里親として引取った時は7歳ときいていました。が、とても7歳とは思えず、病院でも「10歳はこえてる」と言われました。

今年の秋頃から食欲が目に見えて落ち始めました。検査の結果、腎臓をはじめ、致命的な数値ではないが全体的に良くない、実年齢は不明だが、体は完全におばあちゃん猫で、総合的に見て老衰だろうとのことでした。

家に来た時とても弱っていて、もしかしたら春まで持たないと思っていたのにびっくりするくらい元...続きを読む

Aベストアンサー

22歳で大往生(そう思いたいです)した家の先代は、歯の調子が悪くなったのが最初でした。
やわらかいレトルト風のもだめで、それをミキサーにかけてどろどろにしていましたが、最初のうちはお代わりをするくらいだったのが、やはり最後は全然食べてくれなくなりました。
私もはじめは必死で無理やり注射器などで入れようとしましたが、それさえも猫にとってはストレスになると思い、最後は本人?の気の向くままにしておきました。
確かにもっと何かできることがあったのかもという思いは猫に限らず人間に対してもあると思います。
でも書かれているように「私には必要ないの」と顔を横に向けたのなら、それが人間で言う尊厳死なのでは?
うまい文章でなくてすみません。
でも最後優しい人に看取られて逝けるのならそれが一番幸せなことではないでしょうか。
後は静かに見守ってあげてください。

Q猫が3日ほど餌を食べてくれません。。。マジにやばいです

15年以上飼っている老猫です。

ここ数日まともに餌を食べてくれません。
口内炎を煩っているので、普段から食べるのは大変そうなのですが、もうそれは何年も続けてきたので今更では無いと思うのですが。

とにかく、痩せはじめて、体力も無くなってきています。一応、食欲の出る薬は毎日飲ませているのですが。。。(口内炎用に)

普段はドライフードなのですが、肉を買ってきたりしてみましたが、それも食べてくれません。昨年、もう一匹の猫を同じように亡くしているので、なんとか、餌を食べてもらって、栄養をつけてもらいたいのですが、何かいい方法はないでしょうか?

このままでは、本当に体力の限界です。お願いします。助けてください。

流動食とかいい方法ないでしょうか。。。今の状況は本当本人も「死」を待っているだけみたいな状況なんです。

Aベストアンサー

30年来、ネコを飼いつづけている者です。

年齢もあるのでしょうが、いくつか方法を挙げます。
なんとかよくなればと願いを込めて投稿します。

1、口をこじあけて、口の内側にやわらかく練ったごはんを塗りつけてしまってください。ぐはんは、消化の良いもの、体にいいもの(レバーのペーストがおすすめ)がよろしいかと思います。

2、水分も同様です。鼻のかわきに注意してあげて、水分を近くに置いてあげておいてください。


最後に、おもらしをする可能性があります。おこらないであげてください。それと共に、寿命が近いことをわかってあげてください。

がんばって元気になることを祈ります。
 

Q猫の自宅点滴の必要経費は・・・

すみません、教えてください。
高齢猫が絶食してしまい、(これで3回目)
家で最後まで介護したいので
自宅点滴をしたいと思っていますが
それにかかる費用とかをどのくらいだったか教えていただけないでしょうか。また、できるとしたら何に注意したらいいでしょうか。
また、断る獣医もいるそうですが
その主な理由とかはなんでしょうか。
すみませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
うちの腎不全で亡くなった猫も自宅で点滴してました。
費用はaigo-goさんと同じようだったと思います。
ビビッてやると嫌がるので根性と勢いでやるしかないです。
かなり嫌がりますよ。

お住まいが何処かわからないのですが、
東京都江東区の「とだ動物病院」の院長が家庭での医療の推進で有名ですよ。
うちは千葉県在住なのですがそこで教えてもらいました。

ほとんどの病院は断わられました。
でも1回5,000円から8,000円もかからるのに10分の1くらいで済むので助かりました。


「JBVPレクチャー」という団体では正会員・幹事で、
動物病院の先生に医療を教えている位の方なので腕は確かです。

http://www.toda-ah.jp/index.html
お近くの推進の病院を教えてもらってみたらいかがでしょうか。
同時になんで断る病院があるのかもお聞きになったらどうでしょう。

参考URL:http://www.toda-ah.jp/index.html

Q【猫】初めての流動食、カロリーエース、キドナ

高齢の愛猫が体調不良に見舞われています。
元気・食欲がなく、腎不全を疑いましたが病院で検査したところ異常なし。エコー検査もしてくれましたがコレと言った原因は掴めず。
高齢なので先生も「仕方ないねえ」という方向性のようです。
今までもこういう感じは何度かありましたが、病院で注射・点滴をしてもらうと翌日には回復したりしていました。
しかし、今回は病院から帰っても具合が悪そうなのが続いていて、好物を与えてもほんの少ししか食べてくれません。
もう数日間この状態が続いているので、そろそろシリンジでの強制給餌を考えています。
強制給餌というのが初めてなので、何点か教えて頂きたい事があります。
自分で調べた結果、シリンジで与えられる流動食は有名なもので「カロリーエース」「リーナルケア」「キドナ」というのがあると分かりました。

質問1、「カロリーエース」「リーナルケア」「キドナ」はそれぞれ「これだけ摂取していれば他には食べなくても大丈夫」というような総合栄養食的に捉えていいのですか?
質問2、「キドナ」は粉末なので、何かに混ぜて与えたりできるサプリ的なもので、流動食とは違うものですか?
質問3、これら以外に流動食はありますか?
質問4、これらを買わずに普通のドライフードや総合栄養食ウェットをふやかしてシリンジで与えても同じでしょうか?

よろしくお願い致しますm(__)m

高齢の愛猫が体調不良に見舞われています。
元気・食欲がなく、腎不全を疑いましたが病院で検査したところ異常なし。エコー検査もしてくれましたがコレと言った原因は掴めず。
高齢なので先生も「仕方ないねえ」という方向性のようです。
今までもこういう感じは何度かありましたが、病院で注射・点滴をしてもらうと翌日には回復したりしていました。
しかし、今回は病院から帰っても具合が悪そうなのが続いていて、好物を与えてもほんの少ししか食べてくれません。
もう数日間この状態が続いているので、そろそろ...続きを読む

Aベストアンサー

高齢のために、鼻が利かなくなって来ているのかも知れませんね。
早めに決断して、切り替えた方が良いですよ。

愛猫は、抱っこは嫌がりませんか?
抱っこ嫌がらなければ、強制給餌はやりやすい方だと思います。抱っこを嫌がると、猫にはかなり負担になると思いますので。
強制給餌でも、お湯でふやかしたドライフードを小さな団子にして、口に入れてみると意外に食べたりします。
それを上手に食べれないようなら、シリンジに移行すれば良いですよ。

フード団子でもシリンジでも、与える時は撫でて落ち着かせて、スレ主様も笑顔で穏やかにしなければダメですね。
食べる度に撫でてやって、「賢いねぇ」「偉いねぇ」と褒めながら与えてくださいね。
なかなか食べてくれないと、飼い主も必死の顔つきになるから、猫がビビります。

シリンジは容量30mlが、先端の穴の径が丁度使いやすいと思います。
容量20mlのタイプだと、先端の穴が1mmなので、3mmのドリルか細めの丸棒ヤスリで3mmに広げてやると、詰まりがなく使いやすい径になります。
3mm径にしておくと、ドライフードをミルで挽いてから、すり鉢で更にすり潰せば、お湯でふやかしてペーストにした物でも、詰ること無く給餌できますよ。

質問1について:
 3種ともに、それだけ食べさせればOK。
質問2について:
 サプリ的な物とは異なります。キドナはお湯で溶かすとクリームスープ状になる、総合栄養流動食です。粉末を、他のフードに振り掛けて与えることも可能。

質問3について:
下記もプリン状のペーストフードですから、シリンジ給餌は可能です。
少しレンジで温めてやると良いですね。
■ロイヤルカナン療養食
*退院サポート
*高栄養パウダー(こちら、キドナ同様お湯で溶かしてクリームスープ状になる流動食です)
■ユーカヌバ
*Aアシスト高栄養療養食
■ヒルズ
*ad缶 療養食

■その他:
◎「ニュートリプラスゲル」
高カロリー栄養食です。見た目は蜂蜜状です。
上記の他のペースト状フードや、お湯でふやかした粉末ドライフードに少し混ぜても良いし、ニュートリプラスゲルを、直接口元の歯茎周辺に塗ってやれば舐めてくれます。
食事後はかなりベタベタしますから、口元を湿らせたタオルで綺麗に拭いてやる必要ありますね。
◎クロレラサプリ:粒と粉末があります。粒なら、投薬と同様に直接飲ませても良いし、溶かしてフードに混ぜても良いです。粉末ならフードに混ぜるのも楽ですね。
◎電解水:通常の水より、水分の吸収が早いので、水分補給に効果的です。
ポカリスウェットを薄めても代用できますが、ロイヤルカナンなどの各ペットフード会社から、ペット用電解水として発売されています。

質問4について:
栄養価は上記流動食の方が、栄養価もカロリーもドライフードより高いです。体重が減り気味の様なら、上記の総合栄養流動食をしっかり食べさせてください。
体重がそれほど減っていなければ、ふやかしたドライフードやウェットの総合栄養食でも、現状は問題ないと思います。

少し頑張ってみて思ったほど食べてくれないようでしたら、迷わずにNo.1さんの回答の様に、鼻からカテーテルチューブを入れてもらう方が良いですよ。
シリンジ給餌は、慣れても数分かかりますけど、チューブフィーディングにすると、給餌時間は数十秒で終わりますから、猫、飼い主共に負担が激減します。

高齢のために、鼻が利かなくなって来ているのかも知れませんね。
早めに決断して、切り替えた方が良いですよ。

愛猫は、抱っこは嫌がりませんか?
抱っこ嫌がらなければ、強制給餌はやりやすい方だと思います。抱っこを嫌がると、猫にはかなり負担になると思いますので。
強制給餌でも、お湯でふやかしたドライフードを小さな団子にして、口に入れてみると意外に食べたりします。
それを上手に食べれないようなら、シリンジに移行すれば良いですよ。

フード団子でもシリンジでも、与える時は撫でて落ち着かせて...続きを読む

Q猫 慢性腎不全の最期の看取り方。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多く、毎日150ccの指示でしたが50cc程入れたところで逃げられたり、全く刺せなかったりで、3日に2回は何とか輸液できていた感じです。腎不全の猫ちゃんを飼ってらっしゃる方のレシピを見て、鱈の茹で汁をあげてみたりスープ状のパウチを買いあさりましたが、それでも飲まず食わずが5日程続き、もうダメなのか…と思いながら、ダメ元で鱈の茹で汁に使った身をあげてみたら(本当は身はダメなのでしょうが食べることが優先だったので)かなりの食いつきがあり、1日に1切れの3分の1程度をあげていたら徐々に食欲が戻り、パウチも1日3袋食べたり、たまに気まぐれでいつものウェット缶を少し食べるまで回復しました。とにかく必死だったので、初めて鱈の身を食べてくれたときはそれはもう本当に嬉しかったです。水も飲むようになりました。

腎不全の診断を受けた1か月半前に、ご飯の後に前足で口を引っ搔く仕草が何日か続いたので、口内炎の疑いを持って1か月前に一度病院に行ったのですが、ポリープとの診断を受けました。見せてもらうとイクラくらいの大きさのできものが1つ、右ほほの口腔内の入り口にありました。悪性だったら切除したほうが良いけど、年齢が年齢なので麻酔で死んでしまうかもしれないし、口にできるものは切除しても再発しやすいから、この子の場合はもう仕方が無いとのことでした。この時の体重は2.6kgでした。

それからも、腎不全の診断を受けた後も、ご飯の度に口を気にしていました。腎不全の進行とポリープはどちらが先かはわかりませんが、口が痛くて食べる量が減り、脱水になり、一気に腎不全の数値が悪くなってしまったのではと考えています。最初は引っ掻きながらも食べていたので特に気にしておらず、他にも2匹いる為いつから食べなくなったのかもハッキリわかりません。半年ほど前から少しずつ痩せてきていましたが、もう歳だからと解釈していました。お恥ずかしい話ですが、食べないことで起こる脱水や腎不全の進行の可能性についても全く無知でした。

今月に入ったあたりから、鱈をあげると歯をギリギリと鳴らすようになり、口からこぼれた身のかけらには少し血がにじむようになりました。それでも鱈は好きらしく、食べていましたが、2週間程前からは口の痛み?か口の不快感が勝つようになり、ほとんど食べなくなったので、あげるのをやめました。
体重はあまり変わらなかったですが、パウチやウェット、たまにカリカリも食べたり、皮下輸液からは跳んで逃げるくらい元気になっていました。

ちょうどその頃に私の健康診断があり、採血のときに何故かいつも以上の痛みを感じました。あの子はこの痛みを背中から毎日受けてるんだ…輸液はただの延命じゃないのか?水も毎日100ccくらいは飲んでるのに、本当に毎日しないといけないのか?この子はそれを望んでないのでは?と迷いが出始めてしまい、毎日しないといけないのに、2日に1回にし、特によく飲む日が続いた4日間は輸液なしにしてしまいました。すると翌日、腎不全の診断を受ける前のあの感じ…低い声で鳴きながらフラフラと徘徊し、外に出たがり、そしてうんちがなかなか出ず、きばりすぎて吐いてしまいました。あわてて輸液を再開しましたが、すでに遅かったようです。最初の時のように、輸液を毎日やればあの復活劇があるはずだと信じて毎日続けましたが、逃げる力がないのか輸液はやりやすく、食欲は低下したまま、パウチを1日に1袋食べる程度で水もあまり飲まなくなり、でも口を引っ搔く頻度は増えていました。
輸液を再開して7日目の夜、家に帰ると、テーブルの上に座ったその子の口から血が垂れていました。近くのこたつにも大きな1滴。真っ赤な鮮血です。その子は小刻みに震えていました。血ははよだれと一緒に少しずつ出てくる感じで、たまに黒い塊もありました。歯の隙間から口の中を見るとまさに血だらけの状態でした。何故なのか訳が分からず、とにかく出てきた血を止まるまでの2~3時間拭いてやり、救急に行こうかと話もあがりましたが、その子自身穏やかだったこともあり、救急は見送りました。(この日の午前中に輸液とビタミン剤と抗生物質を打ちに病院に行っています)しかし翌日から元々弱かった後ろ足が更に軟弱になり、一度歩き出すと次の場所に着くときは倒れこむ感じでした。口からは薄茶色っぽいよだれが出るようになり、口の中もネバネバしているような感じでした。
次に病院に行けたのはその3日後の25日(金)で、先生曰く、ポリープがつぶれたのか歯が抜けたのか、吐血ではなく口の中からです。としか言われませんでした。体重はうんと減って1.7kg。抗生物質とビタミン剤と輸液を打ってもらい帰りましたが、後ろ足が立たずほぼ寝たきりになり、おしっこもそのままするようになりました。1日大匙1杯ほどに減ったご飯もこの日からは一切食べなくなりました。
強制給餌には反対派でしたが、もし食べたいのに痛くて食べられないのなら可哀想だと思いシリンジでお水をあげると、ガツガツと飲んでくれました。スープ状のフードは嫌がりましたが、少し無理やり、大匙1杯ほど飲ませました。たまに口を、カッ、カッと開けるような仕草をします。
昨日の朝は水も嫌がりましたが、また少し無理やり水もフードも飲ませました。夜も同様に嫌がりましたが、水と、フードを小匙1杯程度、あと24日あたりから口内炎の疑いを勝手に持っていたのでマヌカハニーを買って帰り、口腔内に少しずつ塗りました。寝たきりのようで、たまに上体は起こして休んでいるような感じでした。ただ22日頃からほとんど目はつぶっておらず、もしかするとしばらく寝ていないのか…。私の声に対して反応は無く、一昨日、昨日と私がこたつで添い寝をし隣に寝かすのですが、こたつに入りたがるので中に入れ、顔だけ出すようにしてました。どうやって移動してるのか、私がたまに目を覚ますたびに違う場所に寝ころんでました。
そして今朝7時過ぎ、カッ、カッ、の音で目を覚ますと、寝ころんだままこたつの中で口を半分ほど開けて頭を小さく上下していました。感覚が長くなり、止まったのかと思えばまたカッ、カッ、、、、、カッ、と最後は1回だけ動かし、目を開けたまま逝ってしまいました。気が付いてからは2分くらいの時間でした。呼吸困難なのか痙攣なのか、その間は何も言ってやれず、しきりに名前を呼んで体をさすってあげることしかできませんでした。ここ数日の弱り具合から見て、もしかしたら今日旅立つかもしれない可能性も覚悟もあったものの、実際かなり辛いです。
口の周りを拭いて、ブラッシングでボコボコに絡まった毛玉を取り毛並を整え、準備していた猫柄の箱で眠ってもらっています。キレイ好きな子だったのに、ここ数か月は毛づくろいができず、ガリガリなのでブラッシングもできない状態で可哀想でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。心の整理がついておらず、あった出来事を全て書いてしまいました。まとめられず。すみません。

肝心の質問なのですが、
①亡くなった後に口の中の状態だけ見ましたら、全体的に白っぽく、舌も真ん中あたりが白く、唾液は粘り気がある感じでした。歯は左側の上の奥歯が右側に比べ2本ほど少ないようでしたが、出血部位は無く、当初の右頬のポリープはありませんでした。
白っぽいというのはやはり口内炎でしょうか?

②もし口内炎であれば、輸液を怠った4日間で腎機能が低下もしくは尿毒症になり、潰瘍ができてしまったのでしょうか?輸液を続けていれば防げたのでしょうか?もしくは続けていても、数か月後いずれは同じ結末になったのでしょうか?

③最期の瞬間のカッカッとなったのは苦しんでない、老衰だと家族は言いますが、そうなのでしょうか?尿毒症の症状なのか呼吸困難なのか老衰なのか…マヌカハニーが溶けきれず詰まってしまったのではと、可能性が絞れません。亡くなる1時間半前に一度起きた時は静かだったのですが、その後いつから始まったのかは不明です。

④5日前くらいからほぼ透明で無臭のおしっこが出ていたのですが、亡くなる直前の2回分は濃い黄色(薄茶色?)でアンモニア臭もそれなりにしていました。残った老廃物を出したのか、強制給餌のフードやマヌカハニーの色がそのままおしっこに出ることはありますか?

⑤診察料が良心的でいつもお世話になっている病院なのですが、最初にポリープとの診断があったとき、年齢からくる免疫力の低下と言われただけでしたが、血液検査を勧めて欲しかったと今になっては思ってしまいます。特に口の中のものは腎臓からの場合が多いと後で調べてわかりました。出血の原因もそこまでさっぱりわからないものなのでしょうか?信頼したいのですが、少し疑心暗鬼になってしまっています。どちらの病院もこんなものでしょうか?

もう終わったことなので今更といえば今更なのですが、間違った解釈があればご指摘願いたく質問させて頂きました。同い年の猫も腎臓の数値が少し高いので、今後の参考にもさせて頂きたいです。宜しくお願い致します。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多...続きを読む

Aベストアンサー

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ白でした。栄養が足りず貧血でしたから。

③老衰でも病死でも、死ぬ間際に発作症状とか痙攣をおこすという話はよく聞きます。それでは?マヌカハニーではないと思います。

④うちの猫は完全食欲廃絶して1週間後に息を引き取りましたが、死ぬ前に垂れ流した尿はやたら黄色で臭かったです。エサはもう食べていないので食物の成分ではない。凝縮された補液の成分(ビタミン、ミネラル等)が出てきたか、最後に溜まった老廃物を一気に出したか、でしょうね。

⑤獣医は確かにヤブも多いので(年配の獣医だと去勢と予防接種くらいしかロクに知らない人もいます。設備の新しい若い獣医にかかった方がいい)そちらの獣医さんがどうか知りませんけど、たとえどんなに優秀な獣医でも動物の診断には限界があります。猫は人間と違って検査や治療に協力的ではないです。体重2kgの弱った小動物にしょっちゅう採血したり、X線だのCTだのMRIだのかけるわけにもいきません。持病で免疫の落ちた老猫には様々な症状もでます。獣医でもうまく説明がつかない症状が出たりします。出血もそんなひとつだったのかもしれません。白黒つけたいお気持ちは分かりますが、あまりこだわらない方がよいのではないですか。

あなたは今、猫を失った上、治療や看護方法に疑問や後悔が残っていて、とても辛い時期だと思います。
でも猫ちゃんはきっと感謝していると思います。17歳まで元気に飼ってもらって、病気になっても飼い主さんが自分を救おうと必死に頑張って、最後まで寄り添ってくれたのですから。

今は静かに亡くなった猫ちゃんの冥福を祈って、残された2匹の猫ちゃんを大切にしてあげてください。(彼らを定期健診にも連れて行ってあげてくださいね。)

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ...続きを読む

Q14歳の♀猫・慢性腎不全・肝臓に悪性新生物?

 慢性腎不全発症後、自宅で皮下輸液を3年続けており、血液検査ではBUN,クレアチニン共に大きな変動は無く医師も「ステージ1」とのことです。
 しかし、6年ほど前から、食欲減などで受診すると、肝酵素の値の高さを指摘されたことがありましたが、その後の健康診断では正常値に戻っていました。去年の春、再度上昇し、「ウルデナシン」という内服薬投与を続けることで下がっていたのですが、今年3月には、GPT157、GOT49、5月にはGPT206、GOT84に再度上昇し、肝臓に何かできているのではないか? との疑いで超音波検査を受けました。結果は、胆のうの下から何か盛り上がったように映っており、突き止めるには、生検(針で細胞を採取する)しかないそうです。が、生検にも出血などのリスクがあり、何より、それが癌と分かったところでもう老猫ですので、手術はしない方が…とのお話でした。
 やはり、3月頃から、食欲不振、嘔吐も多くなり、体重が激減しています。高栄養食とシリンジは手元にあるのですが、私が一人暮らしで手伝ってくれる人も居ない状態ですので、首を振って嫌がる猫に、シリンジによる強制食餌もはかどりませんでした。
 病院からは、鼻か、首にチューブを通してそこから栄養を摂ることを勧められました。
 そうすれば、強制的に栄養は送り込めますが…。そこまでするべきなのか? という迷いが拭いきれません。私の周りには猫好き、犬好きな方も多いのですが、慢性腎不全で輸液していると話すと、「無理に生かしても可愛そう」等とよく言われたものです。
 私としては皮下輸液に関しては、後悔していません。しなければもっと急激に悪くなっていたと思います。しかし、今回は…
 チューブは食餌の後、水を通して洗い流すそうですが、長期間のうちにどうしても菌が繁殖するでしょう。それに、私は夜勤もある仕事をしていますので、不在時の事故(どこかに引っ掛かるとか)も心配です。医師はそういう例は聞いたことが無いとおっしゃっていましたが。
 決断できなくて、ジェル状の高栄養食をネットで検索して求め、口の中に塗って舐めさせようとしたのですが、麦芽糖のような感じで猫は嫌がり、殆ど舐めてくれませんでした。
 このままだと、体重が減る一方です(5/18で3キロでした。もう、3キロ切っているでしょう)。
 思い切ってチューブを装着すれば、体重も戻り、最悪の場合(肝臓癌)でも、あとしばらくは闘病できるのでしょうか? 私は医師に、肝臓癌なら栄養を吸収できないのではないか? と聞いたのですが、腸管から吸収できるとの答えでした。
 猫は、ぐったりとはしていません。肝臓薬として処方されたタウリン服用後、少し元気になった感じで、マンション住まいで自由に行けるのはベランダと、ドアのすぐ前の限られたスペースですが、盛んに行きたがります。睡眠時間は長く、最近、私が頻繁に服薬や強制的な食餌をするせいか、離れた所で寝ています。
 この子としては、もう、うるさいことをしないで! 放っておいてよ、という心境なんでしょうか…
 ぐったりとしていれば、諦めもつきますが、目も輝いていて元気です。長文、すみません。
 アドバイスをお願い致します。 

 慢性腎不全発症後、自宅で皮下輸液を3年続けており、血液検査ではBUN,クレアチニン共に大きな変動は無く医師も「ステージ1」とのことです。
 しかし、6年ほど前から、食欲減などで受診すると、肝酵素の値の高さを指摘されたことがありましたが、その後の健康診断では正常値に戻っていました。去年の春、再度上昇し、「ウルデナシン」という内服薬投与を続けることで下がっていたのですが、今年3月には、GPT157、GOT49、5月にはGPT206、GOT84に再度上昇し、肝臓に何かできているのではないか? との疑いで...続きを読む

Aベストアンサー

回答にならないかも知れませんが、経験談として。ウチの仔は7才で慢性腎不全で先月他界しました。私が願ったことは、長生きよりも苦痛を減らすことだけでした。だから嫌がる高滋養食よりも、大好きなご飯やおやつを細かく刻んだりして、食べたいだけあげました。撫でられるのが大好きだったので、指の指紋が薄れるほど撫でました。輸液は私も賛成ですが、いつにしても、いつかは命は終わります。だから猫ちゃんが一番喜ぶようにしてあげたら如何でしょうか?私はまだ悲しみも寂しさも真っ只中ですが、腕の中で私の目をじっと見つめながら息絶えたあの仔の目が、最後までキラキラしていた事で、後悔はしていません。

Q猫の食欲が出る方法を教えてください。

猫の食欲が出る方法を教えてください。
腎臓の悪い猫で、点滴を1日おきにしています。
病院の先生に言っても明確な返事がもらえず、痩せていく猫が心配です。
ゴハンは食べないし水も飲みません。
カリカリを手で1粒入れても吐き出したり。。。
何でもいいので食欲が出そうなツボとかマッサージとかあれば教えてください。
御願いします!

Aベストアンサー

腎不全なら、貧血で食欲不振でしょうか。
血液検査や貧血対策はしていますか?

カリカリ突っ込まれたらキツイでしょう(涙)

結構腎不全ニャンを、毎日家で点滴しているうちも多いです。
通院がストレスなので。
うちもやってました。

・毎日家で輸液

・好きなカリカリ(うちは唯一銀のスプーン)、おかか、缶詰、パウチのやわらかいスープ状のもの、ゆでササミ、焼き魚、刺身・ゆで卵の黄身、サプリなど何でも試した

・病院などに売っているa/d缶を、針なし注射のシリンジに入れて口の横から強制給餌

・貧血対策、エポジンの注射を打つ(うちは家で打ってました)

・コバルジン(吸着剤)を混ぜた

・アムロジン(抗高血圧)を混ぜた

・吐き止め、食欲増進剤など体調により

・首や胃、鼻などからチューブを入れてもらい流動食(薬も入れられるし)


暑さ湿気も嫌な季節ですが、腎不全は本人がきついので、やれることをその子にあったやり方でやってあげてくださいね。

頑張ってニャンコちゃん!

Q猫の癌に効くサプリメントを教えて下さい。

飼い猫が、癌と告知されてから一ヶ月が経ちます。

脇下にできた癌ですがもう抗がん剤治療等もできないと獣医師は言っていました。

痛みががあるようなので・・・痛みを抑える、癌の増殖を防ぐ等といったサプリメントがあれば教えてください。

10日分の抗菌剤は処方してもらってます。

Aベストアンサー

はじめまして。
うちの猫も悪性リンパ腫で闘病中です。

抗がん剤も試しましたが、副作用で危険な状態になりました。

医師にさじを投げられ、ダメモトでこのHPに載っているイペットを
ガンガン飲ませたら、ガンがかなり小さくなりました(触診)。

http://perennial-blue.com/cancercatdiary/ipet.php

あと、このブログのグルカンも飲ませています。

http://ameblo.jp/lifewithcat/entry-10799955613.html

どれが効いたのかわかりませんが、やってみる価値はあると思います。

参考URL:http://perennial-blue.com/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング