出産前後の痔にはご注意!

レコードをデジタル化しているのですが、ノイズがきつくて話になりません。


レコードをプレーヤーの外部出力からPCに入れ、

SoundEngine Freeで音量の正常化、コンプレッサーをかけ
Audacityで、ヒスノイズとクリックノイズの除去をしているのですが
「音割れ」したような状態になってしまい、なかなか聞くのが厳しいです。

これはPCでの作業でなんとかなるものなのでしょうか?


それともPC上では解決できない盤の問題で、レコードプレーヤーの調整や針の交換などでも軽減されるものなのでしょうか?

その場合、どのような作業を取るべきでしょうか?

どうか、ご教授お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

4です。


レコードプレーヤーは5千円くらいの中古で十分でしょう。ただし、正常動作の物。販売時の値段が高かった物がよいです。オークションの場合、安物だった物をレアとか高級とか言って出品している場合がありますので、そういう文句の物は避ける。
オーディオの足跡で販売時価格の参照は出来る。
http://audio-heritage.jp/

現在各社から、PCにUSB接続できるレコードプレーヤーが出ていますが、今お使いの物の良くて兄貴分程度の代物です。SN比が悪い(サーと言うノイズレベルが高い)ので、デジタル処理でノイズを取ると細かい演奏部分やピアニッシモ程度の音量の部分も無くなってしまう可能性もあります。ソフトウェアの能力次第ですが、かなり聞こえなくなると思った方がよいでしょう。
また付属の針も安物ではっきり言って、今お使いのプレーヤーと大差ないかと。

レコードクリーナーは、コロコロは溝の奥まで届かないようで(家にもありますので)いまいちスクラッチノイズが残ります。
面倒ですが、2液性のレイカ「バランスウォッシャー33」がお勧め。5千円以内で買えます。
これだけあれば50~100枚はクリーニングできます。
ただ付属している拭き取り用のビスコという特殊な不織布は20枚なので、途中でなくなります。
代わりにホームセンターのカー用品コーナーやカーショップにある拭き取り用の不織布のタオルで結構です。回答者は、ケイヨーD2で売っているボディぴかぴかタオルを使ったりします。毛羽も立たずきれいに拭き取れます。20枚入りで298円です。

中性洗剤で洗うですね。全く問題有りません。良くお風呂で洗っています。台所用の洗剤でよいです。これを上記のボディぴかぴかタオルを使い洗いますと、かなりカビや溝の中のゴミなどがとれて、あとでクリーニングが楽でよりきれいになります。レーベルは気にしないなら、保護しなくても良いです。一部のレーベルはふやけたりしますが、洗った後素早く水気を拭き取ればほとんどの物は大丈夫です。乾燥は、ドライヤーでバンバンやって良し。ただ1カ所に温風を当てない事。曲がる事があります。

クリーニングした後は、レコードの内袋を新しい物にしないとい以前のホコリやゴミ・カビがまた付きます。出来れば新しい物に替えてください。オークションなら、送料込み100枚1500円以内で入手可能です。

カートリッジは、MMタイプの新品で1万円以内で買える物ならなんでも良いと思います。選べるほど種類がないので、入手できる物を。これもオークションですが、シュアのM97Xeが1万円以内で入手できます。お勧めかな。通販でオーディオテクニカのAT150Tiを持っているところがあれば、これもお勧め。
中古品は、程度次第。あまり古くてサビの出ているもの、針の減っている物には手を出さないと。

アンプは、要求内容からしてプリメインアンプをお持ちなら内蔵の物で十分でしょう。

ここまでで2万円以内かなと。

PCへ取り込むインターフェースですが、今お持ちの物で不満なら買い換える程度でよいと思います。

録音レベルですが、おおよそ-2dBくらいにいしておいて、0dB以上の部分のみコンプレッションを掛けるで良いと思います。
レコードにする時に調整された音ですので、いじくる必要はないと思います。

今、PCで昔作ったCD-R を聞いています。上記のレベルの機材+実売価格4万円のCDレコーダーで制作しました。44.1kHz16bitで最初から録音した物です。
コンプレッションは掛けていません。エフェクトも掛けていない。ノイズ除去もしていない。
でもきれいに聞こえます。スクラッチノイズがたまにと、サーというトレースノイズが無音部分で気になるだけです。



 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

surukire様

ありがとうございます。お返事が遅くなり申し訳ありません。

#レコードプレーヤー
なんと!中古という手法がありましたか!
5千円くらいで原価がなるべく高かったものですね、探してみます。
販売時価格の参照ができるサイトもあるんですね、助かります。

USB接続できるレコードプレーヤーは避けた方がよろしいのですね、上記の値段で買えるのでしたら、新しいオーディオインターフェースも購入できるかもしれないので、そちらを購入したいと思います。

#レコードクリーナー
レイカ「バランスウォッシャー33」はレコードのカビや汚れなどにも使えるのですね!すごいです。

#中性洗剤
そうなんですか!? 一部サイトでは否定的な意見も書かれていたので、やってみる勇気がありませんでした。
相当汚れているレコードも保有していますので、洗剤洗浄とバランスウォッシャーできれいにしたいと思います。
内袋は中古レコード店などにもありますね、値段を見てオークションを使いたいと思います。

#カートリッジ
MMタイプの新品で1万円程度ですね。オススメの商品も含めて探す(もしくはナガオカで買う)ことにします。

#インターフェース
予算によっては今のものを使い続けようと思っていたのですが、何分XP時代のものですので、この際7に対応した新しいものを買おうと思います。

#録音
レコードというのは、本来いじくる必要の無いものなんですね・・・
ネット上に高音質でアップされている方は、きっとなにか特殊な操作をしているのだと思っていましたが、これからは機材と洗浄で音質をアップさせてゆきたいと思います。


このたびは、色々と丁寧にご教授くださり、ありがとうございました。
周囲にレコードを聴いてる人も少なく、たいへん参考になりました。

本当にありがとうございました。また機会がありましたら、ご指導ご鞭撻お願いいたします。

お礼日時:2011/01/14 23:16

再び iBook-2001 です♪



だいぶ状況が見えてきましたよ。 特定のレコード盤の症状は素材側の劣化などの可能性も考えられますね。

そこそこ不満の少ない音で、音楽が楽しめれば良いと言う状況でしたら、
AMERICAN AUDIO DTI1.8 + Audio Genie II
*ttp://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category_cd=50
オーディオテクニカ製のカートリッジも付属していますが、違う音も試したい時は、SHURE ( シュアー ) / M44G
*ttp://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=662^M44G^^
も良いでしょう♪

最初の回答に対して、回答#4のsurukire様からご賛同いただけました事、大変光栄に思います。
そう言えば、私も過去にアナログレコード音源をアーカイブするとき、プレーヤーはPL-50L、カートリッジはシュア、オルトフォン、サテン、オーディオテクニカ、等持ち合わせ総動員し、マランツやデンオンのプリメインアンプ経由後にレベル調整用のカセットデッキ(テアック)を経由してIO-DATAの安物インターフェースから取り込みました。 うーん、総額は30万超ですかねぇ(笑)

プレーヤーの回転数誤差や可聴以下の低域ノイズは本当にプレーヤーの価格相応です。

デジタル録音のコツは絶対に最大音量を超さないで、出来るだけ大きなレベルで録音する事です。

私の場合は環境上48Kサンプリングでしたが、あえて録音時は24Bit収録です。
少しレベルを落とした場合でも、16Bit以上は活用出来ますからね。

16Bit録音で控えめ音量ですと10Bitも使えない場合が有り、(なにしろ「ぱち!プチ!」ノイズが最大だったりしますから)後からソフトで音量を上げても解像度は10Bit未満ですね。

24Bit録音後、瞬間最大ノイズを潰して、ノーマライズ(全体の最大音量部分がフルビットに成るように演算して調整)、その後CD同等の44.1K/16Bitに変換してオリジナル音源としています。その後でケータイ電話に入れる為にAACやmp3に適当に変換して持ち歩いていますよ。

ちなみに、当時はパソコン内蔵HDDが15Gしか無かったので、オリジナルデータはCD-Rにオーディオ形式で、DVD-Rにデータ形式で保管し、HDDからは削除しています(苦笑)
ハンドルネーム通りの2001年製の最も安いノートタイプのMac、(iBook)でしたからね。

今ならT級の外付けHDD等も有るから、CDに焼く程度でバックアップ可能でしょうかねぇ。

出来る範囲で、出来るだけ良い音を実現出来るようにガンバッテください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

iBook-2001様

お返事が遅くなり申し訳ありません。現在、ヤフオクでレコードプレイヤーの品定めをしている最中です。

あの後、色々調べたりしまして、現時点で、

・本体 デンオン、ビクター、パイオニアあたりの発売当時598以上の
 MM式フルオートプレイヤー(予算上限一万五千)

・カードリッジ No,1の方にお勧めいただいたM97XEを新品で

・フォノイコライザー オーディオテクニカAT-PEQ3

・USBオーディオインターフェース ローランドUA-4FX

これで進めております。

また、No,6で教えて頂いた洗剤洗浄とクリーナー併用によるレコードの清掃も行う予定です。

デジタル化に際してのサンプリングなどは、iBook-2001様に頂いたアドバイスを見直して、しっかり録音していきたいと思います。

このたびは、色々とご教授いただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/27 00:33

失礼な事を言うようですが、レコードプレーヤーが問題外レベルな物ですね。

(マニア的にはですが)
このプレーヤーと、なぜか知らないけれどのコンプレッションと、ヒスノイズとクリックノイズの除去で、こういう音になるのでしょうかね。

1の方に賛成です。

きれいな音でデジタル化したいなら、お手軽セットは止めるべきでしょう。
お節介ですが
手順として
きれいな音でデジタル化するためにその1
レコードをきれいにするべし。
レコードをきれいにすれば、ヒスノイズ(トレースノイズ)とクリックノイズ(スクラッチノイズ)の除去はほぼ必要有りません。1の方のように画面を見ながら、時々ポチッとなですむようになります。
お勧めレコードクリーナー
最近入手して、その威力に驚いた。
Knosti disco-antistat (ディスコ-アンチスタット)
手間は掛かるが、威力は抜群です。トレースノイズ、スクラッチノイズとも激減。すごく静かなレコードになります。レコードの傷はとれません。
ただ、ちとお高い。一般店頭(通販)で18,000円前後。ヤフオクで最安値9,800円(たまに)。最安値で買いましたけどね。

きれいな音でデジタル化するためにその2
レコードプレーヤーはよい物を使うべし。
お勧めは中古(オークション)で出回っている、昔価格(発売時)で598以上でまともに動く物。レコードプレーヤーは高ければ高いだけ良いのは事実です。

きれいな音でデジタル化するためにその3
カートリッジはよい物を使うべし。当然と言えば当然なんですが、御予算との兼ね合いもあって一番選ぶのが難しい部分です。最低1万円くらいは出しましょう。

きれいな音でデジタル化するためにその4
フォノイコライザーまたはアンプを手に入れるべし。
昔の高級プリアンプがよいのですが、まともな物がどれだけあるか。
新品価格4万円以上のフォノイコライザーを買いましょう。

きれいな音でデジタル化するためにその5
1~4できれいな音は出るようになりました。
問題は、
44.1kHz16bitとか96kHz24bit程度で済ませるのか。
192kHz24bitとかDSDまで行くのかです。

最近いろいろあって選ぶのが難しい部分でもあります。
回答者本人が使ってるのがやや特殊(業務用TASCAM・DV-RA1000HD)な上お高い(市価20万前後)のでお勧めはいたしかねます。でも、良いのですよ。

質問者様がどのくらいの音をきれいとするかで、かかる金額と掛ける手間はかなり違ってきます。
回答者の場合、1~4で購入価格で40万円越えています。デジタル化する時間はLPレコード1枚当たり、4時間以上。クリーニングから始まって、192kHz24bitとDSD、両方でHDDに録音。それをDVD化。またDSDを元にCDを制作するために時間掛かります。(変態領域かも)

ここまでする必要はないでしょうが、きれいな音でデジタル化という行為には、それなりに金額と手間が掛かります。

この回答への補足

補足です。

実は、レコード全てがあのような状態になるわけではありません。

これはやはり、盤の状態や針の状態が劣化していることも考えられるのでしょうか。

補足日時:2011/01/08 00:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なお返事、感謝します。

私は、CDと同レベルを目指したいほど欲張っているわけではないし、CD音源でさえ128kbpsまで圧縮してipodに入れるくらい「聴ければいい」派の人間なのですが、今回の音源などは車内ステレオや携帯プレーヤーでの鑑賞すると頭痛がしてくるので、なんとかしなければと思い質問させて頂きました。

・レコードプレーヤー
やはり・・・ですか。実はあれは6年くらい前に大奮発の6万円を出して買ったものなのですが(どうやら最後は23000まで下がったようです)、新品の時にすでにテンポが遅くるっていて、即日修理に出したら、半音分早くなって帰ってきたものでした。

ただ6万円で買ってしまったので、新しい物を買う余裕がなく、なんとかあれを使っている状態です。ネットでよく探して、手入れが簡単でUSB式のものを考えるなど、すべきだったと後悔しております。

レコードプレイヤーに関しては、やはり購入を考えます。ヤフオクや中古などで探してみます。
今私は学生の一人暮らしなのですが、レコードプレイヤーは実家にあるので、こちらでレコードを再生できるようにした方が都合が良いですので・・・

・クリーニング
以前はスプレーをつかっていたのですが、あの「制汗剤のような刺激臭」と目に見えるホコリが取れないのを理由に、今は
http://www.soundace.jp/ITMP/0048.html
を使っています。
学生という身分上、クリーナーに5000円以上をかけるのはちょっと厳しいのですが、その位の予算で、オススメの商品や組み合わせなどありましたら教えてください。

またネットには中性洗剤を使った水洗いが紹介されていますが、これはどうなのでしょうか? 一見、あまり良い方法には思えないのですが・・・

・カードリッチ
今は針はナガオカで生産されているものだと思うのですが、確かにHPを見てみると、3000円のものから数万円のものまで・・・ これもできる範囲で高いものを買いたいと思います。

・アンプ
内蔵のプリアンプ・フォノイコライザーではダメなのでしょうか?
本業が楽器の方で、そちらの方もギリギリでやっていますので、これも予算的にとても厳しいものがあります。

・bit数
これも特にこだわりはありません。苦痛なく聴ければ問題ありません。

ご回答に質問に答えるようで申し訳ありません。予算は本体込みで最大5万です。
電蓄本体は生で聴くのではなく、PCにつなぐのに特化したものでも良いです。

ファンの方からは「生ぬるい」「甘い」とおしかりを受けるかもしれませんが、高級機材は将来、自ら働いてためた予算で買いたいと思います。

オススメのレコードプレイヤーやアクセサリーがありましたら、ご教授お願い致します。

お礼日時:2011/01/08 00:15

おそらく、どこかで過大入力になってクリップしているのだと思います。



sound engineに取り込んだ時点での音とか波形はどのようになっているでしょうか。
波の頭が平らになっているようならその時点でダメになっている可能性があります。

そこで大丈夫であれば、編集でダメにしていることになります。

そもそも、それぞれの箇所が何をしているのかを理解すればなんてことはない話なのですが、それも難しいです。

とりあえず、取り込んだ時点でクリップしない最大音量になるようにして下さい。
それ以降はとりあえずコンプ無しでノイズ除去と言うのが良いと個人的には思います。
要するに、プレーヤーからPCへの音量を適切にして、それ以降は余計な事をしない様にするということです。

それで問題なければ、改めてコンプなりで加工してみてください。

ちなみに、一度クリップしたものは、基本的には元に戻せません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入力時の音量は非常に小さく、正規化で何倍にも大きくしている感じです。

レコードによってはこのような状態にならないものもあるので、入力の音量ではないと思います。

コンプレッサーはどこかのソフトのヘルプに「使った方がよい」と書いてあったような気がして、かけてしまいましたが、かける前の状態でも「割れたような音」はほとんど変わりませんでした。

お礼日時:2011/01/08 00:26

どんなプレーヤーなのかわかりませんが、普通のプレーヤー(コンポーネントステレオ用)だとすればフォノアンプを通してPCのライン入力に繋いでいるんですよね?。


それともアンプ内蔵のプレーヤーなのかな。

この回答への補足

http://item.rakuten.co.jp/murauchi-denki/2316000 …
この商品を使っております。アンプ内蔵なので、これにオーディオインターフェースを繋いでいます。

補足日時:2011/01/07 21:02
    • good
    • 0

はじめまして♪



ユーチューブの2つ、拝聴させていただきました。

うん、うん、最適な音とはちょっと違いそうですね。

プレーヤーで再生し、ヘッドホンとかで聴いた時点でこのような音なのではないでしょうか?

アナログ再生時に音が良くなかったら、どんなプロ用コンピューターとソフトでも元以上に良い音にはなりません、ノイズ等の除去で聞きやすくできる程度ですよ。

コンプレッサーでダイナミックレンジを圧縮劣化させている理由は理解いたしかねますが、、

あとは、多少音程が不安定に感じましたので、どのようなプレーヤーで再生したのか気になります。

私はマスタリング用ソフト、昔のオーディオインターフェース付属ソフトで、Sound it! 3LEを今でも利用しています。
プチノイズは波形を見ながらその部分だけ手作業で押さえ、(グライコ等で帯域制限したり、波形のゼロ範囲だけ選択して音量制御など、、)ノーマライズして、前後の0.1秒未満にフェードインとフェードアウトで前後処理を行っています。
(素人ですので、私の手法より、良い方法をご存知の方が回答くだされば、ぜひとも試してみたいと思いま~す♪)

昔のレコードが静電気防止スプレー等で劣化してしまったか、残留成分によるジャミジャミ音が出て来ているとか、針(カートリッジ)の可動部、特にゴムやシリコン、バネ系の劣化の可能性もありそうです。

オーディオを極めるような最高システムを最適な状況に利用する高度なオーディオマニアは今でもCDよりアナログレコードの方が音質的にメリットが有ると言います。
10万100万の機器を置いただけだとCDの方が遥かに良いサウンドが得られるでしょう、でもアナログ再生のために努力すれば10万の機器でも、今のCDとあまり違和感が無い良好な音質は得られるはずです。(当時の音造りと今の音作りは違いますので、そこはご理解くださいね。)

聞いた感じ、聴感と言う点では、もう1ランクがんばっていただけたらと感じました。あくまで個人的感想ですが、プレーヤーとカートリッジ、版の状態など再生環境側にもうちょっとコダワッテいただけたら改善出来そうに感じましたよ。

がんばってください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なお返事、感謝します。

CDと同レベルを目指したいほど欲張っているわけではないのですが、車内ステレオや携帯プレーヤーでの鑑賞に堪えうるものが欲しいと思っています(当該の音源は頭痛が。。。)

http://item.rakuten.co.jp/murauchi-denki/2316000 …

コンプレッサーは特に考えもなくやっていました。次回からはやめます。

編集は以前はWaveStudioというのを使っていたのですが、PCを替えてしまったのでフリーソフトを使っていました。

プレイヤーは、買って6年くらいだと思いますが、実は買った時にすでに回転速度が遅い代物で、修理に出したら今度は0.5%(半音分)高くなってかえって来たので、別のソフトで補正していました。

やはり盤とプレイヤーの問題が大きいのかもしれないですね、他の方の回答も参考に、対策を取ってみたいと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/07 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォノ入力からのノイズ

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。
(音を出した場合は当然歪んでしまいますが。)
レコードプレイヤーをCD、ないしはライン入力の場合、ボリュームのみの操作でも
ノイズは出ません。(音を出した場合は当然音は小さい音で鳴りますが。)
ちなみにレコードプレイヤーは電源、アームのインナー、
音声のケーブル類を交換してあります。
どのような事がノイズ発生の原因として考えられるでしょうか?
やはりアンプの経年変化による劣化が原因でしょうか?
宜しくご回答のほどお願いします。

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーを...続きを読む

Aベストアンサー

プレーヤーをメンテナンスされたことと挙げられた症状から以下の点が疑われます。

・音声ケーブルの+線か-線のどちらかがトーンアームに接触している

・アース線がトーンアームとの接触が不十分

・音声ケーブルとアース線が接触している

ケーブル類を交換されたとのことから端末処理やはんだ付けの不備が考えられます。
そのためにプレーヤー側でハムノイズを誘引しているのでしょう。
そう考える要因が
「CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。」
からです。
アンプ側の経年劣化であれば何を繋いでもノイズは出るはずです。

プレーヤーの音声ケーブル、トーンアーム内部コードそれぞれを今一度チェックしてみてください。
たった一本の素線がはみ出していたのが原因だったりします。

QLPレコードのスクラッチノイズを取り除くソフトウェアはありますか?

LPレコードをCD-Rにしたいのですが、いったんPCに取り込んだ音声データを加工して、スクラッチノイズ(パチパチ音)を取り除くソフトウェアがありましたらご教示ください。

Aベストアンサー

波形編集ソフトを使用することで軽減できます。
お金に余裕があるなら、Sound Forge 8は使いやすいですよ。
フリーウェアならSound Engine Freeが有名ですね。

http://www.cycleof5th.com/

とりあえず、フリーウェアや市販ソフトの体験版で確認してみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.cycleof5th.com/

Qレコードの音割れ

オーディオ初心者です。
レコードプレイヤーにアンプとスピーカーをつないでレコード鑑賞をしています。
最近、アンプとレコード針を取り替えました。
その結果、レコードをかけると音割れが目立つようになってしまいました。
レコードの種類によって音割れがほとんどないものから聞くに堪えないほど割れるものまで様々ですが、総じて交換前の状態よりはひどくなっています。
ラジオ等を聴く際には音割れしないので、スピーカーやアンプではなくレコードプレイヤーの問題と考えてよいでしょうか?
(アンプが以前よりよいものになったので今までは見過ごしていたノイズも拾ってしまうとか…そういうこともありえますか?)

ちなみに交換したレコード針は、前に使ってたものとまったく同じものです。単に壊れたから買いなおしただけで、ランクアップしてません。

せっかくまたレコードライフが楽しめると思っていたのに音割れに悩まされています…原因と考えられるものと対処法を教えてもらえると嬉しいです!

Aベストアンサー

原因としての可能性は。
1、針圧の不適正
2、針のつけ方の不適正
3、カートリッジ部の接触不良
4、イコライザの故障

1についてもし針圧の調整がわからなければ、針圧0にすることはできますか?
できれば0にして(針が少し浮く程度)カートリッジの上に一円玉2~3枚載せてくださいこれで針圧は2~3gになります。
試してみてください。これで割れなければ針圧の問題です。
正規の2.5gに調整しなおしをします。
2のケースですが、良くあるパターンなのでもう一度つけなしてみてください。つけ方が悪ければなおるはずです。
3も同じくよくあるケースです。ねじ部をよくつかんで締めなおしを試してください。
4はあまり考えられませんが、他の正常なプレーヤーをつないで確認するしかありません。

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Qハイレゾ音源とレコードはどちらが良い音?

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅広い音域を有するという事は、ハイレゾ音源とレコードには共通性があると思うのですが、それでもやはりレコードと比べてもハイレゾ音源の方が良い音質なのでしょうか。もしレコードよりもハイレゾ音源の方が良い音質の場合、具体的に数値上で言うとどのくらいの差なのでしょうか。微々たる差なのでしょうか。それとも圧倒的な差なのでしょうか。

またこれとは別に、数値上はCD<レコード<ハイレゾ音源の順に音が良いとしても、音声信号の種類はCDとハイレゾ音源は「デジタル音声」なのに対しレコードは「アナログ音声」ですが、聴こえ方と言いますか、聴いていて快感に感じるのはハイレゾ音源とレコードのどちらなのでしょうか。もちろんこれには個人差もあると思うので一概に言えないと思いますが、この点も併せて御回答お願いします。

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅...続きを読む

Aベストアンサー

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIFで再生音をPCに取り込み、波形編集ソフトで表示してみると、波形がものすごく汚れています。音に歪みが載っている証拠です。

しかしその歪みこそが、生々しさ、迫力、温もり、潤い等々、物理特性では説明できないLP独特の味わいの秘密のようです。こうなるともはや、良し悪しではなく好き嫌いの問題でしょうね。

ただ、LPで困るのはCDと違って製品ムラが多いことです。

ベテラン技師が細心の注意でマスタリング~カッティングしたLPは天上の音楽かと思うほどの美音を奏でますが、雑に製作されたLPの音は雑音でしかありません。

また、ていねいに製作されたLPも、レコードプレーヤーの性能が不十分だったり針が摩滅していたりすると、スマホやガラケーのスピーカー以下の音しか出しません。

CD&ハイレゾ=デジタルの再生音は平均してそこそこいい音だが、極端にいい音はない。LP=アナログは、いいものは極端にいいが、悪いものは極端に悪い。これが結論です。

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIF...続きを読む

Qレコードトレースノイズ消せますか?

別のところでも聴いているのですがレコードのトレースノイズが気になります。といっても演奏中のものはさほどではないのですが曲間のざーっざーっていう音、何とかならないものでしょうか。プレーヤーはSL1200MK5カートリッジはシュアーM97xE、アンプはアルケミストのネメシス(MMフォノイコ付で使ってます)スピーカーはTANNOYのEATONですまたご回答ください。

Aベストアンサー

単純で、理論的では有りませんので悪しからず。
個人的経験ですが、カトリッジの違いで、トレースノイズやプチノイズの音量の差が、驚くほど違う経験を50年近くのレコードとの付き合いから体験しています。
私の体験の一例に過ぎず、環境が違う方々の下では、結果が異なるのかもしれませんが・・・

色々なカートリッジが有りますが、ここで比較する
SHURE/V15TYPEIIIは、4個
SHURE/V15TYPEIVは、3個
所持しています。

TYPEIIIでは、音楽本体の音は張りが有り快活な音ですが、トレースノイズやプチノイズはかなり軽減される印象!
一方、TYPEIVは、音楽本体はTYPEIIIに比べ大人し目で、チョットひ弱?ですが、トレースノイズやプチノイズは、TYPEIIIより強い印象!

同じメーカーの兄弟分でも違いを感じます。ましてやメーカー違いなら何をか言わんや!
替えてみても変化はありませんか?程度にも因りますが、面白いですよ!

QレコードJAZZ観賞におすすめのカートリッジ

最近アナログプレーヤーでJAZZを聴きはじめた初心者です。

カートリッジを変えればけっこう音が変わるときき、カートリッジを調べていますが、
どう選べばよいかわかりません。

今の環境は

ターンテーブル:Technics SL-1200MK5
カートリッジ:SHURE M44-7
針:SHURE N44-7
プリメインアンプ:KENWOOD R-K700
スピーカー:TANNOY MX1-M

今聴いている音は少し中低音がモサモサしていて、高音が足りないと感じます。
もう少し引き締まっていて、クリアな感じを求めております。

JAZZ(ピアノトリオが主です)に適したカートリッジで
おすすめはあるでしょうか?できれば1万円程度に抑えれたらありがたいです。

Aベストアンサー

本来JAZZ用とか専用とかある曲ある楽器が得意なものは無いはずです。オーディオ機器にそういった楽器的な音色は不要ですのであってはならないものだと思います。
SHURE M44-7はご存知のように耐久性を優先したカートリッジですので周波数や音質的にはあまり期待できないかと思います。それでも後のアンプ、スピーカーがよければM44-7の最大限の性能が引き出せます。
後は好みの問題が課題になりますが、そこそこの音は出ているはずです。
むしろTANNOY MX1-Mの音に原因があると思われますがいかがでしょうか。
TANNOYのなかでもバランスが取れたオールマイテイなものですがそれでもやはり癖はついていると思います。

カートリッジ交換については、もし予算があればM-97XEなどはどうでしょうか?かなりコストパフォーマンスに優れていると思います。

http://joshinweb.jp/audio/5321/0042406060370.html

Qアナログカートリッジによる音の違いはどの程度?

オーディオ暦は30年ほどになりますが、当初から普段は録音したものかCDばかり聞いていて、アナログは経験も知識も乏しく、質問させて頂きました。
長年、デノン(当時はデンオン)の DL-301II を使っています。というか、もう何(十)年も使っていなかったのですが...
再生時間的にそろそろ交換してもいい時期でもあるのですが、それより長年の経年劣化が心配で、新調することにしました。(針圧に耐えられなくてグニャっといって大切なレコードを傷めないか心配で、レコードかけられません。笑)
レコードのデジタルアーカイブ化も、もういい加減に真剣に実施したいと思っています。

そこでDL-301IIのまま新調するか、いっそもう少し上のグレードのカートリッジにしてみるか、迷っています。しかし、カートリッジ交換でどれほど音が変わるのか見当が付かず、視聴もままなりませんし、皆さんにお聞きすることにしました。

◆質問◆
アナログカートリッジの機種やグレードによる音の違いは、どの程度のものなのでしょうか?

たとえば、オーディオ機器で(音調・音質ともに)一番音が変わるのはスピーカーだと思います。
他(アンプやDAコンバータ)は私の経験では皆そこそこで、変化の度合いとしては似たり寄ったりかと思います。どれもスピーカを変えた時ほど劇的な変化はしません。カートリッジはどうなのでしょうか? また今まではプリメイン内臓のフォノアンプしか使ったことがないのですが、専用のフォノアンプや昇圧トランスを使った場合の変化がどの程度のものなのかも教えて頂ければとも思います。
また目的は日常の鑑賞ではなく、アナログのデジタルアーカイブ化です。よって、録音には昇圧トランスだけを使ってフォノEQ回路無しの直結録音も検討しています。その場合は後でパソコン上でデジタルEQによるフラット化した観賞用WAVを作成することになります。

現用の(CD再生用の)私のシステムは、中古やプチ改造品の寄せ集めで具体的に何を使っているとは言えないのですが、まぁそこそこ音に自信はあるシステムです。4way(近々5way予定)のマルチです。(くれぐれも 4ch や 5.1ch じゃないですよ。2ch一直線です♪)
音の好み(希望)としては、音色付加が無く、ありのままをそのままに解像度よく再生してくれる物を希望します。

うまく文章をまとめられなかったのですが、よろしくお願いします。

オーディオ暦は30年ほどになりますが、当初から普段は録音したものかCDばかり聞いていて、アナログは経験も知識も乏しく、質問させて頂きました。
長年、デノン(当時はデンオン)の DL-301II を使っています。というか、もう何(十)年も使っていなかったのですが...
再生時間的にそろそろ交換してもいい時期でもあるのですが、それより長年の経年劣化が心配で、新調することにしました。(針圧に耐えられなくてグニャっといって大切なレコードを傷めないか心配で、レコードかけられません。笑)
レコードのデ...続きを読む

Aベストアンサー

正確な言い方とはいえませんが、スピーカーの音質の差を100とすれば、カートリッジは10から20程度、アンプは0.1程度(あるいはそれ以下)DACはもっと差異が少ないという感じでしょか。

かつてはサテンやFR、STAXなど個性的な製品が多くあって、レコードごとに合うものを換えながら聞いたものです。
例えばサテンは独特の高音でバロックにはぴったり、FRは絹のような繊細な音でしたが、あまりにも出力が小さくて苦労しました。でも今はそれほどの選択肢はないですね。

DL-301II も良いカートリッジだと思いますが、永久保存用にデジタル化するのならば、この際DL103に買い替えが良いかなと思います。
この製品はスタンダードといっても良いもので、殆どのジャンルの音楽を素直に再生してくれると思います。
私はDL103Sを長年使ってきました。いろいろな製品を使って最後に残ったのがこれでした。
が、これはもう廃番で針交換ができません。この次はDL103にしようと思っています。
最近時々新製品が出てるようですが、どれも異常に高価なものばかりで、そこまで出してアナログを聞くのかという疑問を感じます。
その点でも上記の製品は価格と性能のバランスがよい製品だと思います。

正確な言い方とはいえませんが、スピーカーの音質の差を100とすれば、カートリッジは10から20程度、アンプは0.1程度(あるいはそれ以下)DACはもっと差異が少ないという感じでしょか。

かつてはサテンやFR、STAXなど個性的な製品が多くあって、レコードごとに合うものを換えながら聞いたものです。
例えばサテンは独特の高音でバロックにはぴったり、FRは絹のような繊細な音でしたが、あまりにも出力が小さくて苦労しました。でも今はそれほどの選択肢はないですね。

DL-301II も良いカートリッジだと思いますが...続きを読む

Qレコードのソリを治す方法

早速ですが

重量級180g レコードが 10年ぶり位に 引き出したら 反ったようです。

端の方 外周から 5cm 位 内側に入った所から ゆっくり 反り、はねているようです。

垂直とはいえ、少しは斜めですから、重い分、ハンディなんでしょうか
その周りの普通のレコードは何でもないです。

何かうまい方法で、このそりを修正する事は可能でしょうか

Aベストアンサー

ガラス板などで挟んでコタツの上に長時間置いて直した記憶があります。

検索して見ました。
http://www.lifehacker.jp/2010/01/post_1343.html
http://www.amazon.co.jp/ORB-ORB-DF-01-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96/dp/B0008JIEL0

Qレコードの音割れの解消について

レコードを聴いていると、中心部に向かうに従って、音が割れてきます。

原因は、レコードの中央部がターンテーブルシートから浮かび上がり盤面と針の距離が近くなることだと考えてます。
レコードをセットするときには、しっかり押さえつけていますが、再生しているうちに中心部が浮いてきます。

ターンテーブルシートはゴム製のものを使用しており、別のものに交換すれば解消するのかと思っておりますが、レコード盤の反りやレコードプレイヤーの水平確保があまいことが原因の可能性もあるかと思っています。

ご存知の方がおりましたら解消法を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

カートリッジが正しく取付けられているとするならば、
レコード盤に置くスタビライザーが一番有効ですが、
逆にそれで改善しない場合はお手上げに近いと思います。

取付けの再確認ポイント
A.オーバーハング、B.水平(アームの高さ)、C.垂直
あと、水準器を使用してプレーヤーを水平にアジャストしてください。

過去にいくつか使用した感想でいうと、
スタビライザーは硬い材質の方が効果が出易いのですが、
硬いとそれなりにソリッドになる傾向がありますので、
カートリッジの特製に合わせて使い分ける方法もあります。

リニアトラッキング(SL-10など)モデル以外の場合、
内周よりに発生する歪はアンチスケーティングや
オーバーハングの影響が出易いので宿命とも言えなくもありません。

敢えて、オーバーハングを内周よりにセットして見る方法もありますが、
カートリッジのトレース能力との相談になりますね。


人気Q&Aランキング