プロが教えるわが家の防犯対策術!

野球で打者の打率には パーセントでなく、○割△分☆厘 というような言い方をしますが、なぜ パーセントを使わないのでしょうか? 日常生活でも大雑把な確率を表すのに「割」はよく使いますが、それ以上細かい単位は普通パーセントを使いますよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

プロ野球球団が出来たのが昭和の初期、その前は大学野球が人気でした。


この頃は、今とは単位が違いますが重さは「貫」長さは「尺」が使われていましたので
当時は確率は「率」が殆どだったと思います。

また、戦争中は英語が禁止されていたのでパーセントは使えませんね。

この様に率が定着し、敢えてパーセントにする理由が無いので
そのまま率を使っているのだと思います。

全くの余談ですが、今3割3分3厘の選手が打先に入った時
テレビのスーパー表示は“.333”ですが、テレビの初期
は“0.333”と表示されていました(川上さんが活躍していたころ)

勝率など全てをパーセントにすると、かなりの違和感が有ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、そういう経緯があったんですね。

お礼日時:2011/01/31 23:50

NO.3です。

書き方間違ってました。
%で言うなら。
「れいてんさんいちよんぱーせんと」
じゃなくて
「さんじゅういちてんよんぱーせんと」
ですね。
やはり普通の統計と違って野球の打率はシビアなものですから「厘」の単位まで言ったほうが解りやすいのでしょう。
主意打者争いが「厘」の差で決まることもあるし。
    • good
    • 0

例えば.314の打者がいたとします。


「さんわりいちぶよんりん」
「れいてんさんいちよんぱーせんと」
どっちが言いやすいですか?
頻繁に出てくる数字ですから言いやすいほうを選ぶのは当然のこと。
    • good
    • 0

野球では、大雑把な「3割」というのが大きな意味を持ちます。

「30%打者」では何のことか分かりませんが、「3割バッター」というのは良く分かりますよね。野球をやる者ならば、誰しもが目指す一定のステイタスなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「3割」の為に パーセントをつかわないとは

お礼日時:2011/01/31 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球の打率の出し方

素人なので初歩的なことを聞きます。プロ野球の打率は、ヒットの数を打数で割ればいいのですか。(そのようなことを同じようなに素人の人から聞いたのですが)イチローの打率がよくニュースで出ますが、「ノーヒットでしたが打率は変わりませんでした」というのは、何割何分何厘の部分で四捨五入すると誤差で変わらないという意味なのか、切り捨てで変わらないという意味なのか、それとも全く違う計算なのか、どうなんですか。少し気になるので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

何割 0.1=1/10
何分 0.01=1/100
何厘 0.001=1/1000
何毛 0.0001=1/10000
ですので、何厘まで変わらないとなると、数千打席とか打席にあがらないといけませんので、考えられないですよね。

打率=安打数÷打数
であって、
打率=安打数÷打席数
では無いという事です。

四球
死球
犠打
犠飛
妨害出塁
は打席数には入りますが、打数には入りません。

つまりは全打席、四死球、犠打飛、妨害出塁のいずれかであれば、打席数は増えますが、打数は変わらず、打率も変わらない。

Q防御率と打率の意味がわかりません

私も成人してしばらく経ついい歳した大人なんですが、大変恥ずかしながら野球についてはてんで弱いです。
テレビで野球を見ていると打者の打率○割○分○厘、ピッチャーの防御率○割○分○厘という文字がよく出てきますが正直意味がよくわかっていません。
簡単に説明していただけないでしょうか。
それと打率、防御率ともにどれくらいならば優秀と言われているのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 打率を詳しく説明すると
全打席数から四死球や犠打(送りバント)犠飛(犠牲フライ)の数を引いた物を打数といいます。
5打席回ってきて、四死球2個犠打1個安打1個のばあいは、2打数1安打、打率5割となります。
100試合ほど経過して、500打席あったとしても、打数は400くらいに落ちつこことが多いです、

昨年のイチロー選手の数字を挙げておきますと

749打席 686打数 213安打 7犠打犠飛 56四死球 でした。
213÷686で打率は .310 3割1分 となるわけです。

 エラーで出塁した場合は打者としては「凡打」の扱いで打率が下がることになります。

 投手の防御率は、エラーが絡んだ場合の得点以外を「自責点」といいます。たとえば、最初の打者が凡退したにもかかわらず、野手のエラーでランナーとなった場合、その後投手がヒットを打たれて得点を与えたとしても自責点にはなりません。

 そして、1試合9回まで完投した場合、投手の責任で何点取られたかが防御率になるわけです。したがって、総失点÷9のほうが防御率よりも多くなりますね。防御率3点以下なら打高投低の今の時代は凄くいいピッチャーです。

 打率を詳しく説明すると
全打席数から四死球や犠打(送りバント)犠飛(犠牲フライ)の数を引いた物を打数といいます。
5打席回ってきて、四死球2個犠打1個安打1個のばあいは、2打数1安打、打率5割となります。
100試合ほど経過して、500打席あったとしても、打数は400くらいに落ちつこことが多いです、

昨年のイチロー選手の数字を挙げておきますと

749打席 686打数 213安打 7犠打犠飛 56四死球 でした。
213÷686で打率は .310 3割1分 となるわけです。

 エラーで出塁した場合は打者とし...続きを読む


人気Q&Aランキング