【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

掌底は本当に効きますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

実は、素人の喧嘩には、掌底の方が有利です。


拳が歯にあたって拳を切り血を流すことも、小指側の小さい指の骨折もしませんし、場合によっては、指先を眼に入れることもできます。運悪く、警察に捕まった時も、彼らは、拳頭を注意深く観察しますが、掌底には殆ど無関心です。
かつて、伝統派の空手組手試合では、正拳に握っていないと反則でした。従って、試合中に拳を開く選手は皆無でした。ヒトというのは、防御に入ると本能的に拳を開きますが、そういう恐怖感を数十年前の空手家は克服していたわけです。そういう意味では、パリング(掌による払い)やキャッチ(掌による受け止め)という基本的な防御法があるボクシングの方がヒトの本能に即しているわけです。
なお、基本的な掌底は、正拳の場合と同様に、鼻下と口の間の「人中」を狙います。鼻下の直近の部分です。それで、偶然を装いつつ、序に眼に指を入れます。顎とか、コメカミもありでしょうが、そういう技は、フック系の腕振りになりますから、リーチ(間合い)の点でも素人には難しいでしょうね。素人は間合いに入ることを極端に怖がりますからね。突き放し系(ストレート系)の、脇から真っ直ぐに突き出す掌底が最も有効と思われます。
しかも、この動作を、狙って行ったのではなく、偶然に間合いを取る為の防御姿勢をしたら、たまたま、出てしまったものとするよう演技して、喧嘩慣れした熟練者と周囲に思わせないことで、トラブル後の生き方が楽になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2011/02/11 13:41

効きますよ。


掌打を練習した事も無い素人のビンタでさえ、当たり所が悪いと
鼓膜を破ってしまったりの事故が起こるんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2011/02/11 13:41

狙う場所によります。



人間はどうしても喧嘩になれば本能的にグーで殴りたくなるし、
それが顔の怪我しやすい場所にヒットしたならば
目に見えた外傷を負わすことで精神的にも高揚します。

しかし、外傷を相手に与えず効果的なダメージを与えたというのであれば、
掌底は役に立ちます。
ただし、効果的な掌底は訓練が必要で、グーよりも難しいかもしれません。

素人の場合はグーとパー共に短所があります。

グーの場合、力が腕全体に入りスピードが落ちる。小指側で殴ろうとする。
頭蓋骨等に当れば指の骨折の可能性が出てくる。
パーの場合、射程距離がグーよりも短い。当てる部分が悪ければビンタにもならない。
ボディは狙いにくい。

これらを克服して長所に生かせれば、
グーパー共に有効な武器になります。

要は使い方次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2011/02/11 13:42

本部朝基がロシア人ボクサーをKOした技がこめかみに掌底打ちだったかと


実際こめかみは急所なので危険だと聞きます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2011/02/11 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q掌底の鍛え方

現在、掌底を鍛えております。
いつもやってることは、
懇意にしていただいてるボクシングジムのサンドバックを
お借りして、腰から捻る動きで、各100回ほど振っております。
皆さんはどのようにして掌を鍛えていますか?
是非お教えください。

Aベストアンサー

中国拳法系ですが、参考になればと。
「腰から捻る動き」ということからして、全身で打つ仕組みを意識されているようですね。この辺は、掌底を使うシチュエーションと目的によって、腰と足の使い方も変わると思いますが、とりあえず習った方法と趣旨を基本に、単純に考えておきましょう。(でも「振る」という言葉がややひっかかります。もしかしたら、一般的な掌底ではない?のかも。)
では、掌底を鍛えるときの注意点を述べて参考になればと思います。
素人的に「猫パンチ」の形で打つと、手首を傷めます。通常は、手刀形から手のひらを45度内転させます。つまり、手のひらを正面に向けているわけではありません。ぶつける部位も手刀部分と手のひら下部までの「J文字」のような馬蹄形になります。これを壁面にぶつけるか、立ち木に絡ませるように打ったりします。サンドバックをたたくようなものです。ただ、サンドバックのように動く対象では全身で押し出す発勁の練習になりにくいのですが、練習目的次第でしょう。硬いものに何度も打ちつけていると掌底の筋肉が厚くなってきます。これで衝撃負荷を和らげることができます。
拳で相手の柔らかい部位を突き、掌底で肋骨などの硬い部位をたたき押すことを目的とするので、このような考え方になります。つまり、「たたく」第一段階とそれに続く「押し込む」第二段階が連続させるのに都合の良い鍛え方を考えています。
おそらく、313stationさんの掌底はどちらかというと、あごを打ち抜くような現代的な使用方法ではないかと推察します。それで、サンドバックを使って、主に腕力+腰で打ち抜くことを目的にしているのではないでしょうか。

中国拳法系ですが、参考になればと。
「腰から捻る動き」ということからして、全身で打つ仕組みを意識されているようですね。この辺は、掌底を使うシチュエーションと目的によって、腰と足の使い方も変わると思いますが、とりあえず習った方法と趣旨を基本に、単純に考えておきましょう。(でも「振る」という言葉がややひっかかります。もしかしたら、一般的な掌底ではない?のかも。)
では、掌底を鍛えるときの注意点を述べて参考になればと思います。
素人的に「猫パンチ」の形で打つと、手首を傷めます。通...続きを読む

Q顎への掌底

顎への掌底

こんにちは。人間の急所の顎について質問です。

今日友人と遊びふらついての帰り道、内一人があまりにも
うざったい悪口を叩いて来るので顎へ掌底を入れてやったやらぶっ倒れました。
気絶まではいかなくともその後かなりふらついて「死んだかと思った」とか
言ってましたが、実際顎への掌底の威力はどれぐらいなんですか?
強く打ったら、気絶以上のすさまじいダメージになるのでしょうか。

Aベストアンサー

舌をかんだり、他にぶつけたりという二次的作用を除いて説明します。
実際にはかなり複雑ですが、単純化して説明します。

顎への打撃というとアッパーカットを連想しますが、合気道や柔術などによる掌底での顎への攻撃には3種類あります。
一つは直線的に頭頂付近に向かって入れる場合。
この場合、物理的には下顎が顎関節から中にめり込むような力を受けます。
あまりダメージが酷いと側頭葉が傷つきます。脳のダメージは前への(後に後ろ)震盪になります。

次がアッパーカットのように下から突き上げる直線的打撃。
これは説明する必要もないと思います。脳は慣性の法則で最初は前に振られます。

合気道などの掌底の攻撃では、近年では殆どが直線的ですが、実際には違います。
大げさに表現するなら鳩尾に掌を当てて、そこから上に向かって昇る感じで顎先に掌底が当たります。それに更に前進運動が加わります。
すると顎は衝撃を吸収する事無く後頭部の首との関節を中心とした円運動を起こします。
つまりアッパーカットとは似て非なるもので、衝撃が緩慢な分、力はそのまま運動に置換され、脳の震盪も大きくなります。

更に方向に斜めの要素が加われば震盪の方向も複雑になります。

相撲のノドワへのツッパリを見れば判り易いと思います。
脳を浸透させるので、あまり酷いと命にも関わりますから、充分に気をつけてください。
友達をなくさない事を祈ります。

舌をかんだり、他にぶつけたりという二次的作用を除いて説明します。
実際にはかなり複雑ですが、単純化して説明します。

顎への打撃というとアッパーカットを連想しますが、合気道や柔術などによる掌底での顎への攻撃には3種類あります。
一つは直線的に頭頂付近に向かって入れる場合。
この場合、物理的には下顎が顎関節から中にめり込むような力を受けます。
あまりダメージが酷いと側頭葉が傷つきます。脳のダメージは前への(後に後ろ)震盪になります。

次がアッパーカットのように下から突き上げ...続きを読む

Q護身術における掌底

初歩的な疑問なのですが、護身術において、掌底は本当に効果的なのでしょうか?
例えば、敵を倒すことは無理だとしても、2・3発で自分の身を守れる程の威力は、掌底にありますか?

Aベストアンサー

アメリカで使えなくてはならないとする伝統空手と身を守れる護身術を教えています。 (詳しくは私のプロフィールを見てください)

30ポンド(14Kg)程の体重差がある男性に対しては女性にはほとんど効果を期待できるものではありません。 手首に対する危険度がほとんどなくなりますのでその点から見れば「使えるように訓練しても良い技」としています。

しかし、効果を出して護身術の一部として使うとなると話はまったく違ってきます。 問題点です。

当てる面積が広いために打撃力・貫通力が激減する。
当てる部分が柔らかすぎる
応用性が低い
指が邪魔になるため広いエリアのターゲットが必要
ターゲットとなる相手のターゲットが少なすぎる
リーチが短くなる
リーチが短くなるためにひじの角度が狭まるために上腕三頭筋の緊縮力が低くなる

など決定的な問題点を抱えています。 よって、これを護身術として有効的に使うにはかなりのレベルの指導員とトレーニングを要する技とされます。

そしてすべての技がそうであるわけですが、この技は普通以上に使えなくては意味のないものである、と言うことになるのですね。

つまり、技がそれだけで護身術として使えるのではなく、どういう状況のときに有効かを知り、どうやればそういう状況を「作り出せる」のか、使うタイミングは?、ジャブ的なより有利な隙を作るために使うのか、どうやったら指先を詰めないか、どうやったら上記の問題点を克服するのか、など20大項目とその中の100項目ほどの訓練項目がこの技にはあります。

かなりのテクニックを必要とする、と言うことでもあるのです。 よって、上級者が相手を殺さない事を前提に使いいわゆるノックアウトさせるだけのために使う技としてよく使われるわけです。 上記の問題点をフルに活用して脳震盪を起こさせると言うことです。

これをパンチの代わりに使って逃げる隙を作ると言う事はまず出来ないと言ってもいいと思います。 当てる事が出来るのか、貫通力はあるのか、と言う二つの項目だけを見ても非常に護身術の技としては難しいものであるのです。

ビビラないでこの技を使える精神力向上のための訓練はどうします? リーチが短いと言う事実だけ見ても「相手に近寄らないといけない」と言うことをどうやって克服するのか、掌底をわざとして使うには他の技より出来なくてはならない事ですね。 

この点だけでなく、護身術の基本は逃げる、と日本では言われていますが、100項目近くある「どうやって逃げるのか」を教えてくれないのはなぜでしょう。 逃げると言う事は、逃げ切る、と言うことであって、相手に「逃げたぞ!」と言わせ追いかけさせる事ではないですね。 逃げ切れれば護身術といえるでしょう。 しかし、逃げれば良い、と言うだけで「捉まらないようにする」と言う「逃げ切る」方法の知識とその実力を向上させる訓練がなくてどうやって逃げ切ると言うのでしょうか。

掌底の持つさまざまな問題点を認識する事でなおさら「逃げ切れるようになる訓練」が必要となるわけです。

掌底が届き効果的な貫通を達成できるのであれば、あごに掌底した時に鼻のところにあるだろうとする指をそのまま5センチほど動かして目潰しに持っていくとか、あごを後ろにそらした状況を作りもう片方の手で金的攻撃(手の甲による打撃と手による握りなど)ジャブ的な利用法はあります。 掌底による金的攻撃は自分の肩の位置が相手の金的より低い位置にいないと使えませんが(許しを請うためにひざまつくとか、グラウンドに持っていった時など)、それでも掌底よりも他の方法のほうが効果的な技はたくさんありますね。

効果的な護身術とは技だけではないのです。掌底を使うよりも見せないように持った鍵、携帯、ペンなど手に持っていておかしくない(ペンであれば危ない状況を、護身術の一部として予想できる訓練をして、立ち止まりノートブックなりをピケットやバッグから出して何か書き込むように様に「演技」してペンを手に持つ状況を自分で作って)物を使ったほうがより有効なのです。 そしてどうやって(逃げ切るためにも)その手短な「武器」を使うのかも護身術ですね。

この掌底の威力は?と言うことですが、これを使いこなせるように訓練出来る指導員からトレーニングを受けた人たちであれば、女性であろうと14Kgの体重差があろうと、一発で「殺人」、一生の不随、失神、そして、隙を作るだけ、と使い分けが出来る「重要な技」と私たちは見ています。 言い方を変えると、掌底を有効に使えるように実力をつけられる指導員が必要だと言う事です。 自分が出来る、と言うことだけでなく、出来ない人に出来るように教える事ができる指導員が必要だと言う事なのです。 そして護身術として使うのであれば、護身術とは何である事なのかも「逃げれば良い」だけでは決して護身術にはならないと言う根本的な知識の幅と深さを伸ばす必要が日本には必要だと言うことでもあるのですね。

掌底だけの事を訓練項目に基づいて書いていくとこの紙面ではとても無理な事ですが、できるだけ質問に関連付けて書いてみました。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカで使えなくてはならないとする伝統空手と身を守れる護身術を教えています。 (詳しくは私のプロフィールを見てください)

30ポンド(14Kg)程の体重差がある男性に対しては女性にはほとんど効果を期待できるものではありません。 手首に対する危険度がほとんどなくなりますのでその点から見れば「使えるように訓練しても良い技」としています。

しかし、効果を出して護身術の一部として使うとなると話はまったく違ってきます。 問題点です。

当てる面積が広いために打撃力・貫通力が激減する...続きを読む

Q素手の突き技で一番威力が高いフォームは?

空手の正拳突き
ボクシングのストレート
形意拳の崩拳
八極拳の冲捶

同じ拳の突き技だけどそれぞれフォームが違います
一番威力があるのは何でしょうか?

Aベストアンサー

重さと衝撃力との双方を兼ねた、ということなら、八極拳が一番かも知れませんね。

何故か。

前へと踏み出す力。身体を左右に開く力。捻り込む力を統一させて、かつ自己の体重を、最大限に活かすからです。

私は形意が好きですが、純粋な「威力」で八極に勝る技は、多分ないだろうと考えています。

ただし、命中率という問題はあります。どんな強い突きでも、当たらなければ仕方ない。
タイミングとか、当て方とか、効かせる為の条件は色々あります。

私がとても恐ろしいと思っているのは、実は通背拳だったりもします。
結局全ては、「使いよう」と言うことだと思います。

Q素手で殴っても怪我しない方法

よく殴ったほうが手を怪我するって聞くけど
それを防ぐ方法について教えてください

・拳立てや巻き藁をして正しい殴り方をすれば大丈夫ですか?
・拳立て、巻き藁以外にいいトレーニングあればおしえてください
・ストレート、フック、アッパー等いろいろあるけど怪我しにくい殴り方は何ですか?

Aベストアンサー

格闘技経験者です

拳立てや蒔き藁をやってもあまり意味がありません。拳立ては筋トレであり圧力により拳自体を硬くするものであって殴り方をマスターする物ではないのです。
蒔き藁は硬いものを叩いて拳を鍛えるものですが、もはや時代遅れのスポコンアイテムです。骨は圧力をかけるだけで骨は硬くなるので硬いものを殴ると言う行動にて拳自体を壊してしまう可能性のある蒔き藁は危険なのです。それなら藁より遥かに硬いコンクリートの上で拳立てもしくは逆立ち拳立てでジャンプする方が遥かに安全で高い圧力を掛けれるので効果的なのです。

そもそも痛める原因は・・・
1)パンチの出し方を知らず小指側及び指部分で殴ってしまう
2)拳より硬い骨を叩く

この2つしかありません。1は打撃フォームの問題です。個人でやれるトレーニング法は有りません。打撃系の習い事をすれば教えてもらえます。格闘家でも指でで叩くと怪我します。手の中でも弱い部分です。

2について・・・体の中で拳部分より硬い骨は頭蓋骨(でこ~頭頂部)と歯だけです。いくら拳を鍛えも元々の硬度自体が違うので、上回ることは無いでしょう。ひじは痛みを感じ難い部分であり、フックやアッパーをガードしやすいので勘違いされますが、固さ自体は手と変わりません。ですので1で説明したとおり殴り方さえ知っておけば怪我はしないのです。因みにガードのうまい人は攻撃された際に肘を相手の指部分に狙って当てて拳を潰しにかかる事はあります。

殴りかたを知らない者同士が喧嘩した際に、相手がうずくまるなどした際など頭が下がった時に良く頭蓋骨を叩いて怪我をするのです。ゆえにボクサーはストレートで怪我し易いです。顔面に当らずでこなどに良く当るからです。

防ぐ方法は・・・しっかりとした指導者の下で技術を教えてもらい、練習するしかありません。殴り方は技術ではありますが知識でもあると言うことです。

最後に、ボディーを殴りましょうと書いてる人居ますが・・・安定してない顔と違って体は弾き飛ばせないので力が逃げず、相手の体重がもろに掛かってきます。殴り方知らないと拳ではなく手首を傷めることになるので注意が要ります。素人がサンドバックを叩くと怪我をしやすいのと同じです。

格闘技経験者です

拳立てや蒔き藁をやってもあまり意味がありません。拳立ては筋トレであり圧力により拳自体を硬くするものであって殴り方をマスターする物ではないのです。
蒔き藁は硬いものを叩いて拳を鍛えるものですが、もはや時代遅れのスポコンアイテムです。骨は圧力をかけるだけで骨は硬くなるので硬いものを殴ると言う行動にて拳自体を壊してしまう可能性のある蒔き藁は危険なのです。それなら藁より遥かに硬いコンクリートの上で拳立てもしくは逆立ち拳立てでジャンプする方が遥かに安全で高い圧力を...続きを読む

Q喧嘩でパンチってどうやって避けるの? 喧嘩には自信あるけど僕は素人だし、いつかやられると思う。 だか

喧嘩でパンチってどうやって避けるの?
喧嘩には自信あるけど僕は素人だし、いつかやられると思う。
だから命がかかっているとき以外は、攻撃しないと
決めました。
お願いします。
どうすればよけれますか?練習はありますか?

Aベストアンサー

パンチを受ける、よける事は、攻めるよりも実は、大変なんですよね(-。-)y-゜゜゜
なかなか最初から、うまくできません。
でもうまくならない奴はいません。
練習を何回もして下さい。
興味をもちまして返信します。

何しろ攻めは派手さがあって、試合で、うまく相手の顔面にヒットすると素晴らしい感動を覚えます。
でも守りは、地味です。うまくよけても感動が全然ないわけではないけどないです。
と、思う人が、多いと思います。

でも、その地味な守りが、使い方によっては、派手さのある攻め以上の攻撃力になっちゃう事があります。
そこが何よりも怖い事ですけど・・・(._.)

強い奴で、守りがヘタな奴はみた事ありません。
なぜなら、バカがつくくらい練習をしているからです。だから単純に強い奴になるんですよね(^。^)y-.。o○
カネキハヤテさんが、自分で練習方法を創意工夫をして、
例えば細かく技を区分けして1つづつ体で覚えていって下さい。
前向きな練習方法は、何通りもありますよ。
そしてすべてが、成功の道のりのはずです>^_^<

まず喧嘩の時は向かい合っています。
相手が、その近距離でパンチをしてきたら、相手のパンチを初めから注意していないと、当たる可能性が高いです。

【相手のパンチを初めから注意している状況なら】
相手は、そこにあるカネキハヤテさんの顔面をパンチしてきます。
相手は、この自分の顔面にパンチですから、
だから、そこの顔面の場所から顔面そのものが離れればいいだけなんですよ。

横でも、後ろでも、自分でしたら後ろですかねぇ~、顔面を背中ごとバックします。
よくを言うと、足を半歩か一歩、後ろに引きながらよけるのが確実ですよ。
そして顔面は、その場所から離れる事ができ、たいがいはよける事ができます。

でも、上には上がいます。
つまり格闘技経験者です。
パンチが一発だけではないです。
連続してパンチが飛んできます。

その時は、
一発目のパンチは、背中~頭を引いてよけたけど、
2発目、3発を打って来たら・・・

①とにかく、しゃがみ込んで、相手の片方の足に体ごと突っ込んで、足をつかみます。
そのつかんだ足を上に上げようとし、体は前かがみで、倒す具合に転ばします。
そして、速攻で逃げて下さい。逃げるが勝ちです。
次に警察に行って下さい。相手は暴行罪か傷害罪です。

【いきなり相手のパンチが来た場合は】
近距離から、いきなりパンチが来た時は、当たるしかないです。でも次の瞬間に、
ボクシングの選手のように上半身を回して、次のパンチをよけようとします。
このよけ方は自分もよくやりますよ。
相手が、どこにパンチをしたらいいか、困ってしまっているみたいで、面白くなってしまって、回転しながら笑っている事もありますよ>^_^<
そして、後ろに方向を変化しながら、どんどん逃げるか、又は次の瞬間は、またしゃがみ込んで、①と同様です。

命がかかっている時以外は攻撃しないと質問文に書いてましたけど、その心はいつまでも大切にしていて下さい。
相手をケガさせたら、後が怖いですからね。つまり警察です。警察に勝てる奴はいません。
要は、どんな事でも上には上があります。それぞれの回答者の人の教えてくれたその技を会得しても、
満足は決してしないでください。
今度はそのまた一段上の技を自分で作って会得してください。
つまりはハングリー精神です。
そしてその技を、ぐ~で教えて下さい。
そういう歴史のある技は、何よりも光ってますからね!
自分も練習して会得しますね(^。^)y-.。o○

パンチを受ける、よける事は、攻めるよりも実は、大変なんですよね(-。-)y-゜゜゜
なかなか最初から、うまくできません。
でもうまくならない奴はいません。
練習を何回もして下さい。
興味をもちまして返信します。

何しろ攻めは派手さがあって、試合で、うまく相手の顔面にヒットすると素晴らしい感動を覚えます。
でも守りは、地味です。うまくよけても感動が全然ないわけではないけどないです。
と、思う人が、多いと思います。

でも、その地味な守りが、使い方によっては、派手さのある攻め以上の攻撃力に...続きを読む

Q空手の型の有用性について

演舞で披露される空手の型は実戦では有用ではないのでしょうか?
K-1に出てる空手家はほとんどボクシングスタイルの構えであり空手の構えはしませんし、腰を落としての正拳突きや、(ハイキックではない)空手式の上段蹴りなどはあまり見られません。
空手は空手で長い歴史があり、その中で洗練されて理にかなった技が伝わってると思うのですが、そうでもないのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型・形、どっちの名前を使おうと、そのものがダンスとして教わり、昇級昇段テストのために教わる今の日本の多くの道場では「使い物にならない」と感じるのは当然です。 私もそう思います。

しかし、なぜ私が教えている4大伝統空手の一流派を教えるのに、わざわざ「アメリカで使える伝統空手を教えている者です。」と書くのでしょうか。 

それは、私たちの流派が教えることが昔からの使える空手を何でもありの状況でも使えるように昔通りに教えているからなんです。

もちろん型・形もあります。 数学の数字、英語のアルファベットに当たるものが型・形なのです。 1から100まで問題なく言えるからといって数学として使えるとは考えられません。 アルファベットを使ってローマ字として日本語を書いても英語にはなりません。 そうですよね。

1から100までなら、まずそれを習って、それからその100までの数字をどのように使えるようになることが出来るかが数学なのです。 アルファベットも同じです。

名前のついている技と言う名前のものは「使える技」ではないのです。 死ぬまで空手を習い続けることが出来る土台・基礎として使える道具なのです。 この根本的理解をさせてくれない今の日本の空手は、白い綿のパジャマを着て何の利用法もない帯を締め、その帯を貰う(買う権利を買う)ために型・形を習うのでは空手が泣くのです。

生きるための空手は決して物理的なトレーニングだけではないのです。 自分を生かすための実力をつけるための自分の土台となるためのものなのです。 自分を生かすことで生きていける、と自信を持っていえる自分を作ることが空手なのです。

K-1は空手ではありませんよ。 いってみればキックボクシングの変形です。

K-1ですら使えないものを、あれだけの時間、労力とお金をかける事にどこの価値があるというのでしょうか。

教えることの出来ない自称師範が教える以上その弟子たちは世代が進む毎に薄っぺらい物を教えることに成り下がってきているわけです。 
生まれながらの素質だけを重要視し、それがなければ「強くなれない」だけの訓練しか出来なくなくてはどうやって不幸にも素質無しで生まれてきた人を育てることができると言うのでしょう。

私は空手は275K、教えることがあるといっています。275,000項目です。 それも各項目のレベルを高め理解を深めなくてはなりません。 それだけ修行と言うものの価値があり、ナンにでも使える、自分を生かす実力がつくことになります。 だからこそナイフや拳銃による攻撃から身を守れなければおかしいと言うことにもなるわけです。

型・形の動きではなく、型・形を知らなくてどうやってこれらの実力を持てるようになるというのでしょうか。 それだけ、型・形と言うものは大切なものなのです。

また書いてください。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型・形、どっちの名前を使おうと、そのものがダンスとして教わり、昇級昇段テストのために教わる今の日本の多くの道場では「使い物にならない」と感じるのは当然です。 私もそう思います。

しかし、なぜ私が教えている4大伝統空手の一流派を教えるのに、わざわざ「アメリカで使える伝統空手を教えている者です。」と書くのでしょうか。 

それは、私たちの流派が教えることが昔からの使える空手を何でもありの状況でも使えるように昔通りに教え...続きを読む

Q何故,利き腕でない左ジャブの方が速い?

右利きの人の場合ですが
繰り出す打撃技の中で左ジャブが最速と言われたりしますよね

そういった考えを
ごく自然に受け入れていたのですが,

ふと,利き腕じゃないのに何故かな?…という疑問が


確かに素人の自分のパンチでも
利き腕ではない左ジャブの方が、なぜか右よりも早い感じがします

足は利き足の方が力も早さもありそうなのに
ちょっと不思議な印象があります


これはどういうこと(・・?

Aベストアンサー

基本的に「ジャブ」は防御も一連の動作としたパンチですね(^_^)

その上、ジャブは相手との距離を測る為のパンチで軽打な為に「早いパンチ」とされています。

左利きの人がサウスポースタイルで右ジャブを打てば、同じように右ジャブが早いハズ♪

実際のところ・・・左右対称の形を取れば「左ジャブ」も「右ジャブ」も早さに大差は有りません(^_^;)
利き腕と利き腕でない腕とでは筋肉の付き方が違うので、意外にそう感じるだけなのです。

因みに・・・利き腕は筋肉が多い上に質も繊細なので、伸ばすのも縮めるのも多くの筋肉を使います。
逆に利き腕で無い方は利き腕より筋肉が少なく質も粗いので、伸ばすのも縮めるのも利き腕よりは少ない筋肉で出来ます。

また「ストレート」は遅いのではなく「ジャブ」より到達距離が長い上に、軽打では無く身体の回転も利用した強打の為に結果としてチョットだけ遅いだけです(*^_^*)

Q拳は鍛えればどこまで強くなりますか

拳が頭に当たり拳のほうが怪我することがありますが
拳を鍛えれば頭より固くなるんでしょうか
それともそこまで強くはならないんですか

Aベストアンサー

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身術を20年ほどの経歴です

いくら鍛えても頭蓋骨(でこ)より拳は硬くなりません。これは科学的ではなく生物のDNAでそうなっています。つまり生きるのに大事な物を守るべき時場所は他の部位に比べて非常に強固と言うことです。頭蓋骨より固い場所は「食べる」という生きるに直結する非常に大事な部位である「歯」だけです。

因みに拳を鍛えたから強くなると言うのは根拠は一切ないです。医学的には骨に圧力を与えると硬くなると言うのがある(どのくらい圧力かけると硬くなるかは分っていません)のでそれを信じた人がやり始めただけ・・・ですので、巻き藁で鍛えると言いますが、医学が正しいならコンクリートやアスファルトの上で拳立てや拳で逆立ちジャンプするなどの方が遥かに効率的で圧力を与えれる鍛え方となります。藁のような柔らかい物ではなく硬い物の方が圧力を与えるので良いと言うことですが、でこ叩いての怪我はいまだにあるので効果は定かではありません。

私はやってない人と拳同士の叩きで負けたことはないし、筋肉を含めて手に弾力がなくなるので鍛えれば少しは効果あるとは思っていますが、骨はブロックなどと違ってかなり柔軟性のある物質(硬くとも曲がる)ですし、頭は首で繋がってるだけでしっかりと固定された物ではないので頭蓋骨というのは非常に砕き難い物であります。試合のレフェリーもやっていますが素手の打撃による頭蓋骨の骨折は聞いたことがないです。あっても脳挫傷ですね。

NO2さんの言うてます試し割りですが、肘(エンピ)ですと痛点自体が殆どないので成功しようが失敗しようが痛くないです。すりむいたらヒリヒリはします・・・手刀でミスると痛さはあるでしょうね。ただ、元々痛さに慣れてるのでたかが知れてます。

それと、タオル(手ぬぐい)はショック吸収剤ではなく破片が目に入る等の怪我防止のために使う物です。割るための力を伝えなければいけないのにショック吸収剤を使用するなどありえない話ですし、薄い布ごときでショック吸収など無理です。破片が目に入りやすい頭突きなどではよく用いられますが肘(エンピ)ではあまり使われないですね。。。

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身術を20年ほどの経歴です

いくら鍛えても頭蓋骨(でこ)より拳は硬くなりません。これは科学的ではなく生物のDNAでそうなっています。つまり生きるのに大事な物を守るべき時場所は他の部位に比べて非常に強固と言うことです。頭蓋骨より固い場所は「食べる」という生きるに直結する非常に大事な部位である「歯」だけです。

因みに拳を鍛えたから強くなると言うのは根拠は一切ないです。医学的には骨に圧力を与えると硬くなると言うのがある(どのくらい圧力かけると硬く...続きを読む

Qパンチ力と体重の関係について

ボクシングの1階級の差は体重2~3kgくらいですよね?

よく体重の重いほうがパンチ力があると言われていますが、
2~3kgの体重差でもハンデとなるのでしょうか?

また、ミニマム級の世界ランキング選手とヘビー級の格闘素人では
素人のほうにも勝率があるのでしょうか?

Aベストアンサー

小さなボクシングジムを経営しています。

>2~3kgの体重差でもハンデとなるのでしょうか?

本来はハンデとなります。
衝撃が全く違ってきます。

>よく体重の重いほうがパンチ力があると言われていますが

それは、選手がきちんとシフトウェイトが
できる選手に限った話です~
腕力だけに頼っている選手、とても多いのですが
パンチに体重を乗せられない人は
成長も止まってしまいますね。
そこをのばすのが、私たち、トレーナー
コーチの役目です。
パンチの質、全然違います。
体験する機会があればいいですね
(いや、、?^^;)

>素人のほうにも勝率があるのでしょうか?

ないと思います。
ヘビーウェイトの人は、動きも緩慢ですしね
その上、素人となれば
ミニマムのランキングボクサーに
かなうはずがないですねー
たとえば、
4Rやったと仮定すれば、
パンチはかすりもしないと思いますよ。
現実的に、ボクサーが素人を殴る事は
できないので、何とも言えませんが
ミニマムの選手が、攻撃に出た場合
アッパーでジョー(アゴ)をねらわれて
三半規管を揺すられ、足に来たところを
機敏な動きで、ボディをしつこく打たれるかで
ヘビー級の素人はダウンでしょうね。
大きいと体力があるけど、4R以内には
倒せると思いますが

万が一のラッキーパンチも考えられますが
利いてしまう事は少ないと思います。

小さなボクシングジムを経営しています。

>2~3kgの体重差でもハンデとなるのでしょうか?

本来はハンデとなります。
衝撃が全く違ってきます。

>よく体重の重いほうがパンチ力があると言われていますが

それは、選手がきちんとシフトウェイトが
できる選手に限った話です~
腕力だけに頼っている選手、とても多いのですが
パンチに体重を乗せられない人は
成長も止まってしまいますね。
そこをのばすのが、私たち、トレーナー
コーチの役目です。
パンチの質、全然違います。
体験す...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング