とても困っています。

大学の国語の先生に「面白いコラムを書いて来い」と宿題を出されたので提出したのですが、
「内容はいいが、真面目すぎて面白みに欠ける」となり再度書き提出したところ、
「一文だけ笑える要素があるが、あとは真面目。もっと笑えるコラムを書いて来い」
と言われました。

文学部では無いのですが、私自身、文章を書くのが好きなので、
国語表現の講義を受講し、課題文章を提出したところ、
先生が私の文章を大変褒めてくれて(ここまではいいのですが)、
「講義とは別に文章指導を請け負う」とご指導して下さることになりました。

小説を書くという宿題は合格点をもらったのですが、エッセイで行き詰っています。
自分のことを書くエッセイでは、椎名誠や三谷幸喜、さくらももこなどのエッセイを参考にして
全体をユーモアタッチで書き上げ、合格点をもらいました。

問題は時事ネタ・社会問題をテーマにしたエッセイなのです。

最初は新聞の社説を参考に論文形式で書いたところ、
「内容はいいが、これでは社説そのものになっていて、面白みが無い。
もう少しユーモアのあるものにしなさい」

次は、社説よりはやわらかくポップな天声人語を参考にして書いたところ、
身近な題材から本題に入る点にユーモアを感じていただいたらしく
「着眼点などに面白さがあるが、真面目さが強い。
もっと全体的にユーモア色を出して」

そして、ユーモアと言えば、と私は考えて、
爆笑問題のコラムを参考に、漫才形式の会話文で書いたところ、
「全体的にユーモアがあって良かったが、これを会話でも話し言葉でもないエッセイで書いて」


ここまで来て、何を参考にして書いたらいいのかが分からなくなりました。

既出版の本で、社会問題や時事問題を斬る、そういうコラムで、笑えるものは無いでしょうか。

●全体的に笑える、ユーモアに富んでいる
●社会ネタ・時事ネタをテーマにしている(自分のことをテーマにしていない)
●会話文ではない(落語・漫才ではない)

上記のエッセイ本に心当たりがありましたら、ご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

山本夏彦の著作がいいでしょう。

新潮文庫、中公文庫のほかに、新潮かな文春かな新書もあります。『茶の間の正義』、『私の岩波物語』、『何用あって月へ』、『笑わぬでもなし』、『かいつまんでいう』、『百年分を一時間で』、『誰か戦前を知らないか』など。

薄田泣菫の『完本 茶話』冨山房百科。谷沢永一らによりまとめられたもの。今となってはどれだけのお偉いさんや名士を茶にしたのかピンと来ない話ばかりですが、創作の臭いがしないでもない逸話によってその人物の偉さ、卑俗さを簡潔に示す技は一度に多く読みすぎない限りひりりと心地よい辛味があります。

注目したいのは斎藤美奈子。『文章読本さん江』、『妊娠小説』、『紅一点論』、『読者は踊る』、『あほらし屋の鐘が鳴る』など。国文系や教育系なら、『文章読本さん江』はいまや必読といってよい批評でしょう。

正統派の政治風刺コラムニストとしては、アート・バックウォルドを忘れるわけにいきませんが、活躍はニクソン、フォード、カーターが大統領の頃でいささか古い。

ほかには、無理してあげると、橋本治の『上司は思いつきでものをいう』集英社新書、島田荘司の「儒教社会と探偵小説」(『21世紀本格宣言』講談社文庫に収録。初出は『島田荘司読本』原書房)、浅野裕一の『諸子百家』講談社学術文庫(単行本は朝日新聞社刊)に批判精神と諧謔味の魅力に溢れる文章があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

山本夏彦の本については、全く存じませんでした。色々書店を回りましたが、軒並み在庫なし、出版社問い合わせと言われました。ネットで購入するつもりです。

薄田泣菫の本については、これも全く存じませんでした。これも本屋には無かったので、ネットで購入するつもりです。

斎藤美奈子の本については、読書へ誘うエッセイをいくつか読んだことがありますが、「妊娠小説」などが有名とは知りませんでした。

アート・バックウォルドも名前さえ知りませんでした。「風刺」で検索しても、風刺小説ばかりがヒットするばかりで、「政治風刺 コラムニスト」と検索することでようやくバックウォルドの名前がヒットすることを知りました。本の購入をしたいと思います。

検索を絞り込む発想力が足りないこと、自らの浅薄な知識を痛感いたしました。

今回質問をいたしまして、山本真彦、薄田泣菫、バックウォルドの名前を知ることが出来て、大変意義深いです。
本当に助かりました。
貴重な、本当に貴重なご意見をありがとうございました。感謝しております。

お礼日時:2011/02/21 00:12

なるほど、とても勉強されていますね、頭が下がる思いです



さて、尖閣問題で、どこのコラムか覚えていないのですが、「尖」という文字の語源から時事を切っていたと思います

内容を覚えていないので恐縮ですが、違う視点で「尖閣」を「尖」「閣」に分け、書かれたらいかがでしょうか?
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3516/proverb …
「閣」は、内閣や閣僚をさして、書いても面白いかと思います

(1)文字の語源を調べ時事と比べてみる
(2)ことわざの語源の本などを日ごろから読んでおく
(3)新語・流行語の情報、古今調べておく

などなど、やっておくと良いかもです

私は昔、ある団体の年度方針を書くために毎年、その年の情勢を書いていたのですが、オリンピックの年にはオリンピック憲章を読みあさったりして、興味がひくように心がけていたので、なにか逆に他の明るい時事のことを調べ、照らし合わせるなどのことも面白いと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日頃から新語・流行語、過去の流行語、
類語、ことわざ、故事成語、短歌・俳句・季語、
語源、漢詩、世界の名言などは調べております。
天声人語風に書く際には
話に深みを与え、とても参考になる要素ではありますが、
「笑える時事コラム」というテクニックには
応用ができなくて困っています。

遅い時間からのご回答に心から感謝します。

お礼日時:2011/02/18 14:22

毒舌調で書くというのはどうでしょう?



例えば、
管総理のことを空きカンと言うが、空きカンはリサイクル資源になるだけまだマシである。
……とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

毒舌を忘れていました。

毒蝮三太夫さんの語録あたりから参考にしてみたいと思います。

お礼日時:2011/02/18 14:13

時事と「何か」を書き合わせて書くと良いと思います



何かとは、昔話(おとぎばなし)だったり、時代劇だったり、みんなが知っている映画の無いようだったりです

書かれようとしている時事ネタがどのようなものなのかわかりませんが、出てくる人の相関図をつくり、何かの物語に似ているなと思ったら、その登場人物になぞって、書くと良いです

よく昔の社説では、噺家さんの有名な落語に沿って時事を切って、最後に落語の落ちの部分を時事ネタの想定の末路とかけ合わせていました

たとえば、普通の落語を聞いていても、話に入る前に「枕詞(まくらことば)」を取り入れ、「最近は~ですね、似たようなこんな噺(はなし)があります」などと、工夫されています

http://www.webook.tv/archives/2011/01/post_86.html

参考にどうぞ「社説比較~新聞社説の読み比べ」
http://leaderette.seesaa.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ご教授くださった本は、前回の宿題提出の際に参考にいたしました。
ご教授くださったサイトも既に参考文献として使っております。

感動・共感する社説、話の構成は、既に分析いたしております。
落語や故事成語、シェークスピア、川柳・俳句・短歌、近代文学、世界文学、
これらをなぞらえて、時事と絡めて書く、というのを
社説を参考にいくつか書いたのですが、

先生は「ひねりも効き、感動のエッセンスもある。
 しかし書いて欲しいテーマは 時事を笑いで斬る、 時事×笑い だ」

笑える時事コラム、というのはとてもハードルの高い難題テーマです。

ボケ×ツッコミで笑いが生まれる図式だとしたら、会話文でしか成立しづらいですし、
ユダヤジョークなどの風刺は、コント形式になっています。

ビートたけしなどYoutubeの古い漫談などを聞いてみましたが、
話の中で会話を作り、ボケとツッコミを1人でこなして笑いを作っていました。
どうしても会話文での笑いがベースになっています。

書くテーマは、尖閣問題、メタボ、草食系、リーマンショック、
八百長問題、薬物汚染、などなど、政治経済、世界情勢、芸能まで典型的な時事ものです。


何かいいヒントが欲しいです。
笑いの要素が強いものを書きたいのです。


回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/18 02:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメのユーモアエッセイ

こんにちは。
最近、ユーモアエッセイを読んでみたいなと思っております。
土屋賢二さんのエッセイは全部読みました。
そこで、他の方が執筆なさったユーモアエッセイを読んでみたいなと思っています。

そこで、皆さんがオススメのユーモアエッセイを教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、大のツチヤファンです。
もし、ツチヤ先生のエッセイが面白いなら、下記のエッセイあたりは、笑いの質が似ていて、面白く読めると思います。

臨機応答・変問自在 森助教授VS理系大学生
森博嗣/著 講談社新書 680円
こちらは、名大の建築家の助教授。エッセイではありませんが、学生の珍問奇問に対する回答が爆笑物です。

延長戦に入りました
奥田英朗/著 幻冬舎文庫 495円
スポーツを扱ったエッセイなのですが、スポーツが好きでなくても、いやスポーツが嫌いな方ほど笑えるかもしれません。ユニークな視点が光ります。

どくとるマンボウ航海記
北杜夫 新潮文庫 400円
ある意味古典ですので、「そんなもの知ってる!」というのでしたら御免なさい。でも、今読んでも面白いです

Q遠藤周作や北杜夫のようなユーモアのあるエッセイや小説を探しています

遠藤周作や北杜夫のようなユーモアのあるエッセイや小説を探しています。
気楽に読めて面白い作家の本を教えてください。

Aベストアンサー

私は田辺聖子さんの著書をお勧めいたします。
古典、川柳からエッセィ、大阪弁を交えたユーモア小説まで幅広い領域の作品が出ています。
文庫本で簡単に入りますので、
手当たりしだいお読みになることをお勧めいたします。
特に「花衣 ぬぐや まつわる」は杉田久女は傑作です。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%93%63%95%D3%90%B9%8E%71

Qユーモアミステリー

ユーモアミステリーでお勧めがありましたら教えてください。
ジル・チャーチル、シャーロット・マクラウド(アリサ・クレイグ)、コリン・ホルト・ソーヤーは全て読んでしまいました。(T_T)
汗臭い感じ(わかってもらえるでしょうか?)が苦手なので女性作家のものばかり読んでいましたが、そんな感じが無ければ男性作家のものでも構いません。
これは、というものがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

シャーロット・マクラウドは私も好きでよく読んでいました。

私のお奨めは、ハヤカワ・ミステリ文庫から出ているリリアン・J・ブラウンのシャム猫ココシリーズです。元新聞記者と飼い猫のココが事件を解決するものです。もしも猫好きならば絶対に気に入ると思います。
私も友人に薦められてシリーズ全作品を購入してしまいました。是非ご覧あれ。

Qアメリカ人のユーモアやウィットに富んだ本を探しています。

今「アホでマヌケなアメリカ白人」を読んでいるのですが、それが面白く感じました。
アメリカ人の皮肉や機知に富んだ文章の書き方が気に入ったので、もっと別の本を読みたいと思っているのですが、何かお勧めのものご存知でしょぅか?
ユーモアエッセイみたいなものや小説でもいいです。気の利いた言い回しが得意な筆者が書いた本であれば何でもいいです。
ご存知の方、よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アメリカでの黒人初の国防長官を務めたコリン・パウエル氏の自伝「マイアメリカンジャーニー」の中で、パウエル氏が友人女性の結婚式に出席した際の実際の新郎新婦に向かって言ったセリフ
(うろ覚えなので正確な引用ではないです)
----
「彼女は学生の時、ねぼけまなこな私の隣ですやすやと寝ていました」
一呼吸置いて私(パウエル氏)は続けた。
「教科書を枕にして」(ベッドではなく教室で寝ていた、という事ですね)
----
ただ、上記はジョークは少ないのでエンターテイメントとして楽しむのであれば映画でしょう。

コマンドー語録
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC#h2-4

あるいは教養としては下記。
http://kajipon.sakura.ne.jp/meigen.htm
http://kajipon.sakura.ne.jp/meigen2.htm

但し、アメリカンジョーク的なセリフで私が一番に勧めたいのは、日本のマンガ「COBRA」です。
http://members.at.infoseek.co.jp/tooku/02/fantasy/content/be_cool.htm
絵柄が古いのでちとアレですが、内容は古びていない不朽の名作です。

アメリカでの黒人初の国防長官を務めたコリン・パウエル氏の自伝「マイアメリカンジャーニー」の中で、パウエル氏が友人女性の結婚式に出席した際の実際の新郎新婦に向かって言ったセリフ
(うろ覚えなので正確な引用ではないです)
----
「彼女は学生の時、ねぼけまなこな私の隣ですやすやと寝ていました」
一呼吸置いて私(パウエル氏)は続けた。
「教科書を枕にして」(ベッドではなく教室で寝ていた、という事ですね)
----
ただ、上記はジョークは少ないのでエンターテイメントとして楽しむのであれば映...続きを読む

Q向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイは...

轡田隆史さんの“「考える力」をつける本2”という本を読んでいて、向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイが紹介されていました。
全文を読みたいのですが、ネットで探してもわからず、どうやら本の題名ではないような気がします。ご存知の方がいたら教えてください。

ちなみにHPで「向田邦子 字のない手紙」で検索をしたら、上記、轡田隆史さんの本の一部がのっていました。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~nna/kanngaeruchikara2.htm

Aベストアンサー

#1で回答したものです。

すみませんやはり勘違いしていたようですm(_ _)m
「眠る盃」という本に載ってるみたいですね。
そしてタイトルは#2さんのご指摘どおり「字のない葉書」だと思います。

自分が昔買ったのが「夜中の薔薇」と「眠る盃」だったので混同していたようですm(_ _)m

参考URL:http://jissen.opac.jp/mukoda/detail.asp?LINK_ID=PUBB&BOOK_ID=3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報