新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

お世話になります

AVアンプを所有しています
サラウンド5.1chの出力系統を2セット、A、Bと持っている物です
A系統とB系統は、手の届く距離のボタンで、ワンタッチ切り替えになります(同時も可)

このうちB系統にて、4スピーカー&1ウーハーのシステムを組んでいるのですが、ヘッドホンを使わなければならないシーンもあります

しかし、ヘッドホン端子をフロントのジャックに差し込む、よくある方法だと、いちいちヘッドホンを出したりしまったりする必用があります

そこで、ピン端子を、二股のピンジャック(赤白の、AV機器やゲームで使われるやつです)に変換したのですが、このピンジャックを、バナナプラグに変換する方法はないでしょうか

A系統の出力用端子は、バナナプラグ4系統しかないのです

デオデオで、オーディオに詳しいという店員に聞いたところ、赤白のピンジャックは、端子を切り落として、線のビニルをとって2cmほど露出させ、棒状にまとめたら、スピーカー用の露出端子と同じになる、と言われ、実行したのですが、ためしにB系統の出力につないだところ、不発に終わってしまいました

おのれ店員……

閑話休題

質問内容まとめは、以下です

1.赤白ピンジャックをバナナプラグに変換できるか、また、その商品情報
2.1が不可能の場合、ピンジャックの先端切り落として、バナナプラグに変換できるか、また、その商品情報
3.ミニプラグ(イヤホンなどのプラグ)を、LとRに分離させ、バナナプラグにて、バナナ用の出力端子に接続することはできるか

おまけ 赤白ピンジャックの先端を切り落としたら、古いスピーカーなどと同じ、むき出し線として使える、というのは、真実か、デマか

以上、よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

できるかできないかといえばできます。


ただ完成の市販品があるかというと難しそうですね。
あなたが半田付けができれば、RCAプラグ(赤白の)とバナナプラグは部品として入手可能ですから、これでケーブルを半田付けすれば作れます。
同様にミニジャックもパーツとしては入手できます。
ただし、これは物理的にスピーカー端子とつながるということだけです。
基本的にスピーカー端子にヘッドフォンを直接接続するのは危険です。
アンプは普通数十ワットの出力を持っています。これに対してヘッドフォンは数百ミリワットの耐性です。不用意にボリュームを上げると壊れます。それよりもあなたの耳のほうが心配です。

スピーカー端子にヘッドフォンを直接接続する場合は、端子とヘッドフォンの間に300オーム/1ワット程度の抵抗を直列に入れることです。これで音量の減衰し、耐圧の問題も多分クリヤーできます。

でもこれは結構細かな半田付けなどをしないと実現しないですね。
そのようなことの興味と工具があればいかがでしょうか。

「赤白ピンジャックの先端を切り落としたら、古いスピーカーなどと同じ、むき出し線として使える」
これは、電気を通すという意味での導体としては当然使えます。
でもその線、特にプラス側の線は非常に細いものです。音声信号はせいぜいミリワットオーダーの電気しか流しません。これに対してスピーカーは10ワット以上の音声信号が流れます。これに使うことはまず無理ということです。

結論としては、バナナ端子にヘッドフォンを接続することは普通の条件ではお勧めしません。
    • good
    • 0

解答者(1)さんは可能とお答えになってますね。



私は貴方の現状説明が「?」だらけです。
よくわかっていらっしゃらない方なので
まともなアドバイスをしても機器を壊す可能性が高いです。
ですので私だったら質問内容1,2,3とも「不可能です」と答えます。

RCAとバナナプラグ、なぜ形状が違うのか?
よく考えてみてください。

ヘッドフォンの出し入れが面倒ですか・・・・・・・・
究極のものぐさですね。

この回答への補足

いや、ドシロウトなんてのは、質問読んだらわかると思いますが……

RCAとバナナプラグ、なぜ形状が違うのか?

オーディオに関してまったく知らないからこそ、わかんないのです
No.1の方に一般論を教わりましたし、おおむねわかりました
どんな分野でも、最初は馬鹿馬鹿しい質問からではないですか?

あと、はい、究極のものぐさです
それが何か?

道具は、できるだけものぐさに使えるようにする物です

また、実際的に、便利に使いたいのです
ヘッドホンのコードは長いですし、できればつなぎっぱなしにして、あまったコードはまとめてくくり、デスク横のフックに、ヘッドホンをひっかけて、気軽に聴きたいのです

これが、普通にジャックにつなぐとなると、いちいちくくったコードの束がひっついてきて、結局からまることが多いものですから……

取説どおりのことをするのに、わざわざここへは聞きに来ませんよ^^;

素人の馬鹿馬鹿しい質問に、居丈高に噛みつく方は、どこでも沸いて出てきますが、優越感に浸りたいのでしょうか?

僕はいいですが、他の素人さんには、どうかお手柔らかに<(_ _)>

補足日時:2011/03/21 23:49
    • good
    • 0

1.2.3.どれも可能ですが・・・


アンプのスピーカー出力からヘッドフォンに出力すると一発でヘッドフォンが壊れると思いますよ。

このようなヘッドフォン出力のある特殊なセレクターか
http://www.luxman.co.jp/product/ac_as5-3.html
スピーカー出力をヘッドフォンレベルまで下げてくれる専用のアダプターが必要です。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k13 …



無理にでもと言うのなら・・・
ヘッドフォン用メスコネクタ
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
バナナプラグ
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/pv …

ケーブルは別にRCAじゃなくてスピーカーケーブルでもいいでしょう。
RCAを使うなら外層をマイナス、内層をプラスにするか両方一緒にしてプラスとマイナスを別々のケーブルにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました
なにぶん、ぜんぜんわかんない世界でして^^;
あやうく虎の子のヘッドホン壊すところでした

件のアンプ、購入しました^^
これと出会えたのも、No.1さんのおかげです

ありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:2011/03/22 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッドホンジャックから外部スピーカへは?

ホームシアターシステムに接続して聞きたいのですが、
所持しているSDコンポに外部出力が付いておらず唯一の出力はヘッドホン出力のみでして。
このヘッドホン出力から外部スピーカーに接続は出来るのでしょうか?
出来るのならどの接続コードを用意したらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘッドフォーン出力が、ノーマルタイプ(大)なのかミニタイプ(小)なのか解りませんので、それぞれの場合を書いておきます。
尚、引用する画像の商品は、あくまで見本ですので、他のメーカーの同等品などと比較して決めて下さい。

では、
若し、大であれば
【(1)-I 】「オーディオ用変換アダプタ ステレオミニジャック(メス)⇔6.3mmステレオプラグ(オス)」http://www.cabling-ol.net/cabledirect/63M-35F.php
で、ミニへサイズ変換し、(1)-II又は(1)-IIIを接続。

若し、小であれば
【(1)-II】「ケーブルダイレクト オーディオ用変換アダプタ [ステレオミニプラグ(オス)⇔RCAジャック(メス)×2] SM-2RCAF 」
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E7%94%A8%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0-%E2%87%94RCA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF-SM-2RCAF/dp/B000M1LRV8/ref=sr_1_17/377-4499443-2869905?ie=UTF8&s=electronics&qid=1233381204&sr=1-17
又は、
(1)-III「AV変換アダプタ ステレオミニプラグ:ピンジャック×2 MAD212MP2 」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%A8%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4-Arvel-AV%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0-MAD212MP2/dp/B0000C8Z38/ref=sr_1_4/377-4499443-2869905?ie=UTF8&s=electronics&qid=1233381204&sr=1-4

これで、(1)-I、II、IIIの何れもRCAプラグになりました。

これに
(2)-I 「2ピン-2ピン音声オーディオケーブル」
http://www.rakuten.co.jp/f-fact/924754/985257/985258/#746351
(価格にかなりの幅がありますが、用途は皆同じです。懐具合との相談で・・・)

 これを、アンプのAUXなどの入力に接続して、余裕ある音量を確保して、アンプのスピーカー出力から外部スピーカーへ繋いでやれば、それなりの音質と音量を維持出来ると思います。
 ただ、この場合、ヘッドフォーン端子からですので、贅沢なクオリティーを要求する事は無理があります。が、お持ちのSDコンポのボリューム変換に頼るよりは、機器の過剰負担から来る故障の可能性は大幅に減ると考えられます。
 SDコンポのボリュームは、無理の無い程度の大きめに固定し、音量の変換はアンプ側で行うのが良いでしょう。
(注意・・・・稼動部を長期間に亘って動かさないと、接触部分が電流による腐食を招き、ガリの原因になりますので、メンテの為に時々動かしてやる事は必用です)

最後に蛇足かも知れませんが、参考になればと思い、URLを付けておきます。
http://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/UC416.HTML

ヘッドフォーン出力が、ノーマルタイプ(大)なのかミニタイプ(小)なのか解りませんので、それぞれの場合を書いておきます。
尚、引用する画像の商品は、あくまで見本ですので、他のメーカーの同等品などと比較して決めて下さい。

では、
若し、大であれば
【(1)-I 】「オーディオ用変換アダプタ ステレオミニジャック(メス)⇔6.3mmステレオプラグ(オス)」http://www.cabling-ol.net/cabledirect/63M-35F.php
で、ミニへサイズ変換し、(1)-II又は(1)-IIIを接続。

若し、小であれば
【(1)-II】「ケー...続きを読む

Qプリメインアンプのヘッドホン出力には、抵抗が

挿入されているから、いい音で聴くには、ヘッドホンアンプでなければダメ、という記事を見ます。
理由は、理論上充分理解できます。しかし、実際に聞いた感じはどうなんでしょうか?

音が、どういう風によくないのか、教えていただけたら幸いです。

例えば、20年位前の20kg超えの、物量投入型の山水AUD607○○、ソニーの333ESD等です。

Aベストアンサー

理屈で言えば、(1)見かけ上の出力インピーダンスが劇的に高くなるので、ダンピングファクタが大幅に悪化する、すなわち低音の締まりがなくなる、(2)抵抗器は一種のコイルなので、周波数フィルタになって高域が減衰する、といった問題があり得ますね。

どちらもダイナミック型のスピーカーでは問題となって、(1)に関しては、ウーファーの高音カットに使うコイルの直流抵抗を下げるために、導体断面積を増やしたり、(歪みが増えるのを覚悟で)有芯コイルを使ったりします。(2)についても、無誘導巻きの抵抗器を使うのが一般的です。

ヘッドフォンもダイナミック型スピーカーの一種なので、同じ問題は起こりえます。

ただ、スピーカーの場合は振動系質量が大きく、慣性のモーメントが大きいのに対して、ヘッドフォンの振動系はせいぜい数グラムでしょうから、(1)はあまり気にしなくても良い問題かも知れません(とはいえ、磁気回路を限界まで強化してダンピングの効いた(締まりのある)音にしよう、というトレンドもあります)。スピーカーでも、安物だと糸のように細い導線で鉄心入りといった、マニアからすると発狂しそうなコイルが使われていて、それでも聞くに堪えないほど酷い音という訳ではありません。

また、(2)も、ヘッドフォンはスピーカーに比べて10倍~100倍くらいインピーダンスが高いので、影響を受けにくいとは言えます(インダクタンスが同じなら、スピーカーのインピーダンスが高い方がカットオフ周波数が高くなるため。たとえば8Ωの場合0.064mHで20kHzですが、80Ωなら200kHzです)。そもそもスピーカーでさえ、セメント抵抗がドンと付いている場合もありますし...

というか、ヘッドフォンアンプによっては敢えて出力に抵抗器を入れているケースもあります。おそらくは、(1)を逆手に取って意図的にダンピングファクタを下げ、低音を豊かにしようという目論見でしょう。

けっきょくは、「抵抗器が入っているから絶対にダメ」ではないが、その音が嫌いな人もいる、ということでしょう。逆に、入っている方が音が良いと感じる人もいる訳です。

-----

以下、独り言。

オーディオの世界では、「自分には違いが分からないから、世界中誰にも違いが分かる訳ない」と考える人や、「自分には違いが分かる。分からないヤツはオーディオをやる資格なし」と言わんばかりの人もいます。

ついでに、「非科学的なことを、さも科学的かのように吹聴する輩」は詐欺まがいですが、科学的には正しいことでも、「自分が知らない(分からない)理論は理論ではない」かのごとく喧伝する人も少なくありません。

まことに、オーディオは魑魅魍魎の世界です。

ちなみに、私の特技は「ハッタリをかける(あること、ないこと、もっともらしく説明する)こと」ですので、あまり真に受けないで下さい(笑)。

理屈で言えば、(1)見かけ上の出力インピーダンスが劇的に高くなるので、ダンピングファクタが大幅に悪化する、すなわち低音の締まりがなくなる、(2)抵抗器は一種のコイルなので、周波数フィルタになって高域が減衰する、といった問題があり得ますね。

どちらもダイナミック型のスピーカーでは問題となって、(1)に関しては、ウーファーの高音カットに使うコイルの直流抵抗を下げるために、導体断面積を増やしたり、(歪みが増えるのを覚悟で)有芯コイルを使ったりします。(2)についても、無誘導巻きの抵抗器を使...続きを読む

Qヘッドホン出力とライン出力の違いについて

ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。
それとインピーダンスというものもよくわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワーアンプ
 ↓ 実際に耳で聞くための信号
 ↓ 好きなように音量を調整する。
4.スピーカー
 ↓ 音を出す装置
 ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、
 ↓ インピーダンスが違います。
5.耳で聞く

インピーダンスは抵抗です。
プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。

大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。

例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。
インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。

本当に大まかです。
ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。
ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3.のパワーアンプが無い状態と同じです。

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワー...続きを読む

Qスピーカーケーブル(2線平行)の極性について教えてください

スピーカーコード(ビニール被覆の通常の2線平行コード。以下SPコードと記述しています)の極性について、一般的使い方を教えてください。
特殊なスピーカーケーブルについての質問ではなく、ごく普通の電気店で購入できるSPコードについての質問です。

「個人で使うのだから、どうでもいいよ」という回答ではなくて、一般的な使い方があるのでしたら教えてください。

次のような種類のSPコードの場合は、極性(+、-)はどのように使うのが一般的なのでしょうか。

(1)「赤黒2線SPコード」の場合。
赤(+)、黒(-)として使用するのが一般的ですよね。
(2)「白青」の場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?
(3)「2線とも同色、または透明被覆であるが、片方には電線のメーカー名や型番などの文字が印刷してある」ようなSPケーブルの場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った流派では上の並びです)

よって、「白青」「白赤」等の場合は、白をグランド(-)と取る場合が多いです。
2線同色または2線とも透明の場合は、私の習った流派では印刷がある方を(+)、何も無い方を(-)としますね。これは、多チャンネル線(マルチ線)といって、何十チャンネルもの配線が1本にまとまったケーブルを使う場合、「基色+色つきの細いライン」みたいな色分けがされている場合が多いので、「色ライン付き=基色以外の印刷等がある方=信号線」という解釈で誤配線を防ごうということから来ています。

以下、蛇足ですが…
ステージ音響の世界では、ノイズ対策や事故防止の観点から何かにつけて「まずグランドを合わせる」ということが非常に重視されるので、「色のない=無彩色=グラウンド(-)」とルール化がされ、新人はそれこそ徹底的に叩き込まれます。
ただ、これらはあくまでも業界ローカルルール(というか、安全基準)で、前述の通り地域や「流派」で若干の解釈の違いがあったりする、必ずしも絶対的なものではないのすが、オーディオをやっている方が「プロがそうやっているのだから間違いない。」という解釈(というか思い込みというか知ったかぶりというか)で、「こうするのが正しい!」と講釈垂れているシーンは多いですね。

それと、音響機器の関係と、電力線を扱う関係、電話等の有線通信線を扱う関では、配線色の解釈が全く違う(特に電力線では厳密に決まっている)ので、オーディオの世界でもそれらをごちゃごちゃに語られて、まるで不毛な議論(Aさんは電力線ルールを知ったかぶり、BさんはNTTのルールを知ったかぶり…みたいな…どっちもスピーカケーブルには全く関係ないのに(^^ゞ)を目にするケースも多いです。

ちなみに、ステージ音響では白黒線が一番やっかいで(^^ゞ
A)「ステージ上のグラウンド(-)はすべて白なので、白黒は黒が(+)」
という流儀と、私の流派の考えで
B)「白黒の場合は白が(+)、黒(-)」
という、全く逆の流派があります。

A)の流派にも一理あって、プロ仕様の音響機器間を繋ぐケーブルには、普通は「黒」は使わないんです。「黒」は「0(ゼロ)」を示すカラーコードにも使われるので、何事も自然数(1以上)で番号を振る世界では余り用途が有りません。なので、高級ケーブルを惜しげもなく使える大手音響系では、むしろ電力線(必ず黒が使われる)と間違えないように「白=(-)」で統一されていると聞きます(ここだけは聞いた話(^^ゞ)。

すいません、蛇足が長くなりました(^^ゞ

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った...続きを読む

QヘッドホンジャックからAVアンプへの接続について

はじめまして、宜しくお願いします。
3ヶ月ほど前にオーディオ機器を幾つか購入し現在色々試していますが2点ほど質問がございます。
(1)システムコンポとAVアンプの接続について
CDの再生に昔買ったシステムコンポ(DENON D-M06-L)を使いたいのですが、出力端子がヘッドホンジャックしかなくAVアンプ(DENON AVC-2808)への接続をφ3.5ピン→赤白のケーブルに変換するケーブルでこのAVアンプのAUDIO IN のCDに接続しても音が鳴りませんでした。
接続場所を替え隣のPHONOに接続すると音が鳴りましたが、音が非常にこもっておりまたノイズも酷く聞けたものではありません。コンポの音量の調整とか行ってもボコボコ鳴っている状態です。
接続的に問題ありますか?それともヘッドホンジャックからの接続の音はこんなものでしょうか?

(2)DVDレコーダーで再生の場合
上記(1)のような状態ですので現在はDVDレコーダーでCDを再生しています。アンプとの接続はHDMIです。こちらは普通に鳴っているのですが、DVDレコーダではCD専用機(手持ちの機器に関らず)と比べ明らかに音質の差があるでしょうか?
DVDレコーダーはDIGA BW-730を使っています。
オーディオショップで聞いた高音の伸びとクリアさに感動し、そのとき聞いたスピーカー(DALI タワー)を購入しましたが、いまいちその時の音には遠いような気がしまして今回質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

はじめまして、宜しくお願いします。
3ヶ月ほど前にオーディオ機器を幾つか購入し現在色々試していますが2点ほど質問がございます。
(1)システムコンポとAVアンプの接続について
CDの再生に昔買ったシステムコンポ(DENON D-M06-L)を使いたいのですが、出力端子がヘッドホンジャックしかなくAVアンプ(DENON AVC-2808)への接続をφ3.5ピン→赤白のケーブルに変換するケーブルでこのAVアンプのAUDIO IN のCDに接続しても音が鳴りませんでした。
接続場所を替え隣のPHO...続きを読む

Aベストアンサー

>接続場所を替え隣のPHONOに接続すると音が鳴りましたが、音が非常にこもっておりまたノイズも酷く聞けたものではありません。コンポの音量の調整とか行ってもボコボコ鳴っている状態です。
接続的に問題ありますか?それともヘッドホンジャックからの接続の音はこんなものでしょうか?

PHONO端子はレコードプレイヤーのカートリッジを接続して再生するための端子で、レコード録音の周波数補正回路(低音増強、高音減衰)が入っていますので他の入力には向きません。

>DVDレコーダではCD専用機(手持ちの機器に関らず)と比べ明らかに音質の差があるでしょうか?

一般論ですが、画像再生機器では画像の再生に較べ音の再生のレベルは劣るようです。

やはり専用のCDプレーヤーを奮発された方がよさそうです。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qテレビとスピーカーは直接繋げられるのでしょうか?

現在使っているテレビがアンダースピーカータイプであまり迫力なく不満なので市販スピーカーを買おうと思っています。
ところがスピーカーの接続端子(?)を見ると、アンテナ線をプラグに繋ぐみたいなもののようで、いったいどうやってテレビに繋げばいいのかわからず購入を保留しています。
出力先がスピーカー端子で、入力先が光デジタルや白と赤の音声端子というケーブルはないのでしょうか?
それとも、間にAVアンプが必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

「アンテナ線をプラグに繋ぐみたいなもの」というのが、よく分からないのですが、
取扱説明書を見て、スピーカー接続端子があるのかどうかをまず確認してください。
(最近のテレビにはスピーカー接続端子は付いてないものが多いです。)

スピーカー接続端子はテレビ内蔵のアンプで外部のスピーカーを鳴らすものですから、新たにアンプは必要ありません。
スピーカーケーブル(電線)の被覆をカッターで剥いで、端子に接続してください。
 ワンタッチ式…レバーを押して穴に芯線を挿入後レバーを離すと、バネ力で固定される。
 ネジ式…芯線をはさむようにネジで締め付ける。


スピーカー接続端子が無い場合
アンプ内蔵スピーカーかアンプ+スピーカーを用意する必要があります。以下例をあげます。

PC用アンプ内蔵スピーカー(3.5mmステレオミニプラグ付き)
→TVのヘッドホンジャックに差し込めばOK テレビのリモコンで音量調整できます。数千円~。

ホームシアターセット(AVアンプと5.1chスピーカーがセットになっている)
→光ケーブルでTVとアンプをつなぎます。サラウンド再生が可能。数万円。

プリメインアンプ+オーディオスピーカー
→RCAピンケーブル(赤白ケーブル)でTVとアンプをつなぎます。サラウンドはできない。音質重視。

「アンテナ線をプラグに繋ぐみたいなもの」というのが、よく分からないのですが、
取扱説明書を見て、スピーカー接続端子があるのかどうかをまず確認してください。
(最近のテレビにはスピーカー接続端子は付いてないものが多いです。)

スピーカー接続端子はテレビ内蔵のアンプで外部のスピーカーを鳴らすものですから、新たにアンプは必要ありません。
スピーカーケーブル(電線)の被覆をカッターで剥いで、端子に接続してください。
 ワンタッチ式…レバーを押して穴に芯線を挿入後レバーを離すと、バネ力...続きを読む

QRCA出力端子をスピーカーに直接接続する方法について

ものすごく初歩的な質問ですが教えてください。
現在DEH-P919というパイオニアのデッキを使っています。
現在の構成は
フロント:ツイーター(定格入力80W)とウーハー(定格入力85W)
リア座席足元:サブウーハー(定格出力500W)
パワーアンプ100W*4ch うち200Wをサブウーハーに、うち100Wずつを
左右のフロント出力に(ツイーターとウーハーはネットワークで
分岐しています)となっています。

デッキ裏側のRCA端子で出力がフロント(HI),リア(MID),
サブウーハー(LOW)の3種類が各左右用で6本出ています。
現在はフロント(HI)出力→RCAケーブルにてアンプ→スピーカー
ケーブルにてネットワーク→ツイーター・ウーハーという具合に
フロントのスピーカーを接続しています。
デッキの取り扱い説明書では内蔵アンプを利用してこのRCA端子を
直接スピーカーに接続できると描いてあり、そのシステムを利用して、
ツイーターを内蔵アンプで、ウーハーを外付けアンプで鳴らしたいと
考えていますがRCAの出力端子からツイーターに直接つなぐ方法が
まったく分かりません・・
やり方や、変換コネクター等ご存知でしたらお教え下さい。
また、上記のシステム案について問題点や改善点、こうしたほうが
いい等のご意見、ご指導頂ければ幸いです。
分かりにくい文章で申し訳ありません。

以上、よろしくお願いします。

ものすごく初歩的な質問ですが教えてください。
現在DEH-P919というパイオニアのデッキを使っています。
現在の構成は
フロント:ツイーター(定格入力80W)とウーハー(定格入力85W)
リア座席足元:サブウーハー(定格出力500W)
パワーアンプ100W*4ch うち200Wをサブウーハーに、うち100Wずつを
左右のフロント出力に(ツイーターとウーハーはネットワークで
分岐しています)となっています。

デッキ裏側のRCA端子で出力がフロント(HI),リア(MID),
サブウーハー(LOW)の3種類が各左右用で6...続きを読む

Aベストアンサー

要するに、パワーアンプの出力がRCAピンジャックになっていると言うことですよね。でしたら、
http://www.sengoku.co.jp/modules/sgk_cart/search.php?toku=%A4%B3%A4%CD%A4%AF%A4%BFRCAP&cond8=and&dai=&chu=&syo=&k3=2&pflg=n&list=2
にあるようなパーツ(RCAプラグ単体)を買ってスピーカケーブルをハンダ付けするか、安易な方法としてはRCAピンプラグ付きの適当なケーブルを買ってきて、必要な長さに切断してスピーカーに繋ぐ、あるいは長さがたりなければそこにスピーカーケーブルを繋ぐだけで良いのではないですか。

市販のRCAピンプラグ付きのケーブルはシールド(同軸)なので、慣れない人は扱いにくいかも知れません。しかも芯線は細いので大出力時は不安かもしれません。

#スピーカー側はスピーカー端子用の小さな平ギボシで繋ぐ事がおおいですが。

Qヘッドホン端子にスピーカー接続の可否

ノートPCにスピーカー接続用の装置は付いていませんが、ヘッドホン出力端子が付いています。DVD再生の音量が上がらないので(最大にしても)ここにスピーカー端子を(デスクトップPCで使っている外付けのもの)接続しても影響はないでしょうか。知識がないのでお教えください。もし接続してPCが壊れたと思いお教えを乞いました。よろしくお願いします。なお使っているスピーカー電源は12Vのものです。関連するでしょうか?

Aベストアンサー

ヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスというのは、その入力に加えた交流電圧をそのとき流れる電流で割った値のことです。インピーダンスが大きければ電流は流れにくいことになります。

アンプの出力インピーダンスとヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスは、前者と後者が等しいか、後者の方が大きいければ電気的には問題はありません。(音響的に微妙な違いがあるかもしれません。)
望ましいことではありませんが、出力インピーダンスよりも小さい入力インピーダンスのヘッドホンやスピーカをつなぐと音質の劣化を招くことがあります。しかし、パソコン内部のアンプが壊れるようなことはめったにありません。(パソコンのヘッドホン用アンプは大した力を持っていないからです。)

ヘッドホン出力端子の出力インピーダンスは8オームが多いと思います。
一方ヘッドホンの入力インピーダンスは32オーム~300オームといろいろですが、32オームが多いようです。
アクティブスピーカの入力インピーダンスは数10Kオームはあります。
よって、ヘッドホン端子にアクティブスピーカをつなぐことは壊れるか壊れないかという論議の上ではまったく心配ありません。(壊れません。)

ヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスというのは、その入力に加えた交流電圧をそのとき流れる電流で割った値のことです。インピーダンスが大きければ電流は流れにくいことになります。

アンプの出力インピーダンスとヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスは、前者と後者が等しいか、後者の方が大きいければ電気的には問題はありません。(音響的に微妙な違いがあるかもしれません。)
望ましいことではありませんが、出力インピーダンスよりも小さい入力インピーダンスのヘッドホンやスピーカをつなぐと音...続きを読む

Q4芯スピーカーケーブルの接続法

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

近頃、スピーカーケーブルのグレードを上げようと思い、
スピーカーケーブルの購入を考えています。
そこで、ネットで商品を見ていると4芯になっている物があるのですが、接続方法が解りません。
これは、例えば、2本を一組にまとめて接続したりするのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使います。もちろん、隣り合う2本を合わせてシングルで接続することもできますが、スターカッドと同様の効果はありません(単に導体面積が増えるだけ)。スターカッド接続もできますが、線材の方向性(電気の流れやすい方向?)が管理されているため、推奨されません。

スターカッドタイプ(切り口から見て)
+ -
- +

並列タイプ(切り口から見て)
+ -
+ -

並列タイプをバイワイヤリングで用いる時は、上側を高域側・下側を低域側というように使い分けます。メーカーによっては帯域ごとに線径を変えたり線材を変えたりしていますので、高域用・低域用の指定がある場合があります。
スターカッドタイプは、一般的にはバイワイヤリングには用いないと思います。

一例として、カナレのスピーカーケーブルはスターカッド接続用に設計されています。
http://www.canare.co.jp/2003cat/p35.html
配置は切り口から見て下のようになっていますので、RとCRをまとめて+に、WとCWをまとめて-に接続します。
R  W
CW CR
(R:red/W:white/CW:clear White/CR:clear Red)

また、Space&Time Prism2+2-8Nはバイワイヤリング接続用に設計されています。
http://www.apollon-inter.com/products/Space&Time/prism.html#22
配置は切り口から見て以下のようになっていますので、バイワイヤリング時はWを+、Kを-に接続して1ペアとし、Bを+、Cを-としてもう1ペアとします。シングルワイヤリング時はWとBを+、KとCを-とします。
W B
K C
(W:White/B:Blue/K:Black/C:Clear)

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使...続きを読む


人気Q&Aランキング