5年程前になりますが、学生の時の友達に借りて読んだ本がすごく面白かったのでまた読みたいのですが、作者もタイトルも覚えてないんです。手がかりは少ないのですが、こんなヒントでもお分かりになる方が居たら・・と思って質問してみました。よろしくお願いします。
1 役小角が出てくる(→悪役っぽく)
2 SFファンタジーみたいだけど舞台は日本
3 作者は男性(日本人です)
4 最後は富士山で対決していたような・・

・・すみません。こんなにうろ覚えで。ちなみにそのとき同じ作家の作品を2冊一緒に読んでそれが両方とも面白かったので混同してるかも知れません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

珍しく自信を持って回答してます。



早池峰山(はやちねさん)とか空海も出てきませんでしたか?それでしたら、
ズバリ、高橋克彦著「総門谷」のシリーズです。
お読みになったのが何作目かは不明ですが、最近までに6作ぐらい出ていると思います。
総門谷、総門谷R(阿黒篇)、総門谷R(鵺篇)などなど。すべてつながっていますので、最初から読むことをお奨めします。

ちなみに高橋克彦さんは写楽殺人事件で江戸川乱歩賞を取ってデビューして、その後直木賞もとってます。NHKの大河「炎立つ」の原作者でもあります。
岩手県在住で、元々は美術関係(浮世絵)の人だったはずです。

なんて、もしこの本で違っていたらごめんなさい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すっすごい!!あれだけの手がかりで、わかる方がいらっしゃったとは感激です!ズバリその本でした!
早速明日にでも買いに行っちゃおうとウキウキしてきました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/09/27 20:58

これでしょうか。


『宇宙皇子(うつのみこ)1』(藤川桂介著 角川スニーカー文庫刊)
 日本の古代史を舞台としている。壬申の乱を舞台に役行者に育てられた宇宙皇子の波乱に満ちた冒険を描いた作品。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No2の方が教えてくださった本が正解でした。でも、お忙しいところ回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/27 21:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸川乱歩のような作家は

僕は、江戸川乱歩の本がすごく好きです。

少年探偵団シリーズ、奇奇怪怪な短編など

惹きこまれる魅力があります。

今、作家で、江戸川乱歩のような小説、内容を書く人を探しています。

読書好きな人、知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

好きな分野が似てますね!私も、江戸川乱歩が大好きです。少年探偵団シリーズも全部読みましたし、短編もほとんど読破したと思います。個人的に好きなのは、「心理試験」、「人間椅子」、「パノラマ島怪談」と「石榴」です。。。なんて、聞かれてませんね(笑

外国の作家になりますが、エドガー・アラン・ポー なんて如何でしょうか。江戸川乱歩も彼から強い影響を受けており、「江戸川乱歩」という名前も、彼の名前から考案したものだそうです。個人的に面白いと思ったのは、
暴露させる心臓 (Tell Tale Heart)
黒猫 (The Black Cat)
の二作品ですが、他にも「アッシャー家の崩壊」があります。ポーの代表作の一つですので、ぜひ手にとってみてください

Q同じ作者の本ばかり読みます。

タイトルのとおりなのです。
図書館で適当に手にとって読む、って事もしてみたのですがお気に入りが見つかってしまいその人の本ばかり読んでしまいました;
そしてここ1年程新しく「おお!」って言う本や作者さんに出会っていません。
何かお勧めの本や、作者さんをご紹介していただければと思いました。
あと、漫画を買った事がないので漫画も何かご紹介して頂けるとるれしいです。
ぁ、私は高校生の15歳です。
好きな作家さんでは、さくらももこさん、鯨統一郎さん、乙一さんです。
中でも乙一さんが大好きで本棚には沢山乙一さんの本が置いてあります。1つ1つの話が好きです。
本では、時雨沢恵一さんのキノの旅を8巻くらいまでは読んでいました。
漫画は、Web漫画ばかり読んでいます。特に「nagomoo」と言うサイトのわかなさんが大好きです。話も素敵だし、絵がとても好みなのです。
あ、あとスタジオジブリの作品がすごく好きです。

こんな私の好みにもあいそうな作品を紹介して頂きたいです。
あと、吹奏楽部に入っているのでそう言うのも読んでみたいです。

Aベストアンサー

回答とは少し違うのですが、乙一さんの作品いいですよね~私も中学生の頃は乙一さんの小説ばかり読んでました(今も読みます)。乙一さんで嫌いな作品はないですね・・・。(天帝妖狐は少し嫌いかも・・)「nagomoo」ってサイト初めて知りましたが、いいですね。すぐお気に入りに登録しました。ありがとうございます。

では、回答します。
別に特定の人の作品ばかり読んでもいいと思いますが、偏りますからね~^^
好みの合いそうな、おすすめとしては
桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet」
奈須きのこ「空の境界」
野村美月の文学少女シリーズ
片山憲太郎「紅」シリーズ
紅玉いづき「ミミズクと夜の王」
有川浩「図書館戦争」
成田良悟「BACCANO!」
宮部みゆき「ico」
が面白かったですね。

まだ高校生なので、できることなら色々な本を読んで欲しいという願いもこめて、少し難しいのもありますが、以下の本もおすすめします。
夏目漱石「こころ」「それから」
村上龍「半島を出よ」
村上春樹「羊をめぐる冒険」
浅田次郎「蒼穹の昴」
山田詠美「風葬の教室」
星 新一「ボッコちゃん」

あと、漫画のおすすめは
佐原ミズ「マイガール」(絵も話もいいです!!)
あずまきよひこ「よつばと!」
宇仁田 ゆみ「うさぎドロップ」   

もっといっぱいおすすめしたい本はあるのですが、これくらいにします。
高校生の間はまだ時間に余裕があるので、どんな本でも、とにかく読ん
でみるのがいいと思います。
どんな本でも、読んで損をすることは無いです。
とにかく読んでみてください。

回答とは少し違うのですが、乙一さんの作品いいですよね~私も中学生の頃は乙一さんの小説ばかり読んでました(今も読みます)。乙一さんで嫌いな作品はないですね・・・。(天帝妖狐は少し嫌いかも・・)「nagomoo」ってサイト初めて知りましたが、いいですね。すぐお気に入りに登録しました。ありがとうございます。

では、回答します。
別に特定の人の作品ばかり読んでもいいと思いますが、偏りますからね~^^
好みの合いそうな、おすすめとしては
桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop...続きを読む

Q江戸川乱歩 夢野久作

江戸川乱歩、夢野久作の本ってい~ぱいありますが
どれが面白いですか?
ちなみに江戸川乱歩は短編集「芋虫」などなど、
夢野久作は「ドグラマグラ」を読みました。
この作家意外でもこんなかんじで摩訶不思議?な
作品知ってる方教えてちょ~だい。

Aベストアンサー

江戸川乱歩は「押絵と旅する男」「人間椅子」が好きです。
夢野久作では「あやかしの鼓」「押絵の奇跡」などがお薦めでしょうか!

>この作家意外でもこんなかんじで摩訶不思議?な作品
・夏目漱石「夢十夜」
・安部公房「壁」「箱男」(安部公房の作品はどれも好きです)
・小松左京「くだんのはは」
・佐藤春夫「指紋」「西斑牙犬の家」
・谷崎潤一郎「人面疽」「人魚の嘆き」
・石川淳「新釈雨月物語」
などなどがお薦めです。

海外の作品もお読みになられるなら、江戸川乱歩のペンネームの元であるエドガー=アラン・ポオの「黒猫」「メエルシェトレエムに呑まれて」等も面白いかと思います。

内容を書こうかと思いましたが、お読みになられてその面白さを知るほうが良いかと思い、内容には触れませんでした。

Q手がかりだけでも掴みたい

すごろくの本を探しています。
たくさんの"猫"(イラスト)が登場するすごろくです。
10年以上も昔の記憶なので、タイトルも著者名も忘れてしまいました。
絵柄だけは、ぼんやりと覚えているのですが…

もし、そのような本をご存知の方がいらっしゃったら、
どんなものでも良いので、タイトル、著者名を教えていただけないでしょうか。
余りにも漠然としていて申し訳ないのですが、よろしくお願いします。
どんなに検索してもそれらしいものが見つからないので、
手がかりだけでも掴みたいと思っています。

(前回も同じ質問を投稿したのですが、説明文が分かり難かったので
書き直し、もう一度投稿させていただきました。)

Aベストアンサー

猫の双六で検索してみました。下記に双六が折込でついてるらしいです。
「猫に見せたい本」誠文堂新光社
http://www.oct.zaq.ne.jp/afaai707/neko.htm

Q江戸川乱歩 久作論

江戸川乱歩について質問です。
夢野久作は江戸川乱歩に対して「江戸川乱歩氏に対する私の感想」をかきましたが
江戸川乱歩が夢野久作に対してかいた「久作論」はどのようなものなのですか?
文献があれば教えてください。

〈参考〉
江戸川乱歩氏に「久作論」を頼んだから、私はそれに対する「乱歩論」を書けという註文が猟奇社から来ました。 私はとりあえずドキンとしましたが、あとから直ぐに「これは書けない」と思いました。 乱歩氏は私の未見の恩人の一人なのです。 乱歩氏はズット前に、私が生れて初めて書いた懸賞探偵小説を闇から闇に葬るべく、思う存分にコキ下されました。又、一昨年、私が或る老婦人の手記を中心にした創作を書いた時には口を極めて賞讃されました。もっとも後者はつまるところ、その手記を私に提供した老婦人の手柄になった訳ですけれども、いずれにしても縁もゆかりもない一素人の投稿作品を、あんなにまで徹底的に読んであんなにまで真剣に批判して下すった同氏の、芸術家としての譬えようのない、清い高い「熱」によって、私がどんなにまで鞭撻され、勇気付けられ、指導されたか……という事は、私自身にも想像が及ばないでいるのです。 そのような恩人の作品を公開的に批評する事が、どうして私に出来ましょう。 さもなくとも乱歩氏は当代、探偵小説界の大先輩で居られるのに、これに対する私は後進も後進……一介の愛読者に過ぎない程度の者です。そのような立場の者です。たとい頼まれたにしても公々然と名前を出して、大先輩と取り組み合うというような非常識な事が、どうして出来ましょう。世間の物笑いの種になる事が、わかり切っているではありませぬか。・・・
http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2128_21872.html

江戸川乱歩について質問です。
夢野久作は江戸川乱歩に対して「江戸川乱歩氏に対する私の感想」をかきましたが
江戸川乱歩が夢野久作に対してかいた「久作論」はどのようなものなのですか?
文献があれば教えてください。

〈参考〉
江戸川乱歩氏に「久作論」を頼んだから、私はそれに対する「乱歩論」を書けという註文が猟奇社から来ました。 私はとりあえずドキンとしましたが、あとから直ぐに「これは書けない」と思いました。 乱歩氏は私の未見の恩人の一人なのです。 乱歩氏はズット前に、私が生れ...続きを読む

Aベストアンサー

「夢野久作の世界」西原和海著 平河出版社(1975年)又は沖積舎(1991年)刊に、夢野久作氏とその作品 by 江戸川乱歩として、「夢野久作氏とその作品/夢野久作氏/夢野久作氏の作品に就て/夢野君余談・故人の二つの仕合せ」が収録されているようです。
また、河出書房より刊行されている「夢野久作(文藝別冊」にも、講演内容の収録として、江戸川乱歩の「夢野久作氏とその作品」が収録されています。

Q歴史小説に書かれている典型的な悪役について(長文です)

初めて書き込みします。ある歴史小説を小説家が書くときある別の人物が悪役になったりする場合が多くもうちゃんと調べて書いてと言いたくなったりします。ほとんどの人は彼を悪役としてみているだろうなぁと。でも誰にも言いませんが複雑です。この考えは変でしょうか?

Aベストアンサー

変ではありませんよ。誰だって好き嫌いはありますし、好きな人を悪く書かれるのは、たとえ史実であっても、見解の違いから感情的にねじまげられている場合もあり、ちょっと悲しいですよね。そしてそれを読んだ人がそのままに思いこんでしまうのも。
物事には裏表があるので、視点を変えて見るのも大事というか、面白いです。
たとえば勝海舟や榎本孝明は、明治より現代の政府へ続く成り立ちから善玉として描かれることが多いですが、裏面から描いたものを見ると、実はかなりの悪玉だったという話もあるそうです。私はまだ読んでいないのですが^ ^;
質問者さんの好きな人物も、探せば良く書かれているものもあるかもしれませんよ。

Q江戸川乱歩について

江戸川乱歩とエドガワアランポって同一人物ですか?
それとも違う人物なのでしょうか?

Aベストアンサー

推理小説の親とも呼ばれる人に エドガー・アラン・ポー という作家がいます。『黒猫』や『黄金虫』『アッシャー家の崩壊』などを書いています。日本人の平井某(本当の名前は忘れました)が、日本にも推理小説・探偵小説を根付かせようと先達の名前をもじって、江戸川乱歩というペンネームを用いました。求めてられる事とずれてるかもしれませんが。ちなみに『風と樹の詩』に出てくる3人の登場人物「エドガー」「アラン」「ポー」の名前も元祖から来ています。出先なのでうろ覚えです。もっと詳しい情報も入るかと思います。

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Q江戸川乱歩全集の本の読み方がわかりませ~ん!

江戸川乱歩全集(「怪人二十面相」「少年探偵団」等)の本の次のところがわかりません。(×がついているところがわかりません)

12.黄金×
43.××の塔
44.人間×

誰かわかる人がいたら教えてくださ~い!

Aベストアンサー

巻数から考えて、ポプラ社版の「少年探偵江戸川乱歩全集」のようですね。


黄金豹
本タイトル読み オウゴン ヒョウ

幽鬼の塔
本タイトル読み ユウキ ノ トウ

人間豹
本タイトル読み ニンゲン ヒョウ


確認には、以下のサイトを利用しました。
「都立図書館蔵書検索」
http://catalog.library.metro.tokyo.jp/

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。


人気Q&Aランキング