性の乱れは国の崩壊に繋がると聞いたのですが、実際のところどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 規範がなくなった証拠といえますね。



 核家族化したときからいろいろいわれてますが、、まず、宗教がなくなって、生命観を教える手立てがうすれ、、つぎに、モラルだの、常識だのがなくなったといわれ、、
 今では規範がなくなり、ルールも守れなくて、、万引きが増えてるそうです。

 今の人は、命は大事と口で言いますが、、心ではわかってない鈍感さがあると思います。
 ですから、幼児虐待という非人間性が出てくるわけです。
 ここまでひどいことは普通ないんですが、、、宗教的には救いがたい罪というほどの認識だったり、
 外国では、そういう見方が常識だったりしますから。

 実際のところ、ひどい状態だと思います。
 たとえば、生命を、仏の命は誰にでもあるといわれます。そうみたとき、幼児虐待など、生命にしてることを考えたら、、、魔の働きでしょうか?

 性の問題も、、根本的には、脳内麻薬の働きに注意するということ。むかしからセックス中毒という言葉があるとおり、脳内麻薬が働くのを、多くの宗教では、それを防ごうとしてるように見えますね。

 恋愛状態の脳は、コカイン中毒に似てるそうですよ。
 健康的に、マラソンでランナーズハイならいいんでしょうが、、、確かにセックスばっかりやってると頭がにごってきたような重くなりますし、体が怠けてきますね。

 乱れといっても、変体になっていくというのは、異常な考え方にもなっていくんでしょうね。
 つまりは、おかしくなったというぐあいに。

 まぁ、いくら抜いても1銭にもならない、経済からいえば、ただの無駄。動物的反応であり、そこに自分なんかない。体のただの反応。そういうものを意思の力で操縦するという考えはありましたが、、今はそういうものまで伝わってないのでしょうか?

 崩壊ですか?子供が生まれないのは、罰だと聞いたことがありますね。日本は少子化になってますね。

 経済も半減するのは目に見えてますし、、、もう贅沢はできない時代になってしまったのでしょう。

 性の乱れといういったんを見ることで、、そうした堕落や下落、下降が連鎖的に「見える」というたぐいのものではないでしょうか
    • good
    • 3

 性に対する個々の人々の行いについては#4の方の意見の通り、時代によって規範はおそろしくまちまちで、わたしたちの視点から『乱れている』と見えても、その時代や地方においては別になんてことがなかった訳です。


 現代のわたしたちの視点では、性行為が大胆に描かれた浮世絵は『わいせつ』なものと捉えられがちなものなのですが、その時代の人々にとってはわたしたちにとっての週刊漫画誌とほぼ同じような位置づけのもので、大人の男女はもとより若い女性や子供も当たり前のものとして読んでいたものだったんです。
 実際、江戸時代の性風俗はとてつもなくおおらかなものであったけれど、江戸幕府は人類史にも稀なほど長続きした国家だったのは誰もが知るところでしょう、一方で、性的にお行儀のいい(抑圧的といういいかたもありますけど)新政府になって国家がより磐石なものとなったかというと…。

 で──一方で、そこそこの教養を有し個々人の性的な嗜好や規範がべつに国を傾ける(ま、傾城の美女なんてのもありますけど)要因になぞなりえないことくらい十分に知っているはずの現代の政治家などの公的な立場の人々が相も変わらず、性の乱れは国を滅ぼすなんてことを根拠もなしにおほざきになられてしまうのか、ということを考えると──、男性の場合テストステロンの影響が強いように思われます。
 いわゆる男性ホルモンとして知られるテストステロンは俊敏で筋肉質の肉体をつくりだすという作用を持つ一方で過剰に分泌されると、勝敗に対する執着、猜疑心や嫉妬心、攻撃性などの傾向が過剰に強められるという効果を持っており、過剰な分泌によってヒトはボス猿的になっちゃう訳です(浮気性のDV男なんかは、まんまですね)。一方、分泌が減ると前立腺の障害を起こしたりもするんですけどね。
 で、悲しいかなヒトのオスというものは権力を持つとテストステロンの分泌も増す傾向にあり、若い頃は性におおらかな態度をとっていた人物が、権力を持ったとたんに抑圧的な態度をとりだすのも、テストステロンの過剰分泌によって当人の理性よりも内なるボス猿が勝ってしまったがゆえ(同時に、加齢とともにヒトをヒトたらしめる大脳辺縁系の機能も落ち、強欲な性格傾向が強まる)のものと考えられます。また、この震災が若い男どものテストステロンの分泌を過剰にしたのか、やたらと猜疑心に満ちた言説がはびこっていたりして、やっぱりヒトはまだ十分に人じゃないのかもなぁ、なんてことを思わせられたりもしています。

 ──考えようによっては、性の乱れ=国家の危機、なんてことをほざく老いたボス猿どもが猖獗を極め、そいつらのご相伴をあずかろうなんて卑しい輩がはびこりだすと、本気で国が危ないのかもしれませんね。おサルの電車ならほほえましくもありますけど、ボス猿の政治ってのはちょっと勘弁して欲しいところですよね。

 ちなみに、テストステロンと性的魅力については米国での調査ですが、http://jp.wsj.com/Life-Style/node_48607をお読みになられるとよろしいかと。 
 …マッチョな男は信用ならないんですよ、ほんと。
    • good
    • 0

生の乱れというよりは、性教育すらできない親の増加は怖いですね。


ゆとり親世代が増えるのは、国力の低下にも繋がるでしょう。

なんでも「けしからん」と言って、規制すればいいと考える愚鈍な連中や
性そのものをタブーと考える未熟な連中の存在が、寧ろ怖いですね。
教育面、倫理面、情報管理の面において、戦略眼が欠落しています。

結局、何を以て「性の乱れ」と言うのか。
寧ろ、この議題を挙げる一人一人に熟慮を求めたい。
石原都知事を初め、ろくな発言者がいない。
    • good
    • 0

>ただ出生率が高ければ良いのでしょうか?


どっちみち今の出生率1.3では50年後国が崩壊します。
 そうなると介護の問題で移民を受けざるをえません。そうなるとさらに酷いことになると思うのです
    • good
    • 0

どんなことが性の乱れと感じるかという社会の平均的な評価そのものが時代によって揺らぐもののようです。


過去のアンケート調査などによれば景気の悪い時期は性に対して保守的になる傾向があるそうです。

日本は古来より性にはおおらかなお国柄で、女性は嫁ぐまで処女でいるべきというのは第二次大戦後に一般家庭の子が良家の子女のための女学校に通うようになってから広まった教えとのこと。
故・杉浦日向子さんの話では江戸時代の江戸ではフリーセックスが当たり前で出合い茶屋に入るか否かを決める権利は女性側にあったそうです。江戸時代は適齢期が十代後半で二十歳過ぎから年増、二十五から大年増とされていたそうです(独身の大年増は大変希少で珍重されていた=よく誘われたそうです)。
戦国武将は基本的にバイセクシュアルでお互いの絆の強さの表現には性的なものも含まれていたという話もありますし、弥次喜多珍道中は衆道の話という説もあります。
童謡赤とんぼの歌詞には「十五でねえやは嫁に行き」と出てきますが当時は数え年です。
少女という言葉が一般的に使われる以前は大人と子供の区分しか無く、置き屋では初潮を迎えると客を取らされていたようです。
日本の’70年代には避妊のため初潮を迎える年頃の娘のミルクにピルを溶かして与えるのがアメリカの中産階級の母親の常識とされていました。
アフリカの子供のエイズを患っている率が高い事の大きな原因の一つは児童売買春とされています。
カーマ・スートラにはうんと若い相手に対する方法も出ているそうです。
チンパンジーのオスは生殖能力の無い時期から経験豊富なメスに交接法の手ほどきを受けるそうです。

現在の日本が乱れているかどうかはよくわかりません。
性に対して保守的な人の割合が高まっていると同時に乱れている人の割合も高まっていて昔より両極端になっているような気がします。
性の乱れは国の崩壊に繋がると言っても性の乱れを抑えつけても国の崩壊は止められないと考えているので表現としてはあまり正確ではないと思います。
    • good
    • 0

自分は逆ですね


 『性の乱れ』こそが国をなす根幹であり
 『性を規律』は国が崩壊します。

おや・・と思うかもしれませんが、歴史上性風俗を厳しくした場合
出生率は下がり
性犯罪率が上がります

 分かりやすく言うと、中学の時から茶髪で遊びまくっていた女性って
結構若い頃子供を生んでて、しかも子沢山がおおいってことです。

 逆に、高学歴の金持ちのいかにも政略結婚しそうな家庭は晩婚が多く
逆に子供は少ない


 出世率が低くして国が繁栄するとは思えませんw

この回答への補足

rikukoro2さん

ただ出生率が高ければ良いのでしょうか?
計画性が無く、ちゃんと子供を教育できない、学が無い愚かな人間の子孫ばかりが増えれば国にとって害です。
現にできちゃった婚の離婚率は高いです。

補足日時:2011/04/08 00:17
    • good
    • 0

動物にも劣る性関係の混乱は全ての秩序の混乱につながり共同体が壊れ国が崩壊する。

    • good
    • 1

正しい考えだと思いますよ。



エイズの流行等が、モラルの崩壊など。
高齢化社会にも繋がると思いますし!!

性の乱れって言っても、幅広いとは思いますが
初体験の若年化等はあんまり良いとは思いませんね。
せめて、16歳・17歳なら良いけど小学校の高学年とかで
初体験とかは、あんまりな気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広汎性発達障害で、障害者手帳を申請中ですが、クローズで就職活動は可能でしょうか?

私は、去年広汎性発達障害と精神科で診断された者です。

今月、精神障害者保険福祉手帳を申請しました。

それで、ハローワークにも障害者登録をしています。

こんな私ですが、精神障害者保険福祉手帳が取れたとしても、一般求人に障害をクローズにして就職活動は出来るのでしょうか?

やはり、障害者登録をして精神障害者保険福祉手帳を持ってしまうと、障害者枠の求人しか応募出来なくなるのでしょうか?

私みたいな広汎性発達障害の人とかで、詳しいこと知っているかた、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

障害者登録をすると紹介状の担当窓口が特別支援担当と明記されるので会社にそこからわかってしまいます。一般の就職でも窓口は特別支援担当となります。

Q独立してる国とそうでない国、メリットデメリットはどんなところ?

オセチアのテロを詳しく説明したテレビをみていて
疑問に思いました。
チェチェン共和国の独立がらみであるとの事・・・。
ロシアの中にいっぱい抱え込んだ「共和国」があるんですよね?

独立してない国というのは、どんなデメリットがあるのですか?
また、ロシアが各共和国の独立を拒むのはなぜなのですか?
大きな国に属してるほうが、メリットがありそうな気が
しないではないんですが・・・・。
ごく簡単に教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

国家の構成についてのご質問のようなのでお話しさせてください。(長文でごめんなさい)

一般的に国家と言えば、

1 主権
2 国民
3 領域(領土、領空、領海)

を他国に主張し、認められていることが要件だと思われます。

そして、この中で「国民」、「領域」は物理的に存在するのでイメージ比較的理解しやすいでしょうが、「主権」は分かりにくいでしょう。

「主権」とは国の運営について民主主義国家であれば通常は選挙によって選ばれた大統領や総理大臣(両方いる国も有りますが)と議会が政治的な最終決断を行っており、王政国家では国王が、立憲君主国であればその両方が役割を分担して政治を行っています。
共和国では独自に権力を持つ政党が国民に変わって、代表を選出し、国政を行っている場合もあります。

一般的に、独立した国家では国民の意見が国政に反映され易いのですが、独立していない場合は中心となる国(ご質問の場合はロシア)の意見によって国の方針が変更されるなど、国民にとって納得しにくい状況がままあるのが実情です。

現代では、20世紀初頭までのように戦争によって他国を併合することは国際的なタブー視されていますので、領土を広げるためにおおぴらに戦争をする国は皆無に近くなっていますが、しかし資源の確保や支配可能な国民を減らさないために、各国が小競り合いを続けでいる状況です。

ロシアにしてみると、支配可能な領土、資源と国民を手放したくないので、当然に支配下の各共和国の独立を拒みます。
(もちろん資源の確保のほかに軍事的な意味でも領土は減らしたくないのが古今東西の国家の論理です。)

しかし、独立してなくても国家として名乗っている国は殆どが何らかのかたちで、隣の国と違う部分があるのが一般的です。(民族、宗教、言語、風習、価値観などのどこかが違っているのが普通で、もし完全に一致していれば同一の国家になっていると思います。)

つまり、ロシアとは考え方が違うから、国家の政治を自分たちで決めたいから独立したい。でもロシアはそれを認めたくない。

実際にはこんなに単純なことではありませんが、同じ日本国民同士で愛し合って結婚した夫婦でも、数年で相手に嫌気がさして離婚する例は幾らでもあります。
メリット・デメリットだけを考えたらなかなか離婚にはならないはずですが、現実には離婚は増える一方です。
まして、他の国家から自分の国のことに干渉されることにメリット・デメリットだけ我慢できるほうが不思議でしょう。

締まらない回答ですが、詳しくはいろいろな文献を参考にされることをお勧めします。

こんばんは。

国家の構成についてのご質問のようなのでお話しさせてください。(長文でごめんなさい)

一般的に国家と言えば、

1 主権
2 国民
3 領域(領土、領空、領海)

を他国に主張し、認められていることが要件だと思われます。

そして、この中で「国民」、「領域」は物理的に存在するのでイメージ比較的理解しやすいでしょうが、「主権」は分かりにくいでしょう。

「主権」とは国の運営について民主主義国家であれば通常は選挙によって選ばれた大統領や総理大臣(両方いる国も有りますが)と...続きを読む

Q先定性の障害者と後天性の障害者とはどちらが多いのでしょうか?

この前、障害者について知人と話していたのですが
先定性の障害者(生まれつき)と
後天性の障害者とはどちらが多いのでしょうか?

私は後者だと思うのですがあってますか?

知人と何を話していたかというと、
例えば何かしらの障害を抱える人と結婚して子供ができたら
障害児が生まれてくるかもしれない。

しかし、後天的の障害の方が多いのなら
健常者と結婚して子供を産んでも生活していくうちに障害を負った場合
「障害者じゃないから結婚した」のは意味がなくなるのか?
という内容です。

何かわかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>先定性の障害者(生まれつき)と
後天性の障害者とはどちらが多いのでしょうか?
後天です。
以前、セミナーで聞きましたが出典は忘れました。

障害者という枠は精神・身体・知能とありますので確実に遺伝する障害のことでしょう。
色弱や骨形成不全症などほぼ確実に遺伝してしまう病気の場合はそうでしょう。
まあ、障害者として認められるほどの傷害がでるひとはその一部ですが。

>しかし、後天的の障害の方が多いのなら
健常者と結婚して子供を産んでも生活していくうちに障害を負った場合
「障害者じゃないから結婚した」のは意味がなくなるのか?

遺伝もでない限りはですよね。
ですが私は娘が身体障害者ですが、学術的に遺伝性はないといいつつ夫の母が同じ病気でしたので遺伝はあると思っています。
もしくは発症しやすい遺伝子というものが確実にあると。
それがいつ発症するか、では?
うちの子は20代後半で発症しましたがそれまでは健常者です。
ですから遺伝子的に病というのは子供をなすうえで不利といえます。

メンタルヘルスのカテでもご自身や母親が鬱病など遺伝だと考えられる要素が沢山あります。
ましてや精神障害者はこの10年で1万人増えている。
つまり爆発的に増えたのではなく精神障害すらも遺伝的要素があるということじゃないでしょうか。
それが認められなかった昔と違いますからね。
また、その他に事故や病気、高齢出産でも障害者になりますから、このご質問は遺伝かそうじゃないかということを特定すべきでしょう。全ての障害者にくくられる話ではないかなと。
ただし、本当にどのポイントでも障害者に人はなりえます。

30代で仕事がなくなれば鬱になる人も酷くなれば精神障害者です。
20代.50代で事故で足を失えば身体障害者です。
健康でも知能障害者を産むこともありますので全くナンセンスではありますが健康というものを考えた時に結婚は一番大きい問題です。
はるか昔から見合いでもなんでも結婚は健康第一ですからね。
これはただのリスク回避の問題と思考です。

>先定性の障害者(生まれつき)と
後天性の障害者とはどちらが多いのでしょうか?
後天です。
以前、セミナーで聞きましたが出典は忘れました。

障害者という枠は精神・身体・知能とありますので確実に遺伝する障害のことでしょう。
色弱や骨形成不全症などほぼ確実に遺伝してしまう病気の場合はそうでしょう。
まあ、障害者として認められるほどの傷害がでるひとはその一部ですが。

>しかし、後天的の障害の方が多いのなら
健常者と結婚して子供を産んでも生活していくうちに障害を負った場合
「障...続きを読む

Q次の国に長期滞在された方で、日本について誤った見方をその国の人から聞かれた方います?

次の国に長期滞在された方で、日本について誤った見方をその国の人から聞かれた方います?

1:アメリカ合衆国
2:中華人民共和国(香港、澳門含む)
3:大韓民国
4:フランス共和国
5:(いないか?)朝鮮民主主義人民共和国
6:(国とは言わないかな---)台湾

なお僕はアメリカのサンフランシスコに駐在していた事がありますが、

・「今でも全日本人は刀を持って練習しているのか?」
・「韓国は日本の何?(意味分からん!)」

と言う質問を若い方から受けたことがあります。学ばないとこんなものかもしれませんね---。

Aベストアンサー

私はフランスと北朝鮮以外の何れの国も複数回の短期滞在しかありませんが、その手の話はいくらでもあります。いい話は殆どなく、大抵悪いほうへの誤解です。
1.米国「日本と東京はどっちが古いの?(東京を国だと思っている人は結構いるようです)」「ハラキリは今でも日本では合法だってホント?」「PS2やケームボーイが下手だと出世できないんだって?」
2.中国「日本の学校では毎朝靖国神社に向かって敬礼してるってホント?(学校の先生がそう言ったそうです)」
3.韓国「日本では若い女性の8割が不倫経験者だって?(日本人が書いた本で見たのだとか)」
6.台湾「日本は墓荒らしが多いんだってね(あちらは風水思想なので墓をとても大事にします)」「痴漢をやったことがある人が何割も居るんだって?」

Q注意欠陥多動性障害(ADHD)の障害者数

注意欠陥多動性障害(ADHD)の障害者数を知りたいです。
厚生労働省のHPを中心に検索をかけてみたのですが、私の調べ方が悪かったのか、情報を見つけることができませんでした。

身体・知的・精神障害者数はすぐに見つかったのですが……。
発達障害数についての統計調査がない、ということはありませんよね?

情けない話ですが、注意欠陥多動性障害(ADHD)の障害者数が載っているサイトなどを教えていただけないでしょうか?
お力をお貸しください。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実は、成人も含めたまとまった発達障害児・者数のデータはないそうです。
全国的な統計調査が、公式(厚生労働省や文部科学省)には行なわれていないためです。
また、発達障害児・者単独の障害者手帳制度が存在しない、ということも影響しているでしょう。精神障害児・者や知的障害児・者の数の中に紛れ込んでしまっているのです(それならば手帳取得ができるので)。
ましてや、発達障害の種類別の人数などもなかなか把握されてはいません。
発達障害者支援法の趣旨がようやく浸透してきたばかり、ということもあるかもしれません。

ただ、日本自閉症協会(http://www.autism.or.jp/)は、2008年末現在で、発達障害児・者数が 120万人にのぼると推計しています。
また、2002年の文部科学省の調査によると、普通学級在籍児の 6.3 %に発達障害の疑いがあるそうです。
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/018/toushin/030301i.htm)

高校を卒業するまでの学齢児の数が、2008年末時点の人口統計で 約 1805万人。
その 6.3 %と仮定しても 120万人に近い数字が出てきますから、統計学的には妥当なデータだと言えるそうです。

そのほか、国立保健医療科学院(http://www.niph.go.jp/)に次のようなデータがあります。
もしかすると、質問者さんが探しておられるデータに、最も近いものになるかもしれません。

ADHDの実態と診療体制について
http://www.niph.go.jp/kosyu/2005/200554020003.pdf

また、ちょっとピントはずれかもしれませんが、厚生労働省にも以下のようなデータがあります。

軽度発達障害児の出現頻度
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken07/h7_02b.html

いずれにしても、内閣府が毎年度まとめる障害者白書でも発達障害児・者数は言及されていないほどですから、正直、統計データを見つけるのはたいへんむずかしいと思いますよ。
 

実は、成人も含めたまとまった発達障害児・者数のデータはないそうです。
全国的な統計調査が、公式(厚生労働省や文部科学省)には行なわれていないためです。
また、発達障害児・者単独の障害者手帳制度が存在しない、ということも影響しているでしょう。精神障害児・者や知的障害児・者の数の中に紛れ込んでしまっているのです(それならば手帳取得ができるので)。
ましてや、発達障害の種類別の人数などもなかなか把握されてはいません。
発達障害者支援法の趣旨がようやく浸透してきたばかり、ということも...続きを読む

Q北朝鮮が崩壊する時はどの様な事がきっかけで崩壊しますか?

北朝鮮が崩壊する時はどの様な事がきっかけで崩壊しますか?
今は恐怖で民を支配しているだけですよね?(上層部には褒美で)

ストレスが恐怖心を超えてクーデーターでも起こったり、アメリカが戦争しかけて武力で制圧にしたりしない限り今みたいにダラダラと延命しつづけるんでしょうか?

Aベストアンサー

私も残念ながら近い将来に於ける北朝鮮の崩壊には懐疑的です。

国連機関に依り世界最貧国の一つに認定された栄誉に浴す当該国は、対中国に対しては物乞い外交を、又日本や韓国に対しては恫喝・恐喝外交を行い堂々と食料や燃料の要求を行う無法な乞食国家ですが、多くのメディアもが予見した金日成から金正日への権力委譲後の国家崩壊予測からもはや20年近く経過している現実があります。

2000万人強程度の人口を擁する国で過去200万人が餓死したと伝えられる現状、普通の国民であれば既に政権が転覆しているかさもなくば大規模な反政権闘争が起きている筈なのですが、悲しいかな貧困と飢餓があまりにも日常化している事、朝鮮人が持つ既成の権力に対して非常に従順な国民性及び当局の徹底した恐怖政治で未だ国家としての対面を保っており、金正日が死去しても現存の官僚体制が機能している限り金王朝が崩壊する可能性は低い気がします。

共産主義国家の軍隊に於ける特性として、各部隊内には所謂政治将校なる者がおり部隊長の権限だけでは軍事行動を起こせない仕組みになっており、つまり軍事クーデターの可能性も低いわけです。

又アメリカはイラク・アフガニスタン程に北朝鮮を自国の脅威になると考えていない節があり、武力制圧のオプションを取る事はまず無いでしょう。

それに北朝鮮が崩壊してしまうと、数十万人単位の乞食同様の難民が国境を接している韓国及び中国、そしてパチンコという汚い商売で富を蓄えている同胞が住む日本に押し寄せる可能性が強い為、各国とも現状はともかく政権の延命の為多少の援助は止むを得ないという潜在的心理が働くのではないでしょうか?

最後に残るのが韓国との平和裏な統合・統一ですが、過去国家統合のモデルケースといわれたかの東西ドイツ(西ドイツは当時GNP世界第3位の経済大国であり、又東ドイツも社会主義国家に於ける最高の工業国家といわれた)でさえ、統一後10年以上経済的に苦しんだといわれています。

ましてや未だIMFの管理下に置かれた韓国程度の経済力で北朝鮮を飲み込む事はとても無理であり、2000万国民の殆んどはこれからも食うや食わずの生活を強いられる事に、可哀想に。

私も残念ながら近い将来に於ける北朝鮮の崩壊には懐疑的です。

国連機関に依り世界最貧国の一つに認定された栄誉に浴す当該国は、対中国に対しては物乞い外交を、又日本や韓国に対しては恫喝・恐喝外交を行い堂々と食料や燃料の要求を行う無法な乞食国家ですが、多くのメディアもが予見した金日成から金正日への権力委譲後の国家崩壊予測からもはや20年近く経過している現実があります。

2000万人強程度の人口を擁する国で過去200万人が餓死したと伝えられる現状、普通の国民であれば既に政権が転覆し...続きを読む

Q強迫性障害は、発達障害者だけでなく、健常者でも発症するんですか?

強迫性障害は、発達障害者だけでなく、健常者でも発症するんですか?

Aベストアンサー

健常者でも発症します。

発達障害と強迫性障害は似たところもありますが、
発達障害が遺伝的要素が強いのに比べて、
強迫性障害は環境的要素が強いです。
発症の原因が違いますから、発達障害でなくても発症します。
ただ、発達障害者は、強迫性障害を発症する確率が高くなっています。

Q共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決して共産主義が誤っているわけではない。
共産主義国家の崩壊=共産主義の誤り、というのは資本家にとって都合のいいイメージ戦略に過ぎない」



質問詳細
20世紀終盤に、ソビエト連邦、及びその周辺の東欧共産・社会主義諸国などが
つぎつぎと崩壊していきました。
また、中国も未だ中国共産党一党支配ながら、資本主義経済の導入に舵を切りました。
キューバにはアメリカ大統領が訪問し、北朝鮮は誰にも相手にされなくなってしまったので
「話のタネにミサイル発射する」という究極の”構ってちゃん状態”です。


これらの事実をもってして、以下のように論評する意見は多いです。
「共産主義とは秘密警察が個人を監視し、職場、学校、家庭内ですら互いを密告しあう狂った恐怖政治の体制である」
「”皆が平等に幸せになる政治体制”を標榜しながら、実際には一党独裁の政党幹部のみが
快楽を享受し、一般国民は彼ら党幹部を養うために貧困にあえいでいる」
「政党のトップは誰にも犯されない強大な権利を持ち、気に食わない奴は誰彼かまわず粛清する」
「民主的な選挙は行われない。公の場で政党、国家を批判することは許されない。TVカメラの前では国家および政治指導者の礼讃を強要される」

結論「だから共産主義はダメなんだ」

この意見を聞くと、ある種の人々はこう反論します。
「ソビエト、東欧の共産主義国家、社会主義国家は、それぞれの国家指導者が”共産主義に名を借りた独裁政治”を行っていた。
よってこれらの国家を共産主義国家、社会主義国家、と色分けする事自体が誤りである。
国民、もしくは外圧からの民主主義の潮流によって、独裁者が追放され、国民が独裁国家から解放されたのであって、
決して共産主義、社会主義が誤っているわけではない。
では
”なぜ共産国家は崩壊したのか? それは共産主義が誤った政治体制・思想であるからだ。
 共産主義国家が崩壊した事が何よりの事実だ”
という論評がはびこるのかというと、それは共産主義と相対する政治体制・思想である資本主義体制を
推し進める人たちによって、そのほうが都合よくイメージを刷り込みやすいからである。
では資本主義は絶対に正しい政治体制・経済体制なのか? 否である。
資本主義体制、とは
”金持ちがより金持ちになり、貧乏人はいつまでも貧乏人のまま”
”儲ける者は働かず、働く者は儲けない”
という世界である。今の日本に当てはめれば、
”親が社長なら子も社長。正社員はなんとか身分安定だが、明日は分からない。そしてハケンは一生ハケンのまま”
ってことだ。こんな社会が人間社会として許されるか? 否である”

さあ、果たして、共産主義国家、社会主義国家の崩壊は、
共産主義そのものの誤り
なのでしょうか? それとも
共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊
なのでしょうか?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決し...続きを読む

Aベストアンサー

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が行われてしまうので、共産主義の理念が狂ってしまうことになるのです。
19世紀後半以降、資本主義はこの技能労働者を必要とするようになりました。
資本主義の遅れたロシアで革命がおこったのは、技能労働者があまりいないから、まさに遅れていたからです。
遅れていた国だから、ロシアでのみ革命が起きたのです。
あの時代、共産主義はすでに時代遅れになりつつありました。

またマルクス経済学はその理論の中であまりに首尾一貫性が強すぎて、矛盾を一歩でも付け加えると破綻してしまうようになりました。
しかし実際には、限界革命のような新しい経済理論が発見されてます。
しかしマルクス経済学の無矛盾性を維持するためには、このような発見を無視するしかありませんでした。

しいていえば、マルクスの最初の着想点「資本主義には自滅する要素がある」「歴史は経済という上部構造で動いている」
という着眼点がいまだに有効だと思いますけど、マルクス理論の主要なテーマはすでに完全破綻しているといっていいかと思います。

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が...続きを読む

Q障害者雇用の賃金について! 障害者雇用のお給料って、健常者より安いって、納得いきません。 生産性が劣

障害者雇用の賃金について!
障害者雇用のお給料って、健常者より安いって、納得いきません。
生産性が劣るからその分、賃金も安いっていうのはわかるんですけど、小さい頃から健常者より、辛い思いをしてるはずだし、差別を受けながら、生活しているはずです。健常者はあからさまに態度には出しませんが、差別されてるって感じる障害者の方も多いはずです。
日々の生活が、健常者以上の人生修行だと思うので、健常者より賃金を高く設定すべきだと思うのですが、皆さんどう思われますか?

Aベストアンサー

労働賃金は労働した人の対価です。
健常者同士でも賃金格差はあります。
障害者の方同士での話なら理解できますが、健常者の比べるのはズレてると思います。
健常者の方と。同じ時間内に同じ仕事をこなせますか?
会社も気の毒に、と思って賃金を払えますか?
決して差別ではなく、比べる対象が違う、と言う事です。

Q軍事政権が崩壊するとその国の軍隊はどうなるんですか?

今、ビルマでは軍事政権が権力を掌握していますよね。デモに対しても武力で鎮圧しようとしています。ですが、仮に軍部のクーデターなどではなく民衆の力によって軍事政権が崩壊したし新たな政権が発足した場合、その国の軍隊はその後どうなるんでしょうか?軍部は軍事政権に賛成の立場にいたわけですから、新しい政権に従うとは思えないのですが…

Aベストアンサー

仮定が非常に苦しいです。
民衆(非軍事組織)によって、軍事政権が崩壊。
まず、この前例がないので、条件を緩くして考えてみた。
軍部クーデーターを除くと、外部の軍事力による、軍事政権の崩壊の前例があるかどうか?
A ナチスドイツ
B 大日本帝国
C イラク戦争後のイラク
D 南北戦争後の南軍
E クメールルージュ(カンボジア)
A,B,Dはその後の正統政権の元で市民に戻った。C,Eはゲリラ化した。
A~Eすべてに於いて、代替軍事力が存在した。つまり占領軍。
代替軍事力という強制力と後継政権の正統性がそれなりに認められた国家では、市民に戻り、強制力と正統性が不全なところでは、ゲリラ化すると考えられます。

また、外部の軍事的強制力が無く軍事政権が終わった例は、
あ)軍事政権からの政権委譲
い)クーデターによる、軍部内での政権変化
以上の二パターンしかないように思います。

以上から考えられるのは、現在の非主流派の軍部と民衆の力が結びつくか、非主流派の軍部と外部勢力が結ぶ付いて、現在の主流派が退場するというのが最も考えられるシナリオです。
いずれにしても、軍部というか軍隊の大多数の部分は、外部勢力による徹底的な掃討がない限り、残るものと思われます。

仮定が非常に苦しいです。
民衆(非軍事組織)によって、軍事政権が崩壊。
まず、この前例がないので、条件を緩くして考えてみた。
軍部クーデーターを除くと、外部の軍事力による、軍事政権の崩壊の前例があるかどうか?
A ナチスドイツ
B 大日本帝国
C イラク戦争後のイラク
D 南北戦争後の南軍
E クメールルージュ(カンボジア)
A,B,Dはその後の正統政権の元で市民に戻った。C,Eはゲリラ化した。
A~Eすべてに於いて、代替軍事力が存在した。つまり占領軍。
代替軍事力という強制力と後継政権...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング