いつも勉強させていただいています。
大脳皮質は古皮質(爬虫類脳)-旧皮質(旧哺乳類脳)-新皮質(新哺乳類脳)に分けられると多くの記載があるのですが,少し調べてみると古皮質はpaleocortex で旧皮質もpaleocortex とありどうも同じのようです。もう少し調べると,原皮質archicortex というのも出てきました。結局のところ,「原皮質-旧(古)皮質-新皮質」が正しいのでしょうか?今回は私的に学術上の厳密性が求められるため,お尋ねさせていただきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


「私的に学術上の厳密性」が求められるているのに、無責任な回答をすることをお許し下さい。

何の学問上、必要な知識なのでしょうか。心理学ですか。カイロプラクテックですか。

MacLeanが提唱した「爬虫類型」などいう仮説は、厳密さに合うものなのでしょうか。この話はよく耳にしますが、たとえるならば原子の構造が分からなかった頃の原子モデルの間違った仮説をいつまでも参考にしているのと同じではないでしょうか。


「大脳の三層構造」
http://blogs.yahoo.co.jp/ythbb775/60133559.html
これではどうかという感じがしますが、
学術的にも、
「大脳基底核の機能;パーキンソン病との関連について」(旭川医科大学・生理学第二講座・高草木薫)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/psj/jpsj/06504/065040113 …

この「脳の三層構造」仮説は、その話自体が分かりいいだけで、脳について、分かり易く説明していることにはなっていません。不必要なのに取り上げています。この不要な情報が、脳についての正しい理解を妨げています。そもそもヒトの脳についての厳密な説明に、爬虫類の脳が必要ですかね。

質問文のご提示の通り、「脳の三層構造」では、
「古皮質:爬虫類型」(reptilian brain)
「旧皮質:旧哺乳類型」(paleomammalian brain)
「新皮質:新哺乳類型」(neomam-malian brain)
この説をいつまでも引用しているから混乱するのだと思います。

用語以前にこの仮説がまったく厳密ではないのです。
話に爬虫類の脳を登場させたいなら、paleocortexと絡めるのではなく、大脳基底核の話をした方が適切だと思います。

理化学研究所の用語はどうなるのか。
「参照→※9大脳皮質の領域の分類」(ヒトES細胞から層構造を持った大脳皮質組織の産生に成功。理化学研究所)
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/pres …
雑誌Cellの表紙になったと自画自賛している記事ですが、この人達は大脳皮質研究の専門家とも言えます。もちろん解剖学の専門家ではありませんが、古皮質・旧皮質・新皮質と書かれていますね。
私は、古と旧は、”paleo-”と思います。上の分類ではpaleocortexが二つになるんじゃないかね。写真が外国の雑誌に載るぐらいなのにね。


私は下の方がいいと思います。No.1さんの回答と同じです。
「表1 辺縁系の分類と範囲」(慶應義塾大学医学部・解剖学教室・船戸和弥さん)
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~kokikawa/limbic.ht …扁桃体(扁桃核)の解剖

翻訳語である日本語は整理されていません。こういう時こそ、英語を活用されたらいいと思います。
結局のところは、paleocortex→archicortex→neocortex
質問者さんの学問に直接必要ないなら関係しないのがきっと一番厳密です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

表記についてこの上なくご教示いただき大変助かりました。脳に関しまったく門外漢の私ですが,お教えいただいたURL等でさらに勉強して今後の生物系の講義の中で可及的正確な講述を心がけるつもりです。ご回答深く感謝します。

お礼日時:2011/04/10 17:11

こんにちは。


古皮質と旧皮質は同じものです。
古い順に並べますと、
「古皮質(旧皮質):魚類から」
「原皮質:両棲類から」
「新皮質:哺乳類から」となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうなんですね。今週ずっと悩んでいましたが
おかげ様で安心しました。ご回答深く感謝します。

お礼日時:2011/04/09 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q視床下部と大脳辺縁系と大脳新皮質

視床下部と大脳辺縁系と大脳新皮質の関係性について知りたいのですが、
自分なりには
視床下部がつかさどる自律神経系の中に
大脳辺縁系と大脳新皮質が所属しているのかなって思って
いるのですが・・・


知っていらっしゃる方は回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
中学校の理科を思い出して下さい。我々の神経系は「中枢神経系」と「末梢神経系」に分けられます。
視床下部、及び大脳皮質、大脳辺縁系はみな「脳中枢神経」です。これに対しまして、視床下部の司る自律神経は身体の生理機能を維持するための「末梢神経」でありますから、大脳皮質や大脳辺縁系がこれに属するということは取り敢えずありません。

視床下部といいますのは主に脳幹に集中する生命維持機能を身体に連絡する役割を担っています。このため、我々の生理状態を制御する自律神経はみな視床下部から身体全域に送られています。
大脳皮質といいますのは「感覚・知覚」「認知・思考」「学習・記憶」といった様々に複雑な作業を行い、中枢系では最も高次な機能を持ちます。大脳辺縁系は視床下部の上位に当たり、脳幹中枢のように心拍や呼吸といった特定の役割は持たず、身体内外で起こるあらゆる環境の変化に生物学的な利益・不利益の判定を下しています。ここではこの他に、大脳皮質で処理される知覚や認知情報に対しても判定が行われ、その結果は「情動反応」として自律神経を司る視床下部に伝えられます。そして、これによって起こる生理的な変化を「情動性自律反応」といい、嬉しい、悔しいといった、我々の感情に伴う反応といいますのは全てこの経路によって身体に表出されます。
これを整理しますと、
「大脳:知覚・認知」―「辺縁系:情動反応」―「視床下部:情動性自律反応」
という順番になり、自律神経系が最も下位ということになります。

こんにちは。
中学校の理科を思い出して下さい。我々の神経系は「中枢神経系」と「末梢神経系」に分けられます。
視床下部、及び大脳皮質、大脳辺縁系はみな「脳中枢神経」です。これに対しまして、視床下部の司る自律神経は身体の生理機能を維持するための「末梢神経」でありますから、大脳皮質や大脳辺縁系がこれに属するということは取り敢えずありません。

視床下部といいますのは主に脳幹に集中する生命維持機能を身体に連絡する役割を担っています。このため、我々の生理状態を制御する自律神経はみな視床...続きを読む

Q大脳新皮質の六層構造について

大脳新皮質は六層構造になっていて、分子層というものがあると思いますが、ある本に絵がのっていましてみたんですがあまりにもお粗末で、たぶん簡単に説明するために簡単に書いたものだと思うんですが、
「えっ、こんなんなの?」
ってなります。
学界で一般に流布されている画像をみたことがあるんですが、その分子層の絵(あれは絵ではなく写真なのでしょうか)もなんか
「は?なんなの?」ってなるぐらい、訥なもので、実際どうなってるんでしょうか、だれか教えてください。
人間のその六層構造の分子層はそんな訥なものではないですよね!?
もっと入り組んで複雑なハズです。でなきゃ人間は高度な言動や情報処理ができるはずがない!!
確証がほしいんです。
どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それはまあ、単純化した模式図ですから、それで問題ないです。大脳新皮質の層構造は同種の細胞が横にツラツラと並んでできてるようなものですから。

あと、あなたが見た写真というのはこういうのですか?
http://25.media.tumblr.com/tumblr_l0rs0cGEs81qbub56o1_400.jpg
こいつは、ゴルジ染色による大脳新皮質の染色像です。そもそもゴルジ染色には、ニューロンをランダムで染める性質があります。そのため、単染色であっても、個々のニューロンの形状を観察するのに適しています。ただ、すべてのニューロンが染まるわけではないですから、ニューロン間の関連を見ることは難しいです。

そこで最近では、分子生物学的な手法を用いた、様々な蛍光マーカータンパクを用いたイメージング法が盛んに開発されています。この手法により、すべてのニューロンを様々な色に塗り分けることができるようになりました。

たとえば↓のような感じ
http://www.youtube.com/watch?v=-YIYPSAyySg
これとは別で、2007年にScienceのBreakthrough of the yearにもノミネートされていたBrainbowなんかもありますね。画像検索してみてください。とてもきれいです。

こうして見ると、かなり密なのが分かりますね。こうした複雑な物理的神経ネットワークを解明する研究分野をコネクトミクス(connectomics)と呼ぶみたいですが、詳しくは知りません。

それはまあ、単純化した模式図ですから、それで問題ないです。大脳新皮質の層構造は同種の細胞が横にツラツラと並んでできてるようなものですから。

あと、あなたが見た写真というのはこういうのですか?
http://25.media.tumblr.com/tumblr_l0rs0cGEs81qbub56o1_400.jpg
こいつは、ゴルジ染色による大脳新皮質の染色像です。そもそもゴルジ染色には、ニューロンをランダムで染める性質があります。そのため、単染色であっても、個々のニューロンの形状を観察するのに適しています。ただ、すべてのニューロンが染...続きを読む

Q大脳皮質ってどういう働きを司っていますか? 大脳

大脳皮質ってどういう働きを司っていますか?

大脳皮質の働きを教えて下さい。

Aベストアンサー

大脳皮質は機能部位と呼ばれる色んな領域からなっています。
http://www.islam-guide.com/jp/ch1-1-d-img1.jpg

それぞれの部位がその機能によって一次運動野、体性感覚野、視覚野、聴覚野、言語野などの呼び方をされます。
それぞれがどういう働きをするのかは、Wikiや個別の名前をキーワードとして検索してみてください。多すぎるので詳細は割愛いたします。

Q脳の皮質の場所と働きについておしえてください!

大脳皮質の中枢の部位について、誤っているものを1つ選びなさい。

1.随意運動 - 前頭葉の中心前回
2.聴覚    - 側頭葉の外側面
3.視覚    - 後頭葉の内側面
4.味覚    - 頭頂葉の中心後回の下部



この問題についてですが、どうもいくら考えても、答えが無く(誤答が無い)全部の選択肢が正しいと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

すぐに ご返礼をいただきましたのに、応答せず まことに申し訳ございません。
ご専門のかたの ご回答を 興味深く お待ち申し上げております 次第です …
そもそも 「誤っているものを 1 つ」 選択する という ご設問の意図には、
「明らかに 真実とかけ離れた 情報が 含まれている」 ということと
「(真相を 解明・再構築する為に) 必要不可欠な 情報が 含まれていない」
ということの 双方について、十分な確認が 求められているのでは ないかと …
(法律・医学にかかわる分野では、異なる解釈が成り立つ 記述というのは、
 生命にかかわります リスクを 生じます為 …)
例えば、その部位に 何か処置を施すような 思考実験をすると致しまして、
その部位の特定は、上記のような情報 (のみ …) で 十分でしょうか …
しかしながら その一方で、 本来的には
「明らかに 真実とかけ離れた 情報が 含まれていない」 のであれば、
たとえ 「(専門家にとっては そこまで 論わなくても 自ずと解っていること
であるが、初心者や 一般的な 素人には おそらく) 必要不可欠な情報が
(必要不可欠 ということに 度合いが 生じる…) 含まれている とは 限らない」
記述は、誤っている とは いえないので、全く おっしゃる通りかと存じます …

すぐに ご返礼をいただきましたのに、応答せず まことに申し訳ございません。
ご専門のかたの ご回答を 興味深く お待ち申し上げております 次第です …
そもそも 「誤っているものを 1 つ」 選択する という ご設問の意図には、
「明らかに 真実とかけ離れた 情報が 含まれている」 ということと
「(真相を 解明・再構築する為に) 必要不可欠な 情報が 含まれていない」
ということの 双方について、十分な確認が 求められているのでは ないかと …
(法律・医学にかかわる分野では、異なる解釈が成り立つ 記述と...続きを読む

Q中大脳動脈と後大脳動脈から視床への還流領域について

脳神経外科学での質問です。

脳出血の好発部位にno.1被殻 no.2視床no.尾状核とありました。
3者いずれも
主に中大脳動脈から枝分かれするレンズ線条体動脈等の穿通動脈が原因となっていました。

中大脳動脈からの分枝の動脈が
視床の一部へ還流をしているのでしょうか?

自分が調べたところ、
視床への還流は後大脳動脈からの分枝である、
視床穿通動脈や視床膝状体動脈と書いていて、
中大脳動脈から視床への還流には一切ふれられていません。。。

並びに外側膝状体には内頚動脈系の前脈絡叢動脈が還流しているようです。

なんか納得がいきません。

脳神経外科等に詳しい方に
なぜ中大脳動脈からの脳出血や脳梗塞で視床に障害がでるのか
教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 質問者さんの認識で良いのだと思います。

 そもそも出血の好発部位3位に尾状核が挙げられているのがあやしい。尾状核出血はそれほど多くないと思います。

 報告にもよると思いますが手元にあった教科書によれば、剖検例(死亡例)では、1.被殻・外包(64%)、2.視床(13.6%)、3.橋・延髄(10%)、同じく3.小脳(10%)、5.皮質下(2.4%)であり、CT診断例では、1.被殻・外包(61.2%)、2.皮質下(18.0%)、3.視床(12.2%)、4.小脳(7.5%)、5.橋・延髄(1.1%)、だそうです。

 また、通常中大脳動脈の穿通枝障害で視床病変が出現することはないと思います。

[参考]
・脳神経外科学 改訂10版. 太田富雄,松谷雅生,金芳堂

Q【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。 左脳って計算脳でしたっけ?美術脳で

【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。

左脳って計算脳でしたっけ?美術脳でしたっけ?

ファーストスリーピングとは宿とかに普段寝ていないところに寝る初日のことを言います。

だから、作家はアイデアに困ったときにホテルとかに宿泊して、自宅とは違う環境で寝てサスペンスのネタ作りをするのかとハッとしました。

ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。

作家の脚本も左脳ですか?

Aベストアンサー

>ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。
これはかなり違う様です、早い話「缶詰」です、内容は二の次で締め切りまでに原稿を埋めなくてはならないので、プロダクションが監視しているのです。
なるほど、良い事を聞きました、いま少し行き詰まっているのです。その前は隔週別の宿へ移っていましたが、出費が大きく成果が出ないので切りました、これも良くない。でもどうしてもハズレの宿には行きたくないので、悩んでいました。もう少し考える事にします、有り難うございます。

Q視覚中枢があるのは中脳?大脳?

問題集に、
(1)に当てはまるものを選べ。
網膜には光を感じ分ける2種類の視細胞(かん体細胞と錐体細胞)が分布する。この視細胞で受け取られた光刺激は、視神経を通じて視覚中枢がある(1)に伝えられ、視覚が生じる。
選択肢:小脳、中脳、間脳、大脳
という問題があって、予備校の授業では先生は「答えは大脳です。」と言っていました。でも私は「眼球運動に関わるのは中脳」と覚えていたので、本当に答えは大脳なのか?と疑問をもちました。図説を見ても「視覚中枢は中脳である」というようなことが書かれてありました。やはり、答えは中脳なのでしょうか?
でももしかしたら神経を通じて情報が大脳に伝わるという意味で大脳が答えになっているのか?とも思い始めました。生憎、問題集には解答がついていないので、答えを確認するためには先生に聞かないといけません。
今日は時間が無かったため、先生に質問できませんでしたが、次に先生に会ったときに質問してみようと思っています。でもその前に皆さんの意見をきかせてください。

Aベストアンサー

回答は出ていますが,別な観点から…
目の発生は勉強しましたよね。脳の一部から眼胞というふくらみが出来網膜になる。つまり網膜は大脳の一部です。同じく嗅覚の臭球も大脳の一部です。ですから視覚中枢や嗅覚中枢は当然大脳にあります。

意識とは大脳が司るものです。視覚とは意識下のものです。大脳以外に中枢があるものは反射中枢で,反射とは意識しないで調節するものです。瞳孔反射等の中枢は中脳ですが,意識して瞳孔を開いたり縮めたりはしませんよね。あくまでも無意識下の調節です。ですから目に関しましては視覚という意識下の大脳支配のものと,反射という無意識下の中脳支配のものが共存しています。

Q【脳の処理能力】脳は起きているときに視覚情報が8割脳を使っているそうです。残りの2割は何に使って

【脳の処理能力】脳は起きているときに視覚情報が8割脳を使っているそうです。

残りの2割は何に使っているのでしょうか?

視覚、聴覚、味覚、触覚

視覚が8割の脳の処理に使われているなら、次は聴覚ですか?触覚ですか?

体を動かすのに脳は処理能力を使ってない?

どうなんでしょう?

Aベストアンサー

1位、目 2位、手 3位、口 4位以下、耳鼻足胴体
感覚のホムンクルスで検索してみましょう

Q大脳皮質-線条体-視床-大脳皮質の神経伝達経路

脳機能に詳しい方、”大脳皮質-線条体-視床-大脳皮質”の神経伝達経路について説明してください。
英語の論文を読んでいるのですが、脳科学の知識がないので内容がイメージできません。
これだけでもわかると理解が容易になると思うのですが。
いくら探しても、初心者にわかるような説明が見当たりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
これは「大脳基底核」における運動機能を制御する閉鎖回路と思われます。
大脳皮質―線条体から淡蒼球などを経由し、視床下部から大脳皮質にフィードバックされる閉鎖回路です。ここでは直接路と間接路が拮抗して働いており、これによって大脳皮質の運動野にフィードバックされる視床下部への入力が活性であるか抑制であるかが行動における意思決定に関与していると考えられています。

Q大脳皮質について   

大脳皮質について   
大脳のなかの、視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触角などを感じる
脳内の場所、脳内の名前を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それぞれ視覚野、嗅覚野、聴覚野、味覚野、体性感覚野でウィキペディアなど検索するとわかると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング