私の兄弟の子どもが、小学校5年生で
チームに1人だけしかいない、左利きなんですけど 

軟式少年野球のチームの監督さんが何故か?2塁手を守らせています。

監督さんに、なぜ左利きなのに2塁手を守らせているんですかと聞いたら、
その質問は、不愉快だ答える必要はないと言われました。

ポジションをどうこう言うつもりはないんですけど・・・
普通に考えて左利きでは、2塁手はありえないと思うのですが

私の考えは間違っているのでしょうか?
野球に精通されているみなさんに、ご意見お伺いしたです。
左利きの2塁手はありですか?なしですか?

奈良の宇陀市の軟式少年野球チーム です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

内野手では、一塁手以外なら二塁手だと思います。



まず単純に、体より右側の二塁寄りの打球に、右手で対応できるからです。右利きなら左手を体の前でクロスして対応しないといけないですから。

難点があるとすれば、一二塁間のゴロに逆シングルで対応(右手を体の前でクロスして対応)しないといけないことですかね。

余談ですが、ソフトボールをやっている私は相手チームのショート(遊撃手)が左利きだったことがあります。思いっきり打って三遊間にいい当たりがいったのですが、そのショートのグラブをはめた右手で取られてしまいました(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

duke3tyanさん 解説ありがとうございます

遊撃手の人はうまかったんですね

こどもは野球へたくそです  爆笑
子どもに聞いたら、2塁 手はやりにくいと言ってました 笑い
2塁の前は外野手だったので・・・むずかしいですね


お返事おくれまして申し訳ございません
ご意見参考にさせていただきます

お礼日時:2011/04/21 00:37

軟式の少年野球では、ゲッツープレーは無いのでしょうから、一般的には、左利きの二塁手は、勿論、ありです。



しかし、この場合、監督さんに尋ねるのではなく、直接、当人に尋ねるべきでしょうね。周囲から奇異な目で見られても、それが、精神的な負担になっていないのを確認し、または、違和感はあろうとも、レギュラーとして試合に出て打つことが楽しいのだとかいう話が聞けたならば、是非、温かく見守るべきでしょうね。そういう意味では、監督さんへのクレームはご法度です。クレームの積りはなくても、監督さんにはそう聞こえたのでしょうね。

因みに、私は、甲子園出場経験のある高校の野球部員で、一年生から「4」を背負ったレギュラーでした。しかし、中学生時代に尊敬していた先輩の名二塁手(本当に上手で小学生時代は大人の草野球でも駆り出されて、投手として立派な速球とカーブを投げていた)が不慮の事件に巻き込まれて他界したこともあって、二塁手が嫌で嫌で仕方ありませんでした。遊撃手の選手とも全く気が合わずに、大嫌いな人物に映っていました。

今から考えますと、自分も二塁手などをやっていると死ぬんじゃないかと思っていたんでしょうね。で、年度替りに、今後も二塁手を続けるべしということなら退部すると監督に申し入れました。まあ、二塁手の守備練習量は、他のポジションの二倍(対盗塁・併殺は二塁へ&送りバンドは一塁へ)ありまして、大好きな打つことに力が入りませんでしたから、それが、一番気に入らなかったのでしょうね。

監督は、ウーンと唸ってから、では、何処を守りたいのかと聞きますので、「一番下手な者が出来るレフトが良い、そして、三番を打ちたい」と言いまして、それが、聞き入れられてしまいました。翌シーズンから私の背番号は「7」となりましたが、練習試合では、6番を打たされ、公式戦のみ、3番でした。ですから、練習試合の方が圧倒的に多いわけで、元チームメートすら、私が正式にはクリーンアップを打っていたことを今では忘れています。いいところで、沢山打っていたという記憶が私にはあるのですが、そういうことも、他人様は覚えていてくれないものなんですね。私のヒットで勝った試合、少なくない筈なんですがね(笑)。

そんなわけで、近年では、単に、守備の下手な選手だったなあ、ということを言われ続けています。ちょっと、残念ですが、まあ、そういうことになるのだろうと納得しています。

まあ、私のように二塁手が大嫌いという訳でもないようですから、結構な事だと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

u-jk49さん 解説ありがとうございます

ご自身の経験談をお話くださってありがとうございます
高校時代は甲子園にも出られたんんですね。
良い思い出があり、うらやましいですね。笑

こどもは、2塁はやりにくいなぁ~といっておりました 笑
2塁のまえは外野手だったので・・・

お返事おくれまして、申し訳ございませんでした
ご意見参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/21 00:28

有利、不利でいえば不利だと思いますが


そんな中、監督さんがセカンドで使うのであれば
それなりに理由があるからだと思います
(まぁ不愉快だから答えたくないという態度も横着だと思いますが)
不利な条件である中、セカンドで使うのであれば
それは甥っ子さんの野球に取り組む姿勢が真面目だからではないでしょうか?
セカンドは内野の中で一番仕事が多いです。
捕手からの投手への返球時のバックアップ
捕手から牽制球のサインを受け取り ファーストへのバックアップ
左方向へ打球が飛んだときは、内野ならファースト 外野ならセカンドベースカバー
状況や捕手のサイン一つで守備位置も変わってきます
(少年野球は変化球ないので ミット位置になりますが)
要は左利きでありながらセカンドで使うということは
機転が利く、細かいことに対応できるからではないでしょうか
内野の連係プレーの練習で一番大変なのもセカンドです
それに耐えうるだけのガッツも持ってるのではないでしょうか
甥っ子さんにお伝えください「セカンドはすごく奥が深いよ、頑張れ!」って

ただ他の方も書いてますが
6-4-3のダブルプレーのときベース入って捕球して送球ってときに大変ですけどね
でもこれ難なくプレーできたら、みんな驚きますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

costello6969さん 解説ありがとうございます

こどもをほめて頂きまして、ありがとうございます

監督さんも考えがあるのだから、理由くらい言ってくれてもいいと思いますが 
言ってくれないから、あきらめました 笑い

子どもに聞いたら、2塁はやりにくいと言っておりました。
(2塁の前は、外野手だったので・・・)
こどもにがんばってたら・・・いいいことあるよと言っておきます

お返事遅れましてもうしわけございません
ご意見参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/21 00:17

ありだと思います。



確かに野球では投手、外野手、一塁手以外は一般的に左利きは不利です。
その考えは間違いではないのですが。
しかし、その理屈だとお子さんは左利きだという理由だけでポジションを限定されてしまうことになります。そちらのほうが理不尽なことではないでしょうか?

監督さんはメンバー9人の子供の能力(簡単にいうと守備のうまさ)を総合して考慮して適材適所にポジションを決定しているのだと思います。
なのでもし、左利きだから・・・という理由だけで質問をされたのなら、「不愉快だ答える必要はない」と言われた事も、もっともだと思います。


左利きのセカンドについては、ほかの回答者さんの意見にもあるように、確かに6or5-4-3のダブルプレイの際はかなり難しくなりますが、それ以外の点については、逆に有利な面もありますし,問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yosuke3284さん 解説ありがとうございます

柔軟になって考えてみます

お返事おくれまして、申し訳ございません
ご意見参考にさせていただきます

お礼日時:2011/04/21 00:08

 二塁手ならありですね。

皆さん一つだけ忘れているのが、併殺プレーで逆方向に投げる可能性があるのが一塁手と二塁手です。
 右翼は一番下手が守るというのも近代野球を理解されていない。イチローが何故MLBで右翼を守るか、張本が左翼を守ったか、ラミレスが左翼を守っているのか。肩のいい選手を右翼に置くと走者一塁から右翼前の安打で一三塁になるのを防げるからというのが現在の常識です。
 左投げの二塁手はありでしょうね。遊撃手との兼ね合いにもよりますが、遊撃手が二遊間に強い選手だから一二塁間に飛んだ打球の処理をさせたいとか、逆に二遊間に弱い遊撃手であればグラブはそちらの方にありますからね。
 NPBでも左利きの二塁手は三人います。逆に三人しかいないという言い方もあるのでしょうが。

 お子さんのプレーを拝見したわけではないので、断定はできませんが内野手は外野手と比べてダッシュ力が必要です。プロ野球でも外野手から内野手に転向して成功したのは巨人にいた高田さんしか思い浮かびません。内野手よりも外野手の方が簡単なんです。ですから、お子様のプレーを見て、監督さんが外野手にするのは惜しいと考えたのかもしれません。
 逆に将来例えば投手にするのに、ダッシュ力を身に付けさせようと今は内野を守らせる。そういった育て方もありますからね。
 まだまだ5年生なんです。将来性の広い内野を守らせてもらっているんですからそこは監督に感謝した方が良いと私は思いますよ。

参考URL:http://www16.plala.or.jp/dousaku/hidarikikinaiya …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Baku7770さん 解説ありがとうございます

昔の歴史に、左利きの2塁手はおられるんですね 勉強になりました

こどもはうまくありません。へたくそです。笑い
2塁はやりにくいといっておりました。 笑

友達と遊んでる感覚で少年野球してると思っておきます 


余談ですが、
子どものチームの監督さんは
練習中、試合中問わず、ベンチのすぐ隣で煙草を吸うてますし・・・冷笑い

練習中も試合中も子どもが、ミスしたら怒鳴り散らしてます 笑い

ぼくが人間が出来てないせいだと思いますが・・・
こどもをあずかっていただいてるのはありがたいと思ってますが
感謝までは、至っておりません 笑・・・すいません

お返事遅れまして申し訳ございません
ご意見参考にさせていただきます

お礼日時:2011/04/21 00:02

リトルリーグの監督をしていますが私は賛成派です。


私はセンターラインをチーム作りの最重要視としますが下手な子ではできませんが逆に上手な子なら十分こなせます!セカンドゴロでのゲッツーなどは左利きのが逆にスムーズですしね!センターラインが固まれば次は一塁、三塁、外野手といった順に器用で上手な子から配置していくのが私の方針でもあります。外野手には慣れさえすればいつでも行く事はできます。賛否両論はあるにせよ投手としての下半身の使い方も内野手を経験させるのが一番の早道だとも思っています。ただ一番の野球の技術の向上には練習量を増やすよりも目的、目標を明確にしてやり理解させてやるとやる気が全く変わってくるので、それができない指導者は指導者失格なのでは?
私ならなぜそうするのかの必要性をしっかり説明しますし左利きの二塁手をこなせる子が欲しいとも思います。
一番、子供さんの気持ちを尊重してあげ野球を嫌いにならずに続けて欲しいと思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

eroheroさん 解説ありがとうございます


そうですね、eroheroさんみたいに必要性を
子どもに説明してくださったらいいのですが・・・
そうすれば、子どももやる気もでるかもしれませんね。

先日 子どもに聞いたら
2塁手は、やりにくいといっておりました 笑い

指導の目標を明確にして理解させるという事は大切ですね
どんなことにも共通して言えることですね (社会人にも言えますね)

余談ですが、
子どものチームの監督さんは
練習中、試合中問わずベンチのすぐ隣で煙草を吸うてますし・・・冷笑い

練習中も試合中も子どもが、ミスしたら怒鳴り散らしてます 笑い

わたしのこども以外の子ども達もポジションもころころ変更してます。
見ていて、何考えてるかよくわかりません。  笑い


お返事が遅れまして、申し訳ございませんでした
ご意見参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/20 23:42

それは本人のやる気次第、いちいち気にしていたんではなにもできなくなります。


投手に左と右投げがいるのと同じように野手にも場所を問わず左と右投げがいるのです。
守るスタイルや打つスタイルは本人の自由、送球も工夫すればちゃんと投げられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nagasaki2さん 解説ありがとうございます

こども本人は、2塁手はやりにくいいっておりました。笑い

ですが、どんなことにも考えて工夫をするように伝えます


お返事が遅れまして申し訳ございません

ご意見参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/20 23:21

お分かりの通り、左投げの内野手は一塁手以外は不利です。


一塁への送球がワンテンポ遅くなりますから。
ですから、左投げは投手、一塁手、外野手に限られてしまいます。
監督さんも、当たり前のことですので、理解されているはずですが、。
なぜ、これを認めて、適材ポジションに置かないのか、。
率先して投手や外野手をやってみるべきでしょう。
特に左投手は希少ですので、ぜひ一度はトライしてほしいです。

お子さんは必ず左打ちにされた方がいいでしょう。
せっかく希少な左利きに恵まれたわけですから。
守備面では不利な分、打撃は左が有利です。
一塁への到達時間が右打ちよりは断然早いです。

ですから、野球は右投げ左打ちが有利です。
イチロー選手、松井選手、他、右投げ左打ちのプロ選手は多いです。
近年は、右利きでも、左打ちにを選択する選手が多くなっているようです。
わたしも右利きですが、野球は敢えて左打ちにしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Ohminohotoriさん 解説ありがとうございます

チームで左利きが、1人なので投手で時々投げてます。ノーコンですが 笑い

2塁手する前は 、外野手をしておりました

2塁は守りにくいと言っておりました。笑

お返事遅れまして申し訳ございませんでした
ご意見参考にさせていただきます

お礼日時:2011/04/20 23:16

監督の答え方から察すると、タブーな事は十分わかって守らしているとうことでしょう。


僕も小学生時代、相手のチームに左利きのサードかショートがいた気がします。
その子は普段は投手で野手に回る時に内野につくのがそこだった記憶があります。
軟式の小学生なら左でも問題ないと思います。なぜなら小学生のレベルだと内野ゴロが普通にさばけて一塁への送球が安定していることが一番大事だからです。一試合で内野ゴロのダブルプレーは3回まずないし、きわどいあたりの間一髪アウトとかあまりないです。多いのが後逸、暴投が圧倒的です。
確かに理論的にも実戦的にセカンド、サード、ショートは左は不利です、ただ個人的な見解として左の捕手はありかなと思います。相手チームのバッターが5人左バッターが入れば理論上は右捕手より左捕手の方が2塁への送球がしやすいということになります。
つまり、常識にとらわれすぎず、少年野球を見て下さいと言いたいです。
僕は相手チームに左利きのセカンドがいたら、ここの監督面白い人だなーと興味がわきます。
打撃優先で組んだのか、守らすとこがなかったのか、その子が抜群に上手いのかなーと、色々想像がわきます。監督に直接聞くのも悪いとはいいませんが、そのチームの全体的な流れを見れば、おのずと、その子が二塁をやっているかわかるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ROVOVOROさん 解説ありがとうございます

それから、子どもをほめて頂きましてありがとうございます。

こどもは、へたくそです
2塁はやりにくいと言っておりました 笑 


お返事遅れまして申し訳ございません
ご意見参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/20 23:08

一般論なら少年野球程度なら「あり」(左でも右でもいい)だと思います。


ただ監督さんのリアクションから推するに、「たかだか少年野球、左でもいいじゃん」って考えでは無さそうですね。
左、右、以上に小回り、俊敏性などのセカンド適性を重視したとか…。
そこに右のファーストの子の打力と二塁手適性、レギュラー当落線上の子の打力など考えると、真剣に強いチームを作ろうとすれば悩むと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

walktkdさん 解説ありがとうございます



お返事遅れまして申し訳ございません

ご意見参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/20 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左利きのショート

野球のショートは左利きだと不利と言いますが、
どんなに運動神経がいい選手でも、左投げの選手がショートを守るのはキツイんでしょうか?

あと、左投げがショートを守るのに生じるデメリットとメリットを教えてください。

Aベストアンサー

個人的な偏見による体験論では、左利きの人というのは、身体能力はありますが、何故か、余り、野球センスを感じさせません。どこか、動きそのものに不自然な感じを私には与えます。
ちょっと違和感がありますので、私は、左利きのショートと三遊間を組みたいとは思いません。

しかし、そういう感覚を持たない三塁手が一番近くにいるのでしたら、左利きで一向に構いません。二塁手とは、もともと相性が悪いものですから、二塁手などの感覚は無視して良いと思います。二塁手はあわよくばと、楽で(特に練習では2、3倍は楽)、しかも、素人眼には格好良く見えるショートへのコンバートを常に狙っていますから、足を引っ張られないよう注意していれば良いのです。まあ、二塁手というのは、一塁に走者がいれば、投球ごとに盗塁を警戒しつつ、送りバンドされれば、ファーストはバンドゴロを捕る為にダッシュしますから、一塁に走ることを求められ、逆に、三・遊方面へのヒッティングならば、ゲッツーを狙って二塁に走らなければなりません。忙しいし、結構、頭が疲れます。時には、腹立たしくなります(笑)。

左利きショートのメリットは、沢山あります。
三塁ベースへのカバーリング動作が、右利きよりも自然にできます。
三塁上でのバックホームでは、他の走者の動きも視線に入ります。
三塁手と自然に向き合えて、コミュニーケーション的に便利です。
また、外野手からの中継プレーが自然になります。
特に、エンドランで、ライトからサードへの送球の中継時に、打者・走者を背後にしなくて済みます。

ですが、なにより、左というのは、希少価値がありますので、その希少性を打撃に生かそうとするのが通常のパターンなのです。外野手か一塁手といった守備に負担の少ないポジションを与えて、バッティングに期待するわけです。左のショートというのは、周囲の眼に好奇心をあたえますので、それが当人に反映されますと、折角、左が有利といわれているバッティングにも悪影響を与えます。黙って立っているだけでも有利(盗塁時には、捕手の送球がし難い、四球が多くなったり、打った後の走者としては、一歩、一塁までの距離が近いなど)な左打者にショートを守らせる意味を見出すのは難しいですね。そういうことで、左のショートというのが回避されているのだと思います。

逆説的に言いますと、打率の低い左打者というのは、別のスポーツを選択すべきだったということになりましょうか。

個人的な偏見による体験論では、左利きの人というのは、身体能力はありますが、何故か、余り、野球センスを感じさせません。どこか、動きそのものに不自然な感じを私には与えます。
ちょっと違和感がありますので、私は、左利きのショートと三遊間を組みたいとは思いません。

しかし、そういう感覚を持たない三塁手が一番近くにいるのでしたら、左利きで一向に構いません。二塁手とは、もともと相性が悪いものですから、二塁手などの感覚は無視して良いと思います。二塁手はあわよくばと、楽で(特に練習では2、...続きを読む

Q左利きなのに右投げ?

左利きなのに右投げ?

小学1年生の子供のことで相談にのっていただきたいと思います。

子供は生まれたときから、左手を好んで使い、特に強制もせずに育てるうち、字を書く、
箸、はさみ、他、右利きの私が右ですることは「すべて左手」という感じです。

幼稚園のころからサッカーをしていますが、蹴るのも両足で蹴りますがどちらかというと
左足のほうが蹴りやすい(力が入りやすい)といいます。
ただ、スローインのときや、ドッヂボールなど、大きなボールは右手で投げていました。

半年前から、野球をしたいといったとき、グローブ購入時に右投げか左投げか、迷いました。
打つのは迷い無く、「左打ち」でした。
本人は、なぜか、野球ボールは右で投げるほうがしっくり?きていたようで、結局
右左用両方のグローブを購入、ですが、この半年はずっと右投げで練習してきました。

特にこのままで・・と思っていたのですが、急にこどもが、左で投げようかな・・・といい始めました。
ドッヂボール等大きめなボールでも、最近は、「右投げ」だとまっすぐ行くけど、早くない、「左投げ」は
ワンバウンドなど、コントロールが悪いが早く投げられる、と。

2年生に進級するにあたり、試合にも出るようになるせいか、ポジションも決められつつあります。
体が大きいせいか、ピッチャーとキャッチャーの練習をはじめてますが、左投げではキャッチャーは
制限、無理がありますよね。

ポジションの問題もひっかかりつつ、でも、今からでもやはり、利き手側での投げを練習したほうが後々いいのか、
それともこのまま不器用ながらも右なままがいいのか・・・。
左投げで得なのは、投手くらいだし・・・と思うと、変えないでいたほうがいいかも、と悩むところです。

プロの選手にも、岩隈投手、坂本選手など左利きの右投げがいるのは承知していますが、
直すなら早いうちがいいと思いますので、助言、ご経験等教えていただければと思います。

そもそも、利き手、利き腕の見極め方などあるんでしょうか?
また、不器用な上に、普段の生活上ほとんど使わない右手でのキャッチ、逆足でのステップの習得は
混乱したり、無理があるのでしょうか。

左利きなのに右投げ?

小学1年生の子供のことで相談にのっていただきたいと思います。

子供は生まれたときから、左手を好んで使い、特に強制もせずに育てるうち、字を書く、
箸、はさみ、他、右利きの私が右ですることは「すべて左手」という感じです。

幼稚園のころからサッカーをしていますが、蹴るのも両足で蹴りますがどちらかというと
左足のほうが蹴りやすい(力が入りやすい)といいます。
ただ、スローインのときや、ドッヂボールなど、大きなボールは右手で投げていました。

半年前から、野球をした...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず最初に、お子さんは間違いなく左利きだと思いますよ。日常生活が基本左、というので決まりという気もしますが、何より今の段階で、左の方が強く投げられるというのなら確実だと思います。


今決断するというのは難しいかとおもいますが、本人が投手をこの先もやりたい、という意思が強くあるのなら左投げにした方が良いかと思います。
特に、コントロールは練習次第でいくらでも向上させることができますが、速さとなると先天的なものが大きく関わってきます。また、プロやメジャーでみてもやはり左投げの投手というだけで右投手より価値が上がりますから、この先中学、高校と続けていくとしたら、試合にでる大きなアピールポイントとなります。
逆に、野手の方が、ということであれば右投げで困ることはありませんから、可能性を広げておくためにも、右投げがよいかと思います。

ただし、例えばこの先右で投手をするという場合、右投げ左打ちの投手、というのはあまりおすすめしません。プロでもいないわけではないのですが、どうしても打席に立つときに利き腕を前にだしてしまうだめ、死球等で投球に悪影響がでやすい、ということがあります。

自分もお子さんと同じように最初は何をするにも左でした。ただ字を書いたりすることを考慮した親が、幼稚園の頃に箸や鉛筆などを右で持つように指導した結果、卒園時には投げる、蹴る等も完全に右になってしまっていました。
ただその後、自分も偶然ですがお子さんと同じ小2の頃に訳あって左投げにすることにしました。"元々左利き"というのは、筋肉自体が右より左が多少発達していることがよくあり、フォーム等を体に覚えさせていない間は安定しませんが、一度記憶させてしまえばすんなりいくと思います。
中学生ぐらいになると日常生活の影響で普段使ってるほうが筋肉も成長してしまい、逆にするには長い月日を必要としてしまいますが、今の時期で、特に左の方が強く投げられる、ということならば、今から左投げへの挑戦は全く問題ないと思います。

また最後にこれは経験則でお子さんも同じかどうかは分かりませんが、ステップ等は最初は混乱しましたが、あくまでそれは一時的であり、体が覚えてしまえば問題はありませんでした。

とりあえず最初に、お子さんは間違いなく左利きだと思いますよ。日常生活が基本左、というので決まりという気もしますが、何より今の段階で、左の方が強く投げられるというのなら確実だと思います。


今決断するというのは難しいかとおもいますが、本人が投手をこの先もやりたい、という意思が強くあるのなら左投げにした方が良いかと思います。
特に、コントロールは練習次第でいくらでも向上させることができますが、速さとなると先天的なものが大きく関わってきます。また、プロやメジャーでみてもやはり...続きを読む

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q左投げの内野手

こんばんは、職場でふとつまらないことですが話題になったことです。
左打ちの選手は多くいますが、左投げの内野手ってあまりいないですよね?
なんでなんだろう?と語った結果、
一塁が左方向なので右投げの方が有利、右利きが多い
などとなりました。
歴代選手の中で左投げの内野手はいたのでしょうか?
また左投げの内野手が少ない理由など、雑学的な知識を
お持ちの方、お願いします!

Aベストアンサー

どうも今晩は!

左投げの内野手がほぼ一塁手に限られる理由は、既に皆さんが回答されている通りだと思います。
左投げの内野手と言えば、私達の年代だと元巨人の王貞治選手が浮かびますね。

ANo.1の方が回答されている、「元来左利きであるが右投げ」の選手としては、元広島の衣笠祥雄
選手、元オリックスの藤井康雄選手始め、現役では楽天の岩隈投手や山崎選手、阪神の鳥谷選手、
西武の片岡選手、銀仁朗選手などがいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC

ご参考まで

Q鋭い打球を打つには?

ソフトボールです。
鋭い打球が打てません。
どうやったら、強くて鋭い打球が打てるでしょうか?
コツなどがあれば教えてください

あと、素振りで、先輩には、大振りになっていると言われてしまいます。
意識して素振りはしているのですが、なかなか癖が直りません。
やっぱりそれも打球に影響しますよね…
直し方…って言ったらおかしいのですが、それも教えて頂けると嬉しいです;

暇なときでよいのですが、たくさんの回答いただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

 私の体験から申します。
 まず、へその高さのストライクを打つスイングから始めます。ギリギリまでボールを引き寄せて、鋭く振り抜きます。スイングの速さによって打球の鋭さと伸びが出てきます。ボール球を振ってはいけません。必ずストライクを振ります。ギリギリまでボールを引き寄せると鋭くバットを振らないと間に合いません。鋭く振るためには脇をしめないといけません。ポイントはこれだけです。後は外角を打つ時、内角を打つ時を振り分けます。外角は更に引きつける感覚でライト側に振り抜く。内角も十分に引きつけ、脇をしめてレフト側に腰で振り抜く。ボールのコースに逆らわず、合わせて振り抜く。腰で、腹で打つ感覚です。引きつけて鋭く振らないと鋭い打球は生まれません。もし成功したら、内野を越えた辺りからぐんぐんボールがのびて、外野の頭上を越えて跳ぶでしょう。外野が目測を誤るほどボールがのびて、万歳します。腰、腹で打つ時、バットは腰より少し遅れて回転します。先に出ると手打ちになって、いわゆるヘッピリ腰になります。
マスコットバットという、重いバットを何度も何度も振って練習して下さい。姿見で見ながら、身体の軸が揺れないように、回転させる。きっと効果がでます。
 付録ですが、バットを振るのも、ボールを投げるのも基本は同じです。腕で投げるピッチャーの球は伸びがありません。肘で投げるのです。肘で投げると振りが鋭くなりますので、ボールにスピンがかかり、伸びていきます。ビッチャーとキャッチャーの真ん中あたりから、ボールがホップする感じでのびます。反対に腕だけを強く振って何とか早く投げようとがんばっても、ボールは真ん中あたりから、オシッコのように、下がっていきます。ご自分で実験されると解ります。
 ということで、ピッチャーで肩を痛める人がいたら、それは投げ方がいけません。いいピッチャーは肘を酷使しますので、肘を痛めます。大リーグのピッチャーを見るとよく解ります。いい投げ方は省エネ投法でもあります。無駄な力を使いませんからコントロールも当然良くなります。これにより、いい投手は完投できます。その次は中継ぎ、ワンポイント。これは投げ方の差でもあり、善し悪しでもあります。クローザーはちょっと違うかも。今度大魔神(佐々木投手)の投げ方を見て下さい。腕を後ろに溜めた時、完全に肘がフラットに力が抜けて折れています。瞬発力を出すためにはその直前、完全に力が抜けていることが必要です。
外野の投げ方はまた違います、イチローの投げ方参照。今度は腕と肩と全身をフルに使っています。
 バットの振り方も、ボールの投げ方も共通しています。
頭で学んだことを身体に覚え込ませるには時間がかかります。あせらず、ぼちぼち積み重ねで頑張って下さい。ちなみに私はウインドミルをマスターするために15年間以上がんばってますが、まだ使いものになりません(笑)。

 私の体験から申します。
 まず、へその高さのストライクを打つスイングから始めます。ギリギリまでボールを引き寄せて、鋭く振り抜きます。スイングの速さによって打球の鋭さと伸びが出てきます。ボール球を振ってはいけません。必ずストライクを振ります。ギリギリまでボールを引き寄せると鋭くバットを振らないと間に合いません。鋭く振るためには脇をしめないといけません。ポイントはこれだけです。後は外角を打つ時、内角を打つ時を振り分けます。外角は更に引きつける感覚でライト側に振り抜く。内角も十...続きを読む

Q(駄)野球はどのポジションが派手?地味?

駄トピです。

皆さんは野球でどのポジションが派手(花形)だと思いますか?
また地味なポジションは?

昔ある番組で、「野球関係の雑誌では大抵、投手など目立つポジションが特集されたりしますが、地味な二塁手も特集されるんですね」なんていう会話をされていました。なんで二塁手は地味なんだ?とよく分かりませんでした。

皆さんはいかがですか?よろしければ理由も教えてください。
私は花形はやはり投手か(最近捕手もかっこいいなと思います。)遊撃手でしょうか。
地味なポジションは、、、はっきり言って分かりません。

Aベストアンサー

野球の全ポジションを守りましたので経験上から言います。

 打撃の良い選手が多いから一塁手が守備や走塁の花形も一塁手の様な意見がありますが、打撃、守備、走塁は関係はありませんし、守備の評価ポイントは内野手は二塁手、三塁手、遊撃手が花形です。走塁に関しては外野手の評価は高く、捕手は逆に全ての面で低くなります。

  <捕手>
 一番地味なポジションであり、試合に参加するプレーヤーのキャプテンでないといけないポジションでもあります。縁の下の力持ちであり、母親に例えられ、打撃と走塁は期待されていません。

  <投手>
 ここは家族に例えると父親であり、全ての責任が振り掛かるポジションでもあり、悪くも良くも言われます。良い時には褒められますが、悪い時には捕手が貶されます。打撃、走塁に関しては「私に期待しないで」が当て嵌まります。

 <一塁手>
 このポジションは守備、走塁が下手な者が多く、打撃ができない者には針の筵のポジションです。左利きのポジションの一つであり、他のポジションの選手の失策はここで決まり、外国人選手の場合は捕れるボールは取りますが、捕れないボールは無視をしますから他のポジションのエラーを増やします。

 <二塁手、遊撃手>
 このポジションは守備、走塁の面で問われるポジションであり、打撃の良し悪しは問われません。このコンビは家族に例えると息の合った兄弟姉妹でないと駄目ですし、息が合わないと最悪です。

 <三塁手>
 このポジションは守備の面で問われますが、走塁、打撃の面では良し悪しは問われません。外国人選手の場合は
守備範囲は狭く、失策が多くなりますので殆どいません。

 <外野手>
 ここは守備よりも打撃、走塁が重要視されていますので左利き、外国人選手が多く、守備の下手な内野手、投げれなくなった投手で打撃が好い選手がコンバートされています。

野球の全ポジションを守りましたので経験上から言います。

 打撃の良い選手が多いから一塁手が守備や走塁の花形も一塁手の様な意見がありますが、打撃、守備、走塁は関係はありませんし、守備の評価ポイントは内野手は二塁手、三塁手、遊撃手が花形です。走塁に関しては外野手の評価は高く、捕手は逆に全ての面で低くなります。

  <捕手>
 一番地味なポジションであり、試合に参加するプレーヤーのキャプテンでないといけないポジションでもあります。縁の下の力持ちであり、母親に例えられ、打撃と走塁は...続きを読む

Q野球はセンスだ!

野球経験者なのですが野球はセンスだと思いますか?

自分も練習をかなりやったけどやっと人並みって感じです。

野球のうまい人ってセンスあるんだなーとか思ってしまうのですが
それって練習量の差なんでしょうか?

練習量の差をセンスの差と思ってしまっているのでしょうか?

私は練習の差が実力の差だと思いたい人間です。(センスと練習の差もあるんだろうけれども)

Aベストアンサー

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
と思います。(上位20%、の意味は選手が100人いて、守備・打撃を考慮して20人
選抜される中に入る、という程の意味です)

 しかし、「人並み」の意味が中学での話しか、高校でのことかで、全然変わってしま
います。中学で野球をやった子の内、自信のある子が高校で野球部に入るのが一般
的だからです。そもそも中学で野球部に入る子は小学生のころの草野球でそこそこで
きる子が多いです。(サッカー熱が高い地域では違うかもしれません)大学選手権で
上位を狙うような大学では、その中で補欠に入れればすごいことですね。

 ボール感、リズム感などの神経系統の能力は小学校4,5年生が一番伸びる時期だ
と言われています。上位1%になりたいならば、この時期に成長期の発達や障害を意
識した良い指導者の下で、良質(バランス、ハンドアイコディネーション:眼と手の協調
など)で適量のトレーニングをこなしたいですね。

 プロ・セミプロでなかったら、成人後でもバランスボードやハンドアイコディネー
ション等の科学的なトレーニングはすごいレベルアップになると思います。

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
...続きを読む

Q少年野球の大人に不満、どうしたら?

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、野球をするにはあきらかに劣っている事が多いです。
しかし、野球をやりたい!という気持ちは強いので、私も主人のなんとかしてあげたいと、自主練の手伝いをしています。
朝は学校は行く前にランニングと反復、夕方はダッシュとバッティング
(主人が早く帰ってきた時は、部屋の中でシャトル打ちをしています。)
お風呂から出てきたら、柔軟と懸垂。
時間があるときは外で壁当てしたり、シャドーをしたりします。
努力していてもなかなか上達しないのでやきもきしたりもしますが、
それでも続ける事が大事だと言い聞かせ、その言葉に答えてくれます。

先日試合の時に、たまたま場所の関係でベンチの真後ろに立って応援をしていました。
そこでの大人の言葉、態度に驚愕しました。

息子はサードをさせていただいているのですが、ファールボールが飛ぶたびに、「遅い」「格好が悪い」
確かに反応が鈍いので言われても仕方がないのかもしれません。
しかし、アウトにした時でも「(送球の)球が遅い」「投げ方が悪い」
と褒める言葉は一つもありません。
以前ダイビングキャッチしてアウトにしたときなどは、
「あんなの飛びついてとらないと取れないのか!」
「普通に取れる球をナイスプレーに見せているだけ」と、
やはり褒めるどころか、けなしていました。
一番驚いたのは、セカンドに投げてアウトにしようとした所、
セカンドの子がボールをグラブから落としてしまい、セーフになった時
その子の親がベンチ内にいたせいか、それまでいいたい放題言っていたのに急に黙って、尚且つ息子に「もっと思いっきり投げろ」と言ったのです。
送球は悪くなかったのに!です。

それ以外にも言い出したらきりがありません。
明らかに大人の集団いじめにあっているとしか思えません。
退団した1学年上のお父さんが飲み会の時に主人に、
「OO君(息子)はまじめだから、大人のねたみとかで色々言われて
かわいそうだな」と言ったそうです。
その時、親だからそう感じていたわけじゃないんだ。
周りにも同じように感じてくれる人がいるんだ。
と、すこしだけ気持ちが軽くなりました。

今まで、あえて文句も言わず色々団の為に尽くす事で息子を守ろうと
してきましたが、もう限界です。
私や主人はこれからどのように接したらよいのでしょうか?
いいアドバイスがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、子どもさんが野球が好きなことが何よりです。
子どもさんと話し合ってみましょう。それから監督、コーチにはっきり言われると良いでしょう。
監督、コーチの中には子どもたちの為でなく、チームは自分のものと考える人も居ますから。
私の子どもが小学時代野球をやっていて、質問者さんとほぼ同じ経験をしました。その時監督、コーチに私の意見を話しました。
以来がらりと態度が変わりました。
良い方向に行けますように。

Q中学硬式野球クラブチーム内部事情の普通?異常?

息子が中学野球硬式野球チームに所属しています。
全国大会に出場経験もあるとのことでどうしても入りたいというので何の下調べもせずに入部させました。

けれども異常じゃないかと思う運営方法に、これが全国からみて普通なのか、もし該当者がいらっしゃれば教えてください。

まず驚いたのが部費。通常1万円ちょっとですが、雑費でちょこちょとこ請求され一年でならすと月3万はゆうにかかっています。
それ以外にも年に数回は合宿や遠征費で何万円と請求されます。

細かなことでいうと、おそろいのチームオリジナルTシャツや父母のシャツ等、大体一枚4000~5000円。子供のユニフォームや硬式グローブ、バッグ、アップシューズ、スパイクなどおそろいで最初だけでも15~20万円近くかかりました。
それどころか夏と冬には数万円単位の物品販売ノルマ、ちょこちょこと食事会(監督・コーチの知り合いの店)もセッティングされます。

保護者は月に当番が2回。よほどのことがないと欠席不可。ほぼ一日中。

監督・コーチにはまるでお世話のやりすぎじゃないか、まるで宗教かと思うくらいです。
早いときには朝の五時集合で練習試合に出発し、帰りは大体七時を回ります。

監督・コーチは一切謝礼は受け取っていないといいますが、平日夕方や夏休みは昼間からでもやってきて指導します。
皆さん、自営業をされていますが、車は高級外車。
身に着けているものもいいものばかり。
全員、妻帯者でもちろん子供さんもいます。
この不況に・・・不思議です。

母達は年齢問わず、学年順の上下関係。常にいざこざ、いじめに近いこともたまにあります。

気の利かない母、鼻につく母は徹底的に悪口のターゲットです。

これって、、、、どこもそうなんでしょうか?

息子が中学野球硬式野球チームに所属しています。
全国大会に出場経験もあるとのことでどうしても入りたいというので何の下調べもせずに入部させました。

けれども異常じゃないかと思う運営方法に、これが全国からみて普通なのか、もし該当者がいらっしゃれば教えてください。

まず驚いたのが部費。通常1万円ちょっとですが、雑費でちょこちょとこ請求され一年でならすと月3万はゆうにかかっています。
それ以外にも年に数回は合宿や遠征費で何万円と請求されます。

細かなことでいうと、おそろいのチ...続きを読む

Aベストアンサー

中学生の硬式クラブチームですと、大きいところではリトルシニア、ボーイズリーグなどです。全国になるとヤング、ポニーリーグ など7、8箇所くらいリーグが存在するようです。関西はボーイズリーグが幅を利かせているようですが、関東ではリトルシニアリーグの方がやや分があるようです。

この中学生硬式リーグというのは、プロ野球選手へのエリートコース的な場所になっています。また、各リーグからかなりのプロ野球選手が輩出されているのも事実です。
↓関東のシニアリーグだけでこれだけいます。
http://www.kantoleague.net/baseball07.html

前の方もちょっと触れておりましたが、まさに親が子供を塾に入れる感覚で子供をリーグに入れています。教育ママが東大や有名私立大に入れたいのと同じ気持ちで、子供を将来、プロ野球入り等を目指している親御さんが多いです。
ですから、グランドに来ている子供を見守る親御さんたちは差し詰め、教育パパ・ママならぬ野球パパ・ママたちなのです。
自分たちが果たせなかった夢実現、子供には苦労させたくないという親の気持ちから教育パパ・ママ、野球パパ・ママになってしまうのは親としてわからないでもないですけどね。
ですから、そういう親御さんは自分の子供ことしか眼中にないかもしれません。
親同士にいじめとかあると、それが子供に飛び火しないかという不安もありますね。

私の子供もリトルシニアに入団している知り合いが何人かいますけど、チームによってかなり差があるようです。
チームの練習環境も様々で自分のチームでグランドを持っているチームはまだいいですけど、自チームにグランドがないところは毎週のように練習用グランドの確保に追われてます。
チームよってはマシンなど、いい練習道具を持ってたりします。

強いチームになると練習試合、大会も含めて遠征が多くなります。合宿は年に何回かやるチームもあります。合宿費、遠征費、滞在費もほとんど選手負担ですから親御さんは大変だと思います。
この辺りは、高校野球の甲子園出場の図式とかわらないと思います。強豪校は相当大変だと聞きました。

グラブひとつとっても、軟式用と硬式用ではかなり値段が違います。ボールも違う、バットも違う、違いを挙げたらキリがないほど違います。
皆でユニフォーム等道具を揃えるというのは、ある種見栄みたいなものでしょうけど実際、揃っていると強そうに見えますよね。

とにかく、硬式野球はお金がかかりますね。
この不景気な折、ご家庭の経済事情とかもよくわかります。ですから、経済負担をかけてまでもそういうチームで無理して野球をさせることはしない方が良いと思いますよ。
イチロー、松井秀、大田泰士、二岡らは中学時代、硬式リーグ出身ではなく軟式上がりですからね。
前にも触れましたが、子供にいじめとかあったら、それをきっかけに別の道を模索した方が良いかもしれません。

↓中学硬式リーグの事情が垣間見ることができます。
http://mamakisya.blog.shinobi.jp/

中学生の硬式クラブチームですと、大きいところではリトルシニア、ボーイズリーグなどです。全国になるとヤング、ポニーリーグ など7、8箇所くらいリーグが存在するようです。関西はボーイズリーグが幅を利かせているようですが、関東ではリトルシニアリーグの方がやや分があるようです。

この中学生硬式リーグというのは、プロ野球選手へのエリートコース的な場所になっています。また、各リーグからかなりのプロ野球選手が輩出されているのも事実です。
↓関東のシニアリーグだけでこれだけいます。
http://...続きを読む

Qプロ野球の先発ピッチャーは休みすぎじゃないですか?

プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

Aベストアンサー

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報