ファンタジア・バトル・SF

これで探しています。

見つけたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

作品を読んでいて、誰へのオマージュか分かっていると楽しみが増すと思うので古典的な物を紹介します。

以下すべてを読破ずみなら、素晴らしい。
まず、ハインライン「宇宙の戦士」SFマガジン誌上で論争になった、いわくつきのもの。「スターシップ・トゥルーパーズ」として映画化されています。
次に、光瀬龍「百億の昼と千億の夜」云うまでもなく、日本SF史上の傑作。萩尾望都の漫画化作品も押さえたい。
三番目は、平井和正「幻魔大戦」(おそらく、GLAの分裂騒ぎも下敷きになった はずで)新も真もで広がり過ぎてどう結末がつけられるか不安はありますね。石ノ森章太郎作品も見られないですし。
あと、ヴァン・ヴォークト「宇宙船ビーグル号の冒険」も捨てがたい。(アメリカSFに珍しく知性的な日本人がでてくるのも魅力)
    • good
    • 0

茅田砂胡「スカーレットウィザード」「暁の天使たち」「クラッシュ・ブレイズ」


http://www.papy.co.jp/sc/list/credit4/_pbmlq6G8p …
水月郁見「護樹騎士団物語」
http://www.tokuma.jp/book/novels-edge/1176094159 …
ひかわ玲子「コスモホッケー・イレブン」
http://asahi-novels.com/detail/index.php?IDX=155
笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」7月からアニメ放映開始
http://asahi-novels.com/detail/index.php?IDX=162
高千穂遙「クラッシャー・ジョウ」「ダーティー・ペア」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/item_se …
神林長平「敵は海賊」
http://isidora.sakura.ne.jp/kam/guide1.html
野田昌宏「銀河乞食軍団」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/item_se …
鷹見一幸「銀河乞食軍団 黎明篇」「でたまか」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/item_se …

こちらは購入が難しいですが
斎藤英一郎「ハイスピードジェシー」「怪盗戦士T・T」
安芸一穂「オペレーションMM」「サイドワインダー」「フェアリー・エクスプレス」
    • good
    • 0

ファンタジーでバトルでSF?


ならば渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で』シリーズ(電撃文庫)がオススメです。

富士見ファンタジア文庫限定なら、
読んだことないので面白いかどうかわかりませんが
賀東招二『フルメタル・パニック!』シリーズ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「この文庫本が凄い2007!」のランキング

「この文庫本が凄い2007!」を探しているんですが
見つかりません。
予約は本屋でしたのですが、先にランキングだけ
知りたいのですが教えてくれませんか?

Aベストアンサー

とりあえず10位まで~

1.太陽の塔 森見登美彦
2.団十郎切腹事件 戸板康二
3.ワイルド・ソウル 垣根涼介
4.アラビアの夜の種族 古川日出男
5,崖の館 佐々木丸美
6.マルドゥック・ヴェロシティ 沖方丁
7.猟犬探偵 稲美一良
8.シンセミア 阿部和重
9.水滸伝 北方謙三
10.奇偶 山口雅也

かなりマニアックですね。

QSF小説を探しています。

ちょっと背伸びをすれば実現可能なSF小説を探しています。
例:サイボーグ、クルマの知能化、亜光速宇宙航行など

ちなみに今まで読んだ小説は
--機本伸司--
神様のパズル
メシアの処方箋
僕たちの終末
スペースプローブ
--小松左京--
復活の日に
--マイクルクライトン--
ジュラシックパークシリーズ
プレイ
タイムライン
--クリスカーター--
X-FILEシリーズ
----------------
などです。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

■浅香晶
「ファイアーボール」アメリカ舞台のハイウェイパトロールもの
操縦者の癖を記憶するオートバイ、全自動戦車
「スーパー・ノバ」日本が舞台の広告代理業
プラズマでピント調整するビデオカメラ、空飛ぶ中継車、水素イオンエンジンの車
■久米康之
「猫の尻尾も借りてきて」時間旅行ものサスペンス
省電力の人工知能、音声入力の文字入力ソフト

Q普通のコミックと文庫本

クレヨンしんちゃんのマンガって
文庫本にもなってますよね

それで普通のコミックスと文庫本って
内容一緒ですか?

コミックスの一巻と文庫本の一巻は同じ内容なのでしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

こんにちわ。urimaさんはコミックスと文庫本で悩んでらっしゃるんですよね。文庫は巻数が少なくなっていることが多いのでかさばらないところが良い点です。あと作者が表紙を新たに書くと思うんで絵がきれいな場合が多いですよ。また経済的です。良くない点としてはちょっと読みにくいんですよね。つるつるした紙なんで。でもこれは人それぞれだと思うんでurimaさんがそうじゃなければ文庫本のほうがお得じゃないでしょうか。

QSF(?)小説を探してます。

10年ぐらい前に読んだ小説を探しています。
タイトルや著者どころか、内容も忘れかかってるんですが、すごく面白かった気がするのでぜひもう一回読みたいんです。
覚えてるところを書き出してみるので、思い当たる作品があったら教えてください。

・舞台はどこかの村(集落?)で、そこの住人は超能力を持ってる
・超能力が現れるのは小学生(?)ぐらい
・超能力が強すぎると嵐(時空のゆがみ?)を起こすので、そういう子供は猫(もんすたー?)に食べさせる
・猫は超能力者が好物?
・普段は猫に食べられないように村の周りに結界が張ってある。
・結界を張ってるのはネズミ人間(村人とは違う人種)
・ネズミ人間には良いネズミ人間と悪いネズミ人間がいる
・4人ぐらいの村の子供が主人公(まだ超能力に目覚めていない)
・村の外に冒険?にいく
・悪いネズミ人間の集落?に迷い込む
・パニックを起こして超能力に目覚める
・主人公の中にすごい強い超能力の子がいて、嵐を起こしてしまい、両親や家族が死んじゃう

これから先は思い出せません。むしろ、こっから話が始まるんだと思うんですが忘れてしまいました。
海外の作家さんのような気もします。
思い当たる作品がある方、ぜひ教えてください。よろしくおねがいします。

10年ぐらい前に読んだ小説を探しています。
タイトルや著者どころか、内容も忘れかかってるんですが、すごく面白かった気がするのでぜひもう一回読みたいんです。
覚えてるところを書き出してみるので、思い当たる作品があったら教えてください。

・舞台はどこかの村(集落?)で、そこの住人は超能力を持ってる
・超能力が現れるのは小学生(?)ぐらい
・超能力が強すぎると嵐(時空のゆがみ?)を起こすので、そういう子供は猫(もんすたー?)に食べさせる
・猫は超能力者が好物?
・普段は猫に食べられないように村...続きを読む

Aベストアンサー

貴志祐介「新世界より」かなあと思ったんですが、2008年刊なので違いますかね…
超能力(呪力)、「ネコダマシ」「バケネズミ」などが出てくるのですが。
(リンクにキーワード解説があります)

参考URL:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/topics/newworld/

Q古本で、単行本より文庫本のほうが高い値段がついているのはどういった場合ですか?

とある絶版書籍がほしくて、amazonとオークションの両方で検索したところ、どちらのサイトにおいても複数出品されていたのですが、いずれも単行本より文庫本のほうが高い値段が付いていました。

定価は単行本:約1500円、文庫本:約500円 なのに
古本では単行本:約300~900円、文庫本約1000円~1900円
の値段が付いていました。

これだと、文庫本のほうが高くつきますし、なによりも文庫本は定価の倍以上の値段が付いていることになります。

値段だけみると単行本のほうがお買い得かと思うのですが、これだけハッキリ差がついているからには何か文庫本に高い値段が付く理由があるのかもしれないと思います。

そこで、「古本で、単行本より文庫本のほうが高い値段がついているのはどういった場合があるのか」を教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的にその商品のことが何も分からないので、ごくごく一般的な解釈になりますが、
(1)文庫本の方が出版部数が極めて少なかった。
(2)文庫本の方だけに単行本には付いていないおまけのようなものが付属していた。
(3)(2)と少しかぶりますが、文庫本だけのあとがき・寄稿文・追加エピソード等があった。
等でしょうか?
ヤフオクで出品されているのであれば、出品者さんに文庫本と単行本の違いを質問されてみてもいいかも知れません。
親切な出品者さんなら教えてくれると思います。
親切な方でも理由を知らない人がいるかも知れないので、質問されるのであれば、複数の出品者さんに同じ質問をされると良いと思います。

Qおすすめのバイク・ロードムービー(或いは小説・マンガ)を教えてください。 

先日、人から進められて「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観て、感涙しました。
そこで、皆さんがおすすめのバイク(オードバイ)のロードムービー(或いは小説・マンガ)を教えてくださいませんか?
ちなみに「イージーライダー」は観たことがあります。
とくに小説でバイクの旅モノって知らないので、博学な方ぜひ!

Aベストアンサー

はーい。チェ・ゲバラ若かりしころ、アルゼンチンのブエノスアイレスから、南米を兄貴分とバイク二人乗りして書いた旅行記、モーター・サイクル・ダイアリーズは、本も、同じタイトルの映画も、大変によかったです。ここ数年、これよりよかった封切り映画はまだみていないとおもいます。ぜひどうぞ。角川文庫です。

Q文庫本が出るまでの期間

よろしくおねがいします。

本は最初ハードカバーで出版されるとおもいますが
その後 ノベルスというのでしょうか、
文庫本より縦長のサイズで出版されますよね
そして最後に文庫本ででるとおもいます。


ハードカバーが出てから文庫本が出るまでの
期間って大体決まっているものでしょうか?


出版したものの売り上げが悪かったら
ノベルスや文庫本での出版はないのでしょうか?


ハードカバーやノベルスで出版せずに
いきなり文庫本ということもありますか?
(適切な例かどうかわかりませんが
キオスクなどで見かける「フランス書院」
などの出版物)

質問の表現がわかりづらかったら
もうしわけありません。

Aベストアンサー

「ハードカバー→ノベルス→文庫」は、パターン的にかなり少なく、「ハードカバー→文庫」「ノベルス→文庫」のパターンが大多数だと思います。

1.人気にもよりますが、最近では1年前後で文庫化される事が増えています。
ただ、この時に、人気があれば必ず早い訳ではなく、「ハードカバーでもまだまだ売れる!」と判断すれば、そのまま暫くハードカバーで引っ張る場合があります。

2.多々あると思います。
人気の有無も関係ありますが、出版社が文庫のシリーズを持っていなうい場合、中途半端以下の売れ行きだと、文庫になりません。
稀に文庫を持っていない出版社でベストセラーになったりすると、他社で文庫化されたりします。
有名所?では「バトルロワイアル」(太田出版→幻冬舎)「リアル鬼ごっこ」(文芸社→幻冬舎)等

3.文庫書き下ろしという形であります。
本来、「本」と定義されるのはハードカバーでの出版物であると考えてください。
これを低価格でたくさんの人に読んでもらう為の手段が文庫なんですね。
例外的に最初から大量に流通させる場合や、ハードカバーで出版するに値しない物(ennkaiさんがおっしゃる所のフランス書院の官能モノ)、ハードカバーを買わない様な層がメインターゲットのジャンルの物(スニーカー文庫や、コバルト文庫等のティーンズ系やファンタジー小説)を出版する場合、いきなり文庫で出されたりします。

#1さんがおっしゃる様に、見わけるには最終ページの次のページをみて判断するしかありません(新館時ならば、帯等に「文庫書き下ろし」と書かれていたりしますが。)。
ただし、上で例に出たフランス書院や、スニーカー、ファンタジー物等に関してはほぼ全てが書き下ろしですので、この限りではありません。

「ハードカバー→ノベルス→文庫」は、パターン的にかなり少なく、「ハードカバー→文庫」「ノベルス→文庫」のパターンが大多数だと思います。

1.人気にもよりますが、最近では1年前後で文庫化される事が増えています。
ただ、この時に、人気があれば必ず早い訳ではなく、「ハードカバーでもまだまだ売れる!」と判断すれば、そのまま暫くハードカバーで引っ張る場合があります。

2.多々あると思います。
人気の有無も関係ありますが、出版社が文庫のシリーズを持っていなうい場合、中途半端以下の売れ行き...続きを読む

QSF小説

アイザック・アシモフのSFをよく読んでるんですが、最近短編で読んでないものが少なくなってしまいました。そこで同じような雰囲気のSF小説を教えてください。

条件は、短編集で一般に手に入れやすいもの、です。

Aベストアンサー

アシモフ老師に似ている感じといえば、
老師が目標にしていたクリフォード・D・シマック氏の作品ですが、、、。
日本では短編集は2冊しか翻訳されなかったし、
SFマガジンでしか読めない短編も多いし、、、。
アンソロジーにかなり収録されていますが、人気があるので入手はかなり困難です。
私もアシモフ老師とシマック氏の本は墓まで持っていこうかと、、、(笑
 
アシモフ老師の短編は本国でも日本でも短編集に収録されていない作品が多いんですが、
誰か短編集にまとめてくれないんでしょうかね、、、。
30年くらい前にSFマガジンやオムニや
プレイボーイなどで読むことは読んだんですが、、、。
 
最近の(でもないけど)作品では瀬名秀明氏の「あしたのロボット」なんか如何でしょう?
主題のロボットもそうなんですが、物語の展開も老師に似ている(真似した?)感じです。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/2230121

Qお勧め文庫本

お勧め文庫本

渋いおじさま達がアクションするお勧め文庫本を教えてください。

Aベストアンサー

今野敏さんをおすすめします。
例えば『襲撃』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198913897.html

あとは時代小説で、
池波正太郎の『鬼平犯科帳』
稲葉稔『武者とゆく』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062753642.html

Qお薦めのSF小説

 1年に1度ぐらい猛烈にSFを読みたくなります。
以下の作品を読んだことがある方で、
これらに匹敵するぐらい面白かった。という作品が
あれば教えて下さい。

 ・アシモフ 銀河帝国もの、ロボットもの
 ・クラーク ランデブー3部作
 ・ラリーニーブン リングワールド2部作
 ・ダン シモンズ ハイペリオン エンミディオン

Aベストアンサー

ここに挙げられているものから考えると
宇宙の広がりが感じられる作品が
いいということですしょうか。

コードウェイナー・スミス
『鼠と竜のゲーム』
『ノーストリリア』

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
『老いたる霊長類の星への賛歌』

スタニスワフ・レム
『砂漠の惑星』

あたりどうでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報