作家の宮尾登美子さんのエッセーを書いた本によると、宮尾登美子さんは、長兄を亡くしています。
長兄は、闘病中の部屋の窓から見える、ある花が気に入り、よく見ていたそうです。ところが、次兄のガールフレンドが妊娠して、ガールフレンドの親から結婚をせかされ、婚儀を挙げます。その後、長兄は亡くなってしまいます。
そして兄嫁となったその人が、長兄が気に入っていた花の柄の浴衣を着て、両親の前に現われた時、母は「よくもそのような浴衣をきれるものだ」と兄嫁を泣きながら批難したそうです。
宮尾登美子さんの何の本に、その文が書いてあったか忘れてしまいました。できましたら、本の題名とページをお教えくださいましたら、助かります。
よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

こんばんは



そのことがかいてあったかどうか
記憶にないのですが
花のきもの とかではないでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E3%81%AE%E3%81 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
花のきものでした。
もっと早くお礼をつけたかったのですけど、バタバタしてたら、パソコンの調子が良くなくなり、やっと直せました。
宮尾登美子のこの文は泣かせます。
それを小説化したのが『櫂』ですね。
お答えくださいました御二人に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/17 15:36

文学記念館のHPで見る限り『櫂』という作品だと思います。

ページまでは分かりませんが...

『櫂』
宮尾登美子が、父母を思い土佐を慕って執筆した作品。綾子が13歳になるまでの幼少期を、両親の波瀾の半生を通して描く。

『春燈』
宮尾登美子が四部作中、「もっとも書きにくかった」と語る作品。綾子の13歳から結婚する17歳までの多感な思春期を描く。

『朱夏』
宮尾登美子が結婚後、大陸に渡り、そこで敗戦を迎え、引き揚げるまでの体験を描いた作品。綾子は飢えと死の恐怖に追いつめられながらも、娘と日本へ帰ることを夢見る。

『仁淀川』
宮尾登美子の、敗戦後の土佐の農村体験をもとに描かれた作品。敗戦後、農家の娘としての生活に疲れ、病に倒れた綾子が、書くことに喜びを見出していく様を描く。

参考URL:http://www.city.date.hokkaido.jp/miyao/page08.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
宮尾登美子さんは、小説以外にもエッセーの本もたくさん出しています。私が以前に呼んだのはエッセーの方で、実話として出てきました。今回、私が死別体験者のノンフィクション本を書くにあたり、彼女の亡くなられた長兄のことを入れられたらと思っています。彼女のエッセー本はたくさんあるので、どの本にあったのか、さっぱり分からなくなってしまいました。

お礼日時:2011/04/19 09:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ワンだー・エディ」最終回のあらすじ

NHK教育で放送していた「ワンだー・エディ」を毎週かかさず見ていたのですが、4月12日(金)の最終回だけ、見逃してしまいました。

ずっと、いろいろなサイトで、最終回のあらすじを知りたいと探していたのですが、私の検索の仕方が下手なのか…見つけることが出来ませんでした。

ワンだー・エディの最終回をご覧になられていた方がいらっしゃいましたら、その時のあらすじを教えていただけないでしょうか?

どこかの掲示板で、サリファと話が出来るようになった…ようなことが書かれていたのですが、エディは人間に戻ることが出来なかったのでしょうか?

とても気になっているので、教えていただければ幸いです。
どうか宜しくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

最終回だけ見れないって悔しいですよね。では、大まかに・・エディは、全然数が減らないので、悪いことを始めちゃいます。あの、ジイサンが注意しても、知らん顔で・・・。その上、エディがしゃべれることが、ロンドンから来ている女の子にばれてしまいました。犬の声をテープに録音し、逆回しすると、しゃべってる内容が、聞き取れるのです!おじいさんは、解雇されてしまい、別の人が担当に。とっても厳しい人です。しかし、最後にエディは良いことをします。それで又、ジイサンが担当になれます。同居の女の子にばれてしまい、録音マイクを持って、追いかけられて困ってると言うと、オジイサンは、魔法をかけてくれました。ジャスティン同様、彼女とも話せるようになってしまいました!!!犬のままですし、数も0にはなってません。こんなエンディングでした。

Q宮尾登美子さんの・・・

宮尾登美子さんの「櫂」「春燈」「朱夏」を読みました。
「朱夏」の続編または満州から帰国後の主人公の小説はあるのでしょうか?その後がとても気になっています・・・。

Aベストアンサー

朱夏(上下)の後は「仁淀川」に続いています。
満州から高知へ引き上げてからのお話です。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/mori-y/miyao2.html

Q「KIRAI」(三浦実子著)の最終回のあらすじ

ザ・デザートで連載中の「KIRAI」(三浦実子著)が最終回を迎えたそうで……。この話が大好きなのですが、現在ザ・デザートを読めない環境にいます。どなたか親切な方、最終回のあらすじを教えてください!

Aベストアンサー

私は基本的に単行本派なんですけど、つい先日コンビにでどうしても気になって、本誌を読んでしまいました。
(ああ、10巻の楽しみがなくなってしまった・・・)
大体のあらすじを言いますと-
いつまで経ってもさくらのたった一度の過ちを許さず、意固地になって話すら聞こうとしない、シンでした。
さくらは自分がシンに嫌われてしまったと思い、シンにまた好きになってもらえるよう頑張りたいと、一緒にアメリカへ行こうと言うなんとか君(さくらの浮気相手の外人さん)の申し出を断ります。
さくらの浮気相手(名前忘れました)はそんなさくらのためにシンに渇を入れるため、実はさくらは泥酔してシンと自分を間違えたのをいいことにさくらとHしてしまったことを白状し、さらにさくらが妊娠したと嘘をつきます。
驚いたシンは、自分の子供であるはずないのに、さくらに結婚を申し込みます。妊娠などしていないので、さくらは驚きますが、シンが「愛してる」と教室にもかかわらず大声で叫ぶのです。そこでやっとさくらもその言葉を信じ、プロポーズを受けました。
最後は二人の結婚式の模様でした。
コンビニにも係わらず、涙ウルウルでやばかったです。
一週間程前に読んだきりなので、多少間違いがあるかも知れませんが、じき10巻が出るそうなので、ちゃんと読んで見て下さい。すいません。

私は基本的に単行本派なんですけど、つい先日コンビにでどうしても気になって、本誌を読んでしまいました。
(ああ、10巻の楽しみがなくなってしまった・・・)
大体のあらすじを言いますと-
いつまで経ってもさくらのたった一度の過ちを許さず、意固地になって話すら聞こうとしない、シンでした。
さくらは自分がシンに嫌われてしまったと思い、シンにまた好きになってもらえるよう頑張りたいと、一緒にアメリカへ行こうと言うなんとか君(さくらの浮気相手の外人さん)の申し出を断ります。
さくらの浮...続きを読む

Q本の題名&作家さん教えてください★

 10年位前に読んで、ちょっと衝撃的な本だってのでもぅ1度読んでみたぃと思い質問します★(部分的にちょっと間違ってるかもしれません)
「ある、自分に自信のない自殺願望?のある女の子(人)が、旅館?でお金持ちの整形外科医さんと出会い、整形手術を受けどんどん綺麗になって、自信を持ち色んな恋愛経験をしますが、最後は大嫌いだと思ってた旅館?の使用人の男の人(たけして名前だったと思います)と結ばれる」みたいなかなりおおまかな説明ですが、とっても人間くさく、それでいて感動したのを憶えてて、奥の深い本だったんです★ 知ってる方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

五木寛之の「晴れた日には鏡をわすれて」ではないでしょうか?
角川文庫から出ています。

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=19456114

Q【韓流ドラマ】ウェディング 最終回あらすじ

こんばんは。
テレビ東京で放送されていたドラマ「ウェディング」の最終回を見逃してしまいました。
大団円で終わる気がしているのですが、
どなたか最終回のあらすじを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>大団円で終わる気がしているのですが、

この意味が不明なのですが・・一応です。

http://wedding.hanryu.tv/story/story18.html
公式ホームページでは物足りないかもしれませんが。

スンウはアメリカ行きをやめ(空港で旅立ったかのようなのはただの1週間の出張。嘘も方便でセナは友達にだまされた)恋愛から始めましょう・・みたいな。

ユンスとジニもめでたくハッピーエンド。ラストは赤ちゃんと家族仲よくのシーンでした。

スンウがなかなか「愛してる」を言ってくれないとセナがジニに言っていたけど、ラストでちゃんと言ってました。

韓国ドラマってあんまり見ないけど、(ウェディングも途中から視聴)男女4人の物語と作らせるとこてこてなりに面白いですね。

参考URL:http://wedding.hanryu.tv/story/story18.html

Q1冊に数名の作家さんが同テーマで短編を書く本

題名どおりです。
1冊に数名の作家さんが同テーマで短編を書く本ってありますよね?
例えば、
Teen Age
角田光代/著 瀬尾まいこ/著 藤野千夜/著 椰月美智子/著
野中ともそ/著 島本理生/著 川上弘美/著
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31965278

このような本はなんと呼ばれるのでしょう?
ストーリ集?オムニバス小説?
なんとなく想像はつくものの、決定的な答えがわからず困っています。
教えてください。

Aベストアンサー

 特に決まった名前はありません。

 「オムニバス」はそれぞれ独立した短編から構成されていながら、全体を通し
て読むと1つの作品になっているというスタイルの作品を指します。例え同じテ
ーマで書かれていても、それぞれの短編が独立していて、直接的なつながりがな
い場合はオムニバスとは呼ばれません。

 「アンソロジー」は、要は短編集です。すでに存在している作品を集めたアン
ソロジーもありますし、そのアンソロジーのために新たに書いた作品のみを集め
た書き下ろしアンソロジーもあります。
 基本的には何か一つのテーマに沿って集められる事が多いですが、「○○が選
んだ傑作アンソロジーとか、「19世紀のイギリス作品アンソロジー」などのよ
うに作品のテーマとは全く無関係に集められる物もありえます。また、一般的に
は複数の作家の作品を集めますが、個人アンソロジーもあります。
 要するにいろんな短編を集めた物を指す言葉で、必ずしも複数の作家が同じテ
ーマで書いた物を集めた作品のみを指すわけではありません。そのようなスタイ
ルの作品を直接指す呼び方は存在しないのが現状です。

 ですから、「Teen Age」は「十代をテーマにした書き下ろしアンソロジー」と
でもいう事になるでしょうか。ただ、収録された作品間に直接的なつながりはな
いので、オムニバスではないです。

 特に決まった名前はありません。

 「オムニバス」はそれぞれ独立した短編から構成されていながら、全体を通し
て読むと1つの作品になっているというスタイルの作品を指します。例え同じテ
ーマで書かれていても、それぞれの短編が独立していて、直接的なつながりがな
い場合はオムニバスとは呼ばれません。

 「アンソロジー」は、要は短編集です。すでに存在している作品を集めたアン
ソロジーもありますし、そのアンソロジーのために新たに書いた作品のみを集め
た書き下ろしアンソロジーもあり...続きを読む

Q恋ノチカラ最終回あらすじ。

「恋ノチカラ」の最終回のあらすじを教えてください。
なぜGコード予約で失敗したんだろう(泣)。

Aベストアンサー

丁度、今、録画したビデオを見終わったところです。よかったよかった・・・ポロリでした。そんな事はいいからあらすじを言ってくれ!!ですね。すみません。

最終回は、まず、会社を辞めたとう子は、飲み友達のところに居候を始めました。就職の面接試験もたくさん受けても全滅。年齢、仕事に対する希望(やりがいがあって、ワクワクする様な仕事)が理由。で、人材派遣会社で働く居候させてもらってる友達のお姉ちゃんのところに行ったら、就職よりお見合いを薦められすることに。1回目のデートで、とう子は自分の行きたい映画、お店、バー、なな何と!!ホテルを予約しました。しかし、当日時間が過ぎても相手が来ないので電話してみると、「女の人にリードされるのは嫌いで、やっぱりもっと若い方が・・・」と断られてしまう。その後デパートで「えんぴつねずみ」が売れなくて、売り場からはずされるところを見てしまう。そして、気になって楠木文具へ顔を出しにとう子は行きました。
一方、楠木文具で発売した「えんぴつねずみ」の売れ行きが悪く、謝罪に、貫井さんが行くことに・・・。そうです!!楠木文具の部屋で2人は会うことに・・・。貫井さんはとう子が気になって気になって、はるなちゃんとデートしていても本宮のことを聞いてしまう。そんな2人が逢ってしまいましたよ。一緒に楠木文具を出て、とう子が実は今日、デートだったがすっぽかされて、悔しいから予約を入れたところに1人で行くと言う話しをしたら、貫井さんが「付き合う」と言い出し、映画、レストラン、バー、ホテル・・・と。しかし、それまで意識してなかったのに、部屋に二人っきりなり、ベットに並んで座ったら、意識してしまいホテルを出る。2人は元気で・・・とバイバイする。

貫井企画は営業不振で事務所を閉めることに・・・。しかし、吉武さんは「貫井と一緒に心中する」と言い出す。そうご君から事務所を閉める事をとう子がきき、「支えてやって欲しい」と頼まれるが、「貫井さんは大丈夫」と、自分の本当の気持ちを止めてしまう。
一方、貫井さんはとう子の事が気になってることに気付き始め、はるなちゃんに「もう逢えない。」とお別れを言う。また、別の日、吉武さんに「事務所はなくなっても仕方がないが、手放さなくてもいいものまでまで封印しようとしていないか?本当に大切なパートナーとの出会いは人生の中でそうあるものじゃない。奇跡に等しい出来事なんだ。余計なことぐずぐず考えてると、起こる奇跡も起こらなくなるぞ!!」といわれる。
とう子のところにはるなちゃんが来る。「仕事も住む場所も見つけた。貫井さんとも付き合いをやめて、今は吹っ切れて立ち直ってきたから、もう気にしないで、とう子さんの気持ちを伝えるべき」と言われる。しかし、「後先考えず、相手の事考えず、ただ、好きだって素直にいえない年になっちゃたよ。もう決めたことだから・・・」と答えてしまう。
2人とは別にその頃、巷では遅ればせながら、「えんぴつねずみ」が大人気になって、倒産予定の楠木文具に注文が殺到。貫井企画にもロイヤルティーとして1億弱のお金が入ってくる事になり、持ち直す事に。そのヒットの祝賀会にとう子はそうご君から誘いを受ける。迷いながらも店の前まで行くが入れずにいるところに、心配したそうご君が探しにやってきて、もう大騒ぎ。2次会は事務所でやる事になり、買出しにそうごくんと吉武さんが行き、貫井さんととう子は2人きりに事務所で・・・。そうご君たちは気を利かせたのです。
ここから本題。2人きりになって、貫井さんがとう子に戻ってこないか?と誘う。新しい仕事の依頼の入り、一緒にやらないか?と言う。とう子は正直な気持ちを言ってしまう。「仕事の誘いは嬉しい。でも、事務所を辞めたのはお金だけじゃなて、本当は貫井さんが好きで好きで見ているのが辛くて辞めて、ごめんなさい。初めは人違いで引き抜かれたけど、でも、ここにきたお陰で忘れかけていた気持ちを思い出したような気がします。仕事に夢中になったり、本気で人を好きになったり、そういう毎日から力をいっぱいもらいました。私は人違いに感謝してます。あれは奇跡だったんですよ。私にとっては・・・。」といって、帰ろうとすると、「俺にとっても奇跡だったよ。お前がいてくれて、楽しい事やおもしろい事が美味しい事が、2倍楽しい・・・。お前といると楽しい。近くにいるときは気付かなかった。だって、ずっといるものと思っていたし・・・。」と貫井さんも気持ちを言う。とう子は「それならなおさら、事務所に戻るのはまずいのではないでしょうか?回りもやりづらくなるだろうし、仕事にも支障が出てくるだろうし・・・。」と言いかけたとき。貫井さんはとう子に、キ・キキスをしまうのです。そこへそうご君と吉武さんが帰って来る声が・・・。慌てた2人はドアを力ずくで閉めたまま、慌てるが、とう子の方からまた、返事のようにキスをしてしまうのです。そのあとは無事、貫井企画に戻って、みんなとも仲良く暮らしたとさ・・・。めでたし、めでたしでした。

ずらずらとあらすじを書きましたが解かってもらえたか心配です。表現力がないもので。とってもよかったですよ。少しでも解かってもらえるといいです。

丁度、今、録画したビデオを見終わったところです。よかったよかった・・・ポロリでした。そんな事はいいからあらすじを言ってくれ!!ですね。すみません。

最終回は、まず、会社を辞めたとう子は、飲み友達のところに居候を始めました。就職の面接試験もたくさん受けても全滅。年齢、仕事に対する希望(やりがいがあって、ワクワクする様な仕事)が理由。で、人材派遣会社で働く居候させてもらってる友達のお姉ちゃんのところに行ったら、就職よりお見合いを薦められすることに。1回目のデートで、とう子は自分...続きを読む

Qさくらももこさんの本で、おいしい納豆の食べ方が書いてあった本。

皆様、おはようございます。
私は、納豆が(特にニオイが・・・)すごく苦手なんですが
昨日のスマスマで、柴咲コウさんが納豆をおいしそうに食べてるのを見て
体にもいいし、ちょっとチャレンジしてみようと思いました。
そこで、昔読んだ本を思い出しました。
タイトルにあるとおり、さくらももこさんの本だったのですが
さくらさん自体、納豆が苦手だったのだが
この食べ方(味付けのしかた?)で、好物になるまでに好きになったという
内容が書いてあった本があったと思うのですが・・・・・。
エッセイだったと思います。
なんか、卵とかシソとかマヨネーズとか(よく覚えてないんですが)
を、混ぜて食べるというような内容だったと思いますが
これが書いてある本のタイトルと、もしお手元にお持ちであれば
そのレシピ(何を納豆に入れるんだったか)を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い致しますm(_ _)m。

Aベストアンサー

こんにちは。本、持ってますよ~。
タイトルは「ももこの おもしろ健康手帖」です。
レシピはシソの葉を刻んでごまドレッシングとマヨネーズであえて、それを海苔で巻いて食べるそうです。
余談ですが、私は納豆食べれますが、商品によって、かなり味が違います。嫌いな人が最初にそれに当たるとますますイヤになるかも・・・。
だめだったら、違う種類を試した方が良いかも・・・。ちなみに、値段と味は比例しないかも。
では、がんばって食べてねぇ~。

Qバクマン 最終回のあらすじ

 バクマンの最終回のあらすじを教えてください!
あと感想もできれば教えてください

Aベストアンサー

タイトル:ありとなし
13本の中から数本の連載を選ぶ12月期連載会議が始まる。
近未来杯に選ばれた「疑探偵TRAP」「KIYOSHI騎士」と
3位だった「hideout door」の3本も候補になっている。
7本のありに残った「疑探偵TRAP」「KIYOSHI騎士」「hideout door」「ラッコ」・・・
最終的に4本の連載に「疑探偵TRAP」が残った。
「KIYOSHI騎士」「hideout door」は残念ながら、次の連載会議に回された。
亜豆美保に送ったメールの返事がなかなか来なくて、亜豆の家に向かう最高
亜豆の家についた最高の携帯に見知らぬ番号から着信があった。その相手は亜豆だった。
数日後、服部を待つ最高と秋人の元に服部が三浦を連れてきて、これからの担当と紹介して終わり

テロップ:来週からこの時間は「バクマン。」(第1シリーズ)を再放送します。

ちょっとここで終わり(最高)
すげぇ続きが気になる(秋人)
三浦さんって人大丈夫(最高)
俺達の連載どうなるんだ(秋人)
夢の続きは第2シリーズをお楽しみに!(最高&秋人)

Qいぜん読んだ本探してます。外国人作家の本です。

(1)作家は外国人。(2)テロかなんかで崩壊した建物。(3)主人公の女性A(平凡)が、偶然同じ建物にいた女性B(美人)と間違われて(ぶつかったかなんかして、カバンかなんかが入れ替わってしまったからかな?)、搬送された病院で火傷した顔をBさんの顔に整形されてしまう。(4)女性Bの家族が現れ、この時口が利けず体も不自由だったAさんは、Bさんと勘違いされて病院から屋敷に連れて行かれる。(5)怪我の状態は、顔や体が傷ついていて包帯だらけで自力で動けず、口も利けない。筆談するシーンも・・。(6)屋敷で食事や清潔など全ての世話をしてくれる青年は、Bさんのことが嫌いで嫌々お世話してたんだけど、Aさんと接するうちにだんだん惹かれあっていき悩む。(7)勘違いが露見し・・たのかな?あとは忘れちゃいました!
とっても読みたいよ~。ぜひぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の子供のために、良心の呵責に悩まされつつも、真相を隠しB夫人として生きていこうとするが、Aの世話をする義理の弟(B氏の弟)は真実を知っているのか、辛くあたる。
しかし、いつしかお互い惹かれあい…

お探しの話しとかなり近いように思うのですがどうでしょう?
民放の2時間ドラマにもなって驚いたこともありますが。
以前はハヤカワミステリの文庫で読めました。図書館なら必ずあると思います。
この作品以外もアイリッシュは名作ぞろい。「暁の死線」が私のお気に入りです。

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の...続きを読む


人気Q&Aランキング