田舎の母が、ウチワサボテンをもらってきました。根っこごともらって数があったので、友人2人と分けました。
ところがその作業後、母は手も脚もかゆくてたまらなくなったそうです。(小さな刺に刺されている感じ)サボテンには一切手を触れず(火鋏を使った)、ジーンズに靴下まではいていたのに…。
友人2人も、家でサボテンを鉢に植えた後、手や脚が1日中痛くかゆかったそうです。

そして母は、体が痛くなる前に、私にそのサボテンを宅急便で送る手配をしてしまいました!!(明日うちに到着します)

1,このサボテンの正体は?
2,刺の正体は?
3,私はどうやって鉢に植え変えればいいのでしょう?(ゴム手袋とか…)
4,このサボテンを鉢に植え、庭に置いておいても大丈夫でしょうか?

以上、分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.団扇サボテンですね。

 これは針のような刺が鋭く生えている種類と、見かけはフワフワとした毛疣が生えているものがあります。 このフワフワ系は象牙団扇、金烏帽子などの代表選手はいますが、種類は無数です。

2.危ないのはこのような見かけの毛疣がフワフワとしたほうで、これは非常に細い針の固まりで、素手で触ったり触れたりすると無数に刺さりますし、直接触れなくても抜けた針が飛んできて刺さって痒くなるんです。

3.これを植え替えとかで持つ必要がある時は、まず霧吹きでサボテン全体を濡らして、毛が飛ばないようにしてから、ゴム手袋や、揉んだ新聞とかで掴めば大丈夫ですよ。

またこのフワフワ刺が刺さった場合、病院へ行ってもちゃんと取れる先生はなかなかいません。 自宅でガムテープなどで取った方が、確実に取れるでしょう。

4.自分以外の知らない人が(特に子供等)が触る可能性のあるところには、置くのは辞めましょう。

また最低気温が10℃を下回るような時に、水を与えると、凍った果物が溶けたような感じに、腐ってしまいます。

この為、冬場には絶対に雨に打たれないようにしなければいけません。

<以下は経験だけの話です>
あなたのお母さんがその時に着ていたもの全てに、フワフワ刺が刺さっている可能性があります。 このような衣服はぬるま湯で一度洗ってから干せば、大抵は感じなくなりますし、体中痒いのも大抵は一度、シャワーで全身流せば治ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な御回答ありがとうございます。

母や母の友人たちが刺されたのは、ふわふわの毛疣かもしれません。

うちには小さい子どもがおり、近所の子どもたちもどんどんうちの庭に入ってきます。
やはりこのウチワサボテンは捨てようと思います。

サボテンはかわいくて好きなのですが、危険ならば仕方ないです…。

お礼日時:2003/10/02 05:05

2から4について答えていなかったので、補足です。


とげの正体は、茎がふくらみ、葉が針に変化した状態です。

<私はどうやって鉢に植え変えればいいのでしょう?(ゴム手袋とか…)

ゴム手袋でもとげは通ってしまう可能性は大きいですね。一番いい方法は、花やさんへもっていって植え替えをお願いするという方法です。鉢とサボテン養土を買えば500円くらいの手数料で植え替えしてくれます。(量販店は無理ですが・・・・・)

<このサボテンを鉢に植え、庭に置いておいても大丈夫でしょうか?

接触性皮膚炎を起こしやすい体質をお母様がおもちなら、manismanisさんも同じ体質を受け継いでいる可能性があります。せっかく送っていただいたサボテンですが、無理して育てられてもと思います。

もし、接触性皮膚炎をおこされたら、皮膚科に速やかにいかれた方が、ひどくなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

接触性皮膚炎に遺伝があるかもしれないのですね。

どう~~してもほしいサボテンでもないので、今回はあきらめて処分することにします。
毎回ポイントの配分に悩むのですが(優劣つけるみたいで)、おふた方に(心の中では20Pです!!)敬意を表します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/02 05:11

あまり知られていないようですがサボテンの一部には接触性皮膚炎を起こすものがあるようです。

ウチワサボテンということなので多分、キンエボシかと思われます。キンエボシは下記のURLを参考にしてください。この種は、割と皮膚炎を起こしやすい種のようです。サボテン棘刺症という病名にも成っています。そのほかにマツアラシ、アロエがダメな人もいます。

参考URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの御返事ありがとうございます。
立派な病名まであるんですね…。

お礼日時:2003/10/02 04:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサボテンの植え替え

鉢植えのサボテンが大きくなっています。
植え替えしたいと思っていますが、植え替え時期と方法を教えてください。

サボテンの針の対応苦戦しそうです。

Aベストアンサー

 お住まいがどこか分かりませんが、植え替えはもう止めた方が良い時期です。植え替え時期は、成長期の前で、4月~6月、9月~11月が良いですね。今からだと10月が良いと思います。
 夏(7~8月)は休眠期なので、植え替えはしません。風通しの良い日陰に置いて(あるいは遮光して)、水は全くやりません。この時期に水をやると、蒸れて根腐れをおこします。
 植え替えをする時、1週間程度水をやらずに乾かし、土をよく取り除き(根を痛めないように丁寧に)、新しい用土に植え込み、水はやらずに2週間程度日陰に置いてください。

 サボテンの針対策は、作業用の皮手袋(溶接用のが厚くて良い)ですね。ホームセンターにあります。

Q2鉢ある「幸福の木」を1鉢に植え変えたい

お世話になります。植物に関しての知識がないので、質問させてください。3年ほど前にお店で「幸福の木」と呼ばれるものをいただきました。(一度枯れてしまったのですが、ネットで見ると水のやりすぎだったようで、葉を切って水やりを控えたら、今はわずかですが葉が生えています。)

1鉢に2本の木が植えられています。木の高さは20センチ位と10センチ位です。鉢が小さいので、よく倒れてしまいます。この2鉢4本の木を同じ鉢に植え替えたいのですが、注意点を教えていただけないでしょうか。
鉢はどのようなものを選べばいいでしょうか。
また、珈琲豆の出がらしを肥料としてあげていますが、これは植物にとっていいのでしょうか。

アドバイスをいただけると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も幸福の木を育てています。1つの鉢に4本です。
直径25センチ、高さ30センチくらいの鉢を使っています。
幸福の木は結構根が張るので鉢は大きめなものを選びましょう。

水はけを良くするため、
市販の観葉植物の土に赤玉土や川砂を少し混ぜてもよいかもしれませんね。

>珈琲豆の出がらしを肥料として
私もたまにお茶の出がらしを与えています。
市販の園芸肥料と併用するとよいでしょう。

Qサボテン金鯱の植え替え方

サボテン金鯱の植え替え方

サボテン金鯱の根が鉢にぎゅうぎゅうになってきたので
春頃に植え替えようと思っています。
金鯱ってトゲがものすごく固くて鋭いので
植え替えのときにトゲに刺さらないようにするには
どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

我家には現在3鉢の金鯱がありますが、流石に植替えの時には覚悟が
いりますね。とにかく強刺ですから、下手に触ると手や指先から出血
して痛い目にあいます。

我家では金鯱の植替えは一番最後に行いますが、金鯱の命と言える物
は鋭い刺ですから、刺を痛めないように我家では発泡スチロールの板
を使っています。金鯱の鉢を横倒しにして、金鯱の本体が当たる位置
に発泡スチロールの板を敷きます。板は刺よりも厚い物を使用しなけ
れば、突き破って刺の先を折ってしまいます。板はホームセンターで
売られています。
金鯱を起こす時には、発泡スチロールの板の下に手を入れ、反対の手
には溶接用の皮手袋をはめ、バーベキュー用のトングを使用するよう
にしています。最初はトイレットペーパーを巻き付けていましたが、
我家の金鯱は大きい物が直径30cmはあるので、一巻では足りないの
で3~4巻も使っていました。無駄な事と取り外すのが手間なので、
発泡スチロールの板を使うようになりました。

皮手袋だけでは絶対に怪我をします。他の方が皮手袋が良いと言われ
てますが、経験上から言わせて貰えば皮手袋だけでは怪我をします。
一番小さな鉢は直径が15cm程度ですから、皮手袋とトングだけでも
怪我をする事はありませんが、大きい物は皮手袋だけでは怪我をする
だけです。手を怪我をしない事と、刺を折らない事が重要です。

植替えを翌年の春にと言われますが、基本的な植替え時期は5~9月
の間です。少しでもダメージを少なくするため、僕は5月のGWの間
から梅雨入りまでの間に植替えをするようにしています。
鉢は金鯱の直径(肉厚の部分ではなく、刺先から刺先で計るようにし
ます。その直径より3cmほど余裕がある鉢を選び、必ず深鉢にして下
さい。

我家には現在3鉢の金鯱がありますが、流石に植替えの時には覚悟が
いりますね。とにかく強刺ですから、下手に触ると手や指先から出血
して痛い目にあいます。

我家では金鯱の植替えは一番最後に行いますが、金鯱の命と言える物
は鋭い刺ですから、刺を痛めないように我家では発泡スチロールの板
を使っています。金鯱の鉢を横倒しにして、金鯱の本体が当たる位置
に発泡スチロールの板を敷きます。板は刺よりも厚い物を使用しなけ
れば、突き破って刺の先を折ってしまいます。板はホームセンターで
売られていま...続きを読む

Qバラを地植えから鉢に植え替えたいのですが。

中古で購入した家の庭にすでにバラが根付いていたので、バラの種類等は全くよく分からないのですが、草丈50センチくらいで、直径7センチくらいの白いバラが毎年咲いています。今年も6月頃に咲いて、その後、先のほうを剪定しています。

今回、庭をインターロッキングにしようと思い、そのバラを撤去しなくてはならなくなりました。
鉢に植え替えてこれからも育てていきたいと思うのですが、地植えで何年も育ったものを鉢に移すのは成育が難しいでしょうか。
また、バラというのは、上記のサイズくらいのものは根がどれくらいまで伸びて這っているものなのでしょうか。適する鉢のサイズなど教えていただけたら助かります!

なにぶん初心者のためご教授お願いします。

Aベストアンサー

私も、地植えから、鉢に移し翌年の春に別の地域で地植えにしました、バラは非常に丈夫ですのであまり心配いりませんよ。
私の場合、ご質問者様と同じくらいの大きさでした。
去年の10月頃、根を掘り、鉢に植え替えました、それから今年の4月に別の場所で地植えにしました。
その後も順調に育ち、枝も伸びて花も10個以上咲かせてくれました。
今の次期は、やめた方が良いです、秋(9月末~11月)頃が良いですよ、真夏は駄目です。
枝は、思い切り詰めても、春に成れば、すぐに新芽が出ますので、大丈夫です。
根は、30cmくらいあれば、根付きます。但し細い根は、出来るだけたくさん残してください。
鉢の大きさは、直径35~40cmくらいあった方が良いです、深さのあるテラコッタなどが良いです。
根付くまでは、水やりを忘れない様にすれば、大丈夫です。

Q根腐れしたサボテンの植え替えは春まで待つべき?

柱サボテン(名前不明。くびれのない円柱型でトゲは黄色で短い)の根元が去年頃から茶色になり、支えがないとそこから曲がります。
 過去の質問を調べると、どうやら根腐れの様子。切り取って土に植えると再び根付くとありますが、サボテンの植え替え時期=春まで、やはり待った方がいいでしょうか?
 ちなみに現状は頂点部分に赤い小さな花がいくつか咲いており、上半分はトゲも勢いよく出てます。なお同じ鉢に、球型サボテンや、この柱サボテンの子供と思われる細長いサボテン(現在はまだ柱状ではなく木のような形)がいくつも植わっています。他のサボテンにも悪い影響が出るなら、早急に出さなきゃいけないでしょうか?

Aベストアンサー

このままだと、痛んでいる箇所が広がる一方です。
が・・・お花がついているんですよね。

とりあえず、痛んでいる箇所より上で切って
乾燥させましょう。
乾燥後、新しい多肉用土に差してみてください。
切ったそれより下の痛んでいる部分は削ってください。
お花が付いているので回復は難しいかもしれません。

子吹きしているのなら、なおのこと
気候のいい今の内に治療して下さい。

この冬は室内の、平均気温10~15度程度の気温差の無い室内で
養生してください。

うまく回復するといいですね。

Qサボテンの鉢の底の穴にカビが・・

私はいま、鉢の高さもあわせて8cmくらいのサボテンを10個くらい育ててます。

春になったので、週に1回くらい、鉢の底の穴から水がでるくらいたっぷり水をあげています。
夜に水をあげたほうがいいと聞いたので、夜にあげて、しばらく外に置いてから部屋に入れています。
普段は窓ぎわに置いているんですが、昼間はほとんど学校にいっていて窓も閉め切っています。
鉢は、茶色で、けっこう水が吸い込みやすいものでできています。
土の表面は茶色い石がしきつめられていて、どちらかというと鑑賞用に作られている感じです。

で、最近気がついたんですが、鉢の底の穴の淵に黒いぽつぽつしたカビのようなものがついているサボテンがいくつかあったんです。

いまはそのサボテンも元気に育っているので、根とかは大丈夫なのかな?って思いますが。
ティッシュでとっても、中まで入っていたら意味がないと思うし。
この場合はどうすればいいのでしょうか?
また、このサボテンを部屋においておくと、部屋にもカビがはえたり、身体に害になったりしちゃうのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、朝に水やりをしますね。
植物は、お日様を浴びて成長するので、
早朝に、水分補給してやった方が、
植物が元気な気がします。
気のせいかも知れませんが(笑)

サボテンは、約5鉢ほどいます。
少し前に、わたしもこちらで質問して知ったのですが、サボテンの砂が固まっている場合、ちゃんと砂を砕いて、本体を取り出し、サボテン用の土等に植え替えた方がいいそうです。
もしも、カビが生えてしまっていた場合だと、
植え替えた方が、宜しいかと思いますよ。
元の土は、捨ててしまいましょう。

Qミニサボテンの植え替え

ミニサボテンを入手しました。
まだ親指のさき位の小ささですが、どうせなら花が咲くまで大きくしたいです。

植え替えの方法を調べたら、鉢から引き抜いたら根を崩さずそのまま一回り大きな鉢に植える、という方法と、古い土は振るい落としてヒゲ根も切ってしまう、というものが見つかりました。
どちらが失敗せずに(サボテンを枯らさずに)より大きく育てることが出来ますか。

それから、直射日光は避けたほうが良いようですが、UVカットガラス越しの光線もアウトでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ほどの補足になりますが

直射日光は避けた方が良いという理由は、
売られているサボテンのほとんどが温室育ちなので、たとえ砂漠の暑いところで育つタイプのものでも日焼けしたようになり、緑色の皮の部分が、茶色く・硬く変化してしまう為です。ガラスごしでも最初はすりガラス等が良いかもしれません。透明なガラスでしたら、少し窓から離しておき、序々にガラスに近づけていくと良いかと思います。ある程度ガラス越しの日光に慣れたサボテンなら秋~冬の直射日光を多少浴びたところで問題はないと思いますが、夏場のカンカン照りはやはり日焼けを起こします。一度変化してしまうと、その後も普通に成長しますが、変化してしまった部分は元に戻らなくなります。

室外で育てるのは、日本は湿気なども多いので基本的には鉢植えにして、室内で育てた方が上手くいきます。

その辺で売られているサボテンの多くは暑い地方で育つタイプの物なんですが、まれに高原型というのがあったりするんですよね。私は暑い地方専門なので高原型の方はなんとも言えないのですが…。緑色で刺があるタイプなら、この育て方で大丈夫だと思います。

頑張ってくださいね♪

先ほどの補足になりますが

直射日光は避けた方が良いという理由は、
売られているサボテンのほとんどが温室育ちなので、たとえ砂漠の暑いところで育つタイプのものでも日焼けしたようになり、緑色の皮の部分が、茶色く・硬く変化してしまう為です。ガラスごしでも最初はすりガラス等が良いかもしれません。透明なガラスでしたら、少し窓から離しておき、序々にガラスに近づけていくと良いかと思います。ある程度ガラス越しの日光に慣れたサボテンなら秋~冬の直射日光を多少浴びたところで問題はないと思いま...続きを読む

Qプレゼントされたサボテンの鉢に黄色いツブツブがびっしりと…

初心者です。
手の平に乗るくらいのサボテンのことですが、
鉢の上の本来は土が見える部分に、薄黄色した小さなツブツブがびっしりと付いています。
取ろうとしても取れません。
これ一体なんでしょうか。
このままでちゃんと育つんでしょうか。

それと水やりですが、
お猪口一杯くらいを月に一度で十分、というのは正しいでしょうか。

Aベストアンサー

これは化粧砂です。黄色のほかにも様々な色のものがあります。
水の吸収がとても悪いので水やりは大変です。
霧吹きでサボテン本体に与えたり月に1回くらい鉢底から水を吸わせると効果的です。

Qミニサボテンの植え替えについて

サボテンを育てようと思い、園芸ショップでミニサボテンを買ってきました。

でも買った時に入ってた鉢がすごく小さくて;
少しでも大きく育てたいと思い。
大きめの鉢とサボテン用の土を新しく買って、植え替える事にしました。

そんなわけでさっそくネットで調べた通りに植え替えたのですが。

ちゃんと育つのかとっても心配です;;

アドバイスをください;

Aベストアンサー

*鉢が大きすぎ
(1)サボテンは成長速度が遅い(普通の植木でさえ植え替え時は一回り上のサイズです)
(2)サボテンに対し鉢が大きいと水分がなかなか蒸発しない
⇒売られているサボテンの土表面が固まっている様な物は取り除きますがサボテンは基本的に小さめな鉢を使用します

*植え替え時期ではない
(1)サボテンの植え替え時期はGW後です
これからもっと気温が下がる時期に植え替えはNG
⇒サボテンは南国の植物ですよね
今の様な寒い時期は休眠期に入っています

とは言え、植え替えしちゃってるからねぇ…以下の事に注意してください
(1)終日の温度に差が出ない様に置き場などを工夫する⇒日の当たる時間帯は窓際、夜は部屋の中央の高い場所に置く(蒸れたら腐りますよ)
(2)水やりしない(基本的にサボテン類は冬場に水をあげない)←梅雨~初秋まで“乾いたらあげる”です


ところでサボテン用の土を使用しましたか?
専用々土の方がより水はけは良いですよ(できれば100均は避けて)


次回の植え替えは来年かな(土中の栄養が失くなるので植え替えは必要)
鉢は現在使用の物、或は一回り小さい物で


サボテンは植物の中でも言葉を理解できると言われています(毎日、話し掛けてあげれば良いですよ)

購入も暖かくなってからの方が扱いやすいですし、できれば専門書にサッと目を通してからの方が知識が入り失敗しにくくなります

余談ですが形良く育てるなら一方向だく日に当てるのではなく、クルクルと回してあげると良いです

頑張ってね

*鉢が大きすぎ
(1)サボテンは成長速度が遅い(普通の植木でさえ植え替え時は一回り上のサイズです)
(2)サボテンに対し鉢が大きいと水分がなかなか蒸発しない
⇒売られているサボテンの土表面が固まっている様な物は取り除きますがサボテンは基本的に小さめな鉢を使用します

*植え替え時期ではない
(1)サボテンの植え替え時期はGW後です
これからもっと気温が下がる時期に植え替えはNG
⇒サボテンは南国の植物ですよね
今の様な寒い時期は休眠期に入っています

とは言え、植え替えしちゃってるからね...続きを読む

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報