子供は親の遺伝で顔が決まると思いますが、遺伝子は年月と共に変わる(転写する)と聞いたことがありますが、いつの遺伝子が子供に遺伝しますか?

例えば10代は一重だったのに、いきなり20代で二重になった人の子供は、どっちの遺伝子をもって産まれてくるのでしょう?

また、このように途中から二重になった人は、もともと二重遺伝子をもっていたのでしょうか?

教えてください。

A 回答 (2件)

細胞内の遺伝子は基本的に変わりません(免疫系の一部の細胞は例外)。


「転写」とはDNAに書き込まれている情報の一部がmRNAに移される現象のことです。
分かりやすく言いかえると、「資料室(核)においてある設計図原本(DNA)から仕事に使う部分だけを紙(mRNA)に書き写して資料室の外に持ち出す」ということです。
資料室(核)にある設計図原本(DNA)は能動的に書き換えられるということはありません。

>いつの遺伝子が子供に遺伝しますか?

遺伝子は基本的に変わらないので、「いつのでも同じ」といってもいいかと思いますが、これはやや不正確です。
細胞は分裂時に複製ミスを起こす可能性とそのミスの修復ミスを起こす可能性があり、また紫外線や発がん物質の摂取でDNA変異を起こす可能性があります。
しかしその変異が必ずしも遺伝するとは限りません。

多細胞生物は発生後しばらくすると(胎児の初期段階)、細胞が体細胞系列と生殖細胞系列という2つの系列に分化します。
体を作る細胞は体を作る細胞のまま、精子や卵子をつくる細胞も精子や卵子を作る細胞のままです。
どういうことかというと、放射線を浴びたり発がん性物質を摂取したりして、体細胞の一部が遺伝子変異しても、その変異は次世代に受け継がれないということです。
次世代へと遺伝するためには生殖細胞系列で変異がおきる必要があります。

だから正確には「受精した時点で精子もしくは卵子が持っている遺伝子」が遺伝します。


>例えば10代は一重だったのに、いきなり20代で二重になった人の子供は、どっちの遺伝子をもって産まれてくるのでしょう?

10代一重の人は生まれたときから死ぬまで一重の遺伝子です(二重になる理由は後述)。
そして二重の遺伝子のほうが優性なので、一重の人の結婚相手が二重(優性ホモ接合)なら、子供はほぼ100%二重になり、二重(ヘテロ接合)なら50%、一重(劣性ホモ接合)なら0%(一重100%)となります。


>もともと二重遺伝子をもっていたのでしょうか?

いいえ、年とともに二重になるのは「脂肪の垂れ下がり」であって遺伝子の変化ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすい説明ありがとうございました。

複製・転写の仕組みがすごくわかりました。

遺伝子は変わらないのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/21 20:01

元々腫れぼったい奥二重だったのが、20歳前後で腫れぼったさがとれて二重になりました。


女性ではわりによくあることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私の周りで、途中から二重になる人が結構いたので、気になりました。

成長と共に変わるんですね。

お礼日時:2011/04/21 14:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q顔のたるみ、張りのなさ

35歳女性です。
顔のたるみ、張りのなさが気になってきました。
今までは、脂性でテカテカしていましたが、
あまりシミ・しわ・たるみなどはなかったです。

最近、口の周りのブルドックみたいなたるみと
張りがなくなり毛穴が縦に長くなったような状態が
気になって仕方有りません。

良い化粧品やマッサージ方法、顔面体操の方法などがありましたら
御教示いただけますようよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は34歳です。やはり30歳を過ぎた頃からたるみ 張りのなさが気になり始めて
40歳のお肌ぴかぴかの友人から聞いた事を今まで4年間実践して、私にはかなり効果があったのでもし良かったら試してみてください。うそみたい話ですが30歳の頃よりも張りが出て いつも26,7に見られるようになったんです。それではその方法を
 (1)洗顔はお湯でしない(ぬるま湯でも必要以上にしない。たるみの原因)
 (2)洗顔後 氷で顔、首をなぞる。(鼻の毛穴もなくなります) 
 (3)化粧水をつけて30~100回手で軽く叩く。(回数は多いほうが効果あります。  ついでに首と手もするとしわ予防になります)
 すぐには効果がでないので続ける事が必要です。後から知ったのですが 女優の森光子さんや、あのデビ夫人もやってるそうですよ!ふふふ
(1)・(2)・(3)が辛くなかったら
  (4)洗髪の時顔にお湯、シャンプーなどの洗剤をなるべくかけない
  (5)洗顔前に蒸しタオルで顔をあたためる
なども 一緒に実行したほうが効果があります。習慣にするとそんなに苦にはならないと思います。
 

私は34歳です。やはり30歳を過ぎた頃からたるみ 張りのなさが気になり始めて
40歳のお肌ぴかぴかの友人から聞いた事を今まで4年間実践して、私にはかなり効果があったのでもし良かったら試してみてください。うそみたい話ですが30歳の頃よりも張りが出て いつも26,7に見られるようになったんです。それではその方法を
 (1)洗顔はお湯でしない(ぬるま湯でも必要以上にしない。たるみの原因)
 (2)洗顔後 氷で顔、首をなぞる。(鼻の毛穴もなくなります) 
 (3)化粧水をつけて30~100回手で軽く叩く。(回数...続きを読む

Q優勢遺伝について 優勢遺伝する形質を持つ親(片親のみ)が(自分の性から見て)異性の親だった場合、その

優勢遺伝について
優勢遺伝する形質を持つ親(片親のみ)が(自分の性から見て)異性の親だった場合、その形質が自分に遺伝する確率が(同性親がそういう場合よりも)上がるという情報を目にしたのですが本当ですか?

またその形質を持つ親も自分と同じように片親からの遺伝だった場合孫にあたる自分へ遺伝する確率になにか影響はありますか?

Aベストアンサー

ウソです。
そもそも遺伝に「優勢遺伝」はありません。「優性遺伝」と「劣性遺伝」はありますが、それはどちらかがどちらかよりも優れているとか劣っているとかではなく、表に強くでる形質が優性、そうでない方を劣性といって区別しているだけで、生物学的にはその違いはある酵素を作り出すか、作り出せないかだけの違いです。

優性遺伝の特徴
1. 50%(1/2)の確率で病気に関係する遺伝子が伝わります。
2.男女差はありません。
3.病気もしくはその病気の原因となる遺伝子の変異は世代ごとに発現します。
劣性遺伝の特徴
1.子どもに症状が現れた場合、両親のどちらもその病気の保因者であると考えられます。
2. 男女差はありません。
3. 両親と他の親族に同じ症状を持つ人がいなくても、生まれてくる子どもだけが遺伝性疾患による症状を持つことがあります。

つまり優性遺伝の確率には親のどちらかから受け継いだかで変化はないのです。

Q顔のたるみをリフトアップする方法

20代後半OLです。最近鏡を見ていてなんだか顔がたるんできたような…。
このままブルドッグみたいになったらどうしよう!と焦り始めました。

そこで表題の件ですが、エステに行くとかではなく、毎日手軽に続けられるやり方で、
顔のたるみをリフトアップする方法、たるみ防止の方法があればぜひ教えてください!

化粧水・乳液をつけるときに顔を上に上に引き伸ばしているのですが(笑)、効果ありますか?

美容に詳しい方々、いろんな方法ぜひお願いします!

Aベストアンサー

造顔マッサージが効果的だと思います。マッサージ後に目に見えて変化が表れてきます。一番良いのは本を買うことですが、youtubeにも動画があります。

Q遺伝子の複製・転写

遺伝子は複製・転写を繰り返すと聞きますが、何年間に何回などのサイクルってあるんですか?

そこで疑問なんですが、例えば10年前に顔を整形した場合、年月がたつにつれて、その顔の形の細胞に遺伝子が複製・転写する事はないのですか?
よって整形して何十年もたったあとできた子供が整形後の顔に産まれる可能性はありますか?
知識が全くないので、変な質問ですが、教えてください。

Aベストアンサー

 質問者さんが同カテゴリーにされた「遺伝について」の質問と併せて回答します。

 遺伝子の「複製」は、私達の身体の中で細胞分裂が起きる時に行われています。細胞が分裂して1個の細胞が2個になるとき、遺伝子もコピーされています。つまり複製です。
 また、身体の細胞が何らかの働きをするときは、ほとんど全ての場合に遺伝子が「転写」されています。つまりDNAからmRNAに転写され、それがアミノ酸配列に翻訳され、タンパク質が合成されているわけです。
 このタンパク質というのは身体の「構成要素」としてのタンパク質だけではなく、何かの化学反応を媒介する酵素と呼ばれるタンパク質も含まれます。というよりそちらの方がほとんどと言って良いです。

 遺伝子は転写や複製を制御している部分を除けば、どとのつまりはタンパク質しかコードしていません。でも私達の身体はタンパク質以外の物質もたくさんありますよね。ではなぜ私達の身体ができ、様々な活動ができるのかというと、遺伝子が「生物の設計図」ではないからです。
 例えば骨だと、遺伝子は骨の構成や構造を直接コードしているわけではありません。骨を作る化学反応を媒介する「酵素」をコードしているのです。
 それを仮に「骨酵素」と呼ぶと、骨を作るときは、「骨酵素」をコードする遺伝子が活発にmRNAに転写され、骨酵素がたくさん作られます。その結果、カルシウム等を材料として骨が形成されるわけです。骨を作る必要がないときは骨酵素をコードする遺伝子はあまり転写されていない、というわけです。

 ですから、「遺伝子は生物の設計図」という例えは正しくありません。少なくとも誤解を招く表現です。
 もう少し誤解を避ける表現をするなら、「遺伝子は生物のレシピ」ですかね。
 設計図とレシピの決定的な違いは、完成品から設計図は再現することができるがレシピはできない、という点です。

 そして遺伝子は生まれた時点で、全ての細胞が「まったく同じ遺伝子」を持っています。生殖細胞は例外ですが、これは後述します。赤血球も核が除去されている(遺伝子を持たない)ので例外ですが、まあそんな細かい話はここではどうでも良いでしょう。
 唾液腺の細胞はトリプシンを産生する遺伝子は必要ですが、インシュリンを産生する遺伝子は不要ですし骨を形成する遺伝子も使うことはありません。ですがどの細胞もフルセットの遺伝子を持っています。そしてそれぞれの細胞が自分の役割に応じて必要な領域だけを転写~翻訳しています。

 というわけなので、例えば「二重の遺伝子」というものがあるわけではないんですよ。正確に言うと「二重を直接コードする遺伝子はない」ということです。瞼が形成される中で多くの遺伝子が複雑に関与して結果として二重になったり一重になったりしているわけです。
 それらの遺伝子群を完全に解析することは非常に難しい(完成品からレシピを再現することはできない)のですが、それらの遺伝子群の中で重要、つまりこの遺伝子がこのタイプであれば高い確率で結果的に二重になる、というような遺伝子が見つかれば、それは便宜的に「二重の遺伝子」と呼ばれたりすることは多々あります。
 多くの形態や性質は1つの遺伝子で決まるのではなく、多くの遺伝子の複雑な関与によって結果的にそうなっているわけです。(もちろんたった1つの遺伝子が決定的に形質を決定するような例もありますが)

 ですから、子供の頃は一重だったけれど成人して二重になった、というような場合でも、遺伝子が変わったわけではないのです。成長過程にもさらに多くの遺伝子が絡み合っていますから、それを全て解析するのは難しい、というより現状ほとんど不可能なのですが(人類の英知を数十年傾けていくつかは解析できてますが)、要するにそういう遺伝子を持った結果としてそうなった、としか言いようがありません。

 そして遺伝子は基本的に生涯変化しません。細胞分裂の際も「コピー」されているわけですから。
 もちろん一定の確率でミスコピーは生じていますが、その結果正常に機能しなくなった細胞は破棄されるだけですし、転写の際のmRNAも同じです。
 形質が変わるのはミスコピー程度ではなく、文章が変わるくらいの変化ですから(それもそもそもはミスコピーの積み重ねなのですが)、それが生涯の間に体内で多くの細胞に同じミスコピーが起きる確率は現実的にはゼロです。

 質問者さんが同カテゴリーにされた「遺伝について」の質問と併せて回答します。

 遺伝子の「複製」は、私達の身体の中で細胞分裂が起きる時に行われています。細胞が分裂して1個の細胞が2個になるとき、遺伝子もコピーされています。つまり複製です。
 また、身体の細胞が何らかの働きをするときは、ほとんど全ての場合に遺伝子が「転写」されています。つまりDNAからmRNAに転写され、それがアミノ酸配列に翻訳され、タンパク質が合成されているわけです。
 このタンパク質というのは身体の「構成要素」と...続きを読む

Q顔のたるみについて質問です・・・

顔のたるみについて質問です・・・

まだ20代ですが、昔太っていたこともあり、顔に邪魔なたるみと言うか、余分な皮膚がある気がします。
こういったものは顔の体操やマッサージで引き締まるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

ダイエットして痩せた時に
体も皮膚がたるみましたが
時間と共に目立たなくなりました、なので質問者さんも大丈夫だと思いますよ

Q遺伝子とその転写

細胞内のゲノムDNAのある部分がそれぞれ、決まったタイミングや場所で転写されることが、細胞、器官の形や機能を作り上げる主要因と理解しています。タイミングや場所に関するシグナルが、プロモーターに伝わり、転写が開始されると考えるのですが、うまくイメージできません。
プロモーターはシス配列としてゲノム中にあるとして、そのトランス因子はどこから来るのでしょうか?転写因子がありますが、それはゲノムの別の位置にコードされているのだとしたら、転写因子のプロモーターがあるはずで、ということは転写因子の転写因子があって・・・のようにこんがらがってきます。

さらに例えばタンパク質の翻訳はATGから終止コドンまでという制御がされていて非常に分かりやすいのですが(転写は決まったときしか起きないけど、転写されたmRNAは基本的に全部タンパク質に翻訳される?)、mRNAとなる転写領域とはどこからどこまでなのでしょうか。遺伝子とはどの範囲のことをいうのでしょうか。(スプライスされた後のATG~終止コドンまで?それともその上流、下流を含めるなら端はどこ?)

つまり細胞があって、それがそれぞれ役割をもつ過程が不思議だということと、「遺伝子」という定義がわからないということです。分かりにくい質問ですが、どなたか教えていただけないでしょうか。お願いします。

細胞内のゲノムDNAのある部分がそれぞれ、決まったタイミングや場所で転写されることが、細胞、器官の形や機能を作り上げる主要因と理解しています。タイミングや場所に関するシグナルが、プロモーターに伝わり、転写が開始されると考えるのですが、うまくイメージできません。
プロモーターはシス配列としてゲノム中にあるとして、そのトランス因子はどこから来るのでしょうか?転写因子がありますが、それはゲノムの別の位置にコードされているのだとしたら、転写因子のプロモーターがあるはずで、ということは...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初の質問ですが、転写および翻訳に必要なタンパク質及び材料は分裂前の細胞からの持込で必要分揃っているはずです。単にゲノムDNAだけが裸で存在しても何も起こりません。転写開始しようにも酵素も核酸もありませんしね。

次に、転写される領域はATG~終止コドンまでと、その上流及び下流に翻訳されない部分も含みますが、その長さは遺伝子によってバラバラです。真核生物ですと(スプライシングの話をされているので真核生物を想定されていると思いますが)ATG~終止コドンの間に翻訳されないイントロンを含んだりしますし、原核生物ですとmRNA上に複数のコード領域があったりします。

「遺伝子」という言葉はタンパク質をコードしたり、発現調節に関与したりするなど、一つの機能に必要な最小単位を差しますが、具体的な範囲を決めるのは難しく、曖昧なものと成っています。というのも、質問にもありますが、転写産物のRNAは全てタンパク質に翻訳されるわけではなく、何のために翻訳されているか分からないものが数多く存在することが分かってきているためです。一部はRNA自体で触媒機能を有したりもします。

以上、長くなりましたが参考になれば幸いです。

まず最初の質問ですが、転写および翻訳に必要なタンパク質及び材料は分裂前の細胞からの持込で必要分揃っているはずです。単にゲノムDNAだけが裸で存在しても何も起こりません。転写開始しようにも酵素も核酸もありませんしね。

次に、転写される領域はATG~終止コドンまでと、その上流及び下流に翻訳されない部分も含みますが、その長さは遺伝子によってバラバラです。真核生物ですと(スプライシングの話をされているので真核生物を想定されていると思いますが)ATG~終止コドンの間に翻訳されないイントロン...続きを読む

Q顔のたるみを防ぐ顔の体操を教えてください

いつもお世話になっています。顔のたるみを防ぐ顔の体操やつぼおしを教えて下さい。お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

よくTV番組で専門の方が来て言ってるのは、朝起きぬけに百面相することだそうです。
鏡を見て、確かめながら行った方が良いかもしれません。

○眉毛を上げ、びっくりまなこにしながら、両眼の目玉を左右上下にゆっくり回す
○口を大きく、ゆっくりと「縦」→「丸」→「横」の形に開けていく
○指で触ると頬がピンと硬く張るくらい、空気を口の中に貯め、そのまま数秒キープ
○逆に今度は、貯めた空気をなるべくゆっくりと吐き出していく

これは顔全体の筋肉を鍛える運動だそうです。
ツボに関しては、以下のサイトをご覧になってみて下さい。

<ツボのつぼ ~顔のしわをとる~>

参考URL:http://www.vl.takaoka-nc.ac.jp/cgi-bin/tubo/pgsql/tubo.cgi?headline=10&id=1602033

Q遺伝子の転写

ある細胞が水溶性のホルモンの作用を受けてから核内の遺伝子が転写されるためには、どのようなイベントが必要か?以下の単語を用いて時系列にそって説明しなさい。不要な単語が含まれているので注意すること。

細胞内情報伝達・遺伝子プライマー・プロモーター・エンハンサー・転写促進たんぱく質・転写・RNAポリメラーゼ・ヒストン・クロマチン・アセチル化酵素・転写因子・リガンド・核内移行・オーファン受容体・PCR・受容体



この問題なんですが考えてはみたのですがさっぱりです。
おしえてください…(>□<)

Aベストアンサー

考えるより、教科書や参考書で調べてみてはいかがですか?

調べるにあたっては、列挙されている単語は最初は気にせずに

(1)水溶性ホルモンの細胞内シグナル伝達経路と
(2)一般的な転写のしくみ

を勉強してみると良いでしょう。

水溶性ホルモンに対して、脂溶性ホルモンがありますので対比して勉強してみてください。違いが理解できれば出題者の意図がある程度理解できたことになるはずです。

Qダイエットで生じた顔のたるみを取りたい

痩せているのにあまり子顔にならないと思っていたのですが、どうやらダイエットによって生じた顔のたるみが原因のようです。
知り合いの医者の話によると太っている人がダイエットすると生じるお腹の脂肪のたるみと同じく自然と取れるものではないそうです。
又、顔のエクササイズ等をしてもあまり意味は無いと言われました。
この意見を信じていないわけではないのですが、どうしてもたるみを無くしたいのですが何かいい方法はないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 肥満は脂肪細胞が膨らんでいる状態で、痩せても脂肪細胞の数は変わらないので、太っている人がダイエットなどで痩せるとどうしてもシワシワでタプタプの肌(皮膚)になります。私は痩せて6年も経ちますが(痩せているのを維持している状態です)、シワが目だって見ばえがとても老けたままになっています。年月と共に少しは改善していますが、多くは期待できません。

Q真核生物遺伝子の一時転写産物

真核生物遺伝子の一時転写産物が、そのmRNAと異なるのはなぜですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

DNAの中には情報を持ったエキソンと無意味なイントロン部分があり、そのまま複写した状態では無意味なイントロン部分も含まれるため、イントロン部分とエキソン部分が切り離されて、エキソン部分がつながれます。(スプライシング)
この過程を経るため一時転写物とmRNAは異なります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報