ギタースケールを何個か覚え、作曲に生かそうと思ったのですが、いざ譜面を前に、ギターを片手にしたところ、いったいこの数あるスケールをどう使えばいいのか全く分かりませんでした。
 
 
 もちろん正解などないと思いますが、コツかなにかを伝授していただければ嬉しいです。

A 回答 (3件)

>頑張って覚えたのにまた勉強ですね(泣) コードに乗せるということは、例えばコード進行が


C G F Am とすると、コード名と同じC~スケール G~スケール F~スケール Am~スケールなどとコード音と同じ音のスケールを使えば上手くいくのでしょうか。

それは違います。
そのような使い方もありますが、それはやや高度なアドリブのときです。
キーがCメジャーで、コードがCGFAmとすると、それはすべてダイアトニックコードなので、キーCメジャーのダイアトニックスケールを使って作曲をすればよいのです。
キーというのは、ダイアトニックスケールそのもののことです。
スケールには3つの役目があり、それは
1.メロディーを作るときの母体
2.伴奏用コードを作るときの母体
3.キーの決定
です。
キーがCメジャーということは、Cメジャースケールの所属音(ダイアトニック音)から音が選ばれ、長くしたり短く使ったりして、きれいに聞こえるように配列し、メロディーができあがります。
また一方、Cメジャースケールに所属する音(ダイアトニック音)を、基礎にして、その基礎音から奇数番目の音を、縦に3ないし4個を積み上げるとダイアトニックコードが出来上がります。
ここで重要なことは、メロディーもコードも、その構成音は、同一のスケールから選ばれた音だということです。これが、「共にダイアトニックである」ということです。
いわばキーは、音楽のDNAであり、DNAの違うものをいっしょに鳴らすことはできません。
キーがCメジャーで、コードがGだからと言って、Gのスケールを使うことは間違いです。DNAが不一致だということになります。
コードがGであっても、キーはCメジャーなのだから、Cメジャースケールから音を選ばないと不愉快なことになります。Fの場合も、Amの場合も同じです。それらもキーCメジャーのダイアトニックコードですから、メロディーもキーCメジャーのダイアトニック音から選ばれていないといけません。
「キー」と言う言葉、そして、「メロディーもコードも共にダイアトニックである」ということを理解しなければなりません。またキーCメジャーのときのGコードにGメジャースケールを使った場合は、「Gアイオニアン」、FコードのときにFメジャースケールを使った場合は、「Fアイオニアン」スケールを使ったと言います。また、キーがCメジャーにおいてAmコードのときに、Amスケールを使うことを、「Aエオリアン」スケールを使うと言いますので、検索してお調べください。それらはアドリブのときに、あえて「はずす」面白さを狙ったものであり、もとのメロディーを作るときは、キーが曖昧になる音を使うことは避けるべきです。
キーがCメジャーなのに、F#の音やB♭の音が出てくるというのはよくありません。
    • good
    • 0

はじめまして!


私はギター歴20年のものです。
お困りの内容は私も同じ経験をしたことがありますので分かりますよ。
 おそらく、スケールの知識を応用すれば今まで自分のプレーにはなかったギターソロやインプロバイズになるかもと思って面倒なスケールを勉強されているのではないのでしょうか?
 すでにお分かりかと思いますが、スケールのほとんどはそのまま弾いても響きがわからない??のではないでしょうかメロディックマイナースケールなどのように弾いてみると『Yesterday』の主旋律になるような分かりやすいものもありますが、基本的にはバックで鳴っているコードによってスケールの持つ特有の響きが出てきます♪
 ですから、全く同じポジションと運指でもバックで鳴るコードによってスケール名が変わってくるのです!
 つまり、スケールはコード有りきのものなのです。
 そこで、有効な練習方法としてはご自身で作曲された曲や好きな曲のコード進行にひたすらにスケールをかぶせてみて、スケールの響きを体得するというのは有効だと思います。そうすることで自分の好きなギタリストやミュージシャンがよく使うスケールが何なのか確認が出来るはずです。
 ただ、私の個人的な意見ですが現代音楽ではこのスケールというものは後付けの理論のようなものと解釈しています。
たとえば、あの有名なジミヘンドリクスにしてもジミヘンスケールなるものもあり、彼のプレイを実際に譜面に起してみて何かの既存のスケールに解釈しようとしても出来ない場合が起こります。 
 何が言いたいのかといいますと、現代音楽では特に即興演奏などでは理論的なことよりもより実践的なセンスが大切で、そのセンスを磨くためには常に自分の理想のハーモニーや展開を考えることが一番大切で、ここはこのスケールを当て込もうと考える人はおそらくいないということです。
 ジャズの即興演奏ではさまざまなスケールが細分化された激しいコード進行のなかにちりばめられていますが、ジャズを発明した黒人は理論を知らなかったと思います。 セッションにセッションを重ねてたどり着く境地といえばよいのでしょうか?
 繰り返しになりますが、コード進行に合わせて弾いてみてください。さらにその時同時に弾きながら一緒に同じメロディを歌ってみてください。
そうすれば、思いついたいいメロディがすぐに再現できていい曲が出来るようになりますし、楽器の演奏も自在になるはずです。
 長々と書き綴り、w52sh-2007 さんが欲しい回答では無かったらごめんなさい。

 
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなって申し訳ありません。
その作った曲にスケールをかぶせる という行為がいまいちわからないんですね汗
もっと勉強してみます。

お礼日時:2011/05/03 00:30

>ギタースケールを何個か覚え、作曲に生かそうと思ったのですが、いざ譜面を前に、ギターを片手にしたところ、いったいこの数あるスケールをどう使えばいいのか全く分かりませんでした。


>もちろん正解などないと思いますが、コツかなにかを伝授していただければ嬉しいです。


スケールというのは、どのようなジャンルの音楽を作りたいのかによって使うものが変わります。また、どのような音楽を作る、ということによって、使うリズムやコードも変わりますので、まず、これを明確にしないといけません。
音楽には様式・形式というものがあり、これを守らないとそれらしくなりません。
例えば、タンゴにはタンゴのリズムと使用されるコード、コード進行やメロディーの性格、寸法などがあり、またボサノバにも同じように、特有のリズム、コード進行などがあります。そのために、その曲を聴けば、曲名は分からなくても、「あ、タンゴだね!」とか、「どこかからボサノバが聞こえてくる・・・」というようなことがあるのです。

ズバリ、タンゴだ、ボサノバだ、と言うものではなくて、「タンゴ風」「ボサノバ風」ということも言われます。そのような意味で「~風」を出すための使い方の一例としては
キーがCメジャーとして
普通のポップスのときには、「Cメジャースケール」を使ってメロディーを作ります。
カントリー風の曲や、のどかな感じの曲、毒の無い曲のときには、「Cメジャーペンタトニックスケール」を使って作曲します。
ブルース調、ロック調のかっこ良い曲風の場合は、「Cマイナーペンタトニックスケール」を使います。
ジャズっぽい曲のときには、「Cマイナーペンタトニックスケール+ブルーノート(♭5)」を使います。
歌謡曲調の場合は、「Cメジャーペンタトニックスケール」を使います。

このようにスケールを使い分ければ、同じようなメロディーラインでも雰囲気がころっと変わります。
ただし、一番重要なことは、スケールというのは、伴奏との相互関係で、それらしさ、雰囲気がかもし出されるので、メロディーだけを弾いても何の効果も得られません。
したがって、作曲する場合は、まずコード進行を決め、それに基づく伴奏トラックを作り、それに上記のスケールから作られた各々のメロディーを乗せてみるという手順でやらないと勉強になりません。そうすることで、はじめて「なるほど」という納得がいきます。
慣れてくると、メロディーを作りながら、伴奏のコード進行を並行的にイメージしながら作っていくことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなって申し訳ありません。なかなかスケールだけでは活用できないんですね。
頑張って覚えたのにまた勉強ですね(泣) コードに乗せるということは、例えばコード進行が
C G F Am とすると、コード名と同じC~スケール G~スケール F~スケール Am~スケールなどとコード音と同じ音のスケールを使えば上手くいくのでしょうか。

お礼日時:2011/05/03 00:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q縮尺60分の1の設計図を600分の1の三角スケールで計って実際の長さを出すには? 今日生まれて初めて

縮尺60分の1の設計図を600分の1の三角スケールで計って実際の長さを出すには?

今日生まれて初めて三角スケールなるものを仕事で使い始めました

何が何やら…さっぱりです

配管図をスケールで計って おおよそに材料(菅)の長さを計算して出したいのですが
計算の仕方が全く分かりません

詳しい方教えて下さい(T_T)

Aベストアンサー

1/600のサンスケですから目盛10のところで10m。
1/60に読み替えれば目盛10のところが1m。

Qギタースケールやギターアレンジソロについて

ギターの理論について独学で勉強中なのですが自分の好きな曲などにアドリブでギターソロなどを入れ込んで演奏したいのですがどのスケールを使って良いかがいまいち理解できません。教本などをいくつか読んでるのですがスケールについてのことは書いてあるのですがそのスケールをいつどこで使用して良いのかを書いておりません。
やりたい曲なのですがこちらは耳コピでコピーしたので細かいコードまではちょっとわかりません。パワーコードだとわかるのですがそれがマイナーなのかメジャーなのかなんとかセンブンだのまでがわからずスケールやスウィープ、ライトハンドなどを取り込んでアドリブしたいのですがわからず自由にアドリブできない状態です。しかし皆さん映画やアニメやその他いろんな曲を自由にかっこよくギターアドリブをいれて演奏しています。私は根本的な何かがわかっていないのかわからないことがわかりません。大体の基本的なコードのしくみやダイアトニックなどのコード進行、スケールについては完ぺきではなく勉強中です。
ちなみに私がやりたい曲
http://jp.youtube.com/watch?v=i5SUSmedMm8
Nightwish - Phantom of the Opera
3:40~
5弦8Fと4弦10Fのパワーコードから5弦4Fと4弦6Fのパワーコードが演奏に一致します。
3:55~
5弦10Fと4弦12Fのパワーコードから5弦6Fと4弦8Fパワーコードが演奏に一致します。

3:40~ラストまでギターソロ(スケールやスウィープ、ライトハンド)を入れ込みたく思っております。長くなってしまいましたがどなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

http://jp.youtube.com/watch?v=i5SUSmedMm8

ギターの理論について独学で勉強中なのですが自分の好きな曲などにアドリブでギターソロなどを入れ込んで演奏したいのですがどのスケールを使って良いかがいまいち理解できません。教本などをいくつか読んでるのですがスケールについてのことは書いてあるのですがそのスケールをいつどこで使用して良いのかを書いておりません。
やりたい曲なのですがこちらは耳コピでコピーしたので細かいコードまではちょっとわかりません。パワーコードだとわかるのですがそれがマイナーなのかメジャーなのかなんとかセンブン...続きを読む

Aベストアンサー

1.好きなアーティストの曲をコピーする。これは大事です。
その中でアナリーゼを行い、どんなスケール、どんなコードが使われているかを体系的に学びましょう。

2.理論の勉強なしでアドリブは弾けません。いや、理論無しでもデタラメでアドリブは弾けますが、応用が効きません。
理論勉強については、下記サイトの各メニューをこなしていけば良いと思います。
このサイトの内容が全て理解できるようになれば、スケールもコードもモード奏法も身に付いていると思います、頑張って下さい。

(ギターにハマる)http://www.guitarholic.com/

Qギターのメジャースケール

この前質問させていただいた者です。
今回の質問なんですけどCメジャースケールを覚えれば他のメジャースケールは「ずらす」だけと色々なサイトに書いてあったのですが、それが分かりません・・・
私の考えてるCメジャースケールの開放弦を含む12Fまでのポジションを全部そのまんま移動するってことなのでしょうか?
だとしたらBメジャースケールはかなり高い位置から始まってしまうのでは?と考えてしまいます。

恐らく私のメジャースケールの覚え方が悪いと分かっているのですが、今一度メジャースケールについて教えていただきたいです。

Aベストアンサー

そのあたりは、ギターの構造的なところを整理して捉えておくとわかりやすくなると思います。

1)
ギターの指板上の音程は、同一弦上の1フレット分の差が1半音分の音程差を持つことになります。つまり、1フレット分ハイポジションにずれれば音程も元の音程から半音分高くなり、逆に1フレット分ローポジションにずれれば音程も元の音程から半音分低くなります。3フレット分のズレになれば、音程差も半音3つ分、1音半の差になります。同一弦上での12fの差は、ちょうど1オクターブの差になります(これは、指板上のポジションマークの関連と絡めるとわかりやすいでしょう。3fと15fのポジションマークは1オクターブ差の関係に、同様に5fと17f、7fと19f、9fと21fも、それぞれが同一弦上において1オクターブ差の同じ音程が出るポジションを示唆しています)。

2)
また、ギターには6本の弦が張ってあり、ある特定の音程が複数の弦上で得られるケースもあります。たとえば、チューニングの時に各弦の音程差であわせる時に利用される、6弦5fと5弦開放の二つのポジションはどちらもA、5弦5fと4弦開放はどちらもD、4弦5fと3弦開放はどちらもG、3弦4fと2弦開放はどちらもB、2弦5fと1弦開放はどちらもEという関係が成り立ちます。
この音程差と上記のフレットごとの音程差を組み合わせて考えれば、例えば1弦開放のEと同じ高さの音程は、2弦5f、3弦9f、4弦14f、5弦19f、6弦24fの各ポジションで、2弦1fのCと同じの音程は3弦5f、4弦10f、5弦15f、6弦20fの各ポジションで、それぞれ得られるということになります。

3)
特に特定のポジションで出る音のオクターブ差の音程のある位置については、こちらも先の同一弦上でのフレットと音程差の関係を応用して、同一弦上であれば基準のフレットの+12fの位置、高音側にひとつ隣の弦上であれば基準のフレットの+7f(3弦上が基準の場合は+8f)、高音側に二つ隣の弦上であれば基準のフレットの+2f(3・4弦上が基準の場合は+3f)が、高音弦側に三つ隣の弦上であれば基準のフレットの-3f(4・5弦上が基準であれば-2f)が、それぞれ基準の音程の1オクターブ上の音程が出るポジションになります。
具体的に例を挙げれば、6弦5fのA音を基準とすれば、1オクターブ上のA音は、5弦12f(5+7f)、4弦7f(5+2f)、3弦2f(5-3f)の各ポジションで得られることになります(ちなみに、前述の通り6弦5fのAは5弦開放のAと同じ音程になります)。同様に5弦3fのC音を基準とすると、1オクターブ上のC音は4弦10f(3+7f)、3弦5f(3+2f)、2弦1f(3-2f)の各ポジションで得られます(こちらもちなみに、5弦3fのCは6弦8fでも同じ高さの音程が得られます)。

これらのような相対的な関係があることを、まず頭に入れておくと良いでしょう。


その上での話になりますが、ある特定のスケールの音程の配置を、ギターの指板上に展開した場合、そのポジションの図を弦の張られている方向に沿って平行移動すると、そのスケールは基準音の異なる同じスケールになります。もっと判りやすくいうと、Cメジャースケールの構成音のポジションを、そのまま弦の張られている方向に沿って平行移動させると、別の音程を基準とする別のメジャースケールに変わるということになります。
例えば、Cメジャースケールの形を崩さずに1フレット高い方にずらすと、そのポジション図はC#/Dbメジャースケールの図に変化します。同様に元から4f分高い方にずらせば、そのポジション図はEメジャースケールの図に変化します。
また、Bメジャースケールのポジションについてですが、こうしたスケールのポジションを考慮する場合、オクターブ差の音程も含めてスケールを構成する音程として捉えるのが普通です。ですので、Cメジャースケールを平行移動してBメジャースケールを想定するのであれば、上の方にずらすことばかりを考えるのではなく、1f分低い方にそのポジション図を平行移動させてやることでも、Bメジャースケールのポジション図を導くことが可能です。
ギターは鍵盤などとは違って白鍵・黒鍵の区別がないので、こうした移調に関しては、ポジションの平行移動という形で、より単純に捉えることが可能です。この関係は、カポタストを使うことで簡単に移調ができることなどの根拠になっています。

より実践的に捉えるなら、その与えられたスケールの構成音のポジションについて、それと同じ音程が得られる別のポジションを使ったスケールの配置などについても検討してみるのが良いでしょう。Cメジャースケールで5弦3fから始まるポジションの図を考えるなら、開放弦を使っているところを隣の低音弦で同じ音程が出るポジションに置き換えてみたり、あるいは5弦3fと同じ高さの音程が出る6弦8fを基準として同じようにCメジャースケールの構成音が出る音程を拾って、それぞれ別のポジション図を割り出してみるなども有益な試みだと思いますよ。

なお、スケールを構成する音程の配置を捉える場合は、基準とした音程から上の音程だけを相手にするのは、片手落ちといえるかもしれません。基準としている音程がどこにあるのかをきちんと見据えて忘れないことは大切なことですが、基準とした音程よりも低い方にもそのスケールを構成する音程が配置されている可能性についても十分に注意を向けるべきでしょう。
例えば、5弦3fのCを起点としたCメジャースケールを考える場合でも、6弦開放のE、6弦1fのF、6弦3fのG、6弦5fないし5弦開放のA、6弦7fないし5弦2fのBも、Cメジャースケールを構成する音程として忘れずに捉えておくのが良いと思います。
スケールを考える上では、どこを押さえればその構成音が出せるのかに注目することも大切ですが、スケールが具体的にどのような音程から構成されているのか、その構成音のそれぞれの音名や、基準音からの相対的な音程差の関係を整理して捉えておくことも大切なことになります。特に、基準音に対する各構成音の相対的な音程差を整理して捉えることは、基準音が異なる同じスケールを総括して把握する上では欠かせないアプローチになりますし、効率的にスケールを見通すのに役立つはずです。この点については、各音程の表現方法として、基準音に対する音程差を数字で表現する"度数表現"を把握しておくとより良いと思います。いずれにしても、そうした面からのアプローチについても、忘れずに意識してみることをお勧めします。
また、レギュラーチューニングの際の、各ポジションで得られる音程の配置について、きちんと整理して音名を把握しておくことも大切でしょう。こちらについては、図を描いて覚えてしまうのも手です。
スケールに含まれる音名と、指板上のどのポジションでどの音程が得られるかの両方が判っていれば、スケールの配置図の丸暗記をしなくても自力でポジション図を想像できるようになるはずですし、それができるようになっておく方がいろいろと応用が利くようにもなるでしょう。またこうしたアプローチ法は、スケールのポジション図を考える時だけではなく、コードフォームを導き出す時などにも有益な手法になるはずです。

こうした情報などに関しては、音楽理論に触れて解説している本などを参考にして把握するのが良いでしょう。最近ではギタリスト向けに書かれた音楽理論の解説書、教則本なども多く出版されています。そうした本を当たってみることもお勧めしておきます。リットーミュージックの「宮脇俊郎のらくらく理論ゼミナール」などは、ギタリストにとってはとっつきやすいかと思います。

長くなりましたが、参考になれば。乱文失礼しました。

そのあたりは、ギターの構造的なところを整理して捉えておくとわかりやすくなると思います。

1)
ギターの指板上の音程は、同一弦上の1フレット分の差が1半音分の音程差を持つことになります。つまり、1フレット分ハイポジションにずれれば音程も元の音程から半音分高くなり、逆に1フレット分ローポジションにずれれば音程も元の音程から半音分低くなります。3フレット分のズレになれば、音程差も半音3つ分、1音半の差になります。同一弦上での12fの差は、ちょうど1オクターブの差になります(これは、指板上の...続きを読む

Q【ベース】ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケール

ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケールのベースについていくつか質問があります。

1、それぞれのメリット・デメリットを教えて下さい。

2、それぞれ何フラットぐらいありますか。

3、見分け方を教えて下さい。


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.慣れればどれもあまり変わらないけど、女子などでかなり手が小さい方はミディアムかショートがいいと思う。男子は全く気にする必要なし。

2.フレットのことを訊いているのなら、だいたい20から24フレットある。

3.だいたい次の4種類あるので、メジャーを当てて計ってみれば分かるよ。 
・スーパーロングスケール(35インチ=約890mm)
・ロングスケール(34インチ=約864mm)
・ミディアムスケール(32インチ=約814mm)
・ショートスケール(30インチ=約762mm)

楽器店なら店員さんに訊けば、ちゃんと教えてくれるよ。

Q図面1/70スケールを1/50にするには何倍に?

不動産屋から1/70スケールの図面をもらいましたが、三角スケールに1/70はないので、1/50のスケールにしたいのですが、何倍にすれば分かりません。

単純に70÷50=140%にしてもだめでしたし、
50÷70=71.42にしてもだめなようです。

どうか宜しくお願い致します。(計算式もお教え頂ければ有難いです。)

Aベストアンサー

No5です
添付図の正方形が縦横比が歪んでしまったので
載記しますね、これもだめなら正方形だと読み取ってください。、

Qアコースティックギターで作曲をしているものです。ギター一本だと物足りな

アコースティックギターで作曲をしているものです。ギター一本だと物足りないのでアコギ二本で考えているのですがコード進行が「C-F-G-C」の時、もう一本はどのように弾けばよいでしょうか?ちなみにアルペジオです。カポを使ってキーが同じになるようにコードを弾くか、スケールって奴を弾けばいいでしょうか?

いまいちわかりません。ちなみにフォークソングでよく使われるスケールって何スケールですか?

Aベストアンサー

>アコースティックギターで作曲をしているものです。

この作曲というのは、歌モノでしょうか?
それとも、ギターだけのインストでしょうか?
歌モノであれば、ボーカル以外のパート…
つまり伴奏を2つのギターで行うことになります.
1人がアルペジオなら、もう1人は違ったパターンで伴奏したほうが
良いと思います.
インストであれば、1人がメロディ、1人が伴奏です.

>ちなみにアルペジオです。

これは、2つとも、ギターはアルペジオを弾くのが決まっていると
いうことでしょうか?
でしたら、1人では演奏できないパターンを作ると良いと思います.
例えば、1人がローポジション、もう1人がハイポジションというのが、
すぐ思いつきます.
あるいは、タイミングをズラしたアルペジオも面白いと思います.
具体的には、1人は、8分音符のアルペジオで、もう1人が、
16分・8分・8分・8分…というように弾く.
すると、交互に音が鳴る状態になるので、トリッキーに聞えます.

>カポを使ってキーが同じになるようにコードを弾くか、

カポは、当然1度取り付けたら、演奏中に取り外しするのは困難です.
ハイポジションにカポを付けたならら、ずっと高音域で演奏することになります.
セーハを多用するのは手が疲れますが、カポは最後の手段と思ったほうが
良いと思います.

>ちなみにフォークソングでよく使われるスケールって何スケールですか?

フォークソング定番のスケールがあるわけではありませんが、ブルースの音階はよく使われます.
これは「ブルー・ノート」を使った音階のことで、例えば、Cメジャーの場合、
普通は「ドレミファソラシド」ですが、これに「ミ♭」「ラ♭」を加えるのです.
(音階の第3音、第7音を半音下げた音)
(場合によっては、第5音を半音下げた音も使われます)
具体的には、「ミ」と「ミ♭」を並べたり、「ミ♭」だけを使ったり…
使い方は決まってません.

また、「モード」(教会旋法)と呼ばれる音階を使うこともあります.
例えば「ミクソリディアン・モード」という音階で、Cメジャーの場合、
「ドレミファソラシ♭ド」となります.第7音が半音下がります.
これは、本来はVの和音(ドミナント)で使用される音階ですが、
これをIの和音で使ってしまうわけです.
Cメジャーの曲なのに、ずっと「シ♭」になっている状態なので、
慣れるまで作曲が難しいかもしれません.

あとは、5音音階(ペンタトニック)ですね.
Cメジャーの場合は、「ドレミソラ」、
Aマイナーの場合は、「ラドレミソラ」となります.
民謡や演歌やにも多いですが、フォークや一般的なポップスまで
幅広く使われています.
1曲丸まるペンタトニックではなく、サビでは普通の音階にする…
といった構成も多いです.この辺は工夫ですね.

>アコースティックギターで作曲をしているものです。

この作曲というのは、歌モノでしょうか?
それとも、ギターだけのインストでしょうか?
歌モノであれば、ボーカル以外のパート…
つまり伴奏を2つのギターで行うことになります.
1人がアルペジオなら、もう1人は違ったパターンで伴奏したほうが
良いと思います.
インストであれば、1人がメロディ、1人が伴奏です.

>ちなみにアルペジオです。

これは、2つとも、ギターはアルペジオを弾くのが決まっていると
いうことでしょうか?
でしたら、1人では...続きを読む

QServices.exeについて

Windows2000/XPなどでは、一部のサービスはServices.exeというファイルから開始されていますが、Vistaでは、Services.exeは無くなっており、ほとんどのサービスはsvchost.exeというファイルから開始されています。ですが、タスクマネージャーを起動するとServices.exeというプロセスが起動しています。Vista上で起動しているServices.exeとは、どんな役割を果たしているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
Services.exeはスタートアップアプリケーションのWininit.exeの下。サービスとコントローラのアプリケーションですね。
さらに、この下にWindowsホストプロセスである様々なsvchost.exeや一部のユーザースタートアッププログラムがぶら下がっています。

階層的に言うとこんな感じだと思います。

Q作曲 作曲 作曲!

作曲を勉強するための

おすすめの本を

教えてください!!!!!

Aベストアンサー

裏口からの作曲入門
裏口からのMIDI入門
がお勧めです。
値段も手頃で1900円代です。

この2冊の内、MIDI入門なら、Dominoで作曲が出来るようになると
思います。

Q英文修正「The nanoscale dispersion is "a" reason "that

「The nanoscale dispersion is "a" reason "that the cells showed a higher capacity than A"」という文章を下記のように修正されました。
「The nanoscale dispersion is "one" reason for "the higher capacity of the cells compared to A"」

「a」と「one」の使い分け と 後半なぜこのように修正されたか教えてください

Aベストアンサー

2つの文で微妙に意味が違います。
上はreason why(that)で、reasonとthat以下が同格です。「高い能力を示す理由」
下は reason for で「高い能力のための理由」
I have my own reason for doing this. これをするには、私なりの理由がある。

論文でははっきりと一つの理由 の意味で 可算名詞につける通常の a ではなく、Oneにすべきです。

比較級では厳密なルールがあります。
 *同種のものを比較する。  このため、---bigger than that of--- と同じものを示すために、That ofを入れます。
 *重複するものは省略する
   He is taller than she is tall. He is taller than she.
この場合Aが何かはわかりませんが、この2つのルールに合っていると文法的にはOKです。

QEpiphoneギターについての質問と2個目ギターの購入についての質問

Epiphone Les Paul Standard EBとEpiphone YEC 1956 Les Paul Standard EBとではどのような点が違うのですか?

また、自分はギターをはじめて3,4ヶ月で、少し前に学園祭でLIVEをやった中学3年です。最近すこしTAB譜を使って、リードギターができるようになってきました。
そんな自分に向いているギターってどんなのでしょうか。
今はGio Ibanez GRX90(たぶん)を使っています。
ちなみにGRX90は結構軽量なほうです。
自分はレスポールタイプの黒がベースで白が真ん中に。っていうデザインのができればほしいです。
 

Aベストアンサー

>そんな自分に向いているギターってどんなのでしょうか。
自分が気に入ったギターを買えばいい、ってことですが。
自分の経験からいうと、エクスプローラとかフライングVに代表される変形ギターというのは、見た目はかっこいいのですが、大きすぎたり、取り扱いが不便なことがあります。
ですから、Les Paul、SG、ES-335、Telecaster、Stratocasterのような一般的でよく売れているギターのほうが無難です。
デザイン的には、SGやStratocasterのほうが洗練されてきていると思いますが、Les Paulに比べてSGは軽量なので重低音の伸びという点でLes Paulのほうが優れているといえるかも知れません。
フェンダーとギブソンでは、フェンダーがロングスケール、ギブソンはミドルスケールで、フェンダーのほうが弦が長く、フレットの間隔が広くなっています。手の小さいひとにはギブソンのほうがいいかもしれません、が、ネックの太さも考慮しなければなりません。
フェンダーのシングルコイルピックアップでは高音域のシャリシャリした音が出ますが、同じシングルコイルといってもP90は又違う音がします。
SGは本来トレモロユニットがブリッジについていたものなので、普通のテイルピースのものでは、お尻が軽くなっています。そのため、滑りやすいストラップだと手を離したときにヘッドがさがって床にごっつんします。
ES-335はセミアコといわれ、ボディに空洞がありますが、あまり箱鳴りはしないと思いますし、重量はレスポールと同じくらいだと思います。
Casinoは同じように見えますが、実はこれはフルアコで良く箱鳴りしますし、ボディは軽いです。ES-335はセンターブロックという木のブロックが中央にありますが、Casinoにはこれがありませんので、軽くなっています。その分、ネックがボディに食い込むような位置に来ています。

私が、最初のストラトからレスポールに変えたのは、音のパワーと伸びという点でレスポールにかなわなかったからです。同時になんちゃってストラトの欠点もわかってきたからです。

以上をギター選びの参考にしてください。

>そんな自分に向いているギターってどんなのでしょうか。
自分が気に入ったギターを買えばいい、ってことですが。
自分の経験からいうと、エクスプローラとかフライングVに代表される変形ギターというのは、見た目はかっこいいのですが、大きすぎたり、取り扱いが不便なことがあります。
ですから、Les Paul、SG、ES-335、Telecaster、Stratocasterのような一般的でよく売れているギターのほうが無難です。
デザイン的には、SGやStratocasterのほうが洗練されてきていると思いますが、Les Paulに比べてSGは軽...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報