ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

真珠湾攻撃は奇襲攻撃だったのですか?
確かめようはないのでしょうか?

A 回答 (8件)

ちゃんと日本は宣戦布告の電報は送ってたらしいですが当時アメリカ日本大使館はその電報をアメリカに提出(表現間違ってるかも)し忘れ、アメリカが知らない間に日本軍が真珠湾に攻撃してしまったので結果的に奇襲攻撃になってしまったのです。

    • good
    • 1

 アメリカの視点から見れば、もし西側から攻め込まれるとすれば、まっさきにハワイは思い浮かぶ(ミッドウェーは何にもないので占領されてもかまわん)。

だから、OSSのドノバンなどはうすうす感じてはいたけれど、それまで本土が戦場になったという意識がないので、びっくり。つまり結果として奇襲になった。結局は官僚による動きの鈍さが、ちぐはぐさを煽っているような気がする。
 ただ、当時ハワイ周辺のソ連の漁船が大挙していなくなったという話を聞いたことがあるが、こんなことを調べている人がいないので、今ひとつはっきりしない。
    • good
    • 1

アメリカという国は、モンロー主義でもわかるようにヨーロッパと関わりたくなかったんです。


第一次大戦でも最初は知らんぷりしていました。
でも結局ドイツ潜水艦による無差別攻撃に怒り参戦しました。
第一次大戦終了後もモンロー主義はまだ生きていて結局国際連盟に参加しませんでした。

このようなわけで第二次大戦時も日本と戦うのは比較的容易だけど、ナチスドイツも同時に相手にすることになるので渋っていました。
真珠湾攻撃も極秘情報としてつかんではいましたが、せいぜい大事な空母を退避させただけでした。アメリカは日本と戦争になれば空母は不可欠と読んでいました。知らぬふりをして日本に奇襲攻撃をさせ、国民を怒らせ、対独戦争に向かって国民の心を一つにしないとヒットラーとはとても戦えぬと考えていました。まあそういうわけでして一応歴史の上では奇襲攻撃となっています。
日本は不名誉な奇襲をかけたと言われていますが、パールハーバーなどの映画を見た外国人の言葉を借りると「よくもまあ、日本はあのアメリカ相手に奇襲とはいえここまでやれたもんだなあ」と感嘆の賛辞を述べてくれます。
    • good
    • 0

戦争というのは卑怯な手でも戦術のうちですから、感情的な受け取り方とルールマナー上の受け取り方(合法かどうか)という2種類があります。


「戦争」というものを冷静に見つめるためにぜひ覚えていただきたいです。

戦争というのは、明らかに越権行為があるか、または宣戦布告をするか、で開始されるものです。
先日タイとカンボジアで戦争(衝突)がありましたが、あの地域は国境が明確でなくどちらも自国の領土を主張して対立しているところですから、宣戦布告が無くても奇襲とはいえません。

北朝鮮がヨンビョン島に砲弾を撃ち込んだもの、もともとが「休戦」状態ですから休戦協定違反であっても奇襲とはいえません。

真珠湾の場合は、隠密行動によってアメリカ政府に宣戦布告をしたらすぐに攻撃を行う手はずでしたので、そもそもが「奇襲作戦」であったといえます。しかも、大使館員の手違いで宣戦布告が攻撃に後になってしまったので、ルール違反の奇襲攻撃である、という批難をうけることになってしまいます。
しかし、奇襲作戦自体はルール違反でもマナー違反でもありませんから、宣戦布告と同時に攻撃をすることが出来たなら「日本は汚い攻撃をする」という批難は当たらないことになります。

しかしです。
では、宣戦布告が時間的に間に合ったとして、アメリカが受けたダメージとその後の合言葉「リメンバーパールハーバー」は変化していたでしょうか?

ほぼ間違いなくしていないと思います。なぜなら、アメリカが建国以来、自国の領土を攻撃されたのは真珠湾攻撃が初めてだったからです。アメリカとしてはとても大きな衝撃を受けたのです。
そして宣戦布告が攻撃より遅かったという事実が、アメリカ人の「フェアプレイ精神」に火をつけます。アメリカは今でもフェアプレイを尊重していて「野球でも満塁の時にはバントをしない」という暗黙のルールがあるからです。
一般的なアメリカ人はこれによって対日本戦への決意を固めることになったわけです。

しかも、アメリカ政府とアメリカ軍は日本の無線等を傍受して真珠湾攻撃があることを知っており、艦船や人員の損害と、その後の軍人や国民の士気の鼓舞を天秤にかけて、真珠湾攻撃を「奇襲」であったとプロパガンダすることに成功しています。

いわば日本の失態を、自分たちの有利につながるように情報を操作したのです。

これが戦争の実態です。多くのアメリカ人は真珠湾攻撃を「奇襲だった」と信じています。だからこそ大空襲をしても原爆を落としても正当性がなりたつわけで、アメリカ政府の言うことを信じているわけです。
そこに事実を突きつけてもなにも変わりません。アメリカ人にしても日本人にしても「人は自分が信じたいものを信じる」からです。

真珠湾攻撃は事実としてルール上「奇襲」だったことは事実です。しかし、それをアメリカ政府がプロパガンダに利用したのも事実です。大きな力に翻弄される庶民としては、どちらの政府もやっていることは汚くみえますが、それが国際社会の、そして戦争の現実なのです。
    • good
    • 5

すでに確認されてますよ\(^^;).



奇襲の意味も、政治的・戦術的二つありますが・・・・
どちらも奇襲です


・山本連合艦隊司令長官は
「だまし討ち」と米国民の反感買うことおそれ、
真珠湾攻撃の三十分前までに、駐米大使から宣戦布告を米政府に通告するよう
軍令部・海軍省経由で、外務省に念押ししたが、
大使館員の油断で、一時間後に通告するに
なってしまった。
※実は真珠湾攻撃より前に、海軍の護衛で、陸軍のシンガポール攻略部隊が、中立侵犯してタイ方面や、
マレー方面に上陸交戦してるが\(^^;)..

・米軍に発見されぬよう、わざと主要航路から外れて悪天候多い進路でハワイ沖
真珠湾の北方360キロに達した機動部隊から発進した
零戦・九七式艦攻・九九艦爆総計350機は、
午前7時49分、真珠湾に到達した。完全に虚を突かれた米軍の反応は鈍く、対空砲火もまばらで敵戦闘機も上がってこない。攻撃隊を率いていた淵田美津夫中佐は、奇襲成功を確認。全機突撃を命じる。この時、有名な「トラトラトラ」という暗号を無線で打電した。その意味は「ワレ、奇襲に成功せり」である。(実は、オアフ島の山中に特設された電波監視所のレーダーは、とらえていたが、本土から、
B-17の増援が来ると知らされていたので、それと思い込み、報告を司令部に行わなかった)



    • good
    • 2

表面上の歴史上では「奇襲」とされてますが、実際はアメリカは日本が真珠湾を攻撃する事は解っていた様です。

大体、太平洋戦争自体、アメリカが日本潰しの為に策略したもので、軍部はそれに引っ掛かり、御前会議を経て「無謀な戦争」に突入したわけです。昭和天皇は最後までこの戦争には反対でしたが、軍部に押し切られ、止む無く開戦をする事になりました。真珠湾攻撃は事前にアメリカは知っていたと言います。わざとにアメリカが一方的に奇襲攻撃をかけられて、世界に「日本は卑怯だ」というイメージを植え付けさせ、世界を味方につけたわけです。このアメリカの作戦は功を奏しました。犠牲は多大なものでしたが、それ以上に「日本潰し」の大義名分を作る事に成功したんです。幾ら攻撃されたとは言え、余りにも、アメリカがあっさりやられた感があります。それは反撃を最小限にしたからです。

アメリカの機密文書(今でも極秘)にそれが書かれてる様です。証言者が少なくなった今、太平洋戦争の真実が語られる日は来ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりそうなんですね。パールハーバー、パールハーバーというアメリカ人にも理解してほしいなと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 06:12

米国が攻撃の恐れがあるとして空母だけは退避させたので、完全な奇襲攻撃とは言えません。


確か、米国の日本の資料を基にしたドキュメントテレビを遣っていた様な気が・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ドキュメント、探してみますね。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 06:10

現地の米軍にとっては奇襲でしたが、アメリカ政府はすでに暗号読解によって周知のものでした。



当時アメリカ国内の世論ははヨーロッパ戦線の疲弊で嫌戦ムードがあり、対日開戦には慎重論も多い状況でした。

そこで「卑怯な奇襲をした日本をやっつける」という大義名分を作り上げるためにアメリカ政府はあえて日本の攻撃を「黙認」しました。

こういう資料はたくさんありますので書店・図書館でお探しになるのも良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>そこで「卑怯な奇襲をした日本をやっつける」という大義名分を作り上げるためにアメリカ政府はあえて日本の攻撃を「黙認」しました。

そうですか。。。アメリカ人でそれを知ってる人は少ないんですかね。。
図書館も行ってみますね!ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 06:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真珠湾攻撃は奇襲かそうではないか。

真珠湾攻撃は,奇襲説とそうではなかったとする説と2つあります。学生のころは,奇襲と教えられました。しかし,最近,奇襲ではなかったとの言を耳にします。
奇襲ではないの根拠や資料は何によるのでしょうか。
ご存知の方,教えてください。

Aベストアンサー

・日本から米国に対する宣戦布告は手配していたのだが、米側に渡るのが予定より遅れてしまったので、予告ナシの奇襲のようになってしまった。
(在米日本大使館の手違いか怠慢?と言われています)

・でも実はどっちにしろ、米国側は日本側の暗号を解読して、知ってたんじゃないの?という説。

どの程度正確か分かりませんが、ウィキペディアに「真珠湾攻撃陰謀説」というページがあります。
保護されたり削除依頼が付いたり荒れてはないようです・・・・・
参考文献が掲載されているので、そこらへんの書籍を見てみたらいいのではないでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AA%AC

Q真珠湾攻撃で空母を大破していたら?

真珠湾攻撃の日に空母3隻は湾にはおらず打ち漏らした事は良く聞きますが、この3隻を大破していたら歴史は変わったのでしょうか? 3年8ヶ月の太平洋戦争が4年になったのでしょうか?? 大勢には影響しなかったと思いますが、実際はどうでしょうか? 歴史にたら、ればで論じても仕方のないことですが、こうなった事には変わりないくらいのコメントでも頂けると参考になります。

Aベストアンサー

>歴史は変わったのでしょうか?

その可能性はあります。
日本の勝算は上がったでしょう。

真珠湾攻撃の時、太平洋にはアメリカの大型空母3隻がいました。
エンタープライズはオアフ島西約200浬に位置し、レキシントンはミッドウェー島南東約420浬に位置し、サラトガは本土のサンディエゴで整備中でした。
これが全て真珠湾で大破し(大破の状況にもよりますが・・・複数の魚雷を受け大きな損傷負って修理に手間取り戦線復帰に半年もかかるとか、そこまでの損傷ではなく2~3カ月で復帰するとか、色々考えられますが)、それと空母に所属する飛行隊も壊滅したと仮定しますが・・・
まず、最初の日本軍の真珠湾攻撃において空母を大破させたなら、日本軍は史実では行われなかった第二撃を行う可能性もあるかと。第二次攻撃を行わなかった理由の一つが敵空母の所在不明です。それが真珠湾で大破し、ましてや史実での戦果予測ではハワイの敵航空部隊も壊滅に追い込んでいる状況です。特に日本側の水平爆撃隊は損失機0でもありました。第二次攻撃を行いさらなる戦果を得たかもしれません。
それはともかく、当然、米国としては空母を大西洋から回すと考えます。

当時、大西洋には就役したばかりで訓練中のホーネット(1942年2月より任務開始)、レンジャー、ワスプ、ヨークタウンの4隻の大型空母がいました。
ただし、レンジャーは防御に問題のある艦であり、史実でも太平洋での戦闘は無理だと判断され主に大西洋で輸送、護衛、訓練、上陸支援などの任務につきました。1942年10月の南太平洋海戦で米国は無傷の大型空母が0隻となる「アメリカ史上最悪の海軍記念日」と米国側が言うほどの最悪の状況だったにも関わらず、レンジャーが太平洋に投入される事はなかった事から、真珠湾で空母3隻が大破してもレンジャーだけは大西洋で任務につくかと考えます。
なお、ワスプは史実では1942年に太平洋艦隊に編入されるまでは、マルタ島への戦闘機輸送任務を数回従事するなどしており、日本との開戦後、すぐに太平洋に投入するとすれば、その分、マルタ島の航空戦力が低下し、地中海を通る北アフリカ戦線のドイツ軍への補給路への攻撃がその分、和らぎ、ドイツ軍に多少有利な状況になるかもしれません。

そんなわけで、おそらくワスプ、ホーネット、ヨークタウンが太平洋に回されると考えます。
そして、ミッドウェー海戦までは史実と同じような展開になるのではないかと考えます。
そして珊瑚海海戦でも史実と同じように米国空母1隻が撃沈され、1隻が中破となり、ミッドウェー海戦になるかと思いますが、ここで仮定の上に推測でしかありませんが、真珠湾で大破した空母が修理を完了し戦線復帰。
米国は無傷の空母1隻に復帰した3隻の計4隻の空母で日本艦隊を迎え撃ちますが、問題は空母の航空部隊です。
史実では、ミッドウェー海戦での米空母部隊は訓練が完了していないパイロットまで作戦に参加させるほど切迫した状況でした。
今回はハワイ攻撃時に3隻の空母の航空部隊は打撃を受けているので、なおさら酷い状況かと思います。空母は戦線復帰しても技量の未熟なパイロットを多数使う事になり、この点において、日本側は非常に有利になるかと思います。

ただし戦争に絶対はありませんから、日本が史実通りミッドウェーで敗北する可能性も充分あります。
その場合は、やはり史実通りの展開となり敗戦の道を辿っていくかもしれません。

しかし、ミッドウェー海戦で勝利した場合は戦局が大きく動くかもしれません。
まず、ミッドウェーで米国側がパイロットの低い技量が災いして敗北し、空母が全滅したとして、日本軍が次に狙うのはハワイです。
これは史実でもミッドウェー海戦前に、9月以降を目処にしてハワイ攻略戦の準備命令が陸軍では既に出されています。
ですが、その前にインド洋が焦点になります。
史実では6月に北アフリカ要衝のトブルク要塞を陥落させたドイツ軍が勢いに乗っており、ドイツとイタリアからインド洋での通商破壊強化と有力な艦隊派遣の要請が来ていました。
この状況に日本もインド洋で潜水艦隊や水上艦部隊を派遣する命令を出し準備していましたが、ガダルカナルの戦いが生じ、インド洋での作戦は極少数の部隊に任される事になりました。
しかし、ミッドウェーで勝利すれば米国はハワイの防備強化と航空部隊、艦隊再建に忙しく、ガダルカナルへの反攻は行わないでしょうから、日本は史実で予定されていた通りか、それ以上の戦力をインド洋に投入して通商破壊戦を行うかと思います。

インド洋は連合軍にとって、北アフリカ戦線、ソ連へのレンドリース(ソ連への軍事援助で全体の約3割がインド洋を通りました)、ビルマ戦線、中国戦線への補給路であるばかりか、インドからイギリスへ戦略物資を運ぶ海上交通路でもありました。
もし、この海上交通路が阻害されれば、各戦線は崩れるかもしれませんし、イギリスは戦争遂行に大きく響くでしょう。
特にイギリスは1942年にはドイツのUボートの通商破壊戦により、穀物などの輸入量が低下し消費量が輸入量を上回り備蓄で何とか凌いでいました。また貯蔵していた商船の燃料も3ヶ月分を切っている危険な状況でした。これにインド洋でさらに大きな被害を被ればイギリスは持ち堪える事ができないかもしれません。
元々日本には政府上層部の言う「通商破壊戦により英国の死命を制し米国の態度を変える」「英米連合軍の弱点は英国にあると考えられる。海上交通を断ち英国を餓死せしめて英国を屈服せしむること最も捷径なり」「英国の屈服に際し之と直ちに講和する事なく英国をして米国を誘導せしめる」という、まず英国を叩き、それにより米国との講和へ持ち込もうと言う戦略がありました。これが実際に成功するかどうかはともかく、英国の死命は海上交通路にあり、もしインド洋を日本が制すれば、前述した各戦線に致命的であり、英国にも大打撃だった事でしょう。

また、日本の潜水艦隊は開戦時に南方とハワイ方面に大きく二分され作戦しており、ミッドウェーで勝利した場合も当然、インド洋だけでなくハワイ~米本土、オーストラリア~米本土間で通商破壊戦に全力をあげる事になるかと思います。
史実では大戦初期は日本の潜水艦も遠く米本土沿岸で暴れ周りましたが、戦局の推移とともにそれもできなくなりました。しかし、ミッドウェーで勝利し米国の大型戦闘艦艇も多くを沈めたとなれば太平洋で通商破壊戦に力を入れる事も可能になるかと思います。
そうなれば、米軍も大西洋にばかり護衛艦を投入するわけにもいかず、その分、大西洋のUボートが楽になり戦果を拡大し英国を一層苦しめる事になるかもしれません。

そして、太平洋ではハワイ攻略戦となりますが、日本の潜水艦の通商破壊戦がうまくいけば、ハワイの防備も思うようには進まないかもしれません。
攻略自体は制海権、制空権をとれれば可能かと思います。あまり陸軍の大兵力を投入できないでしょうが制海権、制空権を握れば圧倒的有利になります。フィリピン攻略戦やマレー攻略戦、ジャワ攻略戦でも日本軍は連合軍より兵力が少ないにも関わらず勝利したのは、そうした要素において勝っていたからです。

ハワイの失陥は米国にとり大きな衝撃となるでしょう。
そもそも開戦前の米国の新聞には「日本は我々を攻撃する事はできない。軍事的にも不可能な事だ。ハワイの基地にしろ日本艦隊の有効攻撃圏の外にある」と載っていたくらいです。
おそらく、ここで活気付くのが米国内の黒人などの有色人種です。
開戦時、米国は一つに纏まっていたかのように言われますが、実はそうでもありません。
第一次世界大戦で黒人は待遇改善、地位向上を目指し、戦争に積極的に協力しましたが終わってみれば何も実りはなく失望だけが残りました。その経験から第二次世界大戦に米国が参戦した時も、有色人種の間では冷ややかに戦争を見ている部分がありました。
また、大戦を勝ち抜くため軍の増強と軍需産業での人員確保に黒人も組み込まれますが、黒人のこれまでの不満を和らげ、また人手不足を解消するために、これまで働けなかった職場や地位に黒人が就きました。
それに反発したのが白人労働者で職場放棄や暴動を起こしています。黒人側も歴史的に差別されている事から当然不満と反発がありました。1943年だけでも全米47都市で100以上もの人種暴動が発生しています。これにより、軍需産業の生産にも影響が出ています。デトロイトの暴動では黒人が軍の武器庫に突入しようとしました。軍内部でも黒人対白人の暴動が発生しています。
暴動で逮捕された黒人指導者の中には「黒人は米国内の日本軍だ」「東条首相に日本の勝利を祈る」と言い放った人もいました。
日本の勝利がこうした米国内の不満分子である有色人種を刺激し、より一層、反政府運動を大きくするかもしれません。
もしそれが広がれば米国内は酷い紛争状態となり兵器や物資の生産は遅れ、生活用品の流通にも影響を及ぼし、市民の不満を更に募らせるかもしれません。ただでさえ戦争で食肉やバター、ガソリンや暖房用燃料等色々な物が配給で不足気味なのです。それが更に悪化したら・・・
そうなれば、米国は日本と戦うより先に国内問題を解決しなければならず、日本に有利な状況で講和という事になるかもしれません。

史実では、前述した1942年10月の「アメリカ史上最悪の海軍記念日」の後に、米国では上下両院議員選挙が行われましたがルーズベルトの民主党は51議席も減らしました。ミッドウェーで負け、ハワイも攻略されたら民主党はもっと大敗し、ルーズベルト政権ももたないかもしれません。

>歴史は変わったのでしょうか?

その可能性はあります。
日本の勝算は上がったでしょう。

真珠湾攻撃の時、太平洋にはアメリカの大型空母3隻がいました。
エンタープライズはオアフ島西約200浬に位置し、レキシントンはミッドウェー島南東約420浬に位置し、サラトガは本土のサンディエゴで整備中でした。
これが全て真珠湾で大破し(大破の状況にもよりますが・・・複数の魚雷を受け大きな損傷負って修理に手間取り戦線復帰に半年もかかるとか、そこまでの損傷ではなく2~3カ月で復帰するとか、色々考えられます...続きを読む


人気Q&Aランキング