水面に発生する油膜は水カビに変化することはあるのでしょうか?
油膜が水カビになるのではないかと心配しています。

回答お待ちしています。

A 回答 (3件)

油膜は、細菌類の死亡痕や藍藻類。


ミズカビは真菌類です。
油膜とミズカビは全く別のモノですから、一緒に発生することはあっても、油膜がミズカビに変わることはありません。

【油膜】
水槽の水面に発生する油膜(のように見えるもの)の正体は、主に2つ。
A・飼育水中で繁殖している細菌類が死滅した痕跡。
B・細胞内に気泡をもった微細な藍藻類の繁殖。

Aの場合は、水槽内で繁殖、死滅する細菌類は有限ですから、油膜はしつこくなく、数回、水替えを行えば油膜は落ち着きます。

Bの油膜は、一般にしつこい。
油膜原因の藍藻類は、水温、光、栄養などの条件さえ整えばどこでも発生します。

油膜原因の藍藻類の多くは、細胞内にガス胞を有するため水面に浮きます。
油膜を形成する藍藻類は、細胞の外側に粘質を持ち、お互いがくっついて群体を形成します。
この群体の繁殖速度は速く、短時間で水面に浮かぶ薄い膜として観察されます。
時には、洗剤のような泡を生じることもあります。
そして、油膜発生初期の群体に光が当たると虹色に光って、油膜そっくりに見えることがあります。
群体が、しっかりと成長すると、油膜と言うよりも、白色の膜のような有形の固まり状態を示すこともあります。

油膜発生原因の藻類類は、水槽内に自然発生する動物性プランクトンの主たる餌になります。
このため、水槽立ち上げ後、数ヶ月経過し安定した環境では、ほとんど油膜を見ることは無くなります。
安定した水槽で発生する油膜は、主に、Aの細菌類の死滅痕跡によるものが主体となります。

油膜原因の藍藻類は、動物性ブランクトンなど捕食者の発生前の、立ち上げ初期の水槽に多く発生します。

・油膜の撃退方法・
Aの場合は、マメな水替え。
Bの場合は、水面の攪拌。

水草育成のために、光量強めの水槽では、この藍藻類Bの膜が発生することは避けられません。
目に見えるか、見えないか、の問題で、必ず藍藻類は発生しています。
この発生した藍藻類に群体を作らせない方法が油膜対策となります。
藍藻類の群体形成を防ぐには、水面を波を立てたり、水面に流れを作ると効果的です。
CO2を添加していない水草水槽ならば、エアポンプによるブクブクの水面直下設置も効果的になります。
水面部分で攪拌させると、藍藻類は群体を作れず、油膜の発生を防げます。

【ミズカビ】
ミズカビは、水中の有機物に菌糸を伸ばし、それを餌とし分解吸収して成長する管状生物です。
ミズカビ本体の菌糸体は非常に太い菌糸で、肉眼でも見分けがつく太さがあり、その姿が陸上のカビに似ていることからミズカビと一般に呼んでいます。

ミズカビは、有機物いっぱいで富栄養化している水槽に発生しやすい生物です。

・富栄養化の原因因子。
1・餌の与えすぎ。
2・過密飼育(水槽の大きさに比べ、生体が多すぎ/大きすぎ)。
3・濾過能力の低い水槽。
4・底床材や濾過器の汚れた水槽。

・水カビの撃退方法
1・水槽水の清水化。
定期的な換水度合いを増やす。
餌の量を減らす。/餌の種類を変更する。
底床材や濾過器の清掃。
底面濾過器などの追加。
2・過密飼育の解消。
水槽を大きくする。

以上の諸策を、出来ることから根気強く行うことで、1~2ヶ月ほどでミズカビの発生しにくい水槽を構築できます。
ただし、原因が過密飼育にある場合は、効果が出ないこともあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
以前も回答していただきましたね、今回も回答してくださり僕としても大変嬉しいです。

今回は{油膜A}に当てはまると思われます。
水換えをいつもより多めにしていきます。

お礼日時:2011/04/27 22:00

http://blog.livedoor.jp/uotubo/archives/2533389. …

上記のような感じで水槽の油膜が水面に発生すると、水槽の内部も水カビに変化します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

URLのようなひどい状態ではないので、水カビにはなってませんね。

お礼日時:2011/04/27 21:53

金魚等の水槽に油膜が張るのは水草が腐敗し、硫黄が発生した事により硫酸塩が生じたのでこの状態に至りました。

水カビになるよりもソイル等の汚染を考えて珪酸塩が出る前にリセットし、個体がいる場合は疾病がでない様に心掛けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

僕の水槽には、現在友達から預かっているスッポンモドキがいるため、水草は入れてません。
そのため、このパターンには当てはまらない気がします。

お礼日時:2011/04/27 21:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネオンテトラを飼う場合水槽内に水草を入れれば、ろ過装置は必要ありません

ネオンテトラを飼う場合水槽内に水草を入れれば、ろ過装置は必要ありませんか?

Aベストアンサー

いや、ある。

ネオンテトラは大変に安価な熱帯魚ではありますが、「東洋の神秘」「門外不出」なくらいの繁殖技術を中華人が持っており、て世界各国に供給されているネオンテトラは、中華人民の独占市場になっています。

大変安価ではありますが、ネオンを繁殖できるヒトなんてほとんどいないくらいに繁殖=飼育も難しいかなりハイレベルな熱帯魚であります。

ネオンは、いっぱんのテトラ類熱帯魚にくらべると、もっともっと暖かい「ぬるま湯」みたいなところに生息しているのですが、雨季と乾季の差はあるももも、とにかくよく雨が振るような、新しい水が常にあるような環境にあります。
日本魚で言えば、イワナやヤマメなんかを小さくしたモノだと思うと良いです。

水草の水質浄化能力はアテになりません。
市販の水草も、そのほとんどの生息場所は、清水や湧水が出てるような所のモノで、ほとんどが水上で葉っぱを出すのが本来の姿で、水中に葉を出すのは、水位の上下が激しい山の川や谷みたいなところで生息している進化によってのものがほとんどで、自然界の上流域の環境を再現しないと、上手く育ちません。

水換えと、ろ過は必要です。

アナタが雨を降らし、アナタが山の土壌(ろ過)を作る、アナタが山の神様にならないと、水槽飼育では、ネオンも水草もすぐにダメになります。

いや、ある。

ネオンテトラは大変に安価な熱帯魚ではありますが、「東洋の神秘」「門外不出」なくらいの繁殖技術を中華人が持っており、て世界各国に供給されているネオンテトラは、中華人民の独占市場になっています。

大変安価ではありますが、ネオンを繁殖できるヒトなんてほとんどいないくらいに繁殖=飼育も難しいかなりハイレベルな熱帯魚であります。

ネオンは、いっぱんのテトラ類熱帯魚にくらべると、もっともっと暖かい「ぬるま湯」みたいなところに生息しているのですが、雨季と乾季の差はあるももも...続きを読む

Qベタの初期水槽の水面に薄い膜が・・・

ベタを飼い始めたばかりです。
できる限り、私も情報を仕入れ、うちの子たちに良い環境を作ってあげられるよう勉強したく、ベタ経験者の方のアドバイスいただければと思い、投稿させていただきました。

先週、ペットショップでベタ(トラディショナルオス×2、メス×2)を購入し、種水を300ccほどいただいて飼育しはじめました。
現在、メス2匹も含め、3~4匹用の金魚蜂で、全匹個別飼育しています。

麦飯石の砂利と、種水を各金魚蜂に4分の1~3分の1程度ずつ入れ、ベランダに1ヶ月ボトル放置してカルキ抜きした水に、1Lあたり10ml以上のジクラウォーターを混ぜたものを混ぜ、ベタが入っていた水もあわせて混ぜて、飼い始めました。

ここ2~3日、メス2匹の水槽の表面だけに、半透明の薄い白っぽい膜?? (水に浮かんだ、薄まった油の膜っぽい) みたいなものが、浮かんでいるのが気になります。

これは、何か不健全な水になっているのでしょうか?

初期の頃の水槽は、アンモニアとか亜硝酸などが溜まって色々な症状が出るので、試験紙などで毎日チェックして、魚に致命傷を与える前に水を調整しましょう、という情報をネットで見ましたが、
そのなかには、様々な水の症状が書かれていましたが、このように、水面に膜みたいに、何か半透明の浮遊物が出るような症状はかかれておらず、ちょっと心配になりました。

ベタ自体は、みんな元気に泳いでいます。
とくに変わった様子もありません。
しかし、我が家に到着したばっかりのメスが1匹、尾腐れ病みたいに尾ひれがボロボロになっていたので、薬浴中ではありますが・・・

それから、メスがどれくらいおなかが大きくなったら、交配OKなのかも、よくわからず
ネット検索してみましたが、メスのおなかのおおきさに、一定の基準がないのか、見本写真などを見つけることができませんでした。

我が家のメスは2匹とも、卵管は外からみえていますし、オスにあわせると婚姻線も結構ちゃんと出ます。
でも、おなかの大きさ・・・と言われると、どんなのが「大きいおなか」なのか・・・
あまり、あからさまに、ボールみたいにふくらんでいる、ということはないです。

こちらも、繁殖を経験されている方がいらっしゃいましたら、メスの産卵適齢期のおなかのおおきさなど、教えていただけたら嬉しいです。

できるだけ、彼らのことをわかってあげたいので、よろしくお願いいたします。

ベタを飼い始めたばかりです。
できる限り、私も情報を仕入れ、うちの子たちに良い環境を作ってあげられるよう勉強したく、ベタ経験者の方のアドバイスいただければと思い、投稿させていただきました。

先週、ペットショップでベタ(トラディショナルオス×2、メス×2)を購入し、種水を300ccほどいただいて飼育しはじめました。
現在、メス2匹も含め、3~4匹用の金魚蜂で、全匹個別飼育しています。

麦飯石の砂利と、種水を各金魚蜂に4分の1~3分の1程度ずつ入れ、ベランダに1ヶ月ボトル放置してカルキ...続きを読む

Aベストアンサー

水槽に油膜がはるのは一般的です
油膜は特に害はないです。
原因として考えられるのは食べ残しのえさや糞が油膜になるようです
油膜除去にはエアレーションがいいのですが
ベタにはエアレーション必要ないですから
油膜をこまめにとってあげるのがいいと思います
私の場合、半紙などを水面に浮かべてとってました。
新聞紙や広告の紙でもできます
雌の抱卵は白いぽっちが見えてるようなので大丈夫でしょう、ボールみたいにそんなに大きくなりません
ふっくらって感じで、ガリガリじゃなければ大丈夫です
雄が泡巣を作っていたらメスを入れて様子を見てください
最初の産卵は感動的だと思います
抱きついて卵がポロポロ落ちたのを雄が拾い集めて、泡巣につけます
がんばって飼育してください

Q35センチの水槽に合うろ過装置とエアーポンプ

35センチの水槽に合うろ過装置とエアーポンプ教えてください。

金魚のお部屋と言う飼育セットを買いました。
幅35.9センチ 奥行き22センチ 高さ26.2センチ 水容量18リットル ふちあり です。

和金2匹と水草と底に砂利をいれてます。
週1回の水かえ3分の1してます。
水かえするといつも白く濁っていたので調べたらバクテリアが定着してないと書いていました。
1ヶ月くらいしたら定着するそうですけど、1ヶ月たっても濁りがきえません。

セットについていた活性炭入り特殊ろ過材採用ロカボーイSと言うのを使用しています。
この1ヶ月間一度も掃除したことないです。
フィルター?スポンジ?部分は今茶色です。
これだけではろ過が十分ではない、不安が拭えないと言うような記事も見かけたので変えてみたいです。

エアーポンプとろ過装置とにわけてみようかなーと思います。
幅35センチの水槽向けの商品って少ないようで、選択幅なさそうですがおすすめのものあれば教えてもらえませんか。おねがいします。

Aベストアンサー

No.1です。
> 全部で エアーポンプ 外部ろ過装置 外掛けろ過装置 の3つを使うでいいですか?
・外掛け濾過器は必要ありません。
濾過ボードを定期的に交換する必要のある外掛け濾過器は、外部濾過器があれば不要になります。

従って、エアーポンプで濾過ボーイを稼働。
メインフィルターは外部フィルターの組み合わせで完璧です。

> ろ過装置の外掛けと外部を同時利用する意味が知りたいです。
・外部濾過器は濾過能力が優れていますが、エアレーション能力だけは他の濾過設備と比べて劣ります。
エアレーション能力不足は、水槽環境によりメリットにもなりますし、デメリットにもなります。
CO2を添加する水草水槽では、添加ガスが抜けにくいためメリットになります。
しかし、魚飼育がメインの水槽に外部濾過器を使用する場合は、エアポンプによるエアレーションが必須になります。

現在の濾過ボーイは茶色く色づいてきたとのお話です。
濾過ボーイ自体、ハッキリ言って濾過能力の低い濾過器ですが、ウールマットが茶色く色づいてきたのならば、ウールマットに濾過バクテリアが繁殖定着している可能性が高くなります。

せっかく現在の濾過ボーイに濾過バクテリアが繁殖定着しているのならば、それを捨てるのはもったいなく思います。
エアレーションをエアストーンを使用するのならば、エアストーンの代わりに茶色く色づいた濾過ボーイを使用する事をオススメする次第です。

> たまに魚が疲れてる?感じがします。
・オススメした外部濾過器2機種は、尤も水流の弱い機種です。
ですが、もしも魚が水槽全体を泳がずに、水流の弱い場所を選んで佇む場合。
外部濾過器のシャワーパイプをガラス面または上面に向けることにより水流を弱めることが可能です。

・エアポンプからの水流が強い場合は、エアクランプでエア吐き出し量を調整すればOKデス。

No.1です。
> 全部で エアーポンプ 外部ろ過装置 外掛けろ過装置 の3つを使うでいいですか?
・外掛け濾過器は必要ありません。
濾過ボードを定期的に交換する必要のある外掛け濾過器は、外部濾過器があれば不要になります。

従って、エアーポンプで濾過ボーイを稼働。
メインフィルターは外部フィルターの組み合わせで完璧です。

> ろ過装置の外掛けと外部を同時利用する意味が知りたいです。
・外部濾過器は濾過能力が優れていますが、エアレーション能力だけは他の濾過設備と比べて劣ります。
エアレーシ...続きを読む

Q熱帯魚水槽(水中)の水面やガラスに白い粉のような生き物が大量発生しています。

3ヵ月ほど前から、熱帯魚ベタを2匹飼っています。(別々の水槽に)
飼い始めて1か月半頃から、片方の水槽内に白い粉がびっしり水槽内のガラスについている事に気付きました。
よく見てみると、その白い粉のような物はウロウロと水の中の水面やガラスを自由に動いていました。
本当によく見ないと、動いてるのがわからないほど一体一体がかなり小さいです。
気持ちが悪かったため、3分の2ほど水槽の水を入れ替えました。
それから3日ほどは、その白い粉のような生物も見なくなりましたが またすぐ大量に発生してしまいました。
一方、もう片方の水槽には 数えれる程度のみ白い粉のような生物とミズミミズ6体ほどが発生していました。

この粉のような生物が大量発生する前まで、ベタは水面の近くにつけてある「おやすみリーフ」という作り物の葉の上でいつも休んでいましたが、粉のような生物が大量発生するようになってからは 水槽の底でばかり休むようになってしまいました…。

問題となっている水槽の画像を貼っておきました。
飼育しているベタの水槽は二つとも、入れ物も底砂も配置している物も同じですが、ヒーターのみ違う物を使用しています。
窓際に水槽を置いており、多少 日光が当たるようになっています。
水の入れ替えは、2週間に1度、3分の1程度水を替えています。
餌は朝と夜の2回、1度に5粒与えています。餌入れが袋になっていますが、ジッパーが壊れており 開きっぱなしになっています。よく見てみましたが、今のところ餌の方に何かが湧いているようには見えません。
1ヵ月ほど前まで、毎日2体の乾燥赤虫を与えていました。現在はベタ用の餌以外、何も与えていません。

似たような条件で検索をしても「ミジンコかミズミミズでは?」という答えしか見つけられず、しかしこの大量に発生している白い粉のような生物とミジンコ、ミズミミズは特徴が合いません・・・。
情報不足かもしれませんが、白い粉のような生物の正体、駆除、対策の仕方をご存知の方は是非教えていただきたいです。どうか、よろしくお願いします。

3ヵ月ほど前から、熱帯魚ベタを2匹飼っています。(別々の水槽に)
飼い始めて1か月半頃から、片方の水槽内に白い粉がびっしり水槽内のガラスについている事に気付きました。
よく見てみると、その白い粉のような物はウロウロと水の中の水面やガラスを自由に動いていました。
本当によく見ないと、動いてるのがわからないほど一体一体がかなり小さいです。
気持ちが悪かったため、3分の2ほど水槽の水を入れ替えました。
それから3日ほどは、その白い粉のような生物も見なくなりましたが またすぐ大量に発生し...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

ベタが元気であるようなら、一度水槽をリセットしてみてはどうでしょう?
リセットしたうえで何が原因なのか観察してみてください。
餌を変えたり、水草を替えるなり、掃除もしやすいので底砂は減らすか撤去してもいいと思います。
その白い粉というのがよくわからないけど砂に潜んでる可能性もあると思うんで。
もしかしたら水質が悪くなってる可能性もあるのでバクテリアを入れてみては?
液体がホームセンターなどで売ってありますよ。

Q水槽のろ過装置のカビの処理はどうすれば・・・・?

私は、家でアブラハヤという淡水魚を飼っています。
その水槽にはろ過装置がついているのですが、ろ過装置の中を見ようとして、
ふたを開けてみてみると、白いふわふわでもふもふな白カビのようなものがついていました。
かなり増殖していて気持ち悪いです。
そして、ろ過装置の水の流れるところに茶色と白色のカビみたいな変なものがあって、
水になびいています。
Webで調べると水カビとありましたが、どうも、水カビではないような気がします。
あと、Webには、対処方法(予防法)しか書いてなくて、処理はどうすればいいのかと、
困っています。
教えてください。お願い致します。






回答してくださった方へ
ご回答ありがとうございます。
教えてくださりありがとうございました。
感謝しております。

Aベストアンサー

ふたとあるのでフィルターは、上部フィルターですか?

飼育環境が分からないのですが、定期的に濾過層のメンテナンス(掃除)してます?

とりあえず、バクテリアへのダメージを軽減する為に水換えとは、別の日に濾過層の掃除して下さい。
同じ日に行うとバクテリアに余計なダメージを与えます。

上部フィルターならまずコンセント抜く→ポンプを外す→風呂場など作業し易い場所に上部フィルターの容器ごと持ってく→濾材をバケツに入れる→水道水だとバクテリアが死ぬので水槽からちょっと飼育水を持ってきてかき混ぜて洗う→上部フィルターの底に溜まる茶色の汚れは、容器を水道水で洗って流す→水槽に上部フィルターの容器やポンプなどをセットする→飼育水で洗った濾材を戻す→新しいウールをセット(洗って綺麗になるなら使用してたウールでもいい)→全てきちんと元通りにセットしたらコンセント入れる→洗浄に使った飼育水分、カルキ抜きした水温合わせた水を足す。

流れ的には、だいたいこんな感じでしょうか。
人により多少手順ややり方に差があると思いますが。

水カビが出てるなら新品のウールの方がいいかもしれません。
洗剤は、絶対に使わないように、濾材以外は、全て水道水で洗浄で大丈夫です。

掃除して再セット後、一瞬水が濁る事がありますが、バクテリアにダメージが少なければ数時間で澄んだ綺麗な水に戻ります。


白いのは、多分水カビだと思いますけど、水槽や魚に合わせた定期的なメンテナンスをしてればそうそう湧いてこないはずと思いますが…(うちでは、未だに出た事がない)。
茶色の汚れは、どんなフィルターでもそれなりに長期間使用してば出ますし溜まりますよ(なので詰まったり問題が起こる前に定期的にメンテナンスが必要)。

ポンプも掃除の仕方が説明書に載ってますから、よく読んでついでに掃除して下さい。
ポンプに汚れやゴミが溜まると水が上手く上がりにくくなります(特にインペラー部分)。

魚の数や大きさ、様々な飼育環境によりますが水換えの他に上部や外部フィルターも、だいたい数ヶ月~半年に一度くらいは、濾過層のメンテナンスも必要です。
うちだとフィルター掃除は、半年に一回くらいかな。
上部のウールは、汚れ具合をみてマメに洗浄するか新しいものに変えてます(上部でウールが目詰すると溢れたらイヤだから)。

濾過層の掃除すれば消えると思いますよ。

ふたとあるのでフィルターは、上部フィルターですか?

飼育環境が分からないのですが、定期的に濾過層のメンテナンス(掃除)してます?

とりあえず、バクテリアへのダメージを軽減する為に水換えとは、別の日に濾過層の掃除して下さい。
同じ日に行うとバクテリアに余計なダメージを与えます。

上部フィルターならまずコンセント抜く→ポンプを外す→風呂場など作業し易い場所に上部フィルターの容器ごと持ってく→濾材をバケツに入れる→水道水だとバクテリアが死ぬので水槽からちょっと飼育水を持ってき...続きを読む

Q金魚の水槽に緑の苔?みたいなのが出やすいと言うか、カビの様に侵食してるんですが、単に水槽洗うだけでは

金魚の水槽に緑の苔?みたいなのが出やすいと言うか、カビの様に侵食してるんですが、単に水槽洗うだけでは取れない気がするのですがキレイな水槽を保つ良い方法はありますか?

Aベストアンサー

水槽に苔が生えるのは、魚が住める水の証拠です。
水槽の丸洗いなんかしてはいけません。
金魚が元気に泳ぐ水は「生きた水」です。ろ過機の中にバクテリアが住み着き、水を浄化して、
魚が済むのに適した水をつくってくれています。

但し、水の中に苔の餌となる有機分が多いのでしょう。エサやフン等により増えます。
この辺りを、水替えと云う手段でバランスをとっていくのですが、
現在、苔だらけと云う事は魚には良い事ですが、鑑賞の上で不具合ですから、
餌の量を減らす、濾過槽を洗う、ろ過機を大きくする等の手段が有効だと思います。

けれども、苔のない水槽はありえません。多かれ、少なかれ必ず苔は出ますので・・・
日ごろのメンテナンスで制御してください。

ご参考まで。

Qオイカワ水槽のろ過装置で

オススメありますか?

教えてください

水槽は60センチ
中身は
ヌマムツベビー
タナゴ
オイカワ
ハゼ
ドンコ
カマツカ
です

石と大きめ流木
水草にアナカリスとうねった草が入ってます
(渓流で採取)

水草はそのうちとってもいいかな・・・・とか思っます

ろ過装置には外部フィルターのMサイズが入ってます

ろ過のパワーを上げると共に水流を作ってやりたいです

考えているものは
ニッソー フリーフロー 400 45~60cm用水中フィルター

Suisaku ニュースペースパワーフィット M 45~60cm水槽
フルーバル 水中式フィルター3+ 60h

と、

カミハタ Rio+180(50hz)リオプラス180 60cm
カミハタ Rio+ リオプラス水中フィルターセット1 60hz
この二つで迷っています

カミハタはやはり後者のがいいのでしょうか?

ゆくゆくは、オイカワを繁殖させてみたりもしたいです。
なので、良い環境を与えてやりたいです

オススメのろ過装置ありますか?

水槽は画像のものです

Aベストアンサー

僕は悩んでいる後者をお勧めします。
水流も作れる&濾過槽付きという理由です。
この手のものは、掃除をサボると、水流が弱くなります。
アナカリスなどで詰まってしまうことが多々あるので、水草が枯れないように注意がいります。
 ドンコとハゼは両者が縄張り意識が強く攻撃的なので、隠れる場所は多めにしないと喧嘩でどちらかが、死んでしまいますよ。(小魚はドンコとハゼの餌ということで入れているのかな・・・?)

Q水槽の油膜について

水槽の油膜について

水槽の照明器具が故障して、光量が半減及び無灯となった期間が7日間程度ありました。
それ以前ではなかった無灯のときに発生した油膜が、その量こそ減りましたが、照明器具が復旧した今も発生ております。

1ー原因は何でしょうか?
2ー油膜を無くす、または減らす対策は何かありますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 1ー原因は何でしょうか?
・水槽内で暮らすバクテリアバランスが崩れたため。
底砂には鉄分(還元鉄)が含まれています。
水草の肥料成分にも含まれています。
水草などの植物は、還元鉄を吸収し成長します。
照明が消えたり、弱くなると、水草の生物的活動が弱まるため、還元鉄の吸収量が減少します。
すると、水中に余った還元鉄を酸化する鉄バクテリアが優勢となり、大繁殖しコロニーを作ります。
鉄バクテリアのコロニーが油膜の正体です。

自然界の生物は、実に良くできたモノで、還元鉄には毒性があります。
鉄バクテリアが還元鉄を酸化鉄に換えることにより、無毒化しています。

> 2ー油膜を無くす、または減らす対策は何かありますか?
・水槽内のバクテリアバランスが元通りに回復すれば、自然に油膜もなくなります。
ですが、多少、時間が掛かるため、一般的には、、、、

効果:大・油膜取りの設置。
効果:大・水面付近の攪拌。
効果:小・水替え。
効果:小・水槽用のバクテリア剤の使用。

エアストーンを、複数(水槽の大きさによる)水面直下に設置し、エアポンプによる水面の強制攪拌。
や、油膜取りが比較的、効果的です。

http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112900000&itemId=10578

> 1ー原因は何でしょうか?
・水槽内で暮らすバクテリアバランスが崩れたため。
底砂には鉄分(還元鉄)が含まれています。
水草の肥料成分にも含まれています。
水草などの植物は、還元鉄を吸収し成長します。
照明が消えたり、弱くなると、水草の生物的活動が弱まるため、還元鉄の吸収量が減少します。
すると、水中に余った還元鉄を酸化する鉄バクテリアが優勢となり、大繁殖しコロニーを作ります。
鉄バクテリアのコロニーが油膜の正体です。

自然界の生物は、実に良くできたモノで、還元鉄には毒性がありま...続きを読む

Q金魚の水槽選び(ろ過装置)

先々月、金魚を飼いだしたのですが、もうちょっと大きいほうがいいかなと思って、60cm水槽を買うことにしました。

そこで色々見たのですが、水槽で3000円+上部式ろ過3000円ってな感じだったのですが、
1万円で、水槽+外部式ろ過などなどのセットがありました。

黒い箱のやつで、結構でかいみたいなのですが、このろ過装置はやはりお金がかかるのでしょうか?
メーカーなどはわかりませんが、単体で数万円するようです。

金魚はそうそう多くないので、上部式で十分なのですが、もし維持費などが安いということであれば、この外部式にしようと思います。
スペースはあるので、どちらでもいいのですが、やはり維持費がかかると困るので・・・。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

上部濾過と外部濾過の大きな違いは、
飼育水中に酸素を取り込むか否かで判断されるといいです。

上部:構造上必ず酸素を取り込む
外部:空気に触れずに濾過することができる

つまり、本格的に水草を育成するのならば外部という選択ができます。

水草はほどほどに、
というのでしたら上部、外部どちらを選んでもいいと思います。
維持費は両者ともさほど変わりません。


その他にも両者ともにいろいろとメリットデメリットはありますが、
それらは検索などして調べてみてください。


初めてのアクアリウムということでしたら、
個人的には上部式のセット水槽をお勧めします。

Q水槽の水カビの原因について

水槽の水カビの原因について
先日、餌を与えすぎてしまい、残餌が出てしまいました。そして、それを1日以上放置した結果、そこに水カビらしきものが生じていました。今後は餌の量を少なくします。
そこで質問なのですが、
水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。そこで、水カビが出てしまった私の水槽は、水質が安定していない、バクテリアが機能していないのかと思っています。私の水槽の悪い点を教えてください。

・60センチ水槽
・立ち上げから2カ月
・水換えは2週に1度1/4程度ずつ
・ウィローモスと、ウォーターウィステリアが底床の1/5を占めている
・新田砂を3センチ敷いている
・コリドラス5匹、カラシン5匹、レッドチェリーシュリンプ(ミナミヌマエビ変色)30匹を入れている
・水温は26度に保っている
・上部フィルターには、下から、セラミックのろ材、活性炭が入っているウールマット2枚、ウールマット1枚の順で入っている。
・上部フィルターの掃除はウールマットが汚れたらウールマットを洗う。それ以外のことはしていない。
・上部フィルターが煩いので、1日の1/3の時間は、電源を抜いて機動させていない。
・ストレーナーには、目が細かいスポンジフィルターがついている


面倒くさい質問をして申し訳なく思っています。よろしくお願いいたします。

水槽の水カビの原因について
先日、餌を与えすぎてしまい、残餌が出てしまいました。そして、それを1日以上放置した結果、そこに水カビらしきものが生じていました。今後は餌の量を少なくします。
そこで質問なのですが、
水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。そこで、水カビが出てしまった私の水槽は、水質が安定していない、バクテリアが機能していないのかと思っています。私の水槽の悪い点を教えてください。

・60センチ水槽
・立ち上げから2カ月
・水換えは2週に1度1/4程度ずつ
・ウィロ...続きを読む

Aベストアンサー

> 水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。
・水質の安定と水カビ(真菌類)の繁殖は、直接的な関係はありません。
・水槽が安定するには、一般に立ち上げから3ヶ月は必要です。

水カビは有機物を餌として繁殖する生物です。
地上に繁殖するカビに外見が類似しているので水カビと呼んでいますが、まったく別の生物です。
水槽の中に有機物が多い場所(残り餌や生物の死骸など)に、水カビは優先的に繁殖します。

好気性濾過バクテリアの餌はアンモニアや亜硝酸です。
濾過バクテリアが直接に有機物を餌として繁殖することはありません。

回答・・・
> 私の水槽の悪い点を教えてください。
・2ヶ月目にしては、少し、水替え頻度と量が少ない気がします。
ですが、それ以外に、特に、悪いところはありません。

水カビが短時間で発生したと言うことは、飼育水中に有機物が多いことを水カビが飼育者に教えてくれています。
このまま、放置すると、水ミミズやプラナリア、スネールなどの不快生物が大繁殖する、一歩前のサインです。

飼育水中の有機物を減らす方法は。。。
・餌の量の見直し。
・マメな水替え。(週に一度1/4以上)
・底砂清掃。
・濾過器の清掃。
・濾過能力が低い場合は、濾過能力の優れた濾過器への交換や、セカンドフィルターの追加。
・エアポンプによるエアリレーションの強化。
特に、フィルター停止時間はエアレーションは必要です。
・照明の強化。
以上の方法があります。
出来ることから順番に実施すれば、即効性はありませんが、水カビの発生率は減少するハズです。

短期間での解決を求めるのならば、上部フィルターを廃止し、エーハイム2215などに交換。
別途、エアポンプによるエアレーションを実施などの方法があります。

> 水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。
・水質の安定と水カビ(真菌類)の繁殖は、直接的な関係はありません。
・水槽が安定するには、一般に立ち上げから3ヶ月は必要です。

水カビは有機物を餌として繁殖する生物です。
地上に繁殖するカビに外見が類似しているので水カビと呼んでいますが、まったく別の生物です。
水槽の中に有機物が多い場所(残り餌や生物の死骸など)に、水カビは優先的に繁殖します。

好気性濾過バクテリアの餌はアンモニアや亜硝酸です。
濾過バクテリアが直接に有機物を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報