磯で使用するウレタンメッシュのスカリを購入する予定ですが、丸形と角形があってどちらにしようか悩んでいます。
主に岩場の水際に浸して使用すると思いますが、どちらが良いとかいうのがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以前まで通常の編みスカリを使用していましたが、1年以上前からウレタンメッシュスカリを使用しています。



これまでとにかくウツボの被害に悩まされていて何十匹ものグレを喰われて、スカリも噛み切られて
相当買い直しましたが、釣具店の店長からこれなら絶対大丈夫とのことで使用し始めました。

まず第一に編みスカリに比べてとても剛性があるので多少の波ぐらいでは内部にほとんど影響なく
(多少波が荒くても編み目が小さいので内部は外部ほど波の影響を受けにくい)
引き上げるときもウレタンが硬質で編み目が小さいので全く引っかかりません。
多少うねりがあるときも#1さんが言われるようにロープを長目にしておけば沖でしっかり浮いています。
これを使用し始めて以来、黒くて中の魚が見えないのか、ウツボ自体もまったく出てこなくなりました。

私も友人達も全員丸形の40cmを使用していますが、丸形の方がスペース効率がよく
多めに魚が入ったときも中でゆっくり泳いでいますね。
持って行くときは上下を半分にたたんで、更に円形を二つ折りにして全体をロープで
グルグル巻きにしてダイワのライトトランクの20Lに入れていますが、余裕たっぷりです。
ロープは柔らかめのもので10mは最低あった方がいいですね。

このウレタンメッシュスカリはメーカーによってフロートが外部に出ているものと
上蓋の内側に付いているものと2種類ありますが、断然外側の方が内部面積が無駄にならずおすすめです。
外側に付いているメーカーのものは確か45cmか50cmもあったと思います。

このスカリの他にも非常に優れているのはカワハギの角が引っかからないところで
この時期カワハギのぶっ込みにも盛んに通いますので、角形の36cmも使用しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
詳しく説明していただいて、大分イメージが沸きました。
40センチの丸形の購入を検討してみます。

お礼日時:2011/04/25 23:13

丸型であれ、角型であれ、波に揉まれたスカリが


瀬岩に引っ掛からないようにするには
ロープを長くして沖目に浮かせて置くか
波の影響を受けないように沈めるかのどちらかになりますので
沖目に浮かせるにはフロートを、瀬際に沈めるには錘が必要です。

尚、単発で釣れる状況ならスカリに生かして置くのもアリですが
入れ食い状態になった時は、手間隙の掛かるスカリよりも
手返しの早いクーラーの方が釣果を稼げます。
.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
クーラーだと、魚を入れる都度、しめる必要があるので、スカリを選択しています。

お礼日時:2011/04/25 23:12

角形の方が持ち運びは楽そうですね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
磯際に浸けたときはどうなんでしょうね?
波に煽られたときに引っかかったりしませんかね?

お礼日時:2011/04/24 21:12

形はどちらでもいいですが、周辺をしっかりガードしてあるものです。


波で打ち上げられないように少し重さも有るといいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。
店でよく見て丈夫そうで、やや重みがありそうなのを探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浜名湖でのキス釣り、サビキ釣りの仕掛け

今度のお盆に浜名湖でボートをレンタルして釣りをする予定です。
ボート釣りは初めてで勝手が分かりません。

少し前に、いくつか質問して、シーバスは難しそうなので諦めて
キス釣りとサビキ釣りに変更する事にしました。

それで、まず、キス釣りの仕掛けでいろいろ検索したのですが
仕掛けに何号のおもりを使っているのかがよく分かりませんでした。

そこで、質問なのですが、釣る場所にもよると思いますけど
だいたい、何号ぐらいの錘を用意しておけば大丈夫でしょうか?

お盆なので、たぶん、大潮なのと
今切口のような潮が極端に早いところではしません。

あと、サビキ釣りは、堤防で使うような仕掛けでも良いのでしょうか
こちらも、あんまり、検索に引っかからないので
浜名湖のボートではあまりしないのでしょうか?

タックルはシーバスもいけるようにと選んだダイワのクロスビート632MLFS・F
(錘負荷14gまで)
ダイワのレブロス MX 2500にナイロン12lbを巻きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回の質問では10lbを巻いていると書かれていましたが、12lbに替えたんですか。
シーバスをやめたのなら逆に細くして8lbの方が良かったですね。

オモリは浜名湖の場合水深もさほどなく、潮流も外洋のようには流れないでしょうから
4号から5号あれば十分底が取れると思います。
私の友人が毎週ボートキス釣りに行っていますが、オモリはほとんど5号を使用しています。

ボートの場合陸からのように思い切り投げる必要がありませんから、サイドキャストで
軽くちょい投げすれば十分ですので、オモリは軽めの方がアタリも明確に出ます。
http://kanpe.soragoto.net/boat/kisu-tackle.html

仕掛けはキス用の片天仕掛けでもいいですが、アタリがダイレクトに来るL型遊動天秤の
遊動仕掛けの方が喰い込みも良く好きですね。
http://umiduri.shoone.net/chishiki/01omori.html
(オモリ付きのジェット天秤などでなくてもオモリ別の遊動天秤だけも売ってますから
ナス型オモリの4号から6号ぐらいまでを別に用意しておけば良いでしょうね)

サビキもオモリ付きカゴの下カゴ仕掛けにすれば良いですが、竿が短いので3本針の
80cmぐらいの仕掛けでないと、仕掛けのさばきが大変になります。
http://www.yamaria.co.jp/yamashita/yamashitaproduct/productdetailed/tabid/124/pdid/XVUUS302624/Default.aspx
アミエビをカゴにたっぷり入れてもカゴを先に投入して、竿を持てばさほど重量は感じなくてすみます。
竿がサビキには若干剛性不足ですから、ゆっくりでいいので両手で大きく上までしゃくり上げないと
マキエのアミエビが出にくいでしょうね。

前回の質問では10lbを巻いていると書かれていましたが、12lbに替えたんですか。
シーバスをやめたのなら逆に細くして8lbの方が良かったですね。

オモリは浜名湖の場合水深もさほどなく、潮流も外洋のようには流れないでしょうから
4号から5号あれば十分底が取れると思います。
私の友人が毎週ボートキス釣りに行っていますが、オモリはほとんど5号を使用しています。

ボートの場合陸からのように思い切り投げる必要がありませんから、サイドキャストで
軽くちょい投げすれば十分ですので、オモリは軽めの方がア...続きを読む

Q磯でのスカリ等のロープ結び付け方

磯でスカリを使う場合、適当な岩へぐるっと巻きつけ、ロープが巻いてあるプラスチックの巻き板をうまく使って固定しているつもりですが、すぐ緩んでしまいます。
多分波の押し引きによる緩みもあると思うのですが、緩まずまた解きやすい結び方を教えてください。

Aベストアンサー

私はスカリ、水汲みバケツ共にソフトな6mmロープを使用していますが(共に10m)スカリは
巻きリールは使用しなくて端はテープのみでそのままです。
http://www.takasangyo.co.jp/product/salt_water_fishing_rope/rope-Q.html

スカリはいつも上下をたたんで2つに折り、ロープでグルグル巻きにしてダイワのライトトランク20Lに
入れて行きますので、巻き板やリールがない方が便利なもので。
また岩などに結ぶときも巻き板などがない方がしやすいと思いますが・・・

私は岩に結ぶ場合干満の差も考えて極端に長くならないように調整し、余り部分のロープを2重にして
「ふた結び」を3回しています。
この結びだと本線を引かれるほどに締まり、解く時も2重にしていると非常に簡単に解くことができます。
http://www1.ocn.ne.jp/~tatsujin/ropework/

岩に結ぶ際にまずきっちり3方向以上、岩が逆角度になっていて波の打ち返しでロープが引かれても
絶対に外れない位置を探して、強いテンションを掛けて上記の結びで結んでいますが、過去に一度も弛んだことはありません。

またどうしても岩に結べない時は、クーラーのハンドルに結びクーラーが縦方向に引かれたときに
ガッチリ岩に噛むように、岩の凹みに縦方向に置いています。
私はクーラーの底面に底の保護と、確実にどんな置き方をしても岩にガッチリ噛むように10mm厚で
3cm幅のスポンジゴムを7、8本両面テープで留めていますので、岩の上でクーラーは横方向の力には
ほとんど動かないように工夫しています。

私はスカリ、水汲みバケツ共にソフトな6mmロープを使用していますが(共に10m)スカリは
巻きリールは使用しなくて端はテープのみでそのままです。
http://www.takasangyo.co.jp/product/salt_water_fishing_rope/rope-Q.html

スカリはいつも上下をたたんで2つに折り、ロープでグルグル巻きにしてダイワのライトトランク20Lに
入れて行きますので、巻き板やリールがない方が便利なもので。
また岩などに結ぶときも巻き板などがない方がしやすいと思いますが・・・

私は岩に結ぶ場合干満の差も考えて極端に...続きを読む

Qフカセ釣りをよくやっています。 今日ウキ00で全遊動で釣りしたら(仕掛けは、上からウキ、潮受け、サル

フカセ釣りをよくやっています。
今日ウキ00で全遊動で釣りしたら(仕掛けは、上からウキ、潮受け、サルカン、ハリス、針)、なかなか仕掛けが沈まなくて、ガン玉をつけたんですが、そしたらウキが沈んで見えなくなってしまいました。
ウキ00の全遊動で仕掛けが沈まない時、どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

仕掛けが沈まないのは、00号浮きを支点にして、ハリス側よりもライン側に引っ張る力(抵抗)があるとか、ウキの穴の抵抗なども。。

ウキ00の全遊動で仕掛けが沈まない時、どうしたらいいですか?
>ウキの浮力を少しUPさせてから組んでみてはいかがでしょうか?
↓こういうことでは?
http://tsuriken.co.jp/ukitsuri/?p=682

Q磯釣りでの質問です。PEラインで磯竿のガイドは痛まないのでしょうか? また、PEラインの号数で道糸6

磯釣りでの質問です。PEラインで磯竿のガイドは痛まないのでしょうか?
また、PEラインの号数で道糸6号~8号あたりは、何号になりますか?

Aベストアンサー

ナイロンラインとPEの両方を使ってカゴ釣りをやっています。

号数合わせですが、”ナイロンラインの号数×4=lbs” というように計算します。
6号は24lbs 8号は32lb となりますので、PEラインの同様のlbsのもので代用ができます。ただし、直径がかなりかわりますのでリールに巻く場合はスプール対してうまく高さをあわせる工夫が必要なこととなります。(下まきのこと)リールの仕様で決まるのですが。

ナイロン6号ですとPE1.5号で十分となります。
http://www.duel.co.jp/products/hardcore-x8-150m200m300m

竿がSICリングのガイドであれば大丈夫ですが、ハードガイドの竿の場合は負荷のかかりやすい部分は交換したほうが安全かとおもわれます。負荷がかかるところとはラインが強く当たるガイドですからラインが曲がるところですかね? ハードガイドでも負荷の小さい釣りでは大丈夫です。例えばエギングなど。。反対に大物を上げるならSICの竿が必要です。

なお、数回のちょっとした釣りで(50cmのチヌなどで)ハードガイドがPEで削れたことはないです。70cmの大物だとどうかわかりません。なぜハードガイドがPEラインで削れるのかというと、海水中の成分が原因とのことですからPEラインを塩抜きする理由もあります。

なお、PEでカゴ釣りなどするならウキ止め以下はナイロンラインを使ってください。
そうしないとトラブル続出して困ることになりますがこれがPEラインを使う一番のコツです。

ナイロンラインとPEの両方を使ってカゴ釣りをやっています。

号数合わせですが、”ナイロンラインの号数×4=lbs” というように計算します。
6号は24lbs 8号は32lb となりますので、PEラインの同様のlbsのもので代用ができます。ただし、直径がかなりかわりますのでリールに巻く場合はスプール対してうまく高さをあわせる工夫が必要なこととなります。(下まきのこと)リールの仕様で決まるのですが。

ナイロン6号ですとPE1.5号で十分となります。
http://www.duel.co.jp/products/hardcore-x8-15...続きを読む

Q日中のメバル釣りは胴付き仕掛けと浮き釣りどっちが良いですか?あと今日は

日中のメバル釣りは胴付き仕掛けと浮き釣りどっちが良いですか?あと今日はつれますか?

Aベストアンサー

ポイントと腕次第。どっちだって釣れる人もいれば、ダメな人もいるし、得意分野によっても違う。

朝方やったが天気が安定してないので難しい、急にザーッと降って気温や水温が下がってる。そっちの天候も似たようなものじゃないか?ちなみに今日の釣果は3匹でした。
今日のような天気だと情報が少ない初心者には厳しい。おそらくボウズでしょう。マグレで釣れる可能性は0じゃないですが。

どっちがいいかとなれば、今日は胴付き仕掛けの方が釣れる可能性は高い。

Q川釣りでのスカリ使用

今月くらいに行くのですが、その場所が、陸、橋の上から約15m以上ある高さでの場所でやるのですが、この高さでスカリを落としては上げるを繰り返すのは少々ねぇ・・・
プラ製のカゴビクでも良いかもだけど、ロープ引いて上げて魚入れて戻してたら中の魚弱るし、場合よっては死んでしまう。
バケツにエアローションでも日陰が半径30メートルないにないのでこれも難しい。
何か最良な方法ないですかね、あれば教えていただけると幸いなのですが。

Aベストアンサー

クーラーボックス少し改造して、その中でエアーロケーションされてるの見たことありますけど・・、このシーズンだと、水温上昇の対策出きるものでないと、内部を2重構造にするとか、断熱性がかなり高いものでなければダメですけどね~。

あと釣りの時に頭に乗っける日傘があるのですが、それをバケツに取り付けるとかどうでしょうか。

余談ですけど、わたしは海釣りなのですが、カスリ、カキや岩で穴空き易くて、以前、魚が全部逃げてた事ありまして、それからは使ってないです。ワイヤーメッシュのカスリ販売されないかなぁなんて期待してたりしてますが、そこは干潮時は5m超えてますけど、15mっていうと確かに大変ですよね~。

Q船のキス釣り仕掛け

明日、三重県の五ヶ所湾に船のキス釣りに行きます。
船頭さんに仕掛けを聞いたんですが、何となく要領を得ず、
困ってます。
市販の8号ぐらいのキスボート釣り用仕掛け(2本針)でいいいとのことなんですが、オモリ(形とか大きさ)とか天秤(形とか大きさ)が分かりません。
ご存じの方、出来たら仕掛け図がわかるようなサイト教えて下さい。
もちろん、サイトじゃなくても、直接でもかまいません。
また、それ以外でも何か有りましたら何でも良いので教えて下さい。

Aベストアンサー

cherrytrout2005です。

PEの場合感度がナイロンに比べ余りにの違いすぎます。
PEは3%の伸びしかなく、ナイロンは10%以上。
ナイロンラインより「細い」ので潮に対して切れがよく、仕掛けとロッドの間に「余分な糸」が出にくいので更に感度が良くなります。

感度が良いと「前当たり」が分かる、と言う事はフッキングのタイミングが分かる。本命と雑魚の当たりも慣れると分かるので攻め方に工夫が出来る。餌取りが多い場合、当たりで餌の有無が判断出来るので手返しが良くなり結果、釣果が上がる。などです。

キス釣りの場合、前当たりでクンクンとかブルブルとか当たりが来たあとにグングンと明確な当たりが来ます。その時点で合わせれば殆ど針掛りします。前当たりが分かれば誘いをかけたり、仕掛けを止めたりして食いを良くする小技が使いやすくなります。

他には・・・
仕掛け(道糸)を引っ張った際、糸鳴りと言う現象がナイロンでは出やすくなり、釣果が落ちる原因と言われています。ヒューンとかキーンていう音です。
PEは編み糸なので糸鳴りが出にくくなっています。

余談ですが、PEラインは吸水性が無いのと紫外線に強いのでナイロンラインより長持ちします。糸の周りに細い糸が見え始めたらその部分を切っていけば結構持ちますので、結果的にナイロンより経済的になる場合があります。
自分は2年位交換しない場合もあります。

cherrytrout2005です。

PEの場合感度がナイロンに比べ余りにの違いすぎます。
PEは3%の伸びしかなく、ナイロンは10%以上。
ナイロンラインより「細い」ので潮に対して切れがよく、仕掛けとロッドの間に「余分な糸」が出にくいので更に感度が良くなります。

感度が良いと「前当たり」が分かる、と言う事はフッキングのタイミングが分かる。本命と雑魚の当たりも慣れると分かるので攻め方に工夫が出来る。餌取りが多い場合、当たりで餌の有無が判断出来るので手返しが良くなり結果、釣果が上がる。など...続きを読む

Qスカリを流されないために

磯で釣った魚ごとスカリが流されてしまいました。
普段は子供が遊べるくらい浅い岩場で、その日はウネリがあったものの、その場所は波が来て無くて安全だと思っていましたが、気が付くと無くなってました。荷物は不便でも高台に置いていますが、海水が必要なスカリはそういう訳にはいかないので難しいです。

磯でスカリを流されないようにするために、チャランボ以外ではどのような点に気をつけたり、対策をしていますか?特に知らない磯に行った場合にはどこをポイントにしたら安全を担保できるのでしょうか。

Aベストアンサー

スカリは、足場の近くの波のないところの岩にハーケンを打ってそれにロープで結び付けます。波でゆすられると岩でこすれて切れるなどトラブリますので要注意です。波でもまれて魚が傷んでしまうこともあります。

この時期は、近場で釣る場合はスカリを使わなくても釣り上げて即シメてナイロン袋に入れて持ち帰れば大丈夫です。(近頃の私はスカリを使いません。)近場なら夏でもそとの気温で数時間程度なら磯魚は腐敗しませんし刺身で食えてます。

他の方法として、荷物になりますが、ライブバッカン(ようするにバッカンの生簀)というものもあります。小魚の生きエサをキープできます。

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Qスカリに入れたメバルやソイの目玉が白く濁る。

ルアーで釣ったメバルやソイをスカリに4,5時間入れておくと、目玉が白く濁ってしまいます。そのまま海に放しても生きていけるのでしょうか?

Aベストアンサー

(目玉が白く濁ってしまいます。そのまま海に放しても生きていけるのでしょうか?)
これはどうでしょうか?ただ眼が濁ってると生存確率は下がると思います。
眼が白く濁るのは眼がスカリ内ですれて傷がつくためだと思います。
リリースするならスカリにいれないで早めにリリースしたほうがよいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報