まず最初に…
アウトドアは初心者です!

用途は魚を捌く、野菜を切るなどの調理をしたり、木材を切ったり削ったり、ロープの切断をしたりするためです。
友人達がオピネル社製のものをよく使っているため、オピネル社以外で良いナイフを探しております。(理由は見分けがつきやすくするためと、刃物という性質上、扱い及び管理、手入れなどを自分でしっかりしたいためです)
ただ、刃全体の形状はオピネルに近い方がいいです(使い方を教われるためです)。というか詳しくは知りませんが形状はオピネルに近いものということで、重ねてお願いします。
参考URL http://store.shopping.yahoo.co.jp/ixis/op004.html

条件は、上記のとおり、刃全体がオピネルに近い形状のもの。
フォールディングナイフであること。
刃長100mmかそれ以上。長すぎても×です。別に振り回すのが目的ではないので。
刃材質はステンレス及びセラミック以外のよく錆びるヤツ(名前忘れました…)。
刃にギザギザ?がついていないもの。
安全性に十分配慮がされたものです。
(欲を言えば、グリップのデザインがオピネルのようにあまりにシンプルすぎない物がいいですね…。あくまで欲を言えばですが。ちなみにミリタリーチックなモノも好みなんですがね^^;)
予算は4000円弱位までです。あくまで目安としてお考えください。
しかし、アマゾンを見ても5000円位以上しているものはちょっと…という感じですね。

捕捉となりますが、以前通っていた調理士系の学校で包丁の研ぎ方、管理方法は教わりました。
ナイフの管理方法とはたぶん違いますが。
白紙2号の包丁なら十分研げますし、錆が付かないように管理することも出来ます。

ご回答お待ちしております^^
(ここいいよ~的なメーカーさんがあればそれも教えて下さるとありがたいです。型番で最安値を検索しやすいので>_<b)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。

追記します。
う~ん「バック」がダメなら「ガーバー(GERBER)」かなぁ?
「ガーバー EVO ストレート ブラック 22-01433」アマゾンで5740円。
刃渡り8.7cm「直刃(ストレート)」です。

材質は(ワンテンも)「SUS440C」。一番では無いですが「良く切れて/良く砥げる」材質です。
「SUS440C」より1つ上の鋼材に「ATS34(丸C日立金属)」が有ります。が、刃渡り10cmだとやっぱ2万5千円~くらい。
http://www.silicolloy.co.jp/sus440c.html
http://www.rakuten.co.jp/v-road/436857/438119/43 …

刃の形状は「初心者」なら「ユーティリティ(クリップ・ポイント)」「セミスキナー(ケーパー)」あたりが使い易い。
包丁代わりだと「直刃(ストレート)」が良い?

あとロック(刃を固定する)方法「バックロック(ワンテンなど)」「ライナーロック(ガーバー EVOなど)」「フロントロック(ラックサックなど)」があります。
小さなゴミが入り易い/掃除し難いのは「ライナーロック」 ロック部分にゴミが入らないなら「フロントロック」。
「ライナーロック」は慣れると片手(右でも左でも)/ワンアクションで「開(刃を出す)」「閉(刃を仕舞う)」が出来るようになります。
もう山には持って行きませんが「SW-2000 S.W.A.T. シルバー SW-1」は(私にとってはフォールディングでも)シースナイフと同じ扱いでした。
片手を野犬に噛まれても 泳いでいて釣り糸が絡んでも「このナイフさえ有れば」と云うナイフでした。

希望の「1振り」が見つかれば良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。また、返信が遅れて申し訳ありません(>_<)
2回も回答して下さり、有難うございます!
ナイフの紹介とロック機構の詳しい説明が非常に参考になりましたのでベストアンサーとさせて頂きます^^

お礼日時:2011/06/01 22:33

私のお勧めはフィンランドのマルティーニ社などが販売している伝統的なラップナイフ(ラップランド地方の狩猟ナイフ)の普及モデルです。



http://knifeshop.jp/SHOP/MAT-18410.html

残念ながら普及モデルのため材質はステンレス製のものが多いのですが、ちょっと高級なオピネルといった程度に惜しげなく使用できるのが強みです。

ブレードの長さ等により価格は異なりますが、今なら2500円から3000円台でそこそこの品質のものが入手可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。また、返信が遅れて申し訳ありません(>__<)
シースナイフですね。これはこれで腰に吊るせば、フォールディングとは違った使いやすさがありそうですね^^
参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/06/01 22:22

うーん現実的にオピネル以外に難しいかなと思いますが。


一番条件が制約されてしまうのは材質。通常折りたたみの場合だと水分などが入り込むとシースナイフのように簡単に取り除けないため錆の問題があるので現在の大半(というよりほとんど)はステンレス系であるということ。
又刃長も100mmを超えるものはかなりまれ。(折りたたみで100mmは大型の部類)
安全性は安物(粗悪品)でなければ通常は大丈夫です。また予算4000円で考えると上記の条件で国産はまずありえない。
またそこそこ名のあるメーカーでも5000円前後は厳しいところ。あってもサイズが小さいとかの制約があります。
それらを踏まえると全ての条件を満たすものはありませんが参考程度で
アウトドア用折り畳みナイフの定番といえばのバックの#110でしょうか。↓
http://www.naturum.co.jp/item/490699.html(参考)
多少値は張りますが≒100mmであればベンチメイドとか。↓
http://www.yamahide.com/factory/benchmade/bmitem …(上のストレートタイプ)
炭素鋼折り畳み+100mmであれば肥後守とか・・(ロック機構はありません)
同じくカーボン折り畳みであればシタデル各種(長さはありません)↓
http://www.ohyasuya.co.jp/factorybrands/sub/ek.htm
というような感じではないかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅れて申し訳ありません(>_<)
やはり自分で探しても炭素鋼のナイフでそこそこのものはオピネル以外にありませんでした…。
ご回答有難うございました^^

お礼日時:2011/06/01 22:28

レザーマン チャージTTi がいいですよ。


ヤフオクなら¥14,000程度。

http://www.amazon.co.jp/LEATHERMAN-%E3%83%AC%E3% …

この回答への補足

補足です。
多機能ナイフではなく、ごく一般的な、ブレードしかついていないタイプのものを探しています。
ペンチとかハサミなんかは、今のところ必要性を感じていないです。値段UPにも関係してきますし…。

自分の中ではかなり探した方だと思うのですが、刃長が短かったり、材質がステンレスだったりしてなかなか良いものが見つかりませんでした…(>_<)

そこで、予算を少し引き上げてみようかと考えております。しかし万単位はキツイです…。
また何かあったら補足させて頂きます。回答ありがとうございました^^

補足日時:2011/04/25 23:41
    • good
    • 0

刃渡り10cm(9.5cm) フォールディング とくれば、「BUCK(バック) フォールディングハンター #110 」!


俗に「ワンテン」と呼ばれるナイフです。
刃の形は「ユーティリティ」持ち方によって細かい細工も出来ます。
今アマゾンで5800円です。

国産ではGサカイ(ガーバー・サカイ)。岐阜県関市 元刀鍛冶の街です。
http://www.gsakai.co.jp/
刃渡り10cmだと値段は2~5万円くらい。

私は「LEATHERMAN(レザーマン) Juice CS4 GY 72013」と「ビクトリノックス ラックサックNL」を使用しています。
それぞれ工具と包丁として使い分けています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナイフを砥いだら買ったときより切れなくなった

先日、ステンレスのダイバーズナイフを購入しました。
買って直後は、封筒なんかもスーと切れ、スネにあてても肌にくいつく感じで
泡を付けたらこのままきれいにスネ毛が剃れるんじゃないか、くらいに切れ味鋭かったのです。
もっと切れ味鋭く出来ないかと思い自分で砥石で砥いだところ、今度は切れ味が悪くなってしまいました。
スネにあてても肌の上をそのままスルッと滑るだけの感じになってしまいました。
砥ぎ方が悪かったのでしょうか、でも、そんなに刃先が丸くなっているようにも思えないです。
砥石もちょっと凸凹があったみたいで新しい良いものに買い換えようと思っています。
刃先が鋭角に砥げるようにナイフを出来るだけ寝かせて砥ぎました。
でも、とても難しいです。

Aベストアンサー

ナイフを使う以上、自分で研げないと、困りますよね。
それが困らないのが日本なんですけれど。(笑)

昔は刃物の研ぎなんて誰でもやっていたんです。
時折自己流で狂った部分を、職人さんに修正して貰ったかもしれないですけどね。

初心者が見よう見まねで研ぐのは、難しいかもしれません...
教えてくれる人がいないので、皆一様に難しいって言うんですよ。

だから、専門店でプロのアドバイスを受けて下さい。
持ち方、姿勢、あなたの癖などを実際に指導して貰うのが、一番てっとり早いのです。
「砥石一式を買おうと思っているのだが、研ぎ方も指導して欲しい。」という具合(交換条件)に話を持っていきましょう。
もちろん、刃物持参。事前に電話連絡しておいても良いかもしれません。
お店の人が暇な時でないと無理ですよ。

あなたの芸(笑)が1つ増えると思って、1万円くらい用意しましょう。
最終的に切れ味を上げるのは、仕上げ砥石ですが、6000円位はします。
中砥石や荒砥石は、もっと安価です。

そりゃ無理だ、と仰るのであれば、ステンレスではなくて、もっと柔らかい鋼の刃物で練習して下さい。
包丁,研ぎ方 でかなりのサイトが見つかるはずです。
ちなみに、包丁であっています。
アウトドア店にあるような小さなナイフ用の油砥石は使いにくいですし、融通も利きにくいので。

もう一つの方法は、「ランスキー」のシャープニングシステムを使って下さい。
これは初心者にでもナイフが楽に研げる方法です。


> 刃先が鋭角に砥げるようにナイフを出来るだけ寝かせて砥ぎました。

初めての方が、こんなことを意識すれば、角度を固定できないと思います。
そもそも、ダイバーズナイフって 一体に何に使うものか、考えてみて下さい。
かなり太い(固い)ロープを切ったり、まあそういう用途なんですよね。
カミソリのような切れ味を求めて、寝かせて研ごうと思ったこと自体が、根本的な間違いと言えるのです。

ダイバーズナイフは、かなりの特殊用途品。
日常生活において使える代物ではありませんし、普段持ち歩けば、銃刀法違反で捕まります。
適所適材に用いて下さい。

ナイフを使う以上、自分で研げないと、困りますよね。
それが困らないのが日本なんですけれど。(笑)

昔は刃物の研ぎなんて誰でもやっていたんです。
時折自己流で狂った部分を、職人さんに修正して貰ったかもしれないですけどね。

初心者が見よう見まねで研ぐのは、難しいかもしれません...
教えてくれる人がいないので、皆一様に難しいって言うんですよ。

だから、専門店でプロのアドバイスを受けて下さい。
持ち方、姿勢、あなたの癖などを実際に指導して貰うのが、一番てっとり早いのです。
「砥...続きを読む

Q登山ザックの外付け荷物について

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている方も良く見ますが、コーヒーなどを作って飲む場合でしたら、他の器具や材料をザックから出すので、マグカップだけ外にある必要はないと思いますし、水場で水を飲むためだとすると、腰ベルト辺りにあれば、すぐ手にとって飲む事が出来ますが、ほとんどの方がされているザックの後部に吊り下げている場合は、ザックを下さなければ手に取る事が出来ず、ザックの出しやすい場所に収納してるのと使い勝手は変わらず、あえて不衛生な外に吊り下げる必要が無いように思えます。
ザック後部にマグカップを吊り下げる目的を教えてください。

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている...続きを読む

Aベストアンサー

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザックは横に出っ張らないように
体の幅に合わせた縦長軽量タイプがほとんどです。
しかし、かつては横長のキスリングが主流でした。
帆布製でしっかりしていましたが、
その分重量もあって担ぐのには体力が要りました。
このキスリングは横長であるがために上部の面積が広く、
主にテントやポールなどを外付けで載せたものです。
キスリングはきれいに詰めれば上部はほぼ平らになり、
そこにテントを載せても縦方向にはさほどかさばりません。
この状態ですと雨の場合にはポンチョが被れたのです。
ポンチョは自分+背荷物をカバーできるので重宝します。

ところが、今の縦長ザックでは上部が高くなってしまうので
この便利な雨具であるポンチョが使えません。
被ったところで襟足から一旦生地が上方に上がり、
ザックを超えるようにして下方に垂れ下がります。
つまり、ザックが上に飛び出ている分ポンチョの後方は短くなり、
下半身の後ろが雨に濡れ易くなるのですね。
これを避けるにはカッパの下+ポンチョの組み合わせがいいかもしれません。

さて、マグカップやシェラカップをザックにぶら下げる。
たしかに不衛生ですし、カチャカチャと音がうるさい場合もあります。
水場で水を飲む場合はそこで休憩することが多いでしょう。
この時にザックは下に下ろすことが多いと思います。
下ろしたついでにぶら下げてあるカップをはずす。
つまり、一連の動作の中でカップを手に取れるので便利♪となるのかも
しれませんが、見た目の格好よさというのが本音であることが多いです。

因みに、私は質問者さんと同じような考え方で、
カップは手作りの袋に入れてザックの取り出しやすい場所に入れています。
キスリングを使う時はサイドの大きなポケットの一番上に入れていますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザック...続きを読む

Q山でお肉を食べたい

山でお肉を食べたい
8月単独でテント泊縦走を行ったのですが、重さや傷みで食料はマジックライスとインスタントラーメンにしました。
「肉系」を断って3泊目、テントの受付に入った小屋でたまらず牛丼食べたのですが、下界で食べた松阪牛なんかより美味しく感じてしまいました。

今度はぜひ肉を持って行きたいのですが、常温保存できるものは「魚肉ソーセージ」しか見当たりません。
レトルトのハンバーグとかは「要冷蔵」。

登山の食事で「お肉」はどうしていますか?

Aベストアンサー

#8です

 長期保存は要冷蔵だけど数日なら常温でも大丈夫です、日に晒してずっと置いておくわけじゃないですし、それに焼けば大丈夫、というのもありますから

なお焼肉は無駄に燃料を消費するのでご注意くださいね。

Q銃刀法に引っかからない折り畳みナイフ

が欲しいのですが大丈夫でしょうか?
今時は持ってるだけで逮捕ですか?
アキバは爪切りやハサミだけで逮捕されるみたいです。

Aベストアンサー

http://www.victorinox.co.jp/
↑アーミーナイフ愛用歴30余年です。
ビクトリノックスのミニシリーズは刃渡り35mmですから、銃刀法違反になりません。
ハサミのみでブレード(ナイフ)レスのモデルもありますが、警察はドライバーや合鍵になるような物を所持してるだけで軽犯罪として職務質問や任意同行を求めることがあるので、極端な話し自宅玄関やマイカーの鍵を持ち歩いてるだけで軽犯罪に引っ掛かることがあります。
ならば、堂々と銃刀法違反にならないアーミーナイフを所持したほうが良いです。
私は、キーホルダーと一緒にミニシリーズを持ち歩いてますが逮捕されたことはありません。
但し、航空機に搭乗する時は、ミニシリーズでも乗務員に預ける必要がありますが、没収されたり警察に通報されたことはありません。
愛用のミニシリーズは2つで、1つはLEDライト付でナイフとハサミと爪ヤスリにドライバーとピンセットが付いて便利です。
ミニサイズながら、ナイフとハサミの切れ味は抜群です。
私は、魚釣りやキャンプを趣味にしてるので常に持ち歩いてますから、身体の一部みたいな感じです。

http://www.victorinox.co.jp/
↑アーミーナイフ愛用歴30余年です。
ビクトリノックスのミニシリーズは刃渡り35mmですから、銃刀法違反になりません。
ハサミのみでブレード(ナイフ)レスのモデルもありますが、警察はドライバーや合鍵になるような物を所持してるだけで軽犯罪として職務質問や任意同行を求めることがあるので、極端な話し自宅玄関やマイカーの鍵を持ち歩いてるだけで軽犯罪に引っ掛かることがあります。
ならば、堂々と銃刀法違反にならないアーミーナイフを所持したほうが良いです。
私は、キ...続きを読む

Qこのナイフの使い道(キャンプでの使い勝手は)?

この写真のように刃の半分が波刃になっているようなナイフをアウトドアで使っている人いますか?

製品の説明ではこの手の波刃は濡れたロープなどを切断するような用途が主なようですが、他の(キャンプなどで有効な)使い道ってないのでしょうか?

私はアウトドアではビクトリノックスのソルジャーを持参しています。
この手のナイフは形状に魅かれていて「1本くらい欲しいかな?」と思っているのですが、ただ実用性がないようなモノを買う気にはなれません。

このナイフの波刃は刃渡りの半分を大きな顔をして占めているくらいだからけっこう出番が多いのではないかと思っているのですが、じゃあ(濡れたロープの切断以外で)どんな場面で多用するのかと考えると使い道がわからないのです。

コンバットナイフのような武器的な使い道しかないようならこういうご時世ですし購入は避けたほうがいいのかなとも思っていますが・・・

ちなみに私のアウトドアスタイルは・・・
とりあえず濡れたロープをしょっちゅう切断するような場面は少ないですね。
バイクでのキャンプツーリングやバックパックを背負ってトレッキング。または渓流釣り。ソロか少人数でのキャンプが中心です。
こういうスタイルにマッチしたナイフでしょうか?

アドバイスをお願いいたします。

この写真のように刃の半分が波刃になっているようなナイフをアウトドアで使っている人いますか?

製品の説明ではこの手の波刃は濡れたロープなどを切断するような用途が主なようですが、他の(キャンプなどで有効な)使い道ってないのでしょうか?

私はアウトドアではビクトリノックスのソルジャーを持参しています。
この手のナイフは形状に魅かれていて「1本くらい欲しいかな?」と思っているのですが、ただ実用性がないようなモノを買う気にはなれません。

このナイフの波刃は刃渡りの半分を大きな...続きを読む

Aベストアンサー

>とりあえず濡れたロープをしょっちゅう切断するような場面は少ないですね。
>バイクでのキャンプツーリングやバックパックを背負ってトレッキング。または渓流釣り。ソロか少人数でのキャンプが中心です。
>こういうスタイルにマッチしたナイフでしょうか?

そうであれば要らないのではないかと思いますよ。

質問の物ではなく、ビクトリノックスで波刃のブレードの物を使ったことがありますが
濡れて、乾いてを繰り替えしてカチカチになったロープのほか
ナイロンロープでも荷重によりカチカチに締まったものを切断する場合には確かに効率的でした。
ただ、切断時の手間と時間が違うだけで、ストレート刃でも切断は可能ですから
そういう用事が少ないスタイルでの必要性は高いとは思えません。

Q各メーカのガスカートリッジと器具の互換性

各メーカのガスカートリッジと器具の互換性について教えてください。
例えばイワタニのガスカートリッジにコールマンのガスバーナやガスランタンの使用は問題ありますか?
各メーカでは自社器具には自社のガスを使用を前提とうたっているようですが互換性ないでしょか。

Aベストアンサー

 他の方がご回答されているように、差し込み口があえば使えるようです。
 私の知っている限りでは、差し込み口の合わないものはキャンピングガス(水色)のタイプで合わないものがあります。(今はあまり見かけなくなりましたが...)
 もちろん、このほかにもあると思いますが、お店でよく売っているものはだいたいあうようです。
 最近は、いろいろなメーカーから安いものも出ているので、用途に合わせて使い分ければいいと思います。
 ただし、あくまでもメーカーも言っているように保障がありませんので、自己責任で使うことになりますし、冬山や標高の高い(気圧の低い)ところなどでは用途に合わせたタイプのものがいいと思います。
 しつこいようで、無責任なコメントになりますが、私も責任がもてませんので、自己責任においてご使用くださるようお願いします。(^_^;)

Qテント張るのに許可は要るのですか?

ちょっと気になったんですが
テントを張る時身近な機関・人から許可などはいるのでしょうか?
まあテントですから張るのは主にキャンプ場等かと思いますが
それ以外で公園の空き地とか高い山の中間等
回答お願いします

Aベストアンサー

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。
・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。(計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識)


許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。

正式許可がとれるかどうか

河川敷
河川事務所が管理している。大規模キャンプは事前申請が必要。
河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。正式に許可を求めるなら、そこを探す。
いずれも個人が申請しても許可が出ない

海岸
多くの県では、キャンプ禁止になっている。

道の駅などの駐車場
許可は出ない

里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか)
あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。国有林は許可は出ない

廃校、公民館など
管理者(町内会など)次第

高い山の中
キャンプ地以外は許可が出ない。オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。


ゲリラ的に泊まる場合

一般論
「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。

目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。

人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。

日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。

トイレなどのあるところにする。
暴走族などが来ることを念頭に置く。

あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。


河川敷・海岸
2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。
駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない
洪水や暴走族などを念頭においておく。

海岸
オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。
駐車場があればそこの脇がよい。荒天時に注意
砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。

都市部の公園
大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。

地方都市の人里離れた公園や野球場
夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK.

道の駅や観光地の駐車場
深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。
交通事故に注意

林道・農道の終点
日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。未明からトラックが通ることがあるので注意

林の中(低山)
テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当

林の中(高山)
土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。(生物で分解されないし、生態系を乱す)
管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない

山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。あらかじめ問い合わせておくこと。

そのほか
教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。パトロールしてくれます

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま...続きを読む

Q電車で登山に行く時の靴

こんにちは。

電車で登山に行く場合、普通は登山靴ではなく普通の靴で行き、現地の入り口で履き替えるのでしょうか?

Aベストアンサー

登山の種類によりますが、通常のハイキング、トレッキングであれば、普通、家からトレッキングシューズを履いたままです。朝一番の奥多摩への電車ではみんなそんな感じです。悪天候でドロドロの靴で帰りは気になる、という趣旨であれば、山道から出るときに靴の泥は落としてしまいますし。
 ただし、岩山を登る場合は岩山の前でクライミング用の靴に履き替える等、アプローチシューズっていう靴で現地まで行って履き替えたりすることもありです。沢登なら沢用の靴や足袋わらじ等、雪山なんかだと現地でアイゼンつけたりしますし。またテント場でサンダルに変えたりとかもありますね。
 ただ、そういうことでなければ、電車の乗り換えとか靴底が固くて歩きづらいかもしれませんが、履いてきた靴が重たくて臭いお荷物になるので、ハイキング、トレッキングなら靴を変えたりしない人が圧倒的だと思いますよ。

Qどのレインウェアを買おうか、悩んでいます。

アラサー女性、登山初心者です。

どのレインウェアを買おうか、悩んでいます。

最初は、「ゴアなら間違いない!」と考えていたのですが、
きちんと調べて防水性と透湿性の数値を比較したり、
素材だけでなく、袖口や、フードのフィット感など、
機能性も大切だと気がつき、いろいろ調べすぎて、
逆になにを買ったらよいのか、分からなくなってしまいました。

耐久性だけを考えればゴアがダントツなのでしょうが、
20年同じウェアを使用することはないと思います。
そう考えると、他の素材でもよい気がしてきました。

・防水性20,000以上、透湿性10,000以上
・フードのフィット感などを試着していいものを選ぶ
・デザインも楽しみたい
・金額は、ジャケット単体なら23,000円くらいまで
・比較的軽量

ストームクルーザーがとてもいいのは理解しているのですが、
とりあえず一度、候補から外してみたいと思っています。
(ただし、ジャケット単体で購入した場合は、
高いので、パンツはモンベルにするつもりです)

【質問1】
既述の条件で、おすすめのレインウェアを教えて下さい。
【質問2】
もし、既述の条件以外に、追加した方がいい基準がありましたら教えて下さい。
もしくは、変更した方がいい箇所があればご指摘下さい。
【質問3】
これからの時期に買うとしたら、ジャケットとレインウェアと兼用で
使えるものをお店の人に薦められました。
私は、レインウェア自体が最初の購入ですし、
まずは、季節を問わず軽量でレインウェアとして単体で機能するものをと考え、
寒さ対策はその分着込むと考えているのですが、どう思いますか?

モンベルとパタゴニアはアフターケアが信頼できる、
日本のノースフェイスは、実際は日本での企画が多くあまりよくない、
という情報を頭に入れていたつもりだったのですが、
今のところ私が選んでいるのは、ノースフェイスだったりします。。

http://item.rakuten.co.jp/spotaka/csltnfwmn034/

コロンビアはまだあまり見たことがないので、今度みてみようと思っています。

以上、長々と申し訳ありません。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

アラサー女性、登山初心者です。

どのレインウェアを買おうか、悩んでいます。

最初は、「ゴアなら間違いない!」と考えていたのですが、
きちんと調べて防水性と透湿性の数値を比較したり、
素材だけでなく、袖口や、フードのフィット感など、
機能性も大切だと気がつき、いろいろ調べすぎて、
逆になにを買ったらよいのか、分からなくなってしまいました。

耐久性だけを考えればゴアがダントツなのでしょうが、
20年同じウェアを使用することはないと思います。
そう考えると、他の素材でもよい気がしてきま...続きを読む

Aベストアンサー

 初心者であればこそ、最初は素直にストームクルーザーを購入するのが良いのではないでしょうか。
 ストームクルーザーを何年か様々な条件下で使用すれば、次のウエアの購入を考える頃にはきちんとした「レインウエアの基準」ができていると思います。

 私は30年ほどの登山歴の中で、家族用や仕事に使う備品まで含めると少なくとも30着はレインウエアを購入して使用していますが、様々な仕様と価格を考慮すると、理屈だけで選ぶと一般的な登山用としてはストームクルーザー以外の製品に存在意義はない、とすら思います。
 私は個人で使うものは数年前に2着買いましたが、後はストームクルーザーは避け続けていますが、それはもう好みでしかありませんから。

 質問者さんの条件ですが、重量は設定すべきでしょう。
 ジャケットで23,000円ということは、上下で35,000円くらいまでは考えておられるのでしょうが、その価格帯でレインウエアを選ぶなら、カタログ値で上下で600gは最低ラインでしょうね。実測値はまた別ですが、例えばモンベルだとMサイズの平均重量と明記されているので、そのカタログ値での話です。例えばパタゴニア等のアメリカサイズで販売されているウエアでは、同じMサイズでもパタゴニアの方が一回り大きい(パタゴニアのMはモンベルのL相当)ので、重量を比較するときに補正は必要ですが。

 ゴアテックスが抜群の耐久性を誇るのは事実です。
 私は30年前のゴアテックスのオーバーズボンをまだ持っています。シームテープは全て剥がれ、ポケット等も取れてしまってウエアとしてはとっくの昔に寿命を迎えていますが、ゴアテックスの生地そのものは防水性も透湿性も落ちていません。
 私はゴアテックスのシュラフカバーも持っていますが、これも25年使用していますが、レインウエアほど使用頻度は高くないにせよ、これも今でも普通に使用できます。性能はまったく落ちていません。
 ゴアテックス以外の防水透湿性素材には、ウレタンコーティング系のものがあるのですが、これはコーティングですので必然的に経年劣化します。

 ゴアテックスウエアは、きちんとメンテナンスする限り一生モノとすることも十分可能なのですが、まあ確かに20年同じウエアを使うことはないですよね。私も30年前のモノを持ってはいますが、今じゃ雪かきにたまに引っ張り出すくらいですから。カミさんはつい最近まで20年前のレインウエアを使ってましたが。

 モンベルとパタゴニアのアフターサービスがずば抜けているのも本当です。
 酷い破れでも、何年前のモデルでも修理を受け付けてくれますよ。パーツのばら売りもしてくれますし。
 パタゴニアも同様です。パタゴニアはテクニカルウエアについては永久保証です。私も2年ほど使用したレインウエアを半ば自分のミスでダメにしたとき、全額返金してもらったことがあります。明らかに自分のミスならダメだったでしょうけど。

 アメリカ製が粗悪というのはそれこそ偏見でしょう。
 まあ日本メーカーのものでも最近はほとんどが中国製です。これだけ経済がグローバル化している現状で「○○製」を気にするのはほとんど意味がないでしょう。要は、設計や仕様がどれだけきめ細かいか、またそれらを製品化する際の技術がどれだけ確かか、ということしかなく、それは実際の製品を見て確かめるしかありません。耐久性のように何年も使用しないと判らないこともありますし。

 耐久性といえば、モンベルの弱点は縫製ですね。製法技術というか、凝った製法はたくさん考案していますが、解れのトラブルはモンベル製品は多いです。補修してくれるので私は気にしていませんが。

 ノースフェースについては、私はウエアやウエア以外のギアをいくつか購入して使用したことがありますが、どれも気に入りませんでした。
 まあ、本家のノースフェースとはほとんど関係がなく、日本のノースフェースはほぼ「ゴールドウイン」と言って良いブランドなのですが、ゴールドウインがノースフェースのバッジを付けずに自社ブランドで勝負していたら、今のような人気は出なかったでしょうね。また、こんな強気な値付けもできないでしょう。
 つまり、「スポーツ量販メーカーのアウトドアブランド」という意味ではタラス・ブルバ、オンヨネあたりと同じ立ち位置にいるブランド、ということです。
 アメリカノースフェースも、造りは非常に丁寧ですよ。パタゴニアもアメリカブランドですが、造りは日本のノースフェースよりよほど丁寧です。

 ノースフェース(ゴールドウイン)も、別に致命的に劣るとか良くないとかいうことはないですが、積極的に薦めるような製品は見あたりません。

 質問者さんが購入を考えているドットショットジャケットですが、これはハイベントというノースフェースオリジナルの防水透湿性素材を使用したウエアです。
 このハイベントですが、いわゆるウレタンコーティング系の防水透湿性素材です。これは性能そのものは一概には言えませんがゴアテックスと比較して決定的に劣るというわけではありませんが、コーティングなので耐久性ははっきり落ちます。

 何よりウレタンコーティング系の防水透湿性素材は「安価」が売りなんですよ。
 モンベルでいえばスーパーハイドロブリーズと成り立ちも実際の性能も似たところにある製品ですから、この価格は高すぎです。バーゲンで半額になっていれば、デザインが気に入れば買っても良いな、と思う程度の製品です。
 どれだけデザインが気に入っても、私ならハイベントに2万円も出す気はしないな・・・

 最初のレインウエアは1万円クラスの安価なモノ、という考え方はあると思います。モンベルだとスーパーハイドロブリーズ、オンヨネのブレステック系など、安価で性能も良いモノはたくさんありますから。ノースフェースのハイベントも本来はこのクラスなんですけどね。

 ですが、3万円クラスを購入対象にするのなら、最初はストームクルーザーを強くお奨めします。
 これを使い込めば、レインウエアに対する自分なりの「基準」ができますから、そうすると次はいろいろ独創的な選び方ができると思いますよ。

 初心者であればこそ、最初は素直にストームクルーザーを購入するのが良いのではないでしょうか。
 ストームクルーザーを何年か様々な条件下で使用すれば、次のウエアの購入を考える頃にはきちんとした「レインウエアの基準」ができていると思います。

 私は30年ほどの登山歴の中で、家族用や仕事に使う備品まで含めると少なくとも30着はレインウエアを購入して使用していますが、様々な仕様と価格を考慮すると、理屈だけで選ぶと一般的な登山用としてはストームクルーザー以外の製品に存在意義はない、とすら...続きを読む

Qビクトリノックスのナイフで研ぐのに失敗して切れなく

なりました。

根本的に切れ味を出したいので
タッチアップじゃなくて研ぎ方を教えてほしいんですが、
どうも理解できないので、わかりやすいサイトがあれば
おしえてくれないでしょうか?
とりあえず、研ぎ方で調べたものの、いまいちよくわからないんです。
研ぐ前以上にキレなくなりました。

Aベストアンサー

刃元からから切っ先まで一定の角度を保てれば間違いなく研げるのですが、和式の刃物と違ってナイフの場合はエッジ幅が極めて狭いのでどうしても丸刃になり易いですね。
素人が確実に研ぎたいのであればランスキーのシャープナーが便利ですね。誰でも丁寧な作業をすれば間違いなく研げると思いますよ。
結構高価なセットでしたが、阿佐ヶ谷のしんかい刃物店さんのサイトが安い様ですので紹介しておきます。
東京近郊の方でしたら阿佐ヶ谷の南口の商店会を入って50m程行った右側です。アドレスは下記。
http://item.rakuten.co.jp/nzshinkai/282120/#282120

使い方のイメージは次のサイトが判り易いと思います。
http://www.ameyoko.net/marukin/html/meinte/howto3.html
http://www.ameyoko.net/marukin/html/meinte.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング