システムメンテナンスのお知らせ

山登り初心者です。

一人でトレッキングなどしているのですが、護身用としてナイフを持っておこうかと思案中です。

もちろん熊は倒せませんが(^-^)

また、良いツールがあったら教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • 皆様回答ありがとうございます!

    熊限定ではなく、身を守る事全般(遭難も含め)です。

    映画レヴェナントと、127時間を観た影響もありますm(__)m

    知識と経験不足だと思いますが、とにかく無性に怖いときがあります。

    初心者なので、高度な技術の必要な所や山深くまでは入りません。
    熊よけ鈴は付けてます。

      補足日時:2018/07/10 18:24
gooドクター

A 回答 (10件)

山登りや、トレッキングでっていう理由が変だから、要らないってみんな言うわけです。



遭難が怖いなら、日本の山における遭難の事例を勉強して、
どこでどういう判断間違いをしたから遭難したかを知るべきです。
装備にナイフが入っていなかったからというミスは、まずないと思います。
不要で、重さがあり、かさばり、なくしたくないものは持っていきません。

アウトドアで料理や遊びで使いたいなら、そういうものはあるし、
釣った魚をさばきたいとかいえば、適切なものがあります。

https://nso.fareast-gun.co.jp/products/detail.ph …
結局人が普通にいるところではこんなもの持っていたら、即逮捕されちゃうわけで、
じゃ、「これ何に使うためだったらもっててもいいの?」って話になると。
「業務で、山を開墾しています。」とか、
「罠で捕まえた、イノシシやシカを止め刺しするためです。」
くらいか通らないってこと。

銃刀法はこんな感じ。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/drug …
刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物については、「何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、これを携帯してはならない。」

刃物とは
その用法において人を殺傷する性能を有し、鋼又はこれと同程度の物理的性能(硬さ及び曲げに対する強さ)を有する材質でできている片刃又は両刃の器物で、刀剣類以外のものをいいます。

業務とは
社会生活上の地位に基づき、反復継続して刃物を使用することがその人にとって仕事であり、刃物を使うことが業務にあたる場合(例えば調理師が仕事場に行くため包丁をバッグに入れて持ち歩くなど)をいうと解されています。

正当な理由による場合とは
社会通念上正当な理由が存在する場合であり、例えば、店から刃物を購入して自宅に持ち帰るような場合等をいいます。
繁華街等で「からまれると困るから…」などの理由で護身用に持ち歩くのは、正当な理由には当たりません。

携帯とは
自宅又は居室以外の場所で刃物を手に持ち、あるいは身体に帯びる等して、これを直ちに使用し得る状態で身辺に置くことをいい、かつ、その状態が多少継続することをいうとされています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございました。

何となくは理解していたのですが、勉強不足でした。
ご指摘のようなナイフを想像しておりました。

山登りやトレッキングなどアウトドアでの環境では、ナイフの所持は良いものかと思っておりました。
ボーイスカウトのような(やっておりませんので、あくまでイメージですが)。

wil○-1や好日○荘には大きなナイフは無いなと思っていたのは、その為ですかね(^^;

6センチメートルで探してみます。

お礼日時:2018/07/10 20:05

No8の50年ジジイです。



>熊限定ではなく、身を守る事全般(遭難も含め)です。映画レヴェナントと、127時間を観た影響もありますm(__)m

私は命の危険を感じたこと(今で考えれば遭難死すれすれ)もありますが、ナイフなんて全く役にたたなかったですよ。

>知識と経験不足だと思いますが、とにかく無性に怖いときがあります。

確かに山の中での夜、本当に漆黒の闇ですから怖いというのはわかりますが、ナイフがあっても怖さがなくなるものではありません。
万が一、「不良」にからまれたとしてもナイフなんかもっていたら、殺し合いになってしまいますよ。
たとえ相手からからまれたとしても、ナイフをもって相手を殺傷すれば殺人罪に問われます。

追記すれば山に行く前に中学校時代からキャンプにいっていましたが「不良」に絡まれた経験はないですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

重々ありがとうございます。

そうでしたか。
ナイフは必要ない。
参考にさせて頂きます。

ご指摘の通り、1日人と会わないような所を歩くときは、暗くなってきたり、暗いところなどは怖いです。
じゃあ行くなとなりますが、明るく元気な時は、楽しく、日に照らされた緑の中を歩くのが好きです。

万が一のお話も、若いときは何も気になりませんでしたが、ずいぶんと大人になってから会社内でリンチされ続けた経験もあり、中には常識の外にいるのに社会に溶け込んでいる人もいると理解しております。
逃げる自信があれば良いのですが、その際に使おうとは思いません(^^;

熊や猪はどうすることもできないですが、野犬とかはでないんでしょうか?

お礼日時:2018/07/10 20:26

はじめまして、山で50年の還暦をだいぶ過ぎたオヤジ(ジジイ)です。



50年山に行ってますが、ナイフが役にたったことはありません。
刃物を使うのは長期合宿での料理ぐらいで、それぐらいになるとナイフより包丁の方が役に立ちます。
ですので、護身用なんて何の役にもたたないです。むしろ不審者として警察に逮捕されかねませんよ。

熊に対しては効果的なのは熊スプレーぐらいしかありません。
グリズリーがでてくる北米のロッキー山脈でも、護身用としてはナイフではなく熊スプレーを持っていくだけです。
ですから、No4の方の回答のような、催涙スプレーが最適ではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

ベテランの方にコメント頂き、初心者の私は恥ずかしいばかりです。

肉体的に衰えてきて、身体能力も高くなく、知識や経験もないので一層怖くなってきたのだと思います。

出来れば山でテントで一泊出来るようになりたいとは夢見ています(^-^)

スプレーを考えてみます。
ですが、多分、熊などが出る可能性はありますが、スプレーを持つほどの所へは行っていないと思います。
ですが、怖いときがあるのです。
若い頃はこんなことは無かったです。
先輩からしたら若輩者ですが。
強靭な肉体が欲しいです(^-^)

お礼日時:2018/07/10 19:51

熊にナイフで太刀打ち出来ると本気でお考えですか?



熊に襲われて、貴方が瀕死の大怪我を負った状態で
せめてもの反逆として熊に傷を負わせたい、というレベルなら可能でしょうが、
護身用と言える代物ではありません。

護身をまず第一条件として考えるのであれば、
ナイフより、熊避け用の鈴を腰にぶら下げて歩く事です。

熊は人の気配を遠くに感じると、人間に近づくのではなく、
人間から離れようとします。

熊が人間を襲う際の多くは、遠くに人の気配を感じたから・・ではなく、
突然、目の前に人間が現れたから・・です。

なので、山に立ち入る際には、
鈴の音で遠くから貴方の存在を野生動物にアピールする事が一番の護身になります。

単なるナイフ好きじゃなければ、ナイフに拘る必要はありません。

ただ、山に入るのであれば、ナイフの1つや2つは必需品とも言えるので、
ネットなどでどういうナイフがあるか調べて、
気に入った普通のサバイバルナイフがあったら、それを購入しておいた方が良いでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

熊でなくとも、襲われたら死ぬと思います(T_T)
ですが、おっしゃる通り爪痕くらいは残したいです(^-^)

身体能力が高くないので、丸腰が怖いです。

熊避けの鈴は着けています。

サバイバルナイフは一本持ちたいと思っています。

お礼日時:2018/07/10 19:39

動物(特に熊)に対しての護身用なら接触しない事が一番ですので、自分がそこに居る事を周囲に知らせるのが良いですから、


熊避けの鈴を付けたり、高い音の出るホイッスルや笛等を首から下げたりしていて直ぐに使える物の方が良いでしょうね。
それに山登りでナイフなど持って居たならば他の人に不審者と思われるだけ。
携帯ラジオなど鳴らしっぱなしで動くのも良いでしょう。
いざと言う時の為には熊撃退スプレーでも持って居れば良いでしょうし。
まぁ山登り初心者と言う事なら、しっかり登山道が整備されているところに行くのでしょうからナイフの様な過剰な装備は必用無い
ですがね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございました。

熊避けの鈴は付けてますが、ホイッスルも持とうと思います。

静けさ(鳥の声や山の音?)が好きなので、ラジオは気が引けますが、持っていても良いかと思いました。

お礼日時:2018/07/10 19:06

オイラは、スパイダルコのレディバグ持っていくことあるけど、まあ、割りばし忘れたときには木の棒削るのに役立つけどね。

 片手でひらけるから、相方が滑落してザイル切らんと自分も落ちるときには役立つかな、、、

って、そんなとこ行かないし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

良さそうです!

初心者なのでザイルは映画や本の中の存在で、憧れますが使うことはないと思います。

お礼日時:2018/07/10 18:58

月の環クマだと催涙スプレーかな?


http://jsdpa.com/topics/?p=611

山にはマムシあるので。杖みたいなものを持って行くかナタで作ればいいと思います。
刃物は、ナタかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
スプレー参考になりました。
後日、調べてみます。

マムシも恐いですね!
杖はトレッキングポールでも良いのでしょうか?

ナタも検討してみます。大きく重いイメージがあります。
あると便利な気もします。

お礼日時:2018/07/10 18:53

この20年ちょっと国内・海外のハイキング、トレッキングをしていますが護身用ナイフを持っていたらよかった・・・という経験は無いです。


ソーセージやチーズを切ったりするためにビクトリノクスの十徳ナイフは持って行きますが。

ちなみに日本の銃刀法では、「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、拘留又は科料に処する」となっています。
でもって「護身用」は「正当な理由」に当たりません。

参考まで。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
そうなのですね。
勉強になりました。

十徳ナイフも検討してみます!

お礼日時:2018/07/10 18:45

動物に対する護身用ならナタかマサカリの方が良いですよ。


一番良いのは青竜刀ですが、持てないですからね。
ナタやマサカリも警察に捕まりますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
ナタやマサカリ、青竜刀を持っていければ、多少は心強いですが、捕まりたくはないです(^-^)

持っていても襲われたらやられますが爪痕残せればいいな(T_T)

お礼日時:2018/07/10 18:42

護身用という意味では、ナイフなど何の役にも立たないと思います。

ナイフが使える間合いに入られたら間違いなく先にやられるでしょうし、怖がらせる効果を狙うにしても、ナイフを見て怖がるのは人間だけではないでしょうか?
また、日帰りハイキング程度であれば、刃物がなくて困ったことは一度もありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
身体能力が高くないので、何かに襲われた時に丸腰は怖いです。
また、遭難したり、何かの時に切る、削る、などのツールがあった方が良いかと思いました。

初心者なので、危険な山には入らないですが、地元でない山など、情報もないので何があるかわからないなと怖くなりました。

お礼日時:2018/07/10 18:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング