草野球においては、「お前デブだからキャッチャーな」とか
冗談で言ったりしますが、「キャッチャー = デブ」という
図式はどっから来るもんなんでしょうか?

実際、プロ野球を見てみると、デブのキャッチャーなんて見たことありません。
漫画に登場するデブキャッチャーと言えば、「ドカベン」「伴宙太」
「松平孝太郎(タッチ)」等が代表的です。

実際にプロ野球で、デブのキャッチャーで有名選手はいましたっけ??
やはり、「キャッチャー = デブ」のイメージは漫画の影響に
よるものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>実際にプロ野球で、デブのキャッチャーで有名選手はいましたっけ??



本当にデブだったのは阪神のダンプ辻、ホークスの香川伸行、
西武・巨人の大久保博元くらいじゃないですかねぇ。
田淵さんもタブチ君のイメージが先行しますが、
上背があったためか体重(公称96キロ、実際はたぶん100キロ以上)そんなに太くはなかったです。

プロ野球では草創期から別にキャッチャー=デブという図式はなかったと思いますよ。
巨人の吉原正喜、阪神の土井垣武などは写真でしか知らないですがどう見てもデブではないですし、
野村克也、森昌彦といった選手たちも特別に太ってはいなかったです。
(2人とも若い頃は「こんなにひょろかったの?」ってくらい細かったです)

>「キャッチャー = デブ」という図式はどっから来るもんなんでしょうか?

キャッチャーはいわば「(いろんな意味で)壁」なので、
でかいほうが安心感があるというイメージからじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

おそらく、その場合は漫画の影響なんだろうと思います。



ただその漫画家さんたちの「捕手=太っている」という発想はどこから生まれたんでしょう。
漫画作品etcで幾多の「太った捕手」が生み出されているのは偶然でしょうか?

やはりそうなると漫画以前から「捕手=太ってる」というイメージが世間的にあったことになってしまいます。
ひょっとしたら誰かそのモデルになった選手がいるんじゃないかなと思います。
そのイメージを元に漫画etcが生まれ、いつのまにか「捕手=太ってる」と誤って定着したのではないかと。

(そういえばドカベンの土井垣は元捕手ですがスマートでしたね)
    • good
    • 0

すべてのポジションでキャッチャーだけが体のぶつかり合いがある危険性があります。


(ホームクロスプレーなど)

プロの世界でもヒョロヒョロのキャッチャーがいないように、このポジションが一番体格が必要なのです。
    • good
    • 0

>「キャッチャー = デブ」という


図式はどっから来るもんなんでしょうか?

体が大きいからピッチャーから見て的になり易い、
球を逸らなさそうに見えるからでしょう。
後は足が遅いと内野外野にとって守備範囲が狭くなるので
足の遅そうな太った人はキャッチャーへ、ということではないでしょうか^^

その昔プロではずんぐりむっくりの体形の人が多かったと思います。
(南海 野村 巨人 森、吉田 等など)

その中で入団当時の阪神 田淵はそれまでのイメージを変えるスリムなキャッチャーでした。
(死球による怪我の治療の副作用で体質が変わってしまいマンガになるほど太ってしまいましたが)
その後中日 中尾 ヤクルト 古田など従来のイメージを変えるキャッチャーが
出てきてプロでは必ずしもキャッチャー=太った人とは言い切れません


>「キャッチャー = デブ」のイメージは漫画の影響に
よるものでしょうか?

と言われるとそうではないと思います。
    • good
    • 0

デーブ大久保(元西武・巨人)。


いろんな意味で有名です。
    • good
    • 0

まぁ南海の香川とか、ヤクルトの八重樫とか昔はいましたよ。


でも一番影響があったのはなんと言ってもドカベンでしょうけど。

現在はキャッチャーといえど砂丘の行方次第でファースト・サードへカバーに入らなければならないので、デブではやっていけないのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「キャッチャーはデブ」というイメージは漫画の影響?

草野球においては、「お前デブだからキャッチャーな」とか
冗談で言ったりしますが、「キャッチャー = デブ」という
図式はどっから来るもんなんでしょうか?

実際、プロ野球を見てみると、デブのキャッチャーなんて見たことありません。
漫画に登場するデブキャッチャーと言えば、「ドカベン」「伴宙太」
「松平孝太郎(タッチ)」等が代表的です。

実際にプロ野球で、デブのキャッチャーで有名選手はいましたっけ??
やはり、「キャッチャー = デブ」のイメージは漫画の影響に
よるものでしょうか?

Aベストアンサー

>実際にプロ野球で、デブのキャッチャーで有名選手はいましたっけ??

本当にデブだったのは阪神のダンプ辻、ホークスの香川伸行、
西武・巨人の大久保博元くらいじゃないですかねぇ。
田淵さんもタブチ君のイメージが先行しますが、
上背があったためか体重(公称96キロ、実際はたぶん100キロ以上)そんなに太くはなかったです。

プロ野球では草創期から別にキャッチャー=デブという図式はなかったと思いますよ。
巨人の吉原正喜、阪神の土井垣武などは写真でしか知らないですがどう見てもデブではないですし、
野村克也、森昌彦といった選手たちも特別に太ってはいなかったです。
(2人とも若い頃は「こんなにひょろかったの?」ってくらい細かったです)

>「キャッチャー = デブ」という図式はどっから来るもんなんでしょうか?

キャッチャーはいわば「(いろんな意味で)壁」なので、
でかいほうが安心感があるというイメージからじゃないでしょうか?

Qキャッチャーフライをキャッチャーがバックネットを向いて捕る理由は?

以前、プロ野球ニュースで解説者の高木豊氏がクイズで表記の問題を出していました。
残念ながら答えを見逃してしまったのですが正解は何でしょう?
恐らくルールブックには載っていないセオリー的な理由と思われます。

誤解の無いように表記の状況をもう少し詳しく書きます。
バッターがキャッチャーフライを打つ。
キャッチャーは通常センターバックスクリーンを向いているが、くるりと半回転してバックネット方向を向いてボールをキャッチする。

出来れば番組をご覧になった方か、経験者の方にお答え頂ければと思います。

Aベストアンサー

フライ、特にキャッチャーフライはボールの下を擦る状況になるわけなので、
キャッチャーから見てバックスピンがかかります。
バックスピンの影響でバックネット方向に飛んでもホームベース方向に戻ってきます。
なのでバックスクリーン方向を向いたままだとボールが逃げていき捕りにくくなるためバックネット方向を向きます。
また、バックネット方向に飛ばずともフェアグランドに飛んだキャッチャーフライであっても
バックスピンで外野方向に流れていくのでバックネット方向を向きます。
そうする事によって自分に向かって打球が落ちてくるので捕りやすくなるわけです。

番組は見ていないのですが、参考になれば幸いです。

Q少年野球のコーチをしていますが、キャッチャーから2塁への送球はノーバウンドがいいのでしょうか

少年野球のコーチをしていますが、子供から質問を受けたので教えてください。キャッチャーから2塁へ送球する場合(盗塁など)、「ノーバウンド」で送球するのが良いのか、それともワンバウンドで低い球を投げさせるのが良いのか、教えてください(本とか読んでもそれについては書いていなかったもので・・・)。

Aベストアンサー

当然、盗塁を刺す強い肩も要求されるが、重要なのがセカンドベースへのコントロールだ。いくら強肩でもコントロールが悪いと盗塁は防げない。普段のキャッチボールから、山なりのボールではなく、低い弾道のボールを正確に投げる練習を積むしかない。
セカンドまで充分届く場合は低い「ノーバウンド」で、届きにくくて
山なりのボールに成る場合は、あまりベース手前であれば、ワンバウンドもエラーの可能性が高くなるので、少し前でバウンドを合わせやすいように投げる必用がある。
また、ピッターもキャッチャーの送球に合わせて、横によけるか座り込むようにしなければ、送球が高くなるでしょう。

Q左バッターのバットは、「右打者の足もと外側位置」 (キャッチャーから見て左下方向、ボックス外) に届きますか?

『ONE OUTS ワンナウツ』というアニメを見て疑問がわいたのでアニメカテゴリに質問を出しましたが、回答がありませんでした。原作マンガを読んでいるであろう方対象にコミックカテゴリも考えましたが、野球に詳しい人ならわかるだろうと思い、こちらに質問を出し直してみることにしました。

状況は、「ジョンソンという、《塁間世界最速》の選手がいて、ほぼ100%のホームスチール成功率を見せる」
→ジョンソンの所属チームは「バガブーズ」。
対する主人公のピッチャーは「渡久地」という名前です。渡久地は速球型のピッチャーではなく、最高速で投げても、計算上ジョンソンのホームスチールよりタッチの方が遅くなってしまう理屈が、これまでの展開で述べられています。

ジョンソンのホームスチール対策として、渡久地は「右バッターの足もと外側への投球」でこれを封じました。
これは、「ウエストしたボールを捕った位置からキャッチャーがタッチするところまで動く時間」を短縮し、「捕った位置」≒「タッチする位置」とし、それが走塁線上であることで、「無駄な時間を徹底的になくした」ものと考えられます。

これに対して、バガブーズは翌日の試合において、「ジョンソンがホームをねらうであろう場面において、バッターボックスに入る打者をすべて左打者にする」ということをしてきました。

しかし、この作戦の有効性が理解できません。
単純に、「バッターがどっちに立っていようと、ホームと3塁の間に投げればいいんじゃないの?」、つまり、上記の「右バッターの足もとに投げる」と同じことはできる、と私は考えてしまうわけです。

このあたりの疑問が、数話あとでは解かれるのかと思いきや、最終的にこの試合の最終局面で、渡久地はまさに「ホームスチールの走塁線上」に投球することで、ジョンソンを刺しました。
(その次の回では、「筋肉は使えば使うほど疲労するから、それまであれこれ策を練ってわざと走らせた効果が出て、ジョンソンは最終場面でベストの状態で走れなかった」と解説されます)

私自身は、野球のルールはおおむね理解していますが、「野球をやっている」わけではないので、何か見落としているところがあるのでしょうか。
たとえば、上記、「右バッターボックスの外側、ホームスチール走塁線上の位置」だと、実際には左バッターのバットが届くとか? だとすると、上記最終のスチール場面で、バッターがバントでもして球を転がせば、点は入るわけですが、そういうことは行われていません。

どなたか、「左バッターシフト」の有効性について、納得のできる説明をください。
よろしくお願いいたします。

『ONE OUTS ワンナウツ』というアニメを見て疑問がわいたのでアニメカテゴリに質問を出しましたが、回答がありませんでした。原作マンガを読んでいるであろう方対象にコミックカテゴリも考えましたが、野球に詳しい人ならわかるだろうと思い、こちらに質問を出し直してみることにしました。

状況は、「ジョンソンという、《塁間世界最速》の選手がいて、ほぼ100%のホームスチール成功率を見せる」
→ジョンソンの所属チームは「バガブーズ」。
対する主人公のピッチャーは「渡久地」という名前です...続きを読む

Aベストアンサー

ワンナウツ、原作を数年前に読み、アニメも見ています。

質問の内容に関しては、確かに説明は無かったですが、
「左バッターはホームと三塁の間に届く」という解釈で良いと思います。
とりあえず内野に転がせばいいわけですから、思いきり体とバットを伸ばしたら可能だと思います。

最後の16回裏の場面では、トクチは「打者が届かないところに投げる」と言ってなげているので、
「足もと投げ」をしたわけではありません。ホームと三塁の間に投げたことに変わりはありませんが、
足元のずっと上、右バッターが居たならば頭の上をかすめるようなボールを投げたのだと思います。
野球経験があるわけではないので偉そうには言えませんが、高めのボールを
ゴロで転がすというのは低めよりもかなり難しいですからね。

結論としては、
「左バッターは右バッターの足もと付近へのボールには届くしゴロを上手く転がせられるが、
右バッターの頭付近へのボールは届くけれど上手くゴロは転がせない」
ということだと思います。

ただやはり、ワンナウツは面白い漫画ですが、正直ご都合主義というか、突っ込みどころが
無いわけではないですよね。

ワンナウツ、原作を数年前に読み、アニメも見ています。

質問の内容に関しては、確かに説明は無かったですが、
「左バッターはホームと三塁の間に届く」という解釈で良いと思います。
とりあえず内野に転がせばいいわけですから、思いきり体とバットを伸ばしたら可能だと思います。

最後の16回裏の場面では、トクチは「打者が届かないところに投げる」と言ってなげているので、
「足もと投げ」をしたわけではありません。ホームと三塁の間に投げたことに変わりはありませんが、
足元のずっと上、右バ...続きを読む

Q縁の下の力持ち は英語で何といいますか?

縁の下の力持ち的な存在でした と英文の履歴書に書きたいのですが、翻訳ソフトやネットで探してもみつかりません。

One catches the hare and another eat it.

みたいのが、ヒットしましたが、とても本当とは思えません。。。助けて下さい!!!

Aベストアンサー

具体的に何をしたの…?と聞かれ兼ねないですが、こんな感じですか?(具体的にどのようなことをしたのかは、言えるようにしておいた方が良いでしょう)

Although I was not playing a role as a project manager but I had supported many projects behind the scene to make them success.

Q過去物…キャッチャー「キムタク」の動画

こんにちは
何年か前ですが カトケンが頭部の死球で捕手がいなくなり木村拓がキャッチャーをした時の試合の動画ってないですか?
その試合多分見てなかったので見たいです
あと なぜ小笠原を捕手にしなかったのか?と思うのですがどうですか?
たしかその頃小笠原は怪我してなくて試合に出てたはずですし

Aベストアンサー

この試合の打順は2番がその加藤、3番が小笠原、木村が8番で、デットボールの時点では小笠原はネクストバッターボックスにいたでブルペンで調整する時間が無かったからです。

該当の動画は以下になります。
(5本セットなので他はここからリンクでどうぞ)

http://www.youtube.com/watch?v=DXV6F_wg9GU

Q木村拓也選手がキャッチャーしていましたが。。。

今日のニュースを見ていて、巨人のキャッチャーが怪我などでいなくなって10年ぶりに木村拓也選手がキャッチャーをしていました。

フォークをとった!&好リードで素晴らしかったらしいですが、内野手がキャッチャーをすることは珍しいことでしょうか?

そんなにキャッチャーは難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

珍しいのは珍しい。
なにせ、キャッチャーの変わりはいないのだから、二番手捕手というのは代打にすら出ません。一軍にいても全く出場しないのです。

フォークを取った事はともかく、投手は誰だったのでしょうかね?豊田かな?
そういう場合は投手がサインを出します。たった1イニングならそれでも十二分に通用します。
まあ素晴らしいというのは、下手なお世辞ですよ。阿部より上手いというなら納得ですが。

キャッチャー、というか配球は難しい。なにせ正解がないから。結果論で語れるから経験と勘と観察力が必要になるんです。
そのくせ、押さえたら投手の功績で、打たれたら捕手のミスで怒られる。
クロスプレーでも、ファールチップでも、打者のバットでも、常に怪我をする可能性があります。
まあ大変なポジションです。
だから常に控えを用意しないといけない。
今日の巨人のように先発捕手を引っ込めるなら、捕手は3人制にしないといけない。原のミスは大きいと思いますよ。

ああ、それと内野手なら、ファーストが捕手向きだろうね。
配球はともかく、ミットを使ってるし、常にボールをキャッチしているし、
内野手の球はしっかり握られた綺麗なボールばかりじゃないから、くせ球にも対応できるからね。

珍しいのは珍しい。
なにせ、キャッチャーの変わりはいないのだから、二番手捕手というのは代打にすら出ません。一軍にいても全く出場しないのです。

フォークを取った事はともかく、投手は誰だったのでしょうかね?豊田かな?
そういう場合は投手がサインを出します。たった1イニングならそれでも十二分に通用します。
まあ素晴らしいというのは、下手なお世辞ですよ。阿部より上手いというなら納得ですが。

キャッチャー、というか配球は難しい。なにせ正解がないから。結果論で語れるから経験と勘と観...続きを読む

Q「馬鹿野郎!手投げになってるよお前!頭使え!」と斎藤佑樹が大谷翔平にアドバイスしたら大谷翔平は先輩投

「馬鹿野郎!手投げになってるよお前!頭使え!」と斎藤佑樹が大谷翔平にアドバイスしたら大谷翔平は先輩投手からのアドバイスに感激するでしょうか?

Aベストアンサー

表ではありがとう的な態度をする(但し感激はしない)んでしょうけど
心では「怪我明けの自分よりも調子がいい筈なのに大炎上、
しかも送球エラーはするわ1塁カバーはしないわ、そんなあんたがそれを言うか」と思うでしょうね。

前回の質問もそうですが、ハムファンとして一言。

単にさいてょさんをコケにしたいだけなのかい?そういう意図しか見えませんけど。
それにつられる自分もどうかしてますけど(苦笑)。

Qキャッチャーの送球について

硬式野球部のキャッチャー初心者です。(高校生)
肩が弱く、スローイングやコントロールにも
不安があります。
二塁への送球を速く、盗塁を阻止する
いい練習方法がありましたら、教えてほしいです。
コントロールの悪さも克服したいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

40歳男、軟式野球でキャッチャーをしています。
数ヶ月で肩を劇的に変化させるのは難しいと思いますので
日々の積み重ねが重要になってきます。
具体的な練習方法としては、遠投や塁間程度の距離での速いボール回しなど。
練習時以外では、毎日継続してチューブやごく軽いバーベル等を利用した
インナーマッスルトレーニングや握力の強化をされるといいと思います。

自分も昔から肩は強い方ではありませんが、盗塁阻止率は悪くないと思います。
多少、送球に勢いがなくとも、ベース手前のドンピシャのところに送球すれば、
タッチまでの時間が短縮されるので、コントロールが重要になってきます。

送球の際、一番意識していることは捕球前のフットワークです。
ステップで下半身の力を利用することにより、肩の振りのみに頼らず速く強い送球ができますよ。
そのために構えは左足に重心を置き、腰を少し浮かせ、少し前のめりになる感じで構えます。
そして捕球する直前に左足から軽く少し上方向にステップし、
テークバックと同時に肘を素早く上にあげ、左足のあった所へ右足をステップし、
前方向にステップした勢いで、今度は左足に体重移動しながら、腕を振り下ろす感じです。

そのため、普段から#1のantlerさんが言われるように、
体はやや一塁側に向けて少し腰を浮かし、構えていた方が、
捕球後のテークバックの距離が短縮され、早い送球ができます。

また、ノーバウンド送球にこだわらず、送球の際はなるべく低く速いボールを投げることを心掛けた方がいいと思います。
ピッチャーの足元に叩きつけるようなイメージで送球されるといいと思います。

そして普段のキャッチボール、特に投手への返球も早い動作で力強い返球をして、
常にコントロールを意識し、速いボールを投げ返すのを心がけるといいと思います。

自分は高校時代は内野手をしており、後から思うと内野手のフットワークが
キャッチャーになったときに活きているなあと感じたことがあります。
普段の練習でも時間に余裕があれば、内野ノックに入ってみるなどして
みてください。
内野手の捕球前~捕球~送球までの一連の流れはフットワークを
鍛えるいい練習だと思います。

他にもっといい練習方法はあると思いますが、
参考になれば幸いに存じます。
技術的なことを少し書きましたが、その技術を上積みするためには
基礎体力が重要になってきます。
この季節はランニングや筋トレなど(特にインナーマッスルトレーニング)で
まずはケガをしない体を作り上げて行ってください。
いろいろな練習から自分に合ったやり方をみつけてください。
頑張ってくださいね。

40歳男、軟式野球でキャッチャーをしています。
数ヶ月で肩を劇的に変化させるのは難しいと思いますので
日々の積み重ねが重要になってきます。
具体的な練習方法としては、遠投や塁間程度の距離での速いボール回しなど。
練習時以外では、毎日継続してチューブやごく軽いバーベル等を利用した
インナーマッスルトレーニングや握力の強化をされるといいと思います。

自分も昔から肩は強い方ではありませんが、盗塁阻止率は悪くないと思います。
多少、送球に勢いがなくとも、ベース手前のドンピシャのと...続きを読む

Q「星野監督=投手を酷使」のイメージになるのは何故?

今年から楽天の監督になった星野監督にいつも付きまとうイメージは「投手を酷使する」ことでいつも叩かれていますが、前阪神の監督時代の2年間では大黒柱の井川を初め投手陣はほとんど故障者が出なくて、日本代表監督の時でも偏った投手起用があったにせよその後のシーズンで故障で長期離脱した選手は皆無なのに未だに中日監督時代(それも二回目の時も目立った故障者はいませんでしたし)のイメージがあり「また楽天の投手陣を酷使するのではないか」「マー君を酷使するなよ」とかばかりが話題になるのはどうしてだと思いますか?逆に目立った故障者が出なかった阪神の監督時代の投手起用は全く誰も言わないのが不思議で仕方ないのですが。

Aベストアンサー

ご本人も元投手で、途中で代えられるのが嫌だったようなので「投手は信じて使う」というスタイルですね。
そのへんが悪く見れば「酷使」という風になるのだと思います。

コロコロと投手を代えてたら「投手を信頼してない」と言われるし、頻繁に使っていて故障したら「使いすぎだ!」と言われますから監督は大変ですね。

個人的には阪神での成功と五輪の失敗を糧として、楽天でどんな野球をやるのか楽しみです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報