草野球をしている者です。
チームメイト2名が打撃大スランプに陥っております。
両名とも20代で体はまだまだバリバリ、高校野球経験者です。
以前は打撃力のある選手であり、2・3年前にはチーム首位打者・打点王になったりしていて、主軸を務めていました。
約15試合、50打席近くヒットが出ない状況で、こちらからもどういったアドバイスをすればよいか分からない状況です。
気持ち的にかなり自信を失っているので、メンタル面のマイナスもあるのかなあと思います。
詳細は説明できなくて申し訳ないのですが、もしもなにかお気づきの点・アドバイス・ちょっとしたチェックポイントなどある方がいらっしゃいましたら教えて頂けると有難いです。
参考にさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

以前は打てたのに急にスランプそして草野球の場合だと、考えられるのは社会人になり加齢と練習不足から体力・筋力・反射神経の低下がきていると感じます。



頭の中は若いときのままで現在しなければならない対処をしていないのではないでしょうか。まず体を柔軟にしているかどうか、ある程度筋トレなど体力づくりをしているかが気になります。その上で技術的なところにいかないと根本的な解決は難しいでしょう。

それは大丈夫というのでしたら気負いすぎている状態にあるかもしれません。打たねばと必要以上に思いすぎると逆に打てませんからね。

私がされて良かったと思ったのは長年クリーナップ(高・大・社会人)からはずれたことがありませんでした。またリーグのホームラン王や首位打者も取りました。

それら硬式を終え、軟式草野球に変わりある時期からまったく打てなくなったとき、8番に下げられました。屈辱でしたが仕方ありません。

しかし打てるようになればまた復活させてもらえるのはわかってましたし、1試合に1本打ってくれれば良いよと言ってもらえたのもずい分気楽になったのを思い出します。

そしてこれは私自身の現在の秘訣ですが大きいのは狙わないようにし、ショートかセカンドの頭越えを狙うバッティングをすると軟式では逆に長打やヒットが多くなりました。

それにしても50打席はかなり重症ですね。温かく見守っているのがよくわかり質問者さんのような気遣いが伝わればかならず復活されると私は信じます。なぜなら私もそれが一番の力になりましたから!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ふたりともどうしても力んでいるような気もします。
もう少しリラックスするようにという言葉掛けもして行こうかと思います。
いつの日か、彼らがこのトンネルから脱出できる事を祈って。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 21:54

何だか分かるような気がしました。



と言いますのも、私も、軟式の強豪クラブチーム(甲子園出場校のOBで結成され常に優勝候補のチーム)に誘われるままに、数年間、参加したことがありますが、まず、ボールを投げられませんでした。リリースの瞬間(直前)に、握力が強すぎて、ボールをツブしてしまうんです。ですから、何処に飛んでいくのか本人も分かりません。コントロールが全く利かないのです。

そして、バッティングは、ボールの遅さについていけませんでした。究極のチェンジアップに遭遇した感じでした。バッティング投手を務めてくれていた大先輩は笑って、「まあ、みんなそんなものだから気にするな、1、2M前で投げるから、それならタイミングが合うだろう」と、いろいろ試みてくれましたが、ダメでした。投げ手は、速いボールじゃないと打てないと分かっていますから、何とか打たそうと、ますます、力一杯、全身を躍動させて投げてくれるのですが、それが、却って、究極のチェンジアップ魔球になてしまうようでした。打撃練習ですので、打たさなければ、練習になりません。が、投手が打たそう打たそうとするほど、当初の私には、逆効果だったのです。軟式バットが軽い分、尚更、スイングスピードが異常に速くなってしまうのです。

で、正直に告白しますと、私の解決法は、真面目に投げたり打ったりしないことでした。強く投げようとか思わず、キャッチボールの相手が女の子のつもりで投げること、そして、打つ時は努めて打席でボーとしていることでした。これで、万事、解決しました。新参者の若手として、主に外野を守らされましたが、矢のような返球が出来るようになりましたし、打撃に関しては、鋭く振り抜くというより、フワッと振ってバットの先っぽに引っ掛けることで、ホームランが量産できることを知りました。

私と同様、または、それに近い感覚で、軟式への修正をした場合、真面目に悩んでいてはダメでしょうね。不真面目に考えることが必要と言うと何か変ですが、そういうことになると思います。

または、そういう感覚で修正したものの、周囲に期待されたりしているうちに、つい、当初の修正法を忘れてしまっている可能性もありましょうね。または、チームメイトが真面目に取り組んでいる様を見るにつけ、自分だけ、人知れず不真面目さを心の奥底に隠していることに耐えられなくなって、自分はこれで良いのかと、精神的に参っている可能性もあります。

または、軟式ボールは遅いんだ遅いんだと念じているうちに、遅かったボールが今度は速く見えているのかも知れません。こちらの症状としますと、重症ですね。改めて、高校時代のインハイを鋭くダウンスイングする素振りから再出発することが必要でしょうね。また、サインプレーを多用するチームならば、エンドランのサインを出してやることで、ボール・ストライクに関わりなく振って良いのだと、振らなければならないのだということで、吹っ切れたスイングが可能になり、スランプ脱出に繋がるというのは、昔からの手法ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

参考にさせて頂きますね。
エンドランのサインを出す方法もやってはみたのですが・・・
なかなか上手く行かないものです。
でも、根気良く見守って行こうと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 21:52

過去、良い打者だった人に多いです。



ボールの外側をグシャ!では無く、

ボールの内側をグシャ!です。

簡単に言って、これです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

簡単な一言ですが大事なポイントですよね。
彼らに伝えて行こうと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 21:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【草野球】練習方法!

初めまして。大阪で草野球チームの主将兼監督をやっている者です。
うちのチームのメンバーは現在11人で練習参加状況は毎回8人か9人ほどです。
練習の流れとしては毎週日曜日2~3時間程練習しているのですが、
まずキャッチボールで肩を温めてからその後にノック、バッティング練習という流れで大体練習が終わっています。
チーム結成から結構時間が経っていて経験者も半分ほどいるので最近はみんな練習内容に不満があるようなんです・・・。
自分としてももう少し本格的(ゲーム感覚に近いような練習等)な練習がしたいと思っているのですが、
毎回来るのが8人程なのでみんなで集まって考えたりもしたんですがあまりいい案が思いつきませんでした。
みなさんはどのような練習をしているのでしょうか?是非みなさんのお力を貸して頂きたいです^^;お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

草野球なら草野球なりに、と思いまして。 野球経験者もいるとのことなので、練習内容は大抵わかっているとおもいますので。

それぞれの守備練習として、単独ノック20球に対して一番エラーの多かった人が、お昼のドリンク代。等・・。

打撃練習で、流し打ちの練習として、キャッチャーとセンターからレフト方向には、守備位置につかず、そっちへ飛んでいった際には、自分でとりにいく。等・・。
その逆等・・・。

面白おかしく、また真剣になるような練習内容を考えてすると、他にも発想がでてくるかと思います。

私も10年間、学生時代に野球をやっていましたが、上記の案は、したことがないのですが、楽しくやることを考えて、プラスそれがものになる、ということも考えて考案してみました。

Q名打撃コーチ

日本プロ野球
名打撃コーチと言えば誰ですか?

現在、過去問わず

Aベストアンサー

水谷実雄

育てた選手
高橋智、江藤智、前田智徳、金本知憲、中村紀洋、城島健司、井口資仁、松中信彦、井端弘和、福留孝介

内田順三
小早川毅彦、緒方孝市、野村謙二郎、江藤智や前田智徳、金本知憲の育成に力を注ぎ、赤ヘル野球の攻撃陣を支えた。1994年~2002年読売ジャイアンツ一軍打撃コーチとして松井秀喜や高橋由伸、仁志敏久、清水隆行など多くの打者を育成した。2003年~2005年山本浩二監督の要請で再び広島の打撃コーチに復帰し、伸び悩んでいた嶋重宣、新井貴浩を開花させた 

Q投手の練習方法

自分は野球未経験です。投手として練習を始めたいんですが
メニューなど練習方法を教えてください。まずは肩を強くしたいんです。
草野球チームでも入ろうかと思っています。

Aベストアンサー

基本がしっかりしていれば初心者でも怖くありません。
ひたすら走りこんで、あとは遠投もみっちりやること。
一ヶ月後に、時速が測れるボールでも買って試してみれば、驚くほどの力が付いていることでしょう。

Qメジャーリーグで新人への洗礼で、チームメイトがいたずらをするようですが

検索したのですが、野茂選手へは「ロッカーの中の着替えを、毛皮と交換してそれを野茂がきて飛行機へ乗った」というのはわかったのですが、イチロー選手や松井選手や新庄選手など他の日本からいった選手はどのような「いたずらの洗礼」を受けたのでしょうか?
おしえてください 

Aベストアンサー

どうも今晩は!

恒例の新人への洗礼ですが、イチロー選手の時は、ロッカーから着替えが消えて代わりに
あったのは若い女の子がサービスするので有名なレストランの挑発的なウエイトレスのユ
ニフォームだった、というヤツだと思います。
なんでもチームの一員として認められたことが嬉しくて、そのままの格好で移動して家まで
帰ったそうです。

確か松井選手も同じパターンで派手派手の「ポン引きスーツ」を着せられていましたね。
新庄選手は残念ながら、記憶にありません。

それから、イチロー選手の先輩、佐々木投手の時は当時マリナーズにいたA・ロッドの計ら
いで日本での実績を考慮され、この洗礼は免除されたそうです。

ご参考まで

Qサッカーで禁断の練習方法はありますか? 禁断と言うのはほとんどの人が知らない練習方法の事です 誰か本

サッカーで禁断の練習方法はありますか?
禁断と言うのはほとんどの人が知らない練習方法の事です
誰か本気で教えて下さい!

Aベストアンサー

禁断の使い方を間違っている。
禁断というのは「断じてやってはいけないと禁じる」って意味ですよ

長時間激しいヘディングの練習→脳障害の可能性、後遺症が残る可能性
人工芝でひたすら寝転んだり滑りこんでの練習→肺がんの可能性
とかなら「禁断の練習方法」と呼べるかもしれませんが。

効果的な練習法なら広まるし
そうじゃなくて、ほとんどの人が知らないなら
「その人」が「自分の体の特性にあわせて必要、効果を見出して」やっている練習として
ほかの人には合わないからじゃないでしょうか。

それだけでは回答にならないので、ただの提案ですが
個人的に、変わった練習法、マイナーなブームといえば
古武術ですかね。
古武術の身体操作法を、スポーツにとり入れる方法です。
うまくとり入れれば効果がありますが
(下手すると失敗する、習得自体できなかったりもしますが…)
バスケや介護、陸上競技、力仕事などに古武術をとり入れて改善しているケースがあります。
動画やDVDもあるので、誰も知らない、というレベルの話ではないですが。
あまりやっている人は多数派ではないと思います

Qレッドソックス金炳賢、チームメイトと喧嘩?

レッドソックス・金炳賢、チームメートからボイコット?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/20/20040920000036.html

金炳賢、チームメートに「不和」謝罪 地元紙報道
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/21/20040921000023.html

という記事がありますが、彼は何か問題を起したんですか?
たしか、観客に中指を立て挑発する不祥事を起したことは
ありましたが。

Aベストアンサー

色々見た結果こんな感じだと思います。
1 高給取りのくせに故障で働かない。
2 チームのことより自分優先(つまりわがまま)
3 カメラマンにも中指を立てたらしい

これらの理由でチームメイトが反発したらしいです。
あいつが上にあがるとチームの和が乱れると考えたのでしょう。

Qバレーボールの練習方法

いま高校でバレーボールをしている男子です。
昨日先輩が卒部しました。
顧問がいてないので自分たちで練習しなくてはなりません。
今までやってきた練習はいまいちだったので、
練習方法を変えたいです。
あなたの学校でやっている練習方法を参考にしたいので教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

私の高校は、県内でベスト4に入る程度でしたが、進学校だった為、練習時間は、平日1時間半、週末には、3時間程度しかできませんでした。
今でも思うのですが、練習方法は、変わっていました。
1.意識改革
 コーチ及びキャプテンが月ごとにチーム及び個人の目標を設けてから
練習に取り組む。そのための練習方法は、部員及びレギュラーで考える。目標に対して、苦手なプレーを考えれば、自然とそれが、練習方法に!

2.チャンスボールの徹底した処理
 強打というのは、取れたらラッキーですが、ブロックに当たって軌道が変わったりするので、返球率は、なかなかあがりません。
 しかし、チャンスボールは、練習すれば、どんどん返球率があがります。これにより、得点率は、どんどんあがります。(完璧にできれば、どんな強豪に対しても、なぜかしらないが、競った試合ができます。

3.個人練習の禁止
 これは、ちょっと言い方が悪かったかもしれませんが、ワンマンレシーブとか、クロスに打たれるボールのレシーブと言った感じの流れのない練習は、全く意味を成さないからです。すべて、連動させて、やりましょう!
 例えば、強打をレシーブするなら、もう一人は、2段トス、レシーブした人は、それをスパイク!と言った具合でしょうか?
 スパイク練習のときも、一緒です。
 単に、ボールを投げてもらい、それをチャンスボールでセッターに、
セッターからナイストスでアタッカーに・・・・・!!
 そんなもん決まって、当然です。
 上の練習なら、まずセッターにとすをあげさせない、むしろ高く上がったボールならどんなのでも打つようにするって感じやるのがいいですね!コンビの練習でもないのに、セッターにとすをあげさせるのは、決まってあたりまえなので・・・・試合のときは、オープンならほとんど2段トス気味にきますからね!

私の高校は、県内でベスト4に入る程度でしたが、進学校だった為、練習時間は、平日1時間半、週末には、3時間程度しかできませんでした。
今でも思うのですが、練習方法は、変わっていました。
1.意識改革
 コーチ及びキャプテンが月ごとにチーム及び個人の目標を設けてから
練習に取り組む。そのための練習方法は、部員及びレギュラーで考える。目標に対して、苦手なプレーを考えれば、自然とそれが、練習方法に!

2.チャンスボールの徹底した処理
 強打というのは、取れたらラッキーですが、ブロ...続きを読む

Qチームメイト同士の仲が良さそうなプロ野球球団

不要不急の質問です。

わたしはある球団を応援していますが、その大きな理由は「みんな仲良さそうに見えて、見てて楽しい」ことです。
しかし好きな球団を持つ人は、みんな同じこと考えているような気もします。ということは上記の理由って単なるひいき目?
気になったので、みなさんがどう感じているかを教えて頂きたいと思いました。
自分の贔屓チーム以外のチームで、チームの雰囲気が良さそうに見える球団はありますか?よろしければ贔屓チームも教えて下さい。

彼らにとっては職場ですから、「みんな仲良し♪」とばかり言ってはいられないとは思いますが、その辺はまあ目をつぶることにします。
おひまな折にご回答下さい。

Aベストアンサー

#3のG-musumeです。

>、「自分の好きなチーム以外のチームで」仲の良さそうなチームはどこですか?という質問でした。

大変失礼いたしました。m(_ _)m

そ~ですね~。「ヤクルト」なんて選手も明るいし、trance79さんもおっしゃっているように、古田選手と高津選手が中心となって引っ張っていってる……という気がしますね。
あと、ヤクルトに来る外国人選手って、明るくてお茶目で、でも結果は残す!そんな選手が多いのでしょうかね~。スカウトマンの問題か!? ちょっと羨ましいです(^^;)

Qキャッチャー練習方法

自分はキャッチャーをやっています
キャッチャーの練習方法を教えてください
キャッチング練習
盗塁をさす練習
低めのボールをとれるようになる練習方法
などなどキャッチャー練習方法を教えてください
出来るだけ詳しく教えてください

Aベストアンサー

 捕手の場合は投手との関係が悪いと真面な成績は残せないし、活躍ができない。

 捕手の経験者として言える事は投手との信頼があれば構えた位置に投げ込んで貰えるし、焦る必要はない。盗塁刺に関しては遠投を繰り返し練習すると肩が強くなるし、セカンド、ショート等の動きを読まなければ走塁刺ができないし、牽制刺はサード、ファーストとの信頼と流れが読めないとできない。

 捕手は壁に徹する事で成長ができるので投球、打球に向かっていく事が出来れば成長ができるから焦らなくてもよい。試合に出ない日はシャドーリード(自分がリードしていなくても相手の動くを読む)ができれば自身の走塁、打撃にも活かせる。

Q軟式野球(草野球)チームの者です。

軟式野球(草野球)チームの者です。
今年、チームに高卒(硬式投手経験者)選手が入ってきました。
自分のこれまでの経験から、社会人になって軟式を始めて、最初はガンガン投げ続けていて、しかし少し経つと、肩・肘を痛めて投手引退・・・というパターンを何人も見てきました。
そこで、入団初年度のチームのルールとして、新人選手には投球回(球数)制限を設けながら段々に慣れてもらうようにと考えております。

その基準ですが、春から暖かくなる夏(7,8月)までは、4回(50~60球程度)、それ以降は7回まで可。ダブルヘッダーの連投は不可、なるべく連続週(だいたい月2~3回の活動)登板は避けるように、という感じにしております。
ただ、大切な試合では欲も出て(本人もイケイケの時期なので投げたい)、長く投げさせたいと考える部員もいて、なかなか難しいところです。
そこで、経験者の方などで、上記のような基準を設けていたり、何か科学的根拠などありましたら、参考までに教えて頂きたいと思います。
個人個人で対応も異なるとは思いますが、大まかな基準としてこれで良いのかどうか、悩んでおります。
一番気になるのは、例え月に2~3日の活動とはいえ、ある1日において、いきなりひと試合(7回)を投げさせても良いかどうか?という事です(現在は夏までは4回までにしている)。

ご意見を頂ければと思います。
よろしくお願いします。

軟式野球(草野球)チームの者です。
今年、チームに高卒(硬式投手経験者)選手が入ってきました。
自分のこれまでの経験から、社会人になって軟式を始めて、最初はガンガン投げ続けていて、しかし少し経つと、肩・肘を痛めて投手引退・・・というパターンを何人も見てきました。
そこで、入団初年度のチームのルールとして、新人選手には投球回(球数)制限を設けながら段々に慣れてもらうようにと考えております。

その基準ですが、春から暖かくなる夏(7,8月)までは、4回(50~60球程度)、それ以降は7回ま...続きを読む

Aベストアンサー

硬式から軟式にきて故障する最大の原因は、ボールの違いとかよりも「練習量」の違いだと思います。
言い換えれば「軟式をなめたらあかん」ということです。しばらくは練習しなくても肩や上体の力だけでそこそこ投げられるから、「こんなもんか」という気になってると、肩などに「違和感」それで終わりです。
ただ、そうなってからまた鍛えなおして「復活」できるのも「軟式」のいいところですが。
要するに、下半身だけで投げるつもりで肩肘に全く負担を掛けない投げ方を早く見つけることです。それまではあまり勝負のかかった試合で投げない方がいいと思います。「走る」練習は不可欠です。
そうすると、全国大会でも記録的な投球数ありますが、延長20回でも一人で投げられるのが「軟式」です。


人気Q&Aランキング