前額法、

A 回答 (1件)

ぜんがくほう

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後入先出法と先入後出法は同じ意味ですか?

先入後出法なんて聞いたことはありませんが
後入先出法と先入後出法は
意味としては同じでしょうか?

Aベストアンサー

会計用語としては使っていなさそうですが、技術分野では使いますよ。
そして同義であることが普通です。
キューとかスタック、FILO/LIFOの用語を検索すると出てくるはずです。
ここが会計のカテゴリなので、参考までに。

ところで、会計上の後入先出法は期別なのか都度なのか、あるいはもっと
別の期間区切りかで、その求める値が変わってきますから、これはしっか
り区別しないといけません。

Q今、フロイトを読む意味ってありますか??

タイトル通りです。

フロイト理論は現在ではほとんど否定されてるらしいですね。
読み物としては面白そうですけど・・
なにか学ぶことってありますか?

Aベストアンサー

多かれ少なかれ誰でも自分が学んだ事を、大切に生きています、体験から学んだ事が正しいと言う判断です。

フロイトが今では全てではないと見られている部分もありますが、フロイトに似た人には当てはまる部分が多いと思います。

普通では『自分が感じた事は』人類共通項』と思ってしまう部分があります。この意識がフロイトの場合では強かったのかな?と感じます。

今、フロイトが主張していた事が『万人共通項』では無い部分が多い事に多くの精神科医達が気付いた事が、フロイトが主流から外れた事を意味していると思います。

Q中国語の「擠吹法」などの意味

中国語の次の意味を教えてください。

「擠吹法」――「injection」という意味でしょうか?

もしそうだとすると
「擠拉吹法」はどういう意味でしょうか?

また、これに多少関連すると思われますが、
「供擠膜」はどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

「擠吹法」は『押出成形方法』ではないでしょうか?
補足されてるキーワードで日本語・中国語双方のサイトで検索し、両方のサイトを見比べてそう思いました。

各々の漢字の意味は以下の通りです。
ESMEさんがご存知の日本語の専門用語で、何か思いつくものはありますか?
「擠」→押し出す
「拉」→引く、引っ張る
「供」→供給する、提供する
「膜」→フィルム、膜、皮

私はプラスチック加工はおろか技術文書に関する知識は全くありません。
的外れでしたらすみません。

Q新聞を後ろから読む心理

私は一面から読まずに一番後ろのTV欄から順繰りに見ていって、一面に至る…という読み方がずっと習慣付いてました。

何気に思い当たる所もあるのですが、一般論で結構ですのでこれはどういう心理を表していると言えるのかを色々お聞かせ下さい。

この頃は自分でも気になっていたので、探る為に意識して一面から読んでみていつもとどう違うか試してます。やはり、一面を最初から読む時は緊張感がありました。大袈裟に言えば心臓がドキドキして落ち着かない感じ、です。(ここ二、三日で少し慣れてきて、新しい感覚を楽しみ始めています。)

ニュース・世情には関心が高いので常に一面をまず“見る”事はするのですが、じゃあ、とそこから読み始める事は滅多に無く、読んでも次は“関連記事は何ページ”というのを見て早速社会面に飛んで広げて、ゆっくり読む… → 結局そこから逆に辿って読んで行き、一面に至る…訳です。

確かに雑学としたものや、形而上学に興味があるので、そういう傾向にあるのかもしれませんが、何も一面から読むに際しそこまで拒絶するような心理的反応を示さなくともと思うのです。

私は一面から読まずに一番後ろのTV欄から順繰りに見ていって、一面に至る…という読み方がずっと習慣付いてました。

何気に思い当たる所もあるのですが、一般論で結構ですのでこれはどういう心理を表していると言えるのかを色々お聞かせ下さい。

この頃は自分でも気になっていたので、探る為に意識して一面から読んでみていつもとどう違うか試してます。やはり、一面を最初から読む時は緊張感がありました。大袈裟に言えば心臓がドキドキして落ち着かない感じ、です。(ここ二、三日で少し慣れてきて、新し...続きを読む

Aベストアンサー

私も、まず一面の見出しをちらっと確認してから、最後のTV欄から順に前へと読んでいきますね。
なぜかというと始めの方の政治・社会欄は私には少々苦手で難しいからです。
読むのに時間がかかるしじっくり気合を入れて(というと大げさですが)取り掛かる必要があるから。
それで気楽なものから読み慣らすというか、徐々に気持ちを集中させていくように思います。
もし一面から読むとなると、やはり気合が要りますね。

本を読む時も同じかもしれません。
軽いエッセイのようなものは、いつでもどこでも気軽に読み始めることができますが、少々難解なものは、「よし、読むぞ!」と読み始める時の気持ちも違うように思います。

これは私の場合なのでbewitchedさんがそうだとは言えませんが、目の前にあるハードルが高ければ尻込みしてしまう、心の準備が要る。ハードルが低ければ何のためらいもなくポンと超えられるというような感じでしょうか。
低いハードルから始めれば、徐々に高くなっても調子が乗っているので次々に飛び越えられるようなものだと私は感じています。
もう一つは、習慣付いたものを変えることに対する不安感・違和感のようなものが関係しているのかもしれませんね。

私も、まず一面の見出しをちらっと確認してから、最後のTV欄から順に前へと読んでいきますね。
なぜかというと始めの方の政治・社会欄は私には少々苦手で難しいからです。
読むのに時間がかかるしじっくり気合を入れて(というと大げさですが)取り掛かる必要があるから。
それで気楽なものから読み慣らすというか、徐々に気持ちを集中させていくように思います。
もし一面から読むとなると、やはり気合が要りますね。

本を読む時も同じかもしれません。
軽いエッセイのようなものは、いつでもどこでも気...続きを読む

Q生活保護法第29条の2(行政手続法の適用除外)の意味がよくわかりません。またカッコ内の第12及び第1

生活保護法第29条の2(行政手続法の適用除外)の意味がよくわかりません。またカッコ内の第12及び第14を除くというのはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

行政手続法第3章には、行政処分をするには処分基準を定めなさい(12条)、不利益な行政処分をするときは理由を示しなさい(14条)のほかに、
不利益な行政処分をする前に本人の意見を聞く「聴聞」という手続をしなさい、と規定されています。

行政手続法は、行政の一般ルールなので、個別の法律にもとづいて役所が行う様々な行政処分にこのルールが適用されます。

さて、生活保護法4章に規定されている行政処分には、たとえば生活保護の停止・廃止(26条)のように受給者にとって不利益な処分があります。
本来なら、行政手続法のルールが適用され、聴聞の手続をしなければなりません。

しかし、生活保護の停止をする前に、役所は調査や指導を通じて受給者とコミュニケーションをとって意見も十分聞いている『はず』なので、今更あらためて聴聞をやらなくてもいいよ、という趣旨で

『生活保護法4章に規定されている行政処分については、行政手続法第3章の一般ルールは適用しませんよ。
 ただし、12条、14条は聴聞と関係ないルールなので適用しますよ』

と決めているのが生活保護法29条の2です。
(もちろん、十分な調査や指導抜きでいきなり生活保護の停止・廃止をすれば、違法不当な行政処分とされることがあります)

行政手続法第3章には、行政処分をするには処分基準を定めなさい(12条)、不利益な行政処分をするときは理由を示しなさい(14条)のほかに、
不利益な行政処分をする前に本人の意見を聞く「聴聞」という手続をしなさい、と規定されています。

行政手続法は、行政の一般ルールなので、個別の法律にもとづいて役所が行う様々な行政処分にこのルールが適用されます。

さて、生活保護法4章に規定されている行政処分には、たとえば生活保護の停止・廃止(26条)のように受給者にとって不利益な処分があ...続きを読む

Q落ちている紙くずを広って読む心理

ポケットに大事なメモの千切を入れている状態で
仕事をしていました。
絶対に読まれてはいけないものなのですが
仕事先で落とす可能性があったのは同じポケットに入れていた
メモ帳を出した2回、とその他の2回の計4回で
他人に見られるには、ポケットのモノをとった時
一緒にメモ千切(厚さ0.5mm 大きさ2cm 
ほどに折りたたんだもの)を落としました

折りたたまれた小さな紙くずをひろって読むことは人間として
当然の心理なのでしょうか?
状況によって変わると思いますが

コンビニで働いていてそこで落としたので
レシートや紙くずは良く落ちている状態です。

それは普通捨てますよね?
お願いいたします。

Aベストアンサー

落ちているものがゴミとは限りません。
捨ててよいものなのか確認(判断)する場合は読むと思います。

Q少年法など、意味がない、という意見に納得のいく反論をしてください。

少年法など、意味がない、という意見に納得のいく反論をしてください。

Aベストアンサー

まず、単純なところから指摘しましょう。

犯罪者として逮捕され、裁判によって裁かれる人というのの99%は軽微な犯罪です。
2014年の一般刑法犯の認知件数は121万件。そのうち、殺人事件は、1054件(予備・未遂を含む) つまり、殺人事件というのは日本で起きる犯罪の0.01%にも満たない例外的な事象である、ということです。そして、2014年の未成年者による殺人事件は52件(未遂・予備を含む)に過ぎません。
そして、その中で、親子喧嘩の末に親を殺した、とか、未成年者が子供を生んでその子供を殺した、とか、そういうケースも含まれます。しかし、こういうものはあまり報道されません。
結果、年間に数件、起こるかどうかわからない動機等がよくわからない、はたまた、身勝手な動機の凶悪犯罪ばかりがクローズアップされてしまいます。しかし、このような例外中の例外中の例外としか言いようのない事例で議論をすること自体がナンセンスと言えます。
ちなみに、少年犯罪のピークは1960年代前半で、年間300件以上あったのが現在は先に書いたとおり、年間50件前後。人口比でも激減しているのですが、統計1つ見ないで激増している、などとバカなことを言っている人が多い、と言う問題もあります。


犯罪をした人が、更生するために最も必要なもの。
それは、就職する、ということです。

警察に逮捕される。この時点で、学生であれば学校を退学になります。さらに、少年院などに入れば、経歴に不自然な空白期間が出来ます。
学歴もなければ職歴もない。しかも、経歴医不自然な空白がある。
この時点で、普通の人と比べて就職などの可能性が低くなります。そして、就職が出来ない、ということが、今度は「食べるために事件を起こす」などの動機へと繋がっていきます。
犯罪者は、刑務所に入ればそれで事件が終わり、ではありません。死刑にでもなれば別として、そうでない99%の犯罪者はやがて出所するのです。そして、その際には就職などが出来なければ新たな犯罪の芽となります。その観点で言うと、厳罰化などで刑務所に入れる期間が長くなればなるほど、そのリスクを高めるといえます。

少年法は、未熟な子供がやったことだから、というのが一人の理由になっていますが、それ以外にも理由があります。
それは、若い人ほど就職などがしやすいので、あえて保護する形にして、将来の犯罪の芽を摘もう、というものです。
就職雑誌などを見てもわかるでしょう。
「年齢は20代くらいまで」とか、「35歳以下募集」とか、そういうものが多い、ということに。
仮に18歳で事件を起こし、10年間、少年院にいてもまだ「20代を募集」で採用される可能性があります。しかし、20年にしたら、38歳ですから、募集そのものがなくなります。すると、就職できずに、となります。

まして、報道規制などをなくし、ちょっと調べればいくらでも名前も顔もわかるようにしてしまったら、ますます、その可能性は下がります。


犯罪を犯して刑務所に入っても、それで人生は終わりではありません。
やがて、社会へと復帰せざるを得ません。そのとき、社会で暮らしていける場がなければ、再びの犯罪へと向かわせます。
その観点で言うと、少年法を廃止する、というのは、犯罪者の社会復帰を妨げ、かつ、我々の税金を無駄遣いするだけの無意味極まりない行為と言えます。

まず、単純なところから指摘しましょう。

犯罪者として逮捕され、裁判によって裁かれる人というのの99%は軽微な犯罪です。
2014年の一般刑法犯の認知件数は121万件。そのうち、殺人事件は、1054件(予備・未遂を含む) つまり、殺人事件というのは日本で起きる犯罪の0.01%にも満たない例外的な事象である、ということです。そして、2014年の未成年者による殺人事件は52件(未遂・予備を含む)に過ぎません。
そして、その中で、親子喧嘩の末に親を殺した、とか、未成年者が子供を生ん...続きを読む

Q大学で心理学を勉強するために読む本

高2男です。

先日大学の志望校調査があって、なんとなく面白そうだと思ったので心理学系統の学校を中心に書いたのですが、心理学について何も知らないでなんとなく決めてしまうのも良くないなぁーと思いました。

そこで心理学関連の本を1冊読むことにしました。

ということで大学で心理学を勉強したいなら、高校のうちに読んでおいたほうがいい本を教えて下さい。(できれば読んでいて面白いものをお願いします)

Aベストアンサー

大学でやるようなにおいのする学問的な心理学書は眠くなること必須です。それで本当に行く気があるかどうか見極めるのもよいでしょう。その手の本は他の回答者の方が挙げていますので、わたしは、眠くなるどころか面白くて徹夜してしまうほうを挙げます。
ただし、大学ではやりません。
というのも、名著ではあるけれども、大学の心理学ではほとんど扱われない、扱いようがないという理由からそうなっています。

フロイト「精神分析入門」
    「夢判断 」
古典ですけども、人生一度は読んでおくべきものだと思います。人間の捉え方が変わります。

Q法の支配の意味

憲法を学んで気になったのですが、法の支配は誰が唱えたのですか?調べるといろんな人物の名が上げられていてわからないのですが。また誰が唱えたかを踏まえて、法の支配の意味を教えてください。

Aベストアンサー

法の支配とは、強い立場の国が、その強い権力でもって独断的に国を支配することを排斥し、
国家権力を法律で拘束することによって、国民の権利と自由を守ることを目的とする原理
のことです。

これは英米法で長年にわたって培われてきた基本原理です。

その由来はというと、古代ギリシャの哲学思想(プラトンやアリストテレス)から
発展したローマ法・ヘレニズム法にであるという説もあれば、中世のゲルマン法である
という説もあって定説はありません。
しかし中世のイギリスにおいて、はじめて「法の支配」の原型ができあがったという
見解では、ほぼ一致しているようです。

その見解と日本国憲法の条文を考えてみると、質問に対する回答としては、
やはり「法の支配」の原理を打ち立てたイギリスのアルバート・ヴェン・ダイシ-
だと思いますよ。

尚、その時に、ダイシーは法の支配の原理は1.政府の専断的権力の否定、
2.法の前の平等、3.憲法規範は通常法の結果 という3つの原則を唱えています。

つまり行政を規律するほ法と一般市民を規律する法との区別を否定して、
法的平等の概念に立って国民の権利と利益の救済を図ったと考えればよいでしょう。
                          

法の支配とは、強い立場の国が、その強い権力でもって独断的に国を支配することを排斥し、
国家権力を法律で拘束することによって、国民の権利と自由を守ることを目的とする原理
のことです。

これは英米法で長年にわたって培われてきた基本原理です。

その由来はというと、古代ギリシャの哲学思想(プラトンやアリストテレス)から
発展したローマ法・ヘレニズム法にであるという説もあれば、中世のゲルマン法である
という説もあって定説はありません。
しかし中世のイギリスにおいて、はじめて「法の支配」の...続きを読む

Q最初に得た情報が、正しいと固執してしまうことを、心理学ではなんと言いますか?

人は最初に得た情報が、正しいと固執してしまうことを、心理学ではなんと言うか教えてください。

Aベストアンサー

「インプリンティング」でしょうか。

卵から孵ったヒナが、生まれて最初に見たものを親だ
と思って…というアレではないかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報