理科総合Aの教科書に載っている問題です。

ホウ素の原子量は10.8である。ホウ素には,質量数10の10B(相対質量10.0)と質量数11の11B(相対質量11.0)の同位体がそれぞれ存在する。
10Bおよび11Bの存在比は,それぞれ何%か。


原子量の求め方なら分かるのですが、存在比の求め方が分からないので質問させて頂きました。
分かる方がいましたら回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

% 求め方」に関するQ&A: 残業代25%の求め方

A 回答 (2件)

結果的には #1 の通りなんだけど, 「原子量の求め方なら分かるのですが、存在比の求め方が分からない」というのは本当はおかしい.


存在比はわかっていないけど原子量はわかっているんだから, 「原子量の求め方」を利用すれば存在比も求まる.
    • good
    • 1

小学校レベルの問題ですが、代数を使わないと解きにくいでしょう。


質量10のコバルトの含量(存在比)をx(0<x<1)とすると、
10x+11(1-x)=10.8
になりますね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

% 求め方」に関するQ&A: 採用担当の方に…

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFLACでタグ情報を取得、分割したい

可逆圧縮で音楽ファイルをPCに保存しておきたいのですが、
WAVだとタグ情報を埋め込めませんし、MP3やWMAに変換してくなってもタグ情報が無いので非常に不便です。
そこで、タグ情報を保存出来るFLACで音楽ファイルを保存しようと思うのですが、
FLAC+CUEを読み込んでタグ情報を取得出来るツールは無いでしょうか?

現在はWAV+CUEをEACで読み込み、freedbでタグ情報を取得、そしてMP3とセットでWAVも分割・・・、
そのWAVをxrecode IIでFLACに変換、MP3のタグ情報を元にFLACにタグ付けと言った感じです。

EACがFLAC+CUEを読み込んでタグ情報を取得、そしてタグ情報ごとFLACを分割出来れば一番手っ取り早いのですが・・・。

※補足ですが、分割というのはもちろんトラックで分割という事です。

Aベストアンサー

最終的に望む形が曲毎のFLAC(タグ付き)ということだけは判りました。しかし、現在の状況がよく判りませんし、今やってる方法は理解しがたい迂遠さです。

貴方がお持ちのCUEは楽曲情報が無く時間情報だけのCUEということですか?普通、CUEファイルには楽曲情報も書き込むもので、分割の際にはその楽曲情報をタグに書き込むだけで済むんですが。

(1) 現状がFLAC+CUE(楽曲情報あり)なら、XrecodeIIかFoobar2000で曲毎のFLACへの分割とタグ書き込みが一発で出来ます。

(2) 現状がWAV+CUE(楽曲情報あり)なら、XrecodeIIかFoobar2000で曲毎のFLACへの分割/変換とタグ書き込みが一発で出来ます。

(3) 現状がFLAC+CUE(楽曲情報なし)なら、Foobar2000でFreeDBから情報を取得してCUEに一発で全曲の楽曲情報を書き込むことが出来ますから、後は(1)と同じです。或いは先に分割して後から同じ方法で自動タグ付けも可能。

(4) 現状がWAV+CUE(楽曲情報なし)なら、Daemon toolsなどの仮想CDドライブソフトを使って普通の音楽CDとして扱い、CDリッパーを使って曲毎のFLACとしてリッピング/変換と、CD情報DBから楽曲情報取得/タグ付けを一発でするのが常套手段でしょう。また(3)と同じ方法でもOKです。

勿論、「CUEに楽曲情報はあるが、改めて取り直したい」という場合も(3)、(4)です。
尚、こうした方法の他に、タグの無い(或いは情報が不十分な)曲毎のFLACに対し、後から自動でタグを付ける方法も色々とありますから、そちらを使っても良いでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419438744
特にGracenoteならFreeDBよりも詳しい情報が得られる場合も多いです。

因みに、「WAVだとタグ情報を埋め込めませんし」、というのも間違い。ただ、WAVのタグに対応するソフトが少ない(自分の使ってるソフトが非対応なだけでWAVにはタグが無いと決め付ける人が多い)だけです。
http://mediamonkey.xn--m8jfw.jp/index.php?Q%A1%F5A#za29b48b

最終的に望む形が曲毎のFLAC(タグ付き)ということだけは判りました。しかし、現在の状況がよく判りませんし、今やってる方法は理解しがたい迂遠さです。

貴方がお持ちのCUEは楽曲情報が無く時間情報だけのCUEということですか?普通、CUEファイルには楽曲情報も書き込むもので、分割の際にはその楽曲情報をタグに書き込むだけで済むんですが。

(1) 現状がFLAC+CUE(楽曲情報あり)なら、XrecodeIIかFoobar2000で曲毎のFLACへの分割とタグ書き込みが一発で出来ます。

(2) 現状がWAV+CUE(楽曲情報あり...続きを読む

Q中3理科・・マグネシウム原子1個の質量と銅原子1個の質量の比は何:何か。

(3)マグネシウム原子1個の質量と銅原子1個の質量の比は何:何か。

という問題なんですが・・・。
これの、"解説の意味"が分からないんです。

この問題の前に、


(1)マグネシウム原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・1,5倍
(2)銅原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・4倍


このふたつの問題があり、解くことができました。


で、解説には、


(1)と(2)および、酸素原子1個の質量は等しいことにより、
マグネシウム原子1個の質量:銅原子1個の質量=1,5(倍):4(倍)


とあり、意味がわからないところは、"酸素原子1個の質量は等しい"ということです。

(1)と(2)の問題で、どうして酸素原子1個の質量は等しいのですか?
それぞれ酸素原子1個の質量は2g、4gのはずです。

意味が分からないので解説お願いします。

ちなみによく考えたら、
同じ酸素の質量のとき(マグネシウムと酸素の質量が3:2のとき、酸素を同じ質量にして4:1を8:2にする)
8:3というふうに考えられたんですが、この考えでとたまたま8:3だったんでしょうか?

(3)マグネシウム原子1個の質量と銅原子1個の質量の比は何:何か。

という問題なんですが・・・。
これの、"解説の意味"が分からないんです。

この問題の前に、


(1)マグネシウム原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・1,5倍
(2)銅原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・4倍


このふたつの問題があり、解くことができました。


で、解説には、


(1)と(2)および、酸素原子1個の質量は等しいことにより、
マグネシウム原子1個の質量:銅原子1個の質量=1,5(倍...続きを読む

Aベストアンサー

(1)、(2)より、マグネシウムと酸素、および銅と酸素の原子一個の質量を比で表わすと、
 Mg:O=1.5:1
 Cu:O=4:1
となりますね。この二つの比で、「酸素原子の質量に対応する数」がどちらも1なのでそのまま
 Mg:Cu=1.5:4
とできるわけですね。これを「酸素原子1個の質量」は等しいとしてしまっている解説のミスですね。単純に(#1の方の回答のように)「比をまとめると」とする方が余程判りやすい。

QWAVをFLACに変換(Media Monkey)

FLACに興味を持って「Media Monkey4.1.3.1708」を使用しはじめた初心者です。
これまでiTunesで,WAVにリッピングした音楽データが4,000曲ほどあるのですが,これをMediaMonkeyでWAV→FLACに変換したいと考えております。
「ツール」→「形式の変換」で,形式を「FLAC」,「形式設定」をデフォルトの「圧縮レベル6」にしたところ,ビットレートが1411→829等になりました。
これは,FLACへの圧縮によりビットレートが低下したということでしょうか?可逆圧縮なので,あんまり気にする必要はないものなのでしょうか?
大量のWAVファイルをFLACにして,タグ付けをしてNASで再生しようと考えており,せっかくFLACにしたので音が劣化したら切ないなと思いまして‥。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表示されたビットレートはおそらくファイルサイズを再生時間で割ったものでしょう。
デコードされた音声データ自体は圧縮前と同じになっているはずです。

私自身は MediaMonkey を使用したことはありませんが、
不安があるならば、一度FLACに変換したものをWAVに再変換し、それが
圧縮前のWAVと全く同じなら、何も情報は失われていません。

【参考】FLAC/ALACから、本当に元のWAVへ戻せる?
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20140526_650133.html

Q三塩化ホウ素の存在比について

いつもありがとうございます♪

過去の質問を調べましたが、三塩化ホウ素の質量のことしかありませんでしたので、存在比について質問させてください><;


「中性子数が18と20のCl原子の存在比を3:1とする。
B原子の質量数は10のみとする。
このとき、三塩化ホウ素には質量数の合計が異なるものが4つ存在する。その存在比を質量数の合計が小さい順に簡単な整数比で記せ。

との模試問題があり、私は
「27:9:3:1」としましたが、×になってしまいました・・・

18が3つのパターン、18が2つのパターン、18が1つのパターン、18がゼロのパターンで確率を求めたんですが、
「18が2つのパターン、18が1つのパターン」はそれぞれ、
3種類も存在するため、
答えは
「27:27:9:1」となるようです。

正三角形なのに、何で「18が2つのパターン、18が1つのパターン」はそれぞれ3種類もあるのでしょうか。
「18が2つのパターン、18が1つのパターン」はそれぞれ1種類じゃないのでしょうか?回転すると全く同じだと思うんですけど・・・


どなたか教えてください(>_<。)HelpMe!!
よろしくお願いします><

いつもありがとうございます♪

過去の質問を調べましたが、三塩化ホウ素の質量のことしかありませんでしたので、存在比について質問させてください><;


「中性子数が18と20のCl原子の存在比を3:1とする。
B原子の質量数は10のみとする。
このとき、三塩化ホウ素には質量数の合計が異なるものが4つ存在する。その存在比を質量数の合計が小さい順に簡単な整数比で記せ。

との模試問題があり、私は
「27:9:3:1」としましたが、×になってしまいました・・・

18が3つのパターン、18が2つのパターン...続きを読む

Aベストアンサー

化学というより数学の問題ですね。
回転すると同じになる「18が2つのパターン、18が1つのパターン」はそれぞれ1種類というのは正しいです。しかし、確率を求めるときは、全部の場合を考える必要があるので、おかしなことになるのです。

例えば、コイン2枚を投げたとき、
・2枚とも表
・1枚が表、1枚が裏
・2枚とも裏
の3通りだから、それぞれの確率は1/3で正しいでしょうか?
違いますよね?
2枚のコインを別物と考えて、
・コインA、Bとも表
・コインAが表、コインBが裏
・コインAが裏、コインBが表
・コインA、Bとも裏
として計算する必要があるわけです。

BCl3の場合もこれと同様です。

QFLAC形式について(劣化はしない?)

FLACはロスレスなので、WAV→FLAC、FLAC→WAVにしても音質が変わらないということですが、それは文字通り「全く変わらない」のでしょうか。ほんの少しだけ劣化するけど、ほぼ変わらないので劣化しないと言っているだけで、実際は何回かWAV→FLAC→WAVを繰り返すとだんだんほんの少しずつ劣化したりするのでしょうか。
なぜかというと、FLACは○○より○○で変換するとよいなどという話も聞いたことがあるので、ロスレスだったら音質については何でエンコードしようと関係ないのに何でそのような話題になるのか気になっていたのです。

Aベストアンサー

何回WAV→FLAC→WAVを繰り返しても劣化しません。

Q教えて下さい! ホウ素原子 同位体,炭素原子 質量

化学でわからない問題があります


(1)ホウ素には,10Bと11Bの2種類の同位体が存在し,ホウ素の原子量は10.8である。ホウ素原子1000個の中には,11Bが何個存在しているか。


(2)質量数が12の炭素12C 1個の質量は2×10(-23乗)gである。この炭素原子を何個集めると12gになるか。

この2問の答え、よろしければ式も含めてお願いします・・・><

Aベストアンサー

(1) 「原子量」の定義, わかる?

(2) 1個 60 g のりんごは, 何個あったら 3 kg になりますか?

Qネットワーク上のflacが再生できない

マランツのM-CR603でパソコンに保存してあるflac形式の音楽が再生できません。説明書にはネットワーク上のflacを再生できると書いてありました。Windows 7のパソコンでflacとmp3が入ったフォルダを共有しているのですがM-CR603ではmp3しか再生できません。flac形式の音楽も表示はされるのですが再生できません。USBメモリにflac形式の音楽を入れてM-CR603に接続すると再生できました。なぜネットワーク上のflacは再生できないのでしょうか。どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

再生できるのはネットワーク上の音楽ファイルではなくDLNAサーバーに登録された音楽ファイルですね。
7で何もしていないならWMPがDLNAサーバーとして働いているはずです。
flacファイルが表示されていて再生できないのはWMP側が送り出しに対応していないからですかね。(WMPはよくわからないです)
flacに対応しているサーバーソフトを使うか、WMPが対応しているWAVやWMAあたりに変換するかで解決すると思われます。

Q原子量と同位体の存在比の計算

原子量と同位体の存在比の計算で

35.453=34.969× x/100 +36.966× 100-x/100 

これを解くと、x=75.763
となるみたいなんですが、計算してみても答えが合いません
どなたか途中式も含めて詳しく教えていただけませんか。

Aベストアンサー

こんばんは。

35.453 = 34.969x/100 + 36.966(100-x)/100
35.453 = 34.969x/100 + 36.966×100/100 - 36.966x/100
35.453 = 34.969x/100 + 36.966 - 36.966x/100
35.453 - 36.966 = (34.969 - 36.966)x/100
100(35.453 - 36.966) = (34.969 - 36.966)x
100(-1.51300) = -1.99700x
x = 100×1.51300/1.99700
 = 75.7636455

ご参考に。

Qflacファイルの変換について

flac→wav→mp3
flac→mp3

この二つの変換方法で音質の違いはどのくらいなんでしょうか?
そこまで変わらないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

音質はまったく変わらないはずです。
wavというのがリニアPCMのwavで、サンプルビット数やサンプリング周波数を変更したりしなければね。

そもそも、flacをmp3に直接変換なんて出来ません。ソフトの内部では実際にはflac→wav→mp3と同等の処理をやってるんですよ(flacをデコードしてリニアPCMデータとして取り出し、それをMP3に変換)。

ただ、flacにタグ(楽曲情報)を書き込んでるなら、wavを間に挟むとタグをMP3に引き継げない場合が多いです。
勿論、変換の手間も違います。
ですから普通は後者を選ぶと思いますが。

Q係数の比=物質量の比=気体の体積の比

はじめまして、みなさま、下記の問題なのですが、
CO、H2、N2からなる混合気体50mlがある。これに、O2 35mlを加え、完全燃焼後に乾燥すると体積は39mlとなった。さらに、水酸化ナトリウム水溶液に通した後に乾燥すると体積は25mlとなった。最初の混合気体中の CO、 H2、 N2、はそれぞれ何mlか。(すべて温度、圧力は一定とする。)

この解答で
x + y + z = 50・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

x + (35-x/2 -y/2) + z = 39・・・・・・・・(2)

という式が成り立つのですが、どうしてなのか、まるでわかりません、なぜ成り立つのか教えていただけないでしょうか?

ちなみに x は(39ml - 25ml)で x = 14ml

Aベストアンサー

最初の50mLと酸素35mLを加え完全燃焼後残っているのはCO2、N2、O2になります。
それが25mL。このときCO2の体積は最初のCOの体積と同一です。
水酸化ナトリウム水溶液に通してから乾燥するとCO2が抜けるので、N2とO2
だけになります。だからCO2が14mL。初めはCOが14mLありました。これがX。
最初の燃焼で減ったのはH2Oの体積だから、50+35-39=46 (mL)これが減った水素と酸素の体積。
(2)はCOと(加えた酸素-COに使われた酸素-水素が水になるのに使われた酸素)と窒素を合わせて39mL。
という意味です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング