一般的に”1.38 ×10E-23 Joules/K”たまに1.39と書かれている場合もありました。
この場合、KTB雑音で /Hzで290Kの場合、雑音電力は約-174dBm(-144dBw)となりますが
下記の変換はどのように考えるのでしょうか?

k = Boltzmann’s Constant
= 1.38 ×10E-23 Joules/K
= -198 dBm/K/Hz
= -228.6 dBw/K/Hz

P=kTBで

k =1.38 ×10E-23 Joules/K
B=1Hz
T=1K
とすれば -228.6となりますが
絶対温度 T=1の意味が不明です。
※絶対温度 -273度を1と考えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

DB 変換」に関するQ&A: dB dBuV変換

A 回答 (2件)

もちろん「絶対 0度」は 0 K です.



周波数帯域 1 Hz に対し, 温度を 1 K あげると 1.38×10^-23 W だけ熱雑音が増える, と.
もちろん周波数帯域 100 Hz で温度が 300 K なら (0 K から 300 K あがっているので)
1.38×10^-23 W/K/Hz × 100 Hz × 300 K
という熱雑音の強さになります.

この回答への補足

有難うございます。
おおよそ分かりました。
最終的には、下記の内容を理解したいのですが
ご教授いただけますでしょうか?

Finally the noise power density can be determined:
N0 = K + Ts
= -228.6 + 10 log(509.3) = -201.5 dBw(Hz)
n0 = 10^(-201.5/10) = 7.03 × 10e-21 watts

509.3は、等価雑音温度です。NFで4.40dBです。
-228.6は下記から来ています。
k = Boltzmann’s Constant
= 1.38 ×10E-23 Joules/K
= -198 dBm/K/Hz
= -228.6 dBw/K/Hz

T=290で/1Hzの雑音は、-174dBmと分かりますが、上記の-198dBmが理解できません。
当然=10*LOG(1.38*10^-23)=-228.6ですが、何を意味しているか?1Kにおける増加率とすればdBですよねこの数字に-228.6にNF=4.40(-228.6)を加算して ノイズのパワー密度としておりますが、この辺が理解出来ませんでした。
(すいません。少し能力不足で)(泣)

以上 です。

補足日時:2011/04/28 14:09
    • good
    • 0

「ケルビン」という単位は「絶対温度」を表すとともに「(絶対温度ではかったときの) 温度差」も表します.

この回答への補足

1.38×10^(-23)→ 10Log(1.38×10^(-23))≒-228.6dBK
となるのは分かりますが、ボルツマン定数を 10log
にする意味が理解できていないようです。

1.38 × 10E-23 Joules/K を単に dBw/K/Hz の単位
であらわしているだけですか?



そうみたいですね。
どちらもエネルギーですので、変換できるのですね。
そうすると  ” dBK ”は間違いで dBmK ですね。

一部の文献には dBK となっていました。

補足日時:2011/04/27 19:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご連絡 有難うございます。
下記の考えでよろしいでしょうか?
絶対温度 摂氏で言いますと -273.1.....となり
0Kと考えるのでしょうか?

お礼日時:2011/04/27 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

DB 変換」に関するQ&A: dBμV/mとdBμVとdBm

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボルツマン定数の導出。

『ガス定数RをPV=RTから計算し、アボガドロ定数6.022×10^23との関係を使ってボルツマン定数kを求めよ(cal、J)。』
という問題がありました。
これは、ボルツマン定数の値を算出しろという事ですか?それとも、ボルツマン定数の関係式(k=R/Nを導け)という事ですか?
後者の場合、どういう流れで求めていくのですか?

Aベストアンサー

>アボガドロ定数6.022×10^23との関係を使って
これは、k=R/Nを使えという意味です。したがって、
>ボルツマン定数の値を算出しろ
という意味になります。

Q反応速度定数の2kとは

2N2O5 → 4NO2 + O2 の反応速度の式です。

d[N2O5]/dt = -2k[N2O5]

の2kのようになる反応がありますか。意味を教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

反応速度(この場合、N2O5の減少速度)は現在の存在量に比例し、その比例定数をkとした場合の反応速度を表現した式です。化学で一番当たり前の式で詳しくはそちらの教科書を見てください。2の意味は説明があるはずですが、反応式の左辺のN2O5にかかっている2から来ています。O2の1モルに対して2倍の量のN2O5が必要ということで、O2を基準に式を構成しているのでしょう。

Qワード(Microsoft Word)で表に入っている計算式を削除したい

ワード(Microsoft Word)で表に入っている計算式を削除したいです。

ワードファイルでフォーマットがあり、その表に数字を入れて先方にメールで送り返しました。
すると、先方からは数字が重なって表示されているので修正して欲しいとの依頼がありました。

少し調べてみたところどうやら計算式というものがセルにはいっており、=SUM(LEFT)などとはいっているようですがDELキーにてセルを選択し、数字を削除しても何も表示されません。(計算式は残っているままです。)

そこで、罫線→計算式を選択して消そうとしたのですが計算式を消去するとokがおせなくなり、キャンセルすると計算式が残ったままになってしまいます。

なんとか計算式を削除したいのですが簡単に計算式だけを削除する方法はないのでしょうか?
また何故こちらでは重なって見えないのに先方では数値が重なってしまうのでしょうか。

ワードのバージョンは2002です。
先方のバージョンは不明です。

どなたかおわかりになる方、救助をお願いします。

Aベストアンサー

少し混乱しているようですね。

先方から修正してほしい内容と[計算式]が関連されているとは思えない
のですが、修正内容をもう一度確認されたほうが良いと思いますよ。
その文書は、先方から送信されたファイルへと質問者さんが記載して、
先方へと返信したものなのでしょうか?
もしもそうならば、[計算式]を消すのは余計なことなのでは?

特に混乱しているのが、メニューの[罫線]から[計算式]を選択したとき
の仕様を理解していないために、余計な操作をしているということです。
表の最初の行で、左端ではないセルへとカーソルを置いてから、[罫線]
で[計算式]ダイアログを出した場合、そこにある[計算式]の欄には必ず
「=SUM(LEFT)」が表示されるようになっています。
式がないか、式を選択していない場合はほぼ確実に表示されます。
ですから、式を削除してから[計算式]ダイアログで再度確認をすれば、
式が表示されているのは当然なのです。
計算式が表示されない場合もありますが、余計な情報を提示するよりは
仕様なのだと理解したほうが良いので、そのように覚えてください。

この計算式は[ Alt+F9 ]キーを押せばわかりますが、フィールドコード
の[式フィールド]を使って表示していますので、[計算式]ダイアログを
使わなくても、式を入力することはできるので、削除すれば基本的には
消えてるはずなのです。
http://office.microsoft.com/ja-jp/word/HP051862181041.aspx

少し混乱しているようですね。

先方から修正してほしい内容と[計算式]が関連されているとは思えない
のですが、修正内容をもう一度確認されたほうが良いと思いますよ。
その文書は、先方から送信されたファイルへと質問者さんが記載して、
先方へと返信したものなのでしょうか?
もしもそうならば、[計算式]を消すのは余計なことなのでは?

特に混乱しているのが、メニューの[罫線]から[計算式]を選択したとき
の仕様を理解していないために、余計な操作をしているということです。
表の最初の行で、...続きを読む

Qボルツマンと「時間の矢」について

ボルツマンは「時間の矢」について物理的にどのように説明したのかわかりません。どなたか御教示頂ければ幸いです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

マクロな物理学においては、たとえば相対性理論が時間を4つ目の
次元として扱ったように、時間は自明なものとされます。
しかし、ミクロな物理学においては、たとえばファインマン図に
おいて相互作用は時間軸に対して可逆的であり、また光量子作用は
瞬間作用とされ、マクロにはあれほど「自明」であった時間の流れは、
見えなくなるのです。

ボルツマンは、その「時間の流れ」をエントロピー増大に帰着させました。
「エントロピー増大」は、水にインクを落とすとどんどん混ざって
いく場合のように、統計力学的に生じるものなので、ミクロには見え
なくて当然になるのです(トランプを切れば、どんどんランダムに
なっていく(エントロピー増大する)が、1から3の3枚の札を切れば、
たびたび順番に並ぶ)。

Q元金均等返済の計算式について

借入金を元金均等返済する場合の毎月の返済額を計算する計算式ですが、ある人から教えて貰った下記の計算式で計算しています。

N回目の返済額=借入金額×((1-(N-1)×月利)÷返済回数+月利))

毎月の返済額は計算出来るのですが、計算式の意味がわからないまま計算していますが計算の結果数値は正確です。しかし計算式の中の ((1-(N-1) この部分の意味が理解出来ないまま暗記的にやっています。私は数学的な知識がありませんので ((1-(N-1) この意味を例示的にわかりやすく教えて下さい。
この計算式以外にわかりやすい計算式があればご教示下さい。

Aベストアンサー

 理論的に筋道を立てていきますと、御指摘の計算式になります。
 まず、元金均等法式の計算は総借り入れ額を返済回数で割った金額が元金部分として計算できます。
 それは 元金部分=借入金額÷返済回数 です。
残りは利息の計算です。利息の元本部分は毎月の返済で返済月数に応じて比例的に少なくなります。N回目の返済時の元本部分は先月返済したときの残高が相当します。
 その金額は 先月末残高=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)
 ここのところがややこしいですが、第1回目支払いまでは残回数は減っていませんのでNから1を減じる必要があります。
 利息は前月末残高に月利を掛けた金額です。
 つまり
  N回目利息部分=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)×月利
 これを並べ替えますと
N回目利息部分=借入金額×(1-(N-1)÷返済回数)×月利
 これを元本と加えますと
N回目の返済額=借入金額÷返済回数+借入金額×(1-(N-1)÷返済回数)×月利
  =借入金額×(1÷返済回数+(1-(N-1)÷返済回数)×月利 
 =借入金額×(1÷返済回数+1×月利-(N-1)÷返済回数)×月利 
 =質問のもとの計算式
 注意:必ず、中のカッコから計算してください。
 

 理論的に筋道を立てていきますと、御指摘の計算式になります。
 まず、元金均等法式の計算は総借り入れ額を返済回数で割った金額が元金部分として計算できます。
 それは 元金部分=借入金額÷返済回数 です。
残りは利息の計算です。利息の元本部分は毎月の返済で返済月数に応じて比例的に少なくなります。N回目の返済時の元本部分は先月返済したときの残高が相当します。
 その金額は 先月末残高=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)
 ここのところがややこしいですが、第1回目支払...続きを読む

Q対物レンズの射出瞳径=2×焦点距離×NA?

対物レンズの射出瞳径=2×焦点距離×NAという公式はよく知られており,
顕微鏡メーカーのHPでも当たり前のように書いています.
しかし,
NA=屈折率×sinθ
θ:最大入射角
であることを考えると,
2×焦点距離×tan(arcsinθ)というのが正しいのではないでしょうか.

Aベストアンサー

無収差の光学系では主面は平面ではなくて焦点を中心とする球面になる、とかいう話があったように思います。
主面上に射出瞳があれば、瞳径は2*f*NAになるかと思います。

Q防御率の計算式がよくわからないんです

防御率の計算式は自責点に9を掛けてから投球回で割ります。

(正しい計算式)
防御率=自責点*9/投球回

ただこの計算式がよくわかりません。

理解できるのは以下の式で、これでも同じ防御率が計算できます。

(素人計算式)
試合平均にするには、
投球回➗9イニング
で9イニング投げた場合の試合数

自責点➗その試合数=防御率

下の計算式が上のものと同じになるのは
どのような理論なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ事ですよ。

自責点÷その試合数=防御率・・・この式も正しいです。
で、あなたは、その試合数=投球回÷9イニング これも正しいです。

つまり、「防御率」=「自責点」÷「その試合数」
         =「自責点」÷(「投球回」÷「9イニング」)
         =「自責点」÷「投球回」/「9イニング」
         =「自責点」×「9イニング」/「投球回」 ですよね。
  これ、「正しい計算式」と同じです。

要点・・・割り算は逆数を掛ける事と同じです。

Q7×7構造などの×はどういう単語ですか?

学会発表などで聞いていると
Si(111)面の7×7構造

の「×」を英語では「バイ」と発音するようです。

でもバイってどういう単語なのでしょうか?

普通に「×」で英語の辞書で引いても出て来ないので
「by」ではないかと思うのですが、
でもbyには、「掛ける」という意味はないはずなので、
実際どういう単語で表されているのでしょうか?

Aベストアンサー

Acronyms Xで検索すると真っ先にmultiplied byと出てくるよ。

Qプルダウンリスト選択後の計算式の呼び出し

写真のように(見にくいかもしれませんが)
リスト内でA,B,Cと選択すると、
Aを選択した時は、Aの計算式(Aの時に使いたい計算式)など、
Bをリストで選択した時には、Bの計算式が反映されるように(リスト内が変わると、計算式が連動して変わるよう)にしたいです。

Aを選択すると、Aの計算式を反映させるだけなら可能でしたが、
それに加えて、B,Cなど追加させていくと、FLASEになってしまいうまくいきませんでした。

もしわかる方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは!

「計算式」とありますが、計算式が入っているセルは何らかの計算結果が返っているのですね?
具体的な配置が判らないので、やり方だけ・・・

↓の画像でA2セルに
=VLOOKUP(A$1,D:F,ROW())

という数式を入れフィルハンドルで下へコピーしています。

※ エラー処理はしていません。
※ 画像のE1~F3セルは数式が入っています。

Q時速60Km/H + 時速60Km/H の問題です

お世話になります。

自分が乗っている時速60Km/Hで走っている電車の前方から、時速60Km/Hでこちらに向かっている電車の速度は120Km/Hに見えるのですが、実は120Km/H未満が正解だったと思います。

計算の仕方を忘れてしまいました。

どなたか教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 お礼、ありがとうございます。#1です。

>もしも自分の乗っている電車が秒速20万Kmで進んでいて、前方からも秒速20万Kmでこちらに向かっている電車があるとき、

 そういう定性的なことですと、光速度不変の原理で考えることができます。

 前方の電車がこちらに向けて光を放つとどうなるでしょうか。その光も秒速30万kmという速度になる、というのが光速度不変の原理です。どんな条件で放たれた光であれ、どんな慣性系からでも同じ秒速30万kmです。

 さて、前方の電車に乗り移ったとして考えてみます。光を前方に向けて放てば、自分の電車より先に光は進みます(この光も秒速30万km)。自分をどんどん引き離して進んでしまいます。そして自分より早く他方の電車に到達します。

 再度、元の電車に戻ってみます。前方の電車が放った光は、前方の電車より早くこちらに届きます。その光は秒速30万kmなのでした(光速度不変の原理)。それより遅れてこちらとすれ違う電車は、光速度より遅いことになります。

 もう少し複雑にしてみましょう。

 電車1の上に電車2を走らせます。どちらも速度は同じ秒速20万kmとしておきます。それを駅のホームから眺めているとします。。ニュートン力学では、20万+20万=秒速40万kmとなり、光速度(秒速30万km)を超えます。

 ここで光速度不変の原理を使ってみます。電車2に乗ったと考えて、電車2から前方に光を放ちます。光は秒速30万kmで自分の前方を進んで行きます。

 この状況で電車1から考えてみます。電車2が放った光は、電車1から見ても秒速30万kmです(光速度不変の原理)。その光は電車2を引き離しながら進んで行くのでした。だとすると、電車1からすれば、電車2は秒速30万kmより遅い。

 さらに駅のホームから考えてみます。電車2から放たれた光は、やはり秒速30万kmであり、電車2を引き離して前方に進んで行きます。それなら、駅のホームから見ても、電車2は秒速30万kmより遅いということになります。

 電車を何段重ねにしようと、同じことになります。光速度は超えられません。この状況を先の速度の合成則で見てみます。

W=(v+V)/{1+(vV/c^2)}
=(v+V)/{1+vV} ←式が変形しやすいようc=1と置いた:定数なので任意に決めて良い
 =1-{(1-v)(1-V)/(1+vV)}

 c=1としたので、vやVが1未満、つまり光速度未満であればカッコの中は0より大きいですから、W<1です。ですので、光速度未満であることが分かります。

 いかに光速度に近い速度の電車を二台使おうとも、光速度にはなれないわけです。二台合わせても光速度未満ですから、さらに何台持って来ても同じ、光速度未満にしかなりません。

 もし、vかVのどちらか一方でも光速度であれば(v=1やV=1)、カッコの中は0となり、W=1、つまり光速度となります。どんな速度を持っていようが、そこから放った光は必ず光速度であることも、速度の合成則の式は示しています。

 お礼、ありがとうございます。#1です。

>もしも自分の乗っている電車が秒速20万Kmで進んでいて、前方からも秒速20万Kmでこちらに向かっている電車があるとき、

 そういう定性的なことですと、光速度不変の原理で考えることができます。

 前方の電車がこちらに向けて光を放つとどうなるでしょうか。その光も秒速30万kmという速度になる、というのが光速度不変の原理です。どんな条件で放たれた光であれ、どんな慣性系からでも同じ秒速30万kmです。

 さて、前方の電車に乗り移ったとして考えてみます。...続きを読む


人気Q&Aランキング