カラヤンの指揮する音楽はとてもきれいだと思います。私の聴いた感じでは、響きがあり、浮揚するような感じがします。他の指揮者よりあきらかに違う感じがします。
カラヤンがどうしてオーケストラからこういう音を引き出せるのか、教えてください。
ちなみに私は音楽のことをまったく知らない初心者です。最近クラシックの聴き比べをはじめたど素人です。

A 回答 (3件)

カラヤン、懐かしいです。



おっしゃる通り、カラヤン以上に「音色の美しさ」をオーケストラに求めた指揮者は居ないと思います。音色の秘密は、徹底したレガート奏法(音と音を切らないで滑らかに連続させる)をオケに要求したことと、弦と管、高音と低音のバランスを極限まで追及したことが大きかったのではないかと思います。

もちろん、下の方がおっしゃるように、当時のベルリンフィルも名手揃いのオケで、特に1980年代の木管のトップを受け持っていたフルートのジェームズゴールドウエイ、クラリネットのカールライスター、オーボエのローターコッホ、ファゴットのギュンターピースク、ホルンのゲルトザイフェルトは、それぞれが世界最高のソリストとして通用するそうそうたるメンバーでした。カラヤンは演奏者の質を高めるために、オケのメンバーが室内楽のアンサンブルを組むことを奨励しましたので、この5人も木管五重奏団を組んで多くの優れた録音を残しています。

ただ曲の解釈については、結構当時から「表面的だ」と言う批判も強く、私も生意気ざかりの若いころは「カラヤンはベートーベンとブラームス以外は素晴らしいね。」とか偉そうなことを言ってたのを思い出します。当時は「クラシック通」を自認する連中は圧倒的にカールベーム支持で、ベートーベンの7番を聖典のように崇拝してました。

レコードの録音にも非常に熱心で、これも下の方がおっしゃるようにグラモフォンから莫大な録音を出してます。ただ、私個人は当時も音質的にそれほどカラヤンの録音が良いとは思わなかったですね。華やかだけどなんだか人工的な感じが鼻についてしまい、EMIから出ていたクレンペラーの古い録音の方を遥かに気にいってました。まあこの辺は人の好みの問題ではありますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お時間をとらせてしまってすみません。レガート奏法、弦管高低のバランスこのあたりとても勉強になります。音楽を中高以来勉強したことがないのでこういう技術的なコメント助かります。なんとなくわかったような気がします。

「曲の解釈が表面的」「華やか・人工的」、なるほど。音はきれいだが心の中に響いてくるものが曲によっては足りないという感じでしょうか?ドヴォルザークの新世界やブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴き比べてみて何かそんな感じかしました。(私の意見は初心者なのであてにはならないと思いますが、あくまで私の好みということで…)

ベームとカラヤンの交響曲全集を持っています。さっそく聴き比べをしてみたいと思います。
カラヤンも通の人には評価がわかれるようですね。ただ音がきれいということでカラヤンに魅了されている私ですが、もっと詳しくなって大きな視点(聴点?)からクラシックを聴けるようになりたいです。そのうえでやはりカラヤンがいいと思うかどうかですね。

ちなみに他にはフリッチャイ・ドラティ・パーヴォヤルヴィなんかが好きですが。曲によって好きな指揮者が変わります。初心者なもんで…。

お礼日時:2011/05/08 16:59

彼の来日公演のスタッフだった兄が、


「頑固ジジイ」と言ってました。
確かにスコアを片手に聞いていると、あれっ?っというところもありました。

彼に限らず、同じ曲を数多くの指揮者がそれぞれのアイデアで好演しています。
おとを引き出すためには、まず、色んな演奏を聞くこと。
そこから好みのものの真似をするところから勉強していけばと!

昔の徒弟制度。見習うことから始めるのがよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。御礼申し上げます。
カラヤンのある一面がうかがえて面白いです。
カラヤンをはじめ優秀な指揮者は人よりもよりたくさんの演奏を聴いていて、私のような鑑賞専門の初心者の場合、もっとたくさんの演奏や録音を聴いていけば、カラヤンの他に自分にとって魅力的な指揮者や演奏に出会えるということでしょうか。これからもいろいろ聴いてみます。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2011/05/07 23:03

オケはかつての手兵ベルリン・フィルでしょうか?



ウィーン・フィルと並び世界最高峰のオケであるベルリン・フィルは他のどのオケも真似の出来ないゴージャスな音を持っていますし、色彩感豊かでドラマチックな演出効果を最大限にオケから引き出せるカラヤンならではの魔術師のような指揮が仰るような音を出すことが出来るのでしょう。

レーベルはグラモフォン?

グラモフォンの録音(音)は伝統的にうっすらとベールのかかったような上品で絹のような音です。

カラヤン+ベルリン・フィル+グラモフォンならお書きになったような音がするかと思われます。

尚、同じベルリン・フィルでもEMIやデッカ(ロンドン)ならもう少しシャープな音ですし、ウィーン・フィルなら柔らかい中にも芯のある音でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。御礼申し上げます。
私の聴いたカラヤンはオケもレーベルも様々で、カラヤンの指揮演奏ならみんな同じに聞こえているという感じです。今の私のレベルはこの程度なのです。
ベルリンフィルとウィーンフィルの音のでかたの違い、レーベルの特徴、指揮者とオケとレーベルの組み合わせ、う~ん と初心者の私は思わずうなってしまいます。奥が深いですね。
この回答をメモして今度から気をつけてクラシックを聴いてみます。違いがわかるようになりたいです!
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/07 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバブル絶頂期ジュリアナ時代の女性に質問

バブル絶頂期、どのような遊びをしてましたか?男遊びやら豪遊、ギャンブル何で結構です! そして現在どのような生活を営んでいますか? 幸せですか? 宜しくお願いします!

Aベストアンサー

よくバブル期=ジュリアナの映像が流されたりしますが、実際にはバブルが崩壊したあとの1991年に芝浦の倉庫街に作られたもので、あそこでパンツ見せて踊っていたのは水商売かタレント志望(AV女優だったり、安いモデルだったり)の若い女の子とそれに群がる男どもって構図だったみたいです。

バブル期って1980年代後半から1990年の夏まででしょ?
ま、その後1993年くらいまでは名残があったかな・・・とは思いますけどね。

今と決定的に違うのは、雇用の安定性でしょうか?
大卒はもちろん、高卒でもちゃんとした大企業に就職できたのです。
正社員としてね。
いきなり高給はもらえなくても、安定して職があり、まじめに勤めていれば徐々に給料もあがっていく。
それができた最後の世代だったのですね・・・今思えば。

会社によっては最初からいい給料がもらえ、会社の経費も使い放題(領収書は必要ですが)・・・高級料理店も繁盛し、飲みにいってはぱあっとお金を使う。
めぐりめぐりっていろいろな人が潤った時代だったのです。

自分自身は全盛期の頃、金のない大学生だったのさほど満喫できませんでしたが、周りは楽しく遊んでいる人もいましたよ。
会社に入社した後からが華だったかも。
食事、帰りのタクシー代と自分の財布開いたことないですから。

ま、それなり地道に仕事をしてきましたし、会社自身も地道な会社でしたので、バブルとともに業績不振で崩壊したということはなく、楽しい20代30代、そして40代を過ごしています。

よくバブル期=ジュリアナの映像が流されたりしますが、実際にはバブルが崩壊したあとの1991年に芝浦の倉庫街に作られたもので、あそこでパンツ見せて踊っていたのは水商売かタレント志望(AV女優だったり、安いモデルだったり)の若い女の子とそれに群がる男どもって構図だったみたいです。

バブル期って1980年代後半から1990年の夏まででしょ?
ま、その後1993年くらいまでは名残があったかな・・・とは思いますけどね。

今と決定的に違うのは、雇用の安定性でしょうか?
大卒はもちろん、...続きを読む

Qカラヤン指揮、パリ管弦楽団演奏、ボレロってありますか?

検索しても引っかからないので質問します。
カラヤン指揮、パリ管弦楽団演奏、ラヴェルのボレロのCDってあるんでしょうか?
わかる方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ありそうな気がして探してみましたが残念ながら見つかりませんでした。
下記はカラヤンのことがいろいろ調べられるサイトです。
http://www.karajan.info/

画面左のSearchで,演奏団体から「パリ管弦楽団」を選び,
ページ最下段の「検索」でサーチしてみてください。
(画面右のDiscographyでパリ管弦楽団と入れて検索してもいいです。)

検索結果の4つ目に出る
ラヴェル:[1]ラ・ヴァルス、[2]スペイン狂詩曲、[3]道化師の朝の歌、[4]組曲《クープランの墓》
この中にボレロも入っているのですが,残念ながらボレロはベルリン・フィルのようです。
HMVからこのC Dを探してみました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=384131

パリ管弦楽団でなくてもよければ,カラヤンなら,
ベルリン・フィルの管楽器名手揃いの年代の演奏で
下記の演奏はお薦めです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=340528
ボレロも展覧会の絵も名演だと思います。

ありそうな気がして探してみましたが残念ながら見つかりませんでした。
下記はカラヤンのことがいろいろ調べられるサイトです。
http://www.karajan.info/

画面左のSearchで,演奏団体から「パリ管弦楽団」を選び,
ページ最下段の「検索」でサーチしてみてください。
(画面右のDiscographyでパリ管弦楽団と入れて検索してもいいです。)

検索結果の4つ目に出る
ラヴェル:[1]ラ・ヴァルス、[2]スペイン狂詩曲、[3]道化師の朝の歌、[4]組曲《クープランの墓》
この中にボレロも入っているのです...続きを読む

Q40代女性の方、性欲の絶頂期はいつだった?

性欲を意識してから30年以上が経過したと思いますが、結局何歳くらいの頃が性欲旺盛の絶頂期でしたか?
自慰行為を一番頻繁にしたのはいつ頃でしたか?
彼女のその時期をはずしたくないので教えてください。

Aベストアンサー

アラフォーの女ですけど、振り返ってみると、富士山みたいに一つの山みたいなカーブではないです。

八ヶ岳みたいに、高くなったり低くなったりだった気がします。

それで、何故そうなるのかといえば、環境が変わったり、彼氏がいたりいなかったり、相手にもよったり。
ということで、明確にある年齢が誰でもピークとはならないでしょうし、予測不可能な気もします。

一般的には30代のような気がしますが、私は30代前半は色々不調だったので余りかんじませんでしたし、後半は同棲していたので、定期的に満たされていたので特にピークを意識してませんでした。
そういう意味では、20代で彼氏と別れてしばらくした頃、なんてタイミングが一番辛かったですね。
ともかくHの相手が3ヶ月から半年いないと本当にしたくてたまらないです。ナンパされてついていく人の気持ちがわかります。

彼女さんなら、定期的にしていればそんなに困らないと思います。相手の方が望むだけしてあげればいいじゃないですか?

Qカラヤン指揮「くるみ割り人形~花のワルツ~」

カラヤン指揮のバレエ組曲「くるみ割り人形」の’花のワルツ’についてなんですが、私はウィーン・フィル盤とベルリン・フィル盤を持っています。
2つとも聴き比べたのですがサビの部分が少し違うんです。
ウィーン・フィル盤は
「♪ファ#~ド#ミ~シレ~ソ ド#レド#ドッド# ソ~レファ#~ド#ミ~ラ レミレドッ#レ ファ#~ド#ミ~シレ~ソ ド#レド#ドッド# シ~ラシ~ラ ドッ# ミファソソ#ラ・・・」となっていて

ベルリン・フィル盤は
「♪ファ#~ド#ミ~シレ~ソ ド#レド#ドッド# ソ~レファ#~ド#ミ~ラ レミレドッ#レ ファ#~ド#ミ~シレ~ソ ド#レド#ドッド#(ここまでは同じなのですが次から繰り返しがきます)⇒ソ~レソ~レソ~ミラッ ラシド#レミ ファ~ド#ミ~シ・・・ 」というように。

ウィーン・フィル盤は繰り返しが省かれていてベルリン・フィル盤は繰り返しがきちんとあります。なぜ違うのでしょうか?

Aベストアンサー

何度,繰り返し聴いてもいいところなのに,なぜでしょうね。
手元に楽譜がないのですが,ここは反復するために,
1番括弧,2番括弧の反復記号になっていると思います。
反復しないということは,
1番括弧の中がすべて省略されるので大胆です。
他の曲にも1番括弧の中がすべて省略される例もありますが…。

ここでの反復の小節数は少ないのですが,後でもう一度
ここと同じ旋律が繰り返し出てきますので,反復すれば2回,
さらに後でもう一度出てきて2回×2の4回になって
この旋律を強調し過ぎると考えたのでしょうか。
カラヤンは,ここを控え目にすることで,
ここの旋律以外のところの印象が弱くならないようにしたいと
考えたかもしれないと推測しました。

でも,後のベルリン・フィル盤では反復しているので,
考えが変わったのでしょうね。

何年も前のことで確かな記憶ではありませんが,
組曲「くるみ割り人形」は,♯や♭と転調と反復記号が
やたらと多かったと思います。ご質問の箇所ではありませんが,
ここは反復しないと決め,反復記号に鉛筆でバツをつけたような
覚えがあります。

余談になりますが,
ベートーヴェンの交響曲第5番の第1楽章は古典の形式的な反復なので
通常は反復しません。楽譜には形式的に反復記号があります。
記憶が正しければブルーノ・ワルター(指揮)だったと思いますが,
その録音では反復されていて冒頭に戻ります。
また,もう一度,最初からやり直すみたいで,その反復はくどいです。

何度,繰り返し聴いてもいいところなのに,なぜでしょうね。
手元に楽譜がないのですが,ここは反復するために,
1番括弧,2番括弧の反復記号になっていると思います。
反復しないということは,
1番括弧の中がすべて省略されるので大胆です。
他の曲にも1番括弧の中がすべて省略される例もありますが…。

ここでの反復の小節数は少ないのですが,後でもう一度
ここと同じ旋律が繰り返し出てきますので,反復すれば2回,
さらに後でもう一度出てきて2回×2の4回になって
この旋律を強調し過ぎる...続きを読む

Qバブル絶頂期 30年前頃 新宿NSビルのレストラン街にあった シャロンかシャンテ 憶えてますか?

30年前頃、週一回程 親友と通っていた思い出のレストランですが

新宿西口NSビルの 最上階にあった おしゃれな 洋風レストラン 名前はたぶん シャロンかシャンテだったと思いますが、憶えてらっしゃいますか?
レストランの椅子は 籐でできた大きく深めのだった気がします。

場所はエレベータ降りて、まっすぐ進んで2-3件目(左側)だったと思ってます。
レストランの中の雰囲気や パンフレットの色は 赤だった気がします。。

ハンバーグセットが美味しく よくいただいてました。
お酒が飲めないので アイスコーヒーで 女子二人で乾杯してました。

今はレストランも入れ替わったようで、
あの思い出のレストラン 憶えてらっしゃる方、又は他に店舗などご存知でしたら
教えて頂けますか。
青春の親友との思い出。。又行きたいです。

よろしく お願いいたします!

Aベストアンサー

調べてみると「シャロン」のようですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/itaru/diary/200412170000/

>新宿NSビルの店でバイトしてた事ある。
>真ん中バーカウンターでそれを挟んで左手鉄板焼きステーキ右がカジュアルレストラン。
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/famires/1104587896/
>1度倒産したようですが、様々なところが買い取って残ってるところもあるようです。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=280154&id=1803988

会社が倒産してしまって、以前のままのお店はないようです。
バブルも遠くなりましたねえ…。

Qカラヤン&ベルリンフィルの演奏

カラヤン&ベルリンフィルの日本での演奏会で、ブルックナーかマーラーをお聞きになった方、その時の印象を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

(1) ブルックナーNo.8 1966年5月2日 東京文化会館
  壮麗且つ力強く真摯な秀演。シェフに就任して11年、やっとカラヤン色が出始めた頃で、このカップルによる最高の時代であったと、今でも確信しています。
演奏とは無関係ですが、スケルツォ楽章でカラヤンの左の手の平が、女性の其れの様に白くフックラとして見えたのが記憶に残ります。
当時は小ざかしいブルックナー&マーラーうん蓄家が現在ほど多くは無く、チケットは一番最後に売れました。

(2) ブルックナーNo.7 1973年10月26日 NHKホール
  完全にカラヤントーン+カラヤン節に染まり、まるで美しい白木の家具が世界最高のニス(?)を塗られた様な、ブルックナーとは遥かに乖離してしまった演奏。(少なくとも私にはその様に)
レガート、レガート、そしてレガート・・・

(3) マーラーNo.6 1979年10月17日 普門館ホール
  一楽章、終了間際に1拍振り損じ、メンバー全員一斉に顔を上げドキッ・・流石に瞬時に立て直し、終了後に指揮者が俯いたままダミ声で低く「ブラボー」。
  三楽章、信じ難いことにカウベルを持参せずに録音テープを使用。これがノイズと共に再生されドッチラケ。カラヤンともあろうお人が・・・
この来日時、体調不良だった様で顔色悪く、右腕が肩より上に上がらず、ほとんど左腕で指揮をしていました。そのせいかどおか、お世辞にも褒められた演奏ではありませんでした。
但しオーラスの一発は、あのどうしようもないホールの巨大空間に美しく、轟然と響き渡りました。

 彼はヴィーンフィルともブルックナーNo.8を演奏(本邦初演?)しているはずですが、私は其れは聞いておりません。

(1) ブルックナーNo.8 1966年5月2日 東京文化会館
  壮麗且つ力強く真摯な秀演。シェフに就任して11年、やっとカラヤン色が出始めた頃で、このカップルによる最高の時代であったと、今でも確信しています。
演奏とは無関係ですが、スケルツォ楽章でカラヤンの左の手の平が、女性の其れの様に白くフックラとして見えたのが記憶に残ります。
当時は小ざかしいブルックナー&マーラーうん蓄家が現在ほど多くは無く、チケットは一番最後に売れました。

(2) ブルックナーNo.7 1973年10月26日 NHKホ...続きを読む

Q作曲家は何歳くらいがヒラメキの絶頂期?

アインシュタインやニュートンなどの物理学の世界では20代に多くのヒラメキを持つ物理学者が多いそうです。
多くの学者は年をとると頭が固くなって創造性がなくなると聞きました。
そこで、「音楽の世界ではどうなのだろう?」と考えました。

私はあまり作曲家の歴史などについて詳しくないのですが、作曲家の多くは何歳くらいに傑作を残しているのでしょうか?
物理と違って40代やそれ以降になっても、創造性は保てるのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

天才肌のモーツアルトやシューベルト、メンデルスゾーンは30台には死んでしまいましたので、作品の大半は10台から30台の若い時期の作品です。そうした若死にした作曲家でも傑作と言われている作品は30台の作品が多いように思います。
また、ブラームスやブルクナーのように40歳代になって始めての交響曲を作曲した例もあります。武満徹のように60歳代の最晩年でもすばらしい作品を残している人もたくさんいます。バッハは75歳で他界する年にフーガの技法を作曲しています。ファルスタッフを作曲したとき、ヴェルディはなんと80歳でした。
作曲家に関しては、長命で高齢になってから名作を残している例は多いですね。

QモーツァルトのCD(カラヤン指揮)を探しています

父が、誕生日のプレゼントとして

★モーツァルトのカラヤン指揮の
「レクイエム全楽章」

が収録されているCDが欲しいとリクエストしてきました。
父からのリクエストなので、こたえてあげたいと
思うのですが、どんな風にCDを探していいのか
わかりません。

どなたか、このCDを買えば望みの曲が
入っているよ!というのがわかる方、いらっしゃいましたらお教え頂けませんか?

父の誕生日が週末に迫っている為、早くに
探したいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.excite.co.jp/music/product/ASIN_B000BR2OG0/

http://music.m.w-i-i.net/asin/B000066ABM/

http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=UCCG-3089
こちらはどうでしょう?

DVDもありました。ご参考に。
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=SIBC000000033

Qアンチ・カラヤンの理由

カラヤン・ファンというほどではありませんが,カラヤンの演奏で気に入っているものは多くあります。
(映像は観たくありませんが)
特に,R.シュトラウスやチャイコフスキーは,カラヤンがお気に入りです。
カラヤン大嫌いという人達が多くいることも知っています。その理由がよく分かりません。

個性が強い人は,好き嫌いが分かれると思いますが,そんなに個性が強いとも思えません。
私の感覚では,アーノンクール,ノリントン,クレンペラー,
楽器奏者では,グレン・グールド,ギドン・クレーメル,アルゲリッチの方が個性が強いと思っています。

カラヤン・ファン,アンチ・カラヤン,それぞれの立場からご意見をいただければと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
あちら(?)のお礼もまだなのに出てきて申し訳ありませんが,興味深い話題だったので。

知名度からのなんとなくのファンとそれについ反発してしまうアンチ,という構図もあるとは思いますが,それだけじゃないよな,という気もしましたので,考えてみました。


私の場合は,
ファン⇒アンチ⇒いろいろ好きな指揮者がいる中のひとり
といった感じでふらふらしており,現時点では,商業的な成功度や知名度の高さと指揮者の良し悪し(?)は比例しているわけではない,というのは前提として,いろいろな指揮者を聴く中の(有力な)ひとりになっています。

はじめはとにかく出てくる音の美しさに驚き惹かれました。輝かしくて豊穣で華麗で。
その後,「外面的」「深みがない」「人工的」などという言葉を耳にするようになり,「そうだ!音楽の本質は表面的な響きの美しさではなーい!」と洗脳(?)されていた時期もありました。

カラヤンの楽曲へのアプローチとして,意地悪に書けば,「臭いものにフタ」というイメージは何となくあります。
作曲家が抱えていた闇や傷口をあまりに巧妙に隠してしまうのは,見方によっては「作品の本質を切り取っていない」「聴衆をペテンにかけている」というようにも思えなくもありません。

一方で,灰汁を徹底的に取り除いて磨き上げることで,ときに作曲家すらそこまでイメージできていなかったのではないかというような美しさを作品から引き出しているように感じることもあります。例えば,マーラー9番,R・シュトラウスなどの複雑で大規模なオーケストレーションの作品群,シェーンベルクの浄夜などの20世紀音楽,などなど。
これらは,カラヤンの卓越したセンスや耳や統率力があってこそ成し得た演奏なのかな,と思っています。

例えば,「楽譜に忠実に」「作曲家の意図に忠実に」といっても,実際に楽譜には演奏に必要なことのほんの一部しか書いてないし,多くのクラシック作曲家はすでにこの世にいない以上,本当の意図は分かりようがないですから,どんな指揮者も演奏するためにはある程度恣意的に作品を再構成する必要があると思っています。そんな中で,カラヤンは妥協なく自分の信念・美学に徹底的に従うことができた指揮者のひとりであったのかな,と。例えば,アーノンクールのように。

その知名度から,ともするとこれがクラシックのスタンダードと考えそうにもなりますし,ぱっと聴いた感じでは個性的とは感じなくても,実は極めて個性の強い演奏なのかもしれませんね。
ファンとアンチの両方が多いというのは,その表れなのかも。


以上,まとまらない雑感になってしまいましたが。

こんにちは。
あちら(?)のお礼もまだなのに出てきて申し訳ありませんが,興味深い話題だったので。

知名度からのなんとなくのファンとそれについ反発してしまうアンチ,という構図もあるとは思いますが,それだけじゃないよな,という気もしましたので,考えてみました。


私の場合は,
ファン⇒アンチ⇒いろいろ好きな指揮者がいる中のひとり
といった感じでふらふらしており,現時点では,商業的な成功度や知名度の高さと指揮者の良し悪し(?)は比例しているわけではない,というのは前提として,...続きを読む

Q2本の指揮棒で指揮をした指揮者

ふと思ったのですが、2本の指揮棒で指揮をした指揮者はいるのでしょうか?

もちろん、指揮棒を持っていない方の手で、指揮棒とは違うリズムを示したり、そもそも指揮棒を持たずに両手で違うリズムを示すということはあると思います。(ちなみに、私が学生オケにいたときの指揮者(プロ)は、指揮棒で3拍子を示し、同時に、指揮棒を持っている方の腕で2拍子を示していました。)

そういうことでは「なくて」、指揮棒を2本持って指揮をした人がいれば、教えていただきたいと思っています。

もし初めから終わりまでポリリズムで、かつ指揮者が必要な曲というのがあるかどうかわからないのですが、もしあれば、そのようなことをした人がいてもおかしくないように思うのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ふと思ったのですが・・・
というのは,どこかでそんな話を聞いたことがあるような記憶があったせいではないでしょうか。
ご質問を見て,私は聞いたことがあるような気がして調べてみました。
でも,2本の指揮棒を持つ理由など詳しいことは何も記憶になく,
聞いたことがあるような気がしているだけかもしれないとも思いながら調べてみると
下記のようなものが出てきました。
内容は私の「聞いたことがあるような気がする」という古い話とは別の最近の話題です。

文が長いので「2本」でページ内を検索してください。
指揮棒が2本というのが2箇所出てきます。
9月9日と9月8日(2000年)の話題です。
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/kuniharu/renshu01.html

広上淳一氏プロフィール
http://www.jichi.ac.jp/usr/gakuyu/orchestra/ioke2005/conductor.htm

参考URL:http://www.fan.hi-ho.ne.jp/kuniharu/renshu01.html

>ふと思ったのですが・・・
というのは,どこかでそんな話を聞いたことがあるような記憶があったせいではないでしょうか。
ご質問を見て,私は聞いたことがあるような気がして調べてみました。
でも,2本の指揮棒を持つ理由など詳しいことは何も記憶になく,
聞いたことがあるような気がしているだけかもしれないとも思いながら調べてみると
下記のようなものが出てきました。
内容は私の「聞いたことがあるような気がする」という古い話とは別の最近の話題です。

文が長いので「2本」でページ内を検索...続きを読む


人気Q&Aランキング